企業が求める『真の自己PR』をつくる3ステップ【例文付き】

「自己PR」は、就活において非常に重要な位置を占めます。

なぜなら「自己PR」は、企業に自分のことを知ってもらい、企業の考え方や状況にマッチしているかを判断してもらう大きな要素となり得るからです。

ここで自分の可能性を感じてもらうことで、内定に直結する場合も多くあります。

この記事では、単に内定を取るためではなく、「入社して良かった」と思えるような企業に内定をもらうため、そんな『真の自己PR』のつくりかたと、それをもとに書かれた実際の例文をご紹介します。

ヘッダー画像:hoiku-labo.work

はじめに:もしあなたが面接官だったら…

自己PRの具体的な書き方に入る前に、「もしあなたが面接官だったら」という視点でまずは考えてみましょう。

どのような学生を採用したいですか?高学歴の人?学生時代に成果を残した人?素直な人?そして、それはなぜですか?

企業は多大な採用コストをかけて、あなたが「投資対象として適正かどうか」を見極めます。

それは、あなたを採用することが「本当に企業ビジョンの達成(≒利益)につながるのか」、そして「結果的に社会のためになるのか」ということにもなるからです。

つまり、あなたがその企業でフルに力を発揮できるかということも含まれています。

だからこそ、あなたが相手(企業)の立場になって考え理解することが、あなたの入社後の充実感や成果にもつながるのです。

企業はあなたを気に入らないから不採用にするのではなく、「一緒になって成果(=利益)を上げてくれる、そして気の合う未来の仲間を探したいだけ」なんです。

決して敵ではありません。この前提を忘れないようにしましょう。

だからこそ、面接という場であなたについて色々聞き、あなたを知りたいのです。

ちなみに、エントリーシート(ES)は単なる話の切り口でしかありません。ESに書いた経験や体験をもとに、その背景にある過程や思いを知りたいのです。

それを知ることで、あなたが実際に働いたときにどんな風に考え、行動するのかをイメージできるからです。

そう考えると、ESで必死に自分を過大表現することに時間を費やす必要はなくなります。むしろ、「ありのままに書くこと」が『真の自己PR』につながるといえます。

話を聞きながら「この人はうちでどんな働き方をしてくれるかな?」「うちの環境の中だと、どのポジションが合うのかな?」「活躍してくれるかな?」と、そんな想像をしながらきっと話を聞いているはずです。

だからこそあなたの唯一の役割は、相手に対して具体的なビジュアルで「可能性をイメージさせること」なんです。

多くのサイトに書いてある「主観だけに頼らない」「数字で語れる実績や事実を盛り込む」「before→afterを意識する」「伸び代や振り幅で興味をグッとひきつける」なども、要するに企業に具体的にイメージしてもらうためのコツでしかありません。
 
表面的なコツばかりに惑わされてしまうと、本当の目的を見失うことにもつながります。
大事なことは、目的を意識することです。
 
選考の現場における自己PRの目的とは、相手(=企業)に対して【過去の体験・経験・実績から、企業に「活躍している姿・問題を解決してくれている姿を相手にイメージさせる」】ことにあります。
 
そのために少し伝え方や見せ方にコツが必要だよ、ということを忘れないでください。
 
それから、「内定がもらえない…」「選考が進まない…」と悩んでいる方も、とにかくまずはこの記事を読んで欲しいと思います。
 
「ただ内定をもらうためだけの自己PR」がなぜ通用しないのかを理解していただくことで、『真の自己PR』が作成しやすくなり、結果として、あなた自身が納得感をもって就活に臨むことができるようになるはずです。
 

企業が『自己PR』で見定めるモノとは

企業は自己PRのどんなところを見て、採用・不採用を判断しているのでしょうか?

