計量カップおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

計量カップはメジャーなキッチン用品なので、もう既に持っている方もいらっしゃると思います。

しかし、現在では「使いやすさを追求した工夫がなされている」「耐久性がある」といったような計量カップもあります。

そこで今回、人気料理雑誌やイベントなどで活躍する料理研究家ユニット、ちゃあみーさんにおすすめ計量カップをうかがいました。

さらに計量カップの選び方、口コミランキングも併せてご紹介していきます。

最終更新日:2019年7月9日
ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季) のプロフィール

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディネーターと栄養管理士のお料理ユニット。WEB『ちゃあみー(HITOOMOI)公式サイト』

この専門家の他の記事を見る

1.料理研究家おすすめの計量カップ

まず最初に料理研究家、ちゃあみーさんがおすすめする 計量カップをご紹介します。

画像:amazon.com
プロの
おすすめ

DELISH KITCHEN

計量カップ

CC1322

参考価格979円(税込)

一風変わったデザインでお洒落なこの計量カップは、見た目だけでなく、とても利便性の良い一品です。

特に便利なのが「上からメモリを確認できる」という点です。計量の際に、いちいちサイドを確認する必要がありません。10ml〜100mlまで10ml単位で細かく計れます。

加えて、滑りにくいようにソフトグリップとなっていて耐熱仕様なので、熱湯を計ることもできます。食器洗い機での洗浄も可能ですよ。

ちゃあみー(倉田 沙也加)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

こちらは、私自身も働いていたことのある料理レシピ動画サイト『DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)』がプロデュースしているアイテムです。

料理動画サイトが作っただけあり、利便性が抜群です。

上からメモリが見れるのです料理中そのままの体勢で計量でき、また、耐熱性があります。私はこの便利な部分を活かして、だし汁やデミグラスソース等を計る時によく使ってます。

デザインもかわいいので、日常使いにおすすめです。

レビューでは、やはり「上から計れる」という点がとても好評で、重宝されています。

DELISH KITCHEN 計量カップ  CC1322の詳細
メーカーデリッシュキッチン
容量500ml
 メーカー希望小売価格 979円(税込)

2.計量カップの選び方

続いては計量カップの選び方について分かりやすく解説していきます。

2-1.計量カップの素材の種類

まずカップそのものの素材の違いを知っておきましょう。それぞれの特長を知ることで、あなたの選ぶ際の基準が鮮明になってきますよ。

種類1.金属製

ステレンレススチールでできていて、軽く耐久性もあり壊れにくいのがメリットです。お手入れもとても簡単です。

しかし、透明ではないので外側からメモリを確認できないのがデメリットです。

種類2.ガラス製

外からもメモリが確認でき、長くお使いいただけるでしょう。しかし、ガラスなので衝撃に弱く壊れやすいのがデメリットです。

種類3.プラスチック製

計量もしやすく、軽くて使いやすいのがメリットです。値段もリーズナブルで種類も豊富です。耐久性は他の素材のものよりやや劣ります。

2-2.計量カップの目盛とサイズについて

計量カップ選びには、本体に記載されている「目盛」と本体そのものの「サイズ」がとても重要になります。

以降で詳しく解説いたしますので参考にしてください。

目盛の種類と細かさ

計量カップに記載されている目盛の種類は以下のものです。

種類備考
ml(ミリリットル)液体を計るときの目盛です。
cup(カップ)液体を計るためのもので、やや大まかな計量となります。
g(グラム)粉物を計るとき使う目盛です。

「ml」は、どの計量カップにも記載されていますが、100mlごとに計れるのか10mlごとに計れるかで利便性が変わります。なるべく細かく計れるものが望ましいでしょう。

レシピ本やレシピサイトによっては「〇〇を1カップ入れる」と説明されていることもあるので、その場合は「cup」という目盛があると便利です。

「g」は粉物を計るのに必要となります。また「小麦粉」と「砂糖」では、同じ高さでもグラムが違いますので、2つの目盛がある方が使いやすいです。

サイズの選び方

計量カップそのもののサイズの違いで用途が大きく異なります。500ml以上計れる大型のものは、煮込み料理などのだし汁やソースを計量するのに便利です。

100ml以下の小型のものは、細かな計量ができるのでお菓子づくりなどに向いています。

2-3.計量カップの耐熱性

最後は計量カップの「耐熱性」についてです。最低でも熱湯を入れられる程度の耐熱性があったほうが良いでしょう。

食器洗い機可がどうかもチェックしておきましょう。数は少ないですが電子レンジ対応のものであれば、用途はグッと広がります。

3.レビュー評価の高い計量カップの人気ランキングTOP10

ここからは、最高の一品をお届けするサイト『プロの逸品』の計量カップ・ランキングをご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
1位
HARIO

