キャリア20年のITライターおすすめキーボード&口コミランキングTOP10

「種類が多すぎてどのキーボードが使いやすいのかさっぱりわからない…」と悩んでいませんか?

キーボードは、タブレットカバー付きや折りたたみ式など、多種多様なものがさまざまなメーカーから販売されています。

そこで今回は、キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんにおすすめのキーボードをうかがいました。

またIPPING編集チームによるキーボードの選び方、口コミレビューを元にしたランキングもご紹介していきます。

最終更新日:2018年10月17日
19 views
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

ITライター

キャリア20年目のライター。主にITやビジネスに関して、紙媒体からウェブ記事まで幅広く執筆。最新のITサービスやビジネスについての講演やコンサルティングも行い活躍の場を広げている。著書に『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』(インプレス社)、『Dropbox WORKING』(翔泳社)などがある

この専門家の他の記事を見る

1.ITライターおすすめのキーボード

はじめに、ITライター・柳谷智宣さんがおすすめするキーボードから紹介していきます。

HHKB Professional BT

画像:amazon.com

石川県に本社を置く日本のコンピューター関連メーカー『PFU』が手がけるキーボード『HHKB Professional BT』。

このモデルでは、極上のキータッチを実現する「静電容量無接点方式」のキースイッチやフルサイズキーボードと同様の19.05mmのキーピッチなど、その性能の高さが最大の特徴です。(キースイッチやキーピッチについては後ほど詳しく説明します)

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
打ち心地と耐久性がピカイチのキーボードです。

大量にタイピングを行うと、キーがボードから外れてしまったりキーの反応が鈍くなりがちです。

でもこのモデルであれば安心して使えます。私は毎日3万字程度のタイピングを行いますが、このモデルは全く壊れる様子がありません。

プログラマーやライター、ブロガーなど毎日ハードにタイピングを行う方は、このモデルを使うしかないと言えるほど魅力的なモデルです。

1996年の発売以来 愛され続ける「HHKBブランド」の品質の高さはそのままに、より使いやすい工夫がこなされています。

Bluetooth接続が可能になったほか、キーピッチはそのままにほぼA4ハーフサイズへとコンパクト化を果たすことで、持ち運びやスマホ・タブレットでの使用が可能になりました。

同時に4台まで接続が可能な点も嬉しいポイントですね。

レビューには、「新世界だ」「使用感最高」とその性能の高さを評価するコメントが寄せられています。

HHKB Professional BTの詳細
メーカーPFU
接続方法Bluetooth
対応OSWindows/Android/iOS/Mac
メーカー希望小売価格29,700円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.キーボードの選び方

以下では、さまざまモデルが販売されているキーボードを選ぶ際の2つのポイントを見ていきましょう。

(1)接続方法

キーボードをPCやタブレットなどに接続する方法は、USBケーブルなどを使う有線タイプと、Bluetoothなどを使う無線タイプの2つがあります。

有線タイプ:USBケーブルで接続

有線タイプの場合、ほとんどがUSBケーブルでつなぐ形式になっています。無線タイプとは異なり常に電源が供給されるのでキーボードの充電が不要なほか、通信が安定している点がメリットです。無線タイプより安価なものが多いのも魅力的ですよ。

ケーブルがかさばる点と、USBポートのないデバイスには接続できない点はデメリットと言えるでしょう。

画像:logicool.co.jp

無線タイプ:Bluetoothで接続

無線タイプの場合、Bluetoothでデバイスと直接接続する方法と、USBポートにレシーバーを挿しこんで接続する方法の2種類があります。

Bluetooth接続の場合、ケーブルが不要でかさばらない点、スマホやタブレットなどUSBポートのないデバイスでも使用できる点がメリットです。複数のデバイスに同時接続することができる点も便利ですね。

ただ接続不良でタイピングがうまく反映されないことがある点や、充電が必要になる点はデメリットと言えるでしょう。

画像:logicool.co.jp

(2)構造

キーボードの打ち心地や打ちやすさに関係するのが、キーの構造です。特に、キースイッチ・キーピッチ・キーストロークの違いによって、打ち心地や打ちやすさは大きく変わってきます。