現在、日本にある約400万社のうち、約5万社が新卒採用に取り組んでいるといわれています。当然ですが、そのすべてが同じ視点で採用・不採用を決めているわけではありません。

ここからは、実際に企業へのエントリーの際に使用したESを見ながら、どういった点に注意して書くのかを見ていきたいと思います。

「自分にはそんな経験はない」という内容の場合でも、事前に作成した内容とそれを踏まえて添削した内容を共有し、どの点を修正・改善したのかも解説していますので、押さえるポイントや意識する点などは十分学べると思います。
 
ここで大切になることは、「正解はない」ということです。
 
当たり前の話ですが、あなたはこの世の中に二人と存在していますか?存在していません。つまり、誰一人同じ人間はいないんです。
 
あなたがどう感じたか?どう生きていくのか?これから何を成すのか?はあなたにしか語れません。
 
正解探しをするのではなく、大切なことは「あなた自身が取り組んできたことで、相手に可能性を感じさせる」ことです。これが重要になります。
 
あなたはあなたしかいません。あなたのやってきたこと、考えは誰にも否定できないし、犯せません。
 
この記事を通じて、ぜひあなただけの自己PRを完成させてみてください。

例1:某大手人材会社に向けた自己PR

『自己PR』(400文字以内)

私は、(1)人のモチベーションを上げることに貢献できた時に喜びを感じます

これまでの人生の中で私が力を発揮できたと感じる場面には、必ず他者やチームの存在がありました。例えば、高校生の頃バスケ部に所属していた私は、人に注意をしたり、指示を出すことに苦手意識を持っていました。

それは当時のチームメイトも同じで、結果、励まし合いしかできないチームになっていました。その現状を変えるため、私はその役割を率先して担いました。時には自分を棚に上げ、チームメイトに厳しいことを言ってきました。

しかしそれを機に、徐々に他のメンバーも勝利のために厳しさを出せるようになっていきました。そのことが、県大会2回戦負けから県ベスト16まで順位を上げられたことに繋がりました。

(2)物事の問題点を発見し、チームの中で自分の役割を見出し行動できることは私の強みだと感じています。仕事をする上でも、必要なことを発信できる強さを(3)持ち続けたいです

★ポイント★
(1)と(2)をみると、結論に始まり結論に終わっている形は読みやすく、Goodポイントです。

ただし内容については、「(1)人のモチベーションを上げることに貢献できた時に喜びを感じます」で始まっているにもかかわらず、「(2)物事の問題点を発見し、チームの中で自分の役割を見出し行動できることは私の強み」で終わっていて、一致しません。

ひとつの設問に対しては「1エピソード1メッセージ」を意識して、必ず始めと終わりは一致させましょう。

それが、一貫した自分の価値観に紐づくエピソードである証明になります。

(3)については、「持ち続けたいです」ではなく「持ち続けます」にしたほうが、力強く印象に残ります。

自分の経験に対して「欲望」ではなく「意思」で締めることで、決意の強さを示せます。

例2:某銀行に向けた実績PR

■「私の誇れる実績」について簡潔にお答えください。(30文字以内)
(1)ゼミの討論会でチームをまとめ、1位獲得に貢献したこと。
 
■上記の「私の誇れる実績」について、そこに至るまでの行動をお答えください。(300文字以内)
討論会は1つのゼミで1つの答えを出すゼミ対抗形式でした。最初は個々に作業を進めていたため、ゼミ全体の作品としてまとまりませんでした。

そこで私は、方向性を決めることが重要だと考え、ゼミ員間の情報共有を促しました。具体的には、(2)話し合いの場を定期的に設け、進行状況や想定される結論を共有しました

その結果、全体の方向性が定まり課題が明確になったことによって、全体の作品として仕上げることができました。更に、(3)話し合いを重ねたことでゼミ生同士の絆も深まり、あまり緊張せずに発表することができました

この経験を通して自ら働きかけることの重要さとチームで団結することの素晴らしさを学びました。

★ポイント★
(1)ですが、何チーム中の1位かがわかるとベターです。2チーム中1位か、10チーム中1位かでは全然話が違ってきます。

(2)の「話し合いの場を定期的に設けた」は、もう少し具体化(数字で言えるくらいに)したほうがいいでしょう。
 
月に一度なのか、週に一度なのか、3日に一度なのか、によっても相手への伝わり方は変わります。相手を同じイメージを共有するには、必ず数値や事実を盛り込むようにしてください。
 
例えばですが・・・「めちゃくちゃ広いです!」 と言われるのか「 東京ドーム10個分の広さです!」と言われるのか、どちらの方が具体的にイメージできますか?
 
