落ち込んだ時・息抜きしたい時に見る映画 激選11選【新社会人編】

社会に出て約2ヶ月が経った新社会人の皆さん、こんにちは。

ゴールデンウィークから明けて研修も次の段階に進んだり、現場に配属されたり、環境が大きく変わっていく最中でしょう。

新しい環境はどうですか?環境の変化に伴い改めて、パワーが必要であったりしませんか?

たまった感情を吐き出すタイミングかもしれないですよね。誰しも時には、息抜きが必要です。

僕自身、周りから“歩く情熱”と言われるほど本気で仕事をしています。しかし、僕も人間です。正直に言えば、しんどくなる時はあります。ずっとパワフルでいることは難しいです。

だから、心のバランスを整えるために息抜きをします。そんな皆さんに今回は、人生の先輩としてエールを贈ります。

それは、映画です。息抜きの方法として、映画をおすすめします。

きっと皆さんのプラスになるだろう映画を3つのテーマごとに選びました。自分の心のバランスを保つための方法を持っていると結構、楽ですよ。

皆さんにとって、今回紹介する映画が少しでも心の拠り所になってくれれば幸いです。

ヘッダー画像:pixabay.com

最終更新日:2018年5月23日
1,120 views
佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

この専門家の他の記事を見る

僕が映画を好きな理由

画像:pixabay.com

僕は、心のバランスを取る方法をたくさん持っています。例えば、読書、料理や食事、音楽など上げたらきりがないです。

その中の1つが、映画です。

自分は限られた時間の中で息抜きを取り入れて、バランスを取ります。

落ち込んだ時は、泣ける映画を見て、思いっきり泣いて全て吐き出します。頭がいっぱいになったときは、楽しい映画を見て、頭をクールダウンをします。

これは小さい頃からの映画鑑賞の積み重ねが、感情を満たすための映画を選択していたのです。

僕が映画を好きになったのは、小学1〜2年生の頃に遡ります。

親に映画館へ連れて行ってもらってから、友達とも映画を見るようになりました。また、高校一年生の時に買ったホームシアターセットは今でもあります。

親の知人の紹介もあり、お店で買うよりも安く買いました。それでも10万円弱したことは、いい思い出です。自宅に映画を見る環境を作るほどにハマっていました。

当時、ただただ映画を見ていたため、特に息抜きなどと考えることはありませんでした。ですが、今の僕に取って映画は、心のバランスを整えるための方法になっています。

この記事を見てる方々の中にはきっと映画の玄人さんなども多くいると思います。映画のプロの方々のような素晴らしいレビューは書けません。逆に、レビューを見て新たな発見があります。

だからは僕は完全素人です。ただの映画好きです。昨年も気が付けば仕事の合間を縫って230本以上の映画を見ました(笑)

自分にとっては映画は、感情のバランスを保つために必要なもので、これからも変わらないと思います。

そんな僕が、今回は3つのシチュエーションごとに作品を分類してみました。

ぜひ皆さんの参考にしていただければと思います。

落ち込んだ時に見てほしい映画

1.永遠の0(2013年)

画像:amazon.co.jp

累計発行部数540万部を超えたベストセラー小説の映画化。

進路に迷う青年 佐伯は、祖母の葬儀で祖父と血縁関係がないことを明かされます。

調べると本当の祖父は、太平洋戦争でゼロ戦のパイロットとして戦死した人物でした。操縦技術はチームでも群を抜いて一流だった彼が、戦友からは「海軍一の臆病者」と揶揄されていました。そこには、家族とのある約束が関わっていたのでした。

第二次世界大戦末期、男が貫いた信念と生涯の記録が、時代を経て孫によって解き明かされる感動のストーリーで描かれています。

【おすすめ理由】

この作品を見て“全ての感情を吐き出して欲しい”と思います。たまった感情を涙で洗い流してください。

今、あなたは「この仕事を選んで良かったのか?」「他にも何かあったんじゃないか?」と迷っているかもしれません。

でも、あなたがその道を選んだとするならば、その決断を信じて欲しいです。

1年後、10年後、死ぬ間際になって振り返ったときに「この選択をして良かったと思えるように行動する」と決めれば、全て正解になります。

たとえ困難な道であっても、この主人公のようにぶれずに自分の生き方・信念を貫いて欲しいし、僕は皆さんにそのように感じて欲しいです。

2.ザ・ダイバー(2000年)

