防災グッズおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

災害はいつ起こるか分からないので、常日頃から万が一に備えて「防災グッズ」を用意しておくのが大切です。

「でもいったい何を用意すればいいの?」と不安をお抱えの方のために、住宅収納スペシャリストの伊藤美佳代さんに、どんな防災グッズがおすすめなのかお話を伺いました。

また、編集部調べによる、防災グッズの選び方、人気ランキングもあわせてご紹介します。

「何も準備していない」「少しは準備したけれどほかに何が必要なのか知りたい」という方は、ぜひ記事を通して防災グッズを用意してみませんか?

最終更新日:2019年8月19日
153 views
伊藤美佳代

伊藤美佳代 のプロフィール

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮らす プロ5人のおうち収納テク』ほか。WEB『笑顔あふれる住まいづくり』

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめの防災グッズ

まずは伊藤美佳代さんがおすすめする防災グッズの紹介です。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
アイリスオーヤマ

乾電池式LEDセンサーライト【アプローチライト】

BSL-10Lホワイト
メーカー希望小売価格2,678円(税込)

暗くなるとセンサーが人の動きを察知して点灯してくれるLEDライトです。

電力を必要とせず乾電池で作動するので、緊急時にこれがあれば非常用のライトに早変わり。「リラックス色」と呼ばれる電球色なので、暖かみのある空間にしてくれます。

実際にこちらを使用したユーザーからは「帰ってきてパッとこれがつくとホッとする」「センサーの感度が良い」と絶賛されています。

伊藤美佳代さんレビュー

伊藤美佳代
電池式の置き型LEDライトです。

小さくて場所を取らない大きさなので、日常的に使えます。

センサー式で、半径5m以内に近づくとライトがパッとつきます。眩しすぎず、夜間トイレに行くときなども優しい光で照らしてくれます。

玄関に置いておくと帰宅時に両手がふさがっていても電気をつける前に照らしてくれるので、とても便利です。

しかも電池式だから、非常時に停電しても安心です。

そして、デザインもシンプル。和洋関係なくどんなインテリアにも邪魔になりません。

さらに、電池もよく長持ちします。センサー式でずっと点灯しているわけではないので、実際に私も使っていて1年半〜2年近く持ちました。

毎日使えるのに非常時には防災グッズになるのがいいですね。

乾電池式LEDセンサーライト【アプローチライト】BSL-10Lホワイトの詳細
メーカーアイリスオーヤマ
重量222g
メーカー希望小売価格2,678円(税込)

2.防災グッズの選び方

「どのような防災グッズを探せばいいか分からない」という人のために、災害前に何が必要なのかご紹介します。

災害が起こる前に準備しておくもの

食料・飲料水

災害の規模によって飲料水の供給が途絶えてしまう可能性があります。

内閣府が公開している防災ページでは、最低3日分の備蓄量を推奨しており、大災害の場合には1週間以上の蓄えがあると望ましいとされています。

種類大人1人あたり
飲料水3リットル×3日分
食べ物3食×3日分

上記グラフは成人男性の平均を目安にしています。ご家庭の人数によってストックを調整し、お子様の場合はこれより少なめとお考えください。

ウォータータンク 

画像:amazon.co.jp

飲料水とは別に、あらかじめウォータータンクに水道水を入れておけば、水が止まってしまっても安心です。

料理時、食器洗い、体の洗浄、トイレなど、水は必要不可欠。ウォータータンクに入れた水は定期的に入れ替え、ベランダなどに置いておくと良いでしょう。

一般的に1日で使用する水の量は1人あたり200〜300mlと言われています。

ウォータータンクの容量は最低でも5L、あれば10Lや20L入る大きさのものを選ぶのがおすすめです。

家族人数参考目安
1〜2人5〜10リットル
3〜4人10〜20リットル
5人以上20リットル以上

懐中電灯・電池式器具

画像:amazon.co.jp

災害時にはライフラインが途絶えて停電になることもあり得ます。そこで下記のものを準備しておくと夜でも安心です。

懐中電灯

ハンディタイプの懐中電灯は、持ち運びやすいので外でも使えるメリットがあります。

電池式器具

懐中電灯だけでは停電が発生したときに明かりが不十分なので、今回プロの伊藤美佳代さんがおすすめしていた電池式の置き型LEDライトのようなものを用意しておくと便利です。

ポータブル電源・モバイルバッテリー

画像:amazon.co.jp

電気が止まると、連絡や情報収集の頼みの綱である携帯の充電ができないことも。

万が一充電が切れてしまった場合に備えて、ポータブル電源とモバイルバッテリーを用意しておくのがおすすめです。

その他(衣類、タオルなど)

