4Kモニターおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

「もっと綺麗な画質で動画や映画を楽しみたい」「PCの作業スペースを広げたい」こんな人には4Kモニターがおすすめです。

4Kモニターは、モデルによってスペックが異なり、明るさの自動調整や高さ調節などの機能を備えたものもあります。

いざ4Kモニターが欲しいと思っても、どんなモデルが自分に合っているのか分からず、なかなか購入に踏み込めない方も多いのではないでしょうか?

今回は、PCガイドとして活躍し、周辺機器などの情報も発信している内川功一朗さんに、おすすめの4Kモニターをお聞きしました。

IPPING編集部調べによる4Kモニターの選び方や人気ランキングも紹介します。

最終更新日:2019年6月17日
42 views
内川功一朗

内川功一朗 のプロフィール

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナなどの周辺機器に関する情報を発信中。上級写真整理アドバイザーの顔も持つ。WEB『デジタルと現実の架け橋

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめの4Kモニター

まずは、内川功一朗さんがおすすめする4Kモニターをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BenQ

BenQ EL2870U

EL2870U
参考価格39,800円(税込)

『BenQ』から販売されている『EL2870U』は、応答速度の速さが特徴です。「HDR」に対応し、内蔵スピーカーは2W+2Wまで出力します。

「AMD FreeSyncテクノロジー」によって、映像のカクつきを防止。

もともとディスプレイのちらつきを左右するリフレッシュシートが「60Hz」と高く設定されているため、そのメリットを最大限活かすことができます。

また、周りの照明に合わせて、画面の明るさを自動調整する「B.I.+」を搭載。目の疲れが軽減されるという嬉しい効果があります。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
『BenQ』は、モニターブランドとして確立しているメーカーです。こちらはシンプルでコスパの良い逸品。

価格を上げれば、細かく配慮された液晶設計のモニターもありますが、一般の方にはそこまでの性能は必要ないでしょう。

とびぬけて良いものを選ぶ、というよりも価格と性能のバランスが取れた安定したアイテムがおすすめです。

BenQ EL2870Uの詳細
メーカーBenQ
画面サイズ27.9インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルTN・非光沢
応答速度1ms(GtG)
入力端子HDMI(Ver.2.0)x2
DisplayPort(Ver.1.4)x1
内蔵スピーカー○(2W+2W)
HDR対応
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
EIZO

EIZO FlexScan EV2785

EV2785
参考価格129,600円(税込)

『EV2785』は、フレーム幅が「1mm」しかないフレームレス設計で、スマートなデザインが特徴。

「FlexStand」を採用しているため、画面の高さや位置調節の自由度も高く、綺麗な姿勢で使用しやすいメリットもあります。

また、モニター本体を最大の高さまで上げれば、下にノートPCをぴったり合わせて置くことも可能。

モニターを使用するうえで起こりやすい、さまざまな問題点を解決してくれる逸品です。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
『EIZO』といえば、液晶モニターの老舗メーカーで昔から多くのファンがいます。

こちらは光沢のないノングレアの4Kモニター。USBでPCにつなげて、PCから給電しながら使えます。

周囲の明るさに応じて、画面の明るさを自動で調整してくれるのもポイントです。

EIZO FlexScan EV2785の詳細
メーカーEIZO
画面サイズ27.0インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルIPS・非光沢
応答速度5ms
入力端子HDMI x2
DisplayPort x1
内蔵スピーカー○(1W+1W)
HDR非対応

