ペンタブおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

イラストや漫画などを手軽に描けるペンタブレット(ペンタブ)。アニメや漫画の人気を追い風に、利用する方も増えてきました。

現在は鉛筆で描くのと同じように筆圧や線の太さなどを変えることができるモデルもあり、イラストだけでなく、写真加工や手書きの文章など、幅広い用途で使えます。

そこで今回は、企業・個人問わず様々な顧客にPCや関連機器のノウハウを提供しているPCガイドの内川功一朗さんに、おすすめのペンタブについてお話を伺いました。

IPPING編集部調べによるペンタブの種類と選び方、人気ランキング10選をあわせて紹介します。

理想のペンタブ選びの参考にしてみてください。

最終更新日:2019年4月29日
48 views
内川功一朗

内川功一朗 のプロフィール

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナなどの周辺機器に関する情報を発信中。上級写真整理アドバイザーの顔も持つ。WEB『デジタルと現実の架け橋

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのペンタブ

まずはじめに、PCガイドの内川功一朗さんおすすめのペンタブを見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Wacom

Intuos Small ベーシック

CTL-4100/K0
参考価格6,754円(税込)

『Wacom Intuos Small ベーシック』は、他モデルより薄くて軽い、コンパクトな板タブ。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
圧倒的なペンタブ世界シェアを誇る『Wacom』。充電不要の特許技術を持つスタイラスは、軽い上にペン先の形状も様々で、差し替えも可能です。

薄さは8.8mm、重量は前モデルより40g削減しており、持ち運びに便利です。

筆圧レベルは4,096と一般的な水準より高くなっており、軽量と品質の両立を実現した板タブと言えます。

レビューでも「軽くて安い」「手軽に使える」と、その手軽さが高く評価されています。

Wacom Intuos Smallベーシック の詳細
メーカーWacom
種類板タブ
筆圧レベル4,096
参考価格6,754円(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
XP-Pen

ペンタブ Deco01

JPSTGG640
参考価格5,950円(税込)

『XP-Pen ペンタブ Deco01』は、初心者におすすめの板タブです。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
『Wacom』と比較するとネームバリューは劣るものの、製品は優れています。充電不要のスタイラスも便利でおすすめですよ。

ショートカットキー8個、充電不要のスタイラス、USB Type-Cのインターフェースと6,000円弱という価格とは思えないスペックが魅力的。

初めてペンタブを買う方におすすめ」「初めてのペンタブとしては★5」など、実際に使用しているユーザーからも初心者へおすすめするコメントが寄せられています。

XP-Pen ペンタブ Deco01 の詳細
メーカーXP-Pen
種類板タブ
筆圧レベル8,192
参考価格5,950円(税込)

