ウルトラワイドモニタおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

通常より横長で没入感に優れたウルトラワイドモニタは、ゲーミングや映画鑑賞の質を上げてくれる重要なアイテムですね。

複数ウィンドウの作業も簡単に行えるので、ビジネスシーンで利用する方も多いと思います。

ただどのウルトラワイドモニタが良いのか…非常に悩ましいポイントであることも事実。

そこで今回、いくつもの有名雑誌やWebメディアでご活躍する家電ライター、コヤマタカヒロさんにおすすめのウルトラワイドモニタについてうかがいました。

また、あなたにあったモデルの選び方や人気のモデルも含めてご紹介しています。理想のモニタ探しの参考にしてください!

最終更新日:2019年3月6日
96 views
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.家電のプロがおすすめするウルトラワイドモニタ

まずは家電ライター・コヤマタカヒロさんおすすめのウルトラワイドモニタをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
LG

34UC88-B

メーカー希望小売価格122,200円(税込)

1958年に設立した韓国の総合家電メーカー『LG』の『34UC88-B』は、シネコンのスクリーンとほぼ同じ21:9の縦横比を持つ34インチの曲面型ウルトラワイドモニタです。

「3440 × 1440」の高解像度に加えて、曲面ディスプレイを採用したことで臨場感あふれる映像体験を味わえます。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ
『34UC88-B』は、ゲーム用に使われることが多いウルトラワイドモニタの中で、仕事にも使える優れもの。サイズは4Kと同程度です。

デスクトップで作業をするなら、なるべく大きい画面の方が複数ウインドウを使えて効率が良いですよね。一度この大きさに慣れてしまうと、その使いやすさにもう普通のモニタには戻れないかもしれません(笑)

ディスプレイメーカーとして高いシェアを誇り、お手頃な価格で品質の良いものを送り出す『LG』の製品だというのもおすすめできるポイントです。

紙に近い色温度で表示する「ブルーライト軽減モード」やバックライトのちらつきを抑える「フリッカーセーフ」など、目の疲れを抑える工夫がこなされている点も魅力的です。

「プログラミング用途で購入」と仕事で使っている方、ゲーム用として購入した方、どちらのユーザーからも高い評価を受けており、どちらの用途でもおすすめできるモニタです。

LG 34UC88-Bの詳細
メーカーLG
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格122,200円(税込)

映像を観るにも、ゲームをするにも、作業をするにも便利なウルトラワイドモニタですが、それぞれの用途で注目すべき性能のポイントも変わってきます。

こちらでは、あなたにあったモデルを選ぶ上で理解しておくと良い要素を分かりやすく解説します。

(1)解像度

画面の美しさを左右する「解像度」は、画像表示のきめ細やかさを表す値。数値が大きければ、それだけきめ細やかに、高い密度で画像を表示できるため、美しい画面表示が可能になります。

よく耳にする「フルハイビジョン」は、「1920 × 1080」の解像度で、横1920・縦1080の画素*数があります。

横の画素数がおよそ「4000」であることからその名前がついた「4K」であれば、「3840 × 2160」の解像度となります。

映画やゲームなどの映像を楽しみたい場合には、高解像度のモデルが良いですが、文書作成などの作業に使う場合にはそこまで解像度が高い必要はないでしょう。

一般的に高解像度のモデルほど価格が高くなる傾向があるので、用途や予算を総合的に考慮してモデルを選ぶのがおすすめです。

*画素:画面表示の最小単位。色調や彩度などの色情報を持つ。

画像:amazon.co.jp

(2)画面形状

ウルトラワイドモニタの画面形状は、平面と曲面の2種類があります。

形状メリットデメリット
平面水平・垂直の判断がしやすい目が疲れやすい
曲面目が疲れにくい/没入感が高い水平・垂直の判断がしにくい

一般的に言われているのが、曲面の方が平面よりも目が疲れにくいというメリットです。画面中央から画面端まで、鑑賞者からの距離が均一に近く、目のピント調整の負担が少ないためです。

しかし、水平や垂直などの判別が難しくなるため、画像や動画の編集を行う際には平面の方が良い場合もあります。

長時間映像を見たりゲームをする方には曲面がおすすめです。平面よりも高い没入感を味わえますよ。

画像:amazon.co.jp

(3)アスペクト比

映画やゲームを楽しみたい方は、「アスペクト比」にも注目しましょう。「アスペクト比」は、画面の縦横の比率を表す値です。

かつては「4:3」が主流でしたが、近頃は「16:9」の製品が多くなっています。

また最近では、いわゆるシネコン画面のアスペクト比「2.35:1」と同程度のモデルが増えています。同じアスペクト比で撮影された映像であれば、上下に黒帯を表示させることなく画面いっぱいに映像を表示できます。

