人生で「やりたいこと」を見つけるための方法を3人のカリスマ経営者から学ぶ

あなたはきっと、

「この先の人生どう過ごせばいいんだろう…」

「なんのために生きてるんだろう…」

「このまま終わりたくない…」

「何かできるはずなのに、どうしたらいいかわからない…」

「自分は何者なんだろう…特別な存在になってるんじゃなかったのか…」

こんなことを考えながら、何気なく、ネットを開き、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

また同時に、あなたは今現在、なんらかの形で、人生の岐路に立っていたり、大きな決断を迫られている時期なのだと思います。

僕自身、このような悩みや問いかけを、両親が離婚した直後、高校受験の時期、進路を考える高2の夏、フリーター時代、人生で初めて就職した企業を離れることになった時、、、などによく考えていました。

起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

自分の人生について考える機会は、普段の生活において、実はあまり多くありません。

なぜなら、考えなくても、生活するだけなら、生きていけるからです。

でも、あなたの目の前には今、その課題や大きな問いがあるわけです。

よっぽど意識しなければ、ほとんどの人が、出会うことのない、そして、考えることのない、大きな問いに対して、あなたは今出会うことができています。

捉え方を変えれば、これってとてもすごいことなんです。

決して自分を卑下する必要も、自分を責める必要もありません。

今何者でもないのであれば、「どうせ自分なんて…」と思うのではなく、この問いに対して、真剣に向き合うことで、「自分は何者にもなれる可能性を持ってるんだ!」「だから今この問いが目の前に現れたんだ!」と思って欲しいのです。

この記事を通して、あなたがこの先の人生において、何を為すのか、何を成し遂げたほうがいいのか、という明確な答えは示すことはできません。

それは、僕が僕でしかないように、あなたはこの世の中に、あなたしか存在しないからです。

ですが、すでに自分自身の生き方を明確にし、人生において「やりたいこと」に挑み続けている人も存在します。

この記事では、3人のカリスマ経営者にロールモデルとして、登場してもらいました。

彼らの生き方から、あなたにとっての人生を通して「やりたいこと」とはなんなのか、それを見つけるためのヒントが提供できれば幸いです。

ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2018年10月17日
29 views
佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

この専門家の他の記事を見る

人生を通して「やりたいこと」とは

人生通して、「やりたいこと」とは一体何なのでしょうか?

大前提として、「やりたいこと」という言葉には、2つの意味が存在している、というのが僕の考えです。

「やりたいこと」の2つの意味
  1. あなたが理想とする生き方・あり方、としてのやりたいこと
  2. 1を実現するために必要な具体的な手段・方法としてのやりたいこと

1は、例えば、「志」「ミッション」「使命」「ビジョン」「夢」「野心」「欲」、などが挙げられます。

2は、「大学進学」「就活」「志望動機」「職業選択」「業種選択」「転職」「結婚」、などです。

その上で、お伝えしておくと、人生における「やりたいこと」とは、決して、職業や仕事を選択することではなく、

人生を通して、何を成し遂げるのか、あなたがどう生きるのか

ここを真剣に考えることだ、と捉えてみて欲しいのです。

3人のカリスマ経営者から学んでみよう

人生における「やりたいこと」を考える、とは

あなたがどう生きるのか

を考えること、だと伝えました。

ですが、いきなり「生き方」を考えろ、と言われてもほとんどの人が、つい難しい、と考えてしまうのではないでしょうか。

なので、難しく考えてしまわないようにする方法を1つ伝えておきます。

そもそも、「生き方・あり方」としての「やりたいこと」は

限りなく抽象的かつシンプルになります

決して具体的なものにはなりません。これを前提として、ぜひあなた自身に問いかけてみてほしいのです。

世の中ほとんど多くの人は、すぐに具体的にしなければいけない、と考えていますが、そもそもそれ自体は、あなた自身の思い込みでしかありません。

人生における「やりたいこと」とは何なのか。今回は、それをいくつかの事例を元に示したい、と思います。

1人目. ソフトバンクグループ株式会社 孫正義 さん

こちらは、ソフトバンクグループが18年春に開催した新卒・中途入社希望者向けイベント『ソフトバンクキャリアLIVE』に登壇した際の、孫さんの講演内容の抜粋になります。

