大手企業人事が目に止める!はじめての自己PRの書き方5つの手順【例文付き】

書類選考通過を大きく左右する要素が「自己PR」です。企業の視点で「ぜひ会ってみたい!」と思える自己PRを作成することができれば、書類選考に落ちることはまず無くなります。

それはわかってるんだけど…

  • どう書いたらいいのかわからない
  • 語れるエピソード・実績がない
  • 何を基準に選んだらいいかわからない
  • 書いてみたけど通過するか不安
  • 何をどう改善したら良くなるの?

このサイトを訪れたあなたはこのような不安があるのではないでしょうか。

ですが、安心してください。こちらは僕が支援した18卒就活生の支援の実績の一部です。

18卒就活生の支援実績(内定先一部抜粋)

リクルートマネジメントソリューションズ, パーソルキャリア(旧インテリジェンス), リクルートスタッフィング, ネオキャリア, ウィルグループ, マイナビ, パソナ, ディップ, インターワークス,デロイトトーマツコンサルティング, 船井総合研究所, アクセンチュア,  アイドマホールディングス, アビームコンサルティング, ファインドスター, ワークスアプリケーションズ, グーグルジャパン, サイバーエージェント, 楽天,ベーシック, LIFULL, 株式会社キーエンス, コーセー化粧品, アロージャパン, ユニ・チャーム, オープンハウス, ビッグモーター, テンポイノベーション, 三井住友信託銀行, イオン銀行, 三重銀行, 静岡銀行, 浜松信用金庫, 株式会社商工組合中央金庫, SMBC日興証券, JCB, 東京海上日動火災保険…etc

本記事では、書類選考に通過する自己PRの”書き方”を5つの手順に分けて、具体的にお伝えしていきます

過去支援してきた学生たちも最初は今のあなたと同じ状況でした。ですがそこをクリアしたからこそ、このような成果に至ったわけです。

内定獲得に近道はありませんが、過去に支援したみんなが結果で証明してくれてるように、伝えたことを1つずつ着実に実行することで、学歴や業種・業態・会社の規模に左右されることなく必ず”書類選考通過”できる自己PRを作成できるようになります。最後までぜひついてきてください。

最終更新日:2019年2月6日
359 views
佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

この専門家の他の記事を見る

1.書類選考に通過した実際の自己PR

いきなりですが、まずは実際に書類選考に通過した自己PRの例文を見てみましょう。このレベルで自己PRを完成させることができれば、書類選考に落ちることはまず無くなります。

ちなみに、この自己PRは従業員数5000名〜1万人規模のいわゆる大手企業の書類選考でもほぼ通過するようになった例文になります。(書類選考ごとに文字数制限があるため、実際には、都度それに合わせて元になる自己PRを編集しながら対応していくことになります)

書類選考通過レベルの自己PR例文

▲タップすると文字が見やすくなります▲

本記事で伝えていく、5つの手順を1つ1つクリアすれば、あなたも必ず”書類選考通過レベル”の自己PRを完成させることができるようになります。ここからは具体的にそのポイントをお伝えてしていきます。

2.自己PRを披露してくれた19年卒就活生の紹介

具体的な内容に入る前に、先ほどの自己PRを披露してくれた19卒就活生の紹介をしておきます。

 

順天堂大学4年生 R.N くん

プロフィール紹介

  • 小学校6年生から中学校3年までの4年間を香港で生活する。
  • 二卵性の双子。顔も性格もまったく異なる双子の兄を持つ。成績が優秀な兄に比べ、自分は性格の良さを意識し、人に嫌われることを強く恐れるようになる
  • 高校では陸上部部長を務めるも、“嫌われたくない”が先行し、言いたいことが言えず、部をまとめることができなかった。
  • 大学ではフットサル部に所属し、キャプテンを務め、関東大会で優勝という結果をのこす。
  • 部活とボランティア、週4回のアルバイトが忙しすぎて、就活を意識したのは3年生の2月から。
  • インターンシップは1社しか参加していない。

就活期間

・2018年1月(大学3年生)~2018年6月(大学4年生)

