ワイヤレスキーボードおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

近年、パソコンのみならずスマートフォンやタブレットなど多くのデバイスが登場し、様々な機器で仕事をしたり、プライベートを楽しむことができます。

そんな中、コードレスで複数のデバイスに接続できるワイヤレス製品はとても便利。

年々、ワイヤレス機器の性能も進歩しており、選ぼうとすると、どうしても製品が多すぎて迷ってしまいますよね。

そこで、現在でも様々なメディアでご活躍され、ITライターとして20年以上のキャリアを持つ柳谷智宣さんに、今回はおすすめのワイヤレスキーボードを教えていただきました。

当記事では、ワイヤレスキーボードの選び方についても紹介しますので、是非ご自身に合ったワイヤレスキーボード選びの参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2019年8月13日
828 views
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのワイヤレスキーボード

ここからは、プロがおすすめするワイヤレスキーボードをご紹介いたします。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
PFU

Happy Hacking Keyboard Professional BT

PD-KB600B
参考価格29,700円(税込)

極上のキータッチを提供する『PFU』の『Happy Hacking Keyboard Professional BT』。

「静電容量無接点方式」を採用しており、キーを底まで押し切る必要がないため、軽くなめらかなキータッチを実現しました。

長年の使用研究によって、タッチ部分の刻印にも耐久性の高い「サブリメーション印刷」を取り入れ、長く使い続けることができる製品づくりが行われています。

乾電池での給電以外にUSB micro-Bによる給電も可能で、万が一の電池切れにも対応。キーボードの傾きは3段階に設定でき、ユーザーにとって使い勝手の良い機能が備わっています。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
キーボードのクオリティは世界最高峰と言っても、まったく申し分がありません。

私は日々、大量の原稿を執筆するので、打ち心地と耐久性を重視しています。『HHKB』の価格は少々高めですが、その両方を高い水準で兼ね備えています。

ヘビーに使うと、一般的なキーボードは1~2年で故障しがちです。しかし、『HHKB』は何千万回と打ち込んでも壊れないタフさが魅力です。長い目で見ると、コストパフォーマンスはいいとも言えます。

本製品はBluetooth接続のワイヤレスモデルなので、机の上をスッキリさせられます。

タブレットPCでの利用にもうってつけですし、持ち運びも楽です。私は、泊りがけの出張時には持って行くほど愛用しています。

Happy Hacking Keyboard Professional BTの詳細
メーカーPFU
質量530g
電源単三電池2本/USB micro-B
参考価格29,700円(税込)

2.ワイヤレスキーボードの選び方

ここからは、ワイヤレスキーボードの選び方について紹介していきます。

ワイヤレスキーボードの接続方式

ワイヤレスキーボードでは、主に「Bluetooth」接続と、「USBレシーバー」による接続に分かれます。

「Bluetooth」接続の場合、ワイヤレスキーボードを接続する機器にBluetooth機能が搭載されている必要があります。

また、スマートフォンやタブレットに接続したい場合には、そもそもUSBポートが無い機種も多いため、Bluetooth接続のワイヤレスキーボードに絞って探すことをおすすめします。

一方で、「USBレシーバー」接続の場合は、USBポートにレシーバーを接続することですぐに利用することが出来ます。

価格帯も比較的お手頃なワイヤレスキーボードも多く、コストパフォーマンスを重視する場合には、USBレシーバータイプがおすすめです。

キーボードの種類

キーボードにおいて、打ちやすさや静音性、耐久性は製品選びの中で大きな要素を占めるといっても過言ではありません。

キーボードには、大きく分けると4つの方式があり、それぞれに特徴があります。

メンブレン方式

「メンブレン方式」とは、キーの下にラバードームと呼ばれるパーツが入っているキーボードを指しています。

特徴としては、キー入力のタッチ感がしっかりとしているため、タイピング時にキーを押している感覚がちゃんと欲しいという方におすすめです。

一般的なキーボードで多く採用されており、比較的お手頃な価格帯で手に入れることができます。

パンダグラフ方式

「パンダグラフ方式」は、キーの下にスプリングが入っているタイプを指します。

「メンブレン方式」と比較して、軽い力で入力することができ、長時間の操作でも疲れにくいという特徴があります。

多くのノートパソコンのキーボードに採用されています。

メカニカル方式

「メカニカル方式」は、ひとつひとつのキーが独立した構造のキーボードを指しています。キーの下はスプリングと軸と呼ばれるパーツで構成されており、軸によって、打ち心地ががらりと変わります。

