ゲーミングモニターおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

eスポーツの普及にともない、各メーカーともゲーム関連製品に技術を落とし込み、ゲーミング専用ブランドを設けるメーカーも増えてきました。

そんな中で、ゲームプレイの環境に影響するのがゲーミングモニターです。

思い通りのプレイをするための反応の速度や、遅延・ブレのない映像はプレイの精度を高めるために、非常に重要な要素と言えます。

今回は、数々のゲームイベントでMCを務め、ご自身も大のゲーム愛好家であるゲームキャスター吉﨑智宏さんに、おすすめのゲーミングモニターを教えていただきました。

IPPING編集部によるゲーミングモニターの選び方もあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日:2019年7月7日
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト』

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのゲーミングモニター

ここからは、プロがおすすめするゲーミングモニターを紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
ViewSonic

23.6型 144Hz駆動 1ms フルHDゲーミングモニター

VX2458-MHD-7
参考価格19,980円(税込)

リフレッシュレート144Hzを誇り、アクティブなゲームでも滑らかなでスムーズな映像を提供してくれます。

また、応答速度も1msと超高速レスポンスを実現し、「Low input lag機能」で信号の呼び出し時間を減らすことで、動作のブレや遅延を防ぎます。

『ViewSonic』独自のプリセットモードである「Viermode」を搭載しています。これは使用用途によってコントラストや明るさなどを調整する機能で、最適な画面環境を提供します。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
特徴的なのはコストパフォーマンスの高さです。

リフレッシュレート144Hzを誇るゲーミングモニターとして、これだけお手頃な価格で手に入る製品はなかなかありません。

これからゲーミングモニターを購入しようと検討している方などのエントリークラスとして非常におすすめな逸品です。

ViewSonic 23.6型 144Hz駆動 1ms フルHDゲーミングモニターの詳細
メーカーViewSonic
外形寸法558.7×352.6×229.65mm
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(GTG) オーバードライブ時
参考価格19,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Pixio

PX5 HAYABUSA

参考価格37,980円(税込)

ゲーミングモニターの中でもリフレッシュレート、応答速度ともに最高クラスを誇っています。

特殊技術である「Adaptive Sync技術」を搭載し、ゲームプレイや動画再生の安定度を高め、より滑らかな映像に仕立て上げてくれます。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
なんと言っても240H’zと最高峰の性能と画像表現が魅力的です。

実際に体感した感想は「ヌルヌル動く」と言って良いほど滑らか。0.6msの応答速度は、瞬発力が求められるシーンで大きなプラスに働くことは間違いないと思います。

競技シーンを目指すプレイヤー、プロを目指す人には一度体感してほしい逸品!

ベゼルレスで省スペースなのも魅力で、さらに240H’zでこの値段なのがかなり大きいですね。

競技シーンに関係なくても、ゲームをワンランク上の表現で楽しむための「体感できる投資」も良いと思います。

Pixio PX5 HAYABUSAの詳細
メーカーPixio
外形寸法555.2×415.0×50.1mm
リフレッシュレート240Hz
応答速度0.6ms
参考価格37,980円(税込)

2.ゲーミングモニターの選び方

ここからはゲーミングモニターの選び方について、紹介します。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が何回書き換わっているかを表す指標です。

「Hz(ヘルツ)」という値で表示され、100Hzであれば1秒間に100回画面が書き換わっているということになります。

一般的なモニターのリフレッシュレートは、60Hz前後と言われています。

しかしゲーミングモニターにおいては、戦闘系やレース系など動きの激しいゲームも多く、リフレッシュレートが低いモニターでは、画面がちらついたり、滑らかさに欠ける映像に。

そのためゲーミングモニターを選ぶ際には、100~120Hz以上がひとつの基準となりそうです。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
シューターゲームをPlayされる方は、よりなめらかに描画される144H’zモニタがオススメ。この差はぜひ体感して欲しいです!

