スマホおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

多くのメーカーから実に様々なモデルが発売され、毎年最新機種が発表されるスマートフォン。自分にあった機種を選べているのか、不安ではないですか?

そこで今回は、キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんにおすすめのスマートフォンを教えていただきました。

あわせてIPPING編集チームによる基本的なスマートフォンの選び方、そして口コミレビューで評価の高いランキングもご紹介していきます。

要点を絞っていけば、あなたに最適なスマホを見つけることができますよ。

最終更新日:2019年4月6日
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.ITライターおすすめのスマホ

まず最初にITライター・柳谷智宣さんがおすすめするスマホをご紹介します。

画像:www.apple.com
プロの
おすすめ
Apple

iPhone XS Max

メーカー希望小売価格134,784円(税込)

『iPhone XS Max(テンエス・マックス)』は、『iPhone XS』『iPhone XR(テンアール)』とともに2018年9月に発表されたiPhoneの機種です。

現時点でiPhoneシリーズ最大の6.5インチ大画面は、後ほどご紹介するアイテムの中でも最大。

OLED(=有機EL)ディスプレイやデュアルカメラも採用しているので、大画面で綺麗な動画再生やカメラ撮影を楽しむことができますよ。

片手での操作がしやすいように「簡易アクセス設定」「片手キーボード」などの工夫がこなされているのも嬉しいポイントです。

「最新、最大、そして最高」「進化を体感した」とレビューには高評価のコメントが寄せられています。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
6.5インチの大画面とサクサク動く高い処理能力は、簡単な仕事ができるほど便利です。ある程度タブレットやPCの代わりとして使えます。

またカメラの進歩が驚きです。一眼レフかと思うほど、きれいな撮影ができますよ。使い勝手で比べるなら、やはりiPhoneですね。

iPhone XS Maxの詳細
メーカーApple
サイズ6.5インチ
 メーカー希望小売価格134,784円(税込)

2.スマホの選び方

さまざまなメーカーからいろいろなものが販売されているスマホですが、利用する目的やシーンによって使いやすいモデルは変わってきます。

以下で紹介する3つのポイントを参考に、自分にあったスマホを選びましょう。

(1)サイズ

最近のスマホは大型化が進んでおり、後ほど紹介するランキングでも6インチ前後のものが多くなっています。動画の再生やゲームなどをよくする方は、大画面スマホを選ぶのが良いでしょう。

画面が大きくなるほど、画像やテキストはより見やすくなる一方、片手での操作が難しくなりがちです。中には片手での操作がしやすいよう工夫のこなされたモデルもあるので、使用する目的やシーンによって自分にあったものを選びましょう。

画像:www.sonymobile.co.jp

(2)SIM

SIMとは固有IDや電話番号など利用者の情報が書き込まれたICカードのこと。

auやソフトバンクなどキャリアで購入したスマホは、通常SIMロックがかかっており特定のキャリアでしか使用できないように設定されています。

最近話題のSIMフリーとは、このロックがかかっていないスマホのこと。SIMフリーであれば、どの通信業者とも契約することができます。

料金を比較的抑えることができる安い格安SIMを使うには、SIMフリーのモデルを選ぶ必要があります。自分がどの通信業者と契約するのかによって、SIMフリーが必要かどうかも変わってくるので注意しましょう。

<SIMフリーの特徴>

  • メリット:キャリア乗り換えが簡単、海外のSIMカードが利用可能
  • デメリット:キャリアのサポートなし、端末によっては割高

画像:amazon.co.jp

(3)容量

容量は、撮影した写真やダウンロードした音楽などのデータを保存できる量が決まる重要な値。

画像や動画を大量に保存したい方は526GBなど大容量のモデルがおすすめです。

容量が大きくなるほど価格も上がるので、メールやブラウジングが主な方はそこまで容量が大きくないものも検討してみてください。

参考:kakaku.com

画像:www.au.com

3.レビュー評価の高いスマホ人気ランキング

ここからは口コミ評価の高いスマートフォンをランキングでご紹介してきます。

画像:www.lg.com
1位
LGエレクトロニクス

isai V30+ LGV35

メーカー希望小売価格44,280円(税込)

『isai V30+ LGV35』は韓国の総合家電メーカー『LGエレクトロニクス』のスマホ。自社で販売している有機ELテレビの技術を搭載したディスプレイの美しさが最大の特徴です。潰れてしまいがちな黒を基調とした画像もきれいに表示することができます。

