ゲーム用タブレットおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

せっかくゲームをするなら、少しでも大きい画面で楽しみたいという方も多いのではないでしょうか?

タブレット市場でもゲームプレイ用に高性能かつお手頃な価格の製品が揃ってきており、サブ機として保有する方も増えてきています。

そこで今回はゲームプレイをメインとしたタブレット端末について、プロが厳選するタブレット端末を紹介します。

お話を伺ったのは、数々のゲームイベントでMCを務め、ご自身も大のゲーム愛好家である吉﨑智宏さんです。

IPPING編集部によるゲームタブレットの選び方やレビュー評価をもとにしたランキングもあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年7月7日
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト』

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのゲーム用タブレット

ここからはプロがおすすめするゲーム用タブレットを紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Apple

iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GB

参考価格115,344円(税込)

ノートパソコンと同等、またはそれ以上の性能を発揮する「12X Bionic」を搭載した『iPad Pro』。

Liquid Retinaディスプレイが採用され、実際に目で見るのと同等の色合い、描写が再現されています。

もっとも安全な認証システムともいわれるFace IDが導入されているので、安全に取り扱うことができ、いつでもシームレスに使用することができます。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
ホームボタン廃止でよりコンパクトになりましたが、画面は広くなりました。

容量も256GBと色んなゲームを楽しめますが、やはり推したいポイントは「安定性と処理速度と描画」!

体感ですが、iOSはゲームの途中で落ちることがほぼなく、安心してPlayできます。処理速度はもう十分すぎるほどの力を備えているので言わずもがなですが、さらにPlayを快適にしてくれるのがLiquid Retinaディスプレイ!

十分すぎるほど十分な逸品です。

iPad Pro 11インチ Wi-Fi 256GBの詳細
メーカーApple
画面サイズ11インチ
重量468g
CPU64ビットアーキテクチャ搭載A12X Bionicチップ
参考価格115,344円(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Samsung

Galaxy Tab S4 10.5インチ Wi-Fi 256GB

参考価格99,000円(税込)

10.5インチスーパーAMOLEDディスプレイを採用しており、クリアで魅力的な映像を表示させます。

サラウンドには「Dolby Atmos」を導入し、内蔵されているクワッドスピーカーで、よりリアルなオーディオ環境を提供します。

キーボードを装着すればパソコンとしても利用でき、タブレットPCとして充分な性能を発揮してくれます。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
輸入品ということもあり無保証の端末ですが、もちろん日本語対応は可能です。

ネットワーク環境・運用対応もクリアできる人には、Andoroid高パフォーマンス機の選択肢に入れて欲しい逸品。

この処理速度・バッテリー容量・画像表現はイチオシです!

Galaxy Tab S4 10.5インチ Wi-Fi 256GBの詳細
メーカーSamsung
画面サイズ10.5インチ
重量482g
コアオクタコア
クロック周波数最大2.35GHz
RAM4GB
ROM256GB
参考価格99,000円(税込)

2.ゲームタブレットの選び方

ここからはゲームタブレットの選び方について紹介します。

処理速度

ゲームに利用するタブレットを選ぶ際には、処理速度は非常に大事な指標です。

このときに特に注目していただきたいスペック面は、「CPU」「クロック周波数」「RAM/ROM」といった要素です。

CPU

CPUでいえば、コアの数に注目。デュアルコア、クアッドコア、オクタコアなどとコアの数によって呼び名が変わってきます。

端的にいえば、コアの数が多いほど高い性能を持ったCPUであり、それだけ製品の値段も上がっていきます。

コアの数の多さの良いポイントには、まずは処理速度の上昇が上げられます。負荷の大きなアプリケーションも多いゲームにおいては、この処理速度のスピードは大きく影響を受けます。

ひとつの目安として「クアッドコア」以上の性能を持ったタブレットを選ぶことで、処理性能は格段に上がっていきます。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ハイエンドゲームタブレットを購入するなら、CPUをまず求めたいですね。

モバイルタイプのタブレットには様々なCPUが存在するので、共通ベンチマークの結果を確認してから選びましょう!

