スマホスタビライザーおすすめ!プロの逸品&口コミランキング10選

スマホで動画をブレなくきれいに撮影することができるスマホ スタビライザー。

欲しいと思って調べてみたものの、正直どのモデルが良いのかよくわからない…という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、キャリア20年のITライター・柳谷智宣さんにおすすめのスマホ スタビライザーをうかがいました。

あわせてIPPING編集チームによるスマホ スタビライザーの選び方ポイント、口コミレビューで評価の高いランキングもあわせてご紹介いたします。

抑えておくべきポイントを理解して、自分好みのモデルを見つけましょう!

メイン画像:shoulderpod.com

最終更新日:2019年3月25日
1,094 views
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.ITプロライターおすすめのスマホスタビライザー

まずはキャリア20年のITライター・柳谷智宣さんおすすめのスマホスタビライザーを見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ

Osmo

Mobile 2

参考価格16,771円(税込)

商用ドローン世界シェアNo.1を誇る2005年設立の中国メーカー『DJI(ディー・ジェイ・アイ)』の『Osmo Mobile』は2016年の発売以来、人気を集めるスマホスタビライザー。

2018年初頭に発売されたこちらのモデル『Osmo Mobile 2』は、15時間のバッテリー駆動時間や3軸ジンバルを採用した電気式の自動ブレ補正で、スタビライザーとしての機能はしっかりしています。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
とても有名なメーカーで、これまでも人気がありましたが、このモデルはとにかく全然ブレないという大きなポイントに合わせて、これまでのモデルと比べてもリーズナブルな価格が嬉しいですね。

動画はブレないだけで断然プロっぽくなるので お勧めですよ。

レビューでも「一家に一台」「期待以上」と高評価のコメントが並んでいます。保証期間が1年間ある点も、安心して購入できるポイントですね。

Osmo Mobile 2の詳細
メーカーDJI
アプリ連携あり
 メーカー希望小売価格16,771円(税込)

2.スマホ スタビライザーの選び方

スマホ スタビライザーといっても様々な種類のモデルが販売されいています。

以下では、その中から自分にあったモデルを選ぶ上でキーとなる3つのポイントについて見ていきましょう。

(1)制御方法

ブレ補正やスマホの水平安定化がスマホスタビライザーの主な機能ですが、その制御方法によって大きく2つの種類に分けることができます。

電気式

電気式では、機材に搭載されたモーターによって自動でバランスを取ってくれます。

またアプリと連携することで、被写体を追跡したりズームをスムーズに行なったり、さまざまな撮影補助機能を利用できるモデルも多くなっています。

電気式を選ぶ際には、バッテリー駆動時間に注意しましょう。あまりバッテリーが持たないものでは使い勝手が悪いですよ。

また最近は改善されてきていますが、電気式は急な動きや激しい動きが苦手で、調整がうまくいかないことがあります。激しい動きをする場合には、機械式も検討してみましょう。

画像:amazon.co.jp

機械式

機械式では、重りなどを利用してバランスをとるものが多くなっています。機材の構造を利用するため、バッテリー不要で急な動きにもある程度対応することができます。価格も電気式に比べ安価で、初心者におすすめです。

モデルによっては、重いものやほとんど補正効果がないものもありますので注意しましょう。

画像:amazon.co.jp

(2)軸数

スタビライザーは、「ジンバル」という回転台を利用してバランスを取っています。

ジンバルの軸数によってバランスのとれる方向や範囲が変わり、1つの軸では水平方向のみ、2つの軸では水平・垂直方向に対応でき、3つの軸があれば全方位に対してバランスがとれ、最も安定します。

軸の数が少なければその分価格も安くなる傾向があるので、安いモデルを求める方は軸数が少ないものも検討してみてください。

 

画像:amazon.co.jp

(3)重量

外出時に利用することを考えるとなるべく軽いモデルが良いですよね。

また動きながら撮影する場合には、なるべく軽い方がスムーズに撮影することができるでしょう。

機械式よりも電気式の方が軽いモデルが比較的多くなっているので、軽いモデルを求める方は電気式を中心に探してみましょう。

参考:camera-stabilizershop.com

画像:amazon.co.jp

3.レビュー評価の高いスマホスタビライザー人気ランキング

それではここから、口コミ評価の高いスマホスタビライザーをランキングでご紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
1位
Humixx

自撮り棒

参考価格5,699円(税込)

