「やりたいことを仕事にしたい!」と思う人なら知っておくべき重要な考え方

「やりたいことを仕事にしたい!」と考えているあなたは今まさに、就職活動や、転職を控えている状況にいるのではないでしょうか。

また、そのような状況に身を置くと、どうしても、「選択を失敗したくない!」「あとで後悔したくない!」と考えちゃいますよね。

僕も同じように考えていた時期があったので、その気持ちよくわかります。

ですが、今になって思うと、どのような結果だったとしても、全ての選択や出来事に対して、後悔していることって実はほとんどないんですよね。

やっていない後悔は確かにありますが、やったことに対しての後悔はほとんどありません。あなたもそうじゃないでしょうか?

就活や転職活動を目の前に控えていて、「やりたいことを仕事にしたい!」と悩む気持ちはわかりますが、「じゃあその仕事ってどこにあるんだろう?」と職業にばかりとらわれないで欲しいのです。

職業を決めるな、仕事を選ぶな、ということでは決してないので、その点は誤解しないで欲しいのですが、その視点で「やりたい仕事ってなんだろう…」と考え続けても、答えは出ないと思います。それが僕の考えです。

では、どうやって考えたら、今のあなたの悩みを解消できるのでしょうか。それをこの記事で、全て明確にしました。

ぜひ最後まで目を通してもらい、参考にしてもらえれば、と思います。

最終更新日:2018年10月16日
22 views
佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

この専門家の他の記事を見る

そもそも「やりたいこと」がないといけないのか

「やりたいことを仕事にしたほうがいい」

「好きなことこそ仕事として選択するべきだ」

当たり前のように、こんな言葉があらゆる状況で語られているので、就活や転職という、人生の岐路ともいえる、大きな決断を迫られた時期になればなるほど、そうやって選択しないと、つい

「不幸になるのではないか」

「幸せになれないのではないか」

と考えてしまい、慎重になってしまうのも、よくわかります。

そもそも、誰だって、あとになって、「もっとこうしておけば良かった…」なんて思うような選択はしたくないですしね。

ですが、実際に「やりたいこと」を明確にしてる人、「心からそれをやるんだ!」と固まっている人は、どのくらいいるのでしょうか?

転職活動をされてる方とお会いする機会はあまりなく、就活を控えた学生とばかり接する僕の主観でしかありませんが、2018年に入り、直近半年間だけでみても、200名以上の学生と1回あたり2時間近い面談を繰り返し実施している現場の感覚でお伝えするなら、95%以上の人は、「心からやりたいこと」を明確に持っていない、と感じます。

つまり、ほぼ全ての人は、そんなものは持っていない、のです。

もちろん、今の時点で「やりたいこと」が明確になっており、そのための仕事が決まっている人はいいと思います。とても素敵です。

ですが、「そう決めなきゃいけない」、「それが決まっていないと幸せになれない」、と考えるのは、少し危険だと思います。

先に伝えておくと、別にそんなものは、持ってなくてもいいんです。

選択に迷った時に大切にして欲しいこと

そもそも、僕らは、「やりたいこと」とか「好きなこと」が何か、とか考えずに、心の感じるままに選択してきたはずです。

「楽しそう」

「面白そう」

「やりがいがありそう」

「できるようになったらモテそう」

「カッコ良さそう」

「成長できそう」

「褒められそう」

伝わるでしょうか。

ポイントは、「〜そう」というところです。

あなただって、過去振り返ると、そうだったはずです。

それがやりたいかどうか、それが好きかどうか、よりも、上記で示したような感情や心が反応した時に、「やりたい!」「好き!」となったのではないでしょうか。

つまり、先に「やりたい」「好き」は、ないのです。

僕らは、「〜そう」に見えることに興味を感じたり、心が反応し、そして、それを実際にやってみる中で、それ自体が「もっとやってみたいこと」になったり、「もっと上手になりたい」と感じるようになり、「好き」に昇華したのではないでしょうか。

