文房具のプロおすすめ水性ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

水性ボールペンはなめらかな書き心地が魅力ですが、紙の裏に文字がにじみやすく使いにくいタイプも…そのため、いざ買うとなると「どれがいいの?」と悩む方が多いアイテムの1つです。

ところが最近はインクが改良され、なめらかな書き心地はそのままに文字がにじみにくく、中には消せるペンが登場するなど進化を遂げています。

今回はそんな水性ボールペンのおすすめを文房具に関する書籍を多数出版している文房具ライター、きだてたく さんにうかがいました。

またIPPING編集部調べによる選び方、口コミレビュー評価の高い人気水性ボールペンも一緒にご紹介していきます。

水性ボールペンならではのなめらかな書き心地は、実際に体験すると病みつきになるはずです。この機会にお試ししてみてはいかがでしょうか?

最終更新日:2019年2月13日
324 views
きだてたく

きだてたく のプロフィール

最新の機能派文房具から雑貨系おもしろ文房具まで、とにかくがっつり使い込んでレビューする文房具ライター。2007年からは文房具トークユニット「ブング・ジャム」を結成し、文房具の面白さを伝えるトークライブやワークショップを全国で行っている。雑誌・WEBでの文房具紹介連載も多数あり。近著に『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議』ほか。色物文具専門サイト『イロブン

この専門家の他の記事を見る

1.文房具ライターおすすめの水性ボールペン

まずは文房具のプロ、きだて たく さんおすすめの水性ボールペンをご紹介します。

三菱鉛筆(uni) ユニボール シグノ RT1 0.5mm

画像:amazon.co.jp

きだてたく さんおすすめの水性ボールペンは『三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1』です。このボールペンの特徴は「エッジレスチップ」でペン先のボール部分の角をなくしていることです。

画像:mpuni.co.jp

この仕組みにより、ペン先と紙との摩擦抵抗を軽減しています。

また、インクの配合を見直し、水性インクのなめらかな書き心地をさらにUPさせるなどこだわりの詰まったアイテムです。

きだてたく さんレビュー

きだてたく
ペン先のエッジ部分を削りなめらかにする「エッジレスチップ」は、パッと見てもわからないほどわずかな差でしかありません。

ですが、文字を書く際エッジが紙にこすれず、コントロールのしやすさにつながっています。水性ボールペンですので、書き味もなめからです。

また、通常のペンよりもペン先のギリギリまで滑り止めがあるため、ペンを短めに持つような「持ち癖」がある方にもおすすめです。

画像:mpuni.co.jp

こだわりはペンのデザインにまで行き渡っています。

あと「ワンモーションデザイン」でボディに凸凹をなくし、素材の違うグリップ部分と軸の色を合わせることで、つなぎ目を目立たせない構造になっています。

文字の太さは0.28mm、0.38mm、0.5mmがあり、インクカラーは全10色展開です。

三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1 0.5mmの詳細
メーカー三菱園筆
インクカラー全10色
文字の太さ0.28mm、0.38mm、0.5mm
メーカー希望小売価格162円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.水性ボールペンの選び方

続いて、ここからは水性ボールペンの失敗しない選び方についてご紹介していきます。

2-1.インクの種類

ボールペンのインクには、一般的に「油性」を採用したインクが多くあります。

理由としては、耐水性があること、裏写りや色あせが少ないなど様々ですが、長期間保管するような大事な書類、伝票なども基本的には油性のボールペンの方が適しています。

ただ、水性のインクにもメリットは多く、例えば、カラーが豊富であったり、発色がきれいなのも水性ボールペンの魅力です。

とはいえ、一口に「水性」といっても、いくつかの種類に分かれており、水性インクのデメリットをカバーしたインクも多くあります。

まず有名なものとしては以下の3つがあげられます。

  • 水性
  • ゲルインク
  • 機能性インク(フリクションなど)

この他、「エマルジョン」といわれるタイプも水性の特徴を持ちますが、エマルジョンは油性も混ざり合っているため、省かせていただきました。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

水性インク

水性インクの魅力はさらさらとした書き心地です。

「染料」を使用したタイプと「顔料」を使用したタイプの2種類があり、「染料」を使用したタイプは発色がとてもきれいなことが特徴です。

「顔料タイプ」はインクが紙にしみこまず、裏写りしにくく、耐水性もあります。

力を入れなくてもしっかりと色が出るため、筆圧が弱い方にもおすすめですが、力を入れずに書いてしまうため、複写式の記入などには向かないとされています。

ゲルインク

ゲルインクは染料や顔料に水を加えた、「水性」のインクにさらに、「ゲル化剤」を加えたものです。

ゲル化剤を加えることで、水性インクのデメリットであるにじみやすさをカバーしつつ、なめらかな書き心地をアップさせています。

ただ、水性タイプ、油性タイプに比べやや割高になっている他、紙の種類によってはインクが乗りにくい(色が出にくい)ため注意が必要です。

苦手な種類は年賀状のインクジェット用紙や、FAX用紙など、表面がツルツルしたタイプ。

こういったタイプにゲルインクボールペンを使用してしまうとそのまま書けなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