内定先

・4社 ①株式会社ウェルファムフーズ(丸紅畜産)アサヒ飲料販売株式会社イーソーコ株式会社株式会社ワイズ

R.Nくんも最初は「そもそも何を語ればいいのか?」という状況だったそうです。でもだからこそ、あなたにとって今必要なことがR.Nくんの経験を通して学べるはずです。ぜひR.Nくんの経験も参考にしながら”書類選考通過レベル”の自己PRを一緒に完成させましょう。

3.”書類選考通過レベル”自己PRの書き方5つの手順

書類選考通過レベルの自己PRを完成させるには、今からお伝えする手順を全てクリアする必要があります。先ほどのR.Nくんもこの手順を経て”書類選考通過レベル”の自己PRを完成させています。

▼タップすると拡大します▼

ここからはそれぞれの手順について事例も交えながら具体的に伝えていきますが、その前に1つ、とても重要なことがあるのでそれを先にお伝えしておきます。

それは取り組む際の”心構え”についてです。取り組む姿勢によって、そのあとの結果は大きく異なります。

僕が伝えられるのは「やり方」だけです。それを実行するのは僕ではありません。 “書類選考通過レベル”の自己PRを完成できるようになるには、あなたの取り組み方も非常に重要な要素になります。今から伝えることを必ず意識した上で取り組んでください。

前提.まず大切なのは、あなたの”心構え”

「自己PRをどう書いたらいいかわからない…」と相談をもらう学生から決まってもらう質問があります。

それは「語れるだけのエピソードや実績がありません」というものです。あなたも、もしかしたら今まさにそういう悩みがあり、まだ自己PRが書けていないのかもしれません。

ですが、想像してみてください。

20数年間生きてきて、本当に「何も語るものがない」「何も誇れるものがない」「頑張ってきたことが1つもない」という人は存在すると思いますか?

自分のことではなく、少し客観的に考えてみてほしいと思います。どうしょうか。僕はそんな人は存在しないと思っています。

それよりも、問題なのは単に「そう思い込んでる」ことなんじゃないかなと思ってます。もう少しわかりやすく伝えると、ほとんど多くの就活生が「華々しいエピソードや実績じゃないと語れない」と思い込んでることが一番の問題だと考えている、ということです。

思い込みフィルターをはずせ!!

例えば、あなたの考える「人に誇れて書類選考に通過する華々しいエピソード」というのはこういうものがあるかもしれません。

  • 「学年1位を獲得した」「成績は常にオール5」
  • 「全国大会優勝!!」「県代表に選ばれた」
  • 「インターンで月間売上100万円達成‼︎」
  • 「海外ボランティアで学校を建設」

ですが果たして、こういうエピソードやPRだけが「語れるもの・誇れるもの」なのでしょうか。

こちらの記事で、実際の就活体験記を紹介してくれている19卒就活生 S.Hくんのエピソードを一部抜粋して紹介したいと思います。

面接官が質問して知りたがってるのは「性格」「人柄」でした。というのも、私自身の自己PRは主に「副ゼミ長として5人のゼミ生をまとめた」「高校時代に簿記2級を取得した」の2つなのですが、企業の面接官の方から 「簿記2級と副ゼミ長の実績は正直大したことないんだけど、2級取得にあたっての背景や副ゼミ長を通して経験したこと、工夫したことが君の人柄や就活軸にもあらわれてて素晴らしい」と評価していただき、内定に至ったからです。

仮に「エピソードが凄くないと内定がもらえない」という世界であれば就活生全体の8割は内定もらえません!

自己PRにおいてポイントになるのは「エピソードや実績についてあなたがどう感じているか?」ではありません。自己PRの内容を判断するのは常に面接官や人事、つまり他人なのです。

何より、彼が経験した面接時のエピソードからもわかる通り「実績は大したことないね」と言われながらも内定に繋がるわけです。最終的な決め手は実績の凄さだけではないのです。

だとするならば重要なことはまずあなたの思い込みのフィルターを外すことなのではないでしょうか。

突然ですが、想像してみてください。サッカー少年がランニング練習に取り組んでいます。そのうちの二人がそれぞれこんなことを考えながら同じ練習をしてるとします。

あなたはAくんとBくん、どちらがより早く上達すると思いますか?