とするなら、仕事だから、転職だから、就活だから、ではなく、人生の岐路に立っている今だからこそ、その「〜そう」という感覚を大切にして選択したほうがいいのです。

捉え方を変えて、今の状況を考えてみよう

「でも、今仕事を決めなきゃいけないんです。就職先を見つけないといけないんです。」

そんな声がまだ聞こえてきそうなので、その点についても、お伝えしておきます。

そもそも、この記事にたどり着いている、という時点で、あなたは今

「楽しそう」「面白そう」「やりがいがありそう」

と感じる企業や求人に、出会えていない状況にあるわけです。

つまり、捉え方を変えると、すでに情報として持っている企業や求人の中に、「〜そう」と感じる出会いがなかった、のです。

こう考えるのであれば、この状況を解決するために、どうしたらいいのか、もうわかるはずです。

今手元にある情報や出会いの中に、そう感じるものがないのであれば、新たに出会うしかありません。探すしかありません。それだけです。

恋愛で考えるとわかりやすくなると思います。

今、知ってる知人や友人の中に「好きな人がいない」、「付き合いたいな、と思う人がいない」のに、どうやって恋人を探すんですか?

また、行動を起こし、新たに出会ったとして、あなたはどうやって、決めているか、も考えてみてください。

実は、恋愛においては、常にこの「〜そう」を大切にしてるはずです。

具体的な背景や、その人の考え方、を最初に知ったのではなく、あなたの「〜そう」にハマった相手だった時からこそ、「もっと知りたい」「この人と一緒になるためにどうしたら振り向いてもらえるかな?」というような行動に変わり、相手の具体的な背景や、考え方をより理解することで、惹かれていきませんでしたか?好きになりませんでしたか?

つまり、最初に「やりたいこと」か「好きなこと」か、のような感覚では決して決めていない、ということです。

「やりたいこと」か「好きなこと」か、という考えを捨ててみる

それからもう1つ大切なことがあります。

それは、それ自体を

やってもいない、触れてもいない、体験してもいないのに、楽しいか、面白いか、自分に合ってるかどうか、なんてわかるはずがない

ということです。あなただって、そう思いませんか?

逆に聞きます。想像してみてください。

もし、あなたの大親友が、やってもいない、触れてもいない、体験してもいない状態で「これ、たのしいのかな?面白いのかな?自分に合ってるのかな?どうしたらいい?」と相談されたら、あなたはなんて伝えますか?

おそらくですが、

「まずは一度やってみたら?」

「それでも不安なら、まず一度話聞いてみたら?」

「一度一緒に見学しに行かない?」

と、伝えると思いませんか?

何より、こうやって相談してくるくらいですから、少なくても「興味があるんだろうな」と、想像できるわけです。

つまり、目の前の相談者は「〜そう」と感じてるわけですから、やっぱり、「まずはその気持ちに正直になって、やってみたら?」と伝えるのではないでしょうか。

他人のことになると、こうやって冷静にアドバイスできるにもかかわらず、自分のことになると、すぐに盲目になる人多いですよね。

これを前提として、就活についても考えてみてください。

現時点であなたはまだ、社会に出ていません。社会の中で、実際に社員として働いたこともありません。

就活における、あなたの状況は、これが前提な訳ですから、それが「やりたいこと」か「好きなこと」か、自分に合ってるか、と考えるより、よっぽど、昔のあなたと同じような感情や心にしたがって決めたほうが間違いないと思いませんか?

食べてもいないのに、「美味しいのかな?」「美味しくなかったらどうしよう…」、と考えるのではなく、

  • 「美味しそう!」と感じたら、まず「食べてみる」
  • 「美味しくなさそう」と感じたら、「食べない」
  • 「食べたことないし、不安だけど、食べたら、世界が広がりそう!」と感じたら、「食べてみる」