機能性インク(フリクション)

『パイロット」から販売されている『フリクション』シリーズもゲルインクの一種です。

60℃以上の摩擦熱によってインクが無色化することで、書いた文字を消せるというものです。

実は『パイロット』以外のメーカーからも同じように60℃以上の熱を加えることで無色化するボールペンは発売されていますが、『フリクション』という名前があまりにも有名になってしまい影を潜めているようです。

それぞれに特徴がありますが、なめらかな書き心地でにじみにくいゲルインクのボールペンは様々な場面で活躍してくれます。

水性インクの短所をカバーすることもできるため、新たに水性ボールペンをお探しの場合ゲルインクをお試ししてみてはいかがでしょうか?

2-2.ボディの太さや重さ

ペンの書きやすさはボディの太さ、重さなどによっても違いが出てきます。そのため可能であれば実際に試し書きをすることが大切です。

きだて たく さんコメント

きだてたく
試し書きをする場合、自分の名前や住所など、普段から書くことが多い文字を書くのがおすすめです。よく書く文字を書くことで本当に自分に合ったペンかどうかを見分けることができます。

個人情報を書いた紙は忘れずに持ち帰ってくださいね。

とはいえ、試し書きする際片っ端から書いていくわけにもいきませんよね。あくまでも目安ですが、筆圧の強さによってある程度は見分けることができます。

筆圧が強い方は太軸、筆圧が弱い方は細軸をまずは試してみましょう。長時間使用しても変な力が入らず疲れにくいとされています。ただし、あくまでも目安ですので、時間が許すならどちらも実際に握ってみると失敗が少ないかと思います。

また、長時間の使用することが考えられる場合は、できれば軽いものがおすすめです。その他、手帳に挟んでおきたい場合は細軸のものを、シャツやカバンのポケットに忍ばせておきたい場合、(布が伸びないように)軽いものを選ぶといいでしょう。

どこで使いたいか、どこに収納しておくかで、おすすめの太さ、重さも違ってきますので、どういった場面で使用することが多いかも考えて選びましょう。

2-3.芯先の太さ

ペンの太さは細いもので「0.28mm」から太いもので「1.5mm」まであります。

一般的には「0.5mm」や「0.7mm」タイプは仕事用であったり、書類の記入など、公的に使用する場合におすすめです。

学生の場合、大事な部分はあえて太字(1mmなど)を使用することで協調させるという使い方や、封筒の宛名を書くなど太くしっかりと書いた場合がいいときにも太字タイプがおすすめです。

使用する用途でも異なりますが、私的に使用する場合は好みで選んでしまって問題ないかと思います。

特に水性ボールペンの場合、豊富なカラー展開が魅力ですので、個人的な手帳や手紙、自分だけが使用するノートを見やすく整理するなど目的であれば、自分が一番見やすく、書きやすい細さを選ぶのがいいかと思います。

2-4.キャップ式・ノック式などペンの出し方

ペンの出し方も様々です。

ボールペンの場合「キャップ式」や「ノック式」が非常に多いですが、その他、ボディ部分を回転させる「回転式」、ペンの上部を回転させる「ツイスト式」などがあります。

多色ボールペンの場合は、「スライドレバー式(各色のインクホルダーにつけられた突起を下げることで選んだ色のペンを使用する)」などもあります。

見た目にもスマートなのは「回転式」「ツイスト式」ですが、さっと使いたいときには「ノック式」や「スライドレバー式」の方が使いやすいです。

お察しのように、こちらも使用するシーンやタイミングなどでどういったタイプを選べばいいかは違います。

また、持ち運びがしやすいようにキャップやボディにクリップがついたタイプも多いですが、こちらがレバー式になっており太さがあるものにも挟みやすいタイプもあります。

ペンの出し方とともに、クリップ部分も一緒にチェックしてみると面白い発見があるかもしれません。

2-5.多機能ボールペンという選択肢も

シャープペンシルが一緒になったタイプや、ペンの上部に修正テープや印鑑がついたタイプなど種類が豊富な多機能ボールペン。通常は赤や黒など2色か3色がセットになっており、そこにプラスアルファの機能がついています。