▲タップするとキレイに見れます▲

…考える必要もないですね。何が伝えたいのか?

これから伝える具体的な方法も、あなた自身が「自分には語れるものが必ずある!!」と思って取り組むのか、それとも「自分には何もない…」と思いながら取り組むのか、によっては同じことをやっていたとしても、その後の結果は大きく変わってくるということです。

「語れるエピソードがない、誇れるものがない」という思い込みをまずは捨て去ること。

この”心構え”こそが書類選考通過レベルの自己PRを完成させる上で欠かせない最初の一歩になります。

手順1.“量”にこだわってエピソードのたねを探し出す

最終的な決め手は決して、エピソードや実績の中身ではないとはいえ、書類選考の自己PRを作成するには何らかのエピソードが必要です。では、その素材となるエピソードのたねはどうやって見つければいいのでしょうか?

答えは1つです。それは「あなたの過去から探し出す」しかありません。ちなみにエピソードのたねになりうる可能性があるのは、例えば下記のようなものが考えられます。

  • あなたが頑張った・乗り越えたと思えること
  • 熱中したこと・没頭したこと
  • 長期間取り組んだこと・今もやり続けてること
  • 耐えたこと・辛かったこと

この時点では、すでに思い込みフィルターを取っ払っているはずですから、周りと比較したり、大したことないんじゃないか、という考えは当然捨ててますよね?

大切なことは「周りと比較してどうか?」ではなく、あなたがそれについて「どう感じ、どう伝えられるか?」です。

いきなりですが、こちらの二人を見てください。

ここまで堂々と伝えられたら、なんか逆にすごいやつなのかな、と思っちゃいますね。

すごい成果出してるのに、めっちゃ小声でオドオドした感じで話しされたら、先ほどの大きい方を漏らした彼とは対照的に、なんかすごくなさそうに伝わるわけです。

大事なことは中身よりもあなたがそれをどのように伝えるか!です。

周りと比較したり、大したことないんじゃないか、という考えを捨てて、あなたの過去を掘り下げてみましょう。エピソードのたねとなる思わぬ宝がそこに眠ってるはずです。

手順1.1.七つの項目からエピソードのたねを探し出せ!!

エピソードの見せ方・より魅力に伝えるための構成方法や工夫は後ほど詳しくお伝えしますので、今はその心配は忘れてください。とにかくここでは自己PRに使えそうなエピソードのたねを必ず見つけてやる!という気持ちを持って臨んでほしいと思います。

では、どうやってあなたの過去から探し出すのか?

僕がオススメする方法は下記の7つの項目からアプローチするというものです。

エピソードのたねが眠る7つの項目
  1. 勉強・学業について
  2. 部活・サークル・課外活動について
  3. アルバイト・インターンについて
  4. 旅行について
  5. 家族関係について
  6. 友人について
  7. 読書について

ここで実際に、7つの項目からエピソードのたねを探し出したR.Nくんのノートを見てみましょう。

最初の段階で大事なのことは、中身ではなく”量”にこだわることです。ここは忘れないでください。

手順1.2.エピソードのたねを探し出すための方法

エピソードのたねを見つけるために、下記のシートを活用するとやりやすくなると思います。ぜひ活用してみてください。

▼タップすると7つの項目全てのシートが拡大して見れます▼

こちらはR.Nくんが実際に取り組んだシートの画像です。

▼タップすると【勉強以外の6つのエピソード】の内容も拡大して見れます▼

どうでしょうか?

R.Nくんのノートを見れば「最初から自己PRのエピソードを作ろう」というより「とにかく素材となるエピソードのたねをいっぱい見つけよう!」としている姿勢が伝わると思います。実際、R.Nくんは7つの項目から合計12個のエピソードのたねを見つけてますね。

「自分には何も無い…」と思っていても、案外見つかるものです。

ただし、今の段階ではどのエピソードにどんな価値があるのかはまだわかりません。今探し出したものはまだ「たね」ですから、それを育てる必要があります。それが次の手順になります。

手順2.エピソードのたねを魅力的に育て

企業の視点で「ぜひ会ってみたい!」と思える自己PRになっていれば、書類選考はまず通過します。そのために、書類選考に通過する自己PRが押さえておくべき大切なポイントとは何か?を把握しておくことは必須です。