『Humixx 自撮り棒』は機能性に優れたモデルです。

68cmまで伸びすことができて自撮り棒として使えるほか、ボディ下部を変形させれば三脚としても使えます。10メートルまで操作可能なリモコンも付属しているので、記念撮影も簡単に行うことができますよ。

画像:amazon.co.jp

持ち運び時にはポケットに入れられる20cmほどのコンパクトサイズで、携帯性も高いです。レビューにも「かなりコンパクト」「重宝してます」と高評価のコメントが寄せられていますよ。

収納ケースが付属しているところも嬉しいポイントですね。

Humixx 自撮り棒の詳細
メーカーHumixx
アプリ連携なし(Bluetoothリモコンあり)
メーカー希望小売価格5,699円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Snoppa

M1

参考価格29,800円(税込)

2016年に設立されカメラ周辺機器の製造・販売を行う中国メーカー『Snoppa(スノッパ)』のスマホスタビライザー『Snoppa M1』。

こちらは2017年度グッドデザイン賞を受賞するなど高く評価されています。

最大の特徴はその大きさです。3軸ジンバルにも関わらず、独自の設計で折りたたみ時約20cmのコンパクトボディ。電気式スマホスタビライザーの中でもトップクラスの小ささを誇ります。

画像:snoppa.com

また「誰でも簡単に写真家になれる」とグッドデザイン賞で評価された補正機能で、誰でも簡単に安定感のある滑らかな動画を撮影することができます。

12ヶ月の保証期間がある点も魅力的なポイントです。

レビューでは「驚くほど安定する」「優秀かつコンパクト」と高い評価を獲得していますよ。

Snoppa M1の詳細
メーカーSnoppa
アプリ連携あり
メーカー希望小売価格29,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Zhiyun

Smooth-Q

参考価格13,550円(税込)

『Zhiyun Smooth-Q』は、2015年に中国で設立したスタビライザー市場で世界シェアNo.1の『Zhiyun (ジーウン)』が手がけたスマホスタビライザーです。

3軸ジンバルで全方位に対してバランスを取れ、最大12時間のバッテリー駆動時間と450gの携帯性に優れた重量で、バランスのとれたスペックが魅力的ですね。

撮影しながらスマホに充電できる点も、便利なポイント。

レビューには「素晴らしい」「使いやすい」「もっと早く買えばよかった」と高評価のコメントが並んでいますよ。

Zhiyun Smooth-Qの詳細
メーカーZhiyun
アプリ連携あり
メーカー希望小売価格13,550円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
FEIYU TECH

SPG

参考価格22,842円(税込)

2007年に中国で設立された精密機器メーカー『FEIYU(フェイユー)』の『FEIYU TECH SPG』は、隅々まで工夫のこなされたスマホスタビライザーです。

最大8時間のバッテリー駆動時間に3軸ジンバルとスタビライザーとして十分なスペックに加えて、雨や水しぶきに耐える生活防水を備えています。

またボディが写り込んでしまうこともあるスマホの縦型設置にもきれいに対応し、三脚や延長棒など補助機材用の1/4ネジ穴を2つ装備。汎用性や拡張性が高く、長く付き合えるスタビライザーと言えます。

「スタビライザーとして最高」「進化系スタビライザー」とユーザーからも高い支持を受けていますよ。

クッション性のある収納ポーチが付属しているのも嬉しいポイントです。

FEIYU TECH SPGの詳細
メーカーFEIYU TECH
アプリ連携あり
メーカー希望小売価格22,842円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Neewer

手持ち式スタビライザー

参考価格8,621円(税込)

『Neewer 手持ち式スタビライザー』はシンプルなスマホスタビライザーです。

1軸ジンバルで水平方向に360°回転可能で、グリップ部分は人間工学に基づいた握りやすいデザインが施されています。

8.5インチまで対応可能で大型化が進む最近のスマホでも問題なく使用可能です。さらに1/4ネジを使えばGoProやDSLRカメラにも対応できます。

レビューからは、「握りやすい」「ハンディカムでも使っている」「コンデジで使用」とグリップの良さからさまざまな機器で使われている様子がうかがえます。

80gの超軽量ボディも魅力的なポイントですよ。

Neewer 手持ち式スタビライザーの詳細
メーカーNeewer
アプリ連携なし
メーカー希望小売価格8,621円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
Shoulderpod

S1

参考価格4,730円(税込)

『Shoulderpod S1』は、2013年にスペインで設立されたスマホ周辺機器の製造・開発を行う『Shoulderpod(ショルダーポッド)』のスマホスタビライザーです。