代表的な軸として、赤・青・茶色の軸がよく知られています。

  • 赤→軽いタッチ、タイピング音が少なく、長時間利用におすすめ
  • 青→しっかりとしたタッチ、入力感があり、タイピング音は大きめ
  • 茶→赤と青の中間、初心者にはおすすめ

メカニカル式はキーが独立しているため、壊れている部分のキーを取り替えることで継続して利用することができる一方で、少々高めの価格帯です。

静電容量無接点方式

タイピング音を抑えて、なめらかで軽快なキーを求める方におすすめなのが、「静電容量無接点方式」です。

キーと電極がある程度の距離まで近づけば入力される仕組みになっており、物理的な接点がなく、耐久性にも優れた方式と言われています。

物理的な接点がないため、タイピング音も少なく、指などへの負担も少ないことから長時間の利用や使用頻度の高い方におすすめです。

キーボードの配置と大きさ

キーボードの使い勝手を決めるのが、キーの配置や大きさ、そして必要なキーが搭載されているかどうかです。

キーの配置

キーの数や配列は国によって異なり、日本で流通しているものの多くは日本語入力JIS配列となっています。

その他、US方式と呼ばれるキー配列も流通しているため、購入を検討する際には、どちらの配列が使われているか確認することをおすすめします。

キーの大きさ

パソコンの買い替えでメーカーを変更したことがある方の中には、キーの大きさが異なることで慣れるまで時間がかかったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、バックスペースキーやエンターキーの大きさが異なり、今まではあったところにキーが無くて押し間違えるといったことがあります。

慣れ親しんだ形状があるという方には、キーの大きさも確認しておきましょう。

必要なキーが含まれているかどうか

ワイヤレスキーボードの中でもコンパクトなタイプでは、キーボードの面積を減らすためにキーを小さくしたり、非搭載になるキーもあります。

非搭載になるキーとして多いのが、「テンキー」。別でテンキーを購入するという選択肢もありますが、数字の入力が多い方など、最初からテンキーが含まれているキーボードの購入を検討している場合には、確認が必要です。

このほか、音量調整のキーや、スリープ状態にするキー、ページアップダウンキーなど普段からどのようなキーをよく使っているかによって、選択肢が変わっていきます。

一方で、テンキーなどを使わずに、ショートカットキーを利用している方は、比較的コンパクトで必要最低限のキーが備わっている利便性の高いキーボードを選ぶことも出来ます。

その他の機能について

キーボードには、様々な機能を兼ね備えた製品もあります。その中でもあると嬉しい機能についていくつか紹介します。

・マルチペアリング機能

ワイヤレスキーボードの中でも「Bluetooth」接続のキーボードには、「マルチペアリング」を搭載したキーボードがあります。

これは、パソコンやタブレット、スマートフォンなど複数の機器へのキーボード接続を可能にしており、ワンタッチで接続端末の切り替えを行ってくれます。

例えばパソコンで作業をしながら、ワンタッチでスマートフォンにキーボードの接続を切り替えて、アプリに届いた連絡にキーボードを使って、そのまま返信することができます。

・スタンド機能

タブレットやスマートフォンを立てかけることが出来るキーボードで、キーボードそのものに備わっている場合と、付属品としてスタンドが備わっているものがあります。

固定された場所ではなく、様々な場所で仕事をしたり、連絡を取る方にとってはスタンド機能があるとないとでは大きく効率が変わっていきます。

引用:elecom.co.jpsanwa.co.jprealforce.co.jp

3.ワイヤレスキーボード人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けするワイヤレスキーボード・人気ランキングを紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
Logicool

ワイヤレスキーボード

K270
参考価格2,180円(税込)

