マヌカハニーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

「マヌカハニーに興味はあるけどなんだかよく分からない。価格が高いし…」と、今まで手を出せずにいた方も多いのではないでしょうか。

いざ試してみようと思っても、マヌカハニーは様々なメーカーから発売されており、なかにはラベルが英語表記のものも。また、偽物が出回っていることもあるようなので、初心者の方はどれを選んだら良いかますます迷ってしまいますよね。

そこで今回は、様々なメディアで活躍する料理研究家ユニットの『ちゃあみー』峰 奈津季さんに、おすすめのマヌカハニーを紹介していただきました。峰 奈津季さんは管理栄養士でもあるんですよ。

IPPING編集部調べによるマヌカハニーの選び方や口コミ人気ランキングについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2019年6月26日
54 views
ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季) のプロフィール

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディネーターと栄養管理士のお料理ユニット。WEB『ちゃあみー(HITOOMOI)公式サイト』

この専門家の他の記事を見る

1.管理栄養士おすすめのマヌカハニー

まずはじめに、『ちゃあみー』の管理栄養士である峰 奈津季さんおすすめのマヌカハニーをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
マヌカヘルス

マヌカハニー MGO100+ 

参考価格3,022円(税込)

抗菌力表示MGO規格の登録商標をもつ『マヌカヘルス社』のマヌカハニー。精密な検査をクリアしたマヌカハニーだけがMGOを表示することが許され、効能と品質が保証されています。

優れた抗菌作用をもち、喉の痛みや歯痛、免疫低下にも効力を発揮すると言われています。

MGO30+~550+まであるラインナップのうち、ちゃあみー(峰 奈津季)さんにはマヌカデビューの方でも試しやすいMGO100+をおすすめしていただきました!

ちゃあみー(峰 奈津季)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)
マヌカハニーは、はちみつの中でも特に抗菌作用に優れていると言われています。

このマヌカハニーの抗菌力を見るのが、「MGO○○+」といった表記で、こちらの商品は100+となっています。この抗菌力が高ければ高いほどお値段も高くなる傾向にあります。

あまりに高価だとなかなか続けられないため、継続しやすい価格のMGO100+から続けてみるのが良いでしょう。濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。

マヌカハニー MGO100+ の詳細
メーカーマヌカヘルス
容量250g
参考価格3,022円(税込)

2.マヌカハニーの選び方

マヌカハニーと一口に言っても、メーカーも品質表示も価格も様々。しかもラベルも英語表記のものが多く分かりづらいですよね。

マヌカハニーが体に良いらしい!ということは知っていても、詳しくはよくわからない。
一体どれを選べばいいの!?

という方のために、マヌカハニーの選び方についてご紹介していきたいと思います。

症状によって抗菌力表示を選ぶ

マヌカハニーには優れた抗菌作用があり、マヌカハニーの箱やラベルにはその抗菌作用の強さを示す単位が表示されており、その単位がそのまま商品名になっているものもあります。

例えば、ちゃあみー(峰 奈津季)さんおすすめの『マヌカハニー MGO100+』の「MGO100+」の部分がこれに当たります。

マヌカハニーのややこしいところは、この抗菌力表示がMGO以外にも複数あることです。

それぞれの抗菌力表示の意味について見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp

MGO

現在では最もポピュラーな表示です。

以前よりマヌカハニーに抗菌力があることは知られていましたが、具体的にどの成分が抗菌作用を発揮しているのかは分かりませんでした。

2008年にその抗菌成分がメチルグリオキサールだということが発見され、その頭文字をとってMGOという表示ができました。

「マヌカハニー MGO100+」という表示は1kgのマヌカハニーに対し100mgのメチルグリオキサールが含有されているということを意味します。

ちゃあみー(峰 奈津季)さんコメント

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)
MGOとは、マヌカハニーに含まれているメチルグリオキサール含有量を表しており、抗菌力が高いほど、数値が高くなります。
予防といった意味ではMGO100でも良いのですが、何かしらの症状に対してマヌカハニーを使用する場合は、MGO250以上のものを選ぶのがおすすめです。

MGOはニュージーランドの『Manuka Health New Zealand社』が商標を持っており、『Manuka Health New Zealand社』以外のメーカーがMGOを表示するためにはライセンス料がかかるため価格が高いものが多くなります。

日本のメーカーでは『TCN社』がMGOライセンスを取得しています。

UMF

2008年に抗菌成分メチルグリオキサールが発見される前には、マヌカハニーの抗菌力は消毒薬フェノールとの比較によって数値化されていました。それがUMFです。

「UMF 10+」という表示はフェノール10%の消毒液と同等の殺菌力がある、という意味です。

昔から使われていた指標なので、現在でもUMF規格は広く使用されています。UMFハニーという協会に所属することがこの表示ができる条件となっているため、MGOと比べて製品の信頼性が劣っているというわけではありません。

