スマホおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

日常生活では欠かせないスマホ。仕事や学校だけでなく、トイレやお風呂でも肌身離さないという方も多いでしょう。

国内ではiPhoneの人気が高く、Android端末はやや少ないものの、高性能で魅力的な機種も多く発売されています。

「結局どの機種がいいの?」「SIMフリー端末ってどういうスマホ?」

など、キャリアに縛られないスマホの登場や続々と出る新機種に、ついていけない方も多いと思います。

そこで、「SPA!」「LEE」「DIME」などの雑誌やTV番組、ご自身のブログを通して家電製品の情報発信をしている、コヤマタカヒロさんにおすすめのスマホをご紹介いただきました。

スマホの知っておきたい基礎&選び方と、ニーズ別!スマホの人気ランキング20選もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年4月30日
444 views
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.コヤマタカヒロさんおすすめのスマホ

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Google

Google Pixel 3

参考価格127,400円(税込)

『Google Pixel 3』は、最新のCPU『Snapdragon 845』を搭載した高性能スマホです。RAMも4GB搭載しているので、ゲームを楽しむ方にもおすすめできます。

5.5インチの有機ELディスプレイは、丸みを帯びたフォルムが持ちやすく、片手での操作も可能です。『Pixel 3 XL』はさらに大きな6.3インチを採用しています。

12.2万画素のカメラを採用しているので、カメラの性能も十分です。

また、おサイフケータイやワイヤレス充電にも対応しています。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ
性能と価格のバランスに優れた『Google Pixel 3』がおすすめ。

カメラやCPU性能なども高く、求められる性能を一通り搭載しています。よく比較されるiPhoneよりも安く手に入るのも魅力ですね。

SIMフリー端末では高級なスマホの一つですが、長く使えるハイスペック端末をお探しの方はぜひ。

Google Pixel 3 の詳細
メーカーGoogle
ディスプレイ5.5インチ
CPUSnapdragon 845
RAM4GB
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,220万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー2,915mAh
重さ148g
参考価格127,400円(税込)

2.スマホの知っておきたい基礎&選び方

スマホを選ぶ時に知っておきたい基礎、選び方をご紹介します。普段よく使用する用途によって、必要な性能や選ぶポイントが変わるので、記事を参考にスマホを探してみましょう。

キャリアか?SIMフリーか?

スマホ端末の大きな違いの一つに、キャリアとSIMフリーの違いがあります。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入できるスマホをキャリアと呼びます。それ以外のスマホ単体で購入する場合や格安simと一緒に購入するスマホは、SIMフリーとなります。

ゲームなどをよくされる方や話題のスマホを使いたい方は、高性能で最新のスマホが揃うキャリアがおすすめです。アフターサポートも充実しているので、故障の際に代用機を借りるサービスも受けられます。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 メリットデメリット
キャリア
  • 選べる機種が豊富
  • アフターサポートが充実
  • トラブル時に相談できる
  • 分割払いで気軽に機種変更できる
  • 高性能端末が多い
  • SIMカード事業者が制限される
  • 乗り換えの手続きが複雑で、費用がかかることも
  • SIMロック解除にお金がかかる
SIMフリー
  • 本体価格が安い
  • 通信会社を自由に選べる
  • 端末の変更も自由に行える
  • 初期設定など、全て自分で設定する
  • 端末購入に初期費用が掛かる
  • 選べるメーカー・機種が少ない

価格を重視してスマホを選ぶ

SIMフリー端末は、SIMロックがかかっておらず、自由に通信会社を選ぶことができます。格安SIMと組み合わせれば、月々の利用料金を安く抑えられます。

本体価格が安い機種も多く見つかるので、価格を重視するならSIMフリー端末がおすすめです。

一部iPhoneなどはキャリア端末より高価な機種もあるので注意しましょう。機種代金は、一括払いのケースが多いですが分割払いに対応する機種もあります。

キレイな写真を残すスマホ選び

キレイな写真が撮れるスマホを選ぶコツは、画質・レンズ・補正の機能の高さです。

スマホの画質は、画素数・F値に注目しましょう。レンズ・補正機能も合わせて詳しくご紹介するので、高画質のスマホを選ぶ参考にしてみてください。

画素数

画像:huawei.com

画素数が多くなるほどきめ細かい画像になり、A4サイズ以上の大判サイズでも、キレイな写真を印刷できます。

高画質を謳うスマホの画素数は、1200万画素以上の機種が多いです。画素数で選ぶなら、4000万画素の『HUAWEI P20 Pro(SIMフリーモデル)』がおすすめ(ドコモでも購入可能)。トリプルレンズを使った補正機能など、カメラ性能に高い評価が集まっている人気機種です。

