Wi-Fiルーターおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

「たくさんの機器をインターネットに接続したい」「通信速度をもっと速くしたい」こんな人にはWi-Fiルーターがおすすめです。

Wi-Fiルーターは、使用環境によって通信の安定度や速度が大きく異なり、モデルによって機能もさまざまです。

そのため、どんなモデルを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、パソコンをはじめ、プリンタなどの周辺機器に関する情報を発信している内川功一朗さんに、おすすめのWi-Fiルーターをお聞きしました。

IPPING編集部調べによる選び方や人気ランキングも紹介します。

最終更新日:2019年7月6日
内川功一朗

内川功一朗 のプロフィール

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナなどの周辺機器に関する情報を発信中。上級写真整理アドバイザーの顔も持つ。WEB『デジタルと現実の架け橋

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのWi-Fiルーター

まずは、内川功一朗さんがおすすめするWi-Fiルーターをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BUFFALO

AirStation connect 親機

WTR-M2133HP
参考価格15,980円(税込)

『WTR-M2133HP』は、『BUFFALO』から販売されているメッシュ式Wi-Fiルーターです。

専用の中継機を追加することで、家の隅々まで電波を届けられ、接続している台数が増えても通信を安定させることができます。

3本の電波を持つトライバンドなので、電波を分けてクリアな通信を行えます。

広い家に住んでいる場合やWi-Fiを利用する人数が多い場合におすすめのモデルです。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
老舗ネットワーク機器メーカーの『BUFFALO』が提供する、絶対的な性能の逸品です。Wi-Fiルーターとは思えないおしゃれなデザインなので、インテリアにもなじみます。

価格が高いという面はありますが、これ1つで家中のスマホからテレビまで処理してくれます。

AirStation connect 親機の詳細
メーカーBUFFALO
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)866Mbps/866Mbps/400Mbps
アンテナ外部アンテナx3
内蔵アンテナx1
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境15台〜20台
LANポート3口
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Google

Google Wifi

GA00157-JP
参考価格13,800円(税込)

こちらもメッシュ式のWI-Fiルーターで、『Google』から販売されているモデルです。

『Google Wifi アプリ』から接続している機器の管理や通信速度の測定が簡単に行えることが特徴。

また、自動的にもっとも通信が安定するアクセスポイントに切り替えてくれます。

ビームフォーミング機能によって、より的確な電波を発信してくれることも嬉しいポイントです。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
最先端の機能を持つ、おしゃれな見た目のWi-Fiルーターです。

Androidの提供元であるGoogle社から販売されているので、スマホなどのモバイル機器を接続するのも簡単にできます。

最近はスマホで何でもできるので、自宅にPCがない方もいるようですが、これがあればパケット代を気にせず、快適なネット環境でスマホもPCも使える、というメリットがあります。

Google Wifiの詳細
メーカーGoogle
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)不明
アンテナ2×2
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境不明
LANポート2口

2.Wi-Fiルーターの選び方

次は、Wi-Fiルーターの選び方についてです。

モデルによって機能やスペックが異なるので、自身の使用環境に応じて選びましょう。

接続できる台数で選ぶ

Wi-Fiルーターは、モデルによって最大で接続できる機器の台数が決まっています。一般的なモデルでは、10〜20台となっています。

使用するWi-Fiルーターで接続できる機器の数を超えてしまうと、インターネット接続が不安定になり、通信速度も落ちてしまう可能性があります。

そのため、Wi-Fiにつなぎたい機器が多い場合は、同時に接続できる台数を目安に購入しましょう。

また、一般的なWi-Fiルーターより多くの機器を接続しても、通信速度が安定するメッシュルーターも登場しています。どんな使用環境でも通信を安定させたい場合や10台〜20台以上の機器を接続したい場合は検討してみましょう。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
今までWi-Fiルーターは速度ばかりだったのですが、大量につないでも速度が落ちないという方向へシフトチェンジしています。

対応している周波数もチェック

Wi-Fiルーターは、主に「5.0GHz」「2.4GHz」の2つの電波を使って安定したインターネット接続を行います。

「5.0GHz」は2.4GHzよりもが速度が高いですが、壁や家具などによる障害を受けやすく、安定して通信できる範囲も広くありません。

一方、「2.4GHz」は障害物による影響を受けにくく、通信できる範囲も広い傾向があります。

なお、5.0GHzと2.4GHzの2種類を扱うWi-Fiルーターを「デュアルバンド」、2種類の5.0GHzと2.4GHzの計3種類に対応したモデルを「トライバンド」といいます。

