Wi-Fi中継器おすすめ!プロの逸品&口コミランキング10選

家中のどこでも、PCやスマホがWi-Fiで接続できると便利ですよね。

それでは!とハイパワーのWi-Fiルーターを購入したものの、繋がってほしい部屋で繋がらなかったり、1Fと2Fで接続に差が出来てしまったりと、なかなか思うようにいかないこともあると思います。

そんな時には、Wi-Fiの電波を中継して届かなかったところに電波を飛ばすことができるWi-Fi中継器を設置すると家中でWi-Fiを利用できるようになりますよ。

今回は、キャリア20年のITライター柳谷智宣さんに、おすすめのWi-Fi中継器についてお話しをうかがいました。

あわせてIPPING編集チームによる、自分にあったWi-Fi中継器の選び方、口コミレビューで評価の高いランキングもご紹介していきます。

あきらめていたあの場所でWi-Fiが使えるようになりますよ。

最終更新日:2019年4月5日
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.柳谷智宣さんおすすめのWi-Fi中継器

始めに、ITライター柳谷智宣さんがおすすめする、Wi-Fi中継器から紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BUFFALO

WEX-1166DHP

参考価格9,612円(税込)

『WEX-1166DHP』は、これまで電波が届きにくかった3Fやお風呂場にもしっかりと届くハイパワーさに加え、高速で安定した接続ができる高機能さが魅力です。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
優秀でコスパの良い中継器です。

中継器を接続するときに「親機と中継器」と「中継器と子機」を同じ周波数で接続すると、接続スピードが半分になってしまいます。

この機種はデュアルバンド同時接続が可能なので、例えば親機と中継器は5GHzで接続し、中継器と子機は2.4GHzで接続すれば速度が半減することなく100%の状態で通信することができます。

またコンセントに直接差し込むことができるのですっきりと配置でき、置き場所に困ることもありません。

このWi-Fi中継器は、先程ご紹介した「デュアルバンド同時接続」に加え、「ビームフォーミング」という機能があります。

この機能により、中継器が子機端末の位置や距離を自動で判別して適切な電波を狙って届けてくれますので、速度や安定性が向上します。

またギガ対応のLANポートがありますので、テレビなどWi-Fiに対応していない機器を接続し、無線化することも可能です。

なんといっても中継器の設置で一番難しいのは、設置場所を決めることです。

このWi-Fi中継器であれば、正しい設置場所をランプ状態で教えてくれますし、Buffaloが提供しているアプリで確認しながら設置することもできます。

機能の詳しい説明は、このあとの「Wi-Fi中継器の選び方」をご参照ください。

WEX-1166DHP の詳細
メーカーBUFFALO
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度866Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
 メーカー希望小売価格9,612円(税込)