F値

F値は、明るさとレンズの絞る性能をあらわす数値で、値が小さいほど、夜景など暗い場所でもキレイな撮影ができます。

また、背景をぼかした写真を取ることも可能です。

高画質な夜景を撮るなら、F値2.0より小さい機種を選びましょう。F値で選ぶおすすめの機種は『Samsung Galaxy S9+(SIMフリーモデル)』です(ドコモ・auでも購入可能)。F値可変ギミックを搭載し「F1.5」と「F2.4」を切り替え可能で、シーンに応じてF値の切り替えが可能です。

レンズ

スマホのレンズは人の視野に近い、やや広角のレンズが採用されています。目で見える景色や人物を自然に撮れるのが魅力ですが、望遠(ズーム)や背景をぼかす撮影には限界があります。

最近ではレンズ数を増やし、より広角や望遠に対応したスマートフォンも発売されています。ダブルレンズやトリプルレンズと呼ばれる仕様のスマホです。

ダブルレンズは、通常のレンズに望遠レンズを組み合わせることで、一眼レフカメラのような背景のぼかしも再現することができます。

補正機能

手ぶれ補正やセルフィー機能などの補正機能も、キレイな画像を撮影するのに欠かせない機能です。補正方法には、デジタル処理で画像を修正するデジタル式とレンズ自体を動かすことで補正する光学式があります。

高画質で有名なスマホメーカーは補正機能にも力を入れているので、画質やレンズだけでなく、メーカーの補正機能にも注目して選んでください。

動画を楽しむスマホ選び

スマホで動画を楽しむ方は、画面サイズも大切なポイントでしょう。

画面が大きいほど、細かい文字などもはっきり見えるので人気があります。一方で、画面が大きいと持ちやすさや操作感に影響が出てくる場合があるので気をつけてください。

画面の大きさに加え、画面の画質も動画をより楽しむためには重要です。最新の「有機ELディスプレイ」を採用した機種は、画質がキレイなのに加え、暗いシーンなどではっきりとした黒が表現され、より高画質な映像を楽しめます。

画質で選ぶなら、『iPhone XS MAX(SIMフリーモデル)』がおすすめです(各キャリアで購入可能)。市販スマホで最大となる6.5インチの有機ELディスプレイが採用されています。インターネットの閲覧でも情報量が多く快適に見ることができます。

ゲームを楽しむスマホ選び

ゲームを楽しむ方は、「CPU」と「RAM」性能が重要になります。

  • 処理能力をあらわす「CPU性能」
  • 処理効率をあわわす「RAM性能」

「CPU」は、スマホの頭脳にあたり、高性能なCPUはデータを高速で処理したり同時に複数の作業を行うことが可能です。

「RAM」はCPUで処理するデータを一時保管する、箱の大きさです。RAM性能が高いと、同じデータが必要な時に効率よく箱から出して利用できるので、CPUの処理を効率よく行えます。

高性能なCPU『Snapdragon 845』と8GBのRAMを搭載したスマホ『Oneplus 6(SIMフリーモデル)』が海外でも高く評価されています。ドコモ系のSIMカードで使用することができるのでおすすめです。

3.ニーズ別!スマホの人気ランキング20選

人気のあるSIMフリー端末のスマホをiPhone・お手頃価格・コスパ重視・ゲーム用のハイエンド別にご紹介します。

iPhone

画像:amazon.co.jp
1位
Apple(アップル)

iPhone XS Max 256GB

SIMフリー
参考価格156,000円(税込)

発売されている『iPhone』シリーズの中で、最も大きな6.5インチディスプレイを備える『Apple(アップル) iPhone XS Max 256GB SIMフリー』。小さめのタブレットのようなサイズで、ゲームでは迫力のある映像を楽しめます。

顔認証技術「Face ID」にももちろん対応しているので、事前に自分の顔を保存しておけば、毎回暗証番号を打つ必要もありません。メガネやサングラスをつけた姿も登録でき、精度も非常に高いので人気の機能の一つです。