孫氏の志「情報革命で人々を幸せにすること」

個人の欲望、個人の願望を満たすのが夢です。多くの人々の夢、多くの人々の願望、多くの人々が困っていることを助けてあげたい、こういったことを指すときは志と呼ぶんです。少なくとも、侍の心、武士の心と書いて、志という風に書きます。

私は自分の人生で何をなしたいかという場合、「志高く生きていきたい」と思うわけです。

つまり、自分の、個人の、1人のエゴを満たすような、そういう願望を満たすようなことではない。100万、1000万、億万の人々に、喜んでもらいたい。そういう風な人生を過ごすことができたらいいなと思います。座右の銘を時々聞かれます。1つだけ挙げるとすれば「志高く」と答えます。

参照:孫正義「就活生よ、君たちはどう生きるか」感動のスピーチを公開

伝わるでしょうか。

孫さんは、記事の中で、こう伝えています。

「夢」は自分や個のエゴを満たすもの、そして、「志」はより多くの人の喜びに貢献することだ、と。

ぜひ記事にも目を通してもらいたいのですが、ここで誤解してはいけないのは、「夢」そのものを否定してるわけではない、ということです。

単純にその二つの言葉を定義し、その上で、孫さん自身は、「志高く生きる」という生き方を、人生において全うしようとしている、ということなのです。

「志高く」生きるためには、「志」が必要ですから、孫さんの「志」は、「情報革命で人々を幸せにする」ということであり、そのために企業経営、という手段をとっているだけなのです。

「志高く生きる」ということも、「情報革命で人々を幸せにする」ということも、この言葉だけ切り取ると、全く具体的ではありません。非常に抽象的です。

ですが、孫さん自身が、本気でそれを実現させよう、という想いは伝わったのではないでしょうか。

2人目. 株式会社ZOZO 前澤友作 さん

次に、2018年話題の人と言ってもいい、この方を紹介したい、と思います。

最近は前澤社長の発言や振舞いばかりにスポットが当たっていますが、ZOZOの掲げる世界観や、前澤社長が真に何を成し遂げようとしているのか、明確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

前澤社長は、本気で世界平和を実現させよう、としている人であり、そのために、必要な手段を具体的にとっていらっしゃる方だな、というのが僕の印象です。

つい最近も、こちらの記事を通して、どうやって本気で世界を平和にするのか、というのを自身の言葉を通じて、具体的に語っていらっしゃいました。

「僕が考える世界を平和にする方法」

▲タップすると記事に飛びます▲

ぜひ、こちらも合わせて目を通してみると、より前澤社長の考えが理解できる、と思います。

ZOZO 前澤氏の志「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」

僕は25歳。起業して3年目。社会人3年目って、漠然と「自分は今後、どのような人生を歩むのか」って深く考える時期じゃないですか。僕の場合、その時期とあの事件(=9.11 アメリカ同時多発テロ)がぴしゃと重なったんです。経営者である僕にできることは企業活動を通じて、社会に貢献する選択しかなかった。大好きな音楽を続けるために何となくやっていた会社でしたが、この事件をきっかけに、会社は社会の役に立つこと、人を幸せにするための絶好のツールだと気付かされたんです。この会社をもっと大きくすること、もっとスケールのデカい事業をやっていくことで、社会の役にたてるはずだ、と確信しました。

じゃあ何を目標にするのか。売上や利益を目標にするのはつまらないし、会社の単なる「拡大」は僕のイメージとは違いました。その時、あのような事件が二度と起きない世界を作りたいな、と。誰もがいつも笑っていて、人が幸せで、世界が平和な状態にある。そこに貢献できる会社がいいなと思った。

参照:ZOZO前澤社長がいま明かす「私の幸福論、仕事の哲学」

どうでしょうか。

前澤社長は、孫さんよりも、より抽象度を高めて、自身の想いを語っていらっしゃいます。(詳しくはZOZOのHPもぜひ参照してみてください)

  • Be unique. Be equal 「みんなちがうけど、みんないっしょ」
  • 「楽しく働く」ことを徹底します
  • いい人をつくる
  • つながる人を増やす

正直、この言葉だけをみて、あなたは今、どう感じましたか?

