トレーニングベルトおすすめ!プロの逸品&人気ランキングTOP10

着用することで筋トレ時のパフォーマンス向上や、トレーニング中の怪我防止にもなる“トレーニングベルト”。

トレーニングベルトを使用すると腹圧をしっかりとかけることができるため、体幹の強化や腰痛を防止する効果が期待できます。

しかし、様々な素材や形状のものが展開されているので、トレーニングベルトを初めて購入する方はどれを選べばいいか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、マラソン完走請負人でパーソナルトレーナーとしてもご活躍中の牧野仁さんに、おすすめのトレーニングベルトについてお話を伺いました。

後半ではIPPING編集部が調査したトレーニングベルトを選ぶときのポイントと、口コミで人気の製品をランキング形式でご紹介します。

最終更新日:2019年8月14日
12 views
牧野仁

牧野仁 のプロフィール

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナルトレーナーとしても活躍。Japanマラソンクラブ代表。著書『目からウロコのマラソン完走新常識』ほか。WEB『ビギナーランニングマガジン』

この専門家の他の記事を見る

1.パーソナルトレーナーおすすめのトレーニングベルト

まずは、牧野仁さんおすすめのトレーニングベルトをご紹介します。

ブラックレザーベルト G3367
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
GOLD’S GYM

ブラックレザーベルト G3367

参考価格5,400円(税込)

初めて購入する方におすすめしたい、ベーシックなウエイトトレーニング用ベルト。

素材には高品質な牛革を使用しており、耐久性に優れているので、長く使っても劣化しにくいのが魅力です。

2本ピンタイプになっているため、腹部をしっかり締め上げ、体幹を強化してくれます。

また、背中部分にはパッドがついており、トレーニング中の怪我や腰への負担を軽減してくれるのもポイント。

ブラックカラーにお馴染みのロゴがあしらわれた、おしゃれで高機能なトレーニングベルトです。

牧野仁さんレビュー

牧野仁
トレーニングベルトは、腰へのサポートのためにも使用することをおすすめします。

『GOLD’S GYM』のものはほど良い太さで腹圧をかけやすくなりますし、ウエイトトレーニングの効果を上げてくれるのでおすすめです。

ブラックレザーベルト G3367の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開XS/S/M/L
参考価格5,400円(税込)
リフティングベルト
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
EasyJoy

リフティングベルト

参考価格3,180円(税込)

高品質な牛革で作られたトレーニングベルトで、ウエストサイズや強度に合わせて長さを10段階に調節できます。

リーズナブルな上に使い勝手がよく、パフォーマンスアップに最適です。

2本ピンタイプで腹部をしっかりとホールドできるので、腹圧の向上や体幹の強化に効果的。

また、腰部分には厚さ18mmのクッションを取り入れ、腰をしっかりとサポートしてくれるため、快適にトレーニングが行えます。

牧野仁さんレビュー

牧野仁
シンプルなブラックカラーが多いトレーニングベルトですが、『EasyJoy』 のものはカラーが選べます。

好きなカラーを着用すれば、テンションだけでなくモチベーションも上がるのでおすすめです。

リフティングベルトの詳細
メーカーEasyJoy
サイズ展開S/M/L
参考価格3,180円(税込)

2.トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトを使ってトレーニングの効果を高めるためには、機能性や耐久性に優れた高品質なものを選ぶことが大切です。

