歯間ブラシおすすめ!家事の達人愛用品&人気ランキング10選

歯間ブラシ、普段から使っていますか?

「色々な種類があるけど、結局どれがいいの?」「使い方が難しくて面倒くさい」「痛いからやりたくない」など、お考えではありませんか?

今回は日常生活にアンテナをはり、生活を彩る整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーターの伊藤美佳代さんが、歯科医のアドバイスやご自身の経験からおすすめできる歯間ブラシをご紹介します。

歯間ブラシで血が出たり、痛みがある方は選び方のポイントを知るだけで、そのお悩み解決できるかもしれません。

最終更新日:2019年4月7日
398 views
伊藤美佳代

伊藤美佳代 のプロフィール

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク』ほか。WEB『笑顔あふれる住まいづくり

この専門家の他の記事を見る

1.生活を彩る整理のプロがおすすめする歯間ブラシ

早速、整理収納アドバイザーの伊藤美佳代さんおすすめの歯間ブラシをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
クリニカ

アドバンテージ デンタルフロス

Y字タイプ
メーカー希望小売価格380円(税込)

『クリニカ アドバンテージデンタルY字タイプ』は歯科医推奨の歯間ブラシ。皆さん苦戦される奥歯の歯間にもラクに入って歯垢を落とすことができます。

秘密はY字型の設計と独自のハンドル、前歯はもちろん、奥歯の歯間にも使いやすいように計算つくされた形です。

伊藤 美佳代さんレビュー

伊藤美佳代
歯科医院で「初めて使う方にも使いやすいですよ」とおすすめされたのがY字タイプのデンタルフロスでした。ただ、歯科医院おすすめのものは本数も少なく割り高…。

一方、『クリニカ アドバンテージデンタルフロス』は、歯科医院でおすすめされたものと形は一緒ですが、低価格で本数も多く、ドラッグストアなどでも購入できてお手軽。

さらに、1回しか使えないわけではなく、きれいに洗えば繰り返し使える(歯科医で確認済み)とのことでとても経済的です。私も愛用していますが、すごく使いやすく丈夫です。

こちらのアイテムは、高強度のフロスを使用することで歯ブラシと同じように繰り返し使うことが可能に。コスパの面でも評価の高いアイテムです。

口を大きく開けるのが辛いという方からも「使いやすい」という声が多く届いていました。

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプの詳細
メーカークリニカ
内容量18本
メーカー希望小売価格380円(税込)
1本あたりの値段21.11円

2.歯間ブラシとデンタルフロスの違い

ここで、混同されやすい「歯間ブラシ」と「デンタルフロス」の違いについて軽く触れておきたいと思います。

住み分けとしては、隙間が「狭い」部分にはデンタルフロス、隙間が「広い」部分に歯間ブラシとなっています。

そのため、お口の中の状況によって、歯ブラシ+歯間ブラシでOKな方もいれば、歯ブラシ+デンタルフロス+歯間ブラシが必要な方など様々です。

この記事内では、歯間ブラシ=歯間のお掃除をする道具として、デンタルフロスも一緒にご紹介していきたいと思います。

画像&情報参照元:kobayashi.co.jp

3.歯間ブラシ・デンタルフロスの選び方

では、歯間ブラシの正しい選び方についてみていきましょう。

3-1.様々な種類があることを理解する

先ほど、歯間ブラシとデンタルフロスの違いを簡単にご紹介しましたが、歯間ブラシには現在本当に様々な種類が登場しています。

ブラシ部分の素材も、おなじみのフロスの他、ワイヤー系、ゴム系があり、持ち手にも各社様々なアイデアが取り入れられています。

以下に、それぞれまとめていますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

ブラシ部分の素材・形

画像:club-sunstar.jp

ワイヤー系(ツイストブラシ)・歯間が広めの方向け
・歯間ブラシを使い慣れている方向け
・複数の毛がついており、歯垢を絡めとりやすい
ゴム系(ソフトピック)・歯間が広めの方向け
・初めて歯間ブラシを使う方向け
・金属ワイヤーに抵抗がある方にもおすすめ
フロス(巻き型・ホルダー型(F型)・Y型)・歯間が狭い方向け
・Y字型は初心者向け
・巻き型タイプはより使い慣れてる方向け

巻き型にはさらに、ワックスタイプとアンワックスタイプがあります。

アンワックスタイプは巻き型タイプのフロスを使い慣れている方や歯間部が広がってきている方などにおすすめのタイプ。摩擦力が強く、歯垢をかき出しやすくなっています。

歯間ブラシの持ち手

L字型(画像左・中央)奥歯の歯間部の汚れが気になるとき
I字型(画像右)前歯の歯間部の汚れが気になるとき

持ち手は上記の2種類がよくあるタイプです。L字型のタイプは、奥歯用とされていますが、前歯も奥歯も比較的使いやすいタイプです。1つですましたいという方はL字型タイプを選ぶのがおすすめです。