好みのキーボードを選ぶために、それぞれの概要を理解しておきましょう。

キースイッチ

キースイッチとは、キーを押してから信号として認識されるまでのしくみのことを言います。キースイッチは、大きく4つに分けることができます。

メンブレン

メンブレンは「膜」を意味する言葉で、このタイプでは上下2〜3枚のシートが接することで信号が送られます。キーと接点の間にあるラバーカップがキーを押しもどす役割を担っています。

液体こぼしに強いというメリットはありますが、キーの中央部以外を押すと反応しないことがあるのがデメリットです。

画像:kakaku.com

パンタグラフ

この方式もメンブレンと同様のしくみで信号を送ります。異なるのはキーの支持構造で、X型(=パンタグラフ)となっているのがこの方式です。

パンタグラフを採用することで薄型を実現しており、軽い打ち心地が特徴で、ほとんどのノートパソコンと薄型キーボードに採用されています。キー中央部以外を押してもきちんと反応するのがメリットです。

画像:kakaku.com

メカニカル

この方式ではその名の通りキーひとつひとつに機械式スイッチがあり、そのスイッチが接点に触れることで信号を送るしくみになっています。バネを使うことでキーの上下が滑らかで、しっかりとした打ち心地を味わうことができます。

「カチカチ」という独特の打鍵音がする点が大きな特徴です。

画像:kakaku.com

静電容量無接点方式

これまでの方式とは異なり、この方式では物理的な接点がありません。パーツの金属同士が近づいた時に電気が流れて信号を送るしくみになっており、打鍵音が静かです。

また物理的な接触がないためスイッチが摩耗せず半永久的な使用が可能です。独特な打ち心地も特徴のひとつです。

画像:kakaku.com

キーピッチ

キーピッチとは、キーとキーの距離を表します。18〜20mmが一般的となっています。

キーピッチが狭いほどスペースを削減できキーボード全体をコンパクトにできますが、その分操作性は悪くなります。

画像:logicool.co.jp

キーストローク

キーストロークとはキーを押し下げた時の深さを表し、操作感覚に影響を与える部分です。デスクトップ用では3〜4mm、ノートパソコン用では2〜3mmが一般的です。

ストロークが深いほど誤入力が減り、浅いほど素早いタイピングが可能になるといえます。

画像:logicool.co.jp

参考:kakaku.com

3.レビュー評価の高いキーボード人気ランキング

1位.iClever IC-BK03

画像:amazon.co.jp

『iClever IC-BK03』は、2010年に設立された香港のガジェットメーカー『iClever(アイクレバー)』の折りたたみキーボードです。

最大の特徴は、折りたためる仕様です。フルサイズキーボードとほぼ同じ17mmのキーピッチながら、折りたためる仕様となっていることで厚さ約3cm×横幅約20cm×縦幅約15cm(折りたたみ時)のコンパクトな形状となっており、高い携帯性と十分な操作性の両立を実現しています。

画像:amazon.co.jp

約185g(≒たまご3個分)というボディの軽さも、持ち運びやすく嬉しいポイントですね。

レビューには「薄くてコンパクト」「打鍵感も良い」と携帯性・操作性を評価するコメントが寄せられています。

iClever IC-BK03の詳細
メーカーiClever
接続方法Bluetooth
対応OSWindows/Android/iOS/Mac
メーカー希望小売価格6,000円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.Arteck HB065

画像:amazon.co.jp

『Arteck HB065』は、Amazonを中心にガジェット関連アイテムを販売するメーカー『Arteck(アルテック)』のキーボードです。

最大の特徴は、iPadとの相性の良さです。標準的なMacのキーボードレイアウトやApple製品のようなシルバーを基調としたメタリックなデザインを採用しており、「iPadにぴったり」「使いやすくかっこいい」とのレビューが寄せられています。

