ドライブレコーダーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

最近、運転中の事件や事故が急増し、ドライブレコーダーを設置する方が増えてきました。

必ず設置しなければいけないものではありませんが、映像や音声を記録しておくことで、万が一の事態に備えることができます。

しかしドライブレコーダーにもたくさんの種類があるため、いざ設置しようと思っても、どれを選んだら良いか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、車好き女子を増やすべく立ち上げられた『日本モーター女子部』で部長をつとめ、車雑誌などでも連載を持つ矢田部明子さんにお話を伺いました。

IPPING編集部調べによるドライブレコーダーの選び方や、人気ランキング20選もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年6月16日
矢田部明子

矢田部明子 のプロフィール

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメディアで連載を持つカーメンテナンスガイド。日本モーター女子部部長。WEB『矢田部明子のたまには一生懸命頑張ります

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのドライブレコーダー

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
KENWOOD

ドライブレコーダー

DRV-325
参考価格13,000円(税込)

ドライブレコーダーのほか、カーナビやカーオーディオなどのカー用品を取り扱う『KENWOOD(ケンウッド)』の製品です。

『ドライブレコーダー DRV-325』は、同メーカーの数あるドライブレコーダーの中でも、コンパクトなデザイン。従来のモデルと比較して、容積比約20%の小型化を実現しています。

また、高精細なフルハイビジョン録画に対応。テレビのデジタル放送と同じフルHD録画なので、走行時の映像を鮮やかに再生することができます。

また明暗差が激しい瞬間でも綺麗な映像を保つ、HDR(ハイダイナミックレンジ)を採用。トンネルの出入り口などでも、記録をしっかり残すことが可能です。

矢田部明子さんレビュー

矢田部明子
高性能と小型化を両立した『KENWOOD』のスタンダードドライブレコーダーです。コンパクトで運転の邪魔にならないだけでなく、急激な明るさの変化に強く、高画質で広い範囲を録画出来るため、機能的にも充実しています。

ドライブレコーダー DRV-325の詳細
メーカーKENWOOD
画素数1920×1080万画素
画角記載なし
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
COMTEC

ドライブレコーダー

ZDR-015
参考価格24,574円(税込)

ドライブレコーダーやレーダー探知機、エンジンスターターなどのカー用品を取り扱う『COMTEC(コムテック)』の製品。

『ドライブレコーダー ZDR-015』は、テレビCMや情報番組などでも紹介されている人気のモデルです。GPSを搭載した高性能のドライブレコーダーです。

フロントカメラとリヤカメラがセットになっているため、走行時や駐車監視中も、前方・後方の両方から映像を記録することが可能。

どちらもフルHD200万画素の高画質録画ができるので、万が一のトラブルや予期せぬ事故の際も安心です。

矢田部明子さんレビュー

矢田部明子
フロント用、リア用の2つのカメラがセットになった製品。前後をしっかり録画することができます。安全運転支援機能が充実しているのも特徴。録画した映像は本体の液晶画面のほか、パソコンでも確認が可能です。 

ドライブレコーダー ZDR-015の詳細
メーカーCOMTEC
画素数200万画素
画角水平115度 垂直58度(対角145度)
特徴前後カメラ

2.ドライブレコーダーを取り付ける人が増えた理由

ドライブレコーダーとは、文字通り運転情報を記録するためのレコーダーですね。

内閣府が発表している「交通安全白書(平成30年度版)」によると、交通事故全体の中で、追突事故がダントツに多く、35.5%を占めています。

ついで、出会い頭の衝突が24.5%、右折・左折時の衝突が12.7%となっています。

いざという時に状況を確認できるというのはもちろん、誰に責任があるのかをはっきりさせるという意味でも、ドライブレコーダーはとても役立ちます。

スマートフォンなどで映像記録が手軽になったこともあって、危険運転に巻き込まれるトラブルが表面化するようになりました。

実際に危険運転をする人が増えているというデータもありますが、いずれにせよ、いざという時の自己防衛のために、ドライブレコーダーを取り付ける人が増えているというわけです。

