ロードバイクヘルメットおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

前傾姿勢で車道を颯爽と駆け抜ける、ロードバイク。

時速30〜40kmものスピードが出る乗り物だけに、ヘルメットは必需品です。

クロスバイクやマウンテンバイク、さらにはいわゆるママチャリであっても同様で、自転車に乗るすべての人にとって、ヘルメットは身を守るための大切な装備といえます。

とはいえ、なんとなく大げさな感じもするし、いちいち面倒くさくもあるしで、「まあいいか…」となってしまっている人も多いはず。

ならば、たとえばおしゃれな帽子のように、外出時に進んでかぶりたくなるようなものを探してみてはいかがでしょう。

そこで、NPO法人自転車活用推進研究会の理事であり、大学の教壇やラジオ番組等でも幅広くご活躍の疋田 智さんに、“思わずかぶりたくなるロードバイクヘルメット”を選んでいただきました。

本格的なものと街乗り用の2種類をご紹介します。

また、あわせてロードバイクヘルメットの選び方と人気ランキングTOP10もご紹介。より安全で快適な自転車ライフのために、「これなら!」というお気に入りのヘルメットを見つけてくださいね。

最終更新日:2019年5月28日
2,350 views
疋田智

疋田智 のプロフィール

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」パーソナリティ。著書『ものぐさ自転車の悦楽』など。WEB『疋田智の週刊自転車ツーキニスト』

この専門家の他の記事を見る

1.プロがおすすめる“思わずかぶりたくなるロードバイクヘルメット”2種

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
OGKカブト

FLAIR

メーカー希望小売価格23,220円(税込)

まずは、マニア向けヘルメットから。

疋田 智さんのおすすめは、こちらの『OGKカブト FLAIR』です。

『OGKカブト』といえば、日本を代表する自転車用ヘルメットメーカー。『Kabuto』ブランドは外国製のものに比べて、日本人の頭の形によりフィットする設計になっていると評判です。

疋田智
これはものすごく軽い。かぶっていることを忘れるくらい。

それでいて、強度はしっかりしている。

ロードバイクヘルメットというのは、値段が高くなればなるほどトゲトゲしたデザインになる傾向がありますが、それが抑えめなものまたいい。

自転車マニアとして、予算的に2万円程度出せる本格派の人には本当におすすしたい逸品ですね。

『OGKカブト FLAIR』は、『Kabuto』史上最軽量のヘルメット。

しかも、JCF(公財)日本自転車競技連盟公認ですから、安全性はもちろん、通気性や消臭効果、水分調節機能にも優れ、機能性バツグン。

また、「かぶるヘルメットから、着るヘルメットへ」という開発コンセプトのとおり、デザインも非常にスタイリッシュです。

サイズはS/MとL/XLの2種類で、カラーバリエーションは6種類。

ちなみに『OGKカブト』には、購入後1年以内に万一破損させてしまった場合に使える「ヘルメット破損交換制度」というものがあり、この『FLAIR』も対象になっています。

OGKカブト FLAIRの詳細
メーカーOGKカブト
サイズS/M L/XL
重量(「SLW-1+ノーマルインナーパッド」仕様での重量)170g(S/M) 185g(L/XL)
カラーバリエーションマットホワイト
マットブラック
マットブルー
マットレッド
マットイエロー
GWG
メーカー希望小売価格23,220円(税込)

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
OGKカブト

KOOFU

CS-1
メーカー希望小売価格6,696円(税込)

次は、街乗り用のヘルメット。

疋田 智さんのおすすめは、こちらもOGKカブト製の『KOOFU CS-1』です。

疋田智
自転車の街乗りでヘルメットが必要なのは、車にぶつかったりしてアスファルトに放り出された時に頭をガードしてくれるからです。

でもお子さんにはちゃんとヘルメットをかぶせるのに、なぜか自分はかぶらないママさんが多いですよね。

この『OGKカブト KOOFU CS-1』は、まずこのクラスのロードバイクヘルメットとしては値段が安い。そして丸くてかわいらしいですし、黒なら悪目立ちしません。

「日常的にかぶってもいいかな」という感じのデザインだと思いますから、ぜひすべてのママさんに愛用して欲しいですね。

確かに、とてもシンプル&キュートなデザインで、これなら日常の中で気軽にかぶることができそうです。

疋田 智さんのおすすめはこの黒ですが、他にも3色カラーバリエーションがありますので、お好みに合わせて選ぶのもいいかもしれませんね。

OGKカブト KOOFU CS-1の詳細
メーカーOGKカブト
サイズM/L
参考重量235g
カラーバリエーションマットブラック
マットネイビー
マットオフホワイト
マットヘリンボーングレー
メーカー希望小売価格6,696円(税込) 