「何、この綺麗事」

「めちゃくちゃ曖昧じゃん」

「こんなことなら自分も思ってる」

いろんな意見あると思いますが、前澤社長の考えは、決してバカにできません。

なぜなら、手段にとらわれず、本気でこれを実現させよう、としているからこそ、1代で時価総額1兆円の企業を築いたのです。

ちなみに1人目の孫さん率いるソフトバンクグループは、すでに時価総額10兆円を超えています。何より孫さんも、前澤社長同様、1代でそれだけの実績をあげています、もう規模が違いすぎます。

話それましたが、ここで少し、あなた自身のことを、振り返ってみてみてください。

「あなたの身の回りに、それだけの成果をあげた人は、リアルにどれだけいますか?」

少なくても、僕が直に接することができる範囲での身の回りには、そんな人は一人も存在しません。

あなたがもし、それ以上の成果をあげているのであれば、批判も否定もご自由に、と思いますが、それ未満の成果で止まっているのだとしたら(この記事を執筆してる僕もそうですが)、やはりただ単に批判したり、否定することにあまり意味はありません。

そこは素直に受け入れ、そして、そこから学んだ方が、よっぽど良い方向にいくのではないでしょうか。

3人目. 天才パン職人 杉窪章匡 さん

最後となる3人目は、つい最近目にした記事の中で一番印象に残った、天才パン職人 杉窪さん の紹介をしたい、と思います。

東京に住んでいない方は、馴染みがないかもしれませんが、代々木八幡に行列の絶えない大人気のパン屋さんがあります。

それが、杉窪さんが経営する「365日」と、その姉妹店となる「15℃」とうお店です。

ちなみに、僕自身、どちらのお店もとても好きなのですが、本当に素敵なので、お近くに住んでる方は、関東近郊にいらっしゃる方はぜひいちど足を運んでみてください!

また、つい先月も(18年9月25日)、新たにオープンしたばかりの「日本橋高島屋S.C」内に、「365日と日本橋」という店舗をオープンさせ、活躍のフィールドを、さらに広げていらっしゃいます。

天才パン職人・杉窪氏の志「世界平和」

まずは安全安心でおいしい食べ物が世の中に増えていくこと。食べ物は心と体を作っていくものだと思っています。そのための食材を作っていくには、まず僕たちがおいしいパンやケーキを作るのに使うこと。今、うちと契約している農家さんは全国で40軒ほどあるんですが、僕らみたいなパン屋が自社で加工して使うことで量を消費することができるんです。僕らが安定的に使うことで、良心的な生産者のみなさんは、安心して作付けができることになります。

一方で、僕の店にはおかげさまで弟子がたくさんいる。彼らには加工技術を教えています。どうすればおいしいパンが作れるか、おいしいパンに使う食品加工技術はどういうものか。いずれ彼らが独立してそれぞれ地域でうちみたいな店をやると、そこでも安全安心な食材は使われることになるし、技術もまたそこから広がっていく。

いいかげんな仕事って子供に見せられませんよね? ちゃんとしたものをつくる。パン屋でも農業でもそうなんですけど、自分が胸張ってやってる仕事を子供に見せることができ、子供はそれを小さいころから当たり前のものとして見聞きして育っていく。世界中がそういうふうになれば、間違いなく平和ですよね

