おすすめのタブレット!プロ厳選&最新機種ランキング10選

スマホより大画面で動画やゲームを楽しみたいならタブレット端末がおすすめです。

1万円を切るコスパのいいモデルから3Dゲームがサクサク遊べる高性能モデルなど、豊富なラインナップが揃うタブレット市場。

国内でダントツの人気を誇る『iPad』も新機種が発売されました。

「どの機種がいいのか」「仕事でもプライベートでも便利なタブレットが欲しい」など、選択肢がが多すぎて選べない方も多いでしょう。

そこで、ITやガジェットなどを中心に各種メディアで情報発信しているITジャーナリスト本田雅一さんに、おすすめのタブレットをご紹介いただきました。

また、IPPING編集部調べによる、タブレット端末の選び方をご紹介!最新タブレットランキングもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年5月30日
本田雅一

本田雅一 のプロフィール

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エンガジェット、AV Watch、webChronosなどの各種メディアで連載。海外取材を織り交ぜた製品レビュー、業界動向コラムなどを執筆すると共に製品開発アドバイザー、マーケティング戦略アドバイザーとしても活躍。『これからスマートフォンが起こすこと。』ほか、著書多数。近著に街外れの鮨屋が世界的名店へと羽ばたくノンフィクション小説『蒲田 初音鮨物語』がある。

この専門家の他の記事を見る

1.ITジャーナリストおすすめタブレット

それでは、さっそくITジャーナリスト本田雅一さんにおすすめのタブレットをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Apple(アップル)

iPad Pro

参考価格11インチ:96,984円〜(税込)/12.9インチ:120,744円〜(税込)

『iPad Pro』は『iPad』シリーズの最上位モデル。『iPhone』で人気のある顔認証システム「Face ID」が新たに採用され、さらに便利になりました。

性能面では最新のA12X Bionicチップを搭載し、ゲームや動画もストレスなく楽しむことが可能です。

クリエイターを中心に高く評価されるApple Pencilは、新たにTouchサーフェスと呼ばれるダブルタッチに対応。ブラシの種類などツールの切り替えに対応しました。

さらに薄くなり金属の質感が活かされたアルミ製の外観も、所有欲を掻き立てられます。

本田雅一さんレビュー

本田雅一
『iPad Pro』の最新モデルは大幅に薄くなった本体、狭額縁のディスプレイとその表示品質、Apple Pencilの改良などさまざまな面で大幅に進化しました。組み合わせて使うカバー兼用キーボードも、構造を見直すことで”カバーとしての機能”、”スタンドとしての機能性”ともに大きく向上しています。もちろん、パフォーマンスも大幅に向上。高価ですが、それに見合うだけの高い生産性と品質があります。画面サイズは2種類ありますが、用途に応じて選ぶといいでしょう。

iPad Proの詳細
発売日2018年11月1日
メーカーApple(アップル)
OSiOS 12
画面サイズ11インチ/12.9インチ
モバイル回線の対応nano-SIM(Apple SIMに対応6)/eSIM
ストレージ64GB/256GB/512GB/1TB
重量11インチ:468g/12.9インチ:631〜633g
メーカー希望小売価格11インチ:96,984円〜(税込)/12.9インチ:120,744円〜(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
マイクロソフト

Surface Pro 6

参考価格129,384円〜(税込)

専用のキーボードが付属する『Surface Pro 6』モデルがおすすめ。使い勝手に優れ、ノートパソコンとタブレットどちらの用途でも活躍してくれます。

付属のカバーは、用途に合わせて簡単に取り外せるのもポイントです。

12インチの大画面モデルで、書類やブラウザの文字もくっきり見え作業もはかどります。高性能なCPUを搭載しているので、動画やゲームも難なくプレイ可能です。

本田雅一さんレビュー

本田雅一
Surface Proは、2-in-1と呼ばれるタブレットとノートパソコンの両形態で使えるコンピュータの元祖です。そのもっとも成熟した製品がSurface Pro 6。使い勝手はまさに”Windowsパソコン”そのものですから、Windowsパソコンをそのままペンタブレットとしても使いたいならば、リストの筆頭に来るでしょう。3:2の特殊な画面サイズは、縦でも横でも使いやすく、カバー兼用のキーボードは、キータッチ、トラックパッドの質も共に高品質です。