“書類選考通過レベル”に必要なエピソードのポイント3つ
  1. 採用活動を行う企業の視点を持つ
  2. 抽象表現をしない
  3. 数字を盛り込み、具体的にする

詳しくはこちらの記事内【3.書類選考に通過する”自己PR”とは】を見てもらいたいのですが、ポイントだけお伝えすると上記の3つをクリアしてるかどうかは最低限必要だということです。

手順2.1.たねを魅力的に育てる秘訣は”○○”

1つ目の手順で探し出したエピソードのたねですが、最初から先ほどの3つのポイントをクリアしているエピソードはほとんどないと思います。実際R.Nくんもそうですね。

ですが、そのままの状態でエピソードを選択しても書類選考に通過しませんから、選択する前にそれぞれのエピソードのたねを魅力的に育てる必要があります。お米も稲刈りして、乾燥後、精米という過程を経て、僕らの家に届きます。その状態で炊くからこそ、炊き上がったときに美味しい白米になってパクパク食べれるわけです。

ではエピソードのたねを育てるとはどういうことか?というと「抽象的な表現から具体的な表現に変換する」ということです。そのためのコツをお伝えしておきます。

それが”因数分解”です。

もう少しわかりやすく伝えると、数字を意識しながら、これ以上細かくできない、という最小単位まで分解するということです。

この後の手順で自己PRの構成の「型」も具体的にお伝えしますが、いくら「型」があっても、数字を活用した具体性がなく、抽象的な表現ばかりの自己PRでは、企業の面接官や人事は、あなたのことを「投資対象」として見てくれません。それはつまり「あなたに会いたい!」と思ってもらえないということです。

書類選考通過を真剣に目指すのであれば「型」ももちろん大事ですが、エピソード内の抽象表現を無くし、数字を活用して具体的に伝えられる状態にする必要があります。

その上で、その中から「より魅力的なエピソードを選択する」というのが本来あるべき手順です。

手順2.2.エピソードのたねを魅力的に育てるための方法

R.Nくんが最終的に書類選考に通過した自己PRのエピソードも先ほどのR.Nくんのノートを見ればわかる通り、最初の段階では抽象的な内容が多く、具体性が足りていないのが伝わると思います。それを”因数分解”を通して魅力的に育てるわけです。

R.Nくんは12個のエピソードの中から【部活・サークル・課外活動】の”フットサル部のキャプテンを務めた話”を最終的なエピソードに選択してますので、それを元に実際にやってみましょう。(ちなみにこれを見ているあなたはいきなりエピソードを絞るのではなく「全て」のエピソードを因数分解するようにしてくださいね。選択するのは、その後になります)

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

最初と最後のエピソードはどちらも同じ内容を伝えているのですが、因数分解したことで抽象的だった表現がより具体的になり、その魅力がグッと増したのが伝わってくるのが伝わるでしょうか。ちなみにこのアプローチは話を盛るわけでも嘘をついてるわけでもありません。そもそもそんな必要は一切いらないのです。

この視点を持てれば、仮に飲食店のバイトであっても、十分実績として語れるようになります。例えばこんな感じです。

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

こちらも先ほど同様、最初と最後のPRは同じ実績を伝えているのですが、因数分解することで、伝わり方が「抽象的→具体的」に大きく変わり、より魅力的なエピソードへ進化したことに気づいていただけると思います。

こういうデータはチェーン店など大きなお店であればPOSシステムで管理してますので、調べようと思えば調べることができるはずです。売上でなくても例えばですが、時給に関して「スタート時は○○円だったのが○○時間のバイト経験を通して、新人教育まで任されるようになり、120%アップの○○円へ!!」ということでもいいわけです。自分には何もない…ではなく、探そうとする!自分にはある!と信じて行動すれば、いくらでも方法は見つかります。

その上で、因数分解のポイントはとにかく数字を意識すること、そしてこれ以上分解できない、という最小単位まで繰り返すことです。1つ目の手順で探し出したエピソードのたねを「全て」因数分解することで、どのエピソードもより具体性を増した魅力的なエピソードに変わります。

手順3.エピソード同士を競わせ、1~3つに絞り込む

2つ目の手順で全てのエピソードのたねを因数分解したことで、あなたのエピソードや実績はその輝きを増しました。おめでとう!!