安定した通信ができるWi-Fiルーターを選ぶときは、何種類の周波数に対応しているかを確認しましょう。

通信速度で選ぶ

Wi-Fiルーターの通信速度は、「周波数5.0GHzの通信速度/周波数2.4GHzの通信速度」という形で記されています。

通信速度が速くなると、アプリやゲームのインストール、サイト閲覧がスムーズに行えるようになります。

ただし、自宅のインターネット環境で対応している速度までしか対応できないため、オーバースペックとなるモデルを購入しないために、あらかじめ確認しておきましょう。

また、周波数ごとに通信速度が異なるので、5.0GHzと2.4GHzの両方が高い値になっているWi-Fiルーターをおすすめします。

アンテナの数で選ぶ

アンテナの数は、Wi-Fiルーターの通信速度や電波の安定度に関わるため、選ぶうえで重要となります。

Wi-Fiルーターのアンテナは、「2×2」「4×4」といった形で表され、これは「受信用アンテナの本数x送信用アンテナの本数」という意味です。

また、「外部アンテナの本数x内蔵アンテナの本数」を記したモデルもあります。

「IEEE802.11ac/n/a/g/b対応」のWi-Fiルーターでは、アンテナ1本につき「約433.3Mbps」の通信速度を実現し、「設置場所から接続場所までの壁1枚」の環境にて電波を安定させることができます。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
アンテナが付いていたほうが、多少電波の飛びはいいかな、とも思います。使用する範囲や量によって、選ぶ基準は変わってくるでしょう。

無線規格で選ぶ

Wi-Fiルーターには、無線規格と呼ばれる要素もあります。

無線規格には、「802.11ac」「802.11n」「802.11a」「802.11g」「802.11b」の5種類があり、通信速度や対応周波数に関係します。

それぞれのスペックについては、以下の表を参照してください。

無線規格最大通信速度対応周波数
802.11ac6.9Gbps5.0GHz
802.11n600Mbps2.4GHz
5.0GHz
802.11a54Mbps5.0GHz
802.11g11Mbps2.4GHz
802.11b2Mbps2.4GHz

ただし、無線規格はWi-Fiルーター側だけでなく、接続する機器側でも対応していなければいけません。

そのため、自身が使用している機器が対応している無線規格と照らし合わせながら、Wi-Fiルーターを選ぶといいでしょう。

付いている機能で選ぶ

Wi-Fiルーターは、モデルによって搭載されている機能も異なります。

通信をより安定させるための機能やインターネットを利用するうえでの安全性を高める機能などがあるので、こちらも確認しておきましょう。

ビームフォーミング機能

本来、Wi-Fiルーターは無指向性の電波をアンテナから飛ばすため、各機器に対して安定した電波を送りにくく、通信速度も接続場所によって大きく左右されます。

ビームフォーミング機能を搭載したWi-Fiルーターは、接続している機器の位置を把握し、的確に電波を飛ばします。

そのため、ある程度距離が離れていても安定した通信を行うことができ、速度にも差が出にくいでしょう。

フィルタリング機能

子どもも一緒にインターネットを利用する環境では、有害なサイトなどにアクセスできないようフィルタリング機能を搭載したWi-Fiルーターがおすすめです。

自動的に不適切な内容を含むコンテンツをブロックし、ワンクリック詐欺やフィッシングといった犯罪に巻き込まれる可能性を減らしてくれます。

また、機器ごとにフィルタリングを行う範囲が設定でき、一時的に解除することも可能なので、どうしても見たいサイトがある場合も安心です。

バンドステアリング機能

Wi-Fiルーターは、しばしば通信が不安定になることがあります。

Wi-Fiルーターと同じ「2.4GHz」「5.0GHz」といった電波帯を使用する機器が多くなることにより、回線が混雑することが原因です。

バンドステアリングは、もっとも電波強度が強く、混雑していない電波帯へ自動的に切り替える機能です。

そのため、常に快適な通信を行える可能性を上げるなら、バンドステアリング機能を搭載したWi-Fiルーターがおすすめです。

3.Wi-Fiルーター人気ランキング10選

ここからは、IPPING編集部調べによるWi-Fiルーターの人気モデルをランキング形式で紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
TP-LINK