CPU依存のゲームの場合、オートモード進行でより快適に進める事ができます。3Dゲームでも描画表現する上でもかなり重要なポイントです。

クロック周波数

クロック周波数とは、1秒間の間に正確な情報を送る信号の早さを示しています。

単位は「GHz」で示されており、どの製品にも仕様・スペックの箇所に記載されています。

値は高ければ高いほど処理能力が高いとされており、一般的に2.0GHz以上の能力を持っている製品は高い処理能力を持った製品と言えます。

RAM/ROM

よく目にする「RAM」または「ROM」はメモリーに関する情報を表しています。

一般的にRAMは作業能力を示し、ROMは保存領域の能力を示しています。

RAMの数値は、現在主流となっているスマートフォンやタブレットは1~4GBの製品が多く、6GBもRAMがある場合にはハイスペックと言えます。

一方ROMはよく目にする「iPhone 128GB」など製品名と並べて表記されている事が多いです。タブレットにおいては128GBや256GBもあれば大容量サイズと言われます。

くれぐれも「RAM」と「ROM」は見間違えないように正しく確認するようにしましょう。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ハイエンドゲームタブレットとして考えるのであれば、内蔵容量を意識したいところ。

メモリーカード等で拡張できても、バトルロワイヤルFPSをプレイする際には応答速度を考慮して、内蔵メモリにゲームをインストールしておきたいですね。

数多くのゲームを楽しむのであれば、容量圧迫によるトラブルや動作遅延を回避するために、内蔵容量は多いものをあらかじめ選択しておきましょう。

大画面

ゲームを進める上で、小さな画面よりも大きな画面の方が推奨できる点は、操作性と見やすさです。

タブレットでゲームをする場合には、画面に直接指が触れた状態のため、小さな画面では見えにくくなります。

ゲーミング環境を高める上でも、大画面がおすすめです。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ハイエンドゲームタブレットとして快適にゲームを楽しむのであれば、大画面のタブレットがおすすめ。

指で入力するため、小さな画面だと快適にプレイする事が難しくなります。大画面がそのままプレイ環境に繋がる事も!

大画面でより精度の高いプレイを実現しましょう。

バッテリー

どこでもゲームをできるのがタブレットの魅力でもありますよね。また、ゲームはついつい長時間のプレイになりがちです。

そのため、バッテリーも重要なポイント。

モバイルバッテリーで対応もできますが、ゲーミングに限らず、充電しながらの操作はバッテリー性能を下げてしまう可能性もあり、本体が熱くなりやすいのが難点です。

ゲームの中には負荷の高いものも多いため、バッテリー容量もチェックポイントに入れておきたいですね。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
CPU・描画表現を高負荷設定でゲームをするなら、CPUと同じくらい気にしたいのがバッテリー容量。

モバイルバッテリーで補えるが、できれば連続稼働時間の長いタブレットを選ぶのがおすすめです。

使用する用途

タブレットは使用する用途によって、ハイスペックのものを選ぶべきなのか、コストパフォーマンスを考慮した製品を選ぶのか変わっていきます。

ひとつは、メイン利用なのかゲームのみを目的としたサブ利用なのか。

メイン利用の場合には、ゲーム以外にも仕事をしたり、連絡を取り合ったり、様々なコンテンツを使用することから、処理能力の高さや容量を気にする必要があります。

一方で、ゲームプレイ中に連絡が来るのを嫌い、専用タブレットを持つというのであれば、利用しているゲームの推奨スペックを上回るタブレットを選択すれば良いので、メイン利用に比べて価格を抑えることができます。

なにを目的として利用するタブレットなのかという点を明確にしておくと、選択肢を絞ることができます。

参考:itmedia.co.jp

3.ゲームタブレット人気ランキング10選

最後に、レビュー評価の高いゲーム用タブレットを10選ランキングでご紹介します。

※こちらのランキングは2019年5月6日時点の内容となります。

画像:amazon.co.jp
1位
HUAWEI

MediaPad M5 lite

参考価格35,056円(税込)