そして、食べて美味しかったら「また食べたい!」と思うでしょうし、食べて不味かったら、「もう食べない」と決めればいいだけです。

やはり、難しくもなんともありません。

「〜そう」と感じたものに正直に生きていけば、その先に「やりたい」「好き」が待っているはずです。

あなたも、そうやって今まで生きてきたんですから、それを失わないでくださいね。

仕事を知るための方法

「やりたいことを仕事にしたほうがいい」

「好きなことこそ仕事として選択するべきだ」

冒頭に、こういう考えが蔓延してるから、苦しくなったり、わからなくなってるんだ、と伝えましたが、そもそもこんなこと考える必要はありません。

僕らは「〜そう」と感じるものに反応し、そしてそれに沿って、選択してきた。だから、たとえそれが就活であっても、それに沿って選択すればいい、というのが僕の考えです。

同時に、そもそも「〜そう」と思えるものに出会えていない、知らないのであれば、新たに出会うしかありません。それだけです。

知らないのに、選択することはできないのです。

仕事を知る、ということだけでいうのであれば、知るための方法はパッと思いつく限りでも

  • ネット
  • HP
  • ナビ媒体などのメディア
  • ブログ
  • 紹介
  • TV番組
  • 経済ニュース
  • メルマガ
  • セミナー
  • 講演会・勉強会
  • アルバイト
  • インターン
  • ボランティア

こんなに方法はあります。探せば、もっとあるわけです。

そうやって、実際に行動を起こし、まずは自分の世界を広げる。新たな情報を手にする。その中で「〜そう」と感じるものがあれば、まずはやってみる、触れてみる、話を聞いてみる、調べてみる、そういう小さな行動から、あなたの「やりたい」「好き」は見つかるはずです。

さいごに

これで最後になりますが、すでに「〜そう」と感じるものがあるのに、「自分には無理なんじゃないか」「できないんじゃないか」と考えている人もいると思います。

ですが、そんなこと考えることもまた不要です。

僕らはそもそも、なんだってやってきましたし、できるようになるまで挑戦することをためらわなかった人なのです。

「やりたいこと」が見つからないと思い込んでる若者へ贈る、本気の考え方「やりたいこと」と「できること」どちらを選ぶのが正解かの答え

こちらの記事でも、その点については詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「やりたいことを仕事にすべき!」「好きなことこそ仕事にしたほうがいい」、という言葉に決して惑わされないでくださいね。

この記事で伝えた、「〜そう」を大切にしたほうがよっぽど、あなたの求める「やりたいこと」「好きなこと」に出会えますし、知らなければ、出会えばいいだけです。

そう考えれば、今の段階で、それらを明確に持っていなくても、全く問題ありません。

あなたはこの先、まだまだ何にだってなれます!

自分で自分の可能性に蓋をしたり、制限をかけずに、あなた自身の心に正直に生きていってくださいね。応援しています。頑張ってください。

佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

★内定までサポート★
あなたのモヤモヤを解消します!

就活相談アプリ Matcher』では、全国の学生からの相談に乗れる機会を作っています。

今の就活に違和感がある。
自分のこれからを本気で明確にしていきたい。
最短かつ効率的に納得いく形で就活終わらせたい。

そんな方へのアドバイス・支援をしています。共感できる人、本気で成果だしたい人はぜひ。

この専門家の他の記事を見る

佐々木 英雄の人気記事

  • 起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    僕の半生をお話したいと思います。 中学1年生の時、父親の会社の倒産から一家離散を経験。運命的な出会いがあり、大きい志を持って、就職したものの成績は最下位からのスタート。 心を入れ替え、ひたすら行動した結果、トップ営業になり、部署を任されるまでになりました。そこから初めての起業をしますが、失敗に終わり、鬱を経験しました。 もう一度転職活動を始め、強い想いを持って外資系保険会社に入ったものの、ひたすらサボり、副業の方に力を入れていました。 自分の存在意義がわからなくなり、...
    5,930 views
  • やりたいことがわからない就活生に35才になった僕が伝えたい12のこと