NPA

UMFと同様の意味を持ちます。たとえば「NPA+10」という表示は、フェノール10%の消毒液と同等の殺菌力ということです。

UMFほど厳格な検査方法やライセンス所持のための厳しい条件などがなく、比較的簡単に表記することができるので、UMFよりは信頼性が低いと考えられています。

その分、価格はリーズナブルです。

MGS

2010年に設立された新しい規格です。

抗菌力測定はUMFと同等ですが、抗菌力以外にもいくつかの基準を設けていて、最も厳格な品質規格です。

MGOやUMFなど、協会の所属・ライセンス・生産者の規模に関わらず、高品質なものに認定を与えるというもので、これに認定されたマヌカハニーはとても価値が高いのだそうです。

以上、4つの表示規格についてご説明してきました。

日本で売られているもので最も多いのはMGOとUMFです。MGOとUMFでは表示の意味が違うので、単に「数字が大きいほど良い!」と誤解しないようにしてくださいね。

続けやすいものを選ぶ

画像:amazon.co.jp

マヌカハニーは食品なので薬のように即効性を期待して摂取するものではありません。

中にはマヌカハニーを食べてすぐに効果を実感できたという人もいますが、「長期間かけてゆっくり身体を変えていく」くらいの気持ちで摂取しましょう。

そのためには続けやすいものを選ぶということが大切になります。

味・風味

マヌカハニーは普通のハチミツと違って、独特のクセがあります。また、普通のハチミツよりもドロッと濃厚で、キャラメルのような固さがあります。

薬っぽさやメンソール感と表現する人もいますが、感じ方は人それぞれ。普通のハチミツと変わらないと感じる人もいるでしょう。

ちゃあみー(峰 奈津季)さんコメント

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)
MGOの濃度が高ければ高いほど、マヌカハニーの濃度が濃くなります。独特なクセがあるので、いきなり濃いものを選ぶと続けられない、なんてことも。低濃度のものから徐々に濃いものにしていくのが良いですよ。

これからマヌカハニーを始める方は、いきなり抗菌力の高いものではなく、低いものや容量の少ないものから挑戦してみるといいかも知れませんね。

価格

マヌカハニーを続けるうえで価格も重要な要素です。

ちゃあみー(峰 奈津季)さんコメント

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)
マヌカハニーの濃度が高ければ高いほど、MGOが高いほど値段は高くなります。自分の続けやすい価格のものを選びましょう。マヌカハニーは一度だけではなく継続するのが大切です。

高い抗菌力を求めて高額なマヌカハニーを選んでも、効果が出るまで続けられなかったら意味がないですよね。

と言っても価格の安いものは品質が気になります。次に紹介する「品質での選び方」も参考に、価格と品質のバランスを見て、自分に合ったものを選んでくださいね。

メーカーの信頼性と品質で選ぶ

ネットショップでマヌカハニーを探しているとよく目にするのが「偽物」「類似品」「模倣品」などの言葉。

マヌカハニーは価格の高さから、品質が疑わしい「偽物」が多数流通しているそうです。偽物のマヌカハニーに抗菌力があるかないかは分かりませんが、少なくとも安心して口にすることはできませんよね。

また、本物のマヌカハニーだとしても、瓶詰めや輸送の仕方によって劣化してしまったり、販売元が不親切だったりして低品質のものが届いてしまっては困ります。

偽物や低品質のマヌカハニーを選んでしまわないように、注意するポイントをご紹介します。

画像:amazon.co.jp

抗菌力表示を確認する

マヌカハニーを謳っている品の中には、「マヌカハニー 20+」というようなあたかも抗菌力を示しているような表記のものがあります。

数字=抗菌力 だと誤解しないように気を付けてください。

抗菌力表示にはMGOやUMFなどの規格があり、表示するにはライセンスが必要です。信頼できるメーカーはホームページなどにMGOの試験成績表を載せているので確認してみましょう。

また、UMFの場合はUMF協会のサイトから、所属しているメーカーを確認することができます。UMFを表示しているのに協会のリストにメーカー名が載っていなければアウトです。

販売店の中には品質証明書などの書類を添付してくれるところもあります。

価格が安すぎるものは要注意

マヌカハニーは抗菌力の高さや品質によって価格は高くなる傾向にあります。価格が安すぎるマヌカハニーは注意しましょう。

他のメーカーの抗菌力表示が同じものを比べて、極端に安くないか確認するのが良いですね。

製造・運搬途中で劣化していないか 

画像:amazon.co.jp

良心的なメーカーや販売者は、マヌカハニーの生産からユーザーのもとへ届くまで細心の注意を払っています。

メーカーのホームページやお店のページなどを見て、どのように採取しているのか?瓶詰めの工程は?非加熱か?温度管理は徹底されているか?など、生産者や販売店の姿勢を確認しましょう。

