ゲーミングチェアおすすめ!プロの逸品&人気ランキング15選

ゲーム中、疲れにくい理想の姿勢をサポートしてくれるのが、ゲーミングチェアです。

自分のプレイスタイルに合ったゲーミングチェアであるかどうかが、ゲームの勝敗を分けることもあるのではないでしょうか。

よりフィット感がある高性能なゲーミングチェアをお探しの方に、Tokyo Game Showなど数々のゲームイベントMCで活躍中のeスポーツキャスター、吉﨑智宏さんおすすめの逸品をご紹介します。

また、ゲーミングチェアを選ぶときのチェックポイントや、IPPING編集部調べによる口コミランキングTOP15も合わせてご覧ください。

最終更新日:2019年8月27日
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト』

この専門家の他の記事を見る

1.eスポーツキャスターおすすめのゲーミングチェア

まずは、ゲーム大会の実況MCとして活躍中の吉﨑智宏さんに、おすすめのゲーミングチェアを教えていただきました。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ゲーミングチェア選びの第一のポイントは、何と言っても「座り心地」です。ゲーミングブースのある量販店での店頭デモで、座り心地をチェックしてください。
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
DXRACER

ゲーミングチェア DXR

参考価格29,800円(税込)

『DXRACER』の6つのシリーズ中、DXRモデルは、細身または普通体型の方向け、スタンダードタイプのゲーミングチェアです。

『DXRACERゲーミングチェア DXR』には、レッドとブラックの2色が用意され、数々のeスポーツ大会で公式ゲーミングチェアに採用されています。

弾力性のあるウレタンフォームに通気性のよいファブリック製の生地が使用されていますので、座り心地は快適です。

キャスターには、5cm 径ウレタン樹脂製ツインホイールが採用され、床を傷つけにくく、滑らかな動きが特長です。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
『DXRACERゲーミングチェア DXR』には、東京ゲームショウの際に座りましたが、素晴らしい座り心地でした。

チェア機能やアームレストを自分に合わせてカスタマイズできるのは、うれしいですね。

現在使っている椅子がフローリングを傷つけているので、ウレタン製ホイールのこちらに買い替えを検討中です(笑)。

長時間座っても疲れ知らずのこの製品は、ゲームだけでなく、デスク仕事の方にもおすすめの逸品です!

DXRACER ゲーミングチェア DXRの詳細
 メーカーDXRACER
 メーカー希望小売価格 29,800円(税込)

2.ゲーミングチェアとは?

最近はゲーミングチェアとして売られている椅子をよく見かけますが、オフィスチェアやパソコン用チェアと何が、どのように違うのでしょうか。

ゲーミングチェアの特徴から、その違いを確認してみましょう。

ゲームに特化した椅子

基本的にゲーミングチェアとは、長時間、長いときで10時間を超える時間、ゲームをすることが前提となって作られた椅子です。

ですから、当然、体への負担を軽減し、長時間正しい姿勢を保てることが要件となってきます。

また、ゲームをするうえで重要な、コントローラーの操作性が安定して得られることをはじめ、そのまま休憩してリラックスできることも大切な条件です。

ゲームの世界にもプロが登場し、様々に進化するゲーミングウェアのなかの一つが、ゲーミングチェアなのです。

3.ゲーミングチェアの選び方

では実際に、ゲーミングチェアを選ぶときにどんな点をポイントにすればよいのか、ご説明します。

アームレスト

画像:amazon.co.jp

ゲーミングチェアにはアームレストが付いていますが、ほとんどが可動式です。オフィスチェアのアームレストに比べると、機能性に富んでいます。

高さ調整はもちろんのこと、前後、左右の好みの場所、ゲームのスタイルなど、必要に応じて設定を変えることも可能です。

後付けのアームレストもありますが、数は少なく、椅子本体との適合性を考えると、慎重に購入することをおすすめします。

リクライニング 

画像:amazon.co.jp

ゲーミングチェアの多くには、リクライニング機能が採用されています。プレイスタイルや疲労度に合わせて調整、または固定できるので、便利です。

また、リクライニングとともに、ロッキング機能も付いていることが多いので、椅子に座りながら身体の状態を変えることもできます。

素材 

画像:amazon.co.jp

ゲーミングチェアは長時間座り続けるため、汗をかいたり、匂いが付きやすくなります。体臭が残ったり、熱がこもりやすかったりすると、長く座っていること自体が難しいでしょう。

そこで、ゲーミングチェアの貼り材は、これらの問題を解決する素材です。通気性に富み、匂いのつきにくい新素材や合皮などが多く使用されています。

さらに、貼り材の下は、ウレタンなどの体にフィットする素材が使われています。

その他機能性をチェック!

