PS4向けゲーミングモニターおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

「PS4のゲームをもっと快適にプレイしたい」「PS4Proを4K映像で楽しみたい」こんな人にはPS4向けゲーミングモニターがおすすめです。

PS4向けのゲーミングモニターは、ゲームジャンルによって最適のモデルが変わるため、どれを選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

今回は、2015年から「Tokyo Game Show」の司会進行・実況を担当しているeスポーツキャスター、吉﨑智宏さんに、おすすめのPS4向けゲーミングモニターをお聞きしました。

IPPING編集部調べによるPS4向けゲーミングモニターの選び方や人気ランキングも紹介します。

最終更新日:2019年6月27日
3 views
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト』

この専門家の他の記事を見る

1.eスポーツキャスターおすすめのPS4向けゲーミングモニター

まずは、プロの吉﨑智宏さんがおすすめするPS4向けゲーミングモニターを紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
I-O DATA

4K モニター 43インチ

EX-LD4K432DB
参考価格59,800円(税込)

こちらは「43インチ」という大きな画面サイズを持つことが特徴。

4K解像度に対応しているため、PS4Proでゲームをするのに最適のスペックです。

リフレッシュレートも「75Hz」まで対応しているので、PS4のスペックを充分に発揮することができます。

また、3年間のメーカー保証もあるので、初めてPS4向けのゲーミングモニターを購入する人でも安心して使えるモデルです。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
モニターは「自分好みの発色を見つける」が大切。私はこの製品が馴染じみましたね。

またリフレッシュレートが「60Hz」とPCゲーマーには気になると思いますが、PS4の表現描画は「60Hz」までなので、気にせず大画面で楽しんで下さい。

大画面はゲームを臨場感たっぷりに演出しますから「PS4は大画面で」と分けるとシューターゲームもPC版と違う楽しみ方が生まれますよ。そして外部スピーカーをつけるだけで、映画さながらの演出に様変わり、ぜひぜひPS4は大画面で! 

そしてパネルは「ぬけ・通電」などの初期不良で、残念な経験をした自分には保証とサポートが魅力的にうつりましたね。

I-O DATA 4K モニター 43インチの詳細
メーカーI-O DATA
画面サイズ43インチ 
解像度3840×2160(4K)
リフレッシュレート最大75Hz
液晶パネル/表面処理ADS/半光沢
応答速度8ms(GTG)
オーバードライブレベル2設定時:5ms(GTG) 
入力端子HDMIx3
DisplayPortx1
アナログRBGx1
内蔵スピーカー○(6W+6W)

2.PS4向けゲーミングモニターの選び方

次に、PS4向けゲーミングモニターの選び方について解説します。

プレイするゲームのジャンルや、プレイする時間の長さなどによって使い心地が変わるため、必ずチェックしてから最適のモデルを探しましょう。

まずは画面サイズ(インチ数)をチェック

モニターの画面サイズ(インチ数)は、何を求めるかで選ぶことが重要です。

求める条件に応じて、どんな画面サイズがいいのか解説します。

なお、インチとは映像が表示される画面領域の対角の長さを指し、「1インチあたり2.54cm」です。

世界観や臨場感を重視するなら「大画面モニター(40インチ以上)」

40インチ以上のモニターは、RPGやレース、オープンワールドといったPS4ゲームの世界観や臨場感を味わうのにおすすめ。

ゲーム内に表示される文章やアイテムなどの表示も見やすいため、ゲームを進めやすくなります。

ただし、FPSや格闘ゲームなどの、マップや必殺技ゲージを見る必要があるジャンルでは、目を動かす距離が長くなり、疲れやすくなります。全体の映像を捉えるために画面との距離を離してプレイするといいでしょう。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
コンシューマーソフトを主に遊ぶ方は、画面との距離をあけて大画面モニターで臨場感たっぷりに楽しむのがおすすめです。

快適なプレイを重視するなら「小さな画面のモニター(21.5インチ〜30インチ前後)」

21.5インチ〜30インチ前後のゲーミングモニターは、FPSや格闘ゲームをプレイするのにおすすめです。

大きな画面のモニターより、あまり目を動かさなくても、画面全体を捉えることができるため、有利に戦いやすくなり、より快適なプレイを実現します。

また、モニター本体の重量が軽く気軽に設置位置を変えられることや、本体サイズが小さいために置き場所に困らないこともメリット。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
FPSなどのシューターゲームを主に遊ぶのであれば、インチ数が20台の液晶を選択して、PCさながらに環境を整えていくのも一つかもしれませんね。