2.4Kモニターの選び方

次に、4Kモニターの選び方について解説します。

モデルによってさまざまな特徴があり、搭載されている機能も異なるので、購入前にチェックしましょう。

画面サイズで選ぶ

4Kモニターは、一般的なモニターと同じく、モデルによって画面の大きさが異なり、「27インチ」から「50インチ」まで多くのサイズがあります。

インチとは、液晶画面の対角線を表す数値で、「1インチあたり2.54cm」となります。

4Kの解像度は「3840×2160」であるため、画面との距離が遠い場合にサイズがコンパクトすぎると、文字も小さくなり、見えにくくなります。

一方で、画面との距離が近いのにも関わらず、サイズの大きすぎるモデルは、画面全体を見るために顔を動かす必要があるので、疲れやすくなります。

4Kモニターを購入するときは、設置する環境に応じて、最適な画面サイズを選ぶ必要があります。

一般的なデスクに置く場合は、「27インチ」から「30インチ」前後のモデルがおすすめです。

モニター本体との距離が少し遠い場合は、「40インチ」から「50インチ」以上のモデルを購入するといいでしょう。

リフレッシュレートで選ぶ

リフレッシュレートは、「1秒間に表示できるコマ数」のことを指し、数値が高いほど映像が滑らかになります。

4Kモニターは、モデルによってリフレッシュレートが異なり、「60Hz」のモデルから「144Hz駆動」のものまであります。

ほとんどの4Kモニターのリフレッシュシートの値は「60Hz」。同じリフレッシュレート値に対応した「PS4 Pro」をプレイするのに最適です。

「60Hz」以上に対応した4Kモニターは、より滑らかな映像を楽しみたい場合やPCでゲームをプレイしたい場合におすすめです。

液晶の種類で選ぶ

4Kモニターの液晶の種類は、主に「TN」「IPS」「VA」の3つです。

種類ごとに特徴が異なるため、求める条件に合わせて選んでみましょう。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
一昔前であれば「IPS液晶が良い!」というふうにも言えたのですが、今は全体的に性能が良くなってきているので、条件によってどちらが良いというのは一概に言えない部分もありますね。

応答速度が速い「TN」

「TN」は、応答速度が速く、映像をスムーズに映し出せることが特徴で、価格も比較的安い傾向にあります。

視野角が狭いというデメリットがありますが、いつも正面からしかモニターを見ることがないという方はあまり気にする必要はないでしょう。

あまり予算をかけずに4Kモニターを購入したい人や、FPSや格闘系といった一瞬の時間の差が勝負となるゲームをプレイする人におすすめの種類です。

視野角が広い「IPS」

「IPS」は、視野角が広いため、さまざまな角度から画面を見ても、色ずれやコントラストの劣化が起こりにくい特徴があります。

そのため、映画や動画、ゲームを複数人で楽しみたい人や、自身の正面に本体を設置できない環境の人におすすめです。

しかし、「TN」に比べて応答速度が遅く、価格も高い傾向があるということを覚えておきましょう。

コントラスト性能が高い「VA」

「VA」は、3つの種類のなかでもっともコントラストの性能が高いのが特徴。

より綺麗な映像を映し出すことができるため、映画や動画を高画質で楽しみたい方におすすめです。

ただ、「IPS」よりも応答速度が遅いことがデメリット。見る角度によってコントラストが劣化してしまうこともあるため、複数人で楽しむのには向いていません。

画像:amazon.co.jp

入力端子の数で選ぶ

基本的に4Kモニターには、2口以上の「HDMI」と1口以上の「DisplayPort」が搭載されています。また、「D-Sub Mini」や「DVI-D」に対応したモデルもあります。

「HDMI」は、ゲーム機やDVDプレーヤー、PCなどをモニターに接続するのに用いられます。

「DisplayPort」「D-Sub Mini」「DVI-D」の3種類は、主にPCを接続するために必要です。

4口以上の「HDMI」を搭載したモデルのなかには、接続している機器の映像を1画面に対して、4分割で表示できるものもあります。

また、「HDMI」と「DisplayPort」にはバージョンがあります。

最新のバージョンに対応したものを使って接続しないと、4K映像を表示できない場合があるので、使用するケーブルにも注意が必要です。

自身の使用環境や、接続したい機器に応じて、最適な入力端子を搭載したモデルを選びましょう。

スピーカーが内蔵されているか確認する

4Kモニターのなかには、スピーカーを搭載していないモデルも。

内蔵されていないモデルを購入してしまうと、外部からスピーカーを接続して、音を出す必要があるため、別途予算がかかってしまいます。

スピーカーを内蔵しているモデルかどうかもチェックしておきましょう。

また、ワット数(W)も、音をどれだけ大きく出せるかの目安となるので、記載がある場合は確認しておきましょう。

「HDR」に対応しているかもチェック

「HDR」は、一般的なモニターが対応している「SDR」より、明るさの幅を広くするための技術です。

「SDR」では、映像の暗い部分が真っ黒になる黒つぶれや明るい部分が真っ白になる白飛びを起こす場合があります。

「HDR」に対応した4Kモニターだと、明るさのバランスを細かく捉えて表示するため、より美しい映像を映し出します。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
パッと見て「明るくてキレイ」というものも良いですが、価格が上がるにつれて、ちょっとしたニュアンスまで表現してくれるような細かいチューニングがされています。

さらに綺麗な4K映像を楽しみたいという人は、購入予定のモデルが「HDR」に対応しているかも確認しておきましょう。

3.4Kモニター人気ランキング10選

最後に、IPPING編集部調べによる4Kモニターの人気モデルをランキング形式で紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
ASUS

4Kモニター フリッカーフリー搭載

VP28UQG
参考価格42,660円(税込)