2020年には、旅客業者や運送業者が使用する車両にドライブレコーダーの設置が義務付けられる予定となっており、今後さらなる普及が見込まれている状況。

メーカー間の競争も激しさを増していて、性能の向上と低コスト化も進んでいます。

求めやすく高機能、という点も、ドライブレコーダーを取り付ける人が増えている理由のひとつと言えるでしょう。

3.ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーが普及するにつれて、アイテム数もどんどん増えてきています。初めての購入でどれを選ぶべきか迷ってしまう、という人もいることでしょう。

ここでは、まず押さえておきたい、ドライブレコーダーの基本的な選び方を紹介します。

画質

ドライブレコーダーを選ぶ時にまずチェックしたいのが画質です。

繰り返しになりますが、ドライブレコーダーの目的は、事故をはじめとする運転中のトラブルを記録すること。そして、そのトラブルの経緯や責任の所在をはっきりさせることです。

画質が悪いと、せっかく映像を記録しているのに、重要な情報を確認できない可能性も。たとえばナンバープレートが解析できない、といったことも考えられます。

そのため、まずは画質にこだわるのがおすすめ。ドライブレコーダーの画質には、WQHD、フルHD、HD、CGAといった種類がありますが、できればフルHD画質のドライブレコーダーを選ぶのがベストです。

画素数で言えば、およそ200〜300万画素がフルHDにあてはまります。

駐車時の監視機能

トラブルが起きるのは運転中だけとは限りません。万全を期すなら、駐車時の録画にも対応しているアイテムを選ばれると良いでしょう。

ドライブレコーダーの中には、駐車中でも映像を記録してくれるものがあります。

タイプとしては、以下の3種類が考えられます。

タイプ詳細おすすめ度
車両バッテリータイプ車のバッテリーに接続して録画するタイプ。充電の手間がなく、比較的長時間録画できますが、バッテリーが上がってしまうリスクがあります。
外部バッテリータイプ別途バッテリーを用意するタイプ。充電の手間はかかりますが、車のバッテリーが上がってしまうリスクなしで長時間録画することができます。
内蔵バッテリータイプエンジンが停止すると、電源を内蔵バッテリーに切り替えて録画してくれるタイプ。走行中に蓄電してくれますが、停車時の録画時間は20〜40分程度と少し短めです。

常時録画してくれる運転中と違って、駐車中の録画可能時間は機種によって様々です。

購入の際は、そのドライブレコーダーの電源タイプや仕様をチェックして、自身が望む録画時間に対応しているものを選ぶと良いでしょう。

録画時間

ドライブレコーダーの録画時間は、SDカードの容量によって決められます。一般にSDカードは、容量が大きければ大きいほど値段も高くなっていくという傾向があります。

ただ注意したいのが、同じ容量であっても、動画の画質によって録画できる時間は変わってくるということです。

SDカードを選ぶときは、ドライブレコーダーの仕様を参照しながら、自身が望むだけの時間を録画できるかどうか、しっかり確かめることが肝心です。

またその際は、購入しようとしているアイテムの規格に、ドライブレコーダーが対応しているかもチェックする必要があります。

SDカードには、通常のSDカードとmicroSDカードの2種類があり、さらに容量ごとに細分化されています。

せっかく大容量のSDカードを購入しても、規格が対応していなければ使えませんから、少なくとも容量と規格の2点はチェックしておきましょう。

イベント録画・手動録画・その他機能

ドライブレコーダーには、イベント録画という機能がついたものもあります。

これは、衝撃時や急加速時など、通常の運転とは明らかに異なる状況の前後を、自動で録画・保存してくれるという機能。

万が一の備えとするなら、このイベント録画機能がついたドライブレコーダーを選ぶのがおすすめです。

また、中には自分が録画したいタイミングで自由に録画できる、手動録画機能を搭載したアイテムもあります。たとえば絶景スポットにドライブに行った時など、思い出の映像を録画・保存することができます。