世界20カ国のApple Storeで販売されるなど、人気を集めるモデル。

シンプルな作りながら汎用性の高さが魅力的。手持ちに比べてスマホをしっかりコントロールできるホールド感の高さに加えて、スマホを固定したまま机におけば卓上スタンドとしても機能します。

さらに、1/4ネジ穴を利用すれば、三脚や延長棒にセットすることも可能。リストストリップも付属するので、持ち運びも楽チンです。

画像:shoulderpod.com

2年間と比較的長期の保証がある点も安心して購入できるポイントですね。

レビューからは「かなり便利!」「写真が楽しくなった」とユーザーが撮影を楽しんでいる様子がうかがえます。

Shoulderpod S1の詳細
メーカーShoulderpod
アプリ連携なし
メーカー希望小売価格4,730円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
Zhiyun

Smooth 4

参考価格16,000円(税込)

『Zhiyun Smooth 4』は3位でご紹介した『Zhiyun Smooth-Q』の上位モデルです。

3軸ジンバルに最大12時間のバッテリー駆動時間と十分なスペックに加え、撮影に便利なさまざまなオプションを搭載しています。

画角より広い画面を遅延撮影できるワイドレンジラプスや特定の対象物を追いかける追跡機能、撮影中にリアルタイムでフォーカスを調整できる機能などを利用すれば、プロのような動画を簡単に撮影することができます。

その豊富な機能から、ユーザーからは「撮影が楽しくてたまらない」「プロのような動画が簡単い撮れて満足」とのレビューが寄せられています。

USB-C端子を2つ搭載し、スマホと本体の充電を同時に行えるのも便利なポイントですね。

Zhiyun Smooth 4の詳細
メーカーZhiyun
アプリ連携あり
メーカー希望小売価格16,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
Ulanzi

U-Grip

参考価格1,988円(税込)

中国のスマホ関連機器メーカー『Ulanzi』のスマホスタビライザー『Ulanzi U-Grip』は、カスタマイズ性の高い一品です。

ポイントは、上部にある3つの「ホットシュー」。

ホットシューはフラッシュやマイクなどさまざまなものを装着できる部分で、自分好みの撮影環境を整えることができます。

画像:amazon.co.jp

実際、レビューでは「古いスマホを取り付けてモニター用に」「ライト、別撮りカメラ、マイクをつけた」など、ユーザーが各々の好みでカスタマイズしている様子がうかがえます。

2,000円を下回る低価格も魅力的なポイントですね。

Ulanzi U-Gripの詳細
メーカーUlanzi
アプリ連携なし
メーカー希望小売価格1,988円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
Dhana Style

MHG

参考価格780円(税込)

コスパの優れたハンドグリップなのが、こちらの『Dhana Style MHG』です。

スマホのみならず、一眼レフカメラやデジカメなどにつければ、手持ちよりも機動性や安定性を向上することができます。

またグリップ部分のみのシンプルな構造でも、手ブレ防止効果がきちんとありますよ。

価格は1,000円を切る780円。このランキング中最も安い価格です。

レビューでも「コスパ良し」「シンプルで良い」と高評価のコメントが寄せられていますよ。

100gと適度な重さがあり、安定感があるのも便利なポイントですね。

*スマホホルダーは別売りです。

Dhana Style MHGの詳細
メーカーDhana Style
アプリ連携なし
メーカー希望小売価格780円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
TaoTronics

自撮り棒

参考価格2,199円(税込)

『FUJIROCK FESTIVAL』オフィシャルパートナーブランドを展開するなど、グローバルに活躍する『SUNVALLEY』が展開するスマホ関連機器ブランド『TaoTronics』。

このブランドの『TaoTronics 自撮り棒』は、使い勝手の良さが魅力です。

折りたたみ時、20cmとコンパクトながら、ボディ下部に搭載された三脚や2軸ジンバルのスマホグリップ、ボディ中部に収納可能なリモコンなど、自撮り棒として便利な仕様を備えています。

また1/4ネジを使用すれば、デジカメや一眼レフを装着することもできます。

素材はアルミニウム合金で錆びにくい点も嬉しいポイントですね。

レビューには「結構しっかりした作り」「使いやすい」など高評価のコメントが並んでいます。

TaoTronics 自撮り棒の詳細
メーカーTaoTronics
アプリ連携なし(Bluetoothリモコンあり)
メーカー希望小売価格2,199円(税込)

スマホスタビライザーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、スマホスタビライザーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのビデオカメラサポート売れ筋ランキング楽天のスマートフォン用三脚売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのスマホスタビライザー売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

カテゴリから探す