衣類スチーマーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

衣類をハンガーにかけたまま、しわも臭いもサッと取ってしまう衣類スチーマー。高温の蒸気を衣類に通すことで、除菌とアレルゲン対策も同時にできて、衣類を清潔に保つことが簡単にできる優れものです。

プレス併用の1台2役のものや、旅行などに携帯できるコンパクトサイズなど、さまざまな機能性を備えたものが、各家電メーカーから発売されています。しかし、どんな機能にどんな特徴があるのか、よくわからないことも多いですよね。

そこで今回は、様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター、コヤマタカヒロさんにおすすめの衣類スチーマーをお聞きしました。

また、IPPING編集部による衣類スチーマーの選び方や、口コミ人気ランキングTOP10もご紹介します。衣類スチーマーを選ぶときに迷ったら、ぜひ参考にしてください。

最終更新日:2019年6月12日
コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ のプロフィール

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米・食味鑑定士の資格を持ち、調理家電の評価・検証には特に定評がある。家電テスト&撮影のための空間「家電スタジオ」も始動。WEB『デジタル機器と家電とときどき3人娘

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめの衣類スチーマー 

まず最初に、デジタル&家電ライター、コヤマタカヒロさんにおすすめの衣類スチーマーを伺いました。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
ティファール

アクセススチーム プラス

DT8100J0
参考価格16,200円(税込)

『アクセススチーム プラス』は、トリガーロック機能付きの衣類スチーマーです。トリガーを引くとスチームが噴射し、ロックすればそのまま連続でスチームを噴射することもできます。

ハンガーにかけたままパワフルな連続スチームを当てれば、時間のないときも早く、きれいにしわを伸ばしてくれます。グリップ部分の手馴染みがよく、疲れにくい構造です。毎日の衣類のしわ伸ばしが快適になりますよ。

コヤマタカヒロさんレビュー

コヤマタカヒロ
外出前のしわ伸ばしに最適なのが、衣類スチーマー。スチームでいかに素早くしわが伸ばせるかが、衣類スチーマー選びの重要なポイントです。

『ティファール』の『アクセススチーム プラス』は、スチームの量が多いので、時短になります。

家電品はワイヤレスが楽で便利だともてはやされがちですが、スチームを出せるパワーがないものは衣類スチーマーとして本末転倒。

このスチーマーは、コード式で、取手部分が頑丈で重たいですが、その分パワーがあります。短時間でサッとしわ伸ばしができるので、朝のお出かけ前に使うのに便利な逸品です。

アクセススチーム プラスの詳細
メーカーティファール
本体サイズ:幅×長さ×高さ13.0×14.1×28.3(cm)
本体重量1,220g
スチーム量20 g / 分
タンク容量185ml
立ち上がり時間40秒
連続運転時間 18分
参考価格16,200円(税込)

2.衣類スチーマーの選び方

衣類スチーマーにはスチーマー専用のものと、プレス機能も搭載されたもの、プレスがメインのものとがあります。

プレス線をきっちり付けたい、しわだけ伸ばしてふんわり仕上げたいなど、目的に応じた機能がきちんと搭載されたものを選びたいものです。衣類スチーマーの機能や特徴別に確認してみましょう。

スチーム量が重要

画像:prtimes.jp

アイロンとの違いの一つに、衣類スチーマーは噴射できるスチーム量が多く、連続して出し続けられることが挙げられます。

大量の蒸気で、衣類についた臭いを飛ばし、しわを伸ばしてくれるからです。日本のメーカーなどの場合、毎分何グラムスチーム量を出せるかが表示されているものもあります。

スチーマー専用機種は、一般的に小型サイズが多く、必要相当のスチーム量が期待できるものです。

ただそれ以上に、プレス中心のスチームもできる機種、つまりアイロン型のスチーマーは、本体サイズもパワーも大きく、強力なスチームを出すものが多くなっています。

画像:otokomaeken.com

逆に、プレス兼用衣類スチーマーの場合、スチーム力が専用機種に比べて弱いのが弱点です。パンツの折れ線を付けるなどには便利ですが、頑固なしわや広い面をかけるには多少時間がかかってしまいます。

朝のお出かけ前などに時短で済ませたい方などには、しっかり強力なスチームを噴射できるタイプがおすすめです。

また、スチーマー専用機で小さめサイズのものは、スチーム量も十分なうえに、しわを伸ばすことに特化しています。旅行や出張に持ち歩けば、いつでもしわを気にしないで快適に過ごせますよ。