チェアシート

画像:amazon.co.jp

チェアシートは、ハイバックで頭まであり、背中や座面などの体全体がすっぽり包み込まれる形状をしています。

身体全体を預けてストレスがないばかりではなく、さらに疲れを軽減させるように、人間工学に基づいたゲーミングチェアが、形状や素材などの様々な角度から研究されているのです。

ヘッドレスト

画像:amazon.co.jp

ほとんどのゲーミングチェアには、ヘッドレストが付いています。頭をもたれかけることで、最も疲れにくい肩、首、頭の角度のバランスが計算されています。

さらに、リクライニングの角度に合わせてモニターを見ることができるように、後付けできるゲーミングクッションもあり、好みの状態をより快適にするための工夫がなされています。

ランバーサポート

画像:amazon.co.jp

腰痛を予防、または軽減するため、ランバーサポートが付いたゲーミングチェアがあります。

ランバーは腰部を意味しますから、座った姿勢でも背骨を自然なS字形状に近づけ、立位時の姿勢をキープしてくれる機能が、ランバーサポートです。

ブランド・メーカー

多くのゲーミングチェアブランドがありますが、なかでも人気モデルを多く輩出しているのが、DXRACERやAKRacing、E-WINなどでしょう。

DXRACER

画像:esuba.eu

レーシングシートの製造に始まる人体工学(エルゴノミクス)に基づいた設計・デザインで、eスポーツ世界で初めてプレイヤーを支えるゲーミングチェアブランドです。

AKRACING

画像:mastercupofficial.com

2000年にレーシングシート分野に進出した後、世界で初めてゲーム専用のチェア製造に携わり、ゲーミングチェア世界市場でトップを確立しているブランドです。

E-WIN

画像:twitter.com/ewin_life

2015年より中国を生産拠点とし、アメリカ、ヨーロッパで販売を始めたブランドです。日本では2016年10月から販売が開始され、デザイン性の高さで急成長を遂げています。

参考:bauhutte.jp

4.レビュー評価の高いゲーミングチェア15選

ここからは、IPPING編集部調べによるゲーミングチェアの口コミランキングTOP15をご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
DXRACER

ゲーミングチェア DXR

参考価格29,800円(税込)

口コミランキングNo1.に輝いた『DXRACERゲーミングチェア DXR』は、eスポーツキャスター吉﨑智宏さんがおすすめするゲーミングチェアです。

数々のeスポーツ大会で公式ゲーミングチェアに採用されている、スタンダードモデルです。

150度の傾斜角のリクライニングと座面ロッキング機能を合わせ持ち、ファブリック素材の生地は、暑い時期にも快適に使用できます。

身長175cmのユーザーが、「自分の体にぴったり」だと、フィット感のよさを報告しています。「ランバーサポート、ヘッドレストともによい」といった、機能性の高さを評価するコメントが多いです。

DXRACER ゲーミングチェア DXRの詳細
メーカーDXRACER
背面135度リクライニング
座面15度ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
フットベース強化ナイロン樹脂製
キャスター5cmPU樹脂製ツインホイール
座面高42-52cm
メーカー希望小売価格29,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
MCTECH

ゲーミングチェア

参考価格20,380円(税込)

『MCTECH ゲーミングチェア』は、最大170度のリクライニングが可能な無段階調整のゲーミングチェアです。

アームレストは自在に動くため、快適なポジショニングができます。ヘッドレストとランバーサポートで、2つのクッションが付いています。

座面の高さ調整もガス圧式ですから、スムーズな操作ができ、張り材はPUレザーを使用しています。

ゲーミングチェアとして、「見た目もとても豪華で座り心地も抜群によい」、「コスパが最高」といったコメントが多いことからも、人気の理由がわかります。

MCTECH ゲーミングチェアの詳細
メーカーMCTECH
張地PUレザー
サイズ幅62×奥行き55×高さ126~136(cm)
背面リクライニング機能
座面高約40〜50cm
付属収納式オットマン
耐荷重約100kg
参考価格20,380円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
AKRACING

ゲーミングチェア NITRO

参考価格42,800円(税込)

