Bluetoothキーボードおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

ケーブルレスで持ち運びもできるBluetoothキーボード。最近ではデスクトップPCのみならずタブレットやスマホで使う方も多くなっています。

ただその一方で数多くあるキーボードの中からどれを選んで良いのか迷ってしまいますね。

そこで今回、いくつもの有名雑誌やWebメディアでご活躍する家電ライター、コヤマタカヒロさんにおすすめのBluetoothキーボードについてお話をうかがいました。

さらにIPPING編集部による「自分のスタイルにあったBluetoothキーボードを選び」のポイント、またレビュー評価の高い10モデルと合わせてご紹介します。

作業効率アップのため、自分にあったBluetoothキーボードを見つけましょう!

最終更新日:2019年3月6日
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.家電のプロおすすめのBluetoothキーボード

まずはじめに家電ライター、ヤマタカヒロさんのおすすめBluetoothキーボードについて見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
PFU

HHKB Professional BT

メーカー希望小売価格29,700円(税込)

石川県に本社を置く日本のコンピューター関連メーカー『PFU』が手がけるキーボード『HHKB (Happy Hacking Keyboard)』シリーズは、1996年の発売以来多くのPCユーザーに愛され続けているキーボードです。

中でもBluetooth接続が可能になった『Professional BT』は、その打ちやすさが魅力的。

耐久性に優れた「静電容量無接点方式」のキースイッチや19.05mmのキーピッチが素敵な打ち心地を実現しています(キースイッチやキーピッチについては後ほど詳しく説明します)。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ
「Bluetoothキーボードで最高のもの」と言えば『HHKB Professional BT』です。

キースイッチが「静電容量無接点方式」なので、キーを押し込まずともすぐに反応してくれます。タイピングのミスが少なく済みますよ。

独特の柔らかい打鍵感も特徴的で、疲れにくいというメリットもあります。

事務職やライター、プログラマーなど、タイピングを長い時間行う方におすすめです。

またシリーズに共通する打ちやすいキーピッチはそのままに、A4ハーフサイズ大へとサイズダウンを実現。持ち運びが楽になりました。

同時に4台まで接続が可能な点も嬉しいポイントですね。

レビューには「新世界だ」「使用感最高」とのコメントが寄せられ、その真価を高く評価するユーザーが多いことがわかります。

HHKB Professional BTの詳細
メーカーPFU
対応OSWindows/Android/iOS/Mac
 メーカー希望小売価格29,700円(税込)

2.Bluetoothキーボードの選び方

プロのおすすめの次に、実際にモデルを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

キーボードの基本的な知識についても解説します。

(1)サイズ

自宅や職場でしか使わないのであれば、ある程度大きなサイズで打ちやすさに優れたもの。

また外出先などでも使うなら持ち運びやすくて、折りたためる形状だったりコンパクトなものを使いたいですね。

使うシーンによって最適なキーボードのサイズは異なってきます。

そのサイズを大きく左右するのがキーとキーの間隔「キーピッチ」やキーのしずむ深さ「キーストローク」、キーを押してから信号として認識されるまでのしくみ「キースイッチ」です。

キーピッチが狭すぎると窮屈に感じたり、キースイッチの種類が合わないと打っても認識されなかったりなど、これらの要素は打ちやすさにも大きく影響します。

どんなサイズでどんなしくみのキーボードが好みなのかをあらかじめ想定して、キーボードを選びましょう。

画像:logicool.co.jp

キーピッチ、キーストローク、キースイッチについて、さらに知りたい方は以下も参考にしてください。

  • キーピッチ
    キーとキーの間隔のこと。18〜20mmが一般的。
  • キーストローク
    キーを押し下げた時の深さのこと。デスクトップ用では3〜4mm、ノートパソコン用では2〜3mmが一般的。
  • キースイッチ
    キーを押してから信号として認識されるまでのしくみのこと。
キースイッチの種類信号伝達のしくみ特徴
[1]メンブレンシート同士の接触液体こぼしに強い/キー中央部以外の反応が鈍い
[2]パンタグラフキーが薄い/軽い打ち心地/多くのノートPCで採用
[3]メカニカル 機械式スイッチキーの上下が滑らか/しっかりとした打ち心地
[4]静電容量無接点方式金属パーツ同士の接近打鍵音が静か/耐久性が高い

画像:kakaku.com(※画像内の数字は、上表の数字に対応します)