黒帯がない映像の方が没入感が高く、映像により迫力が出ますよ。

画像:amazon.co.jp

(4)リフレッシュレート

ゲームを楽しみたい方は、「リフレッシュレート」にも注目しましょう。

リフレッシュレートとは、簡単に言いますと画面描写能力を表した値です。

値が大きければそれだけ短時間で画面の描写が切り替わり、キャラクターや映像がより滑らかに動き、操作もより早く反映されます。

一般的には60Hzが多いですが、高いものだと200Hzというものも。ゲームを楽しむ方はリフレッシュレートの高いモデルを選びましょう。

参考:kakaku.com

3.LGの人気ウルトラワイドモニタ5選

ここからは家電ライター・コヤマタカヒロさんのおすすめアイテムに関連して、『LG』の人気ウルトラワイドモニタの口コミランキングをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
LG

34UC89G-B

メーカー希望小売価格122,200円(税込)

ゲーミングに特化した『34UC89G-B』は、高速ゲームに便利な「NVIDIA G-Sync テクノロジ」という機能を搭載したウルトラワイドモニタです。

これまでゲーム画面の描写速度とモニタの表示速度がずれていたところを、先ほどの機能によって完全に同期させることが可能になりました。

ティアリング(=描画内容のゆがみやちらつき)やスタッタリング(=画描画のダブり)の発生を抑えられるので、滑らかな動作で操作ができますよ。

レビューではゲーム用にこのモデルを買ったユーザーからもおすすめのコメントが寄せられています。

120mmの高さ調節と25度の角度調整が可能な点もゲーマーにとってありがたいポイントです。

LG 34UC89G-Bの詳細
メーカーLG
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格122,200円(税込)
画像:lg.com
2位
LG

34UM59-P

メーカー希望小売価格39,800円(税込)

『34UM59-P』は目に優しい「フリッカーセーフ」を搭載しています。従来のディスプレイで明るさを調整する際に発生していたフリッカー(画面のちらつき)を抑制することで、目への負担を減らすことができます。

また入力信号を増幅することで輝きを維持しながら、バックライトの明るさを抑える「スマートエナジーセービング」も搭載しており、消費電力を抑制することも可能。目にも環境にも優しいウルトラワイドモニタと言えそうです。

気になる使いやすさについていも、レビューでは好評ですよ。平面なので、動画や画像編集で使っているユーザーもいるようです。

LG 34UM59-Pの詳細
メーカーLG
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格39,800円(税込)
画像:lg.com
3位
LG

25UM58-P

メーカー希望小売価格28,869円(税込)

ウルトラワイドモニタ初心者におすすめなのが『25UM58-P』です。

価格は30,000円を下回りLGの他のモデルより安く、サイズも25インチとコンパクトで手を出しやすいモデルと言えるでしょう。

シネコンに近いアスペクト比「21:9」の横長画面でウルトラワイドモニタの魅力は十分に味わうことができます。

また暗い画面での視認性を強化する「Black Stabilizer」など、ゲーム愛好家の皆さんに嬉しい機能も備わっています。

こちらはビジネス、ゲーミング問わずおすすめできるモデルです。

実際レビューにはどちらのユーザーからもコメントが寄せられており、また「入門機としておすすめ」との声もありますよ。

LG 25UM58-Pの詳細
メーカーLG
サイズ25インチ
メーカー希望小売価格28,869円(税込)
画像:lg.com
4位
LG

34UC79G-B

メーカー希望小売価格88,867円(税込)

動きの速いゲームに便利な「1ms Motion Blur Reduction」と呼ばれる機能を搭載している『34UC79G-B』は、FPSやレーシングゲームなどをする方におすすめのモデル。

映像のコマとコマの間に黒い画面を挿入することで、高速な動きでも残像感なくくっきりした映像を見ることができます。

ディスプレイの高さや傾きの調節が可能な上、コードを整理できるマウスフックが付いているのもゲーマーには嬉しいポイントです。

ユーザーから「対戦でのパフォーマンスが上がった」とのレビューも寄せられ、ゲーマーから高く評価されているモデルですよ。

LG 34UC79G-Bの詳細
メーカーLG
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格88,867円(税込)
画像:lg.com
5位
LG

34UM88C-P

メーカー希望小売価格111,090円(税込)

『34UM88C-P』は高い解像度が魅力のウルトラワイドモニタです。

これまで紹介したのものは「2,560×1,080」でしたが、このモデルは3,440×1,440を誇ります。

sRGBカバー率99%で幅広い色の表現に対応できるほか、ディスプレイの色表示を調整できる「ハードウェア・キャリブレーション」にも対応しているので、シビアな動画・画像編集も行えます。