Surface Pro 6の詳細
発売日2019年1月17日
メーカーマイクロソフト
OSWindows 10
画面サイズ12.3インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TB
重量770g〜784g
メーカー希望小売価格129,384円〜(税込)

2.タブレットの選び方

タブレットを選ぶポイントは「OS」「ディスプレイのサイズ」「モバイル回線への対応」の3つです。

国内のタブレット市場ではiOSを搭載する「iPad」シリーズが圧倒的なシェアを持っています。シェア争いを繰り広げる、Android端末とWindows端末それぞれの特徴もご紹介します。

搭載しているOS

タブレットの使い勝手を左右する、OS(オペレーティング・システム)の種類を選びましょう。OSは使い勝手やアプリを動かす基本となるシステムのこと。

現在タブレットのOSはAndroid、iOS、Windowsの3種類があります。利用シーンと使っているスマホの種類も考慮して、ご自身の使いやすいOSを選ぶのがおすすめです。

 

Android

iOS

Windows

アプリの数

◎アプリ数が最も多い

◯種類が豊富。主要なソフトは網羅

△他OSに比べると、アプリがやや少ない

使いやすさ

◯スマホと操作感が似ていて、使いやすい

◎使い勝手がよく、動作も軽い

◯パソコンのように利用できる

Officeソフト

◎無料で利用可能(一部制限あり)

◯購入すれば利用可能

◎細かい編集作業も可能

価格

◎幅広いラインアップ

△高級モデルが多く、価格が高い

◯モデルによって大きく異なる

iPhoneをご利用の方はApple ID、Androidの方はGoogleアカウントを通じてスマホとタブレットのデータやアドレス帳などを共有することもできるので、スマホの機種に合わせて選ぶ方も多いです。

【Android搭載タブレット】幅広いラインナップ

画像:amazon.co.jp

Android搭載タブレットの一番の魅力は豊富なラインナップ。

Android端末の中で一番のシェアを持つ『ファーウェイ』を中心に『レノボ』や『NEC』、『富士通』、『エイスース』などたくさんのメーカーからタブレット端末が発売されています。

安価な機種では1万円を切る価格のタブレットもあり、インターネットや電子書籍の利用など、負荷のかからない利用がメインの方には十分な性能を備えています。

高画質なゲームや大画面での動画や映画の視聴をされる方は、最新のCPUを搭載しメモリ容量も多いハイスペック機種が向いています。

テレビ機能や防水モデルなど、性能面が機種により大きく異なるのもAndroid端末の特徴です。

【iOS搭載タブレット】使いやすさと高級感が魅力

画像:kakaku.com

国内のタブレット市場で圧倒的なシェアを持つ『Apple』のタブレット端末『iPad』シリーズ。

IT専門調査会社 『IDC Japan』の調査によると、2018年4月〜6月の国内メーカー別タブレット出荷台数において『iPad』シリーズは全体の約50%を占めています。

人気の理由には、使いやすくサクサク動くOSや端末の操作性が挙げられます。

特に『iPhone』を利用されている方は、直感的に利用できる共通のインターフェースで使いやすいでしょう。端末のスペックが高いので高画質の3Dゲームもストレスなく楽しめます。

質感も高く評価されています。2018年11月に発売された新型『iPad Pro』はベゼルが狭く、大きなディスプレイと質感の高いアルミで作られた美しいデザインが特徴です。