PS4Proでプレイするなら「4Kモニター」

PS4には、PS4Proと呼ばれる機種があります。

PS4Proは、4K(3840×2160)に対応している機種であるため、4Kモニターに接続することで、スタンダードなPS4より綺麗な映像でゲームをプレイできます。

一方、スタンダードなPS4やPS4 Slimを接続する場合は、4K映像を出力できないため、フルHD(1920×1080)のモニターを購入しましょう。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
大画面のモニターを購入しても解像度が低ければ表現がぼやけてしまいます。

2019年はモニターを買い替えるなら「大画面・4K対応」と解像度を謳っている製品を選びましょう!4K対応なら大画面表現もしっかりと対応。隅々まで綺麗に表現してくれますよ。

プロのコメントにもあるように、4K対応のモニターを購入する場合は、大画面のモデルを選ぶのもいいでしょう。

リフレッシュレートは「最大60Hz以上」のモデルを選ぼう

リフレッシュレートとは、「1秒間に表示できるコマ数」のことを指し、値が大きいほど滑らかな映像を表示できます。

画像:amazon.co.jp

ゲーミングモニターのなかには、「144Hz」や「240Hz」といったリフレッシュレートに対応したモデルがあります。

しかし、PS4およびPS4Proは、「60Hz」までのリフレッシュレートにしか対応していません。

そのため、モニター側のリフレッシュレートが高くても、「60Hz」までの映像しか表示できません。

リフレッシュレートの高いモデルは、価格も高い傾向があるので、PS4向けゲーミングモニターを購入する場合は、「最大60Hz以上」のモデルを選ぶといいでしょう。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
FPSゲーム・競技シーンを楽しむのであれば「144Hz以上のモニター」を選択ポイントに加えると絞られてきますよ!

それ以外の他CS(コンシューマー)ジャンルでも「画のなめらかさ」に繋がるので、高リフレッシュレートモニタを贅沢に楽しむのも一つですね。

液晶パネルの種類から選ぶ

モニターに搭載されている液晶には、主に「TNパネル」「IPSパネル」「VAパネル」の3種類があります。

それぞれ適したゲームジャンルやプレイ状況が異なるので、特徴をチェックしてみましょう。

FPSや格闘ゲームなら「TNパネル」

「TNパネル」のモニターは、応答速度が速い傾向にあるため、FPSや格闘ゲームなどの一瞬の差が重要となるゲームジャンルをプレイするのに適しています。

価格も安い傾向にあるので、とりあえずPS4向けのゲーミングモニターを試してみたいという人にもおすすめです。

ただ、視野角が狭く、角度のある場所から画面を見ると、映像が劣化しやすいデメリットがあります。1人でゲームをプレイし、正面からしか画面を見ない人であれば、気にする必要はありません。