ただし、あくまでモニターは受信する側の機器のため、最大リフレッシュレートが高いモデルであっても、出力する側のPC映像出力のスペックによってはその性能を活用し切ることができない点には注意が必要です。

画像:dospara.co.jp

接続ポートを確認

次に挙げる選び方のポイントは、「接続ポート」です。

現在主流となる映像出力の形式は「DVI」「HDMI」「Display Port」の3種類。

この3種類にもグレードがあり、適切なグレードのケーブルを選ばなければ、せっかく高いリフレッシュレートを有するゲーミングモニターを持っていても、その実力を発揮できない可能性があります。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
想定接続レイアウトで希望レートを発揮できるか確認してから選びましょう!

DVI(Digital Visual Interface)

最も一般的な形式であるDVI形式は、パソコンやモニターを購入した際に付属品として付けられていることも多い接続形式です。

普段映像を見たり、パソコンディスプレイとして利用する際にはまったく問題ないのですが、ゲーミング用として考えると、少々パワー不足です。

激しい動きを求められるゲームではない場合や、サブモニターや動画鑑賞などで利用予定で、コストパフォーマンスを抑えていきたいと考えるのであれば選択肢に入ってきます。

この場合には、DVI形式のうちデュアルリンクを選びようにしましょう。

画像:amazon.co.jp

HDMI

ゲーム機器のみならず、テレビなど液晶周辺機器でも多く利用されているHDMI形式ですが、バージョンがいくつか存在しています。

もっとも主流なのがVer1.4で比較的安価に手に入れることができますが、ゲーミング用にアップデートしていくためには、Ver2.0またはVer2.1を選んでいきましょう。

Ver2.0であれば、解像度1920×1080のいわゆる1080pと呼ばれる状態のときに、最大144Hzのリフレッシュレートを出すことができます。

画像:amazon.co.jp

DisplayPort

DisplayPortは主にデスクトップパソコンに搭載されている形式となります。

高い映像出力能力をもっており、ゲーミングモニターを購入する際に、付属品としてついていたり、一緒に購入する方が多い出力形式です。

バージョンもいくつかありますが、主流となっているのがVer1.2。このバージョンでも1080pで最大240Hzのリフレッシュレートが可能になっています。

より高い解像度で楽しみたい場合には、最新の規格であるVer1.4を選びましょう。

画像:amazon.co.jp

可視化範囲

可視化範囲とは、プレイヤーとモニターの距離に影響するプレイ中に見ることができる視野のこと。

要するに、大きなモニターを使用していてもかなり近い位置でプレイしている場合には、大きく首を振らないと画面全体を網羅できなくなり、目などの疲れも非常に出やすくなります。

テレビ同様に適正距離に見合ったゲーミングモニターを選ぶことで、必要以上に大きなディスプレイを選ぶ必要もなくなるかもしれません。

結果としてコストを下げ、より性能を重視したモニター選びが可能になります。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ゲームをする際の自分とモニタの距離を確認して、Play距離が合うモニタサイズを選びましょう!

モニタに近い位置でPlayするのに、27型などの大きめなモニターにしてしまうと、Play中に画面端をケアできなくなる可能性があります。大きいから実力を発揮できるとは限らないので注意!

実物を目で確認する

インターネットを通じて購入することも一般的になってきましたが、ゲーミングモニターについてはやはり一度実物を目で確認してから購入することをおすすめします。

ゲーミング用のモニターは通常のディスプレイに比べて、性能も高いことから高価になります。購入した後に色合いが気になったり、製品の造りがイメージと異なっていた、なんてこともあるかもしれません。

なかなか家電量販店などに実物を見に行くことができない場合には、公式ホームページ以外にも画像検索などを利用して、より実物に近いイメージを認識しておくことで、購入後とのギャップを防ぐことができます。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
インターネットで購入を検討していても「商品の作り、発色の調整範囲、フィーリング」等を実際に確認してから選びましょう。

性能だけで購入すると、届いてから「イメージと違う!」なんてことも。

3.ゲーミングモニター人気ランキング10選

ここからはレビュー評価をもとにしたゲーミングモニターの人気ランキングを紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
ASUS