特徴は8つのホットキーを搭載で、音量の調整やメールチェック、電源スリープ状態、電卓など様々な機能をワンタッチで行うことが出来ます。

また、『Logicool』の「Unifying」に対応した製品でもあり、1つの小型USBレシーバーをUSBポートに挿しておくだけで最大6台の対応製品と接続をすることが可能になります。

レビューでは、リピーターからも高い評価を集めており、人気に繋がっています。価格も手頃感があり、必要十分な機能が備わっていることから、価格以上の評価を得ているようです。

ワイヤレスキーボード K270の詳細
メーカーLogicool
質量487g
電源単四電池2本
接続方式USBレシーバー
参考価格2,180円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
Logicool

ワイヤレスコンボ

MK270
参考価格3,160円(税込)

『Logicool』の「Unifying」レシーバーに対応するワイヤレスキーボード『K270』とワイヤレスマウス『M185』のコラボレーション製品です。

根強い人気を誇る『K270』の特徴は、音量調整や再生・停止も可能なワンタッチホットキーと、操作性抜群なテンキーが搭載されている点です。

機能性も高く、コストパフォーマンスに優れた製品としてレビューでは多くの高評価を集めています。

ワイヤレスコンボ MK270の詳細
メーカーLogicool
重量487g
電源単四電池2本
接続方式USBレシーバー
参考価格3,160円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
Anker

ウルトラスリム Bluetooth キーボード

A7726121
参考価格1,899円(税込)

コンパクトタイプのワイヤレスキーボードとして人気の『ウルトラスリム Bluetooth キーボード』。

パソコンのほか各種スマートフォンやタブレットとの互換性があり、幅広いユーザーから支持されています。キーの素材にこだわり、快適なタイピング性を可能にしています。

レビューでは、Macの純正キーボードに似た感覚といった声もあり、少々打刻音があるものの、操作性の高さに高い評価が集まっています。中には、US配列と確認せずに購入されたユーザーの声もあり、事前の確認はやはり大事ですね。

ウルトラスリム Bluetooth キーボード A7726121の詳細
メーカーAnker
重量190g
接続方式Bluetooth
参考価格1,899円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
Logicool

マルチデバイス キーボード

K480
参考価格4,860円(税込)

マルチデバイスユーザーに人気の『Bluetooth マルチデバイス キーボード K480』。

キーボード左上部のダイヤルを切り替えることで、最大3台まで『Bluetooth』接続が可能です。

キーボード上部にはタブレットやスマートフォンを設置できる溝が作られており、最適な角度で快適なタイピング環境を作り出してくれます。

レビューでは、デバイス切り替え機能の使い勝手の良さが高く評価されており、加えて日本語配列が採用されている点も人気に繋がっています。一方で、重量があるため持ち運び用よりも据え置きとして利用している方が多いようです。

Bluetooth マルチデバイス キーボード K480の詳細
メーカーLogicool
重量815g
接続方式Bluetooth
参考価格4,860円(税込)

画像:amazon.co.jp
5位
iClever

折りたたみ式 Bluetooth キーボード

IC-BK03
参考価格4,999円(税込)

持ち運びに便利な折りたたみ式ワイヤレスキーボードで人気なのが、『Bluetooth キーボード IC-BK03』。

スマートフォンとほぼ同じサイズまで折りたたむことが可能で、持ち運びにはとても便利なサイズです。

タイピングキーおよび折りたたみ部分は繰り返しテストされており、折りたたみ時にはアルミ合金素材が製品を守る、高い耐久性を持った一品です。

レビューでは、バッテリーの持ちの良さと運びやすい利便性から多くの評価を集めていました。中には、キーのタッチ感が良く、長く使っていても疲れにくいといった声もあり、外で仕事することを想定された設計になっています。

折りたたみ式 Bluetooth キーボード IC-BK03の詳細
メーカーiClever
重量185g
電源バッテリー(micro USB充電)
参考価格4,999円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
Logicool

マルチデバイス Bluetooth キーボード

K380
参考価格4,190円(税込)

『マルチデバイス Bluetooth キーボード K380』の特徴的なのは『EASY-SWITCH』機能です。最大3台まで登録することが可能で、接続したままワンタッチで切り替えをすることができます。