(2)対応OS

たとえ打ちやすいキーボードであっても、自分の持っているデバイスに対応していないと使えません。

Windows、Android、iOS、Mac、Chrome OSなど、自分が持っているデバイスのOSを確認し、そのOSに対応しているモデルを選びましょう。

(3)ペアリング

デスクトップPC、スマホ、タブレットなど、自分が持っているデバイスが複数あるという方も多いのではないでしょうか。

どうせなら、それらのデバイス全てでBluetoothキーボードが使えると良いですよね。

複数のデバイスで使いたいという方は、ペアリングの方式に注目しましょう。

通常、デバイスを変更する時には、ペアリングを切り替える必要がありますが、ボタン1つで接続デバイスを切り替えられるBluetoothキーボードも販売されています。

いちいち切り替え作業を行うのは面倒です。複数デバイスを使う方はボタン1つで切り替えられるものを選びましょう。

(4)給電方式

Bluetoothキーボードは、給電方式によって主に充電式と電池式の2つに分けることができます。

充電式は、電池が不要なので比較的コンパクトサイズのものが多いですが、その分たびたび充電が必要になります。一度フルに充電してしまえば1週間以上使えるものが多いですが、外出先などで充電が切れてしまうと困りものです。

電池式は、年単位で持つので、交換の頻度がとても少なくすみます。その分比較的厚みがあったりやサイズが大きいものが比較的多くなっています。

参考:kakaku.com

3.レビュー評価の高いBluetoothキーボード人気ランキング10選

ここからレビュー評価を元にしたBluetoothキーボードのランキングをご紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
1位
Ewin

EW-ZR050

メーカー希望小売価格6,980円(税込)

品のあるレザーカバーがおしゃれな『Ewin EW-ZR050』は、折りたたみ式のBluetoothキーボードです。

キーピッチはフルサイズキーボードと同程度の約18mmあり、タイピングを楽に行えます。

「Y」「U」などはサイズが小さくなっていますが、実際に購入したユーザーからは「すぐに慣れる」とのレビューがあり、使用感は良さそうです。

157gと他の折りたたみキーボードよりボディが軽く、携帯性にも優れています。

レビューではおしゃれなカバーと共に、「動作が軽快」「スマート」と使い勝手の良さが高く評価されていますよ。

Ewin EW-ZR050の詳細
メーカーEwin
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格6,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
iClever

IC-BK03

メーカー希望小売価格6,000円(税込)

香港のガジェットメーカー『iClever(アイクレバー)』の『IC-BK03』は、折りたたみ式キーボードでは珍しい3つ折りの形状が魅力的なポイントです。

2つ折りの形状では、折り目部分に当たる「Y」「U」「H」などのキーの形が変形しがちで、通常のキーボードと同様のタイピングがしづらい場合もありますが、このモデルではその問題を解決。

キーの大きさや配置が通常のキーボードと同じまま折りたためる形状になっています。「観音開きは一つの最適解」とユーザーからも高い評価を得ていますよ。

ボディにアルミ素材を使用し、耐久性が高い点も魅力的なポイントです。

iClever IC-BK03の詳細
メーカーiClever
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格6,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
iClever

IC-BK06

メーカー希望小売価格4,790円(税込)

2位と同じく『iClever』のBluetoothキーボード『IC-BK06』は、パスケースと見間違うほどの薄さが特徴的。折りたたみ時でも12mmしかありません。

キーの配置も珍しく、中央部を境に左右で分かれ、166°の角度がついたV字型になっています。

薄さとタイピングのしやすさを追求したBluetoothキーボードといえますね。タイピングに慣れた方からは、「これなしでは考えられない」とのレビューも寄せられています。

ただし、「タイピングになれた人は使いやすいが、そうでない人には使いにくいかもしれない」とのユーザーの声もあるので、タイピングに不慣れな方は注意しましょう。

iClever IC-BK06の詳細
メーカーiClever
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格4,790円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Logicool

K380

メーカー希望小売価格4,459円(税込)

マウスやキーボードのメーカーとして知られる『Logicool(ロジクール)』のBluetoothキーボード『K380』は、スマホやタブレットなど複数のデバイスを使う方におすすめのモデルです。

最大3台まで同時接続が可能で、左上にある3つの黄色ボタンを使えば接続デバイスを簡単に切り替えることができます。

切り替えごとにペアリング作業をする必要がないのは楽で嬉しいですね。

丸い形状のキーを不安に思う方もいるかもしれませんが、実際に購入したユーザーからは「杞憂だった」「むしろミスが減ったかもしれない」とのコメントが寄せられていますよ。

電池寿命が2年と長い点も使い勝手が良いポイントです。

Logicool K380の詳細
メーカーLogicool
対応OSWindows/Android/Mac/iOS/Chrome OS
メーカー希望小売価格4,459円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Microsoft

Universal Foldable Keyboard

メーカー希望小売価格25,800円(税込)

