トレーニンググローブおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

ウェイトトレーニングをする際に、手のひらを保護したりグリップをサポートしたりしてくれる“トレーニンググローブ”。

トレーニングの内容によっては、鍛えたい部位に効いてくるよりも先に疲労で握力がなくなってしまうこともあるため、ダンベルなどを使用するときは着用するに越したことはありません。

しかし、一口にトレーニンググローブといっても、手首をしっかりと固定できるバンドつきのものや、手のひら部分に厚手のクッションが内蔵されているものなどデザインは様々です。

そこで今回は、マラソン完走請負人でパーソナルトレーナーとしてもご活躍中の牧野仁さんに、おすすめのトレーニンググローブについてお話を伺いました。

後半ではIPPING編集部が調査したトレーニンググローブを選ぶときのポイントと、口コミやレビューで人気の製品をランキング形式でご紹介します。

最終更新日:2019年8月16日
牧野仁

牧野仁 のプロフィール

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナルトレーナーとしても活躍。Japanマラソンクラブ代表。著書『目からウロコのマラソン完走新常識』ほか。WEB『ビギナーランニングマガジン』

この専門家の他の記事を見る

1.パーソナルトレーナーおすすめのトレーニンググローブ

まずは、牧野仁さんがおすすめするトレーニンググローブをご紹介します。

パフォーマンスクライマクールグローブ 2018年モデル

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
adidas

パフォーマンスクライマクールグローブ 2018年モデル

参考価格2,700円(税込)

通気性の良いClimacoolテクノロジー採用のパフォーマンスシリーズ。手のひらには人間工学に基づいて広範囲にパットを配置しています。

ベルクロ仕様で手首のホールド力を調節しやすいだけでなく、親指部分にはタオル材を使用して汗を拭きやすくするなど細部にまでこだわっているのがさすがの一言。

グリップ力の保持と手のひらの保護を目的としているため、様々なトレーニングに使用できるオールラウンドモデルといえるでしょう。

他にも速乾性に優れたエッセンシャルシリーズ、グリップ力を強化したエリートトレーニングシリーズなど、目的に合わせて最適な機能を選べます。

牧野仁さんレビュー

牧野仁
どんなトレーニングでも、手のひらをしっかりサポートしてくれます。ダンベルやバーベルのみならず、マシンを使う時でも力を発揮しやすいのでおすすめです。
トレーニンググローブの詳細
メーカーadidas
サイズ展開S/M/L
参考価格2,700円(税込)
リストストラップ G3500

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
GOLD’S GYM

リストストラップ G3500

参考価格1,944円(税込)

手首にぐるっと巻いた後、余った部分を先端のループに通してから、バーなどに巻き付けて使用します。

主に高重量を使ったトレーニングに使用するもので、グリップではなく握力のサポートが目的です。

前腕部の張りを軽減してくれるため、疲労を気にせず鍛えたい部位に集中することができるでしょう。

特に背中のトレーニングに効果的なので、ローイングやデッドリフト、チンニングなどの種目におすすめです。

牧野仁さんレビュー

牧野仁
グローブだと汗をかきますし、着用していると違和感が気になるという方におすすめです。ストラップで固定すると握力が落ちてもトレーニングが続けられますし、手のひらのマメの予防にも効果的。

個人的にはグローブよりもストラップ派なので、皆さんもぜひ使ってみてください。

リストストラップ G3500の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開フリー
参考価格1,944円(税込)