ドライブレコーダーを柔軟に使うなら、こういった機能にも着目するのもありですね。

録画以外に、GPS機能などが付いているタイプもありますから、興味があれば、その他機能についてもリサーチしてみると良いでしょう。

後方部分の録画

2017年、東名高速道路で起きたあおり運転によるショッキングな事故が社会問題となりました。

ドライブレコーダーは基本的には一方向の状況を記録するものですから、後方もカバーしようとなると、前方に加えて後方にもドライブレコーダーを設置する必要があります。

ただ、最近は360度の録画に対応するタイプも登場しています。

解像度は荒くなりますが、前後左右、そして車内まで録画可能であるため、画質より広範囲の状況確認を重視したい場合は、こういったタイプのドライブレコーダーを試してみるのも良いでしょう。

3.ドライブレコーダー人気ランキング20選

ここからはIPPING編集部によるレビュー評価を元にしたランキングをご紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
1位
Chortau

デュアルドライブレコーダー

参考価格4,980円(税込)

『CHORTAU』というメーカーのドライブレコーダー。

レンズには『SONY』の6層レンズを採用しており、高画質撮影が可能。夜間でも前の車のナンバープレートを確認することができます。

フロントカメラとリアカメラがセットになっており、同時録画が可能。

前方の状態を確認することはもちろん、万が一後方から追突されてしまった場合にも、しっかり記録に残しておくことができるので安心です。

また車体への衝撃を感知した際に、自動的に録画をして上書きをされないよう映像を保護するG-sensor機能を搭載しています。

デュアルドライブレコーダーの詳細
メーカーChortau
画素数1800万画素
画角170度
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
2位
YOKOO

ドライブレコーダー

参考価格11,976円(税込)

1200万画素という高画質が特徴のミラー型ドライブレコーダーです。

フロントカメラは170度、リアカメラは120度の広角レンズを採用。前後はもちろん、横からの衝突もしっかり記録することができます。

また、LED信号機に対応している点にも注目。

ドライブレコーダーの中には、LED信号機の点滅と、撮影周期の兼ね合いで信号機が点灯してしないように映ってしまうものもありますが、こちらのドライブレコーダーは1秒間に撮影するコマ数を適正に設定されているため、信号機の点灯を正確に記録してくれます。

また別売りのGPSアンテナを使えば、走行の軌跡や位置情報を映像と一緒に記録しておくことも可能です。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーYOKOO
画素数1200万画素
画角170度
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
3位
Anero

ドライブレコーダー G-sensor WDR

参考価格6,250円(税込)

『Anero』のドライブレコーダー。フロントカメラとリアカメラによって、車体の前方・後方の両方の映像を記録することができます。

また、スーパー暗視機能では、暗い場所でも画面の明るさを自動で調整。夜間やトンネルの中でも、映像をはっきりと記録します。

SDカードがいっぱいになると自動的に古いデータに上書きをしてくれるため、気がついたらデータがいっぱいになっていて大切な場面が録画できていなかったという心配もありません。

SDカードは、Class10以上のmicroSDHCカード(32GBまで)に対応しています。

ドライブレコーダー G-sensor WDRの詳細
メーカーAnero
画素数1800万画素
画角170度
特徴前後カメラ
画像:amazon.co.jp
4位
VANTRUE

N2 Pro

参考価格14,204円(税込)

車内と車外を同時に録画することができる『VANTRUE N2 Pr』。マイク・スピーカーも内蔵されているので、運転中の音声を記録しておくことも可能です。

音声を記録することは、他のドライバーとのトラブルの際に便利。言った言わないの揉め事を防ぐことができます。

またこちらのドライブレコーダーは、熱対策済みなので、カメラの過熱を気にせずに使用可能。

直射日光や90度までの高音から、-20度までの低音に耐えるように設計されているため、天気や気候に関わらず安定して使うことができます。

N2 Proの詳細
メーカーVANTRUE
画素数400万画素
画角140度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
5位
APEMAN

ドライブレコーダー C450 シリーズA

参考価格3,498円(税込)

リーズナブルな価格で人気の『APEMAN』のドライブレコーダー。3,000円台という手に取りやすい価格ですが、画素数は1200万画素と綺麗な映像を記録することができます。

レンズは170度まで撮影できる広角レンズ。5車線幅の道路でも死角なく録画可能。音声記録も残すことができるので、事故の際にも役立ちます。

また、エンジンを入れるだけで自動的に録画を開始してくれるので、重要な瞬間を取り逃がす心配もありません。

事故などで車体に大きな衝撃を受けた際には、録画を自動で停止し、上書きされないよう、その映像を保護します。

ドライブレコーダー C450 シリーズAの詳細
メーカーAPEMAN
画素数200万画素
画角170度
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
6位
Sonrinss