他にも、災害に備えて下記のリストを1つにまとめて保管しておきましょう。

  • 衣類
  • タオル
  • 寝具
  • 使い捨てカイロ
  • 乾電池
  • 軍手
  • マスク
  • 携帯トイレ

これから防災グッズを買う人はセットがおすすめ

画像:amazon.co.jp

上記でも紹介した、食料や飲料水、懐中電灯などが詰められたセットがあります。

「まだ何も防災グッズがなくて全部を集めるのが大変」という人は、まとめて売られているものを購入するのがお手軽です。

乳幼児がいる家庭は子供の準備も大切

急な災害が発生した場合でもすぐに逃げられるように、防災グッズセットとは別に乳幼児用のものをつくっておくのがポイントです。

乳幼児がいるご家庭では、下記のものを普段からストックするように心がけましょう。

  • 粉ミルク
  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • 消臭袋

3.防災グッズ人気ランキング

ここからは、『プロの逸品』がお届けする防災グッズ・人気ランキングをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
尾西食品

アルファ米詰合セット

メーカー希望小売価格4,644円(税込)

「アルファ米」とは炊き上がったばかりのご飯を急速乾燥させて、炊きたての美味しい状態を維持した保存食です。

ご飯に戻すのはお湯で15分、水なら60分要しますが、「まるで炊飯器で炊いたかのような美味しさ」と口コミで話題を呼び、宇宙食として採用されたというエピソードがあります。

さらに食品の品質を守る「日本災害食」や「FSSC22000(食品安全マネジメントシステム)」に認証されているので、安全性も認められています。

アルファ米を使ったレシピも多数公開されているので、非常時以外でも普段のレシピに使ってみてはいかがでしょうか。

アルファ米詰合セットの詳細
メーカー尾西食品
重量1.3kg
メーカー希望小売価格4,644円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
アイリスオーヤマ

ウォータータンク

メーカー希望小売価格460円(税込)

水道水が止まってしまった場合を考えて準備しておきたいのがウォータータンクです。

あらかじめ水道水をためておいてベランダや庭などに置くのもいいですが、「何かあったときに使いたい」という人には、普段はコンパクトにしまえる場所に置きたいですよね。

『アイリスオーヤマ』のウォータータンクは折りたためるので、使用しないときは棚の中などに収納できます。

また外に持ち出すときも大き目のリュックに入れられるので、いざというときに役立つでしょう。

ほかにも、キャンプなどのアウトドアシーンにウォータータンクがあれば便利なので、災害時以外でもお使いいただけます。

ウォータータンクの詳細
メーカーアイリスオーヤマ
重量170g
メーカー希望小売価格460円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
資生堂

水のいらないタイプのシャンプー

メーカー希望小売価格540円(税込)

水道水が出なくなった場合に困るのがお風呂事情です。

通常では水が使えないと洗髪ができないので我慢するしかないのですが、こちらの『水のいらないタイプのシャンプー』は名前のとおり、水なしで頭を洗えます。

レビューでは「頭皮の匂いが落ちてスッキリする」「ベタつきが取れた」と声が寄せられているので、1本常備しておくと万が一のときに困りません。

1本あたりの価格は540円ですが、ネット購入ではまとめて買うと単価400円を切るのでおすすめです。

水のいらないタイプのシャンプーの詳細
メーカー資生堂
内容量150ml
メーカー希望小売価格540円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
中村製作所

VERTEX 20徳ツールナイフケース付

参考価格1,040円(税込)

ナイフ、缶切り、爪やすり、コルク抜き、ハサミ、ドライバーなど20種類にも及ぶツールが1つになった利便性の高いアイテムがランクインしました。

多機能ツールは持っていると非常に便利ですが、実際に使ってみたら1つ1つのクオリティーが低く「切れない」「使えない」と言った不満の声もよくありました。

しかし『VERTEX 20徳ツールナイフ』は、クオリティーにこだわりを見せており、「すべてのツールが実用レベル」「品質、価格ともに良い」と嬉しい声が多数上がっています。

本体とセットでケースも付いてきて1,000円代で買えるのも魅力的です。

さらにボールペンより小さいサイズなので、ポケットに入れて持ち運べますよ。

VERTEX 20徳ツールナイフケース付の詳細
メーカー中村製作所
重量155g
参考価格1,040円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
BOS

非常用トイレセット

メーカー希望小売価格1,944円(税込)

もし、毎日使用しているトイレの水が止まって使えなくなったとき、どうすればいいのか対処法に困りますよね。

そこで、防災用トレイグッズとしておすすめしたいのが『BOS』の『非常用トイレセット』です。

便器に汚物袋をかぶせて、便座で固定するだけで携帯トイレの完成です。使用後は凝固剤で固めて、防臭袋に入れられるので、衛生面もバッチリ。

いつものトイレと同じような感覚で清潔にお使いいただけます。

1回分、5回分、15回分、50回分、100回分、400回分とあるので、まずは1回分を試してみてはいかがでしょうか。

非常用トイレセットの詳細
メーカーBOS
重量739g
メーカー希望小売価格1,944円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
suaoki