    やりたいことがわからない就活生に35才になった僕が伝えたい12のこと

    このページでわかること ・「やりたいことは?」という質問自体おかしい ・「やりたいこと」の正体 ・「やりたいこと」は誰でも持っている ・「やりたいことは?」に答えられるようになる 「やりたいことはなに?」と聞かれてもわかるわけないです。だって、質問してくる世の中の大人たちの聞き方に問題があるんだから。 それなのに、うまく答えられなかったら、自分がダメなんじゃないかと追い込まれてしまいます。 その理由も明確にして行きます。あなたはそのままで大丈夫です。 この...
    39,817 views
  • 【もう大丈夫!】自己分析ができない人に知ってほしいこと

    【もう大丈夫!】自己分析ができない人に知ってほしいこと

    このページでわかること ・自己分析できないのはあなたのせいではない ・自己分析でつまづく本当の理由 ・自己分析でわかること ・自己分析から選択軸を作る方法 「自己分析ができない」って悩んでいませんか? でも大丈夫! この記事を通して、なぜ、今自己分析がうまくいっていないのか、が明確に理解できます。その結果、就活も、社会に出てからの結果も大きく変わるはずです。 ぜひ参考にしてください。 1.自己分析でつまづく理由 自己分析の目的を、ネット上で調べ...
    493 views
  • 自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    このサイトを訪れたあなたはおそらく これから本格的に就活をスタートさせる 書類選考や本選考の真っ最中 なかなか内定につながらず正直行き詰まった このどれかに当てはまるのではないでしょうか。 突然ですが、まずは、下記をご覧ください。こちらは私が支援した18卒就活生の支援の実績の一部です。 18卒就活生の支援実績(内定先一部抜粋) リクルートマネジメントソリューションズ, パーソルキャリア(旧インテリジェンス), リクルートスタッフィング, ネオキ...
    1,546 views
  • 必ず知っておきたい自己分析の本当の目的

    必ず知っておきたい自己分析の本当の目的

    就活において、必ずと言っていいほど耳にする「自己分析」ですが、なぜそれが必要なのか、理解した上で取り組めていますか? 目的を持たずに取り組んだ物事はどこかで必ずと言っていいほど、やらされごとになってしまい、全く意味を成さないことが多いです。 就活をするのも、自己分析に取り組むのも、実際に行動するのは「あなた」です。だからこそ、あなたの取り組む姿勢が非常に重要になります。 この記事では、就活において、なぜ「自己分析」が必要なのか、他サイトでは語られない、僕が考えている本当...
    694 views
  • 「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    あなたは今就活真っ只中で、書類選考は通過するものの、本番の選考や面接がなかなかうまくいかずに行き詰まりを感じているのではないでしょうか。 「これでいける!」と思っていたものがうまくいかない。「すごいね」などのお褒めの言葉はもらうのに内定はもらえない。 もっと言うと、書類選考には通過しているので、余計に内定に繋がらない理由がわからなくなって、とても辛く苦しい状況にいるのだと思います。 こちらはあなたと同じような状況で苦しんでいたある就活生とのやり取りです。彼女と初めて出会...
    447 views
  • 「やりたいこと」と「できること」どちらを選ぶのが正解かの答え

    「やりたいこと」と「できること」どちらを選ぶのが正解かの答え

    あなたは、きっとこのようなことで悩んでいるのではないでしょうか? 本当にやりたいことがあるけど、自分ができること(得意なこと)は、それとは異なっているので、どちらを優先して選択するべきかわからない…。 あなたは、この答えが欲しくて、ここにたどり着いたのですよね。ここではっきりと、その答えを示したいと思います。 1. やりたいこと、できること、どちらが大事か 先に、僕の結論をお伝えします。それは「どちらでもいい」です。正確には、「あなたがしたいようにしたらいい」です...
    124 views
  • コピペOK!就活の質問メールで人事に不快な思いをさせない方法【例文付き】

