加湿器おすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

「冬は喉がガサガサする」「朝起きると肌がカサカサ」「鼻が詰まりやすい」といったようなお悩みは加湿器を利用することで改善できるかもしれません。

今や定番の家電として定着した加湿器は、種類も豊富でお値段も幅広くどれを選んだら良いのか迷ってしまいやすいです。

そこで、様々なデジタル機器や家電に精通し、多数の雑誌やWEBなどで執筆経験のある「デジタル家電ライター」のコヤマタカヒロさんから、お洒落で機能性抜群な加湿器をお聞きしました。

さらに、「加湿器の選び方」とレビュー評価をもとに作成した「人気ランキングTOP20」も併せてご紹介いたします。

最終更新日:2019年2月26日
413 views
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.コヤマタカヒロさんおすすめの加湿器

まずは、コヤマタカヒロさんおすすめの加湿器をご紹介します。

画像:amazon.com
プロの
おすすめ
BALMUDA

Rain 

ERN-1100SD-WK
参考価格46,440円(税込)

お洒落な花瓶のような形状ですが、れっきとした加湿器です。クラシカルなデザインはこだわりのあるインテリアにも馴染んでくれるでしょう。

使用する際も、上から水を注ぐだけで給水できるので簡単です。そして使いやすさだけでなくその機能性も申し分ありません。

まず、この製品は空気を取り込んで酵素フィルターを通すことで「除菌」し、安全な湿度を含んだ空気を部屋に送り込みます。気化式での加湿なので、蒸気が熱くならず、小さなお子さんがいる家庭でも使いやすいでしょう。

さらに、こちらは専用アプリをダウンロードすることでスマートフォンから操作できます。外出先で帰宅前に部屋を加湿しておいて欲しいときなどにとても役立つ機能です。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ

この加湿器はとにかくデザインが良いですね。大きめの花瓶のようなデザインで、部屋に馴染みやいので私は置きっ放しにしています。

こちらは湿気った空気を散布する気化式タイプで、自然に加湿するため、加湿力はそれほど強くはありませんが、1年通して自動的に同じ湿度に保ってくれるので楽です。

強力な加湿をお求めならスチーム式が良いのですが、その分電気代が高いので要注意です。

BALMUDA Rainの詳細
メーカーバルミューダ
サイズ(直径)35cm×(縦)37.4cm
メーカー希望小売価格46,440円(税込)

2.加湿器の知っておきたい基礎&選び方

続いては、加湿器の基礎と選び方について解説していきます。意外と知られていない加湿器の効果や、選ぶ際に注目するべきポイントをご紹介していきますので参考にしてください。

加湿器のメリット

加湿器は今や家電量販店や雑貨屋など色々な店舗で見られるようになりましたが、そもそも加湿器を利用することによるメリットとはどんなものなのかをご説明します。

加湿器のメリットは大きく分けると以下の4点です。

  • 乾燥を防ぐ
  • 静電気を発生しにくくする
  • 埃やハウスダストの飛散を防ぐ
  • インフルエンザなどのウイルスの活動を抑える

加湿器は蒸気を発生させて湿度を上げる機械です。それにより、乾燥や静電気を防ぎ、埃などが部屋に舞ってしまわないようにすることができます。

つまりは、「部屋を快適な環境にする」ための機械であると言えるでしょう。その他にもウイルスの活動を抑えて風邪をひきにくくしてくれるというメリットまであります。

適切な湿度は「不快指数」を基準にすると良い

加湿器の使い方の説明などで「適切な湿度は60%以上」という意見が多いのですが、一概にそうとは言い切れません。なぜなら同じ湿度でも、「気温」とのバランスで感じ方が違うからです。

人が快適と感じる空間は、湿度と気温のバランスで決まるものです。ちょうど良いバランスの基準となるのが「不快指数」というもので、読んで字のごとく人が不快に感じる値を測定するための計算式です。