重さと持ちやすさの兼ね合いが大切

画像:hitachi-ls.co.jp

本来、衣類スチーマーは片手で操作するものですから、ほとんどが片手で難なく持てる600~900g程度のものです。それでも、重さにはばらつきがあり、使用する時間や使う人によって重さへの感じ方も違ってくるはずです。

通常、機能性の高さや本体サイズに比例して重さも増えていきます。また、タンクの水の容量も重さに加算されますので、全体の重量で考えたほうがよいでしょう。

最近は、片手で持つことの負担を軽減する形状で安定感のあるものが増えています。デザイン性とともに、グリップの握りやすさや蒸気を当てるときの操作性と重さとのバランスが重要です。

シャツ一枚に蒸気をあてるのに通常5分程度は要しますから、5~10分ほど片手で持っても負担にならないものを選ぶようにしましょう。

起動までにかかる時間はさまざま

画像:and-plus.net

出勤前の時間のないときに使いたい方などにとっては、衣類スチーマーの起動時間は大きなポイントになるはずです。製品によっては、20数秒で蒸気が出てくるものもあれば、数分かかるものもあります。

サッと時短で使うことが多いならば、スチーマー専用機がおすすめです。小型ながら熱伝導がいいので起動が早く、使用後に冷めるまでの時間も短くて済みます。

一方、プレス仕上げができるタイプやプレスがメインの機種には、本体サイズが大きめで起動にも相応の時間がかかるものがあります。台の上でしっかりプレスしたい方には、熱量の多いこのタイプがおすすめです。

連続使用できる時間も重要

画像:panasonic.jp

スチームを連続して出すことができるのは、どの衣類スチーマーにも備わっている専用の機能です。しかし、あるメーカーの製品を比較したところ、スチームとアイロンの2WAYタイプの連続使用時間が4分ほどだったのに対し、スチーム専用タイプは16~18分も連続使用できるという差がありました。

朝の出勤前だけ、あるいは、帰宅後の夜だけ使う方、または一人暮らしなど、1回の使用時間が短くてよい場合は、連続使用可能時間を気にする必要はないでしょう。

しかし、一度にある程度長時間使うことがある場合は、プレス併用機やプレスがメインのものなどの連続使用時間を確認して選ぶようにしてください。

コードの長さ

 

画像:myzenke.com

衣類スチーマーは蒸気を出すことが主な機能ですから、相応の電力を要すため、多くがコード式です。コードレスタイプもありますが、電力の総供給量に限界があるため、コードレスで使用するとスチーム量が少ないか、使用時間が短いということになります。

衣類スチーマーのコードの長さは、平均で2~3mほどです。製品による大差はあまりありませんが、ハンガー掛けの衣類で上下移動をするので、できるだけ長めのものを選ぶようにおすすめします。

安全装置などの機能面も重視する

画像:amazon.co.jp

衣類スチーマーは忙しい時間帯に使用することが多いので、スイッチを切り忘れることもあるかもしれません。しかし、自動ヒーターオフ機能が付いていれば、安心して使用できます。

また、スチームの連続噴射をロックする機能があると、ボタンを押し続けなくてよいので楽です。

さらに、衣類の種類によってはアイロンをかけられない素材もありますが、衣類スチーマーは衣類から離してスチームをあてるので、デリケートな繊維にも対応できるものが増えました。注意書きをよく読んで、使用できる範囲を確認してから使いましょう。

参考:panasonic.jp t-fal.co.jp

3.衣類スチーマー人気ランキング10選

ここからは、口コミで評判の衣類スチーマー人気ランキングTOP10をご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてください。

画像:amazon.co.jp
1位
ツインバード

ハンディーアイロン&スチーマー

SA-4084
参考価格5,400円(税込)

『ツインバード』の『ハンディーアイロン&スチーマー』は、とても手軽なハンディタイプ。「アイロンがけが面倒」という主婦の声に応えたアイテムです。

外出前のちょっとした時間に、ハンガー掛けの衣類にサッと軽くあてるだけで、しわを伸ばし臭いを飛ばしてくれます。

本体の向きを変えても水が漏れることのないフリーアングル設計を採用。ストレスフリーで安定したスチーム掛けができます。アイロン機能も付いていて、パンツのプレスも簡単です。

