電子ピアノおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

習い事や趣味として人気のピアノ。

お子さんのレッスン用や大人の趣味用にコンパクトで調律不要な「電子ピアノ」を探し始めたけれど、「何を基準に選べばいいかわからない」とお困りではありませんか?

今回は、音楽教室やコラボ製品の販売も行っている『島村楽器』さんの新宿PePe店 電子ピアノ担当:頴川(えがわ)夏子さんに、おすすめの電子ピアノを教えていただきました。

また、IPPING編集部で電子ピアノの選び方やレビュー評価の高い人気機種をランキングにまとめ、紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

はじめてのピアノの練習用やコンパクトなものをお探しの方、マンションで音が気になる方など、それぞれの目的にぴったりな電子ピアノを見つけて、気兼ねなく楽しみましょう。

最終更新日:2019年6月20日
165 views
島村楽器

島村楽器 のプロフィール

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有数の音楽教室運営会社となる。「音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」を世界で実現するべく、2015年に中国進出を果たした。WEB『島村楽器

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめの電子ピアノ

まずは、『島村楽器』頴川さんがおすすめしてくれた電子ピアノを3つご紹介します。

画像:rakuten.co.jp
プロの
おすすめ
Roland(ローランド)

ポータブル・ピアノ FP-30

参考価格73,440円(税込)

『FP-30』は卓上タイプの電子ピアノ。本体自体も低価格なため、スタンドとセットで購入しても、価格を抑えることができる人気機種です。

非常にコンパクトなので、外への持ち出し用にと購入される方も多くいらっしゃいます。

『島村楽器』頴川さんレビュー

島村楽器
『FP-30』の魅力はコンパクト&低価格でありながら、弾きごたえがしっかりとあることです。非常にコンパクトでスタンドもついていないため、テーブルの上など場所を選ばず使用することができます。

また、販売元である『ローランド』はどの価格帯でもエスケープメント機構も備えているため、低価格帯で弾きごたえがあるのが魅力です。

細かなタッチも再現が可能で、レッスン用のピアノをお探しの方にもおすすめです。

エスケープメントとは、ピアノの打弦構造のこと。グランドピアノなどでは、弱い力で鍵盤を押し込んだ時、鍵盤が下がる途中でもわずかな手ごたえがあります。

『ローランド』は、本物のピアノのタッチ感を再現するためどの価格帯でもエスケープメント機構が搭載されており、本物のピアノを弾く際にも、ギャップが少ないのが魅力です。

ポータブル・ピアノ FP-30の詳細
メーカーRoland(ローランド)
特徴カラー:2色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2つ
参考価格64,600円(税込)※スタンド・ペダル別売り
画像:rakuten.co.jp
プロの
おすすめ
Roland(ローランド)

デジタルピアノ LX700 Series LX705

参考価格237,600円(税込)

『LX705』は、スタンダードタイプの電子ピアノです。音の響きや表現力、鍵盤のタッチ感など本物のピアノを可能な限り再現するとともに、デザイン性や使いやすさにもこだわったモデル。

新設計のスピーカーを採用し、ピアノ全体から響くような豊かな響きも魅力です。

『島村楽器』頴川さんさんレビュー

島村楽器
スペースの確保ができる方には『ローランド LX705』がおすすめです。鍵盤はハイブリッド鍵盤(木材×樹脂センターフレーム)で、スピーカーも4個ついているため、本物のピアノのタッチや音の繊細さなどをしっかりと表現することができます。

また、島村楽器コラボモデルの「LX705GP」には、島村楽器スタッフが日々の接客の中でキャッチした意見・ニーズに基づく音色作り、内蔵曲のバリエーションなどが追加されています。

同モデル限定カラーとなるKURO(黒木目)とSHIRO(白木目)を展開。ローランドオリジナルの「LX705」と合わせれば、全5色から選んでいただけますよ。

※写真は島村楽器コラボ商品です。

画像:rakuten.co.jp

デジタルピアノ LX700 Series LX705の詳細
メーカーRoland(ローランド)
特徴カラー:3色(限定は2色)
鍵盤:ハイブリッド鍵盤(木材×樹脂センターフレーム)
スピーカー:4つ
参考価格211,000円(税込)

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
YAMAHA(ヤマハ)

アバングランド  NU1X

参考価格429,840円(税込)

『NU1X』は、アップライトピアノと同じアクション機構・木製鍵盤(表面はアクリペット)、最新の音源やセンサーなどと組み合わせることで、表現豊かな演奏を可能にしたモデルです。

演奏者の耳と同じ位置で聴こえる音をサンプリングする「バイノーラルサンプリング」を採用し、ヘッドホンを使用してもピアノ本体から音が響いているような臨場感のある音を楽しむことができます。