不快指数は以下の計算式で算出します。

  • 0.81T + 0.01H × (0.99T – 14.3) + 46.3=DI

 T=気温、H=湿度、DI=不快指数

例えば、気温28度と湿度60%で計算すると83という不快指数が出ます。この数字を以下の項目に当てはめてみます。

不快指数体感
54以下寒い
55〜59肌寒い
60〜64何も感じない
65〜74快適
65〜79やや暑い
80〜84暑い
85以上暑すぎる

上記の表を見るとわかるように、気温28度の空間に60%の湿度では暑く感じてしまうようで、快適とは言えません。

気温28度なら、30〜40%の湿度が望ましいです。部屋のエアコンと加湿器を使うたびにこのような計算をするのは億劫なので、よく設定するエアコンの温度に合わせた湿度を算出してメモしておけば、迷うことなく適切な湿度を設定できます。

参考サイト:電気設備の知識と技術.com

加湿器を使用する上での注意点

加湿器を使用する上での注意点は、以下の3点です。

  • 過度な加湿はカビや結露の原因となる
  • 蒸気に近づきすぎるとかえって乾燥する
  • 必ず水道水を使用する

加湿器は水蒸気を噴出するものですが、この水蒸気が壁や窓に付着しすぎると結露やカビの要因となります。そのため、「寝る前は加湿器を消しておく」「加湿器はなるべく部屋の真ん中におく」と言ったような方法で加湿しすぎないように気をつけましょう。

スチーマーであるため、顔などに直接当てると良さそうに思えるかもしれませんが、かえって肌の水分が蒸発しやすくなり乾燥を招くので逆効果です。また、噴出口付近が熱を持っているものもあるので火傷の危険があります。

最後に、加湿器に使用する水が水道水であるべき理由についてです。水道水は塩素殺菌処理がなされているため「雑菌が繁殖しにくい」という特徴があります。飲み水として販売されているミネラウォーターにはそのような加工はされていないので、加湿器のタンク内が雑菌だらけになってしまう恐れがあります。

加湿器の選び方

それでは、加湿器の選び方について解説していきます。加湿器は大きく分けると4つの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあるのでそれぞれご紹介いたします。

スチーム式のメリット・デメリット

加湿器の中でも一般的なタイプがスチーム式です。ヒーターで、水を沸騰させてその蒸気を排出することで加湿します。

スチーム式のメリット・デメリットは以下のようなものです。

メリットデメリット
加湿のスピードが早い消費電力が多い
価格がリーズナブル湯気が熱い

スチーム式は種類も豊富なので価格に幅があり、リーズナブルなものが数多くあります。さらに他のタイプに比べても、加湿するスピードが早いのがメリットです。

その反面、消費電力が多いので電気代がかかります。沸騰させた水の蒸気なので湯気や排出口付近が熱くなり、火傷の原因となり得るのが難点です。小さなお子さんがいる部屋には不向きかもしれません。