50時間のバッテリー駆動時間・最大130°の傾斜の傾斜に耐える機構など、高い性能もきちんと備えています。

画像:amazon.co.jp

24ヶ月の保証が付いている点も、安心で魅力的ですね。

レビューにはiPadとの相性の良さ以外にも、「打鍵感も良い」「長文も快適に打てる」とその性能を評価するコメントも寄せられています。

Arteck HB065の詳細
メーカーArteck
接続方法Bluetooth
対応OSiOS
メーカー希望小売価格9,999円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.Logicool K310

画像:amazon.co.jp

『Logicool K310』は、1981年に設立されたデジタルデバイスメーカー『Logicool(ロジクール)』のキーボードです。

最大の特徴は、水洗いできる点です。レーザー印字とUVコーティング、排水穴のある設計が施された、洗浄や衝撃に強く丸ごと水洗いが可能なキーボードとなっており、深さ30cmまでの水に浸すことができます。

画像:amazon.co.jp

白と黒のコントラストが美しいおしゃれなデザインも魅力的ですね。「かわいい」「このデザインが好きで買った」とのレビューもあります。

レビューには他に、「丸洗いでき使いやすい」「シャワーで洗えて便利」と水洗いできる点を評価するコメントが寄せられています。

Logicool K310の詳細
メーカーLogicool
接続方法USB
対応OSWindows
メーカー希望小売価格4,190円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.Logicool K120

画像:amazon.co.jp

『Logicool K120』の最大の特徴は、圧倒的な安さです。1,000円を下回る818円は、この人気ランキング中もっとも安い価格です。

低価格だからといって性能が低いということはなく、テンキーとFキー(ファンクションキー)を備えたフルサイズレイアウト・ 最大1,000万回のストロークに耐える丈夫なキー・少々の液体をこぼしてもOKな耐水設計を採用し、キーボードとして十分なスペックを備えています。

3年間の無償保証と静音設計がある点も、嬉しいポイントですね。

レビューには、「安くて丈夫」「低価格なのでもう1つ買った」と安さを評価するコメントが寄せられています。

Logicool K120の詳細
メーカーLogicool
接続方法USB
対応OSWindows
メーカー希望小売価格818円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.KVAGO KZS-IPAD9.7-CSW-JP

画像:amazon.co.jp

『KVAGO KZS-IPAD9.7-CSW-JP』はモバイルキーボードやケースなどタブレット関連アイテムを販売するメーカー『KVAGO』のカバー付きキーボードです。

最大の特徴は、その丁寧な設計です。高級感漂うPUレーザーのカバー素材・7色のバリエーションがあるバックライト・タブレット全体を包み込む手帳タイプのカバー構造・カバーからキーボードを取り外せる構造と、使いやすく丈夫な設計が施されています。

画像:amazon.co.jp

5色のカラーバリエーションがある点やiOSに限らずWindowsやAndroidに対応している点も嬉しいポイントですね。

レビューには「しっかりした作り」「おしゃれで使いやすい」とその設計の丁寧さを評価するコメントが寄せられています。

KVAGO KZS-IPAD9.7-CSW-JPの詳細
メーカーKVAGO
接続方法Bluetooth
対応OSWindows/Android/iOS
メーカー希望小売価格5,800円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.サンワサプライ SKB-L1U

画像:amazon.co.jp

『サンワサプライ SKB-L1U』は1923年に設立されたパソコン関連アイテムの販売を行う日本のメーカー『サンワサプライ』のキーボードです。

最大の特徴は、コストパフォーマンスの高さです。テンキーとFキーがあるフルサイズレイアウトと排水機能を備えたメンブレン方式のスタンダードなキーボードですが、Amazonでは約600円という破格の値段で購入できます。

ネットやメールをすぐに立ち上げることができる特別なキーの設定や押しやすいよう通常より少し下方に設置された矢印キーなど、使いやすいよう細かい工夫がこなされている点も魅力的です。

レビューには「安いけどしっかり使える」「安価だけど必要にして十分」とそのコスとパフォーマンスの高さを評価するコメントが寄せられています。

サンワサプライ SKB-L1Uの詳細
メーカーサンワサプライ
接続方法USB
対応OSWindows/Mac
メーカー希望小売価格1,404円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.Ewin EW-BK001