Wi-Fiルーター ビームフォーミング

Archer C6
参考価格3,880円(税込)

Qualcomm製のCPUを搭載し、データ処理能力が高く、安定した通信が可能なモデルです。

ほかにも、ビームフォーミング機能により、機器との通信をより的確に行い、接続が途切れにくくなっています。

また、TP-Link専用のアプリ『Tether』から、接続設定などの操作を簡単に行えるため、初心者でも安心して使える逸品です。

レビューでは、「壁掛けができて設置場所の範囲が広い」という声もあり、高い評価を得ています。

Wi-Fiルーター ビームフォーミングの詳細
メーカーTP-LINK
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)867Mbps/300Mbps
アンテナ外部アンテナx4
内蔵アンテナx1
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境15台
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
2位
BUFFALO

Wi-Fiルーター 2階建向け

WHR-1166DHP4
参考価格4,480円(税込)

スマートなデザイン性と価格の安さが特徴のモデルです。

インターネットポートは、最大速度1,000Mbpsを誇るGigaポートとなっているため、光回線を利用している方でも安心して使用できます。

また、こちらのモデルもビームフォーミング機能を搭載しているため、安定した通信が可能です。

「接続が簡単で扱いやすい」というレビューもあり、初心者の方でも簡単に使えるよう設計されているようです。

Wi-Fiルーター 2階建向けの詳細
メーカーBUFFALO
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)866Mbps/300Mbps
アンテナ2×2
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境9台/3人
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
3位
TP-LINK

Wi-Fiルーター ギガビット

Archer A10
参考価格7,980円(税込)

『Archer A10』は、『1733Mbps/800Mbps』という高い通信速度を持つことが特徴。

LANポートはすべてGigaポートとなっているため、有線接続でも最大1,000Mbpsという高い速度を実現します。

さらに、バンドステアリング機能により、混雑していない電波帯へ自動的に切り替えるため、より安定した通信が可能です。

「快速で快適にインターネットができる」という声が多く、速度の高さに関してユーザーから高い支持を得ています。

Wi-Fiルーター ギガビットの詳細
メーカーTP-LINK
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)1733Mbps/800Mbps
アンテナ外部アンテナx3
内蔵アンテナx1
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境不明
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
4位
TP-LINK

Wi-Fiルーター メッシュWi-Fiシステム

Deco M5 V2 (1-pack)
参考価格8,780円(税込)

『Deco M5 V2 (1-pack)』は、メッシュ式のWi-Fiルーターで、一般的なモデルより多くのデバイスを接続しても通信が途切れにくくなっています。

バンドステアリングやビームフォーミングといった通信の安定度を底上げする機能も搭載。

また、『TrendMicro社』の『SMART ProtectionNetwork』というセキュリティ機能もあり、有害なサイトを自動的にブロックし、接続している機器が安全にインターネットを利用できるよう工夫されています。

レビューでは、「今まで電波が届かなかったところまでつながるようになった」との声もあり、通信範囲も広くなるよう設計されているようです。

Wi-Fiルーター メッシュWi-Fiシステムの詳細
メーカーTP-LINK
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)867Mbps/400Mbps
アンテナ内蔵アンテナx4
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境最大100台
LANポート2口
画像:amazon.co.jp
5位
BUFFALO

Wi-Fiルーター 4LDK

WSR-2533DHPL
参考価格7,503円(税込)

『WSR-2533DHPL』は、4×4のアンテナを搭載し、高い通信速度を誇るモデルです。

最大で18台までデバイスを接続でき、通信の安定性も抜群。

さらに、1年間の保証や電話での相談窓口などサポートも充実しています。

「動画もサクサク見れる」「思ったよりも電波が飛ぶ」といった声もあり、機能性によって多くのユーザーが満足しています。

Wi-Fiルーター 4LDKの詳細
メーカーBUFFALO
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)1733Mbps/300Mbps
アンテナ4×4
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境18台/6人
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
6位
I-O DATA

Wi-Fiルーター 3階建向け

WN-AX2033GR2/E
参考価格6,480円(税込)