ドライブレコーダー

参考価格5,980円(税込)

手の平に収まるほどコンパクトなサイズのドライブレコーダー。設置しても目立たず、運転の邪魔になることもありません。

設置方法は、シガー電源ケーブルをシガーソケットに差し込み、本体を吸盤でフロントガラスに貼り付けるだけ。購入してからすぐに使い始めることができます。

SONY製のCMOSイメージセンサーと高性能チップセットを搭載。太陽光の反射を抑えて、滑らかで超広角な画質を実現しています。

WDR機能も搭載されているので、白とびや黒つぶれなどで映像が乱れてしまうことなく、くっきりと映像を残しておくことができます。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーSonrinss
画素数1800万画素
画角170度
特徴前後カメラ
画像:amazon.co.jp
7位
Anero

デュアルドライブレコーダー

参考価格6,280円(税込)

フロントカメラとリアカメラで、前後の状態をしっかり記録することができる『Anero』のデュアルドライブレコーダーです。

上書き録画、Gセンサー、常時録画、駐車監視、衝撃録画、WDRなどの機能を搭載。万が一の事故の際にも安心です。

また事故の記録はもちろん、旅行先などでドライブの思い出を残したり、狭い駐車場での車庫入れなどにも活躍してくれます。

レビューでは「価格の割に画質が良く、録画した映像が見やすい」「前後カメラと32GBのSDカード付きでコスパが最高!」などの声があがっていました。

デュアルドライブレコーダーの詳細
メーカーAnero
画素数1800万画素
画角170度
特徴前後カメラ
画像:amazon.co.jp
8位
SURIA

ドライブレコーダー

参考価格4,980円(税込)

170度広角フロントカメラと120度広角バックカメラを搭載したドライブレコーダー。前後同時に幅広い範囲を撮影することができます。

本体レンズの周りにはLEDライトを設置し、夜や暗い場所でも鮮明に映し出します。駐車監視機能が搭載されているので、薄暗い駐車場などでも安心ですね。

フロントカメラのサイズは、横87mm×縦55mmと非常にコンパクト。手の平に収まるくらいの大きさです。

撮影はエンジンのオンオフに合わせて自動で開始されるため、一度設置してしまえば、あとは放っておくだけで自動的に映像の記録を行ってくれます。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーSURIA
画素数記載なし
画角170度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
9位
GOOSERA

ドライブレコーダー

参考価格8,790円(税込)

車のミラーに被せるだけで撮影ができるバックミラー型のドライブレコーダーです。

視界の邪魔になることなく、スペースも不要。付属のバンドで固定するだけでOKなので、取り付けも簡単です。

操作は、ミラーに映し出されるタッチパネルで行います。複雑な設定はいらないので、直感的に操作することができます。

またバックミラー型のフロントカメラのほか、防水防塵のリアカメラもセットになっています。

リアカメラは車内だけでなく、車外の取り付けにも対応。車庫入れや縦列駐車もスムーズにサポートしてくれます。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーGOOSERA
画素数記載なし
画角170度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
10位
APEMAN

ドライブレコーダー

参考価格9,980円(税込)

フロントカメラ・リアカメラ共に1080PフルHDの高画質で、綺麗な映像を残すことができる『APEMAN』のドライブレコーダーです。

フロントカメラには、2.7インチの液晶ディスプレイが付いているため、パソコンなどを使うことなく、本体の画面で記録映像を確認することができます。

搭載されている駐車監視機能では、最大24時間記録を残すことが可能。エンジンを切った後も、設定した時間は映像を記録し続けるので、当て逃げや盗難、車上荒らしにも対応できます。

そのほか、ループ録画やGセンサー、音声録音などの便利な機能が搭載されています。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーAPEMAN
画素数300万画素
画角150度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
11位
Yupiteru

ドライブレコーダー

DRY-ST3000P
参考価格14,800円(税込)