ポータブル電源 S270

参考価格13,279円(税込)

災害があった場合、ライフラインが途絶えることもあるので、いざというときのためにポータブル電源があると緊急時に役立ちます。

スマホ、タブレット、ノートパソコンなど、外部と連絡が取れるツールは電気で充電ができるので、ポータブル電源があれば停電時でも慌てることなく非常事態に備えられます。

このポータブル電源は使用する前にチャージする必要がありますが、その方法もコンセント充電、ソーラー充電、シガーソケット充電(車充電)と3つの方式から選べます。

しかもサイズもコンパクトで片手で楽に持ち運びができるので、外出時の補助電源にもお使いいただけます。

ポータブル電源 S270の詳細
メーカーsuaoki
重量1.3kg
参考価格13,279円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
マルエス

停電缶入ローソク

メーカー希望小売価格432円(税込)

停電時に非常用として役に立つのがローソクです。

しかし、一般的なローソクだと大きな地震が発生した場合に倒れてしまう心配がありますよね。万が一、ローソクが他のものに燃え移ったら大変です。

『マルエス』のローソクはそんな不安を解消するために、平たい缶詰にロウを入れ、安全面に特化しました。

これなら倒れる心配もありませんし、燃焼時間も8時間持つので、夜間に使う明かりにちょうどいいですよ。

このアイテムは、ラベンダー、お茶、コーヒー、さくらなど、さまざまな香りシリーズがあるので、合わせてチェックしてみてください。

停電缶入ローソクの詳細
メーカーマルエス
重量115g
メーカー希望小売価格432円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
防災のサイボウ

非常食18種類セット

メーカー希望小売価格5,680円(税込)

急な災害があったときに多くの人が気にするのは食料の確保ではないでしょうか。

2011年に起こった東日本大地震でもコンビニやスーパーから食料がなくなった経緯があるので、普段から保存食をストックしておくのは大切です。

『防災のサイボウ』では、3日間分の保存食をセットにしています。和洋混合しており、お米、おかず、スープ、おやつが含まれているので、「レパートリーに飽きがこない」という声が上がっています。

しかも、1位でも紹介したアルファ米を採用しているだけあって、味も定評があります。

さらにamazonでこちらを購入すると、災害時の寝具に使えるアルミブランケットが付いてくるのでおすすめです。

非常食18種類セットの詳細
メーカー防災のサイボウ
重量2.62kg
メーカー希望小売価格5,680円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
エピオス

静音アルミブランケット

メーカー希望小売価格324円(税込)

避難所に訪れるほどの大災害があった場合、少しでも体力を回復させるためにしっかりと眠りたいですよね。

『静音アルミブランケット』は、アルミでつくられており、軽量で持ち運びに便利。しかもコンパクトに折りたためるのでかさばりません。

さらにアルミの素材は保温性に優れているので、しっかりと体を暖めてくれます。

ただ、気温によっては「これ1つだけだと寒い」という声もあるので、その場合は寝袋や毛布の上からお使いいただくのがおすすめです。

災害時以外でも、「キャンプや野外ショーにも役立った」とのレビューが寄せられていました。

静音アルミブランケットの詳細
メーカーエピオス
重量49.9g
メーカー希望小売価格324円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
防災防犯ダイレクト

地震対策30点避難セット

メーカー希望小売価格19,800円(税込)

多数のメディアに紹介された人気の防災グッズセットです。

被災者からの「この防災グッズは使えた」「こんな防災グッズがあったら良かったのに」という声をもとに厳選した30種類をセットにしました。

価格は高めですが、実際に購入された方たちのレビューでは「これ1つあるだけで他に足す必要がない」という声があるので、まだ何も防犯グッズを持っていないという方におすすめです。

さらに、「持っていて恥ずかしい」という意見があった銀色の前デザインを廃止して、女性デザイナーが手がけたスタイリッシュなデザインに生まれ変わりました。

1人用、2人用、子供用と、家庭に合わせて選べるのも魅力的です。

地震対策30点避難セットの詳細
メーカー防災防犯ダイレクト
重量
メーカー希望小売価格19,800円(税込)

防災グッズの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、防災グッズの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの防災グッズ売れ筋ランキング楽天の防災グッズ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの防災グッズ売れ筋ランキング

伊藤美佳代の人気記事

伊藤美佳代の新着記事

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

カテゴリから探す