複数人でプレイするなら「IPSパネル」

「IPSパネル」のモニターは、視野角が広く、角度がある場所から画面を見ても映像が劣化しにくい特徴があります。

パーティゲームやローカルマルチプレイに対応したゲームなどを同じモニターを使って複数人でゲームをする人におすすめです。

ただし、「TNパネル」に比べて応答速度が遅い傾向にあるため、FPSゲームや格闘ゲームでは少し不利になる可能性があります。

より綺麗な映像でプレイするなら「VAパネル」

画像:amazon.co.jp

「VAパネル」は、ほかの種類に比べて、コントラスト性能が高く、綺麗な映像を出力できることが特徴です。

オープンワールドやレースゲームなどの景色も楽しめるゲームや、映像表現が美しいSF系のゲームをプレイする人におすすめ。

ただし、「IPSパネル」より、さらに応答速度が遅い傾向にあり、視野角も狭いデメリットがあります。

そのため、同じモニターを複数人で見るときや、FPSなどの応答速度が重要なゲームをするときには適していません。

画面の表面処理から選ぶ

モニターの画面の表面処理は、映像の美しさや目の疲れやすさに関わります。

主に「光沢液晶」「非光沢液晶」の2種類があるので、それぞれの特徴について見ていきましょう。

美しい発色を求めるなら「光沢液晶(グレア)」

「光沢液晶(グレア)」のモニターは、画面がツヤツヤしており、光が反射することが特徴です。

発色が良く、コントラスト表現に優れているため、より綺麗な映像でゲームを楽しむことができます。

ただ、部屋のライトや外の光なども反射するため、目が疲れやすく、画面の汚れも気になりやすいというデメリットがあります。

あまり長時間ゲームをプレイしない人や、こまめに画面を掃除できるという人は気にする必要はありません。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
ノングレア製品は写り込みが少なく、光もほとんど反射しないため、快適にプレイできますが、グレア(光沢)製品だと発色が鮮やか!PS4を楽しむ際は、グレア製品を購入するのも一つですね。

画像表現・解像度・画面サイズに「光沢処理」の内容を盛り込んでいくと選択肢が狭められて納得のいく買い物ができますよ。

プレイ時間が長くても目が疲れにくい「非光沢液晶(ノングレア)」

「非光沢液晶(ノングレア)」のモニターは、光の反射がほとんどなく、映り込みが少ないことが特徴。

外光の反射がないため、映像を捉えやすく、長時間使用しても目が疲れにくいメリットがあります。

また、傷や汚れも気になりにくいという利点もあります。

一方、「光沢液晶」に比べて、コントラスト性能や発色が悪い傾向にありますが、映像の質より使いやすさを求める人であれば、気にする必要がないでしょう。

入力端子に「HDMI」があるかチェック

画像:amazon.co.jp

一般的なモニターには、「HDMI」「DisplayPort」「アナログRGB」「DVI-D」などの端子が搭載されています。

PS4は、HDMI端子で液晶端末との接続を行うため、購入するモニターがHDMIに対応しているかを確認しておきましょう。

万が一、HDMI端子が搭載されていなくても、変換アダプタを用いれば、接続が可能になりますが、映像が劣化してしまったり、正しく画面に表示されなかったりする可能性があります。

内蔵スピーカーがあるかを確認

画像:amazon.co.jp

PS4は、コントローラーにイヤホンジャックが搭載されているため、スピーカーが内蔵されていないモニターでも音を聴きながらプレイできます。

ただ、イヤホンやヘッドフォン、スピーカーを持っておらず、別途で出費したくない人は、スピーカーが内蔵されているモニターを購入しましょう。

スピーカーの出力は、「W(ワット)」で表されます。どれだけ大きな音量を出せるかの目安なので、必ず確認しておきましょう。

ゲームジャンルごとに映像モードを変えられるモデルも

PS4向けのゲーミングモニターには、「FPS」「格闘ゲーム」「レースゲーム」「RPG」「スポーツ」などのゲームジャンルに応じてモードを変えられるモデルがあります。

指定しているゲームに対し、画面の明るさやコントラストなどの設定を、自動で最適な値にセッティングし、疲れにくく、画面に馴染んだ映像表現を実現します。

吉﨑智宏さんコメント

吉﨑智宏
製品によりますが「出荷状態の画面が明るかったので暗くしてみると判別しづらい表現が……」なんて事もあります。

やはり一度はモニターを触って、表現調節をしてもらうのが一番。「疲れない」「馴染む表現」を調節で実現してくれる製品が良いです。

ただ、モデルによって対応している映像モードが異なる場合があるため、自分がプレイするゲームのモードがあるかを確認しておきましょう。

3.PS4向けゲーミングモニター人気ランキング10選

最後に、IPPING編集部調べによるPS4向けゲーミングモニターの人気モデルをランキング形式で紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
ASUS

PS4向けゲーミングモニター 28型 4K対応

VP28UQG
参考価格42,660円(税込)

『ASUS』から販売されているモデルで、4Kに対応しています。PS4Proでの使用に最適ですよ。

液晶は「TNパネル」の非光沢仕様で長時間のプレイでも目が疲れにくいことが特徴。応答速度は「1ms」と高速です。

また、画面上に照準を表示できる「GamePlus機能」も搭載されているので、プレイの練習などで役に立ちます。

レビューでは、「ゲーム画面が見やすくなった」との声が多く、圧倒的な人気を誇っています。

PS4向けゲーミングモニター 28型 4K対応 VP28UQGの詳細
メーカーASUS
画面サイズ28インチ
解像度3840×2160(4K UHD)
リフレッシュレート最大60Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度1ms
入力端子HDMI 2.0×2
DisplayPort 1.2×1
内蔵スピーカー×
画像:amazon.co.jp
2位
ASUS

