iPhone用フィルムおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

スマートフォンの液晶に貼り付けるフィルムは、今ではスタンダードなアイテム。画面割れを防止したり操作性を上げたり、様々な効果を期待できます。

しかし一方で、iPhone用だけでも種類が豊富にあり、家電量販店などで壁一面にずらっと並ぶフィルム製品をご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

値段も性能も様々なiPhone用フィルムの中から、自分に合った最適な製品を探すのは一筋縄ではいかないですよね。

そこで今回は、様々なメディアでご活躍され、ITライターとして20年以上のキャリアを持つ柳谷智宣さんに、おすすめのiPhone用のフィルムを教えていただきました。

当記事では、iPhoneフィルムの選び方と人気ランキングについても紹介しますので、ぜひご自身に合ったアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2019年6月11日
6 views
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのiPhone用フィルム

まずはじめに、ITライター柳谷智宣さんおすすめのiPhone用の液晶フィルムをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Nimaso

全面保護フィルム 強化ガラス

参考価格1,039円(税込)

日本製である『旭硝子』製のガラスを使用した業界最高レベルの9H硬度を誇るフィルム。

ラウンドエッジ加工により、サイドからの衝撃を抑えつつ、触り心地の良い滑らかな感触を実現。

多くのiPhoneカバーに対応するように、本体より約1mm小さく作られており、カバーやケースと併用すればふちまでスクリーンを守ってくれます。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
日本製である『旭硝子』のガラスを採用した保護フィルムです。

表面の硬度は9Hで、電動ドリルの刃も通しません。薄さは0.26mmと極薄ですが、保護性能はなかなかで、何回か1メートル以上のところから落として実験しましたが、びくともしませんでした。

手触りもよく、操作に支障はありません。そして、他のスマホケースにも問題なく装着できます。

専用の貼り付けガイド枠が同梱されているので、初めての人でもきれいに貼ることができます。

Nimaso 全面保護フィルム 強化ガラスの詳細
メーカーNimaso 
対応サイズiPhone XR(※その他対応機種用フィルムあり) 
参考価格1,039円(税込)

2.iPhone用フィルムの種類

iPhone用の液晶フィルムは様々な種類があり、ユーザーがどれを選べば良いのか迷う要因のひとつになっています。

ここでは、代表的な種類に分けてご紹介します。多くの製品では、複数の機能を持つものも増えてきているので、「こんな機能が欲しい!」という視点でご覧ください。

強化ガラス/衝撃吸収

万が一落としてもフィルムだけが割れて、液晶画面に影響しないように保護してくれるタイプです。衝撃のみではなく、傷にも強い性能を持っています。

落下などの衝撃にあまり強いとはいえないスマートフォン。

使用する上で、「衝撃から守る」というキーワードは、フィルムを購入するユーザーが最も重視するポイントかもしれませんね。

かつては、厚みを出してクッション性能を高めたフィルムが多くありました。

近年では、薄型の強化ガラスフィルムの種類も増え、厚さ0.2mmといったフィルムも登場するなど、幅広く展開され、主流になってきています。

光沢タイプ

特徴的なのは、画面がよりクリアに見え、フィルムの表面にツヤのあるような質感を出すことができるという点です。

一方で、太陽や電球など光の反射には弱く、画面が見えにくくなることや指紋などの汚れが目立ちやすいところが難点です。

アンチグレア(反射防止加工)

アンチグレア加工は、非光沢加工とも呼ばれるタイプ。

光の反射を防止して画面が見やすくなることから、野外での使用や、ゲームプレイに向いています。

また、指紋などの汚れが目立ちにくく、指の滑りが良いフィルムが多いのも特徴です。

極端な変化とまでは言いませんが、色合いが変化するなど若干の画面の画質や鮮明度が落ちることもあります。

ブルーライトカット機能

一般的なキーワードにもなってきている「ブルーライトカット」。

液晶画面から発するブルーライトは、目や睡眠などにも影響することから、カットする機能が多くの製品に取り入れられています。また、子供の目をブルーライトから守るために使用している方も多い機能です。

ブルーライトカットが搭載されていることで目に優しいというメリットがありますが、フィルム自体に色味が入るため、画面の見え方も変わってきます。

のぞき見防止

プライバシー保護の観点から、ビジネス用として使用しているスマートフォンには、のぞき見防止フィルターをつけることを義務付けている会社もあるほど、重要視されています。