ディスプレイは、独自の映像最適化技術「ClariVu」を搭載。細部まで鮮やかに映像を映し出してくれます。

スピーカーには、『Harman Kardon』の技術を取り入れ、高品質かつ臨場感を再現したサウンドを再現。

また、専用のスタイラスペン、2048段階の筆圧感知対応を実現しました。

「メモリ4G、10インチ以上、アンドロイド、でこのコスパは他に無い」といったレビューもあり、グラフィック等で重たいゲームも稼働しているという報告が上がっています。

MediaPad M5 lite の詳細
メーカーHUAWEI
画面サイズ10.1インチ
重量481g
CPUHUAWEI Kirin 659
コアオクタコア
クロック周波数最大2.36GHz
RAM4.0GB
ROM64GB
参考価格35,056円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
HUAWEI

MediaPad T5

参考価格22,008円(税込)

洗練されたデザインと持ち運びやすさを兼ね備えている『MediaPad T5』。

『HUAWEI』独自の音響技術「Histen」を搭載したデュアルスピーカーで、臨場感あふれ没入感の高いサウンドを提供しています。

最大周波数2.36GHzのオクタコアプロセッサを搭載しているため、消費電力を抑えながら、高いパフォーマンスを発揮してます。また、MicroSDカードを利用すれば最大256GBまでメモリを引き上げることができます。

MediaPad T5 の詳細
メーカーHUAWEI
画面サイズ10.1インチ
重量467g
CPUHUAWEI Kirin 659
コアオクタコア
クロック周波数最大2.36GHz
RAM2.0GB
ROM16GB/最大256GB
参考価格22,008円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
CHUWI

Hi9 Air

参考価格24,500円(税込)

RAMは4GBを搭載しており、複数作業の効率化を実現。

動画やゲームなどを見ながら、分割ビューで同時に連絡を取り合うことも可能です。

容量は本体に64GB、メモリカードを併用することで最大192GBまで確保でき、ゲームや動画などを楽しむことができます。

2万円台の端末としてはスペックも高く、操作性に慣れることができれば普段使いとして非常に評価する声が多く上がっています。

Hi9 Air の詳細
メーカーCHUWI
画面サイズ10.1インチ
重量550g
CPUMT6797(X23)高性能CPU
コア10コア
クロック周波数最大2.3GHz
RAM2.0GB
ROM64GB/最大192GB
参考価格24,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Apple

iPad mini Wi-Fi 64GB

参考価格49,464円(税込)

薄くて軽く持ち運びやすいハイクオリティタブレットの『iPad mini Wi-Fi 64GB』。

重量300gながらも、最大10時間使用することができるバッテリーを搭載しています。

また「A12Bionic」チップにより、ノートパソコンに引けを取らない高速かつパワフルなパフォーマンスを発揮。

レビューでも「A12Bionic」チップによって動作が軽くなった点を評価する声が多く見受けられました。

iPad mini Wi-Fi 64GB の詳細
メーカーApple
画面サイズ7.9インチ
重量300g
CPUA12 Bionicチップ
ROM64GB/256GB
参考価格49,464円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Samsung

Galaxy Tab S3

参考価格56,850円(税込)

9.7インチのSuper AMOLEDディスプレイを搭載し、「S Pen」を利用した手書き操作も可能な『Galaxy Tab S3』。

4つのスピーカーには、『Samsung』傘下の『Harman』の技術を取り入れ、臨場感と迫力のあるサウンドを実現しています。

バッテリーは6,000mAhを搭載しており、ビデオ再生では最大12時間稼働します。

レビューでは、Androidタブレットとしては高い性能を持っている製品として評価されています。

Galaxy Tab S3 の詳細
メーカーSamsung
画面サイズ9.7インチ
重量431g
CPUSnapdragon 820
コアクアッドコア
クロック周波数最大2.15GHz
RAM4.0GB
ROM32GB/最大256GB
参考価格56,850円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
CHUWI

Hipad

参考価格20,800円(税込)