油性ボールペンというイメージも強いですが、水性タイプでも販売はあります。

例えば、ペンケースをコンパクトにしたい方やポケットなどに入れて常に持ち運びたい方など利用シーンと合えば多機能ボールペンもおすすめです。

参照元:mpuni.co.jp

3.三菱鉛筆のおすすめ水性ボールペン2選

ここからはIPPING編集部が独自に調査したおすすめアイテムとなりますが、プロおすすめのアイテムに関連した水性ボールペンをご紹介します。

1位.ユニボール アイ

画像:amazon.co.jp

『ユニボール アイ』は一定の濃さでくっきりとした文字を書ける水性ボールペン。

顔料インクを使用しているため、耐水性もあり水にぬれてしまっても大丈夫です。

ボディに透明窓があり、インクの残量がひと目でわかるというのも使いやすいポイントの1つです。

口コミでは「インクの量が多く長持ち」「書き心地がいいので何年もこれ一筋」「最後の最後までこすれず使える」などの声が多く寄せられていました。

ユニボール アイの詳細
インクカラー3色
文字の太さ0.5mm
メーカー希望小売価格162円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.ユニボール エア

画像:amazon.co.jp

『ユニボール エア』は筆圧に合わせインクの流量をコントロールする「新開発チップ」を搭載しており、力を入れなくてもはっきりとした文字を書くことができるのが魅力です。

この技術は世界初のもので、ボールペンでありながら、トメ、ハネ、ハライといった細かい描写までしっかり表現することができます。

また、ペン先をソフトカバーで覆うことで、紙との摩擦を減らし、なめらかな書き心地を実現。

ボールペンを立てて書けば(筆圧が弱い場合も同じく)細い線が、寝かせて書けば(筆圧が強い場合も同じく)太い線が書けます。

ユニボール エアの詳細
インクカラー3色
文字の太さ0.5mm、0.7mm
メーカー希望小売価格216円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4.【三菱鉛筆】レビュー評価の高いゲルボールペン人気ランキング8選

続いてIPPING編集部調べによる、同じく『三菱鉛筆』のゲルインクボールペンをランキング形成期でご紹介していきます。

1位.ユニボール シグノ RT1

画像:amazon.co.jp

プロおすすめのアイテムでもご紹介した『ユニボール シグノ RT1』は0.28mm、0.38mm、0.5mmと3種類のボール径があります。

0.38mmのみ、黒インクのボディカラーがチェリーレッド、ライトピンク、アクア、黒ピンクの4色展開になっています。

スタイリッシュなデザインは男性からも好評ですが、かわいらしい豊富なボディカラーで女性人気も高いアイテムです。

画像:mpuni.co.jp

濃くにじまない水性顔料インクを使用した『 ユニボール シグノ RT1』からさらにインクの配合を見直すことで、極細の描線もなめらかにサラサラと書くことができます。

「速乾性は普通ですが、裏写りが気にならないのがいい」という口コミの他、「 にじみにくいから使いやすい。 」という声も見られました。

ユニボール シグノ RT1の詳細
インクカラー10色
文字の太さ0.28mm、0.38mm、0.5mm
メーカー希望小売価格162円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.PURE MALT

画像:amazon.co.jp

『ピュアモルト』はアイテム名からも察しがつく方もいっらしゃるかもしれませんが、軟十年もの間ウィスキー樽として使用されたオーク材を使用したボールペンです。

温かみのある色調とフォルムで人気のアイテムです。ボディカラーはグリップ部分がナチュラルなタイプとダークブラウンのタイプが2種類あります。

口コミでは「意外と軽くて使いやすい」「ゲルインクボールペンの中では一番」などの声も多く寄せられていました。

画像:amazon.co.jp

PURE MALTの詳細
インクカラー1色
文字の太さ0.5mm
メーカー希望小売価格540円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.STYLE-FIT

画像:amazon.co.jp

スタイルフィットは「リフィルタイプ」のボールペンです。ホルダーは単色、3色、5色から選べ、リフィルはゲルインク、油性インク、シャープペンから選ぶことができます。

ホルダーは『ディズニー』とコラボした『ディズニーモデル』も人気。こちらは3色、4色、5色用のホルダーと、0.28mm、0.38mmのゲルインクリフィルがあります。

ゲルインクリフィルは16色と今回紹介するボールペンの中でもカラーバリエーションが最多。自分好みのボールペンを作りたいという方からも人気のアイテムです。

画像:mpuni.co.jp

『ディズニー』モデルは数量限定アイテムですので、お早めにお買い求めください。

STYLE-FIT の詳細
インクカラー16色(インク別売り)
文字の太さ0.28mm、0.38mm、0.5mm
メーカー希望小売価格本体:54円~(単色)インク:108円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.ユニボール シグノ 307

画像:amazon.co.jp

『ユニボール シグノ 307』は世界で初めて「セルロースナノファイバー」をインクに配合したボールペン。

ゲルインクは「顔料+水+ゲル」とご説明しましたがセルロースナノファイバーはこの「ゲル」の部分です。

セルロースゲルを使用することで、従来のゲルインク以上のなめらかな書き心地を実現。

細かいペン先からも均一のインクを出すことができるため速書き、でも文字がかすれにくくなっています。

ユニボール シグノ 307の詳細
インクカラー3色
文字の太さ0.38mm、0.5mm、0.7mm
メーカー希望小売価格216円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.ユニボール シグノ エンジェリックカラー

画像:amazon.co.jp

パステルカラーが魅力の『エンジェリックカラー』はボールペンには珍しい「ホワイト」インクがあり、写真や濃い色の紙にもきれいに色を乗せることができるボールペンです。

ピグメント(顔料)インクを使用しており、耐水性、対光性に優れており、カラー展開も8色と豊富です。

写真に文字を書けるペンというと『ポスカ』というイメージも強いですが、「ポスカだと太すぎる…」なんて方にも0.7mmの『エンジェリックカラー』シリーズはおすすめです。

ユニボール シグノ エンジェリックカラーの詳細
インクカラー8色
文字の太さ0.7mm
メーカー希望小売価格130円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.ユニボール R:E

画像:amazon.co.jp

『ユニボール R:E』は消せるボールペン。『パイロット フリクション』と同じように60℃ほどの熱を加えると無色になる性質があるインクを使用しています。

画像:mpuni.co.jp

インクカラーも8色と豊富にあります。さらに、黒インクのボディカラーは0.38mmで4色、0.5mmで10色、『ディズニー』モデルが0.38mm2タイプ、0.5mm4タイプもあり、豊富なボディカラーとかわいらしいデザインが人気です。

ユニボール R:Eの詳細
インクカラー8色
文字の太さ0.38mm、0.5mm
メーカー希望小売価格194円~円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.ユニボール シグノ イレイサブル

画像:amazon.co.jp

『ユニボール R:E』と同じくこちらも消せるボールペン。違いは、こちらは鉛筆やシャープペンと同じように市販の消しゴムで消すことができるということです。

秘密は

  • 大粒の顔料を使用し、紙に繊維の隙間に定着しないようにしている
  • 顔料よりも小さく透明な粒子を配合し、紙の繊維の隙間に顔料より先に、透明な粒子が入りこむ
  • 手でこすってもはがれず消しゴムでこすることで初めて消せる程度な定着力に設定している

などがあげられます。

そのため、時間が経過してももちろん消すことができます。

また、0.5mmと細字ですので、スケジュール帳など細かい部分にも書き込みやすく、日常的にも使いやすいアイテムです。

ユニボール シグノ イレイサブルの詳細
インクカラー8色
文字の太さ0.5mm
メーカー希望小売価格108円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.ユニボール シグノ スパークリング

画像:amazon.co.jp

学生などに人気のラメ入りのゲルインクボールペンが『ユニボール シグノ スパークリング』です。

従来品と比較し2倍以上のラメをブレンドし、キラキラの文字でカードや手帳などをデコレーションできます。

ボディやクリップにもラメ入りで、見た目の可愛さにもこだわりが詰まっています。ゴールドやシルバーなどはゲルインクならではのカラー。発色の良さも魅力です。

ユニボール シグノ スパークリングの詳細
インクカラー8色
文字の太さ1.0mm
メーカー希望小売価格130円円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

水性ボールペンの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、水性ボールペンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの水性ボールペンなどの売れ筋ランキング楽天の水性ボールペンなどの売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの水性ボールペンなどの売れ筋ランキング

きだてたくの人気記事

きだてたくの新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元トッププレイヤーという経歴を活かして、2014年からゲームキャスターとして最前線で活動中。東京ゲームショウやニコニコ超会議など、大規模イベントで...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会諮問委員。大手AV機器メーカーでHDDオーディオレコーダーなどのプロデュースを行い、その後カリフォルニア州シリコンバレーでデジタルAV機器用ICの開...

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆中。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。日本健康教育振興協会の予想医学エデュケーター...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

カテゴリから探す