メジャーカップ

CMJW-200
参考価格1,080円(税込)

シンプルでベーシックなデザインのこの計量カップは、耐熱ガラス製なので熱湯はもちろん電子レンジや食器洗い機にも対応しています。

目盛は、ml(ミリリットル)の他にもcup(カップ)とg(グラム)が記載されています。さらにgは小麦粉と砂糖で2種類記載されているので、とても使いやすいです。

そして、この目盛は一見すると普通ですが、実は上から覗いた時でも見えやすいように計算されて記載されています。横から覗き込む必要がないのも嬉しいポイントです。

レビューでも、その使いやすさに定評があります。ガラス製なので耐久性も良く、お手入れが簡単な点も好評です。

HARIO メジャーカップ CMJW-200の詳細
メーカーハリオ
容量200ml
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
貝印

料理家の逸品

DH2510
参考価格756円(税込)

ビーカーのようなデザインが可愛い子の製品は、50mlまで計れる小型の計量カップです。さらに使いやすいように工夫がなされています。

mlの目盛は5ml単位で計ることができ、さらに文字の色が赤と白の2種類が記載されています。通常は赤、ソースや赤ワインなどの色味の濃い液体は白といったように読みやすい工夫がなされています。

さらに、「大さじ」と「小さじ」の目盛も記載されています。細かな軽量はこれ一つで賄えてしまうのが大きなメリットです。

レビューでもその利便性がとりわけ好評で、計量スプーンいらずな点がとても評判です。

貝印 料理家の逸品 DH2510の詳細
メーカー貝印
容量50ml
メーカー希望小売価格756円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
パール金属

計量カップ

C-8622
参考価格626円(税込)

黒の取っ手がスタイリッシュなこの計量カップは、見た目だけでなく機能性も抜群な一品です。

目盛は500mlを10ml刻みで計ることができて、細かな分量調整が可能です。加えて、cupと2種類のg(上白糖・薄力粉)も記載されているので使い勝手はとても良いです。

耐熱プラスチックなので軽量で熱湯を入れても問題ありません。これほどの利便性がありながら、価格も非常にリーズナブルです。

レビューでは、機能性が良いのはもちろん、そのお洒落なデザインもとても好まれています。

パール金属 計量カップ C-8622の詳細
メーカーパール金属
容量500ml
メーカー希望小売価格626円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
PYREX

メジャーカップ

CP-8508
参考価格1,404円(税込)

こちらの製品は、米国で1951年から続く老舗メーカーである『パイレックス』の計量カップです。

デザインも目盛の記載も非常に独特で、日本の製品ではあまり見かけないデザイン性がとてもお洒落です。

さらにこちらは、「強化ガラス製」なので熱湯や食器洗い機はもちろん、電子レンジやオーブンにまで対応するアメリカ製らしい非常に頑丈な作りが大きな特徴です。

レビューによると10年以上愛用されている方もいて、その耐久性は折り紙付きです。落としてしまっても大丈夫なようです。

PYREX メジャーカップ CP-8508の詳細
メーカーパイレックス
容量500ml
メーカー希望小売価格1,404円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
OXO

アングルドメジャーカップ

1114980
参考価格1,593円(税込)

独特なデザインと黒の取っ手がスタイリッシュなこの製品は、「ユニバーサルデザイン賞」を取得したこともあるお洒落キッチン用品です。

こちらは見た目だけでなく、内部に目盛がついていて「上からはっきりと目盛が視認できる」という点が大きな特徴です。横から覗き込み必要がないので、利便性は折り紙付きです。

加えて、耐熱プラスチックなので軽量でありながら電子レンジにも対応しています。さらにハンドル部分が離れているので、取っ手が熱くなりにくいです。

レビューでもその使いやすさは好評で、サイズ違いで複数購入されている方もいるほどです。

OXO アングルドメジャーカップ 1114980の詳細
メーカーオクソー
容量500ml
メーカー希望小売価格1,593円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
iwaki