相手と共有のイメージをもつために、こういった表現はよくテレビ番組などでも使われますが、王道には王道たる理由があります。
 
視聴者と共有のビジュアルをイメージできなければ、そこから先の進行に影響が出るために、そのような表現を使うわけです。
 
相手と共有のイメージを持つ、ということは非常に重要な点になります。数値は必ず具体的に示しましょう。
 
また、進行状況や想定される結論もどのくらい(数)出して準備したのか、明確に伝えたいところです。
 
以上のことをを踏まえると、「さらに話し合いを重ねた」という表現も曖昧ということがわかりますよね。
 
何回くらい話し合いを重ねたのか?緊張しないために、どの程度練習したのか?10回なのか?100回したからなのか?
 
企業の視点に立って想像した場合、この設問で企業が求めてることは、おそらくですが「実際にあなたはどんな働き方をするのか」「どういう風に物事に取り組むのか」「問題にはどう向き合うのか」といった点を見たいのだと思います。
 
誇れる実績、と聞いている点もポイントですよね。
 
誇れる実績な訳ですから、必ず他の取り組み以上に何かしら大きな成果をあげてるはずです。大きな成果をあげるには、より困難なことや障害も超える必要があると想像できますよね。
 
そしてそれを超えてきたからこそ、他者に誇れるだけの実績になるのではないか?と企業は想像したのだと思います。
 
だから、ただ単に実績をそこに至る行動を聞いたのではなく、誇れる実績と聞いているわけです。
 
とすると、それを具体的にイメージさせる内容になっているかどうかがポイントになってきます。
 
先ほど伝えた通りですが「めっちゃ広い!」と言われるのと「東京ドーム10個分の広さ!」と言われるのとでは、どちらの方がビジュアルでイメージしやすいかは言うまでもありません。
 
数字を盛り込むと、より具体的にそのシチュエーションをイメージしやすくなります。そこが重要です。
 

真の自己PRを作る

こうしてできる「偽自己PR」

自己PRを考えるときに、多くの就活生は書き方をネットで検索します。すると、多くのサイトで「このような流れで考えましょう」的な型が見つかると思います。
 
例えば、以下のような型です。
 ⑴「一体、自分の強みって何なんだろう?」
 ↓
 ⑵人生を振り返る
 ↓
 ⑶自分の芯となる価値観を見つける
 ↓
 ⑷その価値観がどんな体験・感情から生まれたのかを具体化する
 ↓
 ⑸企業との結びつきを考え、「私のここが貴社のここに貢献します!」を見つける
そして大抵最後には、「企業はあなたが『何を経験したか』ではなく、その経験で『何を感じたのか』『どう成長したのか』を知りたいのだ」と続きます。
 

残念ながら、こういったサイトの型は参考にはなるものの、あまり頼りすぎると没個性的な「偽自己PR」ができてしまう危険が高まります。

なぜなら、冒頭でもお伝えした通り、自己PRに「正解はない」からです。

型どおりに作成することを意識しすぎると、本来の目的である「相手に『可能性をイメージさせること』」から遠退いてしまいます。

このことをくれぐれも念頭に置き、偽った自分を演じた『偽自己PR』を書かないように注意してください。

『真の自己PR』3ステップ

ここからは、偽りの自分ではない、ありのままの自分を企業に伝えるために、『真の自己PR』を作成するための3ステップをご紹介します。
 
前提として、あなたの可能性を示す「具体的な取組や実績、成果、それを象徴するエピソードが必要だ」ということはお伝えしておきます。
 
ですが、それだけで自己PRしてしまうと、なぜあなたがそういう行動に至ったのか?なぜそこまで努力できたのか?なぜその障害を乗り越えその成果を出すに至ったのか?という背景が見えません。
 
繰り返しにはなりますが、企業は「一緒になって成果(=利益)を上げてくれる、そして気の合う未来の仲間を探したいだけ」なのです。
 
成果を上げてくれる可能性があるかどうか?も知りたいのですが、あなたの背景にある人柄や人となりも知りたいわけです。
 
今から伝える3ステップは「あなた」の生き方やあり方、その行動や成果に変えた背景(あなたの人柄や人となり、大事にしている想いや感情など)を伝えるための材料を、明確にするために行います。
 
想いを語り、それを裏付ける具体的な根拠となるエピソードがあれば、あなたの人となりやその行動に至った背景が具体的に伝わるようになります。
 
そこに相手は可能性を感じるわけです。
 
ぜひこの3ステップを実行して、あなたが何を大事にしてきたのか?これからも大事にしていこうと思ってるのか?を明確にしてみてほしい、と思います。

①相手を知る

『真の自己PR』は、まず相手を知ることから始まります。相手とは、言うまでもありませんが「企業」のことです。

ここで忘れてはならないのは、「企業は人で出来ている」ということです。

最初にも、面接官の立場になってみるということをいいましたが、なぜ自己PRが相手を知ることから始まるのかを考えてみます。

基本的に就活生は、企業が求める人物像に合わせた自己PR(志望動機も然り)を用意します。どこのサイトを調べても、誰に聞いても、「そうしないと受からない」「面接は通らない」といわれているからだと思います。

