チェーンオイルおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

愛用の自転車のメンテナンスをする際に、用意しておきたい自転車用のチェーンオイル。

チェーンオイルを使わないでいると、チェーンがスムーズに回らなくなってしまい、ペダリングが重くなったり、チェーンが擦れて嫌な音が出る原因にもなってしまいます。

しかしいざ買おうと思っても、実は色々と種類があり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自転車雑誌などにも多数連載を持つ疋田智さんに、おすすめの自転車用チェーンオイルについて伺ってみました。

またIPPING編集部による、自転車用チェーンオイルの選び方や、レビュー評価ランキングもまとめているのでチェックしてみてください。

最終更新日:2019年7月11日
1,555 views
疋田智

疋田智 のプロフィール

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」パーソナリティ。著書『ものぐさ自転車の悦楽』など。WEB『疋田智の週刊自転車ツーキニスト』

この専門家の他の記事を見る

1.疋田智さんおすすめの自転車用チェーンオイル

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
AZ

自転車用 チェーンルブ ロードレースSP(スプレー)

メーカー希望小売価格498円(税込)

1955年創業の老舗、『株式会社エーゼット』のチェーンオイルです。

こちらは、ロードバイク用のチェーンオイルとして開発された『チェーンルブ ロードレースSP』を、使いやすくスプレーにしたもの。

手軽にメンテナンスを済ませたいという方には、このようなスプレータイプのチェーンオイルがおすすめです。

高級特殊合成オイルをベースに、極圧剤などの添加物を配合しており、チェーンの深部までオイルがしっかりと浸透します。

疋田智さんレビュー

疋田智
安くて万能なチェーンオイルです。スプレータイプなので、チェーンをまわしながらスプレーするだけでOK。

こだわりのある人にはあまり向きませんが、手軽に「音もなくまわって気持ちいい」という感覚を得たい人にはぴったりです。

AZ 自転車用 チェーンルブ ロードレースSP(スプレー)の詳細
メーカー株式会社エーゼット
内容量70ml
 メーカー希望小売価格498円(税込)
主な成分高級特殊合成油ベース、極圧剤、その他各種添加剤

2.自転車用チェーンオイルの選び方

オイルの種類で選ぶ

自転車用のチェーンオイルには、『ウェットタイプ』、『ドライタイプ』、『ワックスタイプ』と、大きく分けて3つの種類があります。

ウェットタイプ

チェーンに塗布すると、ツヤツヤと濡れた状態になるのが『ウェットタイプ』のチェーンオイルです。

ホコリなどを吸着してしまうというデメリットはありますが、耐久性が高く、雨に濡れてもオイルとしての役割をしっかりと果たしてくれます。

普段雨の日でも自転車に乗ることがある方や、山道などを走る方におすすめ。通勤や通学などで使う自転車なら、『ウェットタイプ』を選べば間違いないでしょう。

ドライタイプ

『ドライタイプ』のチェーンオイルは、チェーンに塗布すると、サラサラとした状態になります。

チェーンの動きを良くすることはもちろん、ホコリなどの汚れがつきにくくなるというメリットがあります。

しかし、耐水性が弱く、雨で流れ落ちてしまうため、雨の日にも自転車に乗るという方には向いていません。

また、オイル自体が蒸発しやすいため、『ウェットタイプ』と比べると、頻繁にメンテナンスをする必要があります。

ワックスタイプ

『ドライタイプ』よりも、さらにサラサラした状態に仕上げてくれるのが『ワックスタイプ』。

3種類の中で最も汚れに強いですが、耐久性は低いため、頻繁にメンテナンスが必要です。

本格的にロードレースに取り組んでいる方など、上級者の方に向いています。

配合されていると嬉しい成分

チェーンオイルを選ぶ際には、『セラミック』、『PTFE』、『フッ素加工』という3つの成分が配合されているかどうかをチェックしてみましょう。

セラミックの役割

セラミックにの役割は、チェーンオイルの潤滑性を高めること。チェーンの摩擦や抵抗を軽減してくれるため、走行がよりスムーズになります。

しかしセラミックが配合されているチェーンオイルは少なく、価格もやや高くなりますが、滑らかさにこだわりたいという方は、ぜひセラミックが配合されたチェーンオイルを選んでみてください。

PTFE、フッ素加工の役割

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)、フッ素加工は、チェーンの耐久性を高めるための成分。チェーンをコーティングすることで、摩擦や抵抗を軽減してくれます。

こちらも、配合されているオイルとそうでないオイルがあるので、成分表などを確認してみると良いでしょう。

チェーンオイルの形状にも注目

自転車用のチェーンオイルには、主にスプレー式とボトル式の2つの種類があります。

スプレー式

片手でシュッと吹き付けながらオイルを塗布することができるため、使い勝手が良いところが最大の魅力。初心者の方でも簡単にメンテナンスができます。

ただし、吹き付けるだけではオイルが細部まで行き渡らない可能性があるため、チェーンの奥までオイルが届く高圧浸透タイプのスプレーがおすすめです。

ボトル式

小さなボトル口からオイルを少しずつ出してチェーンに塗布します。

スプレーのように広範囲に塗ることができないため、メンテナンスに時間はかかりますが、細部までしっかり塗布するならボトル式がおすすめ。

チェーンの耐久性や回転性能にこだわるのであれば、ボトル式のオイルを選んでみてください。

3.自転車用チェーンオイル人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けする自転車用チェーンオイル・人気ランキングをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
AZ

