革靴おすすめ!プロの逸品&とっておきの3種類

みなさんは休日にどんな靴を履いていますか?スニーカーでラフに過ごす人も多いかもしれませんが、大人の男性を目指すなら、カジュアルに履ける革靴は、とても重要なファッションアイテムになってきます。

そうは言っても、ビジネス用ではなく普段着と革靴を合わせるとなると、なんだか選び方が難しそうですよね…。そこで今回は、人気のスタイリストで数多くのメディアに出演した経験を持つ大山旬さんに、おすすめの革靴を紹介してもらいました。

ワンランク上のおしゃれを目指す人のご参考になれば幸いです。

最終更新日:2019年5月28日
大山 旬

大山 旬(おおやま しゅん) のプロフィール

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

この専門家の他の記事を見る

 大山さんおすすめの革靴

私服になるとスニーカーばかり履く方も多いですが、それだけでは大人っぽい着こなしは成立しません。全身のコーディネートを考えた上で、革靴を合わせたり、スニーカーを合わせたりしながら、全体のバランスを整えることが大切です。

大人の男性には、休日にもサラリと合わせられる革靴が必ず1足は必要です。ぜひサイトを参考に買い揃えてみてください。

今回は3種類の革靴にわけておすすめの商品をご紹介します。

1.スエードの革靴
2.スムースレザーの革靴
3.ローファー

それでは、さっそく大山さんがおすすめする革靴からご紹介していきます。

1.おすすめのスエード革靴

大山さんコメント

大山 旬
まず揃えておきたいのは、シンプルなスエードの靴です。僕のおすすめは、ユナイテッドアローズやシップスなど、セレクトショップのオリジナルのスエード靴です。価格は20,000〜30,000円前後で購入できます。

「靴に3万円は高いなぁ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはちょっと背伸びをしてみてください。かかとを修理すれば、靴は4〜5年は使うことができます。それだけに投資する価値はあります。

どうしても予算的に難しい場合は、スーツカンパニーでの購入をおすすめします。15,000円前後でカジュアルなスエード靴が揃うはずです。

SCOTCH GRAIN

5394DBR

参考価格32,400円(税込)

『SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)』はヒロカワ製靴が1978年から展開しているブランドです。名前から海外製と勘違いされることもありますが、東京の墨田にある工場で日本の熟練職人たちがこだわりを持って生産を行っています。

ビジネスシーンから休みの日まで幅広く使え、スエードの表面がとてもきれいで上品な仕上がりになっています。

メンテナンス方法はまず付属品のシューズキーパーを入れ、ブラシや柔らかい布で全体の汚れやほこりを取るようにしてください。その後、乳化性のクリームを柔らかい布にとり、全体に薄く伸ばしてください。

また、靴にも休息は必要です。1日履いたら、2〜3日休ませてください。わずかな気遣いが靴の寿命を延ばします。

 SCOTCH GRAIN 5394DBR の詳細
 カラー ダークブラウン
 原産国 日本
 メーカー希望小売価格 32,400円(税込)
CROCKETT&JONES

SUEDE CTTIP

参考価格73,400円(税込)

『CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)』は1879年にイギリスで創業され、丁寧な手作業と高いクオリティーの製品に評判があり世界的に有名なシューズメーカーです。

スエードは値段が安いとカジュアル感が強くなってしまいますが、CROCKETT&JONESのスエードは最高級品を使用しているため、とても上品があります。シンプルなデザインのため、大人のファッションに合わせやすくなっています。

お値段は張りますが、長く履けるので、それだけの金額を出す価値がある逸品です。

 CROCKETT&JONES SUEDE CTTIP の詳細
 カラー ダークブラウン
 原産国 イギリス
 メーカー希望小売価格 73,400円(税込)