参照:天才パン職人・杉窪章匡が抱く、ユニークで真っ当な世界平和の野望

どうでしょうか。

「パン屋さんと世界平和がどう結びつくの?」

ではありません。

生き方やあり方を明確にし、それがたとえ綺麗事だったとしても、本気で実現しよう、とするからこそ、具体的な手段に落とし込まれます。

何より、そういう気持ちで、目の前の仕事に本気で打ち込んでいるからこそ、その姿勢や空気が、消費者やお客様にも伝わり、繁盛店になっているのではないでしょうか。

「やりたいこと」ってなんだろう、と考える時のポイント

改めて、ここまで振り返ってみてどうでしたでしょうか。

僕らはつい、具体的な手段や職業こそが、「やりたいことだ」と考えがちになってしまいます。

それは、物心ついた頃から

「将来どうなりたいの?」

という会話を元に、「早く職業を決めることこそが善だ」という、ある種の洗脳を受けてきたからです。

ですが、職業はなんのために存在するのでしょうか。なんのために仕事をするのでしょうか。

もとより、僕らは、なんのために生きているのでしょうか。

突き詰めて考えなければいけないのは、ここなのです。

先ほど紹介した3名に共通していた想い、生き方を一言でいうのであれば、

「世界をよりよくする」

ここに尽きると思います。ですが、3名それぞれ、選択している手段は異なるわけです。

では、ここで1つ質問です。

「世界をよりよくする」ために、唯一の正解は存在するのでしょうか?

ここまで読み進めてくださった皆さんなら、もうわかりますよね。

唯一の正解なんて、存在するわけありません。

情報革命、という手段だろうが、アパレルだろうが、パン屋さんだろうが、その人が自由に選択すればいいのです。

何より、「生き方・あり方」としての「やりたいこと」が抽象的だからこそ、そこに余白が生まれ、手段に固執することなく、柔軟に対応できるとも言えます。

大切なことは、決して「手段・方法」から考えないことです。

そして、「手段・方法」は具体的ですが、あなたがどう生きたいのか、どんな人でありたいのか、人生を通して何を成し遂げるのか、という問いについては、明確な答えもありませんし、そもそも具体的にすらなりません。

人生を通して「やりたいこと」ってなんだろう?

と考える際、決して「具体的」にしようとしないでください。

今回紹介した圧倒的に成果をあげている3名ですら、めちゃくちゃ抽象的なんです。

ということは、「それでいいんだ!」ということです。

「全然具体的じゃない…どうしよう…」と悩む必要は、一切ありません!

自分に制限をかけたり、できることから考えず、枠を取っ払って、自由な発想で、ぜひ考えてみてください。

さいごに

今回示したように、圧倒的な成果をあげてる人たちになればなるほど、抽象的な想いに対して、正直に生きています。

先ほどの3人のカリスマ経営者は、「世界をよりよくする」という生き方に正直に生きていましたが、別に全ての人がそれを目指す必要もありません。

答えはあなたの心の中にのみ、存在します。

大切なことは、周りの「ああしろ」「こうしろ」「そんな考えじゃ食っていけないぞ」という言葉に惑わされず、自分のことを信じてあげることです。

あなたには、無限の可能性があります。頑張ってください。

佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

★内定までサポート★
あなたのモヤモヤを解消します!

就活相談アプリ Matcher』では、全国の学生からの相談に乗れる機会を作っています。

今の就活に違和感がある。
自分のこれからを本気で明確にしていきたい。
最短かつ効率的に納得いく形で就活終わらせたい。

そんな方へのアドバイス・支援をしています。共感できる人、本気で成果だしたい人はぜひ。

この専門家の他の記事を見る

佐々木 英雄の人気記事

  • 僕が35年かけて行き着いた「やりたいこと」の悩みを解決する8つの方法

    僕が35年かけて行き着いた「やりたいこと」の悩みを解決する8つの方法

    人生の中で「自分が本当にやりたいことって何だろう」と思い悩む時期は誰にも訪れると思います。そのタイミングがいつなのかは人によってさまざまでしょう。 小・中学生のような早いタイミングで、学校教育への疑問から、この問いに至る子どももいます。高校や大学受験のタイミングで、自分の未来像を想像するタイミングで訪れる学生も多いでしょう。もっとも多いのは、自分が社会にでて何をするべきかを考える就活のタイミングでしょう。大人になって、日々の業務の中で、ふと「このままでいいのだろうか」という...
    1,034 views
  • 起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    僕の半生をお話したいと思います。 中学1年生の時、父親の会社の倒産から一家離散を経験。運命的な出会いがあり、大きい志を持って、就職したものの成績は最下位からのスタート。 心を入れ替え、ひたすら行動した結果、トップ営業になり、部署を任されるまでになりました。そこから初めての起業をしますが、失敗に終わり、鬱を経験しました。 もう一度転職活動を始め、強い想いを持って外資系保険会社に入ったものの、ひたすらサボり、副業の方に力を入れていました。 自分の存在意義がわからなくなり、...
    5,162 views
  • やりたいことがわからない就活生に35才になった僕が伝えたい12のこと

