ホットサンドメーカーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

朝食としてはもちろん、ティータイムやホームパーティでも活躍を見せるホットサンドメーカー。

調理も簡単で、サクッとした焼きたてのホットサンドをお家で楽しめるのが魅力的ですよね。

しかし、その人気の高さからたくさんのモデルが販売されており、ホットサンド以外もつくれるものや、直火や電気で調理するものなど、用途や機能も様々。

どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、米・食味鑑定士の資格を持ち、様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライターのコヤマタカヒロさんに、おすすめのホットサンドメーカーを教えていただきました。

また、IPPING編集部調べによるホットサンドメーカーの選び方や、人気ランキング10選も紹介しますので、ぜひホットサンドメーカー選びの参考にしてみてください。

最終更新日:2019年6月12日
0 views
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのホットサンドメーカー

それでは、まず初めにコヤマタカヒロさんおすすめのホットサンドメーカーをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
デロンギ・ジャパン

デロンギ マルチグリル エブリデイ サンド & ワッフルメーカー

SW13ABCJ-S
参考価格13,910円(税込)

イタリアの家電ブランド『デロンギ』のマルチグリル。食卓にも置きやすいコンパクトサイズです。

ホットサンドの調理はもちろん、パイやケーキを焼くことができる「ホットサンドプレート」、ワッフルを簡単につくれる「ワッフルプレート」、肉や魚、野菜をグリルできる「グリルプレート」の3つの便利なプレート付き。

使い分ければ、1台で様々な料理を自宅で簡単につくることが可能です。

スイッチ1つで簡単に操作できるので、毎日の朝食やおやつはもちろん、本格的な夕食づくりにも活躍します。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ
ホットサンド以外も色々つくることができるのでおすすめです。

肉や魚は、穴から余分な油を落としながらヘルシーに調理することができる構造に。

プレートを外して洗えるので家庭でも使いやすいアイテムです。

デロンギ マルチグリル エブリデイ サンド & ワッフルメーカーの詳細
メーカーデロンギ・ジャパン
重量2.9kg
サイズ幅295×奥行250×高さ105mm
主素材本体…アルミ合金(フッ素樹脂塗装)、油受けトレイ…ナイロン樹脂
参考価格13,910円(税込)

2.ホットサンドメーカーの選び方

選択肢が多くプチブームになっているホットサンドメーカー。ここでは、ホットサンドメーカーの選び方を、いくつかのポイントに分けてご紹介します。

たくさんの種類がありますが、それぞれの特徴を知り、自分に合ったアイテムを選びましょう。

用途で選ぶ

コヤマタカヒロさんコメント

コヤマタカヒロ
ホットサンドメーカーは、ホットサンド専用のものと他のものもつくれるものに分かれます。

ホットサンドメーカーは多様化しており、ホットサンドのみならず色々なものがつくれるアイテムもたくさんあります。

そこで、ホットサンド専用タイプとホットサンド以外にも対応したマルチタイプそれぞれの特徴を見ていきましょう。

ホットサンド専用タイプ

ホットサンド専用タイプは、ホットサンドをつくることのみを目的としたホットサンドメーカーです。

マルチタイプよりもシンプルな設計で、比較的低価格のものが多いのが特徴です。

ホットサンド専用タイプのものでも、具材を工夫したオリジナルサンドや、パンの代わりにご飯で挟んだライスサンドなど、アイディア次第でつくれるレパートリーの幅は広がります。

また、ホットサンドに特化しているため、パンのミミまで挟めて、かつ収納に困らない絶妙なサイズ感のものや、外はカリッと中はふっくら焼きあがる熱伝導性に優れたものも多々あります。

マルチタイプ

1台のホットサンドメーカーで、ワッフルやドーナツ、たい焼きなど、ホットサンド以外のものもつくれるマルチタイプ。

マルチタイプの場合は、数種類のプレートが付属されていることが多く、プレートを取り替えることで様々な食事やスイーツが楽しめます。

プレートを取り外せる製品は、お手入れがしやすいのも特徴です。

パンや具材がこびりついたプレートは、拭き取るだけのお手入れだと衛生的に不安が残ります。お手入れのしやすさもホットサンドメーカー選びのポイントになるでしょう。

加熱タイプで選ぶ

ホットサンドメーカーは加熱の仕方で、「直火式」と「電気式」の2つに分けることができます。それぞれメリット・デメリットがあるので、お好みで選んでみてくださいね。

直火式ホットサンドメーカー 

画像:item.rakuten.co.jp

直火式のホットサンドメーカーは、フライパンのように火にかけて使用します。火加減や加熱時間が調節できるので、自分の好みにあった焼き加減のホットサンドをつくるのに適しています。