日本の無線通信機器メーカー『Yupiteru(ユピテル)』。

ドライブレコーダーのほか、レーダー探知機、リモコンエンジンスターター、ポータブルカーナビゲーションなど幅広い製品を扱っています。

『DRY-ST3000P』はWeb限定モデルのドライブレコーダー。2017年には、「BCN AWARD」のドライブレコーダー部門で最優秀賞を受賞しています。

200万画素のフルHD高画質記録に対応し、日常の走行映像から、万が一の事故の記録もしっかり残すことができます。

駐車記録は、最大約12時間。動体検知記録機能が搭載されており、人や車などの動きを検知して即座に記録を開始します。

ドライブレコーダー DRY-ST3000Pの詳細
メーカーYupiteru
画素数200万画素
画角148度
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
12位
COMTEC

ドライブレコーダー

ZDR-015
参考価格24,574円(税込)

プロのおすすめとしてもご紹介した『COMTEC ZDR-015』は、大手通販サイトなどでも人気のあるモデルです。

先行車の発進や接近、走行車線の逸脱、急加速や急減速、前方の信号が青信号であることなどをお知らせしてくれる、安全運転支援機能を搭載。

走行中の映像を高画質で記録してくれることはもちろん、安全に運転ができるようサポートしてくれます。

駐車監視機能を使用するには、駐車監視・直接配線コードを接続する必要があります。

こちらは別売りオプションにはなってしまいますが、万が一の備えとして本体とセットで用意しておくと安心です。

ドライブレコーダー ZDR-015の詳細
メーカーCOMTEC
画素数200万画素
画角水平115度 垂直58度(対角145度)
特徴前後カメラ
画像:amazon.co.jp
13位
MUSON

ドライブレコーダー

参考価格4,880円(税込)

フロントカメラは170度、リアカメラは120度まで録画することができる『MUSON』のドライブレコーダーです。

広角レンズを採用しているため幅広い範囲の映像を撮ることができるだけでなく、1080PフルHD高画質で、ナンバープレートまで鮮明に録画可能。

ナンバープレートは、事故の際に大切な証拠となりますから、できるだけはっきりと記録することができる画素数のレコーダーがあると安心です。

そのほか、常時録画、音声録音、動体検知、ループ録画、Gセンサー、駐車監視モード、自動電源オフなど必要な機能が十分に備えられています。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーMUSON
画素数200万画素
画角170度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
14位
JAPAN AVE.

SUPER HD ドライブレコーダー

GT65
参考価格19,980円(税込)

『JAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)』が販売している、2160PのSuperHD録画に対応するドライブレコーダーです。

画質はもちろん、エンジン連動による録画の開始・停止、動体検知・駐車監視、GPS機能など、豊富な機能を搭載。

また、独自の専用スマホアプリも用意されており、録画映像のプレビューや削除を手軽に行うことができます。

「バイヤーズライフ」というテレビ番組でも紹介されるなど、確かな実力と人気を兼ね備えたドライブレコーダーと言えます。

SUPER HD ドライブレコーダー GT65の詳細
メーカーJAPAN AVE.
画素数400万画素
画角150度
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
15位
KENWOOD

ドライブレコーダー

DRV-325
参考価格13,000円(税込)

2インチのコンパクトなデザインが特徴的な『KENWOOD』のドライブレコーダーです。

手の平サイズでありながら、高画質な1080pのフルHD録画、光の急変化に対応するHDR/WDR、衝撃検知のためのGセンサー、GPS機能などを搭載。

また、エンジンに連動して自動で録画・停止が行われるほか、イベント録画、手動録画にも対応しており、ドライブレコーダーとして押さえておいて欲しいポイントがしっかり網羅されています。

格安製品と比べると少々高めですが、口コミ評判を見てみると、信頼性を重視して購入した人から高い支持を得ていることが伺えます。

ドライブレコーダー DRV-325の詳細
メーカーKENWOOD
画素数1920×1080万画素
画角記載なし
特徴駐車監視
画像:amazon.co.jp
16位
Anero

ドライブレコーダー

参考価格5,699円(税込)