気化式のメリット・デメリット

気化式は、水を含ませたフィルターに風を通すことで湿った空気を放出させて加湿するタイプのものです。

気化式のメリット・デメリットは以下のものです。

メリットデメリット
火傷の心配がないカビが繁殖しやすい
消費電力が少ない加湿スピードが遅い

気化式は水を沸騰させないので、消費電力が少なく長時間加湿器を作動させる部屋向きです。火傷の心配がないので、子供部屋などにも置いておきやすいでしょう。

ただ、水を沸騰させないためスチーム式よりは加湿スピードは遅い傾向にあります。タンクにカビや雑菌が繁殖しやすいので、定期的なお手入れを要します。

超音波式のメリット・デメリット

超音波式は、超音波の振動で水を水蒸気に変えるタイプのものです。

超音波式のメリット・デメリットは以下のようなものです。

メリットデメリット
消費電力が少ない結露の原因になりやすい
小型のものもある雑菌が繁殖しやすい

超音波式は加湿スピードは早いのですが、その割に消費電力が少ないのがメリットです。さらに構造上、小型化しやすいので机の上に置けるような製品も数多くあります。

しかし、水蒸気の粒子が他のタイプよりも大きいため、水滴となり結露の原因となりやすいです。気化式と同じく、タンク内の衛生面も気を使わなければなりません。

ハイブリッド式のメリット・デメリット

水を吸い上げたフィルターに、ヒーターによって温められた風を当てて加湿するタイプのものです。スチーム式と気化式両方の仕組みを利用したものと言えるでしょう。

さらに、ヒーターで温めた水を超音波でミスト化する、スチーム式と超音波式のハイブリットのものもあります。

ハイブリット式のメリット・デメリットは以下のものです。

メリットデメリット
消費電力が少ないやや割高
加湿スピードが早い大型になる

加湿スピードが早い上に消費電力が少ないという気化式の弱点を克服しているのが、ハイブリット式のメリットです。

しかし、そのぶ分やや価格が高い傾向にあり、サイズも大きくなるので置く部屋を選ぶかもしれません。

その他のポイント

続いては加湿器選びにおけるその他のポイントをご紹介します。製品説明やレビューなどで、以下のポイントに注目してみてください。

適用畳数

適用畳数というのは、「加湿器に適した部屋の大きさを示す指標」のことです。つまりは、この適用畳数が大きければ大きいほど広い部屋に対応してくれるということです。

シンプルに「適用畳数:6〜8畳」といったような表示があればわかりやすいですが、「300ml/h(加湿量の単位)」という表記の場合もあります。

その場合は以下の表を参考にしてください。

加湿量適用畳数
300ml/h木造和室5畳・プレハブ洋室8畳
400ml/h木造和室7畳・プレハブ洋室11畳
500ml/h木造和室8.5畳・プレハブ洋室14畳
600ml/h木造和室10畳・プレハブ洋室17畳
700ml/h木造和室11畳・プレハブ洋室18畳
800ml/h木造和室13.5畳・プレハブ洋室22畳
100ml/h木造和室17畳・プレハブ洋室28畳

お手入れのしやすさ

加湿器は密閉性の低いタンクに水を長時間入れておくものです。特にスチーム式やハイブリット式以外は、水に熱を加えないのでとりわけタンク内に雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため、「お手入れのしやすさ」は重要なポイントです。タンクを取り外して丸洗いできるような仕様が望ましいでしょう。

本体サイズ

先ほど述べましたが、加湿器は部屋の中央付近に置いて稼働させるのが望ましいです。そのため、常に置いておくならなるべく省スペースのものが良いでしょう。

加湿する時だけ移動させるなら、重量も考慮しましょう。

付加機能

最近の加湿器は、ただ加湿するだけなく除菌や殺菌、消臭機能などが付属しているものもあります。さらに湿度を自動的にコントロールしてくれたり、アロマを一緒に噴出させたりする機能もあります。

予算に余裕があれば、このような付加機能にも注目してみましょう。

3.タイプ別!加湿器の人気ランキング20選!

それでは、レビュー評価をもとに作成した加湿器の人気ランキングをご紹介します。加湿器の種類ごとにランク付けしていますので参考にしてください。

スチーム式加湿器TOP5

まずは、強力な加湿力が魅力のスチーム式のランキングです。

画像:amazon.co.jp
1位
アイリスオーヤマ

加熱式加湿器 

SHM-120D-C
参考価格2,022円(税込)

こちらの製品は、わずか2,000円台というリーズナブルな価格と、スチーム式には珍しい卓上に置けるコンパクトなサイズ感が魅力の一品です。

加湿力が120ml/hなので、およそ2畳〜4畳程度の適用畳数です。一部屋丸ごと加湿するにはやや物足りませんが、サイズが小さいので食卓やリビングテーブル周辺などに置き、一定空間の湿度調整に適しています。

また、アロマトレーが付いているのでアロマオイルを垂らせば加湿とともに香りも一緒に楽しめます。ベッド周辺や、勉強・仕事用デスクに置いておくのもおすすめです。

レビューでは小型軽量な点が特に好まれていて、寝室用として使用されている方が多いようです。

アイリスオーヤマ 加熱式加湿器 SHM-120D-Cの詳細
メーカーアイリスオーヤマ
サイズ(横幅)11.5cm×(奥行き)20.2cm×(高さ)22.3cm
メーカー希望小売価格2,022円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
TWINBIRD

加湿器 

SK-4974W
参考価格1,780円(税込)