2.おすすめのスムースレザー革靴

大山さんのコメント

大山 旬
ここまでは、スエード靴をおすすめしましたが、スムースレザーの革靴もご紹介したいと思います。

少し値段は上がりますが、おしゃれな人は『PARABOOT(パラブーツ)』(下を参照)を履いています。フランスの靴メーカーで、ぽってりとした丸みのあるシルエットが特徴です。

僕が履いているのは「シャンボード」というモデルで、紐が付いているタイプです。ロールアップしたデニムによく合います。

画像:amazon.co.jp
PARABOOT

シャンボード (7107 CHAMBORD Uチップ)

参考価格70,200円(税込)

『PARABOOT(パラブーツ)』は1908年にフランスで創業され、世界で唯一自社でラバーソールを製造する靴ブランドとして知られています。

「シャンボード」はPARABOOTの看板商品で、日本でも多くのメディアに取り上げられ、とても人気があります。人気の秘密は、おしゃれな形と上質な素材にあるでしょう。

大山さんもおっしゃっている通り、ロールアップしたデニムとよく合います。1つ1つの部位にこだわりを持っていて、100%メイドインフランスで上質な素材を使用しています。耐久性も兼ね備えているので長く履ける一足です。

 PARABOOT シャンボード (7107 CHAMBORD Uチップ)の詳細
 カラー ブラック
 原産国 フランス
 メーカー希望小売価格 70,200円(税込)
画像:amazon.co.jp
PARABOOT

WILLIAM 981412 BLACK NOIR 

参考価格73,440 円(税込)

こちらも『PARABOOT(パラブーツ)』ですが、種類の違う「WILLIAM (ウィリアム)」と呼ばれる革靴です。ウィリアムの特徴は「ダブルモンク型」ということです。フォーマルなシーンでは少し難易度が高くなりますが、おしゃれな人はオンオフで履きこなしています。

PARABOOTを履く上で押さえておきたいのが「ノルヴェイジャン製法」と呼ばれる製法です。これは、ノルウェーなどの北欧の地で寒さや雪による浸水から守るため発達した技法です。

高い防水性を持っているため、雨の日でも関係なく履ける万能な一足です。

 PARABOOT WILLIAM 981412 BLACK NOIR の詳細
 カラー ブラック
 原産国 フランス
 メーカー希望小売価格73,440 円(税込)

3.おすすめのローファー

大山さんコメント

大山 旬
ぜひチャレンジしてもらいたいのがローファーです。いわゆる紐がないタイプの靴で、大人の休日靴として最適ですので、ぜひこれも揃えてみてください。

ユナイテッドアローズやバーニーズのオリジナルか、クロケット&ジョーンズのローファーがおすすめです。価格は30,000〜50,000円前後のものが良いと思います。色は焦げ茶かネイビーを選ぶと良いでしょう。

また、夏場も短パンと合わせると大人っぽくてすごくお洒落です。ステップアップの際には、検討してみてください。予算に余裕がない場合は、GUでもシンプルなローファーが手に入ります。しかも3,000円程度でかなりお手頃です。

画像:sanyo-i.jp
三陽山長

堅弥 ローファー

参考価格37,800円(税込)

『三陽山長(さんようやまちょう)』は2001年秋に創業されました。日本の熟練職人による質の高い製品を提供しており、比較的新しいブランドながら、日本発高級紳士靴として高評価を受けています。

こちらの革靴は、上品な外観に対し、スニーカーのような履き心地を感じさせる高性能のローファーに仕上がっています。ジャケパンスタイルからデニム系のカジュアルスタイルまで使用できるため、とても使い勝手がいいです。

メイドインジャパンで、作りの丁寧さと質感にこだわりを持っているので一度試してみてはいかがでしょうか。

【三陽山長】堅弥 ローファーの詳細
 カラー ネイビー
 原産国 日本
 メーカー希望小売価格 37,800円(税込)
画像:onlinestore.barneys.co.jp
CROCKETT&JONES

限定スエードローファー

参考価格73,440円(税込)

こちらはスエードