電気ポットおすすめ!料理研究家の逸品&人気ランキング10選

日々の生活の中で沸かすお湯、どうやって沸かしていますか?

「やかん・電気ポット・電気ケトル」と人それぞれだと思います。

使い慣れているからとか、デザインがお気に入りだからと、何気なく使っているアイテムですが、果たして今の生活スタイルに合っていますでしょうか。

なんとなく使ってたとか、買ったときはちょうど良かったけど、今はそうでもないかもと感じたら、買い替えを考えるタイミングかもしれません。

生活スタイルが変化すれば、最適な生活のための道具も変わってきますよね。

そこで今回は、電気でお湯を沸かす電気ポットに注目して、おすすめの逸品から選び方までご紹介していきたいと思います。

まずは人気料理雑誌やイベントなどで活躍中の料理研究家ユニット、ちゃあみーさんにおすすめの電気ポットを教えていただきました。

最終更新日:2019年3月4日
ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季) のプロフィール

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディネーターと栄養管理士のお料理ユニット。WEB『ちゃあみー(HITOOMOI)公式サイト』

この専門家の他の記事を見る

1.料理研究家ちゃあみーさんおすすめの電気ポット

まずは、人気料理研究家のちゃあみーさんがおすすめする、電気ポットをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BALMUDA

The Pot

メーカー希望小売価格11,880円(税込)

バルミューダ』の電気ポットは、その美しいデザイン性で話題となりました。

特徴的なのが注ぎ口。コーヒーを淹れる時に専用のポットに移し替えなくても良く、湯量をコントロールしやすいところがコーヒー好きの心を捉えます。

すっと手になじみやすいハンドル、湯切れがよくて、ねらったところに的確に注ぎやすいノズルと細部まで計算されたデザインが魅力で大ヒットした商品です。

一度に沸かせるお湯の量は600ml。これはコーヒーなら3杯分、カップヌードルなら2杯分に必要なお湯の量です。

見た目から、カップラーメンなど一気にお湯を注ぎたい時にもちょろちょろとしかお湯が出ないのでは?と心配になりますが、ポットの傾け方によって湯量が調整でき、すばやく注ぐことも可能です。

ちゃあみー(峰 奈津季)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)
結婚祝いでもらったのが使い始めたきっかけです。見た目がすごくおしゃれで、2人暮らしでちょうどいい600mlです。

コーヒーをハンドドリップで入れるので、注ぎ口が細いので使いやすく、あふれたり、ずれたりせずに狙ったところに的確な湯量を注ぐことが出来ます。

色は黒を持っています。沸くのも早くて重宝しています。

実際にコーヒーを淹れる時に、どの位使いやすいのかは、次の動画も参考にしてください。

BALMUDA The Pot の詳細
メーカーバルミューダ
容量0.6L
 メーカー希望小売価格11,880円(税込)

2.電気ポットと電気ケトルの違い&選び方

お茶を淹れたり、インスタントを作ったりと日常の中でお湯を沸かす機会は多いですよね。

その都度やかんや電気ケトルで沸かすのか、いつでも熱いお湯がすぐに使える電気ポットにするのか選択肢は様々です。

今回は電気ポットと電気ケトルに絞って、それぞれの特徴と選び方をご紹介します。

買うなら電気ポット?それとも電気ケトル?

電気ポットと電気ケトルは、どこがどう違うのか特徴をまとめてみました。

電気ポットと電気ケトルの大きな違いは、「容量」「保温機能」「コスト」です。

ただし、厳密な違いは定められていません。

最近は電気ケトルでも容量が2Lある製品や、最長60分ですが保温機能がある製品もありますし、電気ポットにも節電の工夫が盛り込まれ、電気代が安くつく製品がありますので、両者の差は縮まってきています。

ではどちらがいいのかを決めるときに、一日の中で、いつどの位お湯を使うのか?をイメージしてみるといいと思います。

電気ポットに向いているのは、「一度に大量のお湯を使う」とか「一日中頻繁にお湯を利用する」生活スタイルです。

電気ケトルに向いているのは、「一度に少量のお湯があれば大丈夫」とか「使用頻度が少ない」生活スタイルです。

高齢の方の暮らしでは、電気ケトルの方が軽いので扱いやすく、家事の負担を軽減できるかもしれませんね。

電気ポットの選び方

次に電気ポットの機能をご紹介します。生活の中で必要な機能を確認して、電気ポットを選ぶときの参考にしてください。

内容器の保温性

電気ポットで一番電気代がかかるのがこの「保温」機能ですので、沸騰後、電源を切っても2時間は90度を保てるような電気ポットがおすすめです。

沸かしたお湯がすぐに冷めてしまう容器では、一定の温度を保つために電気を消費する量が増えてしまいますので、節電の重要なポイントです。

節電機能

節電タイマーを使わない時間帯にセットしておけば、自動でヒーターがオフになる機能や、2時間操作しないと自動でヒーターがオフになる機能があります。

また沸騰させずに設定した温度まで沸かす機能もあります。

ただしカルキ抜きはできませんので、カルキ抜きが不要な水を沸かす場合に限ります。

安全面の機能

給湯ロック機能・転倒湯漏れ防止機能

給湯ロックは、電気ポットでは当たり前の機能となっていますよね。

また電気ポットが傾いたり、倒れた時にお湯が漏れないよう防止機能が付いていると安心です。

空焚き防止機能

ポットの中に水が入っていない、または湯量が少ない場合に自動で湯沸かしヒーターをオフにする機能です。

小さなお子さんがいるご家庭や、高齢の方がお住いのご家庭では優先したい機能です。

その他の機能

蒸気レス・セーブ機能

電気ポットの水蒸気、壁紙や側に電気製品などがあると気になりますよね。

こんな場合は「蒸気レス・セーブ機能」があると安心で、設置できる場所が増えます。

コードレス出湯機能

お湯を使いたい場所にコンセントが無くても、お湯が出せるので使い勝手が上がります。

カルキ抜き機能

塩素が気になる水道水を沸かすのであれば、この機能も外せません。

カルキ抜きは、沸騰後もしばらく沸かし続けることでカルキを飛ばしますので、節電機能で紹介した設定温度までしか沸かさない機能と併用はできません。

電気ケトルの選び方

続いては、電気ケトルの特徴をご紹介します。電気ケトルを購入する際に参考にしてください。

容量

飲み物を作るのがメインな場合は、カップのサイズと同時に何杯作りたいのかで必要な容量が決まりますし、カップ麺も作りたいという場合は、どんな種類のカップ麺を何個分同時に作りたいのかで容量を決めます。

下記の表はカップ1杯、カップ麺1個の必要なお湯の量の目安です。購入の際の参考にしてください。

安全のための機能

小さなお子さんがいるご家庭では大切なポイントですので、購入の際にはチェックしてみてください。

給湯ロックボタン・転倒お湯漏れ防止

電気ポットでは、よくある機能です。誤って倒した時にお湯が漏れるのを防ぐことができます。

ただし完全に漏れを防ぐことが出来ない場合もありますので、最小限に抑える機能となります。

本体二重構造

沸騰しても本体が熱くならず、お湯も冷めにくくなります。

空焚き防止機能

ポットの中に水が入っていない場合、自動でヒーターをオフにします。

蒸気レス機能

蒸気を外に出さず、冷やして注ぎ口からでるようにする機能です。

蒸気孔からでる湯気でやけどをする心配が無いので、どなたでも安心して使用できます。

保温機能

沸騰後、一定時間保温することができます。保温時間は、30分~60分程が多いようです。

温度設定機能が付いている製品であれば、設定した温度で保温することもできます。

温度設定機能

お湯の温度を調整することができる機能です。

70度・80度など、あらかじめ設定された温度から選ぶタイプと、1度単位で設定できるタイプがあります。

お茶は種類によって適温が異なりますので、お茶好きの方には嬉しい機能です。

赤ちゃんのミルクづくりにも、必要な分だけ沸かすことができますので便利ですよね。

3.レビュー評価の高い電気ポット人気ランキング

ここからはレビュー評価の高い電気ポットの人気ランキングをご紹介いたします。

今回は、見た目がおしゃれなで容量1リットル前後のアイテムを集めてみました。

画像:amazon.co.jp
1位
ティファール

ジャスティン プラス

KO3408JP
メーカー希望小売価格7,085円(税込)