次は実際の自己PRに使用するエピソードを選択していく段階です。選択する上でのポイントは「エピソード同士を競わせる」だけになります。

ここからはエピソードを選択する方法をより分かりやすく解説するために、下記のようにエピソードをトーナメント形式で競わせるようなイメージで読み進めてみてください。(就活とはいえ、遊び感覚を持って取り組めると結構楽しくなります)

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

エピソードを競わせる上でポイントになるのは、どちらのエピソードがより下記の2つを満たせてるか?という視点を持って、競わせることです。

エピソードを選択する2つのポイント

  1. インパクトがあるもの・キャッチーなもの
  2. before → after がよりハッキリしてるもの

なぜこの2つなのか?というと「企業の採用活動は”投資”である」という視点と、いかに「会いたい!」と思わせるか?という視点が重要だからです。

この2つのポイントを意識した上で、それぞれのエピソードを競わせ、最終的には1~3つのエピソードに絞り込んでください。1つじゃない理由は、企業によって求める人物像が異なるからです。

例えば、営業系の企業であれば「真面目さや正確性をアピールするエピソード」よりも「一番になった!とか行動力をアピールできるエピソード」の方が好まれるでしょう。事務系の企業であれば逆になる可能性もあるわけです。

最大3つ程度の自己PRを事前に用意することができれば、あとは企業の求める人物像やエントリーシートの文字数制限によって、元になる自己PRを編集するなどして使い分ければ、より効率的に書類選考通過を目指すことができます。

書類選考を確実に通過させたいのであれば、エピソードは最低でも3つは用意するようにしてください。

手順4.「型」を参考に実際に書いてみる

ここまでくれば、いよいよ次は実際に自己PRを実際に書いてみる段階になります。準備はいいでしょうか。

こちらの記事内【3人目:都留文科大学4年 K.O さん】でK.Oさんも語っていますが、ネットに広がってる自己PRの「型」を参考にするだけで、書類選考に一度も落ちない自己PRを最初から作成することも今の時代は可能です。

「型」は下記の3つ以外にもあるとも思いますが、参考までにまずは一番オーソドックスな3つを紹介しておきます。

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

出典:例文から見る自己PRの書き方とポイント

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

出典:就活生に捧ぐ ESや面接に役立つ自己PR文集

▼画像をタップするとキレイに拡大できます▼

出典:説得力が違う!自己PRの書き方5つの極意

どの「型」を使用するかはあなたの好みでいいと思います。

こちらの記事でも就活生の実際の自己PR例文をまとめていますが、彼らの”書類選考通過レベル”の自己PR例文もやはりこの「型」で伝えているポイントを押さえて作成されているのが伝わると思います。

「どう書き出したらいいかわからない…」という場合は、ぜひこの「型」を参考にしてまずは一度書いてみてください。

手順4.1.「型」を活用したR.Nくんの初期の自己PR例文

では、ここでまたR.Nくんの事例を見てみたいと思います。R.Nくんは”自己PRの「型」ver.1”を使って、最初の自己PRを仕上げたようですね。

「型」ver.1を活用して仕上げた初期の自己PRの例文

▲画像をタップするとキレイに拡大できます▲

どうでしょうか?すでに3つの手順を経て、エピソードを絞り込んでますので「型」にはめただけでも、十分魅力的な自己PRになっているのが伝わると思います。

そもそも自己PRが魅力的に書けず、書類選考に通過しなくて悩んでいる就活生の多くは①エピソードのたねを探し、②それを魅力的なエピソードに育て、③その上で絞り込む、という手順を経ることなく、いきなり自己PRを書こうとしているから難しくなってるだけなんです。

一見遠回りに見えるかもしれませんが、この記事で伝えた手順を経て「型」を活用すれば、R.Nくんのように「型」にはめるだけで書類選考通過レベルの自己PRを作成することができます。

焦らず、伝えたことを1つ1つ確実にクリアしていってほしいと思います。

手順5.企業の視点を取入れ、さらに磨きあげる

改めてお伝えしておきますが、本記事の目的は必ず”書類選考通過”できる自己PRを作成できるようになることです。

そのために、最後の仕上げに必要なのは「企業の視点」を取り入れることです。「なぜ企業の視点が必要なのか?」ここからはあなた自身も実際に企業の採用担当・人事として想像しながらついてきてください。

手順5.1.一枚のESをチェックするのに使う時間は○○秒!?