ゲーミングモニター 21.5型 フルHD

VP228HE
参考価格13,980円(税込)

応答速度1msと高速応答対応の『ASUS』のゲーミングモニター。激しい動きのゲームにも残像感をない画面でプレイすることができます。

極端な明暗の差を補うべく独自開発の「ASCRテクノロジー」が採用されており、コントラスト比100,000,000:1を実現。これによりメリハリのある映像表現が可能になっています。

コストパフォーマンスに優れたモニターとして初めて購入するようなライトユーザーを中心に高い評価を集めていきます。

ゲーミングモニター 21.5型 フルHD VP228HEの詳細
メーカーASUS
外形寸法513×199.4×373mm
リフレッシュレート50~75Hz
応答速度1ms
参考価格13,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
I-O DATA

24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta」

EX-LDGC251TB
参考価格14,800円(税込)

『I-O DATA』のゲーミングに特化した製品『GigaCrysta』。応答速度は最高0.8msを実現しており、滑らかな映像で楽しむことができます。

戦闘系などの暗い場面も多いゲームに有効なのが、「Night Clear Vision」機能で、暗いシーンでも鮮明に映像を映し出します。

また映像を自動で判別して明るさを自動で調整する「CREX」を搭載しており、最適な環境を整えるようにコントロールしてくれるのも特徴です。

24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta」 EX-LDGC251TBの詳細
メーカーI-O DATA
外形寸法568×215×417mm
リフレッシュレート56~75Hz
応答速度0.8ms
参考価格14,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Acer

KG1 ゲーミングモニター 24.5型

KG251QGbmiix
参考価格13,583円(税込)

応答速度最大0.7msという遅延がない滑らかな映像とともに、ゲーミングならではの機能「Acer Aim Point」を搭載。

これは常に目標ポイントがどこにあるのかを容易に把握できる機能で、シューティングや戦闘系ゲームで重宝されます。

そのほか、フリッカーレス機能やブラック・ブースト機能が加わっており、長時間のプレイによる眼精疲労を防ぎ、視認性を上げる効果があります。

KG1 ゲーミングモニター 24.5型 KG251QGbmiixの詳細
メーカーAcer
外形寸法557.9×429.7×215.5mm
リフレッシュレート55~75Hz
応答速度0.7ms
参考価格13,583円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Acer

KG1 ゲーミングモニター 21.5型

KG221Qbmix
参考価格15,799円(税込)

動きの早い映像でもクリアで滑らかな動きにするため、応答速度は最大1msを実現し、「AMD FreeSyncテクノロジー」を搭載しています。

ゲームジャンルに応じた映像表示の設定も可能で、「アクション」「レーシング」「スポーツ」の3種類から選ぶことができます。

ゲーミングモニターのエントリークラスとしてすすめるユーザーの声も多く、性能・コストのバランスの高さが伺える一品です。

KG1 ゲーミングモニター 21.5型 KG221Qbmixの詳細
メーカーAcer
外形寸法508×406×189mm
リフレッシュレート48~75Hz
応答速度1ms
参考価格15,799円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
LG

144Hz対応 21:9曲面型ウルトラワイド ゲーミングモニター

34UC70GA-B
参考価格55,980円(税込)

ウルトラワイド型のゲーミングモニターとして人気なのが『LG』の『34UC70GA-B』。

21:9曲面型モニターが採用されており、より広い視野でゲームを展開することができます。

1Hzごとに黒を挿入することで残像感を減らす「1ms Motion Blur Reduction」機能が搭載されています。

より滑らかな映像を必要とする場合には、別の機能として「FreeSyncテクノロジー」を設定することで、動作遅延を防いだ映像で楽しむことができます。

144Hz対応 21:9曲面型ウルトラワイド ゲーミングモニター 34UC70GA-Bの詳細
メーカーLG
外形寸法831×570×280mm
リフレッシュレート56~144Hz
応答速度5ms
参考価格55,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
DELL

Dell Sシリーズ 24インチゲーミングモニター

S2419HGF
参考価格32,800円(税込)