ここでは、トレーニングベルトを選ぶときの4つのポイントをご紹介します。

腹圧がかかりやすいものを選ぶ

トレーニングベルトを使用する目的は、腹圧や体幹部の強化と腰への負担を軽減するためです。

トレーニング時に腹圧をしっかりとかけることができれば、背骨が安定するため体幹が強化され、効率よく体を鍛えることができます。

そのため、トレーニングベルトを選ぶときは、レビューなどを参考にしながら腹圧がしっかりとかかるものを選ぶようにしましょう。

腹部をしっかりと締め上げて腹圧をかけるためには、革製のトレーニングベルトがおすすめです。

革製のものは体幹部を強く固定し、トレーニング時の身体のブレなどを防ぐことができるため、より効率のよいトレーニングを行うことが可能です。

またベルトのバックル(留め具)部分は、1本ピンタイプより2本ピンタイプのほうが、腹部をしっかり固定してくれるため、腹圧がかけやすいです。

上記のことを踏まえて、トレーニングベルトを選ぶときは革製で2本ピンタイプのものを選びましょう。

牧野仁さんコメント

牧野仁
腰を守るためには、腹圧がかかりやすいベルトを購入することが大切です。

それから、ベルトの締め方自体も大事。腹圧をかけて締めることが大切なので、締めやすいベルトを選びましょう。

腰をしっかりサポートできるものを選ぶ

背中側に厚めのクッションが取り入れてあるタイプや、腰部分の幅が厚く作られているタイプのトレーニングベルトがおすすめです。

腰回りをしっかりと固定できるトレーニングベルトを使えば、体幹が安定するため上からの重量を支えやすくなり、腰への負担が軽減されます。

トレーニングベルトの中には、ピンで固定するタイプとマジックテープで固定するタイプがありますが、腰をしっかりサポートするならピンタイプを選びましょう。

牧野仁さんコメント

牧野仁
腰に強い締め付け感があれば、かえって腰にストレスを与えてしまいます。

ウエストベルトは腰への負担を減らす為のものなので、クッション付きなど締め心地の良いベルトを選びましょう。

価格で選ぶ

トレーニングベルトを選ぶときのポイントとして、価格を一つの目安にするのもいいでしょう。

トレーニングベルトの平均価格は、5,000円~8,000円前後です。

牧野仁さんコメント

牧野仁
できるだけリーズナブルで、丈夫かつ機能的に優れたものが望ましいです。

本革で作られているトレーニングベルトは価格が高くなりがちですが、安くても丈夫で問題なく使えるトレーニングベルトはたくさんります。

価格が高いからといって、機能性が高く高品質なものだとは限らないので、なるべくコストを抑えつつ丈夫なトレーニングベルトを選ぶようにしましょう。

初回購入時は、後の基準となるものを選ぶこと

トレーニングベルトを初めて購入する場合は、まずは価格が安いものから購入して、実際に使用してみることが大切です。

初めから高いトレーニングベルトを購入しても、フィット感や強度が合わないことがあります。

どういったタイプのトレーニングベルトが自分に合うのか、価格が安いトレーニングベルトで試してから、次回購入時の基準にするのがおすすめです。

牧野仁さんコメント

牧野仁
トレーニグベルトは必要と感じても、購入まで足踏みしてしまう方は少なくありません。

とりあえずコストが低いものを購入することで、次に購入する時の基準を作りましょう。

3.トレーニングベルトの人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けするトレーニングベルト人気ランキングをご紹介します。

リフティングベルト
画像:amazon.co.jp
1位
EasyJoy

リフティングベルト

参考価格3,180円(税込)

ウエストサイズに合わせて10段階の長さ調節が可能。ステンレススチール製のバックルでサビに強いのが特長です。

腰部分には約18mmのクッションを取り入れ、トレーニング時の腰への負担や怪我をしっかり防止。

高品質な牛革製で耐久性に優れているので、本格的なウエイトトレーニングに最適です。

トップクラスのボディビルダーやパワーリフターにも好評で、トレーニング初心者から上級者までおすすめできます。

リフティングベルトの詳細
メーカーEasyJoy
サイズ展開S/M/L
参考価格3,180円(税込)
ウエイトトレーニングベルト
画像:amazon.co.jp
2位
Motomo

ウエイトトレーニングベルト

参考価格2,490円(税込)

高品質な牛革製で、耐久性に優れているため長く使えるのが特徴です。

ベルト自体の厚さは8mmですが、腰部分はさらに厚い18mmとなっており、ホールド力や保護力に優れています。

また、金属部分はすべてステンレス鋼を使い、カビなどによる劣化防止に効果的。

長さは10段階で調節できるため、トレーニングで体型が変わっても問題なく使用できます。

ウエイトトレーニングベルトの詳細
メーカーMotomo
サイズ展開S/M/L
参考価格2,490円(税込)
トレーニングベルト
画像:amazon.co.jp
3位
Harbinger

トレーニングベルト

参考価格5,400円(税込)

背中側が約12.7cmとワイドなトレーニングベルトで、腹部や腰回りだけでなく背中までしっかりサポートしてくれます。

頑丈なステンレスローラーバックルに加え、強力なテープ式のベルクロを採用しているため、しっかり腹圧をかけることができ、体幹を効果的に強化。

また、ベルトの内側には肌触りのよいトリコット布地を使用しているので、快適にトレーニングが行えます。

体へのフィット感が高く、高重量を使ったスクワットやデッドリフトなどで活躍してくれるでしょう。

トレーニングベルトの詳細
メーカーHarbinger
サイズ展開S/M/L
参考価格5,400円(税込)
パワーベルト pk770
画像:amazon.co.jp
4位
king2ring

パワーベルト pk770

参考価格5,980円(税込)