しかしこれでは、「企業に合わせて自分を取り繕っている」ことになりかねません。まさに、先ほど話した『偽自己PR』ですね。

「御社の企業理念」にかなう自身の体験談をひねり出し、あたかも伝説を語るかのように話し(笑)、最後には「御社の理念の通りの生き方を体現していきます!」と決意表明します。

しかし、よくよく相手の立場になって考えてみれば、初めから「御社の企業理念」を常に意識して生きてくれるかどうか、という視点で新入社員を探している人事がどれだけいるのでしょうか。

それよりも、

この子、
なんとなーくうちの社風にあってるなあ

なんとなーく会社に貢献してくれそうだなあ
なんとなーく仕事楽しんでくれそうだなあ
なんとなーくいい仕事してくれそうだなあ
この子優秀だなあ!!!

こんな要素を感じさせる就活生のほうが、企業理念に適った「志望動機が素晴らしい!」学生よりも、企業は可能性を感じるのではないでしょうか。

先ほども言いましたが、「企業は人」です。どういった部分に魅力を感じてもらえるのか、相手の立場に立ってよく考えてみてください。

そしてこの前提を理解し、まずは『偽自己PR』から脱しましょう。

②自分を知る

相手を知ると同時に、今度は自分を知ることが大切です。自分を知ることは、自分の個性・価値観をわかりやすく伝え、効果的に知ってもらう第一歩です。

先ほど自己PRの定型について少しふれましたが、ありもしない「正解」が蔓延し、あなた自身を表現する自己PRが書けない原因の一つに「ありのままの自分を話すのが怖い…」ということがあります。
 
なぜなら、あなたという存在はこの世にたった1人、唯一無二の存在なので、過去の前例が無いため、「受かる確信が持てない…」となるわけです。
 

すると、できるだけ自分の経験に近い例を探すか、過去に受かった(どの要素・基準で受かったのかもわからない)例を探し出して、無理やり自分の経験をはめ込みだすのです。

結果、ありのままの自分を見せることなく「お祈り(=不採用)」され、自信を無くし、また違う例を探し出し・・・といった負の連鎖が生まれてしまいます。

この負の連鎖から脱するための方法として、まずは、とりあえず「ありのままの自分」を書いてみることをおすすめします。

つまり、まずは面接官のウケなどは考えず、ただただ本音を書いてみるということです。

この「ありのままの自分」を表現することに対する恐怖を乗り越えたとき、『真の自己PR』が見え始めます。

本番でありのままの自分を出すために、練習して出せるようになっておけばいいという話です。

具体的に「ありのままの自分」を書く方法として、まずは以下の質問に答えてみましょう。

質問
人としてどう生きていきたいですか?自分がワクワクしていながらも、自分にかかわる人をも巻き込んで一緒にワクワクして生きたい。
どんな人生を歩みたいですか?誰かのワクワクを最大化し、自分に価値を感じてもらえる人生。
どんな社会人になりたいですか?ビジネスという側面に終始せず、人として尊敬される社会人。
どんな人とどんな風に、そして何のために仕事をしますか? 人とまっすぐ向き合う人と、嘘偽りなく、もっとワクワクしたい人のために仕事をする。
子どもにとってどんな大人でありたいですか? 自信をもって自分の生き方を誇れる大人。

かなり抽象的な質問なので、回答も抽象的になってOKです。どんなにくだらない自分でも構いません。

最初はただ「ありのまま」であることを意識してください。自分がしっくりくる表現で自由に書いてみてください。

③深掘りする

最後に、本当に「ありのままの自分」が書けているかを見極め、深掘りしていきます。
 
方法は簡単です。
 
それは、誰かに確認してもらうこと。これには2つの理由があります。
 

1つ目は、自分自身では「ありのままだ!」と思っていたとしても、相手からしたらそうは見えないという事態に気づくためです。

客観的に見てもらうことで、より多くの人に刺さる表現を探していきます

ただし、当然自分が納得していることで自信をもって話せるので、相手の意見にしっくりこなかった場合はそれで大丈夫です。

2つ目は、「ありのままの自分」を深堀りしてもらうためです。
 
特にこの2つ目が重要で、現在のあなたの「ありのまま」を、第三者視点で「これは何でそう思ったの?」「いつからそう考え始めたの?」など深掘ってもらうことで、現在のあなたをつくりだした過去の経験を明確にします。
 