正面からのみ画面が見えるようになり、角度を変えると黒く見えたり、模様で見えにくくなります。

周囲の目から守ることはできますが、正面からでも他のフィルムに比べると暗く映り、画質も落ちてしまいますので、重視するポイントの優先順位を考えて選びましょう。

3.iPhone用フィルムの選び方

ここからは、iPhone用の液晶フィルムの選び方を紹介します。

種類から絞り込む

スマートフォンの用途は様々ですので、自分にとって必要な機能を優先して種類から絞り込むのがおすすめです。

例えば、ゲームプレイをスムーズに行いたい方は、アンチグレア加工でフィルム表面がサラサラだどプレイがしやすいですし、画像や動画をより鮮明に楽しみたい場合には光沢タイプがぴったり。

スマートフォンを頻繁に落としてしまうなど衝撃と画面割れから守ることを優先するなら強化ガラス・耐衝撃タイプ。

といった形で、数多くのフィルムから絞り込んでいきましょう。

スマートフォンカバーと併用する?しない?

最近では、スマートフォンカバーを利用している方も増えてきていますよね。実は、フィルム選びにおいてもカバーを使用しているか、していないかは重要なポイントになります。

それは「フィルムのサイズ」に影響するためです。

フィルムには、画面部分のみをカバーするタイプと、その他の部分も含め全面保護するタイプに分かれます。

かつては、全面保護タイプを使用すると一部がカバーと重複して、折れたり、見栄えが悪くなることも。

近年では、そういった声を反映する形で、カバー利用を想定して若干小さめに作られているフィルムも増えてきています。

すでに使用しているスマートフォンカバーと併用する場合には、こういった配慮がされているフィルムを選ぶことをおすすめします。

貼り付けやすさ

フィルムの貼り付けが苦手という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ズレてしまったり、気泡ができたりしてしまい貼り直しをしすぎると、粘着度が下がってしまいます。

きれいに貼りたい方は、YouTubeなどで「フィルムの貼り方動画」などをチェックしてみてくださいね。

また、貼り付け用の枠が同封され、初心者でも簡単に貼り付けられるように工夫された製品も多々あります。

フィルムの貼り付けが苦手という方は、こういった製品を選ぶと失敗せずに貼り付けることができますよ。

サイズの確認は忘れずに

そして、最後にフィルムサイズの確認は必ず行いましょう。

誤ったサイズを選んでしまうと、せっかく吟味して選んだフィルムも台無しになってしまいます。

多くの製品では、「iPhone 〇〇用」といった表記と、フィルムのサイズを併記していますので、お持ちのiPhoneのサイズと見比べてみましょう。

4.iPhone用フィルム人気ランキング10選

最後に、レビュー評価をもとにしたiPhoneフィルムの人気ランキングを紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
Nimaso

液晶保護ガラスフィルム

参考価格999円(税込)

国内生産『旭硝子』製のガラスを採用。硬度9H、ハードコーティング技術により外部からの衝撃を吸収して、本体へのダメージを軽減します。

専用の貼付けガイドが同封されているので、フィルムがズレることなく貼り付けることができます。

レビューでは、貼り付けやすさと頑丈さに多くの声が集まっていました。また、サポートの良さを評価する声もあり、人気の高い一品です。

液晶保護ガラスフィルム の詳細
メーカーNimaso
対応サイズiPhone X/iPhone XS
特徴硬度9H/薄さ0.26mm/他機種あり
参考価格999円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
OAproda

全面保護フィルム 液晶保護強化ガラス フルカバー

参考価格1,299円(税込)

高品質ガラスフィルムの中でも、「自動吸着」というキーワードを重視して、貼り付けやすい頑丈なフィルムを提供する『OAproda』。

貼り付け時に発生しやすい画面とフィルムの間の気泡が入りにくく、自然に接着するため誰でも簡単に貼り付けることができます。

貼付けガイドも付いており、貼り付けやすさと、サポートの良さから高い評価につながっています。

全面保護フィルム 液晶保護強化ガラス フルカバー の詳細
メーカーOAproda
対応サイズiPhone X/iPhone XS
特徴貼付ガイド/高透過率/自動吸着
参考価格1,299円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
OVER’s

ガラスザムライ

参考価格998円(税込)

フィルムの硬度は10Hと強度が特徴的な『ガラスザムライ』。

経済産業省が推奨する「おもてなし規格認証2018」を取得しており、サービス品質の高さが評価されています。

上記の機能に加えて、滑らかなタッチと指紋防止加工にも高い評価が寄せられており、今後もレビュー評価が高まっていきそうな一品です。

ガラスザムライ の詳細
メーカーOVER’s
対応サイズiPhone 8
特徴硬度10H/米軍MIL規格
参考価格998円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Anker

KARAPAX GlassGuard

参考価格999円(税込)