【Windows搭載タブレット】仕事用にもおすすめ

画像:amazon.co.jp

Officeをタブレットでも使いたい方はWindows搭載タブレットがおすすめ。

有料版でも全ての機能が使えないAndroid端末とiOS端末に比べ、Windows搭載タブレットならパソコンと同様の作業が可能です。

普段、Windows10やWindows7のパソコンを使われる方は、操作感が近いのでメールやブラウザの利用も迷うことなく使えます。

パソコンで使っているソフトもタブレットに対応していることも多いので、外出先でノートパソコン代わりに利用する方もいらっしゃいます。

ディスプレイのサイズ

タブレットの画面サイズは、7インチから13インチの端末がライナップされています。

特に人気があるのは10インチのタイプ。画面が大きく、ストレスなく利用できる重量と持ち運びやすさから人気が高いです。

「7〜8インチ」軽量で気軽に楽しむタブレット

7〜8インチというと、スマートフォンよりやや大きめのサイズ。女性が使う小さめのバッグに収まるサイズで、電車の中など立ったままでも使いやすいです。

重量も300g前後のアイテムが多く、毎日持ち歩きたい方にも向いています。

「9〜11インチ」使い勝手のいいサイズ感が人気

スタンダードな10インチ前後のタブレット。安価な中華系メーカーから有名ブランドのタブレットまで多くのラインナップが揃います。

インターネットや読書の利用がメインの方は、画面が大きく見やすい10インチがおすすめです。動画やアプリでゲームを楽しみたい方も満足できる、高性能タブレットもたくさん見つかります。

「12インチ以上」パソコン代わりにもなる大型タブレット

12インチを超えるタブレットは、小型ノートパソコンとほぼ同じサイズ感です。重さも結構あるので片手での操作や立ったままの利用にはあまり向きません。

利用される方は、主にノートパソコン代わりに使いたいという方が中心です。

市販のBluetoothキーボードと組み合わせて利用される方も。キーボードをつけても同サイズのノートパソコより軽量で、スペースも取りません。

モバイル回線への対応

タブレットには、モバイル回線(LTE)に対応しているモデルと、Wi-Fi専用モデルがあります。

利用する環境によって選びましょう。

【LTE搭載モデル】持ち運ぶ?外出先でも通信できる

画像:juggly.cn

LTE搭載モデルは、別途契約したSIMカードを差し込むことで、場所を気にせずタブレットでネット回線が利用できるようになります。

最近は契約するキャリアを自由に選択できる「SIMフリー」に対応したダブレットが人気です。格安SIMと組み合わせれば、月に500円ほどの料金から利用できます。

【Wi-Fi専用モデル】コスパ重視!自宅で楽しむ方に

自宅やカフェなど共用の通信回線がある環境で利用する方は、Wi-Fi専用モデルがおすすめです。LTE搭載モデルよりも安価で購入できるメリットがあります。

スマホにテザリング機能がついていれば、公衆無線のない環境でもスマホを通じ通信できるので十分という考え方もできますよ。

3.【人気10選】新製品紹介!最新タブレット

高性能なダブレットからコスパ抜群のアイテムまで、人気機種を発売日順に10点ご紹介します。

画像:amazon.co.jp
富士通

arrows Tab WQ2/D1 KC_WQ2D1_A001

参考価格74,480円(税込)

防水・防塵仕様で万が一の水濡れによる故障を防げる、『富士通 arrows Tab WQ2/D1 KC_WQ2D1_A001』。国内で組み立てが行われる「Made in Japan」モデルなので、高い品質が期待できます。

有料の文字変換ソフト「ATOK」を標準で搭載しているので、高精度な変換でストレスのない文字入力が可能です。

セキュリティソフト大手の『マカフィー』も3年版が付属します。さらに、有料のOffice搭載モデルを選べば、無料版で制限される機能が全て使えるようになります。

また、ログインの際は指紋センサーを利用すればスムーズにログインができ便利です。

富士通 arrows Tab WQ2/D1 KC_WQ2D1_A001の詳細
発売日2019年2月 13日
メーカー富士通
OSWindows 10
画面サイズ10.1インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ64GB
重量625g
参考価格74,480円(税込)
画像:amazon.co.jp
NEC

 LAVIE Tab E TE510/JAW PC-TE510JAW

参考価格36,900円(税込)

『NEC LAVIE Tab E TE510/JAW PC-TE510JAW』は、高いスペックこそありませんが価格とのバランスが良く、人気のあるタブレット端末です。

Android OSを搭載しているので、定番の「Office」ソフトが無料で使える点にも魅力があります。自宅で書類を確認したり家計簿を作るなど、活用の幅が広がります。