チェーンルブ ロードレース用

メーカー希望小売価格540円(税込)

『株式会社エーゼット』のロードレース用チェーンオイルです。生分分解に優れており、環境にも配慮されています。

数ある『自転車用チェーンルブシリーズ』の中でも、こちらは短・中距離レース用としておすすめ。舗装路での走行をスムーズにしてくれるため、通勤や通学で使う自転車にもぴったりです。

注油口となるノズルは細長く尖った形状。細かいところまで塗りやすいところが高く評価されているようです。

またオイルはかなり粘度が強いタイプですが、塗布後しっかりと拭き取ることで、汚れの付着を防ぐことができます。

AZ チェーンルブ ロードレース用の詳細
メーカー株式会社エーゼット
メーカー希望小売価格540円(税込)
内容量110ml
主な成分高級特殊合成油ベース、各種添加剤
画像:amazon.co.jp
2位
呉工業株式会社

KURE チェーンルブドライ

メーカー希望小売価格1,337円(税込)

1960年に創業した老舗メーカー『呉工業株式会社』。潤滑油・自転車関連用品、生活関連用品などを手がけています。

『チェーンルブ ドライ』は、製品名にもある通りドライタイプのチェーンオイル。塗布後のチェーンはサラサラになるため、汚れの付着が少ないところが特徴です。

また、水や水溶性の汚れを落とす水置換効果に優れており、湿気や水分を素早く除去してくれるため、サビの予防にも効果的。雨の中走行することがあるという方にもおすすめです。

山道など未舗装の道を走る場合は、何度か重ね塗りをしておくとより効果的です。

KURE チェーンルブドライの詳細
メーカー呉工業株式会社
メーカー希望小売価格1,337円(税込)
内容量130ml
主な成分ナノセラミックス(ボロン)、PTFE(フッ素樹脂)、エステル化学合成油、防錆剤、石油系溶剤
画像:amazon.co.jp
3位
呉工業株式会社

KURE チェーンルブ セミウェット

メーカー希望小売価格1,646円(税込)

2位『チェーンルブドライ』と同じく、『呉工業株式会社』のチェーンオイル。こちらはセミウェットタイプです。

ウェットタイプの魅力である潤滑性・耐久性と、ドライタイプの魅力である防汚性を兼ね揃えているのが特徴。レースやロングライドにぴったりです。

細いノズルがついたスプレータイプなので、手軽に、そして丁寧にお手入れすることができます。

セミウェットタイプは、チェーン以外のパーツに使うことも可能。各パーツのボルトなどに吹きかけておけば、サビ防止にもなります。

KURE チェーンルブ セミウェットの詳細
メーカー呉工業株式会社
メーカー希望小売価格1,646円(税込)
内容量200ml
主な成分液化チタン、ナノセラミックス(ボロン)、有機モリブデン、防錆剤、潤滑油
画像:amazon.co.jp
4位
シマノ

PTFE LUBE ボトル入り

参考価格1,500円(税込)

『株式会社シマノ 』は、大阪府に本社をかまえる、自転車部品や釣具の製造メーカーです。

『PTFE LUBE』は、フッ素を配合したドライタイプのチェーンオイル。ベタつきが少なく、悪条件下での走行でも、効果を維持してくれます。

購入した方のレビューでは、「1ヶ月程度(約250km)使用したが、油切れしなかった」と耐久性についても評価されていました。

またチェーンはもちろん、カセットスプロケット、チェーンリング、ディレーラー稼動部などにも使うことができます。

シマノ PTFE LUBE ボトル入りの詳細
メーカー株式会社シマノ
参考価格1,500円(税込)
内容量100ml
主な成分石油系溶剤、PTFE(フッ素樹脂)
画像:amazon.co.jp
5位
AZ

自転車用チェーンルブ ロードレースSP(ボトル)

メーカー希望小売価格771円(税込)

プロフェッショナル用として開発された高性能のチェーンオイルです。より高い潤滑性を求めているとう方から選ばれています。

1位でご紹介した『AZ チェーンルブ ロードレース用』よりも、さらに高い耐久性・耐水性・耐摩耗性を実現したのがこのオイルです。

配合されている『極圧剤』とは、金属の摩擦や摩耗を防ぐための添加剤のこと。これを潤滑油に加えることで、チェーンを守るパワーがさらにアップしています。

200キロを超えてもオイル切れを感じない』というレビューの通り、中・長距離レースに向いていると言えるでしょう。

AZ 自転車用チェーンルブ ロードレースSP(ボトル)の詳細
メーカー株式会社エーゼット
メーカー希望小売価格771円(税込)
内容量110ml
主な成分特殊合成油ベース、極圧剤、その他各種添加剤 
画像:amazon.co.jp
6位
AZ