一般的な「TNパネル」のモデルは、視野角が水平90度前後までのことが多いですが、こちらのモデルは水平170度まで対応しています。

「Aimpointモード」を搭載するため、照準を描画でき、FPSゲームで役に立てることができます。

また、「タイマーモード」もあるので、RTS系のゲームをする場合にも便利です。

レビューでは、「ゲームをするうえで活躍している」との声が多く、ゲーマーにとって嬉しい工夫がされている逸品です。

4Kモニター フリッカーフリー搭載 VP28UQGの詳細
メーカーASUS
画面サイズ28インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルTN・非光沢
応答速度1ms
入力端子HDMI 2.0×2
DisplayPort 1.2×1
内臓スピーカー×
HDR非対応
画像:amazon.co.jp
2位
LG

4Kモニター ブルーライト低減機能

24UD58-B
参考価格30,218円(税込)

『24UD58-B』は、比較的安価に購入できる4Kモニターです。

「23.8インチ」というコンパクトな画面サイズで、設置する場所と自身との距離が近い場合に最適です。

また、「DASモード」を使用することにより、映像の表示速度を上げることもできます。

「価格が安くて手が出しやすい」という声が多く、コストパフォーマンス面で高い評価を得ています。

4Kモニター ブルーライト低減機能 24UD58-Bの詳細
メーカーLG
画面サイズ23.8インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルIPS・非光沢
応答速度5ms(GTG High)
入力端子HDMIx2
DisplayPortx1
内臓スピーカー×
HDR非対応
画像:amazon.co.jp
3位
LG

4Kモニター 4分割表示対応

43UD79T-B
参考価格54,980円(税込)

『LG』から販売されているこちらのモデルは、4口の「HDMIポート」を搭載し、4画面まで同時に表示できることが特徴です。

4分割表示にしても、画面が小さくなりすぎないよう、画面サイズは「42.5インチ」と大きめです。

なお、4分割で画面を表示した場合は、1画面につき「21.5インチ」のフルHDモニターと同じ大きさになります。

レビューでは、「画面から距離を離して使用している」との声もあり、画面の大きさを活かした使い方ができることもポイント。

4Kモニター 4分割表示対応 43UD79T-Bの詳細
メーカーLG
画面サイズ42.5インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルIPS・非光沢
応答速度8ms(GTG)
入力端子HDMI Ver2.0x2
HDMI Ver1.4×2
DisplayPortx1
内臓スピーカー○(10W+10W)
HDR非対応
画像:amazon.co.jp
4位
BenQ

4Kモニター アイケア機能B.I.+

EL2870U
参考価格39,800円(税込)

プロもおすすめしているこちらのモデルは、HDRに対応している4Kモニターのなかでは、比較的安価に購入できます。

元の画質が低い映像をある程度まで綺麗に映す「Super Resolution」技術が採用されていることも魅力。

さらに、「スマートフォーカスモード」を使えば、選択した領域のみをハイライトし、背景を気にすることなく映像を楽しむことができます。

「PS4 Proで使用していますが、充分な性能があります」という声も多く、ゲームプレイ用としても活躍してくれる4Kモニターです。

4Kモニター アイケア機能B.I.+ EL2870Uの詳細
メーカーBenQ
画面サイズ27.9インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルTN・非光沢
応答速度1ms(GtoG)
入力端子HDMI (Ver.2.0)x2
DisplayPort (Ver.1.4)x1
内臓スピーカー
HDR対応
画像:amazon.co.jp
5位
Dell

4Kモニター 広視野角

U2718QM
参考価格57,980円(税込)

『U2718QM』は、高さや前後の角度調節だけでなく、左右への調整ができ、縦画面への切り替えも可能です。

「HDR」に対応しており、ほかの4Kモニターではあまり見かけない「Mini DisplayPort」も搭載しています。

また、3年間のメーカー保証もあるので、安心して使用できる逸品です。

レビューでは、「27インチがちょうどいい」という声も見受けられ、バランスのいい画面サイズにも高い評価が集まっています。

4Kモニター 広視野角 U2718QMの詳細
メーカーDell
画面サイズ27インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルIPS・非光沢
応答速度5ms
入力端子HDMIx1
DisplayPortx1
Mini DisplayPortx1
内臓スピーカー×
HDR対応
画像:amazon.co.jp
6位
iiyama

4Kモニター 130mm昇降調節

B2875UHSU-B1
参考価格42,598円(税込)