ここに一貫性を見つけ、これまで人生でしてきたあらゆる選択に紐づくことがゴールになります。『真の自己PR』としての磨きをかける段階です。
 

「ありのままの自分」を、自信をもって相手に伝えられるようになることが、そのまま『真の自己PR』の完成へとつながります。

独りではなく友人や家族など信頼できる人たちに協力してもらいながら、自己分析とアウトプット(実際に自己PRを話してみる)を繰り返し、ありのままの自分で話せるようになりましょう。

まとめ

「ありのまま」というキーワードをたくさん使いました。結局、そのような自分が伝わることで、お互い(企業とあなた)が納得した形で採用が成立することにつながります。
 
そのために自然に自分のことを説明できることが、『真の自己PR』を完成させることになるのです。
 
真の自己PRとは【過去の体験・経験・実績から、企業に「活躍している姿・問題を解決してくれている姿を相手にイメージさせる」】ことにあります。
 
そもそもあなたには大事にしている思いや感情があり、それがあったからこそ、過去の取り組みや体験・経験につながるわけです。
 
だからこそ自己PRは、必ずあなたの思いから語り、それを裏付ける具体的な根拠を示し、最終的にこれからもその思いを大切にして成果に変えていくんだ!ということをあなたの言葉で相手にしっかり伝えてほしい、と思います。
 
就活は自分の人生を真剣に考える貴重なタイミングです。
 
今苦しんでいたり、悩んでいる就活生の読者もいると思いますが、就活という機会がなければ、ここまで自分自身と向き合う機会を持てないかもしれません。
 
そう考えると、就活は決してマイナスなことばかりではないはずです。ぜひ、ここで一度しっかりと自分というものを見つめなおし、あなたが納得いくファーストキャリアに繋げていってほしい、とそう思います。
 
あなたは決して一人じゃありません。あなたを必要としている環境や人が必ずいます。それを信じて残りの就職活動にも臨んでください。応援しています!
最終更新日:2018年5月24日
47 views
佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。創業以来約 200 名に及ぶしるべの卒業生の就職内定率は 100%。親身に学生に接することから、指導を受けた学生に、「情熱が服を着て歩いている」と言われるように。 しるべの教育カリキュラムは実践環境と座学を通じて、徹底的に“結果にコミット”する力を養い、「目標設定力」「挑戦するメンタリティ」「自己分析力」を高い次元で習得させることが特長。

この専門家の他の記事を見る

人気の記事

  • 人気美容師のおすすめシャンプーランキング25選

    人気美容師のおすすめシャンプーランキング25選

    シャンプーは、人それぞれ抱えている髪の悩みが様々なので、求める目的ごとに多くの種類があります。 さらに含まれる成分が違ったり、洗い上がりの香りも好みが分かれ、自分にとって本当に何が良いのか分からなくなってしまう時ってありますよね。 そこで今回は、2015年に表参道でヘアサロンをオープンし、日本最大級のヘアサロン検索予約サイトで金賞を2年連続受賞(※1)。数々のメディアにも取り上げられている人気美容師の中村飛鳥さんにおすすめシャンプーをうかがいました。 ここではプロのおす...
    43,593 views
  • 人気美容師おすすめのトリートメント&ランキング22選

    人気美容師おすすめのトリートメント&ランキング22選

    トリートメントは、できるだけ髪と同じ成分でできているものが良いとされていますが、本当に自分に合った商品を選ぶのはとても難しいですよね。 そこで今回は、数々の人気雑誌やメディアでも取り上げられている人気美容師、中村飛鳥さんにおすすめのトリートメントについて聞きました。 中村飛鳥さんは、美容室の検索予約サイト『HOT PEPPER Beauty』に登録している全国3万を超えるサロンの中で、わずか 0.1% しか獲得できない“ゴールドプライズ”を2年連続受賞した実力派です。 ...
    30,515 views
  • 人気美容師おすすめのヘアアイロン&コテ ランキング11選