2.ペンタブの選び方

次に、ペンタブの選び方を紹介します。各ポイントをチェックして、自分に合ったモデルを選んでくださいね。

種類で選ぶ

ペンタブは、描画を手元の液晶ディスプレイで確認できる「液タブ」と、パソコン画面で描画を確認する「板タブ」の2つに分かれます。

液タブ

液タブは、線を手元で確認しながら描画することができるので、紙に描く時と同じような感覚で使えます。

「ペーパーライクフィルム」を画面に貼れば、紙と近い描き心地を味わうことができます。

注意するべきなのは、ペンの位置と描画位置とのズレです。イラストのクオリティーに影響を与える重要なポイントなので、なるべく誤差の少ないものを選びましょう。

価格は一般的に板タブより高く、中には5万円を超えるモデルも販売されています。

板タブ

板タブは、パソコン画面を確認しながら手元のタブレットで描画をするため、慣れが必要です。

一方、手やペンがディスプレイと重ならず描画がきちんと見えるため、板タブを好む方もいらっしゃいます。

価格は1万円を下回るものも多く、液タブと比較すると購入しやすい価格も魅力。

注意すべきなのは、サイズ。板タブに描いた線は、ペンタブの入力範囲とモニターサイズの関係によって大きく変わってきます。

ご自身のパソコンのモニターサイズを踏まえて、適切な大きさの板タブを選びましょう。

サイズで選ぶ

ペンタブのサイズは、描きやすさを大きく左右する重要な要素のひとつ。

キャンバスに描くように大きく腕を動かして入力したい方は大きなもの、漫画や線描など細かく手首を使って入力したい方は小さなものがが使いやすいでしょう。

また板タブを購入する方は、パソコンのモニターサイズとペンタブの大きさをなるべく揃えるのがおすすめ。

板タブの場合、ペンタブの入力範囲がモニターより大きい場合は実際の入力よりも小さく、逆にモニターの方が大きい場合は実際の入力より大きく出力されます。

その差が描画の操作性に影響を与えるので、下記のようなバランスの良いサイズを選びましょう。

モニターサイズペンタブのサイズ
15インチ以下S
16〜24インチ以下M
25インチ以上L

筆圧レベルで選ぶ

筆圧レベルとは、描画の際にペンにかかる圧をどのくらい細やかに出力に反映させられるかを表す値。

この数字が大きくなればなるほど、より繊細に力の入れ具合を描画に表現することができます。

初めてペンタブをお求めの方や趣味で楽しむ方であれば、2,048段階が標準的。ハイレベルなモデルとなると、8,192段階などもあります。

予算と相談しながら、なるべく筆圧レベルの高いモデルを選びましょう。

ショートカット機能で選ぶ

描画を効率よく集中して行う際に役立つのがショートカットキー。

よく使うアプリをすぐに呼び出せたり、頻繁に使う機能をあらかじめ登録しておけば、スムーズな操作の流れでストレスなく描画を行えます。

キーがないモデルも販売されいていますが、描画に集中したい方はショートカットキーがあるものがおすすめです。

メーカーで選ぶ

国内シェア8割と、ペンタブ市場で圧倒的な存在感を誇る言わずと知れたペンタブメーカー『Wacom』。イラスト制作の現場では、ほぼ間違いなく『Wacom』製のモデルが採用されています。

趣味から仕事まであらゆる用途で長く使用され、多くのイラストレーターから厚い支持を集めています。

一方、最近では『HUION』や『XP-Pen』など、コストパフォーマンスの優れたペンタブメーカーも人気。

「『Wacom』は高すぎて手をだしにくい…」という方は、ぜひ検討してみてください。

参考:kakaku.com

3.ペンタブ人気ランキング10選

ここからは、IPPING編集部調べによるペンタブの口コミ人気ランキング10選を紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
1位
Wacom

Intuos Draw Small

CTL-490/W0
参考価格9,280円(税込)

『Wacom Intuos』は、軽く精密な描き味のスタイラスが付属した板タブのシリーズ。

中でもこちらは、これからペンタブを始めようと考えている方にぴったりなエントリーモデルです。

ワイヤレス接続やペンホルダーなど、持ち運びに便利な仕様となっており、色々な場所でドローイングを楽しむことができます。

持ち運びに便利」「軽い!楽!」など、レビューでもその手軽さが高く評価されています。

Intuos Draw Small CTL-490/W0の詳細
メーカーWacom
種類板タブ
筆圧レベル1,024
参考価格9,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Wacom

Intuos Comic

CTH-490/K1
参考価格13,824円(税込)

『Wacom Intuos Comic』は、「マンガやイラストを描きたい」と考えている方におすすめの板タブ。

下書きや色塗りができるソフト『Clip Studio Paint Pro』が標準で付属しています。

マルチタッチが可能で、指の操作でズームやスクロールを行える点も便利です。

ユーザーからは「マウスが机から消えました。」「筆知トラブルなし!」などのレビューが寄せられています。

Intuos Comic CTH-490/K1の詳細
メーカーWacom
種類板タブ
筆圧レベル1,024
参考価格13,824円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Wacom

One by Wacom medium

CTL-672/K0-C
参考価格5,940円(税込)

「最低限の機能さえあればいい」という方におすすめなのが、『One by Wacom medium』です。

タッチ機能、ファンクションキー、無線接続などの機能はなく、スタイラスとMサイズタブレットのみのシンプルな構成。

購入特典ソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」のプレゼントがある点も魅力的です。

「無駄なバンドルソフトを省けて金額的にもお得」など、シンプルな構成が人気を集めています。

One by Wacom medium CTL-672/K0-Cの詳細
メーカーWacom
種類板タブ
筆圧レベル2,048
参考価格5,940円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
XP-Pen

ペンタブレット Starシリーズ

Star G430S
参考価格2,980円(税込)

製品サイズ11×16.4cmの小ささが人気を集める『XP-Pen ペンタブレット Starシリーズ』。

最薄部2mm、重さ245gと、スマートフォンより一回り大きいサイズのコンパクトさが魅力的です。

筆圧レベルも8,192で、高い数値となっています。

「小さいので邪魔にならない。」「重宝しています」など、レビューでもそのコンパクトさが好評です。

ペンタブレット Starシリーズ Star G430Sの詳細
メーカーXP-Pen
種類板タブ
筆圧レベル8,192
参考価格2,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
HUION