『iiyama』から販売されているモデルで、入力端子に「DVI-D」 と「D-Subミニ15ピン」を搭載し、高い対応力を持つことが特徴。

応答速度は、最速時で「1ms」まで対応し、「28インチ」とバランスのいい画面サイズです。

また、「ブルーライト低減機能」を搭載し、目の疲れを軽減させてくれることも嬉しいポイント。

ユーザーからは、「価格以上の性能があります」との声が寄せられており、コストパフォーマンスに優れているモデルです。

4Kモニター 130mm昇降調節 B2875UHSU-B1の詳細
メーカーiiyama
画面サイズ28インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルTN・非光沢
応答速度1ms(GtoG)
5ms(標準時)
入力端子DisplayPortx1
HDMIx1
DVI-Dx1
D-Subミニ15ピンx1
内臓スピーカー
HDR非対応
画像:amazon.co.jp
7位
Acer

4Kモニター 3年保証

ET322QKWMIIPX
参考価格44,800円(税込)

『ET322QKWMIIPX』は、「VAパネル」を搭載しており、コントラスト性能に優れたモデルです。

リフレッシュレートは「最大75Hz」まで対応しており、一般的な4Kモニターより滑らかな映像表現が可能です。

メーカー保証も3年間あるので、長く安全に使用することができます。

「低遅延で扱いやすいモニターです」との声が多く、映像表示の速さから高い支持を得ています。

4Kモニター 3年保証 ET322QKWMIIPXの詳細
メーカーAcer
画面サイズ31.5インチ
リフレッシュレート75Hz
液晶パネルVA・非光沢
応答速度4ms(GTG)
入力端子HDMI 2.0×2
DisplayPort 1.2×1
内臓スピーカー○(2W+2W)
HDR対応
画像:amazon.co.jp
8位
Acer

4Kモニター

DM431Kbmiiipfx
参考価格53,270円(税込)

『DM431Kbmiiipfx』は、『Acer』から販売されているモデルで、「43インチ」と大きな画面を持つことが特徴です。

入力端子は、「HDMI」「DisplayPort」以外に、「Mini D-Sub 15ピン」を搭載しています。

また、「6軸カラー調整」を行えるため、色相を自由に変更することも可能です。

レビューでは、「扱いやすい1台です」「コストパフォーマンスがいいモデルです」といった声が多く、ユーザーから高い評価を得ています。

4Kモニター DM431Kbmiiipfxの詳細
メーカーAcer
画面サイズ43インチ
リフレッシュレート75Hz
液晶パネルIPS・半光沢
応答速度5ms
入力端子Mini D-Sub 15ピン×1
HDMI 2.0×1
HDMI 1.4×2
DisplayPort Ver.1.2×1
内臓スピーカー○(5W+5W)
HDR対応
画像:amazon.co.jp
9位
I-O DATA

4Kモニター ADSパネル

EX-LD4K271DB
参考価格41,962円(税込)

『EX-LD4K271DB』は、「ADSパネル」を搭載していることが特徴です。

「ADSパネル」の主な特徴は、「IPSパネル」と同じで、視野角が広いことです。

また、応答速度は標準時で「14ms」ですが、「オーバードライブ機能」を使えば最速で「5ms」まで速くできます。

ユーザーからは、「4Kモニターをエントリーモデルとして買うならこれ」という声が寄せられており、初めて4Kモニターを購入する人におすすめです。

4Kモニター ADSパネル EX-LD4K271DBの詳細
メーカーI-O DATA
画面サイズ27インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルADS・非光沢
応答速度14ms(GTG)
オーバードライブレベル1設定時:約7ms(GTG)
オーバードライブレベル2設定時:約5ms(GTG)
入力端子HDMI×3
DisplayPort×1
アナログRGB×1
内臓スピーカー○(2W+2W)
HDR対応
画像:amazon.co.jp
10位
BenQ

4Kモニター UHD

PD2700U
参考価格59,726円(税込)

こちらのモデルは、3辺がフレームレス設計であることが特徴で、デザイン性の高い逸品です。

リフレッシュレートは「60Hz」。「HDR」にも対応しています。

また、「KVM機能」が搭載されており、1つのマウスとキーボードから2台のPCを操作できることも嬉しいポイント。

レビューでは、「コンピューターディスプレイとして最適です」との声が多く、PCの画面を映すのに使用しているユーザーが多いようです。

4Kモニター UHD PD2700Uの詳細
メーカーBenQ
画面サイズ27インチ
リフレッシュレート60Hz
液晶パネルIPS・非光沢
応答速度5ms (GtG)
入力端子HDMI Ver.2.0×1
DisplayPort Ver.1.4×1
Mini DisplayPort Ver.1.4×1
内臓スピーカー○(2W+2W)
HDR対応

4Kモニターの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、4Kモニターを含むディスプレイの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのディスプレイ売れ筋ランキング楽天のディスプレイ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのパソコン用ディスプレイ、モニター売れ筋ランキング

内川功一朗の人気記事

内川功一朗の新着記事

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

カテゴリから探す