    人気美容師おすすめのヘアアイロン&コテ ランキング11選

    ヘアアイロンは、毎日使うものだからこそ、髪へのダメージが少なくて、扱いやすくて、なりたいスタイリングに合ったものが欲しいですよね。 ここでは人気美容師、中村飛鳥さんのおすすめヘアアイロン&コテを最初にご紹介していきます。 中村飛鳥さんは、表参道のヘアサロン『Gallica(ガリカ)』のオーナー美容師であり、また国内最大規模の美容室検索・予約サイト『HOT PEPPER Beauty』で約3,000店舗中わずか1店舗だけが獲得できる「GOLD Prize」を2年連続受賞した...
    40,315 views
  • 男性向け整髪料おすすめ8選!使い方&選び方のポイント解説付き

    男性向け整髪料おすすめ8選!使い方&選び方のポイント解説付き

    みなさんは、どんな整髪料を使っていますか? 最近はナチュラル系が流行っているので、素のままの髪を楽しんでいる人もいると思いますが、ある調査によると整髪料の使用率は男女ともに50%以上となっています。 特に営業系の人や、責任ある立場にある方であれば、ボサボサヘアーで仕事に行くことはできませんから、毎朝必ず髪をセットするのに整髪料は欠かせないアイテムですよね。 ただ、整髪料といっても様々な種類がありますから、自分の髪型や髪質、トップに合わせて、選ぶ種類も変わってくるでしょう...
    15,421 views
  • プロ直伝おすすめウェッジと男女別人気ランキング10選【ゴルフ】

    プロ直伝おすすめウェッジと男女別人気ランキング10選【ゴルフ】

    ゴルフ初心者の方は、ウェッジの役割や種類、または選び方について、正直よく分からない…という人が大半ではないでしょうか?球をふわっと上げたり、バックスピンをかけたり、アプローチショットで欠かせないのがウェッジです。 最近では、アイアンセットに含まれるものとは別に、数本ウェッジを持つのがスタンダードとされていますが、何を基準に選べば良いのか理解している人はほとんどいないでしょう。 ウェッジは種類が変わるだけで、飛距離に大きな差が出るクラブです。その違いや特徴を良く理解して、自...
    5,862 views
  • やる気や集中力の維持に悩む人が知るべき「運動」が脳に与える驚くべき効果

    やる気や集中力の維持に悩む人が知るべき「運動」が脳に与える驚くべき効果

    あなたは普段、どれぐらい運動していますか? 近年の研究では、運動は、体の健康だけではなく、精神の健康や、仕事の生産性、勉強の能率など、様々な分野において、驚異的なメリットがあることが明らかになってきました。 例えば、以下のようなものです。 ・記憶力、協調性などが高まり仕事や勉強のパフォーマンスが向上する。 ・ストレスや不安に強くなり、より大きな課題に向き合える。 ・本当にやるべきことに対する集中力が上がり先延ばし行動が減る。 ・自制心が強まり禁酒や禁煙、ダイ...
    14,815 views

人気のプロフェッショナル

プロフェッショナル一覧
佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。創業以来約 200 名に及ぶしるべの卒業生の就職内定率は 100%。親身に学生に接することから、指導を受けた学生に、「情熱が服を着て歩いている」と言わ...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝、2017年12月現在スクワット日本記録(327.5kg)の保持者。2017年世界選手権6位はじめ、オリンピックに相当するワールドゲームズに2度出場。トップレベルの現役選手でありな...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

表参道の有名美容室で修行を積んだのち、2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。オープン間もないにも関わらず、リクルート社『HOT PEPPER Beauty』の AWARD GOLD Prize を受賞。ほどなく『ヘアモード』『リクエストQJ』『ar』『BOB...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

26歳(1999年)という遅いデビューながら、2005年には日本人で初めて東洋太平洋ヘビー級タイトルに挑戦。翌2006年には日本人2人目となる同クルーザー級王座を獲得した。 18年におよぶフィットネスキャリアを元に、2013年より“闘う経営者向け”に特化した『闘...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代に平成13年度第26回関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など、輝かしいタイトル多数獲得し、2001年ゴルフ特待生として名門明徳義塾高校、そして、東北福祉大学に入学。在学中交通事故、家庭の事情により大学を2年で中退。 その後サラリーマンをしな...

カテゴリから探す