2.ロードバイクヘルメットの選び方

デザインで選ぶ

疋田 智さんによると、「ヘルメット選びで意外に大切なのは、デザイン性と色」だとか

なぜなら「いつもちゃんとかぶることが大切だから」。

確かに、気に入ったデザインのものでないと、つい「まあ、いいか」となってしまいがちですから、これは最重要ポイントの一つといえるかもしれません。

また、ロードバイクヘルメットというと、多くの人が派手なカラーリングの大胆なデザインをイメージするかもしれませんが、最近では洗練されたスタイリッシュなものも増えていますし、カラーバリエーションも豊富です。

帽子やマフラーなどのファッション小物を選ぶ感覚で、いろいろと探してみるのも楽しそうですね。

安全性で選ぶ

ヘルメットの安全基準の一つとして、JCF(公財)日本自転車競技連盟の規格があります。

いずれも一定の試験基準を満たしているヘルメットに与えられるものですが、「公認」「推奨」の2つがあり、「公認」は日本自転車競技連盟および加盟団体の主催する競技大会に使用することもできます。

それぞれにマークがありますので、安全性を重視するなら、これらが付いているかどうかを選ぶ際のポイントにしてみるといいかもしれません。

また、外国製のヘルメットの場合は、米国のCPSC(米国消費者製品安全委員会)や欧州連合のCEマークがこれに準ずるようです。

機能性で選ぶ

通気性

自転車というのは基本的に自分でペダルをこいで走行するものですから、乗っている人は少なからず発熱します。

だから自転車用のヘルメットには、通気性をよくするために複数の通気孔が開けられており、これが頭部の蒸れを軽減してくれるわけです。

そこで、通気孔の数や位置、配置の方向を要チェック。

たとえば、「上下のみ」よりは「上下左右」に付いている方がよく、また放射状に付いているとより通気性がUP、といった違いがあるようです。

装着感

これは安全性にもつながる要素ですが、頭部にきちんとフィットしなければせっかくの防御効果も半減します。

多くのヘルメットは、あご紐やアジャスターなどでサイズ調整ができますが、さらに内部のクッションによって装着感をより高める工夫がされているものもあります。

通販サイトの口コミにも、この点に関する感想がよく寄せられていますので参照してみましょう。

シールド(バイザー)

画像:amazon.co.jp

特にコンタクトレンズをしている人におすすめなのが、シールド(バイザー)が装着できるタイプのヘルメット。向かい風から目を守ってくれるため、ドライアイの予防になります。

また、眼鏡をかけたままでも装着可能で、目の周囲をより広い範囲でカバーできるため、視界もクリアに。安全性の観点からも一考の価値ありです。

軽さ

ロードバイクヘルメットには、「ソフトシェル」と「ハードシェル」があり、その違いはアウターシェル(外殻)の素材です。

薄くて柔軟性に富む材料を使用したのが「ソフトシェル」で、軽量化できるのが特長。

一方、厚くて剛性のある材料を使用した「ハードシェル」は、「ソフトシェル」に比べて重量はかさむものの、頑丈さで勝ります。

ただ、現在ではスポーツタイプのヘルメットにおいては、キッズ用の一部を除きほとんどが「ソフトシェル」で、きちんと基準を満たしたものであれば安全性に問題はないため、この点を特に意識する必要はなさそうです。

では、同じソフトシェルならより軽いものの方がいいのでしょうか?

疋田 智さんによれば、「一定以上のクラスのものであれば、重量はそれほど関係ありません」とのこと。

「ソフトシェル」はそもそも軽量タイプなので、これもやはりあまり気にしなくてもいいようですね。

ロードバイクヘルメットの正しいかぶり方

警察庁交通局のデータによると、自転車による事故の相手は自動車が全体の84%を占め、死亡事故の63%が頭部の損傷が原因。さらには、ヘルメットをかぶっていなかった場合の致死率は、かぶっていた場合の3.3倍にも上るとか(参考:平成30年2月15日 警察庁交通局「平成29年における交通死亡事故の特徴等について」)。

自転車屋さんなどの店頭でロードバイクヘルメットを選ぶ場合には、ぜひ試着してみることをおすすめします。

ただし、いい加減にかぶったのでは正確な判断ができませんから、購入後に実際に使う時のためにも、ここで「正しいかぶり方」もお伝えしておきましょう。

ポイントは、転倒時に脱げてしまわないようしっかりかぶること。これが一番大切です。


参考:trendy.nikkeibp.co.jp

3.ロードバイクヘルメット人気ランキングTOP10

ここからは、通販サイトのレビュー評価が高い、ロードバイクヘルメットの人気ランキングTOP10をお届けします。

前述した、日本を代表するヘルメットメーカー『OGKカブト』製のものが圧倒的な人気で、5つもランクインしているのはさすが。

また、その他のものは比較的低価格な傾向にあり、全体のニーズとしては本格派とコスパ重視派に二分される結果になっているのが興味深いですね。

画像:amazon.co.jp
1位
OGKカブト

FIGO

メーカー希望小売価格7,776円(税込)