いきなり質問ですが、大手企業や人気企業になると、エントリシートはどれだけ届いていると思いますか?

さすがに数百枚レベルで想像している人はいないと思いますが、一説によると1社あたりESの受付枚数が1万枚を超える企業もあるそうです。

2015年の情報ですが、ES難関通過ランキングの1位のエイベックス・グループ・ホールディングスはES受付数9.190枚、2位のカルピスはES受付数10.400枚、さらに3位の資生堂はES受付数は12.400枚となっています。これだけの枚数がナビ解禁してからの1ヶ月程度で集まるわけです。

就活生の立場としては一生懸命書いた自己PRだし、隅々まで目を通してほしいという気持ちになるのはわかりますが、企業の視点に立った場合、一枚一枚隅々まで目を通すことが実際に可能かどうか真剣に考えてほしい、と思います。

では実際、書類選考の段階であなたのESはどの程度の時間をかけて読まれているのでしょうか?

僕の知り合いに三菱商事グループにて元人事担当の経営者がいらっしゃるのですが、その方はこうおっしゃってました。

「書類選考の場合、一枚のESを見るのに使える時間は5秒ですね」

いいでしょうか。全てとは言いませんが、これが人気企業や大手企業の実態なのです。ということは、5秒間で「この学生に会ってみたい!」と思わせられる自己PRになっているか?という視点も書類選考通過には必要だということです。

手順5.2.直感で見たいと思うのはどちらの自己PR?

いきなりですが、あなたはどちらの自己PRをより詳しく見たい!と思いましたか?時間は5秒間です。直感で決めて欲しい、と思います。…さあ、どうぞ!

1枚目2枚目

▲画像をタップするとそれぞれキレイに拡大できます▲

おそらくですが、ほとんどの方が2つ目の自己PRをより詳しく見てみたいと感じたと思います。では何をどう工夫したのか?それを最後にお伝えしたいと思います。

手順5.3.”パッ”と見の見た目にこだわる

5秒しかない中で判断されるのであれば、内容はもちろんのこと、”パッ”と見にどれだけこだわれるかどうか?も非常に重要な要素になります。パッと見にこだわる場合、具体的には下記を意識してみるといいと思います。

  • 引きのあるタイトルと見せ方(文字を大きく等)
  • 小見出しを意識する
  • 箇条書きや記号を使う
  • 文字の大きさ、下線、改行を使う

もちろんこれだけではなく、あなたがもっとこうしたほうがいいのでは?こっちの方が相手も見たい!読みやすい!と感じるのでは?と思ったことはぜひ取り入れてみてください。数千枚もしくは1万枚以上のESをチェックしている人事や採用担当の視点にたつ、ということを具体的にイメージすることが、企業の視点を取り入れる上で大切になります。

そうなると当然、レイアウトや見出し、文字の使い方、箇条書きや改行を意識するかしないか、で読みやすいものとそうでないもの・わかりやすいものとそうでないものは一目瞭然でわかります。

先ほどの2つを比較した場合、1枚目の内容は2枚目とほぼ同じなのですが、ただの文字の羅列になっており、数千枚単位で書類をチェックする企業人事の視点を全く持てていません。思いやりが足りてない、ということですね。

パッと見の見た目、つまり第一印象というのは、日常生活や恋愛においてだけ重要なのではなく、書面上でも重要になります。最後の仕上げとして、ぜひここまでこだわって書類選考通過レベルの自己PRを完成させてほしい、と思います。

パッと見にこだわった自己PR 例文1

▼こちらはR.Nくんの別の自己PR例文になります▼

パッと見にこだわった自己PR 例文2

パッと見にこだわった自己PR 例文3

▲画像をタップするとそれぞれキレイに拡大できます▲

さいごに

いかがでしたでしょうか。

本記事は、必ず”書類選考通過”できる自己PRを作成できるようになることを目的としていますが、あなたがこれから何をやるべきか、何に取り組むべきか、具体的にイメージできたでしょうか?