『AKRACING ゲーミングチェア NITRO』は、人間工学に基づいて設計され、ホールド感が特徴のゲーミングチェアです。

椅子に座った姿勢が悪いと様々な身体の不調をきたすため、体圧を分散し最適な姿勢にするためのデザインが施されています。

ウレタン製の座面、人体を包み込むような背面部分、腰椎を支えるランバーサポートなど、長時間プレイするゲーマーが集中力を欠くことがないように配慮されているのです。

実際座ってから決めたというユーザーは、「座面が深い」「リクライニングが180°」「きしみ音など異音がならない」「アームレストは柔らかい素材でひじを長時間乗せていても痛くならない」「見た目がかっこいい」等の点を高く評価しています。

AKRACING ゲーミングチェア NITROの詳細
メーカーAKRACING
張地PUレザー
サイズ幅54×奥行き56×高さ92(cm)
背面180度リクライニング
座面ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
キャスターPU製
座面高33~40cm
付属ランバーサポート、ヘッドレスト
耐荷重約100kg
参考価格42,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
GTRACING

ゲーミングチェア 

GT002
参考価格17,800円(税込)

『GTRACING ゲーミングチェア  GT002』は、長時間座っても疲れにくいのが特徴のゲーミングチェアです。

身体を包み込むハイバック仕様と着脱可能な2つのクッションが、体をやさしく支えてくれます。レバー一つの操作で、約165度までのリクライニングが可能です。

また、ガスシリンダー式を採用しているので、長く使ってもガタガタせず、耐久性と安全性に優れています。

「値段以上の製品だった」とコスパのよさや、「インテリアとしての存在感がいい」というデザイン性が人気の一品です。

GTRACING ゲーミングチェア GT002の詳細
メーカーGTRACING
張地PUレザー
サイズ幅67×奥行き57×高さ120~132(cm)
背面165度リクライニング
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
付属ヘッドレスト、ランバーサポート
耐荷重約100kg
参考価格17,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
E-WIN

ゲーミングチェア 

CL-BG1C
参考価格22,900円(税込)

『E-WIN ゲーミングチェア CL-BG1C』は、約15度の範囲で揺れるロッキング機能を搭載したゲーミングチェアです。

厚み10cmの座面ウレタンにより、座ったときの圧力が吸収される仕組みになっています。

アームレストは上下7cmに調整可能で、厚さ8mmのステンレス鋼板に弾力のあるPUを使用していて、とても丈夫です。

最大荷重150kgにも耐えられる安全・安心設計です。

「5万円台と比べても遜色無し」「リクライニング、ロッキング、合皮この3点を2万円前半でクリア」といったレビューのように、コスパのよさへの評価が群を抜いています。

E-WIN ゲーミングチェア CL-BG1Cの詳細
メーカーE-WIN
張地PUレザー
サイズ幅54×奥行き56×高さ84(cm)
背面85度から155度まで8段階リクライニング
座面15度ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
座面高42~50cm
付属ヘッドレスト、ランバーサポート
耐荷重約150kg
メーカー希望小売価格22,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
AKRACING

ゲーミングチェア PRO-X

参考価格52,800円(税込)

『AKRACING ゲーミングチェア PRO-X』は、AKRACINGシリーズのなかでもハイエンドモデルのゲーミングチェアです。

アームレストの位置を自由に調整できる4Dアジャスタブルアームレストを採用し、よりゆったりとした座り心地が特徴です。

シート部分やバックレスト部分に使用したウレタンフォームが、体圧を分散してくれるので、長時間座っても疲労が軽減されます。

「最大180度のリクライニング機能でリラックスして休める」「座り心地がいい」と、椅子本来の機能性の高さに人気が集まっています。

AKRACING ゲーミングチェア PRO-Xの詳細
メーカーAKRACING
張地PUレザー
サイズ幅55×奥行き55×高さ95(cm)
背面180度リクライニング
座面ロッキング機能
アームレスト4Dアジャスタブルアーム(前後・左右に回転)
キャスターPU製双輪キャスター
座面高32~39cm
耐荷重約150kg
参考価格52,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
AKRACING

ゲーミングチェア WOLF

参考価格39,800円(税込)