腰部分から腹部にかけて形状が崩れないように設計された、形状記憶タイプのトレーニングベルト。

2重のベルクロタイプのため、腹部をしっかりとホールドし、腹圧が逃げにくいのが特長です。

さらに腰部分には保護用のパッドが入っており、背中や腰に不安がある方でも安心してトレーニングができます。

重さ約130gの軽量モデルで、ジムへの持ち運びが負担になりません。

パワーベルト pk770の詳細
メーカーking2ring
サイズ展開S/M/L
参考価格5,980円(税込)
リフティングベルト 4004
画像:amazon.co.jp
5位
Schiek

リフティングベルト 4004

参考価格7,980円(税込)

一般的なトレーニングベルトより、体のラインに沿ってしっかりとフィットする形状で作られているため、より快適にトレーニングができるのが魅力。

下背部にはパッドを取り入れているため、腰や仙骨部分の安定性をしっかりキープすることができます。

また、締め付けはベルクロで簡単に調節できるので、もっとも最適な強度でトレーニングをサポートしてくれるでしょう。

折り畳み式なので、持ち運び用として最適です。

リフティングベルト 4004の詳細
メーカーSchiek
サイズ展開XS/S/M/L/XL
参考価格7,980円(税込)
ブラックレザーベルト G3367
画像:amazon.co.jp
6位
GOLD’S GYM

ブラックレザーベルト G3367

参考価格5,400円(税込)

初心者におすすめしたいベーシックデザインのトレーニングベルト。

腹圧を高めることで体幹が強化され、トレーニング時に腰が曲がりにくくなるため、腰痛防止にも効果的です。

「トレーニングベルトで迷ったらこれを買うべき」「ベルトが分厚くホールド力が高い」など高評価を獲得しており、初めてのトレーニングベルトとして人気を集めています。

ブラックレザーベルト G3367の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開XS/S/M/L
参考価格5,400円(税込)
トレーニングベルト 3点セット
画像:amazon.co.jp
7位
Zenoplige

トレーニングベルト 3点セット

参考価格3,580円(税込)

トレーニングベルト・膝サポーター・リストラップと、筋トレに必須の3点セットです。

これからウェイトトレーニングを始めようと思っている方や、単品だとどれを選べばいいか迷ってしまう方におすすめ。

人体工学に基づいて設計されたトレーニングベルトは、腰部分に厚さ3cmのクッションを入れているため、腰回りをしっかりと保護してくれます。

トレーニングベルト 3点セットの詳細
メーカーZenoplige
サイズ展開S/M
参考価格3,580円(税込)
パワーベルト pk350
画像:amazon.co.jp
8位
king2ring

パワーベルト pk350

参考価格9,800円(税込)

ホール穴10個 、1.5cm間隔でサイズの調整ができるため、使い勝手がいいのが魅力。

素材には本革を使用した2本ピンタイプなので、腹圧をしっかりとかけることができ、体幹をしっかり強化してくれます。

また、ステッチは強度の高いナイロン糸で2重縫いされているため、破損などのトラブルをしっかりと防止。

取り外しも簡単なので扱いやすく、初心者にも最適なトレーニングベルトです。

パワーベルト pk350の詳細
メーカーking2ring
サイズ展開XS/S/M/L
参考価格9,800円(税込)
EXレザーベルト G3322
画像:amazon.co.jp
9位
GOLD’S GYM

EXレザーベルト G3322

参考価格8,640円(税込)

最高級レザーを使用し、エンボスロゴがあしらわれたおしゃれなトレーニングベルト。

2本ピンタイプで腰回りをしっかりと固定してくれるため、怪我や腰痛防止はもちろん、トレーニング時のブレを防いで、パフォーマンスアップに効果を発揮してくれます。

また、比較的柔らかい革を使用しているので扱いやすいのが特徴。体にフィットしやすいため、女性にもおすすめです。

EXレザーベルト G3322の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開XS/S/M/L/XL
参考価格8,640円(税込)
レザーウエイトリフティングベルト
画像:amazon.co.jp
10位
adidas

レザーウエイトリフティングベルト

参考価格4,860円(税込)

高品質な牛革を使ったタフなベルトで、体幹部をしっかりと固定してくれます。

腰にあたる部分にはクッションが入っているため、腰への負担軽減や怪我防止に効果的。

2本ピンタイプなので安定性が高く、腰回りをしっかりとサポートしてくれます。

また、耐久性の高いダブルステッチを採用しており、長期間使用しても劣化しにくいのが魅力です。

レザーウエイトリフティングベルトの詳細
メーカーadidas
サイズ展開M/L/XL
参考価格4,860円(税込)

トレーニングベルトの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、トレーニングベルトの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのトレーニングベルト売れ筋ランキング楽天のトレーニングベルト売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのトレーニングベルト売れ筋ランキング

牧野仁の人気記事

牧野仁の新着記事

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

カテゴリから探す