応答速度1ms・リフレッシュレート144Hzのハイパフォーマンスゲーミングモニターです。

「Radeon FreeSyncテクノロジー」が搭載されており、ブレや遅延を減らし滑らかな映像を楽しめます。

『Dell』のゲーミングPCと統一されたカラーデザインが見た目にも美しく、モニターの向きや斜面、高さの調整も可能で、縦でも横でも利用することができます。

性能の高さと比較して、お手頃な価格という点でコストパフォーマンスを評価する声も多い製品です。

Dell Sシリーズ 24インチゲーミングモニター S2419HGFの詳細
メーカーDELL
外形寸法565×368.6×177mm
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
参考価格32,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
ASUS

ゲーミング液晶ディスプレイ 31.5型 フルHD

VA326H
参考価格42,984円(税込)

超高速リフレッシュレートと湾曲ディスプレイが特徴的な『ASUS』の『VA326H』。

ディスプレイが1800Rの曲率で湾曲しており、没入感を高めてくれます。

ゲーミングの便利な機能として、「GamePlus機能」を搭載。複数のモードがあり、タイマーモードではゲーム時間を表示し、Aimpointモードでは照準を表示します。

リフレッシュレートおよび応答速度の高さを評価する声が多く見受けられました。

ゲーミング液晶ディスプレイ 31.5型 フルHD VA326Hの詳細
メーカーASUS
外形寸法721.2×493.72×173.58mm
リフレッシュレート50~144Hz
応答速度4ms
参考価格42,984円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
MSI

Optix MAGシリーズ ゲーミングモニター

Optix MAG24C
参考価格33,811円(税込)

高いリフレッシュレートを誇りながらも、コストパフォーマンスに優れた『Optix MAGシリーズ ゲーミングモニター Optix MAG24C』。

長時間でも疲れにくいアンチフリッカー機能や、ブルーライト低減機能を搭載。

ディスプレイの湾曲は1800RのVRパネルを採用しており、広い視野角でハイレベルのゲーミングを楽しむことができます。またスリムベゼルのフレームを採用することで、複数利用でも角度を気にせずに使えます。

Optix MAGシリーズ ゲーミングモニター Optix MAG24Cの詳細
メーカーMSI
外形寸法537×389×205mm
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
参考価格33,811円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
BenQ

ZOWIE 24型ゲーミングモニター

XL2411P
参考価格28,944円(税込)

リフレッシュレート144Hzおよび応答速度1msを実現しており、滑らかな映像を提供しています。

暗い場面での明瞭な画面表示に役立つ「Black eQualizer機能」を搭載。

また長時間継続して使用することで起きる目の疲れを回避するためのフリッカーフリー機能がついています。

レビューでは、「ゲーミングモニターとしての性能は充分」「ブレ軽減機能が良い」という声を中心に評価を集めています。

ZOWIE 24型ゲーミングモニター XL2411Pの詳細
メーカーBenQ
外形寸法559×429×219mm
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
参考価格28,944円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
BenQ

28インチ Full HD ゲーミングモニター

EL2870U
参考価格53,784円(税込)

より本物に近づけたHDRモードを搭載しており、ダイナミックな映像美を提供しています。

映像表現に高いこだわりがあるディスプレイで、明瞭かつ迫力満点な4K UHDディスプレイを採用しており、より臨場感のある映像でゲームへの没入感を高めます。

『PS4 Pro』ユーザーを中心に評価を集めており、4Kディスプレイに初めてチャレンジする方にとってはお手頃なゲーミングモニターです。

28インチ Full HD ゲーミングモニター EL2870Uの詳細
メーカーBenQ
外形寸法657.9×476.27×194.6mm
リフレッシュレート60Hz
応答速度1ms
参考価格53,784円(税込)

ゲーミングモニターの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ゲーミングモニターの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのゲーミングモニター売れ筋ランキング楽天のゲーミングモニター売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのゲーミングモニター売れ筋ランキング

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

カテゴリから探す