ルーターおすすめ!プロの逸品&口コミランキング15選

近年多くのIoT機器が登場しており、パソコンやスマートフォンのみならず、家の中で無線LANを利用する機会が増えています。

とても便利なものばかりなので、ついつい欲しくなってしまうのですが、そこで必要になるのが、多くの機器と通信回線を繋ぐルーターです。

リーズナブルなものからハイエンドの製品まで、ラインナップが増えており、実際どう異なり、何が自分に合ったルーターなのか分からないという方は、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ITライター歴20年を誇る柳谷智宣さんにおすすめのルーターを教えていただきました。

また、IPPING編集部による今からでも知っておきたいルーター知識と選び方、そしてレビューランキングをあわせて紹介いたします。

この記事を参考にしていただき、ご自身に合ったルーター選びを身につけていきましょう。

最終更新日:2019年3月11日
1,393 views
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.ITライターおすすめのルーター

はじめにITライターとしてキャリア20年を迎えるプロ、柳谷智宣さんのおすすめルーターからご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BUFFALO 

WXR-2533DHP2

メーカー希望小売価格29,916円(税込)

『BUFFALO』の製品の中でも、『WXR-2533DHP2』は、複数機種での高速通信を可能にしているハイエンドのモデルです。

4本の可動式アンテナによって、家の形状に合わせて、Wi-Fi環境を整えることができます。

また、ビームフォーミング機能によって、スマートフォンを追跡して、Wi-Fi電波が安定かつ高速通信を維持できるように動いてくれます。

最大3台の同時高速通信が可能な「MU-MIMO」を搭載しているため、通常1台ずつ処理することによる待機時間を大幅に削減してくれます。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
ハイエンドクラスのWi-Fiルーターです。通信速度が、5GHz帯で1733Mbpsと家族全員で使用しても問題ないほどとにかく速い!

可動式の大型アンテナを搭載して、高速通信が可能なエリアも従来モデルと比べて23%も向上しています。

外付けHDDを接続して、家中のPCでデータを共有できる「NAS」に対応している点も便利で使いやすいですよ。

レビューには「すご速」「廉価なルーターとは違う」「最強すぎ」とその性能の高さを評価するコメントが寄せられています。

BUFFALO WXR-2533DHP2の詳細
メーカーBUFFALO
通信規格11ac/n/a/g/b
メーカー希望小売価格29,916円(税込)

2.ルーターの知っておきたい基礎&選び方

ここからは、数あるルーター製品の中から、あなたに合ったルーター選びをしていただくために、知っておきたい基礎知識とルーターの選び方について、紹介していきます。

ルーターを使用するメリットについて

まずはルーターの導入を検討するにあたって、知っておきたい「ルーターを使用するメリット」について、ご紹介します。

・スマートフォンなどの通信量を抑えることができる

ルーターを使用することで、携帯会社の通信ではなく、ご家庭で契約している通信回線を利用することが出来ます。

したがって、外出先と家で通信回線を分けることができ、通信量の上限がある携帯会社やポケットWi-Fiなどの通信量を抑える効果があります。

スマートフォンアプリのダウンロードや、ソフトウェアのアップデートなど大きな容量を使う場合には、ご家庭で使用するルーターに繋ぐと、携帯会社などの通信制限を回避でき、かつ安定的な通信が可能になります。

・複数の機器を無線で繋ぐことができる

基本的には1回線につき、1機器しか接続できないところをルーターを使って、複数の機器に接続ができるようにしています。

Wi-Fiルーターを利用することで、スマートフォンだけではなく、パソコンやプリンター、テレビやその他のIoT機器と接続が可能になります。

いちいちそれぞれの機器を有線で繋ぐ必要がなくなり、配線がすっきりします。また、スマートスピーカーなどIoT機器が、続々登場して生活を便利にしてくれているので、ルーターの必要性が上がってきています。

・電波の届く範囲であれば、家の中どこからでも接続可能になる

本来であれば、回線が引かれているところまでいき、有線コードを繋がなければならないところを、ルーターを使い無線LANを家中に飛ばせば、どこの部屋からも通信回線に接続ができます。