堂々の1位はこちら。OGKカブトの『FIGO』です。

ズレやブレが少なく装着感がバツグンで、3段階の角度調節も可能。さらに、頭全体を包み込むA.I.ネットは虫の侵入も防いでくれます。

JCF(公財)日本自転車競技連盟公認のヘルメットで、公式のレースにも使用できる本格派ながら、価格はお手頃。

「初めてのヘルメット」として気軽に試せることから、人気が高いようです。

OGKカブト FIGOの詳細
メーカーOGKカブト
サイズM/L
参考重量260g
カラーバリエーションパールホワイト
ブラック
G-1 レッド
G-1 ブルー
G-1 マットブラック
メーカー希望小売価格7,776円(税込) 
画像:amazon.co.jp
2位
OGKカブト

REZZA

メーカー希望小売価格9,396円(税込)

こちらも『OGKカブト』製で、JCF(公財)日本自転車競技連盟公認ヘルメット。

1位の『FIGO』同様、虫の侵入を防ぐA.I.ネット付きで、すぐれた通気性が特長。

フロントバイザーが簡単に着脱できるため、ロードバイクのみならず、マウンテンバイクやその他様々なタイプの自転車に幅広く使えます。

また、XF-6アジャスターで上下3段階の調節が可能。カラーバリエーションも豊富です。

口コミでも、多くの人が「この性能でこの価格なら満足」といった感想を寄せています。

OGKカブト REZZAの詳細
メーカーOGKカブト
サイズM/L、XL/XXL
重量(バイザー未装着時の参考重量)235g(M/L)、260g(XL/XXL)
カラーバリエーションG-2マットレッド
G-2マットイエロー
パールホワイト
ブラック
マットブラック
G-1マットシルバー
G-1マットブルー
G-1マットレッド
メーカー希望小売価格9,396円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
OGKカブト

CLIFF

メーカー希望小売価格7,236円(税込)

3位の『CLIFF』も、『OGKカブト』製。

自転車専用ではないためサイクル用規格は付いていませんが、自転車走行からサイクルスポーツまで、幅広い用途に使えるマルチな設計です。

コンパクトなので、収納もらくらく。サイズ調整ができるスポンジも付いています。

口コミでは、スタイリッシュなデザインと装着感の良さが好評です。

OGKカブト CLIFFの詳細
メーカーOGKカブト
サイズフリー
参考重量390g
カラーバリエーションホワイト
シルバー
マットブラック
メーカー希望小売価格7,236円(税込) 
画像:amazon.co.jp
4位
OGKカブト

BC-GLOSBE

参考価格8,960円〜14,580円(税込)

またまた『OGKカブト』製の『BC-GLOSBE』。

公式サイトによると、スポーツサイクリストだけでなく、ファッションにこだわる人にも街乗りで気軽にかぶってもらえるよう、帽子感覚のデザインを目指したとか。

洗練されたやさしいフォルムがとても魅力的ですね。

もちろん、上下3段階調節、ナノテク消臭、虫の侵入防止などなど、ヘルメットとしての性能面にもすぐれており、JCF(公財)日本自転車競技連盟公認です。

まさに「思わずかぶってみたくなるヘルメット」といえるかもしれません。

また、『BC-GlosbeⅡ』というアップグレードバージョンも発売されています。

OGKカブト BC-GLOSBEの詳細
メーカーOGKカブト
サイズS/M、L/XL
参考重量260g(S/M)、280g(L/XL)
カラーバリエーションドンナマットノーブルレッド
ドンナマットラッシュピンク
ブラボーマットグレー
マットソーレオレンジ
マットターコイズ
マットホワイトグレー
マットリッチマゼンダ
参考価格8,960円〜14,580円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
IZUMIYA

自転車ヘルメット

参考価格2,930円(税込)

スポーツサイクリング、通勤や休日のサイクリングなど、あらゆるシーンで気楽に装着できる、高機能自転車用ヘルメット。

Amazonでは、2017年に「大人用自転車ヘルメット欲しいものランキング」で1位を獲得したこともあるアイテムです。

アジャスターダイヤルでかんたんに広範囲調節が可能なため、大人はもちろん、小学校高学年以上のお子さんにもおすすめ。

光や水滴を防ぐ取り外し可能なバイザーの他、スポーツサングラス(メガネケース付)も付属。10種類の豊富なカラーバリエーションもうれしいですね。

IZUMIYA 自転車ヘルメットの詳細
メーカーIZUMIYA
サイズフリーサイズ M/L:54-62cm
重量(フロントバイザー未装着時)約225g
カラーバリエーションホワイト×ブラック
ブラック
ブラック×レッド
ホワイト×グリーン
ブラック×ブルー
ブラック×ピンク
ホワイト×ブルー
ホワイト×オレンジ
ブラック×イエロー
ホワイト×レッド
参考価格2,930円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
アルピナスポーツ