画像:amazon.co.jp

アメリカ海軍で伝説の男と語り継がれる カール・ブラシア の実話。

人種差別が根強い時代、アフリカ系アメリカ人だった主人公は実力主義の海軍に入隊します。
待ち受けていたのは、コックや雑用係の仕事と想像を絶する差別といじめの連続でした。

そんな時、上長のプルマン大佐に認められて兵員になり、やがてダイバーを目指します。

どんな困難にもめげずに立ち向かい続ける勇ましい男の姿が描かれています。

【おすすめ理由】

主人公は実在した人物で、アメリカ海軍で初めて「マイスターダイバー」となった伝説の海兵です。

それだけではなく、ロバートデニーロが主人公の教官役を演じています。これが、鬼教官です、本当に鬼です!

もしかしたらみんなの会社の上司にもそういう人がいるかもしれませんが、余裕でそれを凌駕してくる鬼教官です。

この人の体罰や指導を見たら、今の上司はもしかしたら大したことないよういに思えるかもしれません笑。それほど圧倒される迫真の演技に注目してください。

それから、この鬼教官に立ち向かっていく主人公のやり取りも涙なしには見れません。

涙、涙、涙、、、全ての感情を洗い流し、見終わった頃にはきっとみなぎるパワーが湧いてくる映画です。

これだけ鬼教官がいたなら、自分の上司なんて・・・そう思えたらあなたは次の段階にきっといけると思います!

まだまだやれます!頑張ってください。

3.ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年)

画像:amazon.co.jp

10代から20代の女子に愛された大ヒット小説の実写版。

美大に通う大学生の南山高寿は、電車で福寿愛美に一目ぼれをします。

ナンパなどしない彼が、勇気をだして声を掛けて次に会う約束を取りますが、なぜか彼女の目には涙がありました。

やがて、付き合うことになりますが、あるタイミングで予想外の彼女の秘密をしってしまう。

時空を超えた恋物語が展開されるファンタジック・ラブストーリーが描かれています。

【おすすめ理由】

人生で永遠なんてないです。「あの時、あんな風にしておけば良かった」と思っても、それは遅いです。

きっとあなたは、この春に初めて社会に出て、初めての体験ばかり。うまくいかないことも経験したはずです。

新たな生活がスタートして2ヶ月がたった中で、様々な後悔を感じたことがあったかもしれません。

「こうしたほうがいい、これは伝えよう」と思ったことは、実際の行動に変えて欲しいと思います。行動に変えない限り、それは相手に伝わりません。行動しなかった後悔はずっと残ります。

人生で「今」という瞬間が、一番若い日です。「今」はもう戻ってこないんです。この作品を見て、「後悔しない生き方・働き方をしよう!」と思えるはずです。

大切な人を大切にし続けるためにも、また大事なお客様を大切にするためにも、心で思うだけでなく、ぜひ行動に変えて行ける人になってください。

後悔しない生き方を実現させて欲しいです。

4.パッチ・アダムス(1998年)