低コスト&コンパクトな、『Anero』のドライブレコーダーです。

画質は、1080pのフルHD。画角は、5車線を収められる170度まで対応。

光の急変化でも画像が劣化しない、HDRを搭載しているほか、カメラの各パラメーターを任意に設定することができるため、シチュエーションに合わせた柔軟な録画が可能となっています。

また、衝撃や動体検知によって録画を自動スタートする駐車監視機能が付いているという点も見逃せません。

バックカメラもセットになっていることを考えると、費用対効果の高い、要注目の一品と言えるでしょう。

ドライブレコーダーの詳細
メーカーAnero
画素数1700万画素
画角170度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
17位
NZACE

ドライブレコーダー

DR40T
参考価格7,380円(税込)

『NZACE DR40-T』は、日本限定で販売されているタッチパネル入力、前後同時録画に対応したドライブレコーダー。

4インチの大画面タッチパネルは、スマートフォンのような使い心地で各種操作を素早く実行できます。

解像度を480p、420p、1080pと切り替えられるほか、フロントカメラは170度、リアカメラは120度と広範囲の画角をカバー。

レンズはソニー製を採用しており、必要十分な性能を備えたコンパクトで使い勝手の良いドライブレコーダーと言えそうです。

ドライブレコーダー DR40Tの詳細
メーカーNZACE
画素数1000万画素
画角170度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
18位
AUTO-VOX

ドライブレコーダー X1pro

参考価格35,380円(税込)

中国のシリコンバレーとも言われ、特にIT業界で存在感を増している深圳。そんなテクノロジー都市に本拠を置くメーカー、『AUTO-VOX』の手掛けたドライブレコーダーです。

特徴は、何と言ってもデバイスの形。スマートルームミラーという名前の通り、ルームミラーとして取り付けることができ、車内によく馴染みます。

フルHDの高解像度カメラを搭載しているほか、夜間の撮影に強いスーパーナイトビジョンに対応。時と場所を問わず、鮮明な動画を記録できます。

また、バックカメラがセットになっており、前方後方の同時録画が可能という点も見逃せないポイントです。

ドライブレコーダー X1proの詳細
メーカーAUTO-VOX
画素数200万画素
画角140度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
19位
KENWOOD

ドライブレコーダー

DRV-MR740
参考価格27,900円(税込)

210万画素のハイビジョンカメラを搭載する『KENWOOD』のドライブレコーダーです。

特徴は、メインユニットとなる前方用カメラと、後方用のセカンドカメラがセットになっている点。いずれも業界最高レベルの『F1.8明るいレンズ』を採用しており、画質は折り紙つきと言えます。

明るさの急変化による劣化も最小限に抑えられるため、夜間の運転中も鮮明な画像を記録することができます。

また、別で販売されている専用ケーブルを繋げば、駐車監視録画にもほぼ丸1日対応可能。

国産メーカーならではの、きめ細かい機能が魅力の逸品と言えます。

ドライブレコーダー DRV-MR740の詳細
メーカーKENWOOD
画素数210万画素
画角水平約100度 垂直約52度 対角約111度
特徴駐車監視・前後カメラ
画像:amazon.co.jp
20位
Yupiteru

ドライブレコーダー Super Nightシリーズ

SN-SV40c
参考価格10,980円(税込)

40年以上の実績を持つ国産メーカー『Yupiteru』が手がけているドライブレコーダーです。

フルHD、200万画素と、必要十分な画質を備えるほか、夜間の録画に強い『STARVIS』というソニー製センサーを搭載。

薄暗い住宅街でも、十分な精度で映像を記録することができます。

筐体は、特許を取得しているスマートビューモデルを採用。

フロントガラスの角度が15〜90度までの幅広い車両に対応しているほか、取り付け具とカメラがコンパクトにまとめられているため、限られたスペースでもスマートに設置することができます。

ドライブレコーダー Super Nightシリーズ SN-SV40cの詳細
メーカーYupiteru
画素数200万画素
画角130度
特徴

ドライブレコーダーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ドライブレコーダーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのドライブレコーダー売れ筋ランキング楽天のドライブレコーダー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのドライブレコーダー売れ筋ランキング

矢田部明子の人気記事

矢田部明子の新着記事

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

カテゴリから探す