実際に動画編集をこのモデルで行っているユーザーの声もレビューには投稿されていますよ。他に映画やドラマを楽しんでいる方もいるようです。

またFPSやRTSゲーム用のモード設定も行えるので、ゲーマにもおすすめできるモデルです。

LG 34UM88C-Pの詳細
メーカーLG
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格111,090円(税込)

4.レビュー評価の高いウルトラワイドモニタ5選

続いて『LG』以外のメーカーで人気のモデルを見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp
1位
Dell

U3415W

メーカー希望小売価格104,782円(税込)

『U3415W』は、1984年に創立したアメリカの総合IT企業『Dell』のウルトラワイドモニタです。

ベゼル(=画面周囲の枠)の薄さが特徴で、実際に購入したユーザーから「同じインチの他のモデルより思ったより小さく感じた」との声が寄せらるほど。

ベゼルが薄い分没入感が高くなるので、ゲームをするにも映画を観るにもより楽しめますよ。

またディスプレイ上に1ピクセルでも欠陥があれば無料で代替品と交換ができる「プレミアムパネル保証」がついているのも魅力的なポイント。安心して購入することができますね。

レビューでは「迷った末、LGではなくこちらを買った」というコメントも寄せられています。

Dell U3415Wの詳細
メーカーDell
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格104,782円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Dell

P3418HW

メーカー希望小売価格69,980円(税込)

バランスの良い『Dell P3418HW』は、汎用性の高いモデルです。約70,000円と34インチとしては高すぎない価格です。

「2,560×1,080」の解像度、シネコンと同程度の21:9のアスペクト比を備えており、ビジネスでも趣味でも幅広く対応できます。

液晶パネルの駆動式において最も正確な色表示を実現する「IPS」式のパネルを採用しているのも魅力的。見る角度によって色や輝度が変わることがありません。

レビューでも「映画を大迫力で楽しんでいる」との声が寄せられています。1つ前に紹介した「プレミアムパネル保証」がこのモデルにも付いている点も安心して購入できるポイントですね。

Dell P3418HWの詳細
メーカーDell
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格69,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Dell

AW3418DW

メーカー希望小売価格169,980円(税込)

ゲーミングに特化した『Dell AW3418DW』は『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION 推奨モニタ』に指定されるなど、ゲーム会社からも信頼を寄せられるウルトラワイドモニタです。

最大120Hzのリフレッシュレートと「G-SYNC」対応で高速な動作が要求されるゲームにも対応できる上、「ブルーライト軽減」「フリッカーセーフ」機能も搭載し長時間のゲームプレイでも疲れにくいモニタとなっています。

ゲームへの没入感を高める照明をカスタマイズできる点も魅力的です。

レビューを見ると「最高のUWQHD解像度ゲーミングモニタ」とゲーマーから高い評価を受けていることがわかります。

Dell AW3418DWの詳細
メーカーDell
サイズ34インチ
メーカー希望小売価格169,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Acer

Z35bmiphz

メーカー希望小売価格159,840円(税込)

『Z35bmiphz』は、1976年に設立された中国のPC・精密機器メーカー『Acer(エイサー)』のゲーミングモニタです。

200Hzの超高速リフレッシュレート、画面ブレを改善する「NVIDIA ULMB(Ultra Low Motion Blur)テクノロジー」、9W+9Wのパワフルなスピーカーなど動作がシビアなゲームをする上で嬉しい機能がたくさん搭載されています。

レビューを見ると「半端ない作業効率」「美しい」「大満足」との声が寄せられゲーマーに好評の様子。ゲーミングモニタらしいデザインも魅力的ですね。

Acer Z35bmiphzの詳細
メーカーAcer
サイズ35インチ
メーカー希望小売価格159,840円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
ASUS

MX299Q

メーカー希望小売価格61,508円(税込)

『MX299Q』は、『ZenFone』『Zenbook』などスマホやタブレットなどでも知られる台湾メーカー『ASUS(エイスース)』のウルトラワイドモニタ。グッドデザイン賞を受賞するなど高い評価を受けているモデルです。

スタイリッシュな見た目が魅力的で、ディスプレイのベゼルは0.8mm、厚みは最薄部16.4mmしかありません。

まだ独自開発のエンジンチップ「Splendid」を搭載することで、表示内容に合わせて最適な画像処理を行い通常のモニタより精彩な画像表現が可能になっています。

レビューでも「動画の美しさにため息がでる」「没入感すごい」と高い評価を受けています。

ASUS MX299Qの詳細
メーカーASUS
サイズ29インチ
メーカー希望小売価格61,508円(税込)

ウルトラワイドモニタの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ウルトラワイドモニタの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのウルトラワイドモニタ売れ筋ランキング楽天のディスプレイ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのウルトラワイドモニタ売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

カテゴリから探す