ペンタブレット INSPIROY

H610PRO V2
参考価格5,959円(税込)

『HUION』は、中国・深センを中心に世界中にプロダクトを販売する電気機器メーカー。

同社の『ペンタブレット INSPIROY』は、コストパフォーマンスに優れた板タブです。

筆圧レベル8,192、左利き対応、8個のショートカットボタンと16個のファンクションキーなど、豊富な機能を備えつつ、約6,000円という価格設定はお買い得と言えそうです。

レビューでも「価格よし機能よし対応よし文句なし」などのコメントが寄せられています。

ペンタブレット INSPIROY H610PRO V2の詳細
メーカーHUION
種類板タブ
筆圧レベル8,192
参考価格5,959円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
Wacom

Cintiq 16

DTK1660K1D
参考価格66,634円(税込)

『Wacom Cintiq』は、数ある同社の液タブの中でもエントリーモデルに位置するシリーズ。

こちらは、人気の15.6型フルHDモデルです。

これまでの4倍の筆圧、精度、レスポンスを実現可能な『Wacom Pro Pen 2』対応な点も魅力的です。

この価格帯で迷ったらこれ」「圧倒的コストパフォーマンス」など、レビューには絶賛コメントが並んでいます。

Cintiq 16 DTK1660K1Dの詳細
メーカーWacom
種類液タブ
筆圧レベル8,192
参考価格66,634円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
XP-Pen

液晶ペンタブレット

Artist 22EPro
参考価格59,625円(税込)

「大きい画面の液タブが欲しい」という方にぴったりな液タブが、『XP-Pen 液晶ペンタブレット Artist 22EPro』。

このランキング中最大の22型の画面で、ダイナミックな描画が可能です。

また、上下左右どの角度からも見やすい「IPSパネル」を採用している点も魅力的です。

実際に購入したユーザーからは「コスパの良さ半端ないって!」「この値段で大きいサイズ、機能ボタン、お得感あり」などのコメントが寄せられています。

液晶ペンタブレット Artist 22EProの詳細
メーカーXP-Pen
種類液タブ
筆圧レベル8,192
参考価格59,625円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
HUION

ペンタブレット INSPIROY

H640P
参考価格6,680円(税込)

『HUION ペンタブレット INSPIROY』は、こだわりのスタイラスペンが魅力。

人間工学デザインを取り入れつつ、13gの軽量、ゴム製のグリップ、ワンタッチ消しゴムなど快適な描画を実現する工夫を多数採用しています。

7,000円を下回る価格で、8,192の筆圧レベルも嬉しいポイントです。

「『ワコム』から買い換え」「とても使いやすい」など、レビューでは好評のコメントが寄せられています。

ペンタブレット INSPIROY H640Pの詳細
メーカーHUION
種類板タブ
筆圧レベル8,192
参考価格6,680円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
XP-Pen

液晶ペンタブレット

Artist 12
参考価格27,500円(税込)

液タブに慣れていない方には、『XP-Pen 液晶ペンタブレット Artist 12』がおすすめ。

スタイラスは六角細軸デザインペンとなっており、握りやすい上に描き心地は滑らか。「液タブの操作がうまくできない…」という方にこそ、チャレンジしてもらいたい一品です。

ユーザーからもその使いやすさは「苦労したが使い勝手はGOOD!」「クオリティ◎」などと評価されています。

液晶ペンタブレット Artist 12の詳細
メーカーXP-Pen
種類液タブ
筆圧レベル8,192
参考価格27,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
Wacom

Intuos M Pro

PTH-660/K0
参考価格42,984円(税込)

Wacom Intuos M Pro』は、さまざまな機能が使用できるハイパフォーマンスな板タブです。

8mmの薄さ、ショートカットを割当てられるエクスプレスキー、スムーズな移動が可能なタッチホイール、マルチタッチジェスチャーなど、効率よく描画を行う上で便利な仕様を多数搭載。

Bluetoothでの接続が可能な点も魅力的です。

ユーザーからは「とても気に入ってます。」「描きやすい!」との評価が寄せられています。

Intuos M Pro PTH-660/K0の詳細
メーカーWacom
種類板タブ
筆圧レベル8,192
参考価格42,984円(税込)

ペンタブの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ペンタブの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのペンタブ売れ筋ランキング楽天のペンタブ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのペンタブ売れ筋ランキング

内川功一朗の人気記事

内川功一朗の新着記事

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

カテゴリから探す