電気ポットといえば『ティファール』というくらい代名詞にもなっているメーカーです。

壊れるたびに『ティファールを買うというリピーターも多く、使いやすさ、便利さ、デザイン性に定評があります。

こちらの製品は、従来製品より間口が約30%広くなって、水が注ぎやすくお手入れがラクになっています。

逆に注ぎ口はスリムになって、湯量をコントロールしやすく工夫されています。

カップ1杯(140ml)を沸かすのに約60秒という早さも人気があるゆえんです。フタは外れないタイプで、空焚き防止機能付きです。

レビューを見てみると使い始めは「匂いがきつい」ようです。その場合は「満杯に沸かしたお湯に酸素系漂白剤を溶かして5分放置する」と改善できるとの情報もありました。

ティファール ジャスティン プラス KO3408JPの詳細
メーカーティファール
容量1.2L
メーカー希望小売価格7,085円(税込)  
画像:amazon.co.jp
2位
ティファール

アプレシア プラス

BF805170
メーカー希望小売価格8,694円(税込)

こちらの製品は、本体が500mlのペットボトルをほぼ同じ軽さなので、片手でラクにあつかえるのが嬉しいポイントです。

ひと目で湯量が確認できる窓枠が付いてるので、水を入れるときにとてもわかりやすく、お湯の残量もすぐわかるので助かります。

カップ1杯(140ml)を沸かすのに約60秒で、フタは取り外せないタイプ、空焚き防止機能はありません。

ティファール アプレシア プラス BF805170の詳細
メーカーティファール
容量0.8L
メーカー希望小売価格8,694円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
ドリテック

マキアート

PO-115
参考価格2,580円(税込)

ドリテック』の電気ポットもとても人気があります。

本体はステンレス製で、置く場所を選ばないシンプルなデザインで、ティーポットのような注ぎ口が注ぎやすく、ドリップコーヒーを淹れることもできます。

コップ1杯分(140cc)を約2分で沸かすことができ、空焚き防止機能付きです。

給電スタンドに電気コードをすっきり収納できるのが嬉しいポイントです。

レビューを見てみると、2台目、3台目を購入したというリピーターが多く、「沸騰するときの音が静か」と評判です。

一方で「フタが固い」との声もありました。

ドリテック マキアート PO-115の詳細
メーカーdretec(ドリテック)
容量0.8L
参考価格2,580円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
ティファール

アプレシア ウルトラクリーン ネオ

KO3908JP
メーカー希望小売価格8,640円(税込)

ティファール』をより清潔に使いたい人のための電気ポットです。

銀イオンを練りこんだ抗菌素材「マイクロバン」が使用されているので各種細菌が繁殖を抑えることができ、細菌による臭いや着色を防ぐことができます。

フタが片手で簡単に外せるので、内側が洗いやすくなっています。こまめに手入れをしなくても水あかが付きにくいウルトラポリッシュ底面です。

嬉しいのは改良された注ぎ口。湯切れが良く、お湯がこぼれにくくなっています。購入者からも高い好評を得ています。

コップ1杯分(140cc)を約50秒で沸かすことができます。空焚き防止機能はありません。

ティファール アプレシア ウルトラクリーン ネオ KO3908JPの詳細
メーカーティファール
容量0.8L
メーカー希望小売価格8,640円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
タイガー魔法瓶

蒸気レス わく子

PCF-G080-W
メーカー希望小売価格14,040円(税込)

おなじみ『タイガー魔法瓶』のアイテムです。

倒れてもお湯漏れを防ぐ構造と、本体が二重構造になっていて熱くならないので誤って触っても大丈夫なところ、そして蒸気レス機能で蒸気を70%カットした安全設計が高く評価され、2012年にキッズデザイン賞を受賞しています。

今のところ電気ケトルで蒸気レス機能があるのは『タイガー魔法瓶』だけです。

またフタはワンタッチで着脱できるので、給水もお手入れもラクなうえに、本体が二重構造なので保温効果が高く、カップ1杯分の湯わかし電力を約10%カットされているところも嬉しいポイントです。

コップ1杯分(140cc)を約60秒で沸かすことができます。空焚き防止機能付きです。

レビューでは、「注ぎ口から細くお湯が出せるのが良い」「湯気が出ず、本体が熱くならない」と好評です。

タイガー魔法瓶 蒸気レス わく子 PCF-G080-Wの詳細
メーカーTiger
容量0.8L
メーカー希望小売価格14,040円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ドリテック

ラミン

PO-323WT
メーカー希望小売価格2,700円(税込)