『I-O DATA』から販売されており、フィルタリングやビームフォーイングといった機能が充実しているモデルです。

4×4アンテナが搭載されており、通信速度が速いのが特徴。また接続できる台数が最大16台と多いところもポイントです。

さらに、縦置き・横置き・壁掛けとさまざまな設置方法に対応でき、置き場所にも困りません。

レビューでは、「安価で買えるWi-Fiルーターです」という声もあり、コストパフォーマンス面でも高い評価を得ているようです。

Wi-Fiルーター 3階建向けの詳細
メーカーI-O DATA
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)1733Mbps/300Mbps
アンテナ4×4
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境16台
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
7位
ELECOM

Wi-Fiルーター トレンドマイクロセキュリティ

WRC-2533GSTA
参考価格7,834円(税込)

『WRC-2533GSTA』は、通信範囲が広く、戸建なら3階建、マンションなら4LDKまで対応できることが特徴。

『TrendMicro社』のセキュリティシステムも搭載し、安全性が高いことも嬉しいポイントです。

また、従来のWi-Fiルーターよりも改良されたアンテナを搭載しているため、速度も高くなっています。

「セキュリティが入っていて安心」というレビューが多く、安全性の高さがユーザーから評価されています。

Wi-Fiルーター トレンドマイクロセキュリティの詳細
メーカーELECOM
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)1733Mbps/800Mbps
アンテナ4×4
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境18台
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
8位
I-O DATA

Wi-Fiルーター デュアルバンド

WN-DX1167R/E
参考価格3,577円(税込)

こちらも戸建なら3階建、マンションなら4LDKまで対応しているモデルです。

一般的なWi-Fiルーターに搭載されているビームフォーミングでは、子機も対応していなければ効果を発揮できませんでした。

しかし、こちらのモデルに搭載されている『ビームフォーミングW』では、子機側が対応していなくても通信を安定させる効果があります。

レビューでは、色や外見に関する評価も高く、デザイン性から選んでいるユーザーも多いようです。

Wi-Fiルーター デュアルバンドの詳細
メーカーI-O DATA
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)867Mbps/300Mbps
アンテナ2×2
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境16台
LANポート4口
画像:amazon.co.jp
9位
Linksys

Wi-Fiルーター VEROP トライバンド

WHW0301-JP-A
参考価格19,970円(税込)

トライバンド式のメッシュWi-Fiルーターで、3種類の電波を扱えることが特徴の『WHW0301-JP-A』。

接続台数は、1台あたり50台と多く、たくさんのデバイスを接続しても安定した通信ができます。

また、ほかのスタンダードなWi-Fiルーターより、スマートな形状になっており、置き場所にも困らないよう工夫されています。

レビューでは、「電波の届かない場所がなくなる」「アプリから簡単に設定できる」といった声もあり、通信範囲の広さや扱いやすさが高く評価されています。

Wi-Fiルーター VEROP トライバンドの詳細
メーカーLinksys
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)867Mbps/867Mbps/400Mbps
アンテナ内蔵アンテナx6
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境1台あたり50台
LANポート2口
画像:amazon.co.jp
10位
NETGEAR

Wi-Fiルーター NighthawkX6

EX7700-100JPS
参考価格15,800円(税込)

こちらもトライバンド式のメッシュWi-Fiルーターです。

LANポートがGIgaポートになっているため、光回線を有線接続したい場合でも高い速度でインターネットを楽しめます。

また、ほかのWi-Fiルーターと同時に中継機として使用することも可能で、回線が混雑しにくくなります。

「部屋をまたいでも電波が届く」「接続の設定も簡単に変更できる」というレビューも多くあり、通信の安定度や電波強度も高いようです。

Wi-Fiルーター 中継機の詳細
メーカーNETGEAR
通信速度(5.0GHz/2.4GHz)866Mbps/866Mbps/300Mbps
アンテナ不明
無線規格11ac/n/a/g/b
推奨利用環境12台
LANポート2口

Wi-Fiルーターの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、Wi-Fiルーターの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

AmazonのWi-Fiルーター売れ筋ランキング楽天のWi-Fiルーター売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのWi-Fiルーター売れ筋ランキング

内川功一朗の人気記事

内川功一朗の新着記事

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

カテゴリから探す