一般的なガラス保護フィルムよりも高い耐久性を誇り、傷や指紋からスクリーンを保護する「DoubleDefenseテクノロジー」を採用。

「2.5Dラウンドエッジ加工」が施されており、万が一割れてしまった場合にも破片が飛び散ることはありません。

フィルムを貼っていても見た目の画質を落とさずに、クリアに映すという点でも高く評価されています。

KARAPAX GlassGuard の詳細
メーカーAnker
対応サイズiPhone 7/iPhone 8
特徴DoubleDefenseテクノロジー
参考価格999円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
wagogo

強化液晶保護フィルム 2.5D

参考価格1,399円(税込)

『旭硝子』製のガラスを採用した、高い透過率を誇るiPhone用のフィルム。

吸着に優れたシリコンコーティングが施されており、気泡が生まれにくく、タッチ面もフィルムの存在を忘れてしまうほどにサラサラとしています。

コストパフォーマンスの高さと触り心地の良さから評価を集めています。

強化液晶保護フィルム 2.5D の詳細
メーカーwagogo
対応サイズiPhone 7 Plus/iPhone 8 Plus
特徴シリコンコーティング/撥水特殊コーティング
参考価格1,399円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
musikk

ブルーライトカット 強化ガラス液晶保護フィルム

参考価格1,299円(税込)

目に負担のかかりやすいブルーライトをカットする反射技術を取り入れている液晶保護フィルムです。

特殊なコーティングによって撥水性も高く、油分や水分を拭き取りやすく、メンテナンスも行いやすい製品。

目に優しいのはもちろんのこと、特に貼りやすさには多くの高い評価コメントが集まっており、満足度の高い一品です。

ブルーライトカット 強化ガラス液晶保護フィルム の詳細
メーカーmusikk
対応サイズiPhone 7/iPhone 8
特徴ブルーライトカット
参考価格1,299円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
Ziptrue

ガラスフィルム 光沢タイプ

参考価格1,280円(税込)

ナイフや鍵などの尖ったものでも、傷から守ってくれる硬度9HのiPhone用のガラスフィルム。

画面のふちは、丸みのある加工が行われており、衝撃の圧力を分散し、指などの引っかかりを防止してくれます。

「貼り付けた後の感触が滑るように動かせる」など触り心地の良さに多くの声が寄せられていました。

ガラスフィルム 光沢タイプ の詳細
メーカーZiptrue
対応サイズiPhone XR
特徴丸み加工/ラウンドエッジ
参考価格1,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
Nimaso

全面保護フィルム 強化ガラス フルカバー

参考価格1,299円(税込)

数多くのランキングでも上位を獲得している『Nimaso』のiPhoneフィルム。

硬度9Hとスマートフォン用フィルムの中でも高い硬度と耐久性で評価されている製品です。

貼り付けた後も高い透過率で高繊細な画質を保つことができ、貼付けガイド枠が同封されていることから初心者でも簡単に貼り付けられる点が高く評価されています。

全面保護フィルム 強化ガラス フルカバー の詳細
メーカーNimaso
対応サイズiPhone XR
特徴硬度9H/高透過率
参考価格1,299円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
Siwoto

ガラスフィルム アンチグレア

参考価格1,470円(税込)

光の映り込みが少ない「アンチグレア」加工を採用。

指紋が目立ちにくく、屋外でも反射せずに画面が見やすくなります。また、ゲームユーザーからも画面が見やすくなると高く評価されています。

「フィルム表面のサラサラ感が気持ちよい」という声もあり、よりゲームを楽しめるフィルムかもしれませんね。

ガラスフィルム アンチグレア の詳細
メーカーSiwoto
対応サイズiPhone X/iPhone XS
特徴非光沢/反射防止
参考価格1,470円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
G-Color

強化ガラス 液晶保護フィルム

参考価格799円(税込)

フィルムの薄さが特徴的な『G-Color』。

2.5Dラウンドエッジ加工によって、ふち部分の引っ掛かりもなく使いやすいように設計されています。

耐指紋性コーティングが施されているため、指紋などの汚れも簡単に拭き取ることができます。

値段以上に高い品質のフィルムとしてコストパフォーマンスの高い一品です。

強化ガラス 液晶保護フィルム の詳細
メーカーG-Color
対応サイズiPhone 8
特徴2.5Dラウンドエッジ加工
参考価格799円(税込)

iPhone用フィルムの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、iPhone用フィルムの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

AmazonのiPhone用フィルム売れ筋ランキング楽天の液晶フィルム売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの液晶フィルム売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

カテゴリから探す