ドリテック』のプラスチックタイプの電気ポットです。本体の重量が515gと500mlのペットボトルと同じくらいの軽量タイプです。

フタは片手で簡単に開けられ、給水口が広めの円筒形になっているので、給水しやすく、奥までラクに洗えます。

注ぎ口には、フィルターがありますので、埃などの侵入を防げる安心デザインです。

コップ1杯分(140cc)を約2分で沸かすことができます。空焚き防止機能付きです。

レビューを見てみると、「本体が軽いので高齢者に優しい」「プラスチックだけど使い始めの匂いが無い」と好評です。

ドリテック ラミン PO-323WTの詳細
メーカーdretec(ドリテック)
容量1.0L
メーカー希望小売価格2,700円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
ラッセルホブス

7200JP

参考価格8,999円(税込)

ラッセルホブス』は、ヨーロッパ、アメリカをはじめ世界各国で高い評価を得ているイギリスの代表的な調理家電ブランドで、電気ケトルの生みの親と呼ばれています。

ステンレス製の密閉に近い構造なので、自然保温力が高く、沸騰してから1時間後でも約70度までしか下がりません。

注ぎ口が本体の下部に付いているので、お湯を残さず注ぐことができます。またやかんと同じ感覚で手を入れて洗うことができます。

コップ1杯分(140cc)を約60秒で沸かすことができます。空焚き防止機能付きです。

レビューでは、「スタイリッシュ」「沸くのが早い」「音がうるさくない」と好評な意見と、「フタが固く、本体が熱くなるのでやけどしそう」という意見がありました。

ラッセルホブス 7200JPの詳細
メーカーRussell Hobbs (ラッセルホブス)
容量0.8L
参考価格8,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
ティファール

ヴィテス ネオ

KO5012JP
参考価格9,180円(税込)

ハイパワーと抗菌が特徴の『ティファール』の電気ポットです。

抗菌素材「マイクロバン」が使用されているので、プラスチック表面の細菌の繁殖を抑え、細菌による臭いや着色を防ぎます。

また水あかの付着を抑えるウルトラポリッシュ底面を採用しているのでうっかりお手入れを忘れてしまっても安心です。

1450Wのハイパワーでコップ1杯分(140cc)を約50秒で沸かすことができます。空焚き防止機能付きです。

レビューでは、「電気製品でこれほど感激しているものは他にない!」「沸く音が静かなのがよい」「何しろ使いやすい!」と大好評です。

ティファールヴィテス ネオ KO5012JPの詳細
メーカーティファール
容量1.0L
参考価格9,180円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
ドリテック

PO-135

参考価格4,980円(税込)

ステンレス製のデザインがおしゃれで、置き場所を選びません。

注ぎ口がドリップコーヒーに適しているので、ドリップ初心者でも扱いやすく、おいしいコーヒーを淹れることができます。

コップ1杯分(140cc)を約80秒で沸かすことができます。空焚き防止機能付きです。

レビューでは、デザイン性と使い勝手がいいと好評ですが、「沸くのが遅い」「本体が熱くなるので小さい子供がいる家庭には不向き」との意見もありました。

ドリテック PO-135の詳細
メーカーdretec(ドリテック)
容量1.0L
参考価格4,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
ティファール

ジャスティン プレミアム

BF5028JP
参考価格4,340円(税込)

『T-falショップ、Amazon.co.jp』限定カラーで、1.2Lの大容量シンプルモデルです。スリムな注ぎ口で、お湯を注ぐ量を上手にコントロールできます。

左右どちらからでも見られる水量目盛付き窓で、お湯の量をひと目で確認できます。

コップ1杯分(140cc)を約60秒で沸かすことができますが、空焚き防止機能はありません。汚れやサビがつきにくいステンレス底面です。

レビューでは、「電源がすぐに落ちることがある」「沸騰中フタが勝手に上がってしまう」「一気に注ぐとお湯をまき散らす」「お湯を沸かす時の音が大きい」との声が目立ちますが、問題なく使えている人もいるようです。

ティファール ジャスティン プレミアム BF5028JPの詳細
メーカーティファール
容量1.2L
参考価格4,340円(税込)

電気ポットの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、電気ポットの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの電気ポット売れ筋ランキング楽天の電気ポット売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの電気ポット売れ筋ランキング

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の人気記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の新着記事

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

カテゴリから探す