2.Wi-Fi中継器の選び方

それではWi-Fi 中継器の選び方を見て行きましょう。

Wi-Fi中継器を購入するときの確認ポイントをご紹介します。が、その前にまずはWi-Fiの規格について簡単にご紹介します。

Wi-Fiの規格について

Wi-Fi機器の商品紹介などでよく見かける、ac、a、b、g、nという文字はWi-Fiの通信規格を表しています。

下記の表を見ていただくと、「ac」という規格だけ「Gbps」になっています。他はメガなのに「ac」はギガなので、ダントツで速いことがわかります。

ただし、acに対応していればどの中継器でも6.9Gbpsで通信できる訳ではありません。

速さはアンテナの本数で決まります。通信速度とか伝送速度と書いてあるところの数字を参考にしてください。

次に周波数帯ですが、大きく分けて「2.4GHz」と「5GHz」があり、それぞれ特徴があります。

2.4GHz帯の特徴

Bluetoothや電子レンジなどWi-Fi以外でも幅広い機器で使用されています。

同じ周波数帯を使用する機器同士がそばにあると電波干渉が起こり、スピードが遅くなったり、切断するなどの接続不安定になることがあります。

長所は、障害物があっても電波が回り込むので、壁や障害物が多い家に向いています。

5GHz帯の特徴

室内で5GHz帯を使用している機器はありませんので電波干渉が起きにくいのですが、障害物に弱いのが難点です。

ご自宅の環境のほかにも、ご近所で使用しているWi-Fiの電波が強いと影響されてしまい、接続不安定になることがあります。

これはご近所で使用しているWi-Fiとは異なる周波数を使用することで回避できます。

Wi-Fi機器を選ぶときには、周波数の選択肢が多い、5GHzと2.4GHzの両方使用できるタイプがおすすめです。

中継器を選ぶときのポイント

Wi-Fi中継器を選ぶ場合、親機と同じメーカー製のものを選ぶと接続設定の時に繋がりやすいです。

また突然接続できなくなるなどトラブルが起こった時に、メーカーのサポートを受けたいのであれば、親機の状態なども一緒に確認してもらえますので安心です。

親機のメーカーに欲しい中継器がない場合は、WPSやAOSSに対応している機種を選ぶと、親機と子機のボタンを押すだけで簡単に接続設定ができるので便利です。

親機と中継器をWPSボタンで接続するときの詳しい操作方法が紹介されている動画をご紹介します。

接続できなかった場合に初期化する方法などとても親切に紹介されていますので、設置の際のご参考にしてください。

中継器にあると便利な機能

「柳谷智宣さんおすすめのWi-Fi中継器」でご紹介したBuffaloの『WEX-1166DHP』の例を参考にしながら機能をご紹介します。

同じ機能でも各メーカーにより、名称が異なる場合がありますのでご注意ください。

デュアルバンド接続

デュアルバンドとは2.4GHzと5GHzに対応しているということを表しています。

Buffalo製品には「デュアルバンド同時接続」という表記と「デュアルバンド切り替え式」という表記がありますが、これは次のような意味合いです。

  • デュアルバンド同時接続・・・2.4GHzと5GHzを同時に使用できる
  • デュアルバンド切り替え式・・・2.4GHzと5GHzのどちらかを使用できる

ここで注意しなければいけないのは、上記2つの方式では通信速度が倍違うということです。

デュアルバンド「同時」接続は、機器の性能をフルで生かし、フルスピードで通信できますが、デュアルバンド「切り替え式」は、通信速度が半減します。

画像:Buffalo

メーカーによって名称が異なりますので、2.4GHzと5GHzを同時に使用できるタイプを選んでください。

ビームフォーミング

中継器が無線で接続している子機の位置を判別し、その子機を狙って電波の束を届けるので、通信速度や品質が安定します。

この機能は、子機も対応している必要がありますので、すべての端末で速くなるわけではありません。

画像:Buffalo

中継器用SSID

SSIDとは、Wi-Fi機器から発信している電波の名前です。

Wi-Fi機器ごとに異なる名前になっているので、SSIDを見れば接続したい機器がどれなのかすぐにわかります。

Wi-Fi中継器は接続設定の時に親機のSSIDをそのまま引き継ぐのですが、中継器の中には、親機から引き継いだSSIDとは別に中継器用のSSIDを持っている機種があります。

PCやスマホを持って親機の側から中継器のほうに移動しても、接続が自動で親機から中継器に切り替わらず、親機と接続したままになってしまうことがあります。

親機からは離れているので電波が弱く接続が不安定になってしまいます。

そんな時に中継器用のSSIDに手動で接続すれば強い電波状態を得ることができるという便利な機能です。

画像:Buffalo

有線LANポート

LANポートが付属している機種もあります。LANケーブルでしか接続できない機器を接続することができます。

例えばWi-Fi機能のないテレビや録画機能のある機器をLANポートに接続すれば、家の中の離れた場所にある録画機器に録画したり、家中どこからでも録画した番組を見ることができます。

設置場所が一目でわかる機能

中継器の設置で一番難しいのが設置場所です。親機から遠すぎると接続不安定になりますし、近すぎると設置した意味がありません。

そこで中継器のベストな設置場所を教えてくれる機能として、スマホアプリが提供されていたり、中継器のランプ状態で親機との接続状態を教えてくれる機種もあります。

画像:amazon.co.jp

3.レビュー評価の高いWi-Fi中継器人気ランキング

ここからは、Amazonなどでレビュー評価の高い人気のWi-Fi中継器をご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
1位
I-O DATA