ディスプレイには有機ELを採用しています。ディスプレイが大型な分、よりキレイな画質が際立って感じられます。発色も適度に抑えられているので、目がチカチカしないのもおすすめできるポイントです。

また、高性能なCPUにより、ストレスのたまる画面のカクつきや固まることもなく、快適に操作することができます。

Apple(アップル) iPhone XS Max 256GB SIMフリーの詳細
メーカーApple(アップル)
ディスプレイ6.5インチ
CPUApple A12CPU
ROM256GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 1,200万画素

フロントカメラ:700万画素

重さ208g
参考価格156,000円(税込).  
画像:amazon.co.jp
2位
Apple(アップル)

iPhone XR 64GB

SIMフリー
参考価格86,000円(税込)

新型『iPhone』の中で、最も安い価格で購入できる『Apple(アップル) iPhone XR 64GB SIMフリー』。上位機種と同じ「Apple A12CPU」を備えているので、ゲームもストレスなく楽しむことができます。

ディスプレイは有機ELではなく液晶ですが、有機EL同等の鮮やかさが再現されているので、その違いは分からないほどのレベルです。

カメラはレンズが1枚のシンプルな構成となり、普通に撮影する分には十分な画質の写真を撮ることができます。一方、光の少ない夜間などの撮影にはあまり向いていません。

『iPhone XR』といえば、豊富なカラーラインアップも魅力の一つです。明るいイエローやブルーなど6色のカラーから選択できます。

Apple(アップル) iPhone XR 64GB SIMフリーの詳細
メーカーApple(アップル)
ディスプレイ6.1インチ
CPUApple A12CPU
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素

フロントカメラ:700万画素

重さ194g
参考価格86,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Apple(アップル)

iPhone XS 64GB

SIMフリー
参考価格121,800円(税込)

『Apple(アップル) iPhone XS 64GB SIMフリー』は、2018年9月に発売された『iPhone』の主力機種です。完成度の高さや画質のキレイさから、多くの人から支持されています。

前モデルの『iPhone X』からさらに強化されたカメラ性能は、たとえ夜間であってもとてもキレイな写真を撮影することが可能です。暗い場所での撮影でありがちな白飛びもしっかり抑えられ、細部まで鮮明に写すことができます。

新たに搭載された「予備電力機能付きエクスプレスカード」も注目の機能の一つです。普段の生活に欠かせない『Suica』を、電源が切れた状態でも最大5時間の間利用することができます。

外観も『iPhone X』とそっくりですが、ゴールドはややマットな高級感ある質感に変わるなど、より磨きがかけられています。

Apple(アップル) iPhone XS 64GB SIMフリーの詳細
メーカーApple(アップル)
ディスプレイ5.8インチ
CPUApple A12CPU
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1200万画素

フロントカメラ:700万画素

重さ177g
参考価格121,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Apple(アップル)

 iPhone 8 64GB

SIMフリー
参考価格71,500円(税込)

ホームボタンの付いた『iPhone』がお好きな方も多いでしょう。ですが、最新の機種からはホームボタンがなくなってしまいました。そうしたホームボタン付きモデルを求める方におすすめなのが『Apple(アップル) iPhone 8 64GB SIMフリー』。

大型化する『iPhone』の中で、片手でも操作できるサイズ感も人気が高い理由の一つです。ホームボタンは指紋認証にも対応しています。

デュアルカメラ搭載で高画質な写真を撮ることもできます。ハイスペックなAndroid端末よりも安価に手に入るコスパの良さも光る『iPhone』です。

Apple(アップル) iPhone 8 64GB SIMフリーの詳細
メーカーApple(アップル)
ディスプレイ4.7インチ
CPUApple A11CPU
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素

フロントカメラ:700万画素

重さ148g
参考価格71,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Apple(アップル)

iPhoneSE 32GB

SIMフリー
参考価格29,980円(税込)

『iPhone』シリーズの中で根強い人気がある『Apple(アップル) iPhoneSE 32GB SIMフリー』。ポケットやバッグの中でかさばらない、コンパクトなフォルムとコスパの良さが支持されています。

発売から2年以上も発売されていたことからも人気の高さが伺えます。この冬いよいよラインナップから外されてしまったので、欲しい方は在庫がある今のうちに手に入れておいたほうがいいかもしれません。