画像:amazon.co.jp

現在も実在する人物の若き日を描いた作品。

主人公は、実在する医師のハンター・アダムス。パッチとは傷を治す意味のニックネームです。

彼はユーモア精神が強くて、ジョークで患者を笑わせてきました。これは、のちに医学界の常識を覆すことに繋がる重要な治療法であることが分かってきました。

自分を強く持ち、批判にも負けないパッチ・アダムスの半生を描いています。

【おすすめ理由】

とにかく何か溜まってる人、吐き出したい人はぜひ見て欲しいです。みんなが生まれた頃の映画ですが、古さも感じさない映画のはずです。

そして、苦しい時こそ笑ってみましょう。これ以上にないくらい心から笑っていれば、ネガティブなことは吐けないですよ。なぜなら気持ちが乗ってこないから。

だから、笑いは治療だけに有効なのではないと思います。僕は、生きる上で必要だと感じます。

社会に出て2ヶ月、初めてのことに戸惑ったり、悩んだり、苦しんだり、たくさんあると思います。

でもそういう時だからこそ、まずは笑ってみてください!あなたの笑顔、姿勢、行動 が全てを変えます。

「病は気から」とはよく言いますが、僕も同感です。苦しい時こそ笑いましょう。それがあなた自身を奮い立たせ、前向きな気持ちにしてくれるはずです。

「やってやるぞ!」と思って入社式を迎えた日の気持ちを改めて思い出して見てください。

勇気をつけたい時に見てほしい映画

5.42〜世界を変えた男〜(2013年)

画像:amazon.co.jp

アメリカのメジャーリーグで史上初の黒人選手として、今でも尊敬されるレジェンドの実話。

彼の名は、ジャッキーロビンソン。当時のメジャーリーグは、完全な白人の世界でした。

相手チームからの嫌がらせに留まらず、味方の選手からも悲痛な嫌がらせがありました。しかし、当時所属していたチームのGMだけは、彼を鼓舞して成長させます。

どんな逆境の中でも実績を残し続けて立ち向かい、戦い続けた男のストーリーです。

【おすすめ理由】

主人公は黒人初のメジャーリーガー ジャッキーロビンソン。

日本でいうなら野茂英雄さんであり、イチローさん。今でいえば、大谷翔平選手など、要は道無き道を開拓したパイオニアということです。

皆さんは、会社の中でこうしろ!と言われたから、惰性でやってること、やらなきゃいけないことありませんか?

それに違和感を感じたり、もっとこうしてみてはいいのでは?と感じることはありませんか?

大事なことは、それが自分のため、仲間のため、会社のため、お客様のためになるのであれば「恐れずにやってみる」ということです。

上司に従うこと、言われたことをただやることが仕事ではないはずです。それが仕事だとするなら、あなたが存在してる意味はありません。

あなたの行動が一人目じゃなくても、周りがどうとかじゃないです。

そうやって行動を起こそうとしている仲間がいれば、足を引っ張ること、否定することじゃなく、信じて応援してあげて欲しいです。

あなたは一人では生きていません。けれど、あなたは一人ではありません。仲間がいます。

この主人公も一人じゃなかったから戦うことができました。そして伝説になりました。正しいと思ったことはぜひ貫いて欲しいです。

6.グレイテスト・ショーマン(2017年)

画像:amazon.co.jp

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞した世界中を熱狂させた話題作。

主人公は19世紀、アメリカに実在した興行師 P・T・バーナムの成功をミュージカルで描いた作品。

彼はこれまで家族を幸せにすることだけを考え、挑戦と失敗を繰り返してきました。ようやくたどり着いたのが、大衆の心をつかんだ前代未聞のショーでした。

ミュージカルエンターテインメントで“史上最も偉大なショーマン”を描いています。

【おすすめ理由】

先に伝えておきますと、この映画はストーリーや内容、そういうものや先入観なしで見て欲しいです。ただただ、この映画の持つパワーを全身で受け取って欲しいです。

この映画の持つパワーがあるから、これだけ多くの人が魅了されてるんだと思います。

内容は正直シンプルです。先も読みやすい展開かもしれません。でもそうじゃないんです。

この映画のあらゆるシーンで流れる音楽一曲一曲に浸ってください。この映画は映画ではなく、2時間のライブだと自分はそう思ってます。

この映画は音楽なしに語れない映画です。だからこそサントラもぜひ聞いて欲しい。そして、それを自分のスマホやPCにダウンロードしてみるのもオススメします。

理由は、サントラを聴くことで、その時に感じた感情や気持ちを思い出すことができるからです。

映画のシーンで思い出さなくても、この映画は音楽を通じて、その時感じた気持ちや、あなたのやる気を引き出すことができます。

まさにスイッチになる映画です。

あなたも勝負どころでは決まって食べる物や音楽、服装、持ち物などあるはずです。その新たなコレクションの1つにぜひくわえてみてはどうでしょうか?