自転車用チェーンルブ ウォータープルーフ

メーカー希望小売価格540円(税込)

『株式会社エーゼット』のウォータープルーフタイプのチェーンオイルです。

他のチェーンオイルとの違いは、増粘剤が配合されているという点。増粘剤が配合されていることで、粘度が高く水に強くなるため、雨の日や雪の日の走行にも最適です。

また、効果の持ちも良いので、長距離を走行するという方にも向いています。

ノズル部分の先端は先に行くほど細くなっており、ハサミで切って使いたい量が出るように調整可能。1コマ1コマ、丁寧に注油することができます。

AZ 自転車用チェーンルブ ウォータープルーフの詳細
メーカー株式会社エーゼット
メーカー希望小売価格540円(税込)
内容量110ml
主な成分特殊合成油ベース、増粘剤 
画像:amazon.co.jp
7位
AZ

自転車用チェーンルブ ロードレースSP(スプレー)

メーカー希望小売価格498円(税込)

プロのおすすめとしてもご紹介したチェーンオイル。5位でご紹介した『AZ 自転車用チェーンルブ ロードレースSP(ボトル)』のスプレータイプです。

潤滑性に優れており、高い耐久性・耐水性・耐摩耗性があるという特徴はボトルタイプと同じですが、スプレータイプなので、初心者の方でも手軽にメンテナンスができます。

70mlと容量は若干少なめですが、Amazonではセール時に98円で販売されていたこともあるようなので、安くなっている時期を狙ってまとめ買いしておくと良いですね。

AZ 自転車用チェーンルブ ロードレースSP(スプレー)の詳細
メーカー株式会社エーゼット
メーカー希望小売価格498円(税込)
内容量70ml
主な成分特殊合成油ベース、極圧剤、その他各種添加剤 

画像:amazon.co.jp
8位
株式会社マルイ

FINISH LINEドライ バイク ルブリカント

メーカー希望小売価格1,080円(税込)

自転車のメンテナンス用品『FINISH LINE』。『株式会社マルイ』が運営しているブランドです。

『ドライ バイク ルブリカント』は、名前の通りドライタイプのチェーンオイル。浸透性が高くサラサラしていますが、効果の持続性も高いというところが評価されているようです。

チェーンはもちろん、あらゆる駆動部に万能に使えるため、汎用性が高いところもポイントです。

60ml240ml244ml500ml945mlと容量の種類が豊富なので、使う頻度に合わせて選んでみてください。容量が多いものほど、1mlあたりの価格はお得になります。

FINISH LINEドライ バイク ルブリカントの詳細
メーカー株式会社マルイ
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
内容量120ml
主な成分公式サイトに記載なし
画像:amazon.co.jp
9位
AZ

自転車用 チェーンルブ クリーン

メーカー希望小売価格540円(税込)

WAXPTFEを配合したドライタイプのチェーンオイル。この2つの成分がチェーンをしっかりとコーティングしてくれるため、摩擦や摩耗から守ってくれます。

また汚れにも強く、通勤や通学、街での走行などにもぴったり。ただ、耐水性は弱いようなので、雨や雪の日の走行には注意が必要です。

初めて使ったという方のレビューでは、「自転車で走ったあとチェーンを触ってみたが、全く汚れがつかなかったので驚いた」という声がありました。

AZ 自転車用 チェーンルブ クリーンの詳細
メーカー株式会社エーゼット
メーカー希望小売価格540円(税込)
内容量110ml
主な成分WAX、PTFE
画像:amazon.co.jp
10位
Muc-Off

C3 ウェット セラミックチェーンルブ

メーカー希望小売価格1,814円(税込)

自転車のメンテナンス用品を扱う『Muc Off』。イギリス生まれのメーカーで、同じくイギリスの自転車ロードレースチーム『TEAM SKY』のサポートなども行っている会社です。

他とは少し違う、デザイン性の高いパッケージが目を引きますが、1番の特徴は、セラミックが配合されているという点。

セラミックを配合することで潤滑性が高まり、耐久性と効果の持続力をアップしています。

また、ウェットタイプなので、粘度が高く、チェーンにしっかりと塗り込むことができます。

Muc-Off C3 ウェット セラミックチェーンルブの詳細
メーカーMUC-OFF
メーカー希望小売価格1,814円(税込)
内容量50ml
主な成分植物油、脂肪酸エステル、セラミック他

自転車用チェーンオイルの売れ筋ランキング等はこちら

ご参考までに、自転車用チェーンオイルの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの自転車用チェーンオイル売れ筋ランキング楽天の自転車用チェーンオイル売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの自転車用チェーンオイル検索結果

疋田智の人気記事

疋田智の新着記事

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

カテゴリから探す