『iPhone』らしいスムーズな動作と、使い勝手の良さを気軽に体感できる機種としておすすめできます。

Apple(アップル) iPhoneSE 32GB SIMフリーの詳細
メーカーApple(アップル)
ディスプレイ5.5インチ
CPUApple A9CPU
ROM32GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素

フロントカメラ:120万画素

重さ113g
参考価格29,980円(税込)

お手頃価格(web、メール、電話のみ)

画像:amazon.co.jp
1位
Unihertz

Jelly Pro

参考価格11,729円(税込)

『Unihertz Jelly Pro』は、LTE搭載モデルの中で世界最小を謳う、非常に小さなスマホ。WiFiルーターとして使う、通話用、2台目持ち用などにも便利です。

インターネットや動画も小さいディスプレイのおかげで快適に動きます。一般的なスマートフォン同様に使うことができるので、メイン機としての利用も十分可能です。

一方、カメラは数年前のスマホと同程度のスペックなので、あまり期待はできません。フロントカメラもついているので、画質にこだわらなければビデオ通話も利用することができます。

口コミでは「サブ機兼モバイルルーターとして利用しています」「LINEやメールなど問題なく利用できる」と、実用性十分な小型スマホと評価されています。

Unihertz Jelly Proの詳細
メーカーUnihertz
ディスプレイ2.45インチ
CPUMT6737
RAM2GB
ROM16GB
カメラ

メインカメラ:800万画素

フロントカメラ:200万画素

バッテリー950mAh
重さ60.4g
参考価格11,729円(税込) 
画像:amazon.co.jp
2位
HUAWEI(ファーウェイ)

STREAM S

参考価格9,500円(税込)

シンプルなフラット形状のスマホ『HUAWEI(ファーウェイ) STREAM S』は使いやすい画面サイズと安価な価格が魅力です。

インターネットやSNSなどは問題なく使うことができます。一方で、ゲームやアプリの同時起動などは、性能が足りずカクつく場合も。

カメラ性能もそこまで高くはないので、高画質というわけではありません撮影することはできます。

「普通に使えるし、コスパを考えたら十分な性能」「とにかく薄いので気に入っています」と、口コミでは使い勝手も悪くないという声が多く聞かれました。

HUAWEI(ファーウェイ) STREAM Sの詳細
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)
ディスプレイ4.7インチ
CPUKIRIN 910
RAM2GB
ROM8GB
カメラ

メインカメラ:800万画素

フロントカメラ:500万画素

バッテリー2,000mAh
重さ110g
参考価格9,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
UMIDIGI

A3

参考価格8,937円(税込)

『UMIDIGI A3』は、一万円を切る価格ながら背面にガラス素材を採用し、iPhoneを思わせる高級感が魅力です。

性能面では、3Dゲームなどの動作は厳しいものの、インターネットなどの利用がメインの方なら十分なパフォーマンスが期待できます。

本体の保存領域は16GBなので、システムデータやアプリで埋まってしまうので、写真や動画を保存する場合は別途メモリーカードを用意しましょう。

UMIDIGI A3の詳細
メーカーUMIDIGI
ディスプレイ5.5インチ
CPUMT6739
RAM2GB
ROM16GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 500万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー3,300mAh
重さ192g
参考価格8,937円(税込) 
画像:amazon.co.jp
4位
ASUS(エイスース)

ZenFone 4 MAX

SIMフリー
参考価格18,990円(税込)

安価にデュアルカメラを楽しめる『ASUS(エイスース) ZenFone 4 MAX SIMフリー』。通常のレンズに加えて広角レンズを搭載しているので、景色などの撮影でよりダイナミックな写真を撮ることができます。

4,100mAhの大容量バッテリーを積んでいる点も魅力です。メーカーの発表によると一切操作をしない場合、電源オンの状態で37日間も電源が持つとされています。

処理性能は、3Dゲームなどの高負荷には厳しいですが、インターネットや2Dのスマホゲームなら十分楽しめます。

「電池持ちがすごい」「3日くらいは充電しなくても大丈夫」と、電池持ちに驚く声が多く聞かれました。

ASUS(エイスース) ZenFone 4 MAX SIMフリーの詳細
メーカーASUS(エイスース)
ディスプレイ5.2インチ
CPUQualcomm Snapdragon 430
RAM3GB
ROM32GB
カメラ