7.ザ・エージェント(1996年)

画像:amazon.co.jp

1997年アカデミー賞&ゴールデングローブ賞を獲得した名作。

スポーツエージェント会社所属の主人公ジェリーは、理想主義のあまり会社を解雇されてしまいます。それでも彼に好意を抱き、ジェリーのアイデアに共感する同僚だったドロシーは共に会社を立ち上げることに。

どんな局面でも自分の理想を貫く男のサクセスストーリーが描かれています。

【おすすめ理由】

社会人になって2ヶ月にして、すでに「自分がなんのために働いているのか」を見失ってませんか?そんなことないのであれば、大丈夫!

でも、5月病とよく言われるように、働き出して1ヶ月くらいしか経たないうちに、当初の目的やゴールを見失う人がいるのも事実です。

最初のフレッシュな気持ちを忘れないでください。今のその環境を選んだ理由を見失わないでください。

あなたは組織に属してますが、あなたはあなたです。自分を見失わないでください。誰一人としてこの世の中には、同じ人間はいません。

あなたは、この世に一人だけです。

そしてお客様や企業を数字や利益で語るのではなく、一人の人として対峙して欲しい。そういう気持ちを忘れないで欲しいと思います。

あなたの大切な気持ち失わないでください。

8.タイタンズを忘れない(2000年)

画像:amazon.co.jp

実話を基にしたヒューマン・ストーリー。

公民権運動が盛んだった70年代初頭にある町に、ある白人系高校と黒人系高校が統合されることになりました。

もちろんクラブチームも統合され、最初は人種の壁が厚かったのが、次第に心をひとつにして、大会で大躍進をすることになります。

多くの苦難があってもチームがまとまることで乗り越えていく成功の軌跡を描いています。

【おすすめ理由】

既に会社の中で気に入らない上司や同僚などはいますか?

自分はいました。それもそのはず。いろんな人が混在して、成立するのが組織です。そのため、背景も考えもみんな違って当たり前なんですよ。

でもそれをただ単に排除しようとしてませんか?

その人の振る舞いや言動は、意味がないことは何一つありません。そこには、相手の価値観や想いが反映されてます。

時にひどい言葉を浴びせられたり、怒られたりすると、なんで自分ばっかり、、、と思うこともあるでしょう。僕もありました。

でも、「なぜ相手が厳しい言葉で指摘したのか」ということを考えたことがありますか?相手にも相手の考えがあります。まずはあなた自身がそれを理解しようとすること。

何が言いたいかと言うと、誰一人同じ人間はいない、ということです。相手の心の中を読むことはできないし、相手の行動をコントロールすることもできません。

自分の行動なら変えらるし、コントロールできます。

まずは自らが相手を理解しようと努めること。それを行動で示すこと。そうすればすぐにじゃないにしても、何か変わるはずです。

排除するのではなく、理解する。その結果、タイタンズのような最高のチームが生まれればきっと成果に変わり、仕事も楽しくなるはずです。

全てはあなた次第です。

心をリフレッシュしたい時におすすめ映画

9.はじまりのうた(2013年)

画像:amazon.co.jp

主人公は、敏腕音楽プロデューサーのダン。

彼は過去に輝かしい経歴を持つのですが時代の変化に合わず、自らの事務所をクビになってしまいます。

飲み歩く日々が続くのですが、ある時シンガーソングライターで恋人に裏切られたばかりのグレタと出会い、彼女の歌に惚れてアルバムを作ることになります。

人生のどん底に落ちた二人が自分らしい人生の過ごし方を見つけるストーリーを描いています。

【おすすめ理由】

この映画は、音楽と映像が本当に素敵です!