    コピペOK!就活の質問メールで人事に不快な思いをさせない方法【例文付き】

    あなたは今、企業に質問のメールをしようと思ってるけど書き方が分からない、という状態ではないでしょうか? もしくは「相手も忙しいだろうし、自分なんかが連絡していいのかな…」「こんな当たり前のことを質問していいのかな…」と思っていないでしょうか? 先にお伝えしておきます。 質問メールはどんどんおくっちゃいましょう!基本的に、迷ったらゴーです! やって怒られたら、誠意を持って対応して、その段階でやめればいい。それだけです。 そもそも採用活動において、企業側は常に就活生であ...
    160 views
  • 僕が35年かけて行き着いた「やりたいこと」の悩みを解決する8つの方法

    僕が35年かけて行き着いた「やりたいこと」の悩みを解決する8つの方法

    人生の中で「自分が本当にやりたいことって何だろう」と思い悩む時期は誰にも訪れると思います。そのタイミングがいつなのかは人によってさまざまでしょう。 小・中学生のような早いタイミングで、学校教育への疑問から、この問いに至る子どももいます。高校や大学受験のタイミングで、自分の未来像を想像するタイミングで訪れる学生も多いでしょう。もっとも多いのは、自分が社会にでて何をするべきかを考える就活のタイミングでしょう。大人になって、日々の業務の中で、ふと「このままでいいのだろうか」という...
    1,141 views
  • 20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    管理職やマネージャーを任されたは良いものの、思うように数字が伸びなかったり、部下の教育が上手くいかない…など悩んでいませんか? 僕自身、営業で社内1位を達成し、23歳で50人の部下を抱えるマネージャーになったことがあります。ただ、わずか6ヶ月でその半数程が僕のもとを去って行った辛い経験となるのですが…。 ここでは、部下との接し方が上手くいく考え方を僕の体験談からお伝えしていきます。 マネージャーが自分の意見を押し付けるだけでは、部下の成長はありません。 もし部下との接...
    2,380 views
  • 落ち込んだ時・息抜きしたい時に見る映画 激選11選【新社会人編】

    落ち込んだ時・息抜きしたい時に見る映画 激選11選【新社会人編】

    社会に出て約2ヶ月が経った新社会人の皆さん、こんにちは。 ゴールデンウィークから明けて研修も次の段階に進んだり、現場に配属されたり、環境が大きく変わっていく最中でしょう。 新しい環境はどうですか?環境の変化に伴い改めて、パワーが必要であったりしませんか? たまった感情を吐き出すタイミングかもしれないですよね。誰しも時には、息抜きが必要です。 僕自身、周りから“歩く情熱”と言われるほど本気で仕事をしています。しかし、僕も人間です。正直に言えば、しんどくなる時はあります。...
    1,438 views
  • 映画を年230本観た!“歩く情熱”社長がガチで選ぶ傑作62選【保存版】

    映画を年230本観た!“歩く情熱”社長がガチで選ぶ傑作62選【保存版】

    映画っていいですよね。アクションで興奮したり、恋愛ものでドキドキしたり、ヒューマンドラマで泣かされたり…。 でもたくさんある中から選ぶのは大変なことです。観ると時間も長いので、終わった後に後悔なんてしたくないし、できれば自分の心に響く何かを得られる映画がいい!と思いませんか? そんなあなたに、映画好き歴20年以上の僕がおすすめする作品62選をご紹介します。 ちなみに、僕が映画をどのくらい好きか言いますと、2017年に鑑賞した映画を数えてみたら230本以上でした。今回は、...
    6,810 views

佐々木 英雄の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

瀬川陣市

瀬川陣市

写真家・講師・ライター。 会社員を経て渡米、日本語教師を勤めたのち、美術大学に入学し写真を学ぶ。 ドローンでの動画撮影にも着手。長崎県五島市アンバサダーに就任し、写真動画による地域興しにも貢献。 全国商工会議所や企業での講演、メディア出演な...

疋田智

疋田智

自転車で通勤する人を意味する言葉「自転車ツーキニスト」の名付け親。 メールマガジン『疋田智の週刊自転車ツーキニスト』では自転車通勤に関するノウハウを発信。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(日曜よる6時半からTBS・ABC2局ネット)パーソ...

カテゴリから探す