画像:amazon.co.jp

『Ewin EW-BK001』は、タブレット関連アイテムを中心に販売を行う2011年に日本で設立されたメーカー『Ewin(イーウィン)』のカバー付きキーボードです。

最大の特徴は、その品質の高さです。品質マネジメントシステムの国際規格「ISO 9001」を取得した工場で生産を行い、日本の国家規格「JIS」基準に基づいた日本語配列を採用しており、その品質の高さは客観的に評価されています。

1年間の保証がついている点も、安心でき魅力的ですね。

レビューには「文句なし」「買ってよかった」と高評価のコメントが寄せられています。

Ewin EW-BK001の詳細
メーカーEwin
接続方法Bluetooth
対応OSiOS
メーカー希望小売価格4,980円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.Logicool K270

画像:amazon.co.jp

『Logicool K270』は、ロジクール好きにおすすめのキーボードです。

接続方法にロジクール独自の『Unifyingレシーバー』方式を採用しており、USBポートに挿し込んだひとつのレシーバーで、Unifying対応のキーボードやマウスなどを最大6台まで同時接続することができます。

レシーバー自体は超小型で、つけっぱなしでも邪魔になりません。

Fキーとは別に、ボリュームの上下や再生・停止を行えるホットキーが本体上部に搭載されている点も魅力的ですね。

レビューには「マウスと合わせて使っている」「Unifying便利」とUnifyingシステムを評価するコメントが寄せられています。

Logicool K270の詳細
メーカーLogicool
接続方法USBレシーバー無線
対応OSWindows
メーカー希望小売価格1,980円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

9位.Ewin EW-RB05

画像:amazon.co.jp

『Ewin EW-RB05』の最大の特徴は、手に収まるほどのコンパクトさです。

90g(≒たまご1.5個分)というこの人気ランキング中最も軽く、15cm×5cmというiPhone XSとほぼ同じの小さい形状となっており、子供も楽に使えます。JIS基準の日本語入力キーボード配列とカーソルの動きを操作できるタッチパッドを搭載しており、小さいながらも機能性は十分です。

画像:amazon.co.jp

Windows・Android・iOS・Macと幅広いOSに対応している点も魅力的ですね。

レビューには「とにかくコンパクト」「手のひらサイズで良い」とそのコンパクトさを評価するコメントが寄せられています。

Ewin EW-RB05の詳細
メーカーEwin
接続方法Bluetooth
対応OSWindows/Android/iOS/Mac
メーカー希望小売価格3,780円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

10位.Logicool K380

画像:amazon.co.jp

『Logicool K380』は汎用性の高さが特徴のキーボードです。

持ち運びが可能なキーボードでスタンダードなWindowsやiOSに加えて、MacやAndroid、さらにはChrome OSにまで対応しており、デスクトップ・ラップトップ・タブレット・スマホなどさまざまなデバイスで使用することが可能です。

18mmのキーピッチとパンタグラフを採用したキースイッチで操作性も十分な水準で、500gを切るボディは持ち運びも可能な重量といえます。

3台まで同時接続が可能で、『Easy-Switchボタン』で簡単に接続デバイスを切り替えられる点も魅力的ですね。

レビューには「完成度高い」「もっと早く買っておけばよかった」と高い評価のコメントが寄せられています。

画像:logicool.co.jp

Logicool K380の詳細
メーカーLogicool
接続方法Bluetooth
対応OSWindows/Android/iOS/Mac/Chrome OS
メーカー希望小売価格4,459円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

キーボードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、キーボードの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのキーボード売れ筋ランキング楽天のキーボード売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのキーボード売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