2.トレーニンググローブの選び方

プロのおすすめがわかったところで、トレーニンググローブ選びのポイントを3つご紹介します。

おしゃれなデザインのものの方がモチベーションは上がりますが、あくまでトレーニングのサポートが目的なので、機能性重視で選ぶようにしましょう。

握力のサポートができるものを選ぶ

トレーニンググローブは指先まで覆われているものやハーフフィンガー(指の第2関節まで)のもの、手のひら部分に厚みがあるものやないものなど様々な種類があります。

これはトレーニング内容によって求める機能が異なるためですが、大前提はグリップ力の保持(握力のサポート)であることを覚えておきましょう。

また、高重量を扱う種目では手のひらに大きなストレスがかかりますので、マメや怪我を予防するといった効果もあります。

保護効果が欲しいなら手のひらにクッションがついているモデル、グリップ力だけが欲しいなら薄いモデルを選ぶようにしましょう。

牧野仁さんコメント

牧野仁
グローブの有無はトレーニング効率に大きく影響します。特にデッドリフトなど高負荷の種目は手のひらにストレスがかかり、マメができやすいです。

その予防のためにも必要ですので、しっかり着用するようにしましょう。

リストラップ付きを選ぶ

ストラップ付きグローブ

トレーニング内容によっては、グローブの手首にあたる部分にリストラップがついているグローブがおすすめ。

これは手首を固定してパワーロスや怪我を防ぐのが目的ですが、ウェイトを扱うのであればストラップがついているに越したことはありません。

特にトレーニング初心者の方などは手首を痛めやすい傾向にありますので、安全にトレーニングを行うためにもリストラップ付きのものを使用しましょう。

サイズ選びは慎重に

トレーニンググローブ選びに置いて、最も重要なのがこのサイズ選びです。

大きすぎず小さすぎず、できる限りジャストサイズのものを使用するようにしましょう。

通販で購入する場合には手のひらのサイズをきちんと計測して、商品ページに記載のサイズ表を参考にして決めることをおすすめします。

サイズが小さいと手が入りませんし、逆にサイズが大きいとグローブがずれてしまってしっかりグリップできません。

怪我の原因にもなりますので、多少高くても店舗などの試着ができる環境で購入するのがベターです。

種目によっては、バンドタイプやストラップタイプも

トレーニング内容によっては通常のグローブタイプだけでなく、バーに巻き付けて使用するバンドタイプやストラップのみが有効なケースがあります。

代表的な種目にデッドリフトがありますが、ストラップのみの場合はグローブよりもパワーを発揮しやすいです。

また、高重量を扱うと疲労で握力が先になくなってしまうことがあり、目的の筋肉に効かせる前にトレーニングができなくなることも。

そんな時にはバンドタイプが有効ですので、トレーニングに慣れて高重量が扱えるようになったら種目に合わせて使い分けするようにしましょう。

牧野仁さんコメント

牧野仁
手のひらにマメが出来やすいウェイトトレーニングではグローブが必須です。

しかし、デッドリフトなどの場合はバンドタイプが使いやすいので、より力が発揮できるタイプを選ぶようにしましょう。

3.トレーニンググローブの人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けするトレーニンググローブ人気ランキングをご紹介します。

ウェイトリフティンググロー ブ メッシュ仕様

画像:amazon.co.jp
1位
GW SPORTS

ウェイトリフティンググロー ブ メッシュ仕様

参考価格1,580円(税込)

ウェイトを使ったトレーニングに最適な、厚めのクッションを内蔵したトレーニンググローブ。

手の甲側には通気性に優れたメッシュ素材を使用しているため、トレーニング中でも蒸れにくく快適な状態をキープできます。

リストラップ付きで手首のサポートにも対応。これからトレーニングを始めようとしている方にもおすすめです。

ウェイトリフティンググロー ブ メッシュ仕様の詳細
メーカーGW SPORTS
サイズ展開S/M/L/XL
参考価格1,580円(税込)
パワーグローブ
画像:amazon.co.jp
2位
Harbinger

パワーグローブ

参考価格2,484円(税込)

数々のウェイトリフティング用品をリリースしている『Harbinger』の、シンプルで機能的なトレーニンググローブです。

手のひらだけでなく、親指付け根にも擦れを防止するレザーパーツを配置。手のひら全体を保護して、マメができるのをしっかりと防いでくれます。

手の甲側には伸縮性に優れた素材を使用しているのでフィット感は抜群。おしゃれなトレーニググローブをお探しの方におすすめです。

パワーグローブの詳細
メーカーHarbinger
サイズ展開S/M/L/XL
参考価格2,484円(税込)
トレーニンググローブ リストストラップ付き
画像:amazon.co.jp
3位
GW SPORTS

トレーニンググローブ リストストラップ付き

参考価格1,280円(税込)

リストラップに加えて、手の甲側にラバーサポーターを配置した高機能トレーニンググローブ。

手のひら側にはグリップ力抜群の特殊ゲル素材を採用。クッション性も高いので様々なトレーニングに使用できます。

伸縮性が高く動かしやすいので、メニューにダンベルを使った種目がある方や、着用時のゴワゴワ感が気になる方におすすめです。

トレーニンググローブ リストストラップ付きの詳細
メーカーGW SPORTS
サイズ展開S/M/XL
参考価格1,280円(税込)
ウェイトトレーニング用グローブ

画像:amazon.co.jp
4位
HOTARU

ウェイトトレーニング用グローブ

参考価格1,480円(税込)

クッション性が高いトレーニンググローブで、高重量を扱っても絶対にマメを作りたくないという方に最適です。

ただし、クッション性が高いゆえに握りにくいので、ダンベルトレーニングやチンニングなどにはあまり向いていません。

可動部分には伸縮性の高い素材を採用していますが、それ以外の部分は二重で補強するなど耐久性が高いため、ハードなメニューでも安心して使用できます。

ウェイトトレーニング用グローブの詳細
メーカーHOTARU
サイズ展開S/M/L/XL
参考価格1,480円(税込)
トレーニンググローブ
画像:amazon.co.jp
5位
Zenoplige