    やりたいことがわからない就活生に35才になった僕が伝えたい12のこと

    このページでわかること ・「やりたいことは?」という質問自体おかしい ・「やりたいこと」の正体 ・「やりたいこと」は誰でも持っている ・「やりたいことは?」に答えられるようになる 「やりたいことはなに?」と聞かれてもわかるわけないです。だって、質問してくる世の中の大人たちの聞き方に問題があるんだから。 それなのに、うまく答えられなかったら、自分がダメなんじゃないかと追い込まれてしまいます。 その理由も明確にして行きます。あなたはそのままで大丈夫です。 この...
    39,260 views
  • 20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    管理職やマネージャーを任されたは良いものの、思うように数字が伸びなかったり、部下の教育が上手くいかない…など悩んでいませんか? 僕自身、営業で社内1位を達成し、23歳で50人の部下を抱えるマネージャーになったことがあります。ただ、わずか6ヶ月でその半数程が僕のもとを去って行った辛い経験となるのですが…。 ここでは、部下との接し方が上手くいく考え方を僕の体験談からお伝えしていきます。 マネージャーが自分の意見を押し付けるだけでは、部下の成長はありません。 もし部下との接...
    2,272 views
  • 【もう大丈夫!】自己分析ができない人に知ってほしいこと

    【もう大丈夫!】自己分析ができない人に知ってほしいこと

    このページでわかること ・自己分析できないのはあなたのせいではない ・自己分析でつまづく本当の理由 ・自己分析でわかること ・自己分析から選択軸を作る方法 「自己分析ができない」って悩んでいませんか? でも大丈夫! この記事を通して、なぜ、今自己分析がうまくいっていないのか、が明確に理解できます。その結果、就活も、社会に出てからの結果も大きく変わるはずです。 ぜひ参考にしてください。 1.自己分析でつまづく理由 自己分析の目的を、ネット上で調べ...
    220 views
  • 「就活がつらい...助けて...」どん底から立ち直れた19卒就活生100人の声

    「就活がつらい…助けて…」どん底から立ち直れた19卒就活生100人の声

    「君は何がしたい?君のやりたいことは?」と問い詰められる。そんなの分からないに決まっている、と思いながら就活をしていました。 自分の気持ちに嘘をついていることはずっと気づいてました、だから辛かった。 自分には何の強みもないし、友人のように夢中になれることもないと自分で決めつけて、勝手に自己嫌悪に陥っていました。 「前みたいに自己PRを心を込めて話せない」「本心じゃない気がする…」「なにが違うんだろう?自分は就職できるのかな?」みたいな漠然とした不安が消えませ...
    730 views
  • 「やりたいこと」を見つけるための具体的な5つの方法【体験談あり】

    「やりたいこと」を見つけるための具体的な5つの方法【体験談あり】

    就活や進路選択が間近に迫る方達から、よくもらう質問があります。 つまり、「やりたいこと」に関する質問です。 おそらく、あなたも、この「やりたいこと」がわからず、でも、それを見つけたくて、この記事にたどりついたのではないでしょうか。 「将来どうしたいの?」「やりたいことは何?」 これらの質問に即答できる方は、あなたを含め、決して多くない、と思います。 ですが、これがない、というのも寂しい生き方ですよね。 だからこそ、この記事では、主に、あなたが今抱えている、...
    42 views
  • 大手企業人事が目に止める!はじめての自己PRの書き方5つの手順【例文付き】