レビューでは、「持ちやすくて、小回りのきく形状」という点が、人気のようです。ジャケットや学生服をハンガーに掛けたまましわ伸ばしができることで、高い評価を得ています。

ハンディーアイロン&スチーマーの詳細
メーカーツインバード
本体サイズ:幅×長さ×高さ34.5×7.6×9.6(cm)
本体重量930g
スチーム量0.2 g / 回
タンク容量100 ml
参考価格5,400円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Tenswall

衣類スチーマー

B073W78MQG
参考価格2,280円(税込)

中国家電メーカー『Tenswall』のベストセラー商品『衣類スチーマー』は、オープングリップで、握りやすさが特長です。

140mlと大きめの容量で、7~8分間連続して使用できます。高温のパワフルスチームが短時間でしわを伸ばしてくれ、自動遮断機能付きの安全対策にも配慮されたアイテムです。

「スチーム量も多くアイロンがいらなくなった」と、衣類スチーマーとしての高い性能にレビューでの評価が集まっています。

衣類スチーマーの詳細
メーカーTenswall
本体サイズ:幅×長さ×高さ 18.1x 9.1 x 22.2(cm)
本体重量700g
立ち上がり時間120秒
最長連続使用時間5~7分
参考価格2,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Vacplus

衣類スチーマー

VA120WH
参考価格2,110円(税込)

『Vacplus』の『衣類スチーマー』は前モデルの改良版。タンクの容量を180mlまで増量し、スチームが起動するまでの時間も70秒に短縮しました。

デザインも一新され、スチーム出口穴を5個から8個に増やしたので、噴出するスチーム量が増え、時短に役立ちます。付属のミトンを使用すれば、やけどの心配もありません。

「朝の出勤時にシワが気になるときに役立つ」「脱臭もできて一石二鳥」と、衣類スチーマーとしての効果が認められたコメントがたくさん寄せられています。

衣類スチーマーの詳細
メーカーVacplus
本体サイズ:幅×長さ×高さ12.5x 9.1 x 22(cm)
タンク容量180 ml
立ち上がり時間70秒
参考価格2,110円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
iSiLER

衣類スチーマー ハンディ

615517571648
参考価格3,480円(税込)

『iSiLER』の『衣類スチーマー ハンディ』は、25秒で蒸気が立ち上がり、連続10分間使える、ハンディタイプの衣類スチーマーです。

ユーザーの意見をもとに、操作ボタンをより使いやすい切替式に改良しました。コンパクトサイズながら110ml容量ですから、十分なスチーム力を発揮しますので、出張や旅行にも最適です。

起動の立ち上がりが早いので、日常のちょっとしたしわ伸ばしに活躍していることが、レビューのコメントからもわかります。

衣類スチーマー ハンディの詳細
メーカーiSiLER
本体サイズ:幅×長さ×高さ 16.4x 10x 22.2(cm)
本体重量620g
タンク容量110 ml
立ち上がり時間25秒
最長連続使用時間10分
参考価格3,480円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
ティファール

アクセススチーム

DR8085J0
参考価格16,200円(税込)

『ティファール』の『アクセススチーム』は、毎分最大23gのパワフル連続スチームで、手早く簡単にシワのばしができる衣類スチーマーです。

大きなヘッドは一度に広い面積に噴霧でき、衣類を除菌するのにも効果的です。トリガーロック付きで、ボタンを押し続けなくても連続噴射できるうえ、立ち上がりも45秒という速さ。毎朝の衣類の手入れが楽しくなります。

レビューでは、スチーム力への評価がとても高いです。「タキシードやネクタイを熱風洗浄すると気持ちよい」と、ユーザーの満足げなコメントも寄せられています。

アクセススチームの詳細
メーカーティファール
本体サイズ:幅×長さ×高さ11×18×28.3(cm)
本体重量1,100g
スチーム量23 g /分
タンク容量185ml
参考価格16,200円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
日立

衣類スチーマー

CSI-RX1
参考価格5,926円(税込)

『日立』の『衣類スチーマー』は、ハンガーに掛けたままでも、アイロン台でも、しわ伸ばしと臭い取りができる2WAYタイプの衣類スチーマーです。

十字にレイアウトされた12の噴出口から、幅広くスチームをあてることができます。付属アタッチメントのブラシを使って、コートやセーターの埃や毛くずを取り除きながらスチームすることも可能です。しっかりアイロンがけしたいときも、これ1台でOK!

実際に使用している方も、スチーマー機能とアイロン機能を使い分けることで、「衣類の手入れが億劫ではなくなった」とコメントされています。

衣類スチーマーの詳細
メーカー日立
本体サイズ:幅×長さ×高さ17.5×8.5×12.5(cm)
本体重量690g
タンク容量70ml
立ち上がり時間30秒
参考価格5,926円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
パナソニック

衣類スチーマー NI-FS540

NI-FS540
参考価格12,744円(税込)

『衣類スチーマー NI-FS540』は、ハンガーに掛けた衣類に平行に360度どの角度からでも、ワイドなパワフルスチームがあてられる衣類スチーマーです。

立ち上がりが24秒という速さに加え、スチームボタンを押し続ければ最長4分間スチームを出し続けられます。

パワフルスチームの約3倍のスチームが約3秒間噴射される3倍パワフルスチーム機能を搭載。洗濯しにくい衣類の脱臭に、アレルゲン物質への対策にと、幅広い効果が期待できるアイテムです。

レビューでは、「立ち上がりが早いので直ぐ使えて便利」というコメントが多く見られます。「軽さに驚いている」、「デザインがカッコいい」といった、総合的評価が高いアイテムです。

衣類スチーマー NI-FS540の詳細
メーカーパナソニック
本体サイズ:幅×長さ×高さ7×15×15(cm)
本体重量705g
スチーム量11g /分
タンク容量70ml
立ち上がり時間24秒
参考価格12,744円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
Uarter

ハンディスチーマー

参考価格3,579円(税込)

『Uarter』の『ハンディスチーマー』は、コンパクトボディでありながら、120ml容量で、8~10分連続して使用できる衣類スチーマーです。

25秒ほどで立ち上がり、どの角度でも均一なスチームを噴霧することができます。朝の時間のないときも手軽に使用でき、出張や旅行に携帯するのにも最適です。

「場所をとらない小型ながらスチーム量はものすごい」と、ユーザーの驚きのコメントがたくさん寄せられています。

ハンディスチーマー の詳細
メーカーUarter
本体サイズ:幅×長さ×高さ16×11×23(cm)
本体重量780g
タンク容量120ml
立ち上がり時間25秒
最長連続使用時間10分
参考価格3,579円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
Moregem

衣類スチーマー

768430308379
参考価格2,480円(税込)

『Moregem』の『衣類スチーマー』は、立ち上がりが40秒と素早く、高温スチームが短い時間でしわを伸ばし、臭いも飛ばしてくれる優れものです。

200ml大容量タンクですから、25分間、連続使用することもできます。シルクや棉、ウール、麻など、デリケートな衣類にも使うことが可能です。

アイロン台を出す手間や、暑い時期のアイロン掛けから解放され、「思い立ったときにすぐに使える」と、レビューで高く評価されています。

衣類スチーマーの詳細
メーカーMoregem
本体サイズ:長さ×高さ9.8×22(cm)
本体重量920g
スチーム量最大40g/分
タンク容量200ml
立ち上がり時間40秒
最長連続使用時間20~25分
参考価格2,480円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
パナソニック

衣類スチーマー NI-FS470

NI-FS470
参考価格7,980円(税込)

『衣類スチーマー NI-FS470』は、『パナソニック』の衣類スチーマーベーシックモデルです。

毎分11gのスチームを約4分間連続で噴射できるスチーマー機能を搭載。と同時に、フラットアイロン面を使えば、パンツやハンカチのプレスもできる2WAY方式です。

状況やモノに応じてスチーマーとアイロンが使い分けられるから、「アイロン時間が短縮された」と、ユーザーの満足度の高いコメントが多く見られます。スタンダードモデルの品質の高さが、人気を支えているようです。

衣類スチーマー NI-FS470の詳細
メーカーパナソニック
本体サイズ:幅×長さ×高さ7×15×14(cm)
本体重量690g
スチーム量11g /分
タンク容量50ml
参考価格7,980円(税込)

衣類スチーマーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、衣類スチーマーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの衣類スチーマー売れ筋ランキング楽天の衣類スチーマー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの衣類スチーマー売れ筋ランキング

コヤマタカヒロの人気記事

コヤマタカヒロの新着記事

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

カテゴリから探す