PS4向けゲーミングモニター 24型 フルHD

VX248H
参考価格15,692円(税込)

こちらのモデルは、価格が安いのにも関わらず、「1ms」と応答速度が速いモデルです。

スピーカーが内蔵されているので、イヤホンがない場合やつけたくない場合は、モニターからも音を出せます。

3年間のメーカー保証があるので、万が一初期不良があった場合でも安心です。

「コストパフォーマンスが高い」という声が多く挙がっており、初めてモニターを購入する人におすすめのモデルです。

PS4向けゲーミングモニター 24型 フルHD VX248Hの詳細
メーカーASUS
画面サイズ27インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大76Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度1ms
入力端子HDMIx2
D-Sub 15ピンx1
内蔵スピーカー○(2W+2W)
画像:amazon.co.jp
3位
Acer

PS4向けゲーミングモニター ブルーライト低減

KA240HBMIDX
参考価格12,480円(税込)

『KA240HBMIDX』は、『Acer』から販売されているモデルで、価格の安さに対する機能性の高さが特徴です。

VESAマウントに対応しているため、モニターアームがある場合は壁掛けにすることが可能です。

また、ブルーライト軽減機能が搭載されていますが、設定から「ブルーライト透過率」を4段階に分けて設定できることがポイント。

ユーザーからは、「発色が明るく見やすい」との声も挙がっており、映像の質も高いモデルです。

PS4向けゲーミングモニター ブルーライト低減 KA240HBMIDXの詳細
メーカーAcer
画面サイズ24インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大75Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度5ms
入力端子ミニD-Sub 15ピンx1
DVI-D 24ピンx1
HDMIx1
内蔵スピーカー○(2W+2W)
画像:amazon.co.jp
4位
I-O DATA

PS4向けゲーミングモニター 24.5型 高速応答

EX-LDGC251TB
参考価格16,480円(税込)

『I-O DATA』から販売されているこちらのモデルは、「最速時0.8ms」という応答速度を発揮し、価格の安いモニターとしてはトップレベルの速さです。

色調整は5段階から設定可能。画面が暗い際に鮮明な映像表示をすることができる「Night Clear Vision」が搭載されています。

また、スマートフォンを立てかけることができるスタンドが設置されていることも嬉しいポイント。

レビューでは、「FPSがすごく楽しくなった」という声が多くあり、ゲームでの使用に適したモニターです。

PS4向けゲーミングモニター 24.5型 高速応答 EX-LDGC251TBの詳細
メーカーI-O DATA
画面サイズ24.5インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大75Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度5ms
オーバードライブレベル2設定時:0.8ms(GTG)
入力端子HDMIx2
DisplayPortx1
アナログRGBx1
内蔵スピーカー○(2W+2W)
画像:amazon.co.jp
5位
LG

PS4向けゲーミングモニター 21.5型

22MP48HQ-P
参考価格11,980円(税込)

こちらのモデルは、「21.5インチ」と画面サイズがコンパクトなことが特徴で、置き場所を選ばないという点が魅力的です。

液晶は「IPS」の非光沢。視野角が広いため、複数人でゲームをするのに適しています。

モニターを直接触らなくてもPCから設定が簡単にでき、豊富な映像モードがある「OnScreen Control機能」が搭載されています。

「この価格でフルHDのIPSパネルは安い」という声があり、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

PS4向けゲーミングモニター 21.5型 22MP48HQ-Pの詳細
メーカーLG
画面サイズ21.5インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大75Hz
液晶パネル/表面処理IPS/非光沢
応答速度5ms(GTG)
入力端子D-Subx1
HDMI Ver1.4×1
内蔵スピーカー×
画像:amazon.co.jp
6位
BenQ

PS4向けゲーミングモニター 27型 B.I.技術搭載

GW2780
参考価格19,800円(税込)

『GW2780』は、『BenQ』から販売されているモデルで、目に優しい機能が豊富なことが特徴。

「ブルーライト低減」をはじめ、画面のノイズを排除する「フリッカーフリー」、周囲の照明を感知して自動で明るさを調整する「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」などの機能があります。