わざわざパスワードを打たずに済む、指紋認証のボタンも便利です。

また、4つのステレオスピーカーによって迫力のある映像と音声が楽しめます。ライブ映像や映画など、お好きなコンテンツを楽しんでみましょう。

NEC LAVIE Tab E TE510/JAW PC-TE510JAWの詳細
発売日2019年1月 24日
メーカーNEC
OSAndroid
画面サイズ10.1インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ64GB
重量440g
参考価格36,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
マイクロソフト

Surface Go

参考価格98,064円〜(税込)

「Windows」を開発する『マイクロソフト』社が作った、パフォーマンスと快適性に優れる『Surface Go』。仕事からプライベートまで、日常生活の様々なシーンで活躍してくれます。

人気の高い10インチのディスプレイを搭載しながら、重量を約500gに抑えているので、普段から持ち歩く方にもおすすめです。

普段Windowsパソコンを触る機会が多い方は、純正のキーボードもセットで購入すれば、パソコンと同じように扱える使い勝手の良さも魅力。

Wi-Fi専用モデルとLTE搭載モデルの2種類がラインナップされていて、使い道に応じて選ぶことができます。

マイクロソフト Surface Goの詳細
発売日2019年1月 22日
メーカーマイクロソフト
OSWindows 10
画面サイズ10インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi/Wi-Fi + LTE
ストレージ64GB + 128GB
重量522g〜
メーカー希望小売価格98,064円〜(税込)
画像:amazon.co.jp
HP

Elite x2 1012 G1

参考価格150,984円〜(税込)

『HP Elite x2 1012 G1』はハイスペックなタブレット端末で、アプリの多重起動なども気にせず使えます。

やや重さと厚みのあるタブレットですが、米軍調達基準の厳しい耐久性試験をクリアしたという堅牢な作りになっています。ビジネスシーンでハードに使う場面でも活躍しそうです。

キーボードを取り付ければ、ノートパソコンさながらの使い勝手の良さを実感できます。キーバックライトにも対応していて夜間の利用時にも便利です。

ボディは高級感を感じさせる金属調のデザインを採用しています。

HP Elite x2 1012 G2の詳細
発売日2018年12月 27日
メーカーHP
OSWindows 10
画面サイズ12.3インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ256GB
重量803g
メーカー希望小売価格150,984円〜(税込)
画像:amazon.co.jp
ASUS

TransBook T101HA

参考価格36,000円(税込)

『ASUS TransBook T101HA』は、ハードタイプのしっかりしたキーボードが付属する、2in1モデルのタブレット端末です。

ノートパソコンとタブレットどちらの機能性も妥協したくない方におすすめ。OSはWindows 10を搭載しているので、『Office』ソフトとの相性が良く、活躍の場も多いでしょう。

580gに抑えられた軽量タイプで持ち運びにも不便は感じません。稼働時間も13時間とバッテリー容量は十分な余裕があります。

ブラックの他に、女性の方にもおすすめのピンクや淡いグリーンがラインナップされています。

ASUS TransBook T101HAの詳細
発売日2018年12月 15日
メーカーASUS(エイスース)
OSWindows 10
画面サイズ10.1インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ128GB
重量580g
参考価格36,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
Huawei

MediaPad M5 8.4

参考価格49,464円(税込)

Android搭載タブレットとして国内で最も多い出荷台数を誇る『Huawei』ブランドの最新作『 MediaPad M5 8.4』。

高精細な2K (2560×1600) ディスプレイを搭載し、オーディオブランド『harman/kardon』のスピーカーで、迫力の動画再生とゲームが楽しめます。

CPUは高性能な「オクタコア」を採用しているので、高負荷な状況でもキビキビとした動作が期待できるタブレットです。

また、本体をキズや衝撃から守るオリジナルスマートカバーも付属します。

Huawei MediaPad M5 8.4の詳細
発売日2018年11月 30日
メーカーHuawei(ファーウェイ)
OSAndroid
画面サイズ8.4インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi + LTE
ストレージ32GB
重量320g
参考価格49,464円(税込)
画像:amazon.co.jp
Lenovo

Tab P10

参考価格43,740円〜(税込)