こちらの加湿器も軽量かつコンパクトなサイズ感なので、卓上に置いて使用することをおすすめします。

サイズは小さめですが、約8時間連続で稼働してくれるので見た目以上にパワーがある一品です。説明書を読まなくても直感的に使いやすいデザインなのも魅力です。

こちらの製品もアロマトレーが付いているので、加湿とともにアロマの香りも楽しめます。寝室用としてもおすすめできます。

製品説明では適用畳数はおよそ3畳〜5畳程度ですが、レビューによると6畳のお部屋でも十分に加湿してくれているようです。

TWINBIRD 加湿器 SK-4974Wの詳細
メーカーツインバード工業
サイズ(横幅)14cm×(奥行き)21.5cm×(高さ)22.5cm
メーカー希望小売価格1,780円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
VICKS

加湿器 

V750
参考価格6,039円(税込)

スタイリッシュなデザインが魅力のこの加湿器は、5畳〜8畳程度の適用畳数なので寝室用としてピッタリな一品です。

タンク容量が4リットルと大容量で連続稼働時間が12時間なので、長時間お部屋を加湿することができます。さらに水の量が目で見て確認できる透明タンクなので、空焚き防止にも繋がります。

こちらの製品なら、本来なら御法度の「寝ながら加湿する」こともできます。「おやすみモード」があるので加湿しすぎる心配がありません。

レビューによると、その加湿力の強さに定評があります。さらに動作音も静かなようです。

VICKS 加湿器 V750の詳細
メーカーヴィックス
サイズ(横幅)27cm×(奥行き)16cm×(高さ)32.7cm
メーカー希望小売価格6,039円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
象印

加湿器 

EE-RM50-WA
参考価格20,859円(税込)

電気ポットのようなこの加湿器は、およそ8畳〜13畳の適用畳数なのでリビングなどの大きな部屋にも向いている一品です。

操作性もシンプルで、3段階の調整ができます。さらに、水タンク一体型の広口の内容器なので水が注ぎやすく、使い勝手が抜群です。

タンクが取り外せないので衛生面が心配になりますが、こちらはタンク内にフッ素加工が施してあり、汚れがこびりつきにくくなっています。内部にメモリもついていて気が利いています。

レビューでは、その強力な加湿力に定評があります。ただ、動作音はやや大きいようで寝室用としてはおすすめできません。

象印 加湿器 EE-RM50-WAの詳細
メーカー象印
サイズ(横幅)24cm×(奥行き)26cm×(高さ)31.5cm
メーカー希望小売価格20,859円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
山善

スチーム式加湿器 

KS1-A083(A)
参考価格3,455円(税込)

爽やかなミントブルーのカラーと、ポップなデザインが可愛いこの加湿器は、軽量小型でお値段も手頃なのが魅力です。

加湿力は200ml/h程度とこのサイズ感にしては強力で、およそ4畳〜6畳程度の適用畳数を誇ります。タンクが透明なので水の量も確認しやすいです。

さらにアロマオイルケースも付いているので香りも一緒に楽しめます、さらに、水アカフィルターが付いているので衛生的です。

レビューでも、サイズの割にはしっかりと加湿してくれる点がとても好評です。ただし、タンクの取り外しができないのでお手入れがしにくいのがやや難点なようです。

山善 スチーム式加湿器 KS1-A083(A)の詳細
メーカー山善
サイズ(横幅)12cm×(奥行き)21.5cm×(高さ)20cm
メーカー希望小売価格3,455円(税込)

気化式加湿器TOP3

続いては、省エネルギーで安全性の高さが魅力の気化式加湿器のランキングです。

画像:amazon.co.jp
1位
Panasonic

加湿機 

FE-KXF15-W
参考価格45,486円(税込)

世界的に有名な電化製品メーカーである『パナソニック』の贈るこの加湿器は、お値段は高めですが機能性抜群な一品です。

まず適用畳数が25〜42畳と、リビングはもちろんオフィスや店舗などの業務用としても使用できるほど強力な加湿力を誇ります。

加えてマイナスイオンよりさらに小さな粒子の「ナノイー」を放出してくれるのでリラクゼーション効果も期待できます。省エネルギーでフィルターも約10年は交換不要と、ランニングコストが低く抑えられる点も魅力です。

レビューでも、その加湿力の強さが非常に好評で、決して安くはない価格ですが満足度が高いです。

Panasonic 加湿機 FE-KXF15-Wの詳細
メーカーパナソニック
サイズ非公開
メーカー希望小売価格45,486円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
積水樹脂

自然気化式ECO加湿器 

ULT-EL-GR
参考価格1,436円(税込)

まるでインテリアやデスク用のオブジェのようなデザインのこちらの加湿器は、「自然気化式」という珍しいタイプのものです。

自然気化式とは、電気を一切使用せず文字通り「自然」の湿った空気を放出してくれるものです。使い方は、森をモチーフにした蒸散紙を濡らして、ボトルに水をいっぱい入れるだけでセット完了です。

電気を使用した通常の加湿器に比べれば加湿力は弱いので、使いどころはデスク周りなどに限定されますが、サイズはコンパクトで場所をとらず価格もお手頃なのが魅力です。

レビューでもインテリアとして映えるデザイン性が好まれていて、加湿力も見た目以上にあるようです。

積水樹脂 自然気化式ECO加湿器 ULT-EL-GRの詳細
メーカー積水樹脂
サイズ(横幅)15cm×(奥行き)5.5cm×(高さ)17cm
メーカー希望小売価格1,436円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
SHARP

加湿器 

HV-F30-W
参考価格16,480円(税込)

スタイリッシュでお洒落なデザインのこの加湿器は、電化製品メーカーとして有名な『シャープ』の贈る一品です。

適用畳数は5畳〜8畳程度なので寝室などにピッタリな加湿力と言えます。分解できるのでお手入れも簡単で、衛生面も申し分ありません。

さらにこちらはWセンサーにより、お部屋の温度・湿度をチェックして加湿を「自動調整」してくれます。加湿のしすぎを防ぎ、電力も抑えてくれるので長時間の加湿も可能です。

レビューでも、その機能性は好評で「値段以上の機能性」という意見もあり、コストパフォーマンスの良さが伺えます。

SHARP 加湿器 HV-F30-Wの詳細
メーカーシャープ
サイズ(横幅)32.2cm×(奥行き)15.9cm×(高さ)31.6cm
メーカー希望小売価格16,480円(税込)

超音波式加湿器TOP7

続いては、コンパクトなサイズ感が魅力の超音波式加湿器のランキングです。

画像:amazon.co.jp
1位
メイキンサワ

加湿器

参考価格9,870円(税込)

こちらは超音波式の加湿器としてはやや大きめですが、卓上に置くにも不便のないサイズ感でデザインもお洒落です。

この製品の魅力は、3リットルの水が入る大容量なタンクと蒸気放出の方向を360度自由に調節できる点です。長時間の稼働と、広範囲の加湿が可能となります。

加えて湿度・温度センサー付きなので、最適な湿度レベルを保ちやすいです。リモコン付きなので遠距離操作も可能で、分解もできるのでお手入れも簡単です。

レビューでも超音波式とは思えないほどの加湿力の強さが非常に好まれています。

メイキンサワ 加湿器の詳細
メーカーメイキンサワ
サイズ非公開
メーカー希望小売価格9,870円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
ZNT

超音波式 アロマディフューザー 

ZNT-E201
参考価格2,880円(税込)

一見すると加湿器に見えないほど可愛らしいデザインのこの製品は、手のひらにも乗るほどサイズがコンパクトです。

こちらの製品は加湿だけでなくアロマデュフューザーの機能もあるので、お好きな香りのオイルをセットすればリラクゼーション効果も期待できます。

さらに点灯するので、ベットサイドライトとしても使えます。1時間と6時間の自動停止タイマーも付いているので、寝室用として申し分ない機能性と言えるでしょう。

レビューでは、やはりその可愛らしいデザインが大変好まれていて、ベッドサイドに置いている方が多いようです。

ZNT 超音波式 アロマディフューザー ZNT-E201の詳細
メーカーゼント
サイズ(横幅)14cm×(奥行き)14cm×(高さ)15cm
メーカー希望小売価格2,880円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Vacplus

アロマディフューザー

参考価格2,630円(税込)

木製の土台と丸みのあるフォルムがナチュラルでお洒落なこの加湿器は、加湿とベッドサイドライト、そしてアロマデュフューザーの3役をこなしてくれます。

ライトは7色が順番で切り替わるイルミネーションシステムに切り替えることができるので、インテリアとしてもとても良いです。お好みの色で固定することもできます。

さらに、連続稼働時間は約10時間と見た目以上にパワフルな点も魅力です。静音設計なので、眠りを妨げる心配もありません。

レビューでは、ホッコリするデザインとイルミネーション機能がとても好評です。

Vacplus アロマディフューザーの詳細
メーカーVacplus
サイズ(横幅)16.8cm×(奥行き)13cm×(高さ)12.9cm
メーカー希望小売価格2,630円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Tenswall