WN-G300EXP

参考価格4,752円(税込)

『WN-G300EXP』は、隣のコンセントをふさがないコンパクト設計で、手のひらサイズです。

親機との電波強度をランプの色で視覚的に確認することができますので、設置場所が一目瞭然でわかりますし、IOーDATAのアプリ「Wi-Fiミレル」をスマホにインストールすれば、で家中の電波強度を確認することができます。

Android版だとご近所のWi-Fiの電波強度や使用している周波数もわかるので、電波干渉を避ける設定ができる優れものです。

こちらの製品は、5GHzとLANポートが無いのでご注意ください。

WN-G300EXPの詳細
メーカーI-O DATA
Wi-Fi規格11n・11g・11b
転送速度300Mbps(11n)、54Mbps(11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格4,752円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
 TP-Link

TL-WA850RE

参考価格2,190円(税込)

TPーLinkの『TL-WA850RE』は、スマートシグナル・インジケータ・ライトが親機の信号強度を5段階で表しますので、正しい設置場所を見つけることができます。

またTP-Linkのアプリ『TP-Link Tether』から機器を設定・管理することも可能。ネットワーク侵入者をブロックしたり、お休み時にはLEDを消すように設定することができます。

LANポートがありますので、Wi-Fi機能が無い機器も接続可能ですが、5GHzには対応していませんので注意が必要です。

レビューには、「WPS機能が使えなかった」というコメントが散見されますが、「少し待てば接続できた」とか、「ブラウザから簡単に接続できた」とのコメントもありますので、もし接続できなかったときは参考にして下さい。

TL-WA850REの詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11n・11g・11b
転送速度300Mbps(11n)、54Mbps(11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格2,190円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
BUFFALO

WEX-733DHP

参考価格5,378円(税込)

Buffaloの『WEX-733DHP』は、コンパクトですが、ハイパワーなのが魅力です。電波の届きにくかったところでWi-Fiが使えるようになります。

11acやデュアルバンド同時接続に対応しているので高速な通信が望めます。また親機の電波強度をLEDが教えてくれるので、正しい設置場所が一目でわかります。

こちらの動画は、公式の商品説明動画です。特徴をわかりやすく説明してくれているので、ぜひご覧になってみてください。

WEX-733DHPの詳細
メーカーBUFFALO
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度433Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格5,378円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
TP-Link

RE450

参考価格5,880円(税込)

TP-Linkの『RE450』は、Wi-Fiが929平方メートルの範囲に届くというのが売りです。家の造りや環境によって差があるかもしれませんが、これなら家中繋がりそうです。

ハイスピードモードという機能があり、これは「Wi-Fiの選び方」で説明した、デュアルバンド同時接続と同じ機能です。

また親機の電波状態をインジケーターが教えてくれますので、設置場所を見つけるのも簡単です。TP-Linkアプリ「Tether」に対応しているので、ネットワークを管理することができます。

REボタンでWPS機能がある親機と簡単に接続設定することができますので安心ですね。その他、ギガ対応の有線LANポートもある高機能タイプの中継器です。

レビューを見てみると、「コンセントに差し込むと2個とも潰れてしまい、他の機器はコンセントに差し込むことが出来なくなる」とありましたので、設置場所を探すときの参考にして下さい。

RE450の詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度1300Mbps(11ac)、450Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格5,880円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
TP-Link

RE305

参考価格6,585円(税込)

4位と同じTP-Linkの『RE305』は、デュアルバンドで同時に接続可能ですし、有線LANポートも付いているので、接続する機器を選びません。

またコンパクトなサイズですので、隣のコンセントの差込口を隠しません。

REボタンでWPS機能があるWi-Fi親機と簡単に接続することができ、インジケーターで親機との接続状態が確認できるので設置場所を見つけるのも楽です。

またWi-Fi機能のない有線LANルーターと接続すれば、有線LANルーターがあたかもWi-Fiルーターかのように使用することができます。

RE305の詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格6,585円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
TP-Link