3.マヌカハニーおすすめ人気ランキング10選

ここからはIPPING編集部調べによる、レビュー評価の高いおすすめのマヌカハニー10選をランキングにしてご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
マヌカヘルス

マヌカハニー MGO 400+

参考価格6,198円(税込)

プロおすすめの『マヌカヘルス』のマヌカハニー。殺菌力高めで容量の大きいこちらのアイテムが口コミでも高評価でした。

殺菌力が高いと価格も跳ね上がる傾向にあるマヌカハニーですが、並行輸入品のため価格が抑えられています。

メディカルグレードを期待して購入したというレビューが多く、「歯科医にかかる回数が減った」「火傷に塗ったら赤みがひいた」などの声が寄せられています。

マヌカハニー中級者以上で、より一層、高い抗菌効果を求めたい方に人気の一品です。

マヌカハニー MGO 400+ の詳細
メーカーマヌカヘルス
内容量500g
抗菌力表示MGO 400+
参考価格6,198円(税込)
1gあたりの値段12.4円
画像:amazon.co.jp
2位
マリリニュージーランド

マヌカゴールド 8+ MG200+

参考価格3,285円(税込)

『マヌカゴールド』にはMGS認定証が添付されます。

『マリリニュージーランド』では卸売をしておらず、メーカーから直接買うことで転売品や偽物の心配がないため、こちらのマヌカハニーを選んでいる方が多いようです。

喉のイガイガにはもちろん、「飼い猫の歯茎の腫れにも効果があった」という口コミもありました。

品質が気になる・安心のメーカーが分からない、という方は認定書付きのこちらのマヌカハニーがおすすめです。

マヌカゴールド 8+ MG200+ の詳細
メーカーマリリニュージーランド
内容量250g
抗菌力表示MGS 8+ / MG 200+
参考価格3,285円(税込)
1gあたりの値段13.1円
画像:amazon.co.jp
3位
コンビタ

マヌカハニー

参考価格3,980円(税込)

抗菌力表示のない『SWEET MEADOW』ブランドのマヌカハニーが、amazonのレビューでは☆4.2と高評価でした。

知名度のあるマヌカハニーメーカー『コンビタ社』のブランドの一つ。抗菌力表示がないからと言って抗菌力がないわけではありません。検査費用やライセンス料がかからないため、価格がリーズナブルに抑えられているマヌカハニーです。

「数値が高ければいいとは思っていない」「十分効果を実感できているし価格も安いから満足」という意見が多く寄せられていて、マヌカハニー初心者さんや、お試しでコスパ重視の方におすすめな一品です。

マヌカハニー の詳細
メーカーコンビタ
内容量500g
抗菌力表示表示なし
参考価格3,980円(税込)
1gあたりの値段8.0円
画像:amazon.co.jp
4位
コンビタ

MediBee マヌカハニー UMF5+

参考価格2,592円(税込)

3位の『SWEET MEADOW』に続きこちらも『コンビタ社』のマヌカハニー。

安全管理は徹底されていて、農薬不使用で巣箱はバーコード管理、瓶ごとの追跡まで可能です。輸入食品を購入するときに安全性は最も気になるところですよね。

「蜂蜜が嫌いな私でもおいしいと感じた」「もう少しクセのある方が好き」というように、初心者でも食べやすい味のようです。

UMF 5+と抗菌力表示は低めなので、お試しで食べてみて、味や食感が好みなら1ランク上のものをリピ、というのもおすすめです。

MediBee マヌカハニー UMF5+ の詳細
メーカーコンビタ
内容量250g
抗菌力表示UMF 5+
参考価格2,592円(税込)
1gあたりの値段10.4円
画像:amazon.co.jp
5位
TCN

インカナム マヌカハニー MGO 550+

参考価格16,200円(税込)

MGO 550+という高い抗菌力もさることながら、価格の高さに驚いてしまう『TCN』のマヌカハニー。

『TCN』は日本の企業で、なんと、ニュージーランドに移住した辻 重さんの手によって生産・管理されているそうです!マヌカの中でもインカナム種のハチミツのみを使用しているのも特徴です。

「値が張りますが欠かせないものになっています」「花粉症にも効果があった」と高評価。ラベルとラッピングがかわいいことでも人気があり、大切な人へのプレゼントにもおすすめの一品です。

インカナム マヌカハニー MGO 550+ の詳細
メーカーTCN
内容量500g
抗菌力表示MGO 550+
参考価格16,200円(税込)
1gあたりの値段32.4円
画像:amazon.co.jp
6位
TCN