「綺麗な発色」「黒がとても良い」とディスプレイの美しさを評価するレビューも寄せられていますよ。

auスマホでトップの明るさを誇るレンズで、写真も綺麗に撮影することができる点も魅力的ですね*。

画像:www.lg.com

*2017年10月13日LG Electronics Japan調べ

isai V30+ LGV35の詳細
メーカーLGエレクトロニクス
サイズ6インチ
メーカー希望小売価格44,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
サムスン

Galaxy Note8 SC-01K

メーカー希望小売価格76,464円(税込)

スマホ市場世界トップシェアを誇る韓国・サムスン電子のスマホ『Galaxy Note8 SC-01K』は、手書き好きにおすすめの一品。

本体下部から取り出せる「Sペン」は、約0.7mmのペン先で4096段階の筆圧を検知する優れもので、本物のペンで紙に書いているような心地を味わえます。画面がオフでも「Sペン」を取り出すだけで素早く書くことができる、メモ好きに嬉しい機能も搭載。

「メモが良い」「手書きめちゃめちゃ便利」とレビューからは手書き好きのユーザーに評価されていることがわかります。

またウェブサイトを開きながら地図を見たり、動画を見ながらメールを送ったりすることができる、マルチウィンドウ機能も便利ですよ。

Galaxy Note8 SC-01K の詳細
メーカーサムスン
サイズ6.3インチ
メーカー希望小売価格76,464円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
サムスン

Galaxy S9+ SCV39

メーカー希望小売価格56,160円(税込)

2位と同じくサムスンのスマホ『Galaxy S9+ SCV39』は、「Androidでこれ以上はない」「デュアルカメラ最高」とのレビューも寄せられるほど高機能なカメラが魅力的なモデル。

撮影する場所の明るさに合わせて自動で最適な撮影モードに切り替わるため、暗い場所でもきれいに写真をとることができます。

また1秒あたり960フレームの撮影が可能な「スーパースローモーション」や、遠いものや揺れが大きくても綺麗に撮影できる「光学手ブレ補正」など便利な機能を多数搭載。撮影した画像に音楽をつけてすぐに投稿できるので、インスタ好きにはたまりませんね。

容量無制限の「Google Photos」で、保存量を気にせず撮影できるのも嬉しいポイントです。

Galaxy S9+ SCV39の詳細
メーカーサムスン
サイズ6.2インチ
メーカー希望小売価格56,160円(税込)
画像:au.com
4位
APPLE

iPhone X

メーカー希望小売価格131,040円(税込)

『iPhone X』の最大の魅力は、「Face ID」と呼ばれる顔認証システム。

スマートフォンのロック解除から「Apple pay」などの決済まで、カメラに顔をかざすだけで行うことができます。その便利さは、「もう指紋認証には戻れない」とのレビューが寄せられるほど。

ホームボタンがなくなったことで大きくなったディスプレイも魅力的です。有機ELを採用しているので、鮮やかな画面を楽しめますよ。

ワイヤレス充電も、ケーブルがかさばったりカバーを外したりする必要がなく便利です。

レビューには「さすがiPhone X」「Face ID便利」と高評価のコメントが寄せられています。

iPhone Xの詳細
メーカーAPPLE
サイズ5.8インチ
メーカー希望小売価格131,040円(税込)
5位
LGエレクトロニクス

Disney Mobile

メーカー希望小売価格15,552円(税込)

『Disney Mobile』はディズニー好きにはたまらないスマホ。

ミッキーやミニーがシンデレラ城を見つめるオリジナルデザインや、スワロフスキーがあしらわれた限定カバー、9種類のテーマや、このモデル限定のオリジナル短編動画など、ディズニー好きにはたまらないオリジナル仕様となっています。

ミッキーマウスデビュー90周年を記念した高級感あふれる特別デザインが施されたBOXに入って届けてもらえる点も魅力的ですね。

「ディズニー好きにはおすすめ」「とにかく楽しい」とレビューからはディズニー好きに評価されている様子がうかがえます。

Disney Mobileの詳細
メーカーLGエレクトロニクス
サイズ5.5インチ
メーカー希望小売価格15,552円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia XZ2 Premium SOV38

メーカー希望小売価格108,000円(税込)

ポータブル音楽プレイヤー「ウォークマン」や液晶テレビ「BRAVIA」など数々の人気商品を手がけてきたソニーのスマホ『Xperia XZ2 Premium SOV38』は、4K動画の「撮影」「再生」どちらも1台で行える世界で初めてスマホ*。