アロマディフューザー

参考価格2,680円(税込)

全体が木目調のナチュラルテイストで一風変わったデザインですが、れっきとした超音波式の加湿器です。

400mlの大容量なので、ベッドサイドからリビングまで幅広く対応してくれます。アロマデュフューザーの機能もあるので、香りも一緒に楽しめます。

中心の線のような部分はLEDライトとなっていて、さらに噴出口がぼんやりと光るようになっているのでイルミネーションとしても綺麗です。

レビューでは、アロマデュフューザーとしての機能性がとても好評で、しっかりと香りを噴出してくれるようです。

Tenswall アロマディフューザーの詳細
メーカーTenswall
サイズ非公開
メーカー希望小売価格2,680円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Joyhouse

加湿器 

P1SHYJSQHe
参考価格7,380円(税込)

こちらの製品は、超音波式の加湿器の中でもとりわけコンパクトなサイズ感で、携帯用としてもおすすめできる一品です。

USBから電気を取れるので卓上に置いてももちろん良いですが、車や仕事先のデスクなど外出先でも使いやすいでしょう。

さらに、稼働と休止を断続的に繰り返す運転モードがあり、それならおよそ16時間も稼働し続けてくれるのでベットサイド用としても申し分ありません。

レビューでも、携帯のしやすさが大変好まれていて、職場用として使われている方もたくさんいらっしゃいます。

Joyhouse 加湿器 P1SHYJSQHeの詳細
メーカージョイハウス
サイズ非公開
メーカー希望小売価格7,380円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ottostyle.jp

超音波加湿器 uruoi+ 

a09815
参考価格2,980円(税込)

スタイリッシュなデザインのこの加湿器は、4Lの大容量タイプなのでリビングなどの広いお部屋用としてもお使いいただけます。

タンクも透明なので残量が確認しやすいのが魅力です。さらに噴出口が360度回転するので、広範囲での噴出が可能で壁際に設置してもお使いいただけます。

超音波式は衛生面でやや不安のあるタイプなのですが、こちらは水質洗浄カートリッジでその点を改善しています。

レビューによると、加湿機能は申し分ないようです。ただ個体差でやや耐久性にムラがありそうなのが難点です。

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+ a09815の詳細
メーカーottostyle.jp
サイズ(横幅)22cm×(奥行き)15cm×(高さ)36cm
メーカー希望小売価格2,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
WERPOWER

アロマディフューザー

参考価格3,299円(税込)

こちらは、南国のリゾートホテルに置いてありそうなデザインで、一見すると加湿器に見えないお洒落インテリア用品としてもお使いいただける一品です。

やや大型ですが対応畳数が5畳〜8畳程度と、サイズの割には非常に強い加湿力を誇る製品でもあります。

7色に変化するLEDライトとアロマデュフューザー機能により、リラクゼーションアイテムとしてもお使いいただけます。

レビューでは、そのデザイン性がとても好まれています。機能性も申し分ないようで、満足度が高いです。

WERPOWER アロマディフューザーの詳細
メーカーWERPOWER
サイズ(横幅)17.2cm×(奥行き)17.2cm×(高さ)10.2cm
メーカー希望小売価格3,299円(税込)

ハイブリッド式加湿器TOP5

続いては、省エネルギーで加湿力のあるハイブリッド式加湿器のランキングです。

画像:amazon.co.jp
1位

エレス L’s Humidifier

ハイブリッド式加湿器

参考価格9,504円(税込)

スタイリッシュなデザインが特徴のこの加湿器は、スチームで温めた水を超音波で放出するハイブリッド式の製品です。

ハイブリット式の割には小型で省スペースな点が魅力で、分解洗いができるのでお手入れも簡単です。抗菌カートリッジも付いているので、衛生面は申し分ありません。

LEDのタッチパネル式の操作ボタンなので、デザイン性の高さを損なわずに優れた利便性を実現しています。部屋が暗くても簡単に操作できるので、寝室用としてもおすすめです。