歯間ブラシのサイズ

歯間ブラシで最重要チェックポイントがこの「サイズ」です。全日本歯ブラシ工業協働組合による自主規格に基づき、以下のようにサイズが定められています。

サイズ使用部位最小通過径
SSS(超極細)特に狭い部位(前歯)~0.8mm
SS(極細)やや狭い部位(前歯+臼歯部(きゅうしぶ))0.8~1.0mm
S(細め)歯茎が下がっている部位
歯並びが悪い部位
1.0~1.2mm
M(普通)歯間がやや広い部位
歯茎が下がっている部位
1.2~1.5mm
L歯茎の下がっている部位
ブリッチ装置の周辺
1.5~1.8mm

歯間ブラシを購入する際は、まず小さいタイプのものを選ぶようにしましょう。歯間ブラシを挿入した際、無理なく動かせるサイズを使用することが大切です。

一番小さいサイズがSSSサイズですが、このサイズでも挿入できない、動かしにくいという方は、デンタルフロスを使用しましょう。

部位によって歯間の広さが異なる場合は、使い分けが推奨されています。使い捨てとなると少しもったいない気もしますが、プロおすすめのアイテムでも紹介したように、繰り返し使えるタイプも多くあります。

大きすぎるものは歯や歯茎を傷つけてしまいますし、小さすぎるものは歯垢を十分に落とすことができずせっかく使ってるのにちょっともったいないですよね。

年齢を重ねると歯茎が少しずつ退縮し、歯と歯の間に隙間ができ、食べ物が挟まりやすくなったり、歯垢がたまりやすくなります。

自分に合った歯間ブラシを上手に選んで虫歯・歯周病を予防したいですね。

参照元:club-sunstar.jp

4.レビュー評価の高い歯間ブラシ人気ランキング

ここからは、口コミやレビュー評価が高いアイテムをランキングでご紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
1位
ライオン

DENT.EX ウルトラフロス

メーカー希望小売価格529円(税込)

『ライオン DENT.EX ウルトラフロス』はフロス部分にわずかにたるみを持たせていることで、歯垢を取り除きやすいように設計されています。

またフロスには「テクミロンTMフロス」という素材を採用。このテクミロンTMフロスは、ナイロンフロスの約3~5倍ほどの強度があり、耐久性に優れていることから、繰り返し使えます。

また、摩擦抵抗力はナイロンの約1/4~1/3となり、歯間が狭い方でも抵抗なく挿入でき、歯茎などを傷つけにくくなっています。

ライオン DENT.EX ウルトラフロスの詳細
メーカーライオン歯科材株式会社
内容量10本
メーカー希望小売価格529円(税込)
1本あたりの値段52.9円 
画像:amazon.co.jp
2位
クリニカ

アドバンテージ デンタルフロス

Y字タイプ
メーカー希望小売価格380円(税込)

プロおすすめのアイテムでもご紹介した『クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ』は口コミでも評価の高いアイテムです。

「切れにくく何度も使えるのがいい」「奥歯にもラクに届く」など使いやすさを実感されている方が多くいました。何度も使えるため、安物を買うより実はコスパがいいという意見も。

このY字タイプお子様にも使いやすいとのことで、歯間ブラシを嫌がるお子さんにもぜひお試しいただきたいアイテムです。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプの詳細
メーカークリニカ
内容量18本
メーカー希望小売価格380円(税込)
1本あたりの値段21.1円
画像:amazon.co.jp
3位
小林製薬

糸ようじ

メーカー希望小売価格756円(税込)

『小林製薬 糸ようじ』は10本、20本、30本、60本セットの他、ミント付き30本などバリエーションが豊富にあります。

糸を6本帯状に並べているため、歯間の汚れを絡めて取り除きやすくなっています。また、持ち手の下部分がユニークな形のピックになっており、歯の裏など食べカスを簡単に取り除くことができます。

小林製薬 糸ようじの詳細
メーカー小林製薬
内容量60本
メーカー希望小売価格756円(税込)
1本あたりの値段12.6円
画像:amazon.co.jp
4位
クリエイト

スマートイン歯間ブラシ

メーカー希望小売価格598円(税込)

『クリエイト スマートイン歯間ブラシ』は極細(SSS~S)、細い(SS~M)、太い(M~L)の3タイプがあります。

抗菌ラバーブラシは先端円錐設計になっており、狭い歯間にもスムーズに挿入可能です。30本、48本、60本入りがあり、48本、60本入りは保管に便利なケース付き、持ち運びにも便利。

フロスは使い方が難しいという方からも、「差し込むだけで使いやすい」という口コミも多く寄せられていました。

クリエイト スマートイン歯間ブラシの詳細
メーカークリエイト(create)
内容量48本
メーカー希望小売価格598円(税込)
1本あたりの値段12.5円
画像:amazon.co.jp
5位
デンタルプロ

FRESH フロスピック

メーカー希望小売価格289円(税込)