「エンターテイメント&ゲーミングタブレット」として展開している『CHUWI』の『Hipad』。

『MTK』のデカコアプロセッサーを採用し、マルチタスクを高速処理し、遅延を減らしスムーズに動作します。

GPUには「Mali-T880」を搭載し、処理速度の高速化を実現。動画や映画鑑賞にも適合した設計となっています。

ゲームや家庭での据え置きタブレットとして利用しているユーザーが多いようです。

Hipad の詳細
メーカーCHUWI
画面サイズ10.1インチ
重量535g
CPUMT6797(Helio|×27 )
コアデカコア
クロック周波数最大2.6GHz
RAM3.0GB
ROM32GB/最大128GB
参考価格20,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
ALLDOCUBE

ALLDOCUBE M8

参考価格16,900円(税込)

4G LTEを搭載した『ALLDOCUBE M8』。

SIMとWi-Fiのデュアルスタンバイで、Wi-Fi環境に合わせて2.4GHz/5GHzを選択して、楽しむことができます。

内蔵容量は32GB、サポートされているメモリーカードを入れることで最大128GBまで対応します。

動画視聴やゲームを中心に利用しているユーザーからはコスパの高さを評価する声が多く、メイン利用のユーザーからはネット接続環境の低さを指摘されていました。

ALLDOCUBE M8 の詳細
メーカーALLDOCUBE
画面サイズ8.0インチ
重量349g
CPUMediatek MT6797X Helio X27
コアデカコア
クロック周波数最大2.6GHz
RAM3.0GB
ROM32GB/最大128GB
参考価格16,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
TECLAST

M20 4G

参考価格27,999円(税込)

10.1インチの高精細なスクリーンを採用しており、2560×1600の解像度で、低消費電力で繊細な映像環境を提供しています。

デカコアCPU 4G 64ビットにより、複数の作業も効率的にこなし、スムーズかつ安定した利用が可能です。

レビューでは、同価格帯製品の中では、性能が高くコストパフォーマンスに優れているという声も多くある中で、サポートに関して評価する声は少なく、このあたりは天秤にかけられるところかもしれません。

M20 4G の詳細
メーカーTECLAST
画面サイズ10.1インチ
重量962g
CPUMT6797(X23)
コアデカコア
クロック周波数最大2.3GHz
RAM4.0GB
ROM64GB
参考価格27,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
CHUWI

ALLDOCUBE M5

参考価格20,900円(税込)

10.1インチのディスプレイには、解像度2560×1600の「JDIスクリーン」を採用しており、低電力で繊細な画像を提供しています。

6500mAhの大容量バッテリーには、消費電力コントロールチップが搭載されており、電源制御機能などを駆使して、長時間利用できるタブレットとなっています。

レビューでは、設定などで少々慣れが必要なようですが、コストに見合う動きをしてくれるといった声が多く見受けられました。

ALLDOCUBE M5 の詳細
メーカーCHUWI
画面サイズ10.1インチ
重量1040g
CPUMTK 8121
コアデカコア
クロック周波数最大2.3GHz
RAM4.0GB
ROM64GB
参考価格20,900円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
TECLAST

M89

参考価格23,900円(税込)

ディスプレイには、7.9インチのIPSタッチディスプレイを採用して、鮮明な画像を映し出してくれます。

「MTK 64ビットHexa-Coreプロセッサ」を搭載し、映像再生やネットサーフィン、ゲームプレイをスムーズに動かす高いパフォーマンスを兼ね備えています。

ユーザーの多くは、電子書籍やネットサーフィンとしての利用が多く、ゲーム利用の際には、通信環境やゲームそのものの容量の大きさに注意が必要なようです。

M89 の詳細
メーカーTECLAST
画面サイズ7.9インチ
重量671g
CPUMTK 8176
コアヘキサコア
クロック周波数最大2.1GHz
RAM3.0GB
ROM32GB/最大128GB
参考価格23,900円(税込)

ゲームタブレットの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ゲームタブレットの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのタブレット売れ筋ランキング楽天のタブレット売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのタブレット売れ筋ランキング

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

カテゴリから探す