    大手企業人事が目に止める!はじめての自己PRの書き方5つの手順【例文付き】

    書類選考通過を大きく左右する要素が「自己PR」です。企業の視点で「ぜひ会ってみたい!」と思える自己PRを作成することができれば、書類選考に落ちることはまず無くなります。 それはわかってるんだけど… どう書いたらいいのかわからない 語れるエピソード・実績がない 何を基準に選んだらいいかわからない 書いてみたけど通過するか不安 何をどう改善したら良くなるの? このサイトを訪れたあなたはこのような不安があるのではないでしょうか。 ですが、安心してく...
    253 views
  • 「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    あなたは今就活真っ只中で、書類選考は通過するものの、本番の選考や面接がなかなかうまくいかずに行き詰まりを感じているのではないでしょうか。 「これでいける!」と思っていたものがうまくいかない。「すごいね」などのお褒めの言葉はもらうのに内定はもらえない。 もっと言うと、書類選考には通過しているので、余計に内定に繋がらない理由がわからなくなって、とても辛く苦しい状況にいるのだと思います。 こちらはあなたと同じような状況で苦しんでいたある就活生とのやり取りです。彼女と初めて出会...
    341 views
  • 「やりたいこと」と「できること」どちらを選ぶのが正解かの答え

    「やりたいこと」と「できること」どちらを選ぶのが正解かの答え

    あなたは、きっとこのようなことで悩んでいるのではないでしょうか? 本当にやりたいことがあるけど、自分ができること(得意なこと)は、それとは異なっているので、どちらを優先して選択するべきかわからない…。 あなたは、この答えが欲しくて、ここにたどり着いたのですよね。ここではっきりと、その答えを示したいと思います。 1. やりたいこと、できること、どちらが大事か 先に、僕の結論をお伝えします。それは「どちらでもいい」です。正確には、「あなたがしたいようにしたらいい」です...
    35 views
  • 作業効率アップ!新社会人のためのWindowsショートカットキー136選【まとめ】

    作業効率アップ!新社会人のためのWindowsショートカットキー136選【まとめ】

    「業務効率を上げたい!」「先輩に言われて覚えようと思った」など、少しでも業務スピードを上げたいという理由でショートカットキーを調べているかと思います。 ショートカットキーを体に覚えさせると仕事のスピードが早くなり、作業時間が今までよりも増えて、時間確保につながるでしょう。 今回は実際に業務で便利なショートカットキー、そしてショートカットキーを覚える際の心構えをお話しします。 また、Windowsに関する136個のショートカットキーをまとめましたので、業務中の簡易ガイドと...
    1,610 views
  • 自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    このサイトを訪れたあなたはおそらく これから本格的に就活をスタートさせる 書類選考や本選考の真っ最中 なかなか内定につながらず正直行き詰まった このどれかに当てはまるのではないでしょうか。 突然ですが、まずは、下記をご覧ください。こちらは私が支援した18卒就活生の支援の実績の一部です。 18卒就活生の支援実績(内定先一部抜粋) リクルートマネジメントソリューションズ, パーソルキャリア(旧インテリジェンス), リクルートスタッフィング, ネオキ...
    1,389 views

佐々木 英雄の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。現在は数々のトップアスリートを指導している。

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

フードコーディネーターの倉田 沙也加(写真左)。そして管理栄養士の峰 奈津季の2人からなる料理ユニット『ちゃあみー』。 倉田はテレビ番組のレシピ監修や料理番組の出演経験があり、峰は学生時代から管理栄養士として食に関するイベント企画や社会人と...

藤原千秋

藤原千秋

住まい・暮らしなどのアドバイザーとして、約18年にわたりWEBでの執筆やマスコミ出演多数あり。『マツコの知らない世界』では「1000種類の掃除グッズを試した主婦」という肩書きで登場。著書『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など、ほ...

柳谷智宣

柳谷智宣

ITライター

キャリア20年目のライター。主にITやビジネスに関して、紙媒体からウェブ記事まで幅広く執筆。最新のITサービスやビジネスについての講演やコンサルティングも行い活躍の場を広げている。著書に『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』(インプレス社)...

カテゴリから探す