メインカメラ:1,300万画素 + 500万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー4,100mAh
重さ156g
参考価格18,990円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
FREETEL(フリーテル)

Priori3 LTE

参考価格8,979円(税込)

『FREETEL(フリーテル) Priori3 LTE』は、必要最低限の機能に絞り価格の安さを打ち出したスマホです。

搭載アプリが少なく素のAndroidに近いスマホなので、アプリをあまり使わないシンプルなスマホが欲しい方にもおすすめです。一方で、RAMは1GBと非常に少ないので、スマホゲームをプレイするのは厳しいでしょう。

カメラの性能もあまり高くはないものの、明るい日中であれば十分撮影は可能です。

口コミでは「LINEやインターネットメインなので十分」「時々カクつくが小さくて使い勝手はいい」と、価格相応のスマホという声も目立ちました。

FREETEL(フリーテル) Priori3 LTEの詳細
メーカーFREETEL(フリーテル)
ディスプレイ4.5インチ
CPUMT6735M
RAM1GB
ROM8GB
カメラ

メインカメラ:800万画素

フロントカメラ:200万画素

バッテリー2,100mAh
重さ120g
参考価格8,979円(税込)

コスパ重視(ミドルレンジスマホ)

画像:amazon.co.jp
1位
HUAWEI(ファーウェイ)

P20 lite

SIMフリー
参考価格24,262円(税込)

『HUAWEI(ファーウェイ) P20 lite SIMフリー』は大半のゲームをプレイできる高いスペックと安価な価格が人気のスマホです。

外観もガラスを使ったケースで高級感があります。一方、カメラ部が出っ張っているので、傷や衝撃には注意してください。

インターネットや動画再生だけでなく、3Dゲームもプレイ可能です。ベゼルいっぱいまで広げた大画面ディスプレイも魅力。

デュアルカメラも搭載しているので、ぼかし撮影や夜景の撮影もできます。口コミでも「値段と性能にびっくり」「バランスで選ぶならこのスマホ」など、コスパの高さを高く評価するコメントが多く聞かれます。

HUAWEI(ファーウェイ) P20 lite SIMフリーの詳細
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)
ディスプレイ5.84インチ
CPUKirin 659
RAM4GB
ROM32GB
カメラ

メインカメラ:1,600万画素 + 200万画素

フロントカメラ:1,600万画素

バッテリー3,000mAh
重さ145g
参考価格24,262円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
HUAWEI(ファーウェイ)

nova lite 2

SIMフリー
参考価格18,900円(税込)

持ちやすいラウンドフォルム形状のスマホ『HUAWEI(ファーウェイ) nova lite 2 SIMフリー』。一方で、画面上部や下の方をタップするときは工夫が必要かもしれません。

背面は、全体的に角の取れた丸みを帯びたデザインで、横に並んだデュアルカメラと指紋認証のボタンが上寄りに配置されています。

省電力機能の搭載により、大画面と少なめの3,000mAhの電源ながら日常的な利用であれば丸一日使える電池持ちも魅力です。

また、明暗がはっきりした写真やぼかし撮影ができる高性能なカメラも付いています。

「顔認証システムも搭載されていてびっくり」「価格以上の満足感があるスマホ」と、口コミでも高い人気がうかがえるスマホです。

HUAWEI(ファーウェイ) nova lite 2 SIMフリーの詳細
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)
ディスプレイ5.65インチ
CPUKirin 659
RAM3GB
ROM32GB
カメラ

メインカメラ:1,300万画素 + 200万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー3,000mAh
重さ143g
参考価格18,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
OPPO

R15 Neo

SIMフリー
参考価格24,166円(税込)

『OPPO R15 Neo SIMフリー』は電池持ちの良さとメタリックなカラーリングが魅力的なスマホです。光沢感がありながら安っぽくないメタリックカラーの本体は、とてもインパクトがあります。

4,230mAhの大容量バッテリーを搭載していて、アプリやカメラをたくさん使っても十分一日中持つのではないでしょうか。約3時間でフル充電可能な、充電速度も高い点も評価できます。