さらに、スタンドの背面にケーブルを収納できるスペースが用意されているため、配線が混雑しにくいこともメリット。

「PS4での使用に役立っている」という声が多く、高い満足度を獲得しています。

PS4向けゲーミングモニター 27型 B.I.技術搭載 GW2780の詳細
メーカーBenQ
画面サイズ27インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大76Hz
液晶パネル/表面処理IPS/非光沢
応答速度5ms(GtG)
入力端子D-subx1
HDMI 1.4×1
DisplayPort 1.2×1
内蔵スピーカー
画像:amazon.co.jp
7位
BenQ

PS4向けゲーミングモニター ZOWIE

XL2411P
参考価格28,943円(税込)

『XL2411P』は、ゲーミングモニターらしいデザイン性と、「24インチ」というバランスのいい画面サイズが特徴。

応答速度は「1ms」。解像度は、フルHDに対応しています。

また、映像の暗い部分を明るくしてくれる「Black eQualizer機能」や、FPSなどの対人ゲームに最適化されたモードが搭載されており、ゲーマーにとって嬉しい設計です。

レビューでは、「ブレがほとんどない」「機能が豊富」といった声があり、多くのユーザーから支持を集めています。

PS4向けゲーミングモニター ZOWIE XL2411Pの詳細
メーカーBenQ
画面サイズ24インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大144Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度1ms(GtG)
入力端子HDMIx1
DVI-DLx1
Display Portx1
内蔵スピーカー×
画像:amazon.co.jp
8位
Acer

PS4向けゲーミングモニター 27型

KG271Dbmiix
参考価格14,980円(税込)

『Acer』から販売されているモデルで、「アクション」「レース」「スポーツ」の3つからモードを選べることが特徴。

暗い場面などで黒レベルを調節して視認性を高めることができる「ブラック・ブースト機能」が搭載されています。

3年という長いメーカー保証と、1年間のパネル・バックライトユニットの保証があるので、万が一壊れてしまっても安心です。

「安くて購入しやすいモニター」「初めて購入する人におすすめ」といった声が多く、ゲーミングモニターのエントリーモデルとして人気です。

PS4向けゲーミングモニター 27型 KG271Dbmiixの詳細
メーカーAcer
画面サイズ27インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大76Hz
液晶パネル/表面処理TN/非光沢
応答速度1ms(GTG)
入力端子ミニD-Sub 15ピンx1
HDMI 1.4×2
内蔵スピーカー○(2W+2W)
画像:amazon.co.jp
9位
EIZO

PS4向けゲーミングモニター TFT

FS2434-R
参考価格36,070円(税込)

こちらのモデルは、『EIZO』から販売されており、本体サイズをコンパクトにするためにフレームレス設計が採用されています。

Windowsを持っている場合は、「G-IGNITION」というソフトから簡単に画質のセッティングが行えます。

また、人気RPGタイトルである「ファイナルファンタジーXIV」の推奨認定がされていることもポイント。

レビューでは、保証の対応に関して評価する声も挙がっており、メーカーサポートがしっかりしているモデルです。

PS4向けゲーミングモニター TFT FS2434-Rの詳細
メーカーEIZO
画面サイズ23.8インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大61Hz
液晶パネル/表面処理IPS/非光沢
応答速度4.9 ms
入力端子HDMI×2
DVI-Dx1
内蔵スピーカー
画像:amazon.co.jp
10位
LG

PS4向けゲーミングモニター 27型

27MK430H
参考価格17,780円(税込)

『27MK430H』は、『LG』から販売されているモデルで、視野角の広い「IPSパネル」が搭載されています。

画面の設定は、ボタンではなく、本体に搭載されているスティックで簡単に行うことができます。

また、低解像度の映像を綺麗にできる「SUPER Resolution+」が搭載されています。

ユーザーからは、「IPSパネルが見やすい」という声が挙がっており、「TNパネル」の性質に抵抗がある人におすすめのモデルです。

PS4向けゲーミングモニター 27型 27MK430Hの詳細
メーカーLG
画面サイズ27インチ
解像度1920×1080(フルHD)
リフレッシュレート最大75Hz
液晶パネル/表面処理IPS/非光沢
応答速度5ms(GTG)
入力端子D-Subx1
HDMIx1
内蔵スピーカー×

モニターの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、モニターの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのモニター売れ筋ランキング楽天のモニター売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのモニター売れ筋ランキング

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

カテゴリから探す