RE650

参考価格10,117円(税込)

TP-Linkの中継器の中で最上位機種にあたる『RE650』は、アンテナが4本あるハイスピードで高機能な機種です。

デュアルバンドで同時接続ができて、ビームフォーミングも可能です。

REボタンでWPS機能がある親機と簡単に接続することができ、インジケーターで親機との接続状態が確認できるので設置場所を見つけるのも楽です。

ギガ対応の有線LANポートがあり、有線LANルーターに接続して家の中をWi-Fi化することができます。

「MU-MIMO」という新しい技術で、これまでWi-Fiと子機は1対1で通信していたのが、同時に複数の端末と通信ができるようになったので、通信速度が向上しています。

レビューを見ると「本体サイズは大きめでコンセント2口分ふさいでしまい、熱を持つ」とのレビューもいくつかありますので、設置場所は気を付けた方が良さそうです。

RE650の詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度1733Mbps(11ac)、800Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格10,117円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
BUFFALO

WEX-1166DHPS

参考価格6,458円(税込)

「柳谷智宣さんおすすめのWi-Fi中継器」でご紹介した中継器とほぼ同等の機能があり、小型で高機能なタイプです。

違いはこちらはアンテナが内蔵されているので、垂直方向や水平方向に電波を飛ばすといったようなことはできません。

レビューを見ると、接続がブツブツ切れるなどの接続不安定になっている方がいるようです。

もし接続が不安定なった場合は、新しいファームウェアが出ていますので、アップデートしたほうがいいかもしれません。

WEX-1166DHPS の詳細
メーカーBUFFALO
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度866Mbps(IEEE802.11ac)、最大300Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11a、IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)
メーカー希望小売価格6,458円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
I-O DATA

WN-AC1167EXP

参考価格7,128円(税込)

I-O DATAの『WN-AC1167EXP』は、コンセントを1口分しかふさがない程コンパクトでありながら、高速でハイパワーな機種です。

親機との接続は、WPSボタンですぐに接続できますし、親機の電波受信状態もランプ状態をみれば一目瞭然です。

デュアルモードで同時接続ができ、中継器用のSSIDもありますので、弱い親機の電波と接続してしまっても手動で中継器に接続することができます。

レビューでも「設定が簡単」、「Wi-Fiで接続できるようになった」とおおむね好評ですので、安心して購入できる製品だと思います。

WN-AC1167EXPの詳細
メーカーI-O DATA
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a,11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格7,128円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
TP-Link

TL-WA855RE

参考価格2397円(税込)

TP-Linkの『TL-WA855RE』は、2.4GHzのみですが、小さくても強力なのが売りです。

これまで2.4GHzで問題なく使用できていて、スピードを追求しないのであれば問題ないと思います。

WPS機能のあるWi-Fiルータとボタン一つで接続できますし、親機の電波状態をインジケーターで確認できますので、設置場所探しも楽になります。

こちらの製品のレビューを見てみると「電波が弱かったところで繋がった」と嬉しい声がたくさんありました。

TL-WA855REの詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11n・11g・11b
転送速度300Mbps(11n)、54Mbps(11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格2397円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
TP-Link

RE305/A

参考価格4490円(税込)

TP-Link『RE305』のAmazon限定商品です。5位に登場したものと、機能は全く同じなのですが、TP-Link純正LANケーブルが付属します。

「繋がらないところで繋がるようになった」、「中継器としても使えるのがいい」と評判です。

大きさは、こぶし大くらいで厚みがありますので、壁のコンセントに差すと足や物がぶつかったり、邪魔になったりと設置場所を選びそうです。

RE305/Aの詳細
メーカーTP-Link
Wi-Fi規格11ac・11n・11a・11g・11b
転送速度867Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
メーカー希望小売価格4490円(税込)

Wi-Fi中継器の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、Wi-Fi中継器の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

AmazonのWi-Fi中継器売れ筋ランキング楽天のWi-Fi中継器売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのWi-Fi中継器売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

カテゴリから探す