RAMやROMも十分な容量を搭載し、CPUも一般的なゲームや動画再生もこなせます。

口コミでは「HD画質も再生できるし、電池持ちは最高」「おしゃれなデザインとサクサク動く性能に惹かれた」と、高評価が多く寄せられるスマホです。

OPPO R15 Neo SIMフリーの詳細
メーカーOPPO
ディスプレイ6.2インチ
CPUQualcomm SDM 450
RAM3GB
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,300万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー4,230mAh
重さ168g
参考価格24,166円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Motorola(モトローラ)

Moto G6 Plus

SIMフリー
参考価格35,912円(税込)

背面のカメラ周辺に設けられた大きな円形の盛り上がりが個性的なスマホ『Motorola(モトローラ) Moto G6 Plus SIMフリー』。

カメラ機能が充実していて、スローモーション撮影や指定した色だけを抜き出した写真を撮ることもできます。シャッタースピードやぼかし具合をマニュアルで調整して、一眼カメラのような写真を再現することも可能です。

また、性能のいいCPUも搭載しているので、インターネットだけでなく高画質なスマホゲームで遊ぶこともできます。

バランスのいい性能を持ち、コスパに優れているスマホを探している方におすすめできます。

Motorola(モトローラ) Moto G6 Plus SIMフリーの詳細
メーカーMotorola(モトローラ)
ディスプレイ5.93インチ
CPUQualcomm Snapdragon 630
RAM4GB
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素

フロントカメラ:500万画素

バッテリー3,200mAh
重さ165g
参考価格35,912円(税込) 
画像:amazon.co.jp
5位
FREETEL(フリーテル)

REI 2 Dual

参考価格19,800円(税込)

『REI 2 Dual』は、『FREETEL(フリーテル) 』らしいシンプルな外観とコスパに優れている人気機種です。基本スペックも充実していて、ドコモとauを同時に電波を拾うデュアルSIMにも対応しています。

写真撮影も、モノクロセンサーが追加されたデュアルレンズによって夜間やズームの写真でも綺麗な写真を撮ることができます。

「電池持ちもいいし、2万円を切る価格が魅力」「カメラも結構綺麗に撮影できる」など、口コミでも評価する声が多く聞かれます。性能も大切だけど、価格も譲れないという方にもおすすめできる注目のスマホです。

FREETEL(フリーテル) REI 2 Dualの詳細
メーカーFREETEL(フリーテル)
ディスプレイ5.5インチ
CPUQualcomm Snapdragon625
RAM4GB
ROM64GB
カメラメインカメラ:1,300万画素 + 1,300万画素フロントカメラ:1,600万画素
バッテリー3,300mAh
重さ158g
参考価格19,800円(税込)

ゲーム用のハイエンド

画像:amazon.co.jp
1位
HUAWEI(ファーウェイ)

Mate 10 Pro

SIMフリー
参考価格52,900円(税込)

SIMフリースマホの中で高い性能が人気の『HUAWEI(ファーウェイ) Mate 10 Pro SIMフリー』。

6.0インチの縦長ディスプレイを搭載し、ベゼル部分が狭くスタイリッシュなフォルムです。実際に手にとると、数値以上のサイズに感じる方もいるでしょう。

CPUやRAM性能は市販スマホの中でも最高クラスなので、ゲームや動画再生を頻繁に利用される方におすすめです。液晶も有機ELディスプレイなので、大きな画面で高画質に楽しむことができます。

メインカメラは、ライカ製のダブルレンズを搭載しています。背景のボカし具合を調整して、一眼カメラさながらの写真を撮ることも可能です。色合いは、人の目に近いナチュラルなカラーに仕上がります。

口コミでは、「カメラ性能が高くて、電池持ちもいいので大満足」「デュアルSIM対応にも対応していて便利」など、高い性能を求める方を中心に評価する声が多く聞かれます。

HUAWEI(ファーウェイ) Mate 10 Pro SIMフリーの詳細
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)
ディスプレイ6.0インチ
CPUKirin970
RAM6GB
ROM128GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 2,000万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー4,000mAh
重さ178g
参考価格52,900円(税込)  
画像:amazon.co.jp
2位
ASUS(エイスース)

ZenFone 5Z

SIMフリー
参考価格64,636円(税込)

スマホゲームを楽しむ方におすすめのハイスペックスマホ『ASUS(エイスース) ZenFone 5Z SIMフリー』。最高クラスの処理性能を誇るCPU「Snapdragon 845」を搭載しているので、高負荷の3Dゲームでも安定した動作が期待できます。