メジャーカップ200

KBTMC200
参考価格540円(税込)

こちらの製品は内容量200mlという、計量カップとしては珍しいサイズ感で、大きすぎず小さすぎずといったところです。

mlはおよそ25ml刻みで計ることができて、cupも記載されているので使い勝手も良いです。そして、耐熱ガラス仕様という点も大きなメリットです。

食器洗い機に対応しているのでお手入れ簡単で、電子レンジ対応なので様々な用途にお使いいただけます。におい移りがしにくいのも嬉しいポイントです。

レビューでは、耐熱ガラス製ならではの使い勝手がとても評判です。大きすぎないサイズ感もとても好まれています。

iwaki メジャーカップ200 KBTMC200の詳細
メーカーイワキ
容量200ml
メーカー希望小売価格540円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
貝印

Kai House Select

DH7121
参考価格594円(税込)

こちらの計量カップはリーズナブルな価格ながらも、「使いやすさ」を追求した設計となっている一品です。

mlは、10ml単位で細かく計ることができて、濃い液体でも計れるようにグレーの目盛もついています。cupと2種類のg(白砂糖・小麦粉)、そしてお米まで計れてしまいます。

注ぎ口がありませんが、「どこから注いでも液だれ」しにくい設計となっているので使いやすさは折り紙付きです。

レビューでもその利便性は好評で、特にどこから注いでも液だれしにくい点が好まれているようです。

貝印 Kai House Select DH7121の詳細
メーカー貝印
容量500ml
メーカー希望小売価格594円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
山崎実業

段々計量カップ

2547
参考価格1,080円(税込)

この製品は段のついた独特なデザインが特徴的です。見た目にもお洒落ですが実はこの形が独自の利便性を実現してくれます。

500mlの内容量で100mlごとに段がついているので、「上から覗いても分量が一目瞭然」というのが大きなメリットです。

さらに、サイズ違いで200mlのものもあるのですが、2つが綺麗に重なるようになっているので収納もしやすいです。熱に強く割れにくいトライタン樹脂製なので耐久性も抜群です。

レビューでも、やはり「上から覗ける」点がとても評判で、利便性の良さに定評があります。

山崎実業 段々計量カップ 2547の詳細
メーカー山崎産業
容量500ml
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
アンカーホッキング

ファイヤーキング メジャリングカップ

H498/2615L13
参考価格1,635円(税込)

こちらの製品は、計量カップとしては珍しく真ん中にポップなロゴがあしらってあるお洒落なデザインが魅力です。

メーカの『アンカーホッキング社』は米国で1905年に設立された老舗企業で、「耐熱強化ガラス製品」のメーカーとして有名です。

この計量カップも、耐熱強化ガラス製でとても厚みがあります。そのため、電子レンジに対応できるほど熱に強く、衝撃にも強いので耐久性は折り紙付きです。

レビューでも、がっしりとした作りがとても評判です。さらに、真上から目盛が見えやすかったりと利便性も良いようです。

ファイヤーキング メジャリングカップ H498/2615L13の詳細
メーカーアンカーホッキング
容量500ml
メーカー希望小売価格1,635円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
ヨシカワ

料理のいろは

SJ2243
参考価格457円(税込)

カクテルグラスのようなデザインが可愛いこの製品は、内容量が50mlの小型タイプで「大さじ・小さじ」を計るのに特化しています。

これ一つで大さじと小さじそれぞれが3杯分計れるようになっていて、四角いフォルムは角から注ぎやすいようになっています。

青色の目盛というのは珍しいですが、これは濃い液体でも薄い液体でもしっかりと文字が見えるようにするための工夫です。食器洗い機にも対応しているのでお手入れも簡単です。

レビューでも、「計量スプーンいらず」な点が好評です。

ヨシカワ 料理のいろは SJ2243の詳細
メーカーヨシカワ
容量50ml
メーカー希望小売価格457円(税込)

計量カップの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、計量カップの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの計量カップ売れ筋ランキング楽天の計量カップ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの計量カップ売れ筋ランキング

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の人気記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の新着記事

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

カテゴリから探す