リビングのみならず、自分の部屋、子供部屋、お風呂場など様々な場所で通信が可能になります。

また、同じ回線を使っていればデータの共有も可能にする機能を利用すれば、リビングで録画したテレビを自分の部屋で楽しむことも可能になります。

ルーターの選び方について

続いてルーターの選び方のポイントについて、整理していきましょう。

(1)速度にかかわる「通信規格」

1つ目のポイントは、「通信規格」と呼ばれるものです。Wi-Fiが登場してから飛躍的に進歩しており、通信速度、性能が上がっています。

例えると、Windows95が最初に登場してから、現在のWindows10まで、飛躍的に性能や処理スピードなどが上がってきていますよね。

このように「通信規格」にも違いがあり、現在主に使われているのが、「11ac」「11n」「11a」「11g」「11b」の5つの通信規格です。

現在主流となっている通信規格の中では、11acが最も早い通信規格となっています。

まだ対応製品はそこまで多くはないですが、新しく「11ad」という通信規格が生まれており、徐々にラインナップが増えてくると想定されています。

(2)電波の届く範囲、対応機種にかかわる「周波数帯」

先ほどの「通信規格」と合わせて、ルーターを選ぶ際に必要なポイントが「周波数帯」です。

現在主流となっているのが、「5GHz」「2.4GHz」の2つの周波数帯です。

それぞれ長所短所がありますが、ハイエンド製品であれば、両方の周波数帯を利用可能であり、比較的安く抑えたい場合は、「2.4GHz」のみの製品を選ぶとルーターの価格を安く抑えることができます。

「5GHz」(使用できる通信規格は11ac・11a・11n)

「5GHz」の長所は、電波の干渉が少ないという点です。干渉が少ないということは、安定した高速通信が可能となり、動画再生や容量の大きなファイル転送も快適に行うことができます。

一方で、障害物に弱いという短所があり、壁や家具などに電波を遮られると繋がりにくくなってしまいます。また、使用する機器が「5GHz」に対応している必要があり、「2.4GHz」に比べると対応する機器が少ないという短所もあります。

「2.4GHz」(使用できる通信規格は11g・11b・11n)

「2.4GHz」は、障害物に強く、対応機種が多いというメリットがあります。スマートフォンやパソコンのみならず、ゲーム機やビデオカメラ、プリンターなど様々な製品で、「2.4GHz」が使われています。

一方で、対応機種が多いため、同じ周波数を使用する製品が多いと干渉しあってしまい、速度が遅くなる可能性があります。

ちなみに、新しく出来た通信規格である「11ad」は「60GHz」の周波数帯を使っており、非常に直線的な周波数帯のため、離れた場所での使用には不向きで、ルーターが置かれている場所で使用すると最大能力を発揮します。

ここまでを表にまとめると以下のようになります。

通信規格周波数帯最大速度
11ac5GHz最大6.9Gbps(11nの約11.5倍)
11n5GHz/2.4GHz最大600Mbps~300Mbps
11a5GHz最大54Mbps
11g2.4GHz最大54Mbps
aab2.4GHz最大11Mbps

(3)アンテナは「内蔵」か「外付け」か

3つ目の選び方のポイントは、「アンテナ」です。

ルーター製品の中には、アンテナが内蔵されているタイプ、外付けされているタイプ、そして両方兼ねているタイプがあります。

電波には、垂直方向に対して伝わっていく性質があると言われており、外付けアンテナがある方が、電波の伝わる角度を調整でき、電波の死角を減らせるというメリットがあります。

一方で、外付けアンテナは、設置する場所の幅を取ってしまうため、内蔵アンテナの方がコンパクトに設置することができます。

(4)機能によって性能差が出てくる

ルーターには、様々な機能が搭載されており、便利な分、製品の性能差と価格差に反映されています。ここでは、特にあると便利な機能について紹介していきます。

MIMO(Multiple Input Multiple Output)

「MIMO」とは、無線LANの速度を高速化する技術のことで、多くの製品に導入されています。

複数のアンテナを使用して、複数の経路から通信を行うので、通信速度の安定化と通信速度の向上、および同時に複数の機器での通信速度の安定に貢献しています。

イメージとしては、1本道の道路よりも3車線・4車線ある道路の方が、たくさんの車が行き交う中で、スムーズに動きますよね。これを実現しているのが「MIMO」となります。

ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能は多くの製品に搭載されている機能で、電波を特定の方向に集中的に流すための技術です。

この機能によって、電波の干渉が減り、安定的に電波を届けることができるようになります。

現在では、「ビームフォーミングEX」という技術も登場しており、主にiPhoneの最新機種に対応するものになります。Wi-Fiスピードを約1.5倍上げると言われ、電波が届きにくい場所でも、安定した高速通信環境を提供してくれます。