『AKRACING』の『Wolf シリーズ』は、通気性に富んだ肌触りのよいファブリックを使用したゲーミングチェアです。

また、平均的な日本人の体格や座部までの高さに設定された、日本市場向け仕様になっています。

最大180度のリクライニング機能やランバーサポート、床を傷つけにくいポリウレタン製キャスターなど、上位機種を踏襲したコストパフォーマンスに優れたモデルです。

レビューにもあるように、「座面の奥行きが長く、より深く座れる」構造が、疲れることなく長時間座ることを可能にしたようです。

AKRACING ゲーミングチェア WOLFの詳細
メーカーAKRACING
張地PUレザー
サイズ幅52×奥行き54×高さ91(cm)
背面180度リクライニング
座面ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
キャスターPU製双輪キャスター
座面高33~40cm
耐荷重約150kg
参考価格39,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
MCTECH

ゲーミングチェア

参考価格22,520円(税込)

『MCTECH ゲーミングチェア』は、170度の無段階リクライニングができる機能が付いたゲーミングチェアです。

ガス昇降機能で座ったまま簡単操作でき、座面は360度スムーズに回転します。

こだわりのソフトレザーを張り材に使用しており、ヘッドレストとランバーサポートには、着脱可能なクッションが2つ付いています。

「腰の痛みが軽減した」「低価格なのに座り心地がいい」と、高い機能性がレビューで評価されています。

MCTECH ゲーミングチェアの詳細
メーカーMCTECH
張地PUソフトレザー
サイズ幅62×奥行き55×高さ126~136(cm)
背面170度無段階リクライニング
座面360度スムーズ回転機能
アームレスト1Dアーム(左右可動)
座面高40~50cm
付属格納式フットレスト、ヘッドレスト、ランバーサポート着脱可能クッション
耐荷重約110kg
参考価格22,520円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
LC-POWER

ゲーミングチェア

参考価格23,560円(税込)

『LC-POWER ゲーミングチェア』は、座ったときの体を包み込むホールド感とフィット感にこだわったゲーミングチェアです。

ランバーサポートによるS字カーブの姿勢保持と腰痛対策が特徴ですから、長時間のゲームでも疲労を軽減することができます。

「座り心地がとてもいい」という、このゲーミングチェアの一番の長所が高く評価されています。「高級感があって満足」とレビューにもあるように、品質の高さが多くの人気を集めています。

LC-POWER ゲーミングチェアの詳細
メーカーLC-POWER
張地PUレザー
背面145度リクライニング
座面360度スムーズ回転機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
キャスターPU製
座面高48~54cm
耐荷重約150kg
参考価格23,560円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
DXRACER

ゲーミングチェア DXZ

参考価格39,800円(税込)

『DXRACER』のフォーミュラシリーズのなかで、『DXZ』は、7色のカラーバリエーションが揃ったスタンダードタイプのゲーミングチェアです。

アームレストの高さ調整も簡単で、アームパッドの表面には、弾力性のあるウレタン樹脂を採用。

座面の高さ調整もレバー操作ででき、135度のリクライニング機能とロッキング機能を搭載しています。キャスターバースはナイロン樹脂製で、床を傷めません。

「最高の座り心地」とのコメントからも、あらゆる機能性に富んだモデルであることがわかります。前かがみになっても疲れないため、「ゲームもデスク作業もOK!」だそうです。

DXRACER ゲーミングチェア DXZの詳細
メーカーDXRACER
張地PUソフトレザー 
サイズ幅73×奥行き73×高さ120~129(cm)
背面150度リクライニング
座面ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
キャスター5cm 径ウレタン樹脂製ツインホイールキャスター
座面高42~52cm
メーカー希望小売価格39,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
11位
Bauhutte

ゲーミングチェア 

RS-950RR
参考価格29,529円(税込)

『Bauhutte ゲーミングチェア RS-950RR』は、プロゲーマー向けに設計された、最高ランクのゲーミングチェアです。

3Dランバーサポートや3Dヘッドレスト、4Dアームレストなど、各部機能がアップグレードされています。

ワンタッチでON/OFFの切り替えができるロック機能付きのキャスターと、身長154cmからしっかり床に足をつけることができる、日本人向け低座面設計なのも特徴です。