公開された当時は、限られた映画館でしか上映されていなかったのですが、すぐに見に行きました。見終わってから、見て良かったと思いました。

MAROON5 のアダムレヴィーンも素敵だったし、その音楽も最高です。

僕は、この映画を見た後、ずっとサントラを聞いてました。感じ方は人それぞれかもしれませんが、この映画をみて一緒に落ち込む人や大切な人を思い出す人もいるかもしれません。

また、すでにそれを乗り越えて、次に進もう!次の一歩を踏み出そう!と思える人もいるかもしれません。

でもそう思わせてくれるのは、この主人公が決して特別な人じゃないからだと思います。

特別な人じゃない、でもそんな普通な人が行動を起こして、自分らしさを取り戻して行きます僕はそこが好きでした。

そしてその主人公が奏でる音楽が好きになりました。

10.ザ・マジックアワー(2008年)

画像:amazon.co.jp

連日満員の劇場に大爆笑をもたらした話題作。

港町でギャングの手下ながらホテル支配人を勤める主人公。

ある時、ボスの愛人に手を出して逆鱗に触れるのですが「幻の殺し屋を呼べば許す」と条件を出されます。

しかし彼に呼ばれてきたのは、映画の撮影と聞かされた無名の役者でした。

たったひとりのピンチが繰り広げた、誤解の連続で巻き起こる大騒動大騒動を佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるかなど実力派キャストで描く痛快なコメディ映画です。

【おすすめ理由】

邦画だし、コメディーだし、少し古いし。そんなこと関係ないです。本当に見て欲しい!素直な気持ちを持って、子供時代に戻って見て欲しい。

タイトルの「マジックアワー」とは太陽が沈んだ後、夜になる直前の1日の中で最も空が綺麗な時間のことを言います。元は撮影用語だそうで、この時間帯であれば、誰もが魔法にかかったように美しい写真を撮れることからそう名付けられたそうです。

あなたの人生においてマジックアワーはいつですか?過去、現在、未来のどこかで誰もが一番輝く瞬間。そんな自分でありたい、と思っていた時があったはずです。僕も輝きたい瞬間があります。

そのためには、今を本気で生きるしかないと思っています。その先にあなたにとってのマジックアワーが待っているのではないでしょうか?

人や環境やサービスに文句を言う前に、できることをできる限りやり抜いてみる。これ以上やれない、というレベルまでやりきってみる。時に失敗することもうまくいかなくなることもあるかもしれません。

でもその全てを受け入れて、いい思い出になったと思えるのであれば、それがあなたにとってのマジックアワーになるはずです。

そんな気持ちをこの映画を通じて少し思い出してもらえたら嬉しいなってそう思います。

11.シンデレラ(2015年)

画像:disney

ディズニーアニメ名作の実写化。

不運なヒロインのシンデレラが、魔法にかかり美しく変身を遂げて王子と出会い幸せな人生を送るストーリーです。

名場面と言えば、ガラスの靴のシーンですね。多くの方がご存知の不朽の名作です。

【おすすめ理由】

今ノリに乗ってるあなた!今仕事が楽しくて仕方ないあなた!ぜひ見てみてください。その気持ちさらに加速すること間違いないです!

逆に今乗れてないな、乗り遅れてるな〜というあなたも見てください。リフレッシュできます!お友達とでも、大切な人とでも、一人でも、どんな場所でも大丈夫。

この映画はあなたの足りない隙間や欠けているピースに綺麗にはまります。それがディズニーの魔法です。この映画自体が魔法なんだとそう思います。

見終わった後必ずハッピーな気持ちで満たされるはずです。

その気持ちのままチームのメンバーや同僚、取引先、お客様に会ったら、あなたのそのハッピーオーラが伝わって、きっと仕事もうまく回り出すはずです。

プラスの力は伝染します。

あなたがきっかけとなって、より多くの幸せや笑顔を生み出してください。その結果、一番満たされて幸せになっているのは、他の誰でもない”あなた”だと思います。

 

佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

★内定までサポート★
あなたのモヤモヤを解消します!