『島村楽器』頴川さんレビュー

島村楽器
『YAMAHA NU1X』はアップライトピアノのアクション機構を採用している機種。鍵盤の繊細な動き、ハンマーに伝わる細かい音のニュアンスを弾き分けることが可能です。

ただ、本体とスタンドをばらすことができないため、搬入時は搬入経路の廊下の幅などをしっかりと確認しておく必要があります。

アバングランド NU1Xの詳細
メーカーYAMAHA(ヤマハ)
特徴カラー:2色
鍵盤:木製
スピーカー:4つ
参考価格429,840円(税込)

2.電子ピアノ選びの4つのポイント

続いては、電子ピアノを選ぶ際にチェックしたいポイントを4つご紹介します。

部屋に合ったサイズ・タイプを選択

グランドピアノやアップライトピアノのサイズ・重さ・音の大きさ・価格などの問題で、電子ピアノを選択される方は近年非常に増えています。

また、すでに本物のピアノ(アコースティックピアノ)があるけれど、夜の練習用や持ち運び用にと購入を検討される方も多くいます。

そこで、まずチェックしておきたいポイントが「サイズ(タイプ)」です。

電子ピアノにはスタンドが付属しない「卓上タイプ」や奥行のある「スタンダードタイプ」(奥行平均45cm)、スリムな「コンパクトタイプ」(奥行平均31cm)があります。

置き場所が確保できるのであれば、性能もよく、音の響きなども本物のピアノに近いスタンダードタイプがおすすめ。まずは住環境に合わせたサイズを確認しておきましょう。

画像:shimamura.co.jp

鍵盤は「木製」がおすすめ

電子ピアノを選ぶ際に、特に気になるポイントしてあげられるのが「鍵盤」。

本物のピアノの鍵盤は木製が多く、電子ピアノに比べるとタッチは重め。電子ピアノでも、本物のピアノに近い重めのタッチの方が一般的には好まれているようです。

島村楽器さんコメント

島村楽器
電子ピアノの鍵盤には「プラスチック製」と「木製」の鍵盤がありますが、レッスン用にお探しの場合は本物のピアノと同じ木製鍵盤を使用している機種がおすすめです。

プラスチック製の鍵盤ではタッチが軽く感じられることもありますが、最近では「エスケープメント機構(『KAWAI』ではレットオフフィール機構)」を備えた電子ピアノなど、本物のピアノに近い重みや弾き応え、さらにタッチの再現にこだわった製品が多く登場しています。

「エスケープメント機構」とは、「打鍵後にハンマーが弦の振動を止めずに速やかに離れる仕組み」のことです。

グランドピアノでは、鍵盤を弱い力で押したときに鍵盤が戻ってくるようなわずかな手ごたえを感じることがあるのですが、これが電子ピアノでも再現できる、というわけです。

また『Roland』では、樹脂(プラスチック)と木材を両方使用することで耐久性を持たせながらも、本物のピアノにこだわった弾き心地を実現した「ハイブリッド鍵盤」を採用しているモデルも。

お店でぜひ弾き比べて確認してみてくださいね。

※参考:yamaha.custhelp.com

スピーカーは「4つ以上」あるものがおすすめ

電子ピアノは録音した本物のピアノの音をスピーカーで再現しています。

価格帯によって搭載されているスピーカの数が違い、音の強弱や音色の変化などを左右します。

『島村楽器』頴川さんコメント

島村楽器
スピーカーは、4つ以上搭載した機種がおすすめです。多くのスピーカーを搭載しているものの方が、表現力の幅が広がり、より本物に近い音や響きを再現できます。

電子ピアノの中には、ボリュームを下げると強弱がつかなくなってしまう機種もあります。

これも実はスピーカーの数が関係しています。

マンション住まいなどヘッドホンを使用することが多い場合は、実際に店頭でヘッドホンを使い試奏してみて、音を小さくしても強弱があるかどうかなどをチェックしておくといいでしょう。

音源はメーカーによって違いあり!好みで選ぶのもOK

電子ピアノの音源には現在「サンプリング音源」「モデリング音源」があります。

「サンプリング音源」は『ベーゼンドルファー』『ヤマハ』など、世界的に有名な複数のコンサートグランドピアノの音を収録し、それを電子ピアノの音源の元として使用しています。

「モデリング音源」は比較的新しいタイプで、鍵盤を弾くたびにリアルタイムで生成されます。

例えば、複数の鍵盤を同時に鳴らした時の複雑な和音が、単音を重ねただけの音でなく、本物のピアノでの響き方を元にシミュレートされた和音として聴こえるわけです。

電子ピアノの音も本当に進化しているんですね!