「Windows」などソフトウェア開発で著名な『Microsoft』の『Universal Foldable Keyboard』は高性能なBluetoothキーボード。折りたたみ時の厚さ約10.5mm、重さ約180 gと携帯性に優れている上、防滴加工まで施されています。

また最大2台まで接続可能で、ペアリングの切り替えもボタン1つで行えます。高い価格に見合う高性能を備えたBluetoothキーボードです。

『Microsoft』製ですが、iOSでも使えるのは嬉しいですね。

レビューからはスマホ・タブレットやOSの種類問わず使われている様子がうかがえますよ。

Microsoft Universal Foldable Keyboardの詳細
メーカーMicrosoft
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格25,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
Anker

ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

メーカー希望小売価格1,999円(税込)

『ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード』はモバイルバッテリーのメーカーとしても知られる、元Google社員が2011年に設立した『Anker』の一品です。

「ノートPCと変わらない打ち心地」とのレビューも寄せられるように通常のキーボードと同様の打鍵感を保ちながら、180gと軽量化に成功した携帯性の高さ魅力的です。

似たデザインから「Appleのものよりこちらが買い」とのレビューもあり、ユーザーも使いやすさを実感しているようです。

また18ヶ月の製品保証があるので、安心して購入できますね。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの詳細
メーカーAnker
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格1,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
Ewin

Mini Bluetooth keyboard

メーカー希望小売価格6,980円(税込)

iPhone 6とほぼ同じ大きさの『Ewin Mini Bluetooth keyboard』は小さいながら高機能な優れもの。

ファンクションキーまで含めたキーボードに加え、マウス代わりになるタッチパッドも搭載しています。90gと超軽量な点も魅力的です。

またバックライトやLEDライトも搭載しているので、暗闇や布団の中でも使えて便利ですね。

キーボードとしての性能を不安に思われるかもしれませんが、レビューでは「思ったより打ちやすい」「iPadで使用している」とのコメントも寄せられていますよ。

Ewin Mini Bluetooth keyboardの詳細
メーカーEwin
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格6,980円(税込) 
画像:amazon.co.jp
8位
Logicool

K480

メーカー希望小売価格5,400円(税込)

Chrome OSを含む幅広いOSで使える『Logicool K480』はスロットを搭載したBluetoothキーボードです。

本体上部のストットにスマホやタブレットを立てかけることができます。スロットは横に広くとられているので、スマホとタブレットを同時に立てることもできますよ。

ペアリングは最大3台まで同時接続が可能で、付属のダイヤルで簡単に切り替えられる点も使い勝手に優れていますね。

ただ「持ち運ぶには少し重いかもしれない」とのレビューがある通り815gと重さがあるので、持ち運ぶというよりは据え置きで使う方におすすめのモデルといえます。

Logicool K480の詳細
メーカーLogicool
対応OSWindows/Android/Mac/iOS/Chrome OS
メーカー希望小売価格5,400円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
オーディオファン

ワイヤレスキーボード ウルトラスリム

メーカー希望小売価格980円(税込)

税込980円というこちらのランキング中、最安値の『オーディオファン ワイヤレスキーボード ウルトラスリム』はコスパに優れたモデルです。

1,000円を切る価格の安さながら、約200gと軽量ボディでファンクションキーも含め通常のキーボードと同様のキー配列があります。

反応が鈍いキーがあるとのコメントもありますが、「超コスパよくて実用的」「上出来」とレビューでは概ね好評ですよ。

また充電でも乾電池でも動作する仕様も便利なポイントですね。

オーディオファン ワイヤレスキーボード ウルトラスリムの詳細
メーカーオーディオファン
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格980円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
JEDirect

キーボード Bluetooth

メーカー希望小売価格3,799円(税込)

「Apple純正と遜色ない」とのレビューも寄せられる『JEDirect キーボード Bluetooth』は、バランスの良さが魅力的です。

4,000円を下回り、価格はこのランキング中2番目の安さながら、通常のキーボードと同程度のキーピッチ・キーストロークを実現。厚さは最も薄い部分で6mmと見た目もスタイリッシュです。

Windows/Android/Mac/iOSをサポートしており、対応OSが限定されるということもありません。

レビューでも「軽快」「実用的」と高い評価を得ていますよ。

JEDirect キーボード Bluetoothの詳細
メーカーJEDirect
対応OSWindows/Android/Mac/iOS
メーカー希望小売価格3,799円(税込)

Bluetoothキーボードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、Bluetoothキーボードの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

AmazonのBluetoothキーボード売れ筋ランキング楽天のBluetoothキーボード売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのBluetoothキーボード売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

カテゴリから探す