就活相談アプリ Matcher』では、全国の学生からの相談に乗れる機会を作っています。

今の就活に違和感がある。
自分のこれからを本気で明確にしていきたい。
最短かつ効率的に納得いく形で就活終わらせたい。

そんな方へのアドバイス・支援をしています。共感できる人、本気で成果だしたい人はぜひ。

この専門家の他の記事を見る

佐々木 英雄の人気記事

  • 起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    起業、鬱、30歳で収入0…どん底から這い上がった“情熱”社長の半生

    僕の半生を話したいと思います。 中学1年生の時、父親の会社の倒産から一家離散を経験。運命的な出会いがあり、大きい志を持って、就職したものの成績は最下位からのスタート。 心を入れ替え、ひたすら行動した結果、トップ営業になり、部署を任されるまでになりました。そこから初めての起業をしますが、失敗に終わり、鬱を経験しました。 もう一度転職活動を始め、強い想いを持って外資系保険会社に入ったものの、ひたすらサボり、副業の方に力を入れていました。 自分の存在意義がわからなくなり、本...
    3,839 views
  • 自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    自己PRで悩み続けた19卒生3人が内定を勝ち取った実際の例文

    このサイトを訪れたあなたはおそらく これから本格的に就活をスタートさせる 書類選考や本選考の真っ最中 なかなか内定につながらず正直行き詰まった このどれかに当てはまるのではないでしょうか。 突然ですが、まずは、下記をご覧ください。こちらは私が支援した18卒就活生の支援の実績の一部です。 18卒就活生の支援実績(内定先一部抜粋) リクルートマネジメントソリューションズ, パーソルキャリア(旧インテリジェンス), リクルートスタッフィング, ネオキ...
    1,103 views
  • 映画を年230本観た!“歩く情熱”社長がガチで選ぶ傑作62選【保存版】

    映画を年230本観た!“歩く情熱”社長がガチで選ぶ傑作62選【保存版】

    映画っていいですよね。アクションで興奮したり、恋愛ものでドキドキしたり、ヒューマンドラマで泣かされたり…。 でもたくさんある中から選ぶのは大変なことです。観ると時間も長いので、終わった後に後悔なんてしたくないし、できれば自分の心に響く何かを得られる映画がいい!と思いませんか? そんなあなたに、映画好き歴20年以上の僕がおすすめする作品62選をご紹介します。 ちなみに、僕が映画をどのくらい好きか言いますと、2017年に鑑賞した映画を数えてみたら230本以上でした。今回は、...
    6,468 views
  • 「就活がつらい...助けて...」どん底から立ち直れた19卒就活生100人の声

    「就活がつらい…助けて…」どん底から立ち直れた19卒就活生100人の声

    「君は何がしたい?君のやりたいことは?」と問い詰められる。そんなの分からないに決まっている、と思いながら就活をしていました。 自分の気持ちに嘘をついていることはずっと気づいてました、だから辛かった。 自分には何の強みもないし、友人のように夢中になれることもないと自分で決めつけて、勝手に自己嫌悪に陥っていました。 「前みたいに自己PRを心を込めて話せない」「本心じゃない気がする…」「なにが違うんだろう?自分は就職できるのかな?」みたいな漠然とした不安が消えませ...
    165 views
  • 「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例

    あなたは今就活真っ只中で、書類選考は通過するものの、本番の選考や面接がなかなかうまくいかずに行き詰まりを感じているのではないでしょうか。 「これでいける!」と思っていたものがうまくいかない。「すごいね」などのお褒めの言葉はもらうのに内定はもらえない。 もっと言うと、書類選考には通過しているので、余計に内定に繋がらない理由がわからなくなって、とても辛く苦しい状況にいるのだと思います。 こちらはあなたと同じような状況で苦しんでいたある就活生とのやり取りです。彼女と初めて出会...
    112 views
  • 20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    20人以上辞めて部署半壊!ダメ上司が考え方を変え6ヶ月で立て直した方法