モデリング音源を採用しているのは現在(2019年4月)『ローランド』の機種だけですが、今後増えていく可能性があります。

より本物に近い音が再現できるものをお探しの場合は、この点にも着目してみましょう。

 

また、音源は各メーカーや価格帯で音の軽さや広がりが全く異なるポイントでもあります。

『島村楽器』頴川さんコメント

島村楽器
電子ピアノは、まず最初にメーカーを絞っておすすめすることが多々あります。メーカーによって音源が違いますので、音の好みも分かれます。

その上で、住環境に合わせてサイズ、タイプ、鍵盤やスピーカーの数などで絞り込んでいくと選びやすくなります。

代表的なピアノメーカーは、YAMAHA・KAWAI・Roland・KORG・CASIOなどがあります。

実際に試奏して、音の違いを聞き比べてみると違いが分かりやすいため、どれを選ぶか迷った際には好みの音で決めるというのも長く付き合っていく上でポイントといえるでしょう。

また、振動なども機種によってさまざまです。環境によっては、防音対策も考慮しましょう。

『島村楽器』頴川さんコメント

島村楽器
マンションなどにお住まいで電子ピアノをお探しの場合、防音マットも一緒におすすめしています。防音マットはピアノの音だけではなく、鍵盤をたたく音や振動も軽減できるので、ご近所の方とのトラブルを避けるという意味でもおすすめです。

3.電子ピアノ人気ランキング10選

続いて、IPPING編集部調べによる口コミなどで評価の高い電子ピアノをランキングでご紹介します!


画像:amazon.co.jp
1位
KORG(コルグ)

デジタル・ピアノ LP-380

参考価格54,000円(税込)

『LP-380』はコンパクトタイプの電子ピアノです。

カラー展開が多くスタイリッシュな見た目やデザインであること、日本製で1台1台丁寧に作られていることなどが高評価で人気の機種。

ただ、実はメーカーの生産は終了しているため、お求めの際は早めがいいでしょう。

グランドピアノと同じように高音部に行くほどタッチ感が軽くなる「RH3鍵盤」を採用しており、全体を包み込むような立体的な響きが魅力です。

デジタル・ピアノ LP-380 の詳細
メーカーKORG(コルグ)
特徴カラー:4色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格54,000円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
KORG(コルグ)

コルグ・コンサート・シリーズ デジタル・ピアノ B1

参考価格33,264円(税込)

『B1』は卓上タイプの電子ピアノ。コンパクトなので場所を取らず、シンプルなデザインで人気を集めています。

アコースティックピアノのタッチをリアルに再現した鍵盤(NH鍵盤)と、豊かな低音の響きを再現するスピーカーシステムを採用しています。

キータッチコントール機能搭載なので、自分のタッチの強さに合わせ3段階から調整ができます。

コルグ・コンサート・シリーズ デジタル・ピアノ B1 の詳細
メーカーKORG(コルグ)
特徴スタンド・椅子別売り
カラー:2色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格33,264円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
KORG(コルグ)

コルグ・デジタル・ピアノ LP-180

参考価格41,234円(税込)

『LP-180』は『LP-380』の後継機種。奥行が27cmと非常にスリムですが鍵盤カバーも付いており、スタイリッシュな見た目が魅力です。

NH鍵盤(低音では重く、高音が軽くなる)を搭載し繊細なタッチも豊かに表現します。

日本を代表するシンセサイザーやキーボードなどの電子機器メーカーである『コルグ』が長年のノウハウを生かし、丁寧にサンプリングしたグランドピアノのサウンドを再現しています。

コルグ・デジタル・ピアノ LP-180 の詳細
メーカーKORG(コルグ)
特徴カラー:2色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格41,234円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
YAMAHA(ヤマハ)

電子ピアノ Pシリーズ P-45

参考価格36,980円(税込)

『P-45』は卓上タイプの電子ピアノです。

奥行は30cm未満、重さ11.5kgと電子ピアノの中では軽量なので、屋外でストリート演奏をしたい場合や、スタジオに持ち込みたい場合などにもおすすめです。

音域によって弾きごたえが変わる「GHS鍵盤」を搭載で自然なタッチ感を再現しており、アコースティックピアノに近く、レッスン用としても人気。

リアルなピアノの音を再現するため、AWM(楽器音を音源として利用する技術)をさらに改良し、グランドピアノのリアルな響き・広がりを再現しています。

電子ピアノ Pシリーズ P-45 の詳細
メーカーYAMAHA(ヤマハ)
特徴カラー:1色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格36,980円(税込)

画像:amazon.co.jp
5位
CASIO(カシオ)

Privia PX-160

参考価格68,040円(税込)