『デンタルプロ FRESH フロスピック』はふんわりとした素材で使いやすいマイクロ繊維を使用しており、歯茎などにも優しいのが特徴です。

プチプラ価格で大容量ですので、毎日新しいものを使いたい、できるだけコストを抑えたいという方におすすめのアイテムです。同じシリーズにY字型もあり、奥歯・前歯での使い分けもおすすめです。

デンタルプロ FRESH フロスピックの詳細
メーカーデンタルプロ(DENTALPRO)
内容量50本
メーカー希望小売価格289円(税込)
1本あたりの値段5.8円
画像:amazon.co.jp
6位
サンスター

ガム歯周プロケア 歯間ブラシL字型

メーカー希望小売価格540円(税込)

『サンスター ガム歯周プロケア 歯間ブラシL字型』はSSS~Lまで5サイズ展開。『ガム歯周プロケア 歯間ブラシL字型』は持ち手も六角断面になっており握りやすく、ブラシも独自に開発された三角毛を採用することで歯垢を除去しやすくなっています。

口コミでは、SSSサイズは細いため「狭い歯間に入れるとき、力を強く入れすぎるとまがってしまう」とのこと。デンタルフロスも併用し、上手にケアしたいですね。

サンスター ガム歯周プロケア 歯間ブラシL字型の詳細
メーカーサンスター(SUNSTAR)
内容量10本
メーカー希望小売価格540円(税込)
1本あたりの値段54.0円
画像:amazon.co.jp
7位
小林製薬

やわらか歯間ブラシ

メーカー希望小売価格388円(税込)

『小林製薬 やわらか歯間ブラシ』は4サイズ、全6展開です。細かく分かれていますので以下にまとめて記載します。

  • SSSS~SSサイズ 20本
  • SSS~Sサイズ 20本・40本
  • SS~Mサイズ 20本・40本
  • M~Lサイズ 20本

『小林製薬 やわらか歯間ブラシ』はゴムタイプで柔らかく、「歯間ブラシは痛くて…」という方にもおすすめです。またゴムタイプは、歯垢をしっかりかき出すことができ、持ち手部分も持ちやすいように広くするなど、改良を重ね進化し続けています。

小林製薬 やわらか歯間ブラシの詳細
メーカー小林製薬
内容量20本
メーカー希望小売価格388円(税込)
1本あたりの値段19.4円
画像:amazon.co.jp
8位
リーチ

デンタルフロス ワックス

メーカー希望小売価格482円(税込)

『リーチ デンタルフロス ワックス』は歯科医師からも評価の高いアイテムで、デンタルフロス売り上げNO.1を獲得しています。

今回ランクインした「ワックス」タイプのほか、「ノーワックス」「グリンバーストペパーミント」「ウルトラクリーン やわらかスライド」の4タイプがあります。

ワックス加工のメリットは滑りがいいため、歯間に入っていきやすいこと。フロスに慣れていない方にも使いやすいタイプです。

リーチ デンタルフロス ワックスの詳細
メーカーリーチ(REACH)
内容量50本
メーカー希望小売価格482円(税込)
1本あたりの値段9.6円
画像:amazon.co.jp
9位
サンスター

ガム・ソフトピック カーブ型

メーカー希望小売価格496円(税込)

『サンスター ガム・ソフトピック カーブ型』はゴムタイプの歯間ブラシ。ハンドル部を長く、また、全体を緩やかなカーブ型にすることで、奥歯にも届きやすく、使いやすさを追求したアイテムです。

サイズはワンサイズですがSSS~Sの3サイズに対応する徐々に広がる形状。ケース付きで持ち運びにも便利です。

サンスター ガム・ソフトピック カーブ型の詳細
メーカーサンスター(SUNSTAR)
内容量30本
メーカー希望小売価格496円(税込)
1本あたりの値段16.5円
画像:amazon.co.jp
10位
デンタルプロ

歯間ブラシL字型

メーカー希望小売価格400円(税込)

『デンタルプロ 歯間ブラシL字型』は0(4S)~5(L)まで6サイズ展開。こちらのアイテムはパッケージにも記載がありますが、初めて購入しサイズが合わなかった場合に無償で「サイズ交換サービス」を利用することができます。

そのため、初めて歯間ブラシを購入する方はこちらのアイテムでサイズを確認してみるといいかもしれませんね。サイズごとにカラーも違うため、見分け方も簡単です。

画像:dentalpro.co.jp

デンタルプロ 歯間ブラシL字型の詳細
メーカーデンタルプロ(DENTALPRO)
内容量10本
メーカー希望小売価格400円(税込)
1本あたりの値段40.0円

歯間ブラシの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、歯間ブラシの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの歯間ブラシ売れ筋ランキング楽天の歯間ブラシ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの歯間ブラシ売れ筋ランキング

伊藤美佳代の人気記事

伊藤美佳代の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

カテゴリから探す