トレーニンググローブ

参考価格1,380円(税込)

手首を痛めやすいという方におすすめのトレーニンググローブで、一般的なものよりもワイドなリストラップが採用されています。

親指付け根までクッションパッドを内蔵しており、マメを予防しながら疲労で握力が減少するトレーニング後半でも握力をしっかりとサポート。

高い機能性にくわえてピンクやライトブルーといったパステルカラーが選べるので、女性トレーニーからも高評価を獲得しています。

トレーニンググローブの詳細
メーカーZenoplige
サイズ展開S/M/L/XL
参考価格1,380円(税込)
スポーツグローブ
画像:amazon.co.jp
6位
Greatever

スポーツグローブ

参考価格1,377円(税込)

ハーフフィンガーデザインの滑り止め付きグローブで、ウェイトトレーニングだけでなくアウトドアやサイクリング用としても使用できます。

手の甲側は伸縮性の高い素材を使用していますが、親指部分だけはタオル生地を使用しているため汗拭きとして使用可能です。

リストラップこそついていないもののフィット感は抜群なので、マシンを使ったトレーニングで使用するといいでしょう。

スポーツグローブの詳細
メーカーGreatever
サイズ展開S/M/L/XL
参考価格1,377円(税込)
フラップ付きトレーニンググローブ 改良版

画像:amazon.co.jp
7位
One-JP

フラップ付きトレーニンググローブ 改良版

参考価格2,998円(税込)

手首をしっかりと固定するための、ワイドリストラップがついたトレーニンググローブです。

手のひらのクッションパッドは厚みがあり、余計な力が入りやすいトレーニング初心者のマメ予防に効果的。

しっかりした作りなので安心して使用できますが、着用時のゴワゴワ感が少し気になるかもしれません。

少し大きめの作りなので、サイズ表をしっかり確認して選ぶようにしましょう。

フラップ付きトレーニンググローブ 改良版の詳細
メーカーOne-JP
サイズ展開M/L/XL
参考価格2,998円(税込)
ウェイトリフティンググローブ
画像:amazon.co.jp
8位
Unigear

ウェイトリフティンググローブ

参考価格1,599円(税込)

おしゃれかつ機能的なトレーニンググローブをお探しの方にイチオシのモデル。

トレーニング用のグローブでは珍しく、手の甲側に大胆なプリントが施されているのが特徴です。

手首保護に有効なリストラップや、クッション性が高い滑り止めを採用しているため、初心者から上級者までレベルを問わず快適に使用できます。

「少し小さめ」というレビューが多く見受けられるので、不安な方はワンサイズ大きめを購入するようにしましょう。

ウェイトリフティンググローブの詳細
メーカーUnigear
サイズ展開S/M/L
参考価格1,599円(税込)
プロトレーニンググローブ G3402

画像:amazon.co.jp
9位
GOLD’S GYM

プロトレーニンググローブ G3402

参考価格5,400円(税込)

トレーニーの間で知らない人はいないであろう『GOLD’S GYM』のトレーニンググローブです。

価格はやや高めですが、デザイン性と機能性の高さには定評があり、人間工学に基づいた立体設計で着用感も抜群の仕上がりとなっています。

『GOLD’S GYM』はトレーニング用品全般を展開しているので、「同メーカーで一式そろえたい」という“こだわり派”にもおすすめです。

プロトレーニンググローブ G3402の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開M/L/XL/XXL
参考価格5,400円(税込)
レザーグローブ G3401

画像:amazon.co.jp
10位
GOLD’S GYM

レザーグローブ G3401

参考価格3,780円(税込)

手のひら部分が厚めの設計になっている、ハーフフィンガーデザインのトレーニンググローブ。

本革を使用しているため使うほどに馴染んできますが、洗濯できないというのが最大のデメリットといえるでしょう。

胸や肩を鍛えるプレス系のトレーニングに最適で、『GOLD’S GYM』製という安心感があるのもポイントです。

レザーグローブ G3401の詳細
メーカーGOLD’S GYM
サイズ展開M/L
参考価格3,780円(税込)

トレーニンググローブの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、トレーニンググローブの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのトレーニンググローブ売れ筋ランキング楽天のトレーニンググローブ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのトレーニンググローブ売れ筋ランキング

牧野仁の人気記事

牧野仁の新着記事

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

鎌田妹

鎌田妹

日本毛髪科学協会、毛髪認定講師。毛髪診断士として、薄毛に悩む男性のための美容院『INTI(インティ)...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

カテゴリから探す