引用:iodata.jpbuffalo.jpgate02.ne.jpelecom.co.jp

3.レビュー評価の高いルーター人気ランキング

ここからは口コミレビューで評価の高いルーターをランキング形式でご紹介していきます。

戸建や広めのマンションなどに最適なハイエンドタイプと、マンションやアパートなどに最適なミドル・コンパクトタイプに分けて、紹介いたします。

戸建や広めのマンションに最適なハイエンドタイプ7選


画像:amazon.co.jp
1位
BUFFALO

WSR-2533DHP/M

メーカー希望小売価格15,444円(税込)

コンパクトなハイエンドルーター製品として、人気を集めている『BUFFALO WSR-2533DHP/M』。

内蔵された4本のアンテナは、様々な方角に電波が届くように設計されており、幅広く端末の通信環境をカバーしてくれます。

スマートフォンの動きを察知して、高速Wi-Fiを届けるビームフォーミング機能を搭載しており、これまで電波が届きにくかった場所にも安定した高速回線を届けてくれます。

『BUFFALO』の特徴でもある、アプリケーションで簡単に初期設定ができる「QRsetup」や、設定変更がスマートフォンからできる「StationRadar」も搭載されており、面倒な設定も簡単に行うことができます。

レビューでは、設定が簡単に出来たという声が多く集まっており、手軽に始められる点で高く評価を集めていました。

BUFFALO WSR-2533DHP/Mの詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯5.2~5.7GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1733Mbps/800Mbps
内容量約400g
メーカー希望小売価格15,444円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
TP-Link

Archer C9

メーカー希望小売価格17,685円(税込)

世界的にもルーターのシェア率が高い『TP-Link』の『Archer C9』。

1GHzデュアルコアプロセッサーを搭載しているため、同時接続による混戦や接続の途切れなどを解消して、安定したWi-Fi環境を提供してくれます。

また、ビームフォーミング機能で、Wi-Fi機器の位置を把握して、電波を集中的に送られる機能が搭載されています。また業界としては最長クラスのメーカー3年保証がついているのも嬉しいですね。

レビューでは、高い性能と合わせて、スタイリッシュな製品の見た目にも高評価が集まっていました。一方で、海外製品ということもあり、製品マニュアルの複雑さや、初期設定が国内製品に比べると、少々大変という声もありました。

TP-Link Archer C9の詳細
メーカーTP-Link
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1300Mbps/600Mbps
内容量(参考)1,600g
メーカー希望小売価格17,685円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
BUFFALO

WSR-2533DHP

参考価格17,820円(税込)

1位で紹介した製品の前身モデルである『BUFFALO WSR-2533DHP』。

こちらの製品も、ビームフォーミング機能やアプリケーションによる設定が可能となっており、初めて利用する方でも、簡単に初期設定やその後の設定を行うことができます。

レビューの中では、初期設定も簡単でお勧めしたいという声や、鉄筋コンクリートの戸建住宅でも十分に電波が通っていたという声が集まり、高い評価に繋がっていました。

BUFFALO WSR-2533DHPの詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯5.2~5.7GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1733Mbps/800Mbps
内容量約400g
参考価格17,820円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
NEC

Aterm WG1800HP2

参考価格7,300円(税込)

スマートなデザインで、横置きや壁掛けにも対応できる『NEC Aterm WG1800HP2』。

『NEC』の先端技術が詰め込まれており、「μEBG構造」によって、電磁波ノイズを遮断して、アンテナの受信感度を向上させることにより、安定した通信環境を可能にしています。

また、「μSRアンテナ」を搭載しており、世界でも最小クラスともいわれる大きさながら、360度全方位へ電波を飛ばすことが可能なアンテナを内部に盛り込んでいます。

レビューでは、安定した通信環境を提供してくれるという点で、高い満足度を獲得しています。

NEC Aterm WG1800HP2の詳細
メーカーNEC
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1300Mbps/450Mbps
内容量約400g
参考価格7,300円(税込)

画像:amazon.co.jp
5位
I-O DATA

WN-AX2033GR

メーカー希望小売価格13,100円(税込)

360度狙いうちをキャッチコピーに展開している『I-O DATA WN-AX2033GR』。

「360コネクト」技術を搭載しており、電波の死角が生まれないよう最適化されたアンテナが、内部に搭載されています。

また、最大4台まで同時接続が可能な「MU-MIMO」に対応しており、速い通信速度を維持したまま、同時通信ができる設計となっています。

レビューでは、高い性能を発揮して、値段以上の働きをしてくれるというコストパフォーマンスの高さについて、高い評価が集まっていました。

I-O DATA WN-AX2033GRの詳細
メーカーI-O DATA
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1733Mbps/600Mbps
内容量約410g
メーカー希望小売価格13,100円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
ASUS