  • 人気ITライターおすすめ!ロジクールマウス&口コミランキングTOP10

    人気ITライターおすすめ!ロジクールマウス&口コミランキングTOP10

    「ロジクールのマウスが良い」と耳にするけれど、実際どれを買ったら良いかわからない…という方は多いのではないでしょうか。 マウスやキーボードのメーカーとして有名な『Logicool(ロジクール)』からは、さまざまな種類のマウスが販売されています。ロジクールのマウスと一口に言っても、購入者の使用シーンや目的によって最適なマウスは異なってきます。 そこで今回はキャリア20年でテレビや雑誌でも活躍する人気ITライター・柳谷智宣さんにおすすめのロジクールマウスについてお話を伺いまし...
    41 views
  • キャリア20年のITライターおすすめ!Windowsタブレット&口コミランキングTOP10

    キャリア20年のITライターおすすめ!Windowsタブレット&口コミランキングTOP10

    「Windowsタブレットが欲しいけれど、種類がたくさんあってどれを買ったら良いかわからない…」という方も多いのではないでしょうか。 Windowsタブレットは国内海外問わずさまざまなメーカーから販売されています。ただ一口に言っても、購入者の使用シーンや目的によって最適なアイテムは異なってきます。 そこで今回は、キャリア20年でテレビや雑誌でも活躍するITライター・柳谷智宣さんにおすすめのWindowsタブレットをご紹介します。 ポイントを絞っていけば、たくさんのモデル...
    36 views
  • キャリア20年のITライターおすすめ!モバイルバッテリー&口コミランキングTOP10!

    キャリア20年のITライターおすすめ!モバイルバッテリー&口コミランキングTOP10!

    スマホやタブレットの充電が1日持たない…と悩んでいませんか?動画やSNSなどのサービスが充実した現在、デバイスをつかう時間が以前より増えて充電の減りの早さに驚いている方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな方に向けて、スマホやタブレットをどこでも充電できるおすすめモバイルバッテリーを紹介します。 キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんが推薦するアイテムをうかがいました。 また Amazonで人気を集めるアイテムはどんなものなのか?自分に適したモバイルバッテリーの...
    31 views
  • キャリア20年のITライターおすすめキーボード&口コミランキングTOP10

    キャリア20年のITライターおすすめキーボード&口コミランキングTOP10

    「種類が多すぎてどのキーボードが使いやすいのかさっぱりわからない…」と悩んでいませんか? キーボードは、タブレットカバー付きや折りたたみ式など、多種多様なものがさまざまなメーカーから販売されています。 そこで今回は、キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんにおすすめのキーボードをうかがいました。 またIPPING編集チームによるキーボードの選び方、口コミレビューを元にしたランキングもご紹介していきます。 1.ITライターおすすめのキーボード はじめに、ITライ...
    19 views
  • キャリア20年のITライターおすすめ!使いやすいブラウザ&口コミランキングTOP10

    キャリア20年のITライターおすすめ!使いやすいブラウザ&口コミランキングTOP10

    「もっと快適にインターネットを楽しみたい…」と思ったことはありませんか? ブラウザアプリは、購入時からスマホに入っているもの以外にも、さまざまな特徴や機能を持ったものが世界中からリリースされています。 そこで今回は、キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんにおすすめのブラウザアプリについてお話しをうかがいました。 あわせてIPPING編集チームによる、自分にあったブラウザの選び方、口コミレビューで評価の高いランキングもご紹介していきます。 自分好みのブラウザを見つれ...
    15 views

柳谷智宣の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。現在は数々のトップアスリートを指導している。

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

フードコーディネーターの倉田 沙也加(写真左)。そして管理栄養士の峰 奈津季の2人からなる料理ユニット『ちゃあみー』。 倉田はテレビ番組のレシピ監修や料理番組の出演経験があり、峰は学生時代から管理栄養士として食に関するイベント企画や社会人と...

柳谷智宣

柳谷智宣

ITライター

キャリア20年目のライター。主にITやビジネスに関して、紙媒体からウェブ記事まで幅広く執筆。最新のITサービスやビジネスについての講演やコンサルティングも行い活躍の場を広げている。著書に『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』(インプレス社)...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに勤め、政治家・経営者・スポーツ選手など多くの著名人に接客。

カテゴリから探す