ストロングマヌカハニー

参考価格24,980円(税込)

5位に引き続き『TCN』の『ストロングマヌカハニー』がランクイン。

無添加で非加熱なのに半永久的に変性しないのは、糖分濃度を80%以上にまで高めているからだそう。

「ダントツに美味しい」「値段が高いのでとくに弱っているときにとっている」「値段を気にして他のマヌカハニーに変えたけど結局これに戻ってきた!」と、値段に劣らないパフォーマンスがあるという口コミがかなり多かったことに驚きました。

中~上級者でもっと抗菌力の高いものに挑戦してみたい方におすすめです。

ストロングマヌカハニー の詳細
メーカーTCN
内容量500g
抗菌力表示MGO 860+
参考価格24,980円(税込)
1gあたりの値段50.0円
画像:amazon.co.jp
7位
ハニージャパン

37ハニー マヌカハニーUMF 10+

参考価格4,968円(税込)

徹底した温度管理が特徴の『ハニージャパン』。輸送中、なんと1時間に1回温度を測定し、蜂の巣と同じ温度(33~37℃)に保っているそうです。

「他のマヌカハニーに比べてクセが少ない」という口コミが多く、薬代わりに直接舐めるだけでなく、パンに塗ったりヨーグルトと混ぜたりしてお食事と一緒に楽しんでいる方が多いようでした。

各種保証書も添付されるようですので、品質管理が気になる方にもおすすめな一品です。

37ハニー マヌカハニーUMF 10+ の詳細
メーカーハニージャパン
内容量250g
抗菌力表示UMF 10+
参考価格4,968円(税込)
1gあたりの値段19.9円
画像:amazon.co.jp
8位
100% Pure New Zealand Honey

ハニーバレー アクティブマヌカハニー UMF20+

参考価格6,588円(税込)

UMF 20+という高い抗菌力でありながら他社のものよりもお手頃価格な『ハニーバレー』のマヌカハニー。直輸入のため価格が抑えられているそうです。

風邪気味のときや虫歯予防だけでなく、「UMF 15+から20+にしたら慢性の胃痛が解消した」「肌荒れが一晩でもちもち肌になった」という喜びの声が多く寄せられていました。

お手軽に高い抗菌力を期待したい方におすすめのマヌカハニーです。

ハニーバレー アクティブマヌカハニー UMF20+ の詳細
メーカー100% Pure New Zealand Honey
内容量250g
抗菌力表示UMF 20+
参考価格 6,588円(税込)
1gあたりの値段26.4円
画像:amazon.co.jp
9位
ハイパーリンク

Angelbean 生 マヌカハニー MGO100+

参考価格3,880円(税込)

あくまで自然を重視した『Angelbean』のマヌカハニー。

無農薬・無添加・非加熱、さらに、収穫を目的とした巣箱の移動はしていないそうです。巣箱の移動をしないことでより自然な蜂の巣に近い状態となり、蜂にとってもストレスの少ない環境で良質なマヌカハニーを生産できるようになるのだそう。

また、なるべく天然蜂蜜そのままの状態でお届けするために必要以上のろ過はおこなっておらず、マヌカ花粉や酵素などの成分が含まれています。

「他のマヌカハニーよりも甘くて美味しい」「子どもも抵抗なく食べられた」と味の評価も上々。

瓶が透明なので直射日光の影響を受ける可能性があることから評価が下がりましたが、自然派の方にはおすすめな一品です。

Angelbean 生 マヌカハニー MGO 100+ の詳細
メーカーハイパーリンク
内容量340g
抗菌力表示MGO 100+
参考価格3,880円(税込)
1gあたりの値段11.4円
画像:amazon.co.jp
10位
Wild Cape

マヌカハニー UMF15+

参考価格5,300円(税込)

『Wild Cape社』は小規模な養蜂場でありながら良質なマヌカハニーを生産しています。

先住民マオリ族の方々が、マオリの聖地であるマヌカの森の中心部まで入り採蜜しているそうです。そのため純度の高い高品質のマヌカハニーが採蜜できるんだとか。

「数値が高く濃厚なのに食べやすい自然な風味」「喉への効果は大満足」という評価の一方「私には合わなかった」という声も。食品なので好みもありますね。

純度の高いマヌカハニーを試してみたい方におすすめです。

マヌカハニー UMF15+ の詳細
メーカーWild Cape
内容量250g
抗菌力表示UMF15+
参考価格5,300円(税込)
1gあたりの値段21.2円

マヌカハニーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、マヌカハニーを含めたはちみつの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのはちみつ売れ筋ランキング楽天のマヌカハニー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのはちみつ売れ筋ランキング

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の人気記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の新着記事

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

カテゴリから探す