『Lenovo Tab P10』は、売れ筋の10インチモデルの中で440gと非常に軽いタイプで、持ち歩く機会が多い方におすすめしたいタブレットです。

Wi-FiモデルとLTE搭載モデルの2種類をラインナップしているので、自宅での使用なのか外出先で使うのかに合わせて選びましょう。

タブレットの両面にはAFコーティングと呼ばれる特殊な保護膜を採用しているので、キズや汚れが付きにくく気になる指紋も目立ちにくいのが特徴です。

ストレージは64GBとやや少なめですが、SDカードに対応しているので必要に応じ増設することができます。

Lenovo Tab P10の詳細
発売日2018年11月 8日
メーカーLenovo(レノボ)
OSAndroid
画面サイズ10.1インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi/Wi-Fi + LTE
ストレージ64GB
重量440g
メーカー希望小売価格43,740円〜(税込)
画像:amazon.co.jp
BLUEDOT

BNT-801W

参考価格12,480円(税込)

圧倒的なコスパで人気モデルとなっているタブレット端末『BLUEDOT BNT-801W』。

スマホよりやや大きい8インチタイプで、気軽に持ち運んで利用できる点も人気があります。

画素数は低いものの前後にカメラを搭載し、BluetoothやSDカードスロットも付いているので使い勝手も十分です。

スペック的に高負荷のゲームは厳しいですが、ブラウザの視聴や動画再生などは十分可能です。

口コミでは、「普通に使えるからおすすめ!」「画面も綺麗で満足しています」など、低価格モデルでは珍しい高評価が多く聞かれます。

BLUEDOT BNT-801Wの詳細
発売日2018年11月 6日
メーカーBLUEDOT
OSAndroid
画面サイズ8インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ16GB
重量320g
参考価格12,480円(税込)
画像:amazon.co.jp
Amazon

Fire HD 8 タブレット

参考価格8,980円(税込)

『Fire HD 8 タブレット』は、『Amazon』が発売しているコスパに優れたタブレット端末。

一番の魅力は「Prime Video」との連携です。動画の視聴や漫画、雑誌の視聴にはもちろん対応し、通常SDカードに保存できないPrimeコンテンツを『Fire HD 8』なら最大400GBまで保存できます。

動画や雑誌を保存しておけば、通勤時や外出時などにオフラインで視聴可能です。低めのスペックですが、その他の動画コンテンツやブラウザを視聴する上ではストレスなく利用できます。

注意したいのが、ロック画面などに出る広告。これはウイルスなどではなく、価格を抑えた代わりにWi-Fi環境時に広告が表示される仕様になっているためです。

Amazon Fire HD 8 タブレットの詳細
発売日2018年10月 4日
メーカーAmazon(アマゾン)
OSAndroid
画面サイズ8インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi専用
ストレージ16GB/32GB
重量369g
メーカー希望小売価格8,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
Apple

iPad

参考価格40,824円〜(税込)

『Apple』の人気機種『iPad』シリーズの中で、最も価格が抑えられたモデル。上位機種の『iPad Pro』の半分以下の値段で購入することができます。

動作面を心配する方も多いでしょうが、アプリから動画までストレスなく楽しむことができますよ。負荷の大きいゲームもサクサク動くので、コスパに優れた魅力的なiOS搭載タブレットです。

「Apple Pencil」にも対応しているので、イラストを描いたりメモ帳アプリに直接書き込むこともできます。

また、カメラは前後に付いていて大画面でセルフィーを楽しんだり、友人や家族と撮影することが可能です。アウトカメラは8Mとやや低めの画素数ですが、画像処理の性能が優れているので十分綺麗な写真を撮影できます。

Apple iPadの詳細
発売日2018年4月 4日
メーカーApple(アップル)
OSiOS 12
画面サイズ9.7インチ
モバイル回線の対応Wi-Fi/Wi-Fi + Cellular
ストレージ32GB/128GB
重量469g〜478g
メーカー希望小売価格40,824円〜(税込)

タブレットの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、タブレットの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのタブレット売れ筋ランキング楽天のタブレット売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのタブレット売れ筋ランキング

本田雅一の人気記事

本田雅一の新着記事

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

カテゴリから探す