ここまでの内容を踏まえて「実際にやってみたい!やってみよう!」と思えたのであれば、その気持ちがあるうちに、すぐに取り組んでみましょう。

知った気で終わるのか、実際に行動に移すのか、そこには本当に大きな差があります。

本気でプロ野球選手を目指してるにもかかわらず、ルールブックだけを熟読し、全てのルールを暗記したからといって、果たしてプロになれるのでしょうか。残念ながらなることはかなり難しいと思います。

ルールを把握しておくのはもちろん必要です。ですが、本当にプロを目指すのであれば、ルールブックを読み込む時間よりも、実際にスパイクをはき、グランドに行って、バットを振った方が早いです。大切なのは「実践する」ということです。

就活に限らず、何らかの成果を上げている人たちに共通するのはただ1つ。

「行動している」

もっというと、できるようになるまで行動し続けたわけです。実際に行動を起こした人たちだけが成果に変えていくことができます。

▼タップすると拡大します▼

「どうやって書いたらいいのかわからない…」「自分には何も語るものがない…」という状況であっても、書類選考を通過するために必要な手順は全てお伝えしてきました。

思い込みフィルターを外し、5つの手順を実行する。あとはあなたがこれを実践できるかどうか、にかかっています。

でも大丈夫。この記事までたどり着き、そしてここまで読み進めてくれたあなたであればきっと行動できるはずです。あなたなら必ずやり遂げられます。

この記事を通して、あなたの悩みや不安の解消に少しでもお役に立てたなら幸いです。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

おまけ.書類選考通過だけじゃなく内定まで取りたい就活生へ

お気づきの方もいると思いますが、就活は書類選考に通過しただけでは終わりません。書類選考通過というのは、あくまでスタートラインに立てただけなのです。

そこから先、あなたが内定獲得までを真剣に目指すのであれば、この記事で伝えた取り組みだけでは残念ながら足りません。

ですが、安心してください。内定獲得に必要な手順・方法もすでに明確にしてあります。

  • 書類選考は通過するようになったけど、本番の面接がうまくいかない
  • 「これでいける!」と思っていたものがうまくいかず、行き詰まった。
  • 「すごいね」などのお褒めの言葉はもらうのに内定はもらえない。
  • もう落ちたくない。就活がつらい…。

このような状況にいる場合は、こちらの記事【「ESは通過するのに…」19卒生が語るネットじゃ教えない内定率100%の自己PR例】もぜひ参考にしてください。大丈夫です。これらの悩みは全て解消してきました。あなたのその状況も必ず抜け出せます。

また、今はまだそういう状態にないけど、こんな風になりたくない、就活の落とし穴にはまりたくない、という人もぜひ参考にしてもらえたら、と思います。ネット上では知り得ない先輩たちの失敗や実際の就活体験から多くの学びを得ることが出来るはずです。

あなたの就活がうまくいきますように。成功を祈っています。頑張ってください!!

佐々木 英雄
執筆者

佐々木 英雄

★内定までサポート★
あなたのモヤモヤを解消します!

就活相談アプリ Matcher』では、全国の学生からの相談に乗れる機会を作っています。

今の就活に違和感がある。
自分のこれからを本気で明確にしていきたい。
最短かつ効率的に納得いく形で就活終わらせたい。

そんな方へのアドバイス・支援をしています。共感できる人、本気で成果だしたい人はぜひ。

この専門家の他の記事を見る

佐々木 英雄の人気記事

佐々木 英雄の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元トッププレイヤーという経歴を活かして、2014年からゲームキャスターとして最前線で活動中。東京ゲームショウやニコニコ超会議など、大規模イベントで...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会諮問委員。大手AV機器メーカーでHDDオーディオレコーダーなどのプロデュースを行い、その後カリフォルニア州シリコンバレーでデジタルAV機器用ICの開...

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆中。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。日本健康教育振興協会の予想医学エデュケーター...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

カテゴリから探す