「アームレストが便利、しかも向きを変えることが可能」と、3Dならではのメリットにコメントが寄せられています。

「背の低い方にもおすすめ」と、体験によるコメントも参考になりますね。

Bauhutte ゲーミングチェア RS-950RRの詳細
メーカーBauhutte
張地ポリエステル100%
サイズ幅74×奥行き67×高さ119~126(cm)
背面135度リクライニング
アームレスト4Dアームレスト
キャスターロック機能を搭載
座面高38~45.5cm
付属3Dゲーミングクッション、ランバーサポート、ヘッドレスト
参考価格29,529円(税込)
画像:amazon.co.jp
12位
サンワダイレクト

ゲーミングチェア 

150-SNCL003
参考価格29,800円(税込)

『サンワダイレクト ゲーミングチェア 150-SNCL003』は、足を伸ばせる収納式オットマン付きゲーミングチェアです。

クリック&左右ドラッグで360°回転が可能なシートは、バケットデザインで体をすっぽり包み込んでくれます。

背もたれは、無段階角度調整が約160度まで可能なリクライニング方式で、大型ヘッドレストと小型クッションが付いています。

「多機能でよく考えられている商品」というコメントにもあるように、多くのユーザーに評価の高い製品です。

サンワダイレクト ゲーミングチェア 150-SNCL003の詳細
メーカーサンワダイレクト
張地PUレザー 
サイズ幅71×奥行き75~161×高さ118.5~124(cm)
背面160度無段階リクライニング
座面高48.5~54cm
付属収納式オットマン付き
メーカー希望小売価格29,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
13位
MCTECH

ゲーミングチェア

参考価格17,790円(税込)

『MCTECH ゲーミングチェア』は、アームレストが肘の運動方向に左右30度まで可動するゲーミングチェアです。

リクライニングは無段階で調節が可能です。座面部分の10cmを超えるウレタンと背もたれをS字流線的なラインにする着脱可能クッションが、腰を痛めません。

「好きな位置にアーム部分を移動できることが非常に気に入っている」と、カスタマイズ性に人気があるようです。座り心地のよさは、「ゲーム用途以外でも活躍する」という感想からも明らかです。

MCTECH ゲーミングチェアの詳細
メーカーMCTECH
張地PUレザー
サイズ幅53×奥行き65×高さ126~133(cm)
背面180度無段階リクライニング
耐荷重約120kg
参考価格17,790円(税込)
画像:amazon.co.jp
14位
E-WIN

ゲーミングチェア 

CP-BC5B
参考価格26,900円(税込)

『E-WINゲーミングチェア CP-BC5B』は、最大荷重150kgまでに対応できるゲーミングチェアです。

3D調整アームレストや低座面性、通気性のあるピンホールPUレザーシートなど、細やかな高機能性が特徴です。

85度から155度までの8段階でリクライニング調整ができ、ロッキング機能もレバー操作だけで楽しめます。

「デザイン、座り心地、コスパ最高」と、3拍子揃ったゲーミングチェアであることが人気の理由のようです。

E-WIN ゲーミングチェア CP-BC5Bの詳細
メーカーE-WIN
張地ピンホールPUレザーシート
サイズ幅53×奥行き58×高さ87(cm)
背面150度リクライニング
座面ロッキング機能・座席前傾機能
アームレスト3D調整アーム(上下・左右・前後)
座面高41~49cm
耐荷重約150kg
メーカー希望小売価格26,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
15位
GTRACING

ゲーミングチェア GTBEE

参考価格17,800円(税込)

『GTRACING ゲーミングチェア GTBEE』は、プロ仕様のチェアとして多機能性が特徴のゲーミングチェアです。

体幹を支えるための三次元立体成型スチールフレームを採用し、身体をすっぽりホールドします。

約170度まで背もたれをリクライニングでき、体を好きなときに動かせる強弱調節可能なロッキング機能も搭載しています。身体の疲れを軽減させるための様々な性能にこだわった製品です。

「メッシュタイプの張り材が蒸れなくていい」「頭と腰が楽」と、ゲーマーがプレイするのに必要な機能が搭載されているとコメントに寄せられています。

GTRACING ゲーミングチェア GTBEEの詳細
メーカーGTRACING
張地ピンホールPUレザーシート
サイズ幅67×奥行き57×高さ120~132(cm)
背面165度リクライニング
座面ロッキング機能
アームレスト1Dアーム(上下昇降)
付属ランバーサポート
耐荷重約100kg
参考価格17,800円(税込)

ゲーミングチェアの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ゲーミングチェアの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのゲーミングチェア売れ筋ランキング楽天のゲーミングチェア売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのゲーミングチェア売れ筋ランキング

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

カテゴリから探す