RT-AC68U

参考価格12,169円(税込)

機能性とデザイン性両面で、評価の高い『ASUS RT-AC68U』。

「Cortex-A9デュアルコアプロセッサー」と「DDR3メモリ」を搭載しており、最大転送速度1300Mbpsのハイパワーを物ともせず対応できる製品です。

また、『ASUS』は「AiMesh」を搭載しており、『ASUS』製品同士を繋ぎ、信頼性の高いワイヤレスシステムを構築することができます。

レビューでは、他社製品から買い替えたというユーザーからの高評価が多く集まっており、レビューの数以上に満足度が高い製品として、今後も評価を伸ばしていくかもしれません。

ASUS RT-AC68Uの詳細
メーカーASUS
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1300Mbps/600Mbps
内容量約640g
参考価格12,169円(税込)

画像:amazon.co.jp
7位
TP-Link

Archer C7

メーカー希望小売価格12,570円(税込)

外付けアンテナで通信範囲の広さと回線速度の安定性が特徴の『tp-link Archer C7』。

高性能CPUを搭載しており、複数の機器を同時に使用しても、速い速度で安定的な通信環境を提供してくれます。

また『TP-Link』専用のアプリ「Tether」を利用すれば、簡単にゲスト回線の設定や、利用時間の調整ができるスケジュール機能を使うことができます。

レビューでは、世界シェアトップクラスの製品として、性能の高さを評価する声が多く集まっていました。一方で、アプリが使えないと初期設定などが難しいとの声もあり、スマートフォン・タブレット端末は必須のようです。

TP-Link Archer C7の詳細
メーカーTP-Link
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度1300Mbps/450Mbps
内容量(参考)930g
メーカー希望小売価格12,570円(税込)

マンションやアパートに最適なミドル・コンパクトタイプ8選


画像:amazon.co.jp
1位
I-O DATA

WN-G300R3

メーカー希望小売価格3,600円(税込)

コンパクトタイプの中でも高い評価を集めているのが、『I-O DATA WN-G300R3』。

文庫本よりも小さいサイズながらも、ハイパワーアンテナを内蔵しており、部屋の隅々までWi-Fi回線を届けてくれます。

ルーターへの接続も簡単で、スマートフォンからはQRコードを撮るだけで接続ができ、その他の機器も接続時にWPSボタンを押すことで自動認識してくれます。

レビューでは、コストパフォーマンスを高く評価する声と、有線LANポートが4つもついているのが便利という声で、高い満足度を示していました。

I-O DATA WN-G300R3の詳細
メーカーI-O DATA
周波数帯2.4GHz
通信規格11n/g/b
最大転送速度300Mpbs
内容量約130g
メーカー希望小売価格3,600円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
ELECOM

WRC-F300NF

メーカー希望小売価格3,445円(税込)

初めてのルーターとして、初心者にも安心なモデルとして人気の『ELECOM WRC-F300NF』。

家庭で使われる機器の中で、最も普及している2.4GHz・11n/g/bに対応しており、設置場所を選ばない手の平サイズのコンパクトモデルです。

価格も抑えめで、初めての方にも、子供部屋などに置く子機としても幅広く利用されています。

レビューでは、お買い得なルーターとして高い評価を集めていました。また、一人用のルーターのため、複数接続をする際には、繋がりにくくなるなど注意が必要なようです。

ELECOM WRC-F300NFの詳細
メーカーELECOM
周波数帯2.4GHz
通信規格11n/g/b
最大転送速度300Mpbs
内容量約86g
メーカー希望小売価格3,445円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
BUFFALO

WHR-1166DHP2/N

参考価格8,964円(税込)

ミドルタイプとして人気が高いのが、『BUFFALO WHR-1166DHP2/N』。

ビームフォーミング機能を搭載しており、送受信される電波のロスを減らし、安定した転送速度を保ってくれます。

無線での利用のほか、Gigaポートを搭載しているため、有線でパソコンやテレビでの通信などハイスピードでの利用も可能です。

レビューでは、高いコストパフォーマンスに評価が集まる一方で、利用者の中には、遮断物に対して少々弱いという声も聞かれました。

BUFFALO WHR-1166DHP2/Nの詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯5.2~5.7GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度866Mbps/300Mbps
内容量約265g
参考価格8,964円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
NEC