また、様々なOSに自動で対応し、ショートカットを含めたキー配置まで自動的にマッピングしてくれます。付属の電池で最大2年という省エネな点も人気です。

レビューでは、タイピング時の感触やベアリングの接続の安定感などが高い評価を集めています。

少々重さを感じるユーザーもいらっしゃいましたが、その分製品の安定感が増しているという声もありました。丸型形状のキーについては、少々慣れが必要なようです。

マルチデバイス Bluetooth キーボード K380の詳細
メーカーLogicool
重量423g
電源単四電池2本
参考価格4,190円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
BUFFALO

無線(2.4GHz)キーボード

BSKBW100
参考価格3,456円(税込)

メンブレン方式を採用している『BUFFALO』の『BSKBW100』。

キーの間隔が狭く、コンパクトな動きでタイピングを進めることが可能です。またキーのストロークも短めに設定されており、長時間の使用にも疲れにくい点が特徴です。

また、キーボード未使用時には縦に立てかけられるため、その他の事務作業等をデスクで効率的に行うことが出来ます。

レビューでは、キーの程よい固さと深さで、タッチ感を味わいたいユーザーに高く評価されています。一方で、キータッチ感に軽さを求めてしまうと少々重く感じるため、ご自身の好みに合わせて選択が必要です。

無線(2.4GHz)キーボード BSKBW100の詳細
メーカーBUFFALO
重量400g
電源単四電池1本
参考価格3,456円(税込)

画像:amazon.co.jp
8位
Ewin

ミニ Bluetooth キーボード

EW-RB05
参考価格6,980円(税込)

ミニキーボードで人気なのが『ミニ Bluetooth キーボード EW-RB05』。

わずか90gで手のひらサイズのミニキーボードです。右側にはマウスパッドが付いており、ゲームコントローラーの要領で操作することが出来ます。

レビューでは、特にテレビに繋いで動画を楽しむ方の声が多く寄せられていました。ほどよいキータッチ感とマウスパッドの感度の良さにも高い評価が集まっていました。

ミニ Bluetooth キーボード EW-RB05の詳細
メーカーEwin
重量90g
電源リチウム電池/USB充電
参考価格6,980円(税込)

画像:amazon.co.jp
9位
ELECOM

2.4GHzワイヤレスフルキーボード&マウス

TK-FDM063
参考価格6,005円(税込)

1つのUSBレシーバーでキーボードもマウスも両方使用可能な『2.4GHzワイヤレスフルキーボード&マウス TK-FDM063』。

1000万回の打刻耐久テストを行っており、キーの耐久性の高さが特徴的です。キーの印字にはレーザー印字が採用されており、長い期間使用していても薄く消えにくい仕様になっています。

キーはしっかり押す深みのあるキーになっているため、タイピングでの打ち込み感を好んで利用する方には、合っているキーボードです。

レビューでは、ワイヤレスキーボードを初めて利用する方を中心に、使いやすいという声が多くある一方で、セットとなっているマウスの評価にはあまり良い声が見受けられませんでした。

2.4GHzワイヤレスフルキーボード&マウス TK-FDM063の詳細
メーカーELECOM
重量554g
電源単三電池1本
参考価格6,005円(税込)

画像:amazon.co.jp
10位
Logicool

ワイヤレスキーボード

K230
参考価格2,700円(税込)

フルサイズの機能を兼ね備えたコンパクトタイプとして人気の『ワイヤレスキーボード K230』。

コンパクトサイズと言われるほどの大きさながらもテンキーまで搭載しているキーボードです。その分キー同士の間隔の狭さもありますが、指の移動範囲も狭く慣れてくるとなかなか手放せません。

レビューでは、テンキー使用やゲーム利用のユーザーを中心に評価を集めていますが、一方で、キーの小ささに慣れるまで苦戦している方の声も多く寄せられていました。

ワイヤレスキーボード K230の詳細
メーカーLogicool
重量320g
電源単四電池2本
参考価格2,700円(税込)

ワイヤレスキーボードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ワイヤレスキーボードの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのワイヤレスキーボード売れ筋ランキング楽天のワイヤレスキーボード売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのキーボード売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

カテゴリから探す