「本当に感動する」というレビューもあるように、肉眼で見ているような明暗差、立体感を表現でき、フルHDの4倍もの高解像度を誇る4Kに対応したディスプレイで、本物と錯覚するような美しい表現が可能です。

フルHDの動画を4Kにアップデートして再生する「4Kアップスケーリング」や標準規格(SDR)の動画も一段階上のHDR規格に自動で変換して再生する「HDRアップコンバート」機能も搭載。動画やゲームがより楽しくなりますよ。

防水機能がある点も魅力的です。

*2018年5月14日現在。ソニーモバイルコミュニケーションズ(株)調べ。

Xperia XZ2 Premium SOV38の詳細
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
サイズ5.8インチ
メーカー希望小売価格108,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
ASUS

ZenFone 5Z

メーカー希望小売価格56,500円(税込)

『ZenFone 5Z』は、1989年に設立された台湾のPC・スマホ周辺機器メーカー『ASUS(エイスース)』のスマホ。最大の特徴は、AIのちからを活用した機能です。

カメラ撮影や充電、動作設計にAIを活用することで、自動で最適な状態をキープ。

撮影者の好みを分析して最適な設定で撮影が行えたり、計算された接続で過充電を防いだり、アプリの稼働状況を見極めて快適に動作したりと、いちいちユーザーが操作しなくてもAIが適当な設定や状態を作り出してくれます。

「コスパ良し」「かなりおすすめ」とレビューには高評価のコメントが寄せられていますよ。

2.5D曲面ガラスを採用したボディも美しく、このモデルが魅力的なポイントの1つです。

ZenFone 5Zの詳細
メーカーASUS
サイズ6.2インチ
メーカー希望小売価格56,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
MOTOROLA

moto g6 Plus

メーカー希望小売価格41,907円(税込)

世界で初めてカーラジオや商用携帯電話を発表するなど歴史的にも評価の高いアメリカの通信機器メーカー『MOTOROLA(モトローラ)』の『moto g6 Plus』は、「Motoエクスペリエンス」という機能がユニークなスマホ。

「手首をひねる」「持ち上げる」「振り下ろす」など、ユーザーの身振りに応じた操作が可能。ライトの点灯やカメラの起動などを簡単に行うことができますよ。

画像:www.motorola.co.jp

2つのSIMカードを利用して同時待受ができる「SIMデュアルスタンバイ」機能も便利ですね。

レビューには「珠玉の逸品」「本当に良い」と高評価のコメントが寄せられています。

moto g6 Plusの詳細
メーカーMOTOROLA
サイズ5.93インチ
メーカー希望小売価格41,907円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
HUAWEI

nova 3

メーカー希望小売価格54,800円(税込)

1987年に設立された中国の電気機器メーカー『HUAWEI (ファーウェイ)』のスマホ『HUAWEI nova 3』は、「コスパの良さに惹かれて…」「高コスパ」と低価格の割に高機能と評判を集めるモデル。

ユニークな機能としてあげられるのは、「AIショッピング」です。

気になったアイテムが写った画像を、2本指でタップすると、AIがeコマースサイトでそのアイテムを探してくれるという機能。楽に買い物ができ便利ですよ。

画像:amazon.co.jp

前面と背面両方に2つずつ計4つのカメラを内蔵しているのも便利なポイント。

AIが撮影環境に合わせて都度最適な設定に調整してくれるので、簡単にきれいな写真を撮ることができます。

HUAWEI nova 3の詳細
メーカーHUAWEI
サイズ6.3インチ
メーカー希望小売価格54,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
HUAWEI

Mate 10 lite

メーカー希望小売価格42,800円(税込)

『HUAWEI Mate 10 lite』は、顔認証や撮影後の深度調整機能などiPhoneの最新機種に搭載されている機能をほぼ搭載している、バランスのとれたスマホ。

ディスプレイの解像度や大きさでは劣るものの、両面合わせて4つのカメラ、長い時間撮影できる「ロングスクリーンショット機能」など、iPhoneにはないユニークな機能を搭載しています。

また、10万円を超える価格が当たり前のiPhoneに比べ、4万円前後と低価格なのも大きなメリットです。

レビューにも「大変満足」「使いやすい」と高評価のコメントが寄せられていますよ。

画像:amazon.co.jp

HUAWEI Mate 10 liteの詳細
メーカーHUAWEI
サイズ5.9インチ
メーカー希望小売価格42,800円(税込) 

スマホの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、スマホの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのスマホ売れ筋ランキング楽天のスマホ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのスマホ売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

カテゴリから探す