コンセントを必要としないため、キャンプやバーベキュー先でもホットサンドを楽しむことができるのが特徴です。

お手入れも簡単で、鍋やフライパンのように洗うことができ、衛生面が気になる方におすすめです。

ホットサンド以外の調理も可能なものが多く、焼き目のつくタイプであれば、オリジナルの卵焼きやホットケーキなど、見た目も楽しい料理をつくることができるでしょう。

また、このタイプはIHコンロに対応しているモデルとそうでないモデルがあるので、IHコンロのご家庭は購入時に仕様を確認しましょう。

電気式ホットサンドメーカー

画像:item.rakuten.co.jp

電気式タイプのホットサンドメーカーは、具材を挟んだパンをセットし、コンセントに接続してスイッチを入れれば簡単にホットサンドをつくることができる調理家電です。

タイマーで焼き上がりをお知らせしてくれるものが多く、忙しい朝でも調理に手間がかからないのは嬉しいポイント。一度に4つのホットサンドが焼ける大型のものもあるので、家族が多いご家庭にもおすすめです。

たくさん具材を挟める深型設計のものや、パンのミミまで挟み込めるものなど、電気式タイプのホットサンドメーカーは機能も様々です。お好みの用途に合わせたものを選びましょう。

ただし、電気式のものはお手入れの仕方に注意が必要です。

このタイプには、プレートが取り外せないモデルもあり、使用後に拭き取るだけのお手入れになってしまう場合がありますので、気になる方は確認してみてください。

おすすめブランド

機能も用途も様々なホットサンドメーカーですが、信頼できるブランドで選ぶのも良いでしょう。

ここでは、機能性・デザイン性ともに優れたブランドをご紹介します。

De’Longhi(デロンギ)

魅力的で革新的、本物志向のキッチン家電を展開するイタリアの家電ブランド。

ヒーターや空気清浄機などに定評があるほか、コーヒーメーカーやオーブンなどのキッチン家電も世界中で高い人気を誇っています。

『デロンギ』のホットサンドメーカーは、どれも充実した機能のマルチグリル。ホットサンドだけでなく、肉や魚、野菜まで焼ける本格的な1台です。

récolte(レコルト)

コンパクトでカラフル、シンプルかつスタイリッシュなデザインが人気の日本の調理家電ブランド。

フランス語で「収集」「収穫」を意味する『récolte(レコルト)』というブランド名の通り、いくつでも集めたくなるインテリア性の高いデザインは、ギフトとしても喜ばれるでしょう。

『レコルト』のホットサンドメーカーはデザインもさながら、高い熱伝導性など機能も充実。SNS映えのするおしゃれな焼き上がりも特徴です。

BRUNO(ブルーノ)

アウトドア用品やインテリア、キッチン家電など、どれも実用性とデザイン性に優れたブランド。

特定の用途だけでなく、多岐にわたった使い方ができるのが特徴。テーブルウェアとしても優秀で、食卓にずっと置いておきたくなるようなデザイン性の高いアイテムばかりです。

『ブルーノ』のホットサンドメーカーはプレートの種類が豊富。1台で色々な食事やスイーツが楽しめ、おしゃれで機能的なデザインも魅力的です。

3.ホットサンドメーカー人気ランキング10選

それでは、レビュー評価をもとにしたIPPING編集部調べによる、ホットサンドメーカーの人気ランキングTOP10をご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
ウィナーズ

recolte プレスサンドメーカー キルト

RPS-1
参考価格4,320円(税込)

『recolte』のホットサンドメーカー。スタイリッシュな本体デザインもさながら、キルト模様が可愛いおしゃれなホットサンドがつくれます。

熱伝導に優れた固定式のプレートで、ミミまでカリッと香ばしい本格的なホットサンドも約3分で焼き上げることが可能。忙しい朝も時短できます。

3段階に調節できるハンドルロックで、薄いものからボリュームのある具材の調理までフレキシブルに対応。様々な具材でお好みのホットサンドがつくれるのも嬉しいポイントです。

recolte プレスサンドメーカー キルト RPS-1の詳細
メーカーウィナーズ
重量1.0kg
サイズ13.0×23.0×9.5cm
主素材フェノール樹脂、アルミダイキャスト(ノンスティック加工)
参考価格4,320円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
テスコム電機

TESCOM マルチホットサンドメーカー

HSM530
参考価格15,120円(税込)

日本のキッチン家電メーカー『TESCOM』の『マルチホットサンドメーカー』。丸みを帯びたポップで可愛らしいデザインです。

付属のプレートは「ホットサンドプレート」「ワッフルプレート」「スティックプレート」の3種類。ホットサンドプレートは、1回で4つまでつくれます。

タイマーをセットした時間でベルがなり、電源がOFFになる仕様のため、電源の切り忘れを防止してくれます。家庭でも安心して使えるアイテムです。

TESCOM マルチホットサンドメーカー HSM530の詳細
メーカーテスコム電機
重量2.2kg
サイズ12.7×24.5×26.0cm
主素材フェノール樹脂
参考価格15,120円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
mhエンタープライズ

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー

VWH-200-W/K
参考価格10,800円(税込)

シンプルで使いやすいデザインに定評のある日本の調理家電ブランド『 Vitantonio(ビタントニオ)』から、『ワッフル&ホットサンドベーカー』をご紹介。

取り替えて使えるプレートは、なんと13種類。ホットサンドプレートは三角形と四角形の2種類があります。他にも、ドーナツやマドレーヌ、ハート形のワッフルなどが簡単にできます。

「手作りとは思えない見た目と味」と、レビューでも高評価のアイテムです。

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200-W/Kの詳細
メーカーmhエンタープライズ
重量2.5kg
サイズ25.1×24.3×10.7cm
主素材フェノール樹脂、ステンレス、フッ素樹脂加工アルミダイキャスト
参考価格10,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
杉山金属

アルプレッサ ワッフルメーカー

KS-2348
参考価格3,580円(税込)

アイデアキッチン用品を多数取り扱う『杉山金属』の直火式『アルプレッサ ワッフルメーカー』は、ガス火にもIHにも対応。

本体は熱伝導に優れたアルミ製、底面は均一に熱を伝える構造になっており、焼きムラなく外はカリッと中はふっくらのワッフルをつくることができます。また、内面は焦げ付きにくいフッ素樹脂加工です。

焼き上がりの速さと、お店クオリティのワッフルが楽しめる点で評価の高いアイテム。同シリーズには直火タイプもあります。

アルプレッサ ワッフルメーカー KS-2348の詳細
メーカー杉山金属
重量610g
サイズ33.8×13.6×2.2cm
主素材アルミニウム合金、はり底
参考価格3,580円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
ロゴスコーポレーション

LOGOS ホットサンドパン

81062239
参考価格3,564円(税込)

日本のアウトドアブランド『LOGOS(ロゴス)』の直火式ホットサンドメーカー。メイプルリーフとロゴマークが両面に焼印される見た目もおしゃれなホットサンドパンがつくれます。

食パンはミミありでもなしでも調理でき、具材をはさんで火にかけるだけで手軽にホットサンドが楽しめます。

アウトドアシーンではもちろん、ご自宅のキッチンでも活躍します。本体は分割できるのでお手入れもしやすく、コンパクトサイズのため収納にも困りません。

LOGOS ホットサンドパン 81062239の詳細
メーカーロゴスコーポレーション
重量480g
サイズ35×12×3cm
主素材アルミ、スチール
参考価格3,564円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ランドウェル

CHUMS ホットサンドウィッチクッカー

CH62-1039
参考価格5,184円(税込)

アメリカ生まれのアウトドアブランド『CHUMS(チャムス)』の直火式のホットサンドメーカー。こちらは食パン2枚で1つのホットサンドが焼けるタイプです。

ロゴマークとイメージキャラクターのブービーが片面ずつ焼印されます。本体は分割して使うこともできるので、ホットサンドだけでなくオリジナル焼き目入りの卵焼きやパンケーキもつくれます。