Aterm WG1200HS

参考価格5,080円(税込)

『NEC』の先端技術が織り込まれた『 Aterm WG1200HS』。

デュアルコアCPUと2ストリームで、安定した高速通信を実現しています。

また、『NEC』の先端技術である「μEBG構造」と「μSRアンテナ」によって、受信アンテナの感度と電波送受信の効率性が上がり、安定した通信環境の提供に繋がっています。

レビューでは、見た目のスタイリッシュさと『NEC』の技術による高い性能で、高い評価を集めています。

NEC Aterm WG1200HSの詳細
メーカーNEC
周波数帯5.2~5.6GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度867Mbps/300Mbps
内容量約300g
参考価格5,080円(税込)

画像:amazon.co.jp
5位
BUFFALO

WSR-300HP

メーカー希望小売価格4,644円(税込)

国内では人気ブランドのひとつである『BUFFALO』の一人用ルーター『WSR-300HP』。

安定したWi-Fi接続と、Giga対応の有線接続のいずれも可能なモデルとなっています。

コンパクトなサイズのため、設置場所にも困らないですし、接続の初期設定や変更もスマートフォンから簡単に操作が可能です。

レビューでは、初めてのルーターとして申し分ないという声や、お値ごろ感のある製品であったという声が多く、初心者にとって手を出しやすいアイテムです。

BUFFALO WSR-300HPの詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯2.4GHz
通信規格11g/b
最大転送速度300Mbps
内容量約232g
メーカー希望小売価格4,644円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
BUFFALO

WHR-1166DHP4

参考価格7,776円(税込)

Gigaインターネットポートを兼ね備えた『BUFFALO WHR-1166DHP4』。

11ac対応の高速無線LANとGiga対応の有線ポートを兼ね備えており、パソコンとスマートフォンのみならず、その他周辺機器も充分に利用することが出来ます。

本体のフォームウェアは、毎日自動更新が行われているため、脆弱性問題をスピーディーに解決してくれます。

レビューでは、買い替えのユーザーを中心に評価を集めていましたが、一方で定期的な買い替えを前提に利用しているユーザーも多く、評価が分かれています。

BUFFALO WHR-1166DHP4の詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯5.2~5.7GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度866Mbps/300Mbps
内容量約265g
参考価格7,776円(税込)

画像:amazon.co.jp
7位
TP-Link

TL-WR841N

メーカー希望小売価格3,030円(税込)

世界的に高いシェアを持つ『TP-Link』のコンパクトサイズルーター『 TL-WR841N』。

2本の外付けアンテナで、接続の安定性を高めており、動画のストリーミングには充分な通信速度300Mbps(11n)に対応しています。

WPSボタンを利用すれば、簡単に接続が可能で、専用のアプリケーションを使用すれば、設定変更を簡単に行うことができます。

レビューでは、通信環境の安定性の高さについて多くの声を集めていました。中には接続に少々手こずるユーザーもいましたが、繋がってからの満足度は、非常に高いため今後は高評価レビューが伸びてくるかもしれません。

TP-Link TL-WR841Nの詳細
メーカーTP-Link
周波数帯2.4GHz
通信規格11n/g/b
最大転送速度300Mbps
内容量(参考)約572g
メーカー希望小売価格3,030円(税込)

画像:amazon.co.jp
8位
BUFFALO

WCR-1166DS

メーカー希望小売価格5,400円(税込)

手の平サイズのとコンパクトながらデュアルバンドで高い通信能力を発揮している『BUFFALO WCR-1166DS』。

コンパクトサイズながらも、5GHz・2.4GHzのデュアルバンドで最適な回線での高速通信・安定通信を実現しています。

ビームフォーミング機能も搭載されており、安定した通信環境をサポートしてくれています。

レビューでは、簡単に接続でき、速い速度で安定して使えるという声が多く、中にはワンルーム向きという声もありました。想定利用人数が2名6台のため、ひとり暮らしで、繋ぐ機器が少々多いという方にも、丁度良いモデルです。

BUFFALO WCR-1166DSの詳細
メーカーBUFFALO
周波数帯5.2~5.7GHz/2.4GHz
通信規格11ac/n/a/g/b
最大転送速度866Mbps/300Mbps
内容量約139g
メーカー希望小売価格5,400円(税込)

ルーターの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ルーターの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのルーター売れ筋ランキング楽天のルーター売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのルーター売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

カテゴリから探す