卓上タイプでピアノを持ち運びたい方、できるだけ省スペースに収めたい方におすすめの電子ピアノです。

シャンパンゴールドという他にはあまりないカラーも人気のポイント。

強弱も表現でき(タッチレスポンス)、グランドピアノのようなハンマーの自重によるアクション機構を搭載しており、弾きごたえとタッチ感があります。

グランドピアノならではの響きを徹底追及し、弾き方や時間による変化など細かな響きの違いを再現しています。

Privia PX-160 の詳細
メーカーCASIO(カシオ)
特徴カラー:2色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格68,040円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
inMusic Japan

ALESIS Recital

参考価格26,800円(税込)

『Pecital』は卓上タイプの電子ピアノで、電源アダプターだけではなく電池(単一乾電池6本)でも動くため外出先で使用したいという方におすすめの機種です。

タッチレスポンス調整(強弱の表現)もきちんとついている他、鍵盤の重さも自分のタッチに合わせて調整できます。

また、8鍵盤を2つのエリアに分け、同じ音色で同時に演奏できるレッスンモードなど、レッスン時に便利な機能も搭載しています。

ただ、口コミを見てみるとお子さんのレッスン用というよりも、趣味や保育士試験対策など大人の方が自分用にと購入する方が多いようです。

ALESIS Recital の詳細
メーカーinMusic Japan
特徴カラー:1色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格26,800円(税込)

画像:amazon.co.jp
7位
inMusic Japan

ALESIS Recital Pro

参考価格35,474円(税込)

6位で紹介した機種の上位モデルが『Recital Pro』です。

電源アダプターに加え、電池(単一乾電池6本)でも駆動可能なので、外で演奏を楽しみたい方にもおすすめの機種です。

また『Recital Pro』には、録音・再生機能も搭載されているため、自分の演奏をその場ですぐに確認することができます。

口コミでは入門用にと子供から大人まで幅広い方から高評価。鍵盤の重さも調整可能で機能も多彩なので、「楽しみながら練習を続けられる」という声が多く寄せられていました。

ALESIS Recital Pro の詳細
メーカーinMusic Japan
特徴カラー:1色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格35,474円(税込)

画像:amazon.co.jp
8位
CASIO(カシオ)

Privia PX-560M

参考価格89,504円(税込)

『PX-560M』はタッチパネル操作が可能なカラー液晶を搭載した卓上タイプの電子ピアノ。

グランドピアノの音色だけではなく、エレクトリックピアノなど650の音色を内蔵しており、オリジナルサウンドをカスタマイズできる機能も搭載。

マルチトラックレコーディング機能など、ステージやスタジオ演奏などで進化を発揮する電子ピアノです。動画制作で音源を自分で作りたいという方にもおすすめ。

ピアノの音や響きにもこだわり、共鳴音などグランドピアノならではの響きも再現しています。

Privia PX-560M の詳細
メーカーCASIO(カシオ)
特徴カラー:1色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格89,504円(税込)

画像:amazon.co.jp
9位
YAMAHA(ヤマハ)

電子ピアノ Pシリーズ P-125

参考価格59,800円(税込)

『P-125』はコンパクトタイプの電子ピアノです。

「RGEスタンダードⅢ音源」を採用しており、優しい音、力強い音など鍵盤をたたく強弱に応じて表情豊かな音色を楽しむことができます。

鍵盤は低音で重く、高音で軽くなる「GHS鍵盤」を搭載。音域によって変わる弾きごたえを再現し、本物のピアノに近い自然なタッチ感を演出しています。

また音源だけではなくスピーカーにもこだわり、音の広がりと高音の響きを実現した豊かな表現力が魅力です。

電子ピアノ Pシリーズ P-125 の詳細
メーカーYAMAHA(ヤマハ)
特徴カラー:2色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:4個
参考価格59,800円(税込)

画像:amazon.co.jp
10位
CASIO(カシオ)

Privia PX-770

参考価格61,800円(税込)

『PX-770』は「3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤Ⅱ」を搭載したモデルです。

メーカーである『CACIO』は、グランドピアノと電子ピアノでは鍵盤をたたいてから音が鳴るまでのタイミングに違いが表れることに着目。

グランドピアノに近づけるべく3つのセンサーを搭載し、打鍵から音が鳴るまでの速さを細かく変化させています。

また、鍵盤を戻しきる前に連続して発音が可能なので、同音連打の演奏でも自然な音色を表現することが可能です。

Privia PX-770 の詳細
メーカーCASIO(カシオ)
特徴カラー:3色
鍵盤:プラスチック
スピーカー:2個
参考価格61,800円(税込)

電子ピアノの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、電子ピアノの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの電子ピアノ売れ筋ランキング楽天の電子ピアノ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの電子ピアノ売れ筋ランキング

島村楽器の人気記事

島村楽器の新着記事

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

カテゴリから探す