内側はフッ素樹脂加工で、取り外し可能な蝶番仕様だからお手入れも簡単です。

CHUMS ホットサンドウィッチクッカー CH62-1039の詳細
メーカーランドウェル
重量490g
サイズ35×15cm
主素材アルミニウム合金(フッ素樹脂膜加工)
参考価格5,184円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
ランドウェル

CHUMS ダブルホットサンドイッチクッカー

CH62-1180
参考価格6,264円(税込)

『CHUMS』の直火式ホットサンドメーカー。こちらは、食パン2枚で2つのホットサンドがつくれます。

食パンのミミが付いたまま焼けるタイプで、焼きあがると真ん中で2つに分かれます。2つのホットサンドにはそれぞれ両面に『CHUMS』のロゴマークと愛らしいキャラクターブービーの焼印が。

おしゃれなホットサンドを気軽に楽しくつくることができるとレビューも高評価。できあがったホットサンドは思わず写真に納めたくなる可愛さです。

CHUMS ダブルホットサンドイッチクッカー CH62-1180の詳細
メーカーランドウェル
重量710g
サイズ35×15cm
主素材アルミニウム合金、ステンレス(フェノール樹脂)
参考価格6,264円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
mhエンタープライズ

Vitantonio 厚焼きホットサンドベーカー“グード”

VHS-10-TM/EG
参考価格2,980円(税込)

SNS映えするボリューミーな厚焼きホットサンドが焼ける『Vitantonio』のホットサンドメーカー。

パンのミミをつぶさず分厚いホットサンドが楽しめます。深型プレートだから、定番のチーズやハムのほか、コロッケやグリルチキン、ゆで卵など、はさめる具材の幅も広がります。

もちろんホットサンドだけでなく、ふわふわとろとろのフレンチトーストや、焼き目がしっかりついたイングリッシュマフィンも。お手入れしやすい設計で毎日使いたくなる1台です。

Vitantonio 厚焼きホットサンドベーカー“グード” VHS-10-TM/EGの詳細
メーカーmhエンタープライズ
重量1.4kg
サイズ12.6×24.4×10.2cm
主素材フェノール樹脂、フッ素樹脂加工アルミダイキャスト
参考価格2,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
ヒロ・コーポレーション

ビッグサンドメーカー

HS-810
参考価格2,980円(税込)

『ビッグサンドメーカー』は、食パン4枚分が一度に調理でき、忙しい朝でも家族分の朝食が時短でつくれます。

プレートの内面はフッ素加工されたアルミ製のため、こびりつきづらくお手入れ楽々。本体の裏側にはコードを巻きつけるステーが付いているので収納に便利です。

ザクザクカリッとした食感のホットサンドが楽しめると、出来上がりに大満足のレビューが多数。ホットサンドメーカーを始めて購入する人にも使いやすい1台です。

ビッグサンドメーカー HS-810の詳細
メーカーヒロ・コーポレーション
重量1.6kg
サイズ29.2×24.4×9.7cm
主素材フェノール樹脂、アルミプレート、表面フッ素樹脂加工
参考価格2,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
ツインバード工業

TWINBIRD ツインホットサンドメーカー

HP-4369PT
参考価格5,400円(税込)

食パン4枚分が一度に焼け、三角形のホットサンド4つが一度につくれるツインタイプ。3本線の焼き跡がつき、見た目も美味しそうなホットサンドができます。

通電や加熱の状態が一目でわかるランプ付き。プレートはフッ素加工だから、パンの代わりにご飯で挟んだオリジナルサンドも楽しめます。

縦置きでき、すっきりコンパクトに収納が可能。外側は高級感のあるプラチナパールの塗装仕上げで、見える場所に置いてもお部屋の雰囲気を損ねません。

TWINBIRD ツインホットサンドメーカー HP-4369PTの詳細
メーカーツインバード工業
重量1.9kg
サイズ25.5×22.5 ×10.5cm
主素材フェノール樹脂、ADCフッ素樹脂加工
参考価格5,400円(税込)

ホットサンドメーカーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ホットサンドメーカーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのホットサンド・ワッフルメーカーの売れ筋ランキング楽天のホットサンドメーカー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのワッフル、ホットサンドメーカー売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

カテゴリから探す