液晶は、最新のiPhoneにそっくりなノッチのあるデザインです。6.2インチの大画面で、画面いっぱいでアプリや動画も楽しめます。

また、『iPhone XS Max』に迫るサイズに対して、50g近く軽い点も魅力です。

「かなり大きいが性能が高くて気に入っている」「ゲームも全然かくつかないので快適です」と、口コミでもアプリを快適に楽しめるというコメントが多く聞かれました。

ASUS(エイスース) ZenFone 5Z SIMフリーの詳細
メーカーASUS(エイスース)
ディスプレイ6.2インチ
CPUQualcomm Snapdragon 845
RAM6GB
ROM128GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 800万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー3,300mAh
重さ165g
参考価格64,636円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
ASUS(エイスース)

ZenFone4

SIMフリー
参考価格41,800円(税込)

『 ZenFone4 SIMフリー』は、2位でご紹介した。『ASUS(エイスース)ZenFone』の一世代前のスマホになります。型落ちした分コスパにも優れているのでおすすめです。

スペックも最新の機種と遜色ない性能を備えています。搭載されている「Snapdragon 660」は今でも十分高スペックのCPUで、6GBの大容量のRAMと組み合わされ、アプリの同時起動も問題ありません。

カメラは、広角レンズが追加されたデュアルカメラ仕様なので、画面いっぱいに景色を収める写真撮影が可能です。

購入者からは「高性能でコスパ抜群のスマホだと思う」「全然固まらないし、カメラも高画質でいい」と、カメラや電池持ちなどを評価する声も聞かれました。

ASUS(エイスース) ZenFone4 SIMフリーの詳細
メーカーASUS(エイスース)
ディスプレイ5.5インチ
CPUQualcomm Snapdragon 660
RAM6GB
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,200万画素 + 800万画素

フロントカメラ:800万画素

バッテリー3,300mAh
重さ165g
参考価格41,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
HUAWEI(ファーウェイ)

P20

SIMフリー
参考価格55,330円(税込)

カメラ性能を重視する方におすすめのスマホ『HUAWEI(ファーウェイ) P20 SIMフリー』。メインカメラだけでなく、フロントカメラにも2,400万画素の高性能なカメラを搭載しています。

メインカメラはデュアルカメラ仕様なので、背景をぼかした写真や夜間などの暗い場所でもくっきりとした写真を撮ることが可能です。

また、Kirin 970と4GBのRAMの採用により、動画やアプリの動作に必要なスペックも十分満たしているので、ゲームを楽しむ方もストレスなくプレイできます。

「画質は評判通りで同時起動も問題ない」「RAMの影響か動きも早くいい買い物だった」など、口コミではカメラ性能を中心に人気が集まっています。

HUAWEI(ファーウェイ) P20 SIMフリーの詳細
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)
ディスプレイ5.8インチ
CPUKirin 970
RAM4GB
ROM128GB
カメラ

メインカメラ:2,000万画素 + 1,200万画素

フロントカメラ:2,400万画素

バッテリー3,400mAh
重さ165g
参考価格55,330円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
HTC

U11

SIMフリー
参考価格62,000円(税込)

『HTC』のフラッグシップとして発売された、高性能なガラスボディのスマホ『 U11 SIMフリー』。外観は、ホールドしやすいように設計された、丸みを帯びた形状が特徴です。

メインカメラは1,600万画素のシングルカメラですが、色鮮やかで繊細な写真を撮ることができます。フロントカメラも1,200万画素の高性能なカメラを採用しています。

また、『Snapdragon835』が搭載されているので、基本性能も十分なスマホです。

安心の防水防塵に加え、おサイフケータイにも対応しているので、メイン用として検討してみてはいかがでしょうか。

HTC U11 SIMフリーの詳細
メーカーHTC
ディスプレイ5.5インチ
CPUQualcomm Snapdragon835
RAM4GB
ROM64GB
カメラ

メインカメラ:1,600万画素

フロントカメラ:1,200万画素

バッテリー3,000mAh
重さ170g
参考価格62,000円(税込)

4.スマホの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、スマホの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのスマホ売れ筋ランキング楽天のスマホ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのスマホ売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

カテゴリから探す