TOUR12

参考価格1,490円(税込)

コスパの良さで人気があるヘルメット。

通販サイトによって価格にかなり幅がありますが、「この価格でこの品質なら…」という口コミが目立ちます。

他にも、「しっかり深くかぶれる」「蒸れにくい」「作りが丁寧」「デザインもなかなか」などなど、いずれもかなりの高評価です。

重量が290gと、他のヘルメットと比べてやや重めですが、「街乗り用なら十分」という声も。

アルピナスポーツ TOUR12の詳細
メーカーアルピナスポーツ
サイズ58-62cm
重量290g
カラーバリエーションホワイト/グレー
ホワイト/レッド
参考価格1,490円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
DOPPELGANGER

Raffica

参考価格2,480円(税込)

イタリア語で「疾風」を意味する『Raffica(ラッフィカ)』と名付けられたヘルメットで、CE適合/製品安全基準合格品です。

軽量で、空気抵抗が少なく、通気性にもすぐれているため、長時間の走行でも快適。

また、走行中のヘルメットの振動を吸収し、フィット感を高める内部の8つのソフトクッションは、水洗い(手洗い)もできます。

カラーは2種類で、型番DH005が「ブラック/レッド」、型番DH006が「プラック/ホワイト」です。

DOPPELGANGER Rafficaの詳細
メーカーDOPPELGANGER
サイズ58-62cm
重量252g
カラーバリエーションブラック/レッド(DH005)
ブラック/ホワイト(DH006)
参考価格2,480円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
VICTGOAL

自転車ヘルメット

参考価格2,780円(税込)

220gと超軽量ながら、外部は丈夫で堅く、衝撃力をしっかり吸収してくれる自転車用ヘルメット。

内部はソフトパッド入りで、ウェビングも調整しやすく頭部にぴったりフィットします。

着脱可能な磁気ゴーグルバイザーシールドは、サングラスとして風や砂埃、さらにはUV400レベルまでの強力な紫外線からも顔を保護してくれます。

また、特別な空気力学デザインと28カ所の通気孔によって放熱効率が高いのも特長で、頭がむれにくく、発汗が押さえられるのも魅力です。

VICTGOAL 自転車ヘルメットの詳細
メーカーVICTGOAL
サイズ57-61cm
重量230g
 カラーバリエーション計10色
参考価格2,780円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
OGKカブト

FM-8

メーカー希望小売価格9,720円(税込)

『OGKカブト』5つめのランクインは、こちらのJCF(公財)日本自転車競技連盟推奨ヘルメット。

フロントバイザーが簡単に着脱できるので、自転車のジャンルを問わずマルチに使えます。

一見するとハンチングのようなおしゃれなフォルムですが、その実、後頭部までをしっかりガードしてくれる安全設計。

通気性にすぐれ、2段階の高さ調整も可能です。

OGKカブト FM-8の詳細
メーカーOGKカブト
サイズM/L
重量(バイザー未装着時の参考重量)280g
カラーバリエーションクロスマットブルー
クロスマットブラック
マットオレンジ
マットブラック
パールホワイト
ブラック
メーカー希望小売価格9,720円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
MOJI

自転車ヘルメット

参考価格2,599円(税込)

軽くて空気抵抗が少なく、通気性や吸汗性にすぐれたヘルメット。どんな自転車にも合わせやすい、スタイリッシュなデザインです。

54~62cmの範囲内でのサイズ調整が可能な上、後頭部にある新型アジャスターシステムによってより細やかな微調整もできますので、大人から子供まで幅広く使えるのもポイント。

また、一体成形技術で作られていることから、転倒時などに衝撃エネルギーを受けた際、保護層とカバーとの分裂を避けて安全性を発揮します。

MOJI 自転車ヘルメットの詳細
メーカーMOJI
サイズ約54-62cm
重量約195g
カラーバリエーション黒赤
参考価格2,599円(税込) 

4.ロードバイクヘルメットの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ロードバイクヘルメットの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの大人用自転車ヘルメットの売れ筋ランキング楽天のヘルメットランキングYahoo!ショッピングのロードバイクヘルメットランキング

疋田智の人気記事

疋田智の新着記事

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

カテゴリから探す