    管理職やマネージャーを任されたは良いものの、思うように数字が伸びなかったり、部下の教育が上手くいかない…など悩んでいませんか? 僕自身、営業で社内1位を達成し、23歳で50人の部下を抱えるマネージャーになったことがあります。ただ、わずか6ヶ月でその半数程が僕のもとを去って行った辛い経験となるのですが…。 ここでは、部下との接し方が上手くいく考え方を僕の体験談からお伝えしていきます。 マネージャーが自分の意見を押し付けるだけでは、部下の成長はありません。 もし部下との接...
    1,860 views
  • 作業効率アップ!新社会人のためのWindowsショートカットキー136選【まとめ】

    作業効率アップ!新社会人のためのWindowsショートカットキー136選【まとめ】

    「業務効率を上げたい!」「先輩に言われて覚えようと思った」など、少しでも業務スピードを上げたいという理由でショートカットキーを調べているかと思います。 ショートカットキーを体に覚えさせると仕事のスピードが早くなり、作業時間が今までよりも増えて、時間確保につながるでしょう。 今回は実際に業務で便利なショートカットキー、そしてショートカットキーを覚える際の心構えをお話しします。 また、Windowsに関する136個のショートカットキーをまとめましたので、業務中の簡易ガイドと...
    1,444 views
  • 大手企業人事が目に止める!はじめての自己PRの書き方5つの手順【例文付き】

    大手企業人事が目に止める!はじめての自己PRの書き方5つの手順【例文付き】

    書類選考通過を大きく左右する要素が「自己PR」です。企業の視点で「ぜひ会ってみたい!」と思える自己PRを作成することができれば、書類選考に落ちることはまず無くなります。 それはわかってるんだけど… どう書いたらいいのかわからない 語れるエピソード・実績がない 何を基準に選んだらいいかわからない 書いてみたけど通過するか不安 何をどう改善したら良くなるの? このサイトを訪れたあなたはこのような不安があるのではないでしょうか。 ですが、安心してく...
    83 views
  • 落ち込んだ時・息抜きしたい時に見る映画 激選11選【新社会人編】

    落ち込んだ時・息抜きしたい時に見る映画 激選11選【新社会人編】

    社会に出て約2ヶ月が経った新社会人の皆さん、こんにちは。 ゴールデンウィークから明けて研修も次の段階に進んだり、現場に配属されたり、環境が大きく変わっていく最中でしょう。 新しい環境はどうですか?環境の変化に伴い改めて、パワーが必要であったりしませんか? たまった感情を吐き出すタイミングかもしれないですよね。誰しも時には、息抜きが必要です。 僕自身、周りから“歩く情熱”と言われるほど本気で仕事をしています。しかし、僕も人間です。正直に言えば、しんどくなる時はあります。...
    1,120 views

佐々木 英雄の新着記事

人気のプロフェッショナル

プロフェッショナル一覧
中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

表参道の有名美容室で修行を積んだのち、2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。オープン間もないにも関わらず、リクルート社『HOT PEPPER Beauty』の AWARD GOLD Prize を受賞。ほどなく『ヘアモード』『リクエストQJ』『ar』『BOB...

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

表参道の人気ヘアサロンに2000年〜2010年まで勤務、2010年〜2017年までROI hair&make所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。CanCam、Ray、JJ、美人百花、Oggi、CLASSY、veryなどの多数の女性誌やテレビCM、広告、東京ガールズコレクショ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代に平成13年度第26回関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など、輝かしいタイトル多数獲得し、2001年ゴルフ特待生として名門明徳義塾高校、そして、東北福祉大学に入学。在学中交通事故、家庭の事情により大学を2年で中退。 その後サラリーマンをしな...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

26歳(1999年)という遅いデビューながら、2005年には日本人で初めて東洋太平洋ヘビー級タイトルに挑戦。翌2006年には日本人2人目となる同クルーザー級王座を獲得した。 18年におよぶフィットネスキャリアを元に、2013年より“闘う経営者向け”に特化した『闘...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝、2017年12月現在スクワット日本記録(327.5kg)の保持者。2017年世界選手権6位はじめ、オリンピックに相当するワールドゲームズに2度出場。トップレベルの現役選手でありな...

カテゴリから探す