レビューでもその加湿力は評判で、動作音も静かなようです。

エレス L’s Humidifier ハイブリッド式加湿器の詳細
メーカーL’s Humidifier
サイズ(横幅)20.6cm×(奥行き)20.6cm×(高さ)30.3cm
メーカー希望小売価格9,504円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
PRISMATE

アロマハイブリッド加湿器 

Tall-H BBH-62-GY
参考価格7,020円(税込)

シンプルながらもどこかポップな雰囲気のあるこの加湿器は、大きくなりがちなハイブリット式とは思えないほどコンパクトで卓上にも置ける点が魅力です。

こちらは、スチームと気化式のハイブリッドタイプですが、ボタン一つで通常の超音波式に切り替えられる2way仕様です。

急速に加湿したいときは超音波、湿度が高まってからハイブリットモードに切り替えといったような使い分けができます。アロマ機能も付いているのでリラクゼーション効果も期待できる一品です。

レビューでも、省スペースながらも抜群の機能性がとても好評です。

PRISMATE アロマハイブリッド加湿器 Tall-H BBH-62-GYの詳細
メーカーPRISMATE
サイズ(直径)17.5cm×(高さ)32.7cm
メーカー希望小売価格7,020円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
AL COLLE

ハイブリッド式加湿器 

ASH-601/W
参考価格9,980円(税込)

こちらは一見するとお洒落なスピーカーのような形状ですが、れっきとした超音波とスチームのハイブリッド式加湿器です。

適用畳数は8〜14畳と広い部屋にも対応していて、6Lの大容量タンクで12時間以上の連続稼働を可能にするパワフルな一品です。

アロマボックス付きで、マイナスイオン発生器も搭載しているのでリラクゼーション効果も高く、湿度調整も細かくできます。

レビューでも、「お値段以上の機能性」という意見もあり、コストパフォーマンスの良さが伺えます。

AL COLLEハイブリッド式加湿器 ASH-601/Wの詳細
メーカーAL COLE
サイズ(横幅)19cm×(奥行き)27.5cm×(高さ)32.5cm
メーカー希望小売価格9,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
d-design

ハイブリッド式加湿器 

DKHT-351MWH
参考価格17,150円(税込)

こちらは超音波とスチームのハイブリッドタイプです。大型ですが、インテリアに映えるデザインなので、あえて目立つところに置いておきたい一品です。

適用畳数が6〜10畳とパワーは十分なので、リビング用としておすすめです。高さはありますが横幅はスリムなので意外と省スペースでスッキリと収まります。

操作性はシンプルで使いやすく、ミストは4段階で調節可能。アロマボックスも付いているので機能性も申し分ありません。

レビューでもそのデザイン性はとても好まれていて、プレゼント用としても喜ばれるようです。

d-designハイブリッド式加湿器 DKHT-351MWHの詳細
メーカーディーデザイン
サイズ(直径)20cm×(高さ)89cm
メーカー希望小売価格17,150円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
アイリスオーヤマ

ハイブリッド加湿器 

SPK-1500Z-N
参考価格37,800円(税込)

こちらの製品は、スチーム式と超音波式のハイブリッドタイプです。やや割高ですが、機能性抜群な一品です。

まずヒーターによる加熱と抗菌銀ユニットによるW除菌なので、清潔な水蒸気を放出してくれます。加えて、マイナスイン発生装置も搭載しているのでリラクゼーション効果も期待できるでしょう。

適用畳数は25〜42畳と業務用としても使用できるほどのパワーがあります。運転モードはおまかせ・うるおい・静音から選べるので使用するシーンも選びません。

レビューによると、決して安い価格ではないにも関わらず、ユーザーの満足度の高さが伺えます。

アイリスオーヤマ ハイブリッド加湿器 SPK-1500Z-Nの詳細
メーカーアイリスオーヤマ
サイズ(横幅)46.7cm×(奥行き)25.1cm×(高さ)52.2cm
メーカー希望小売価格37,800円(税込)

加湿器の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、加湿器の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの加湿器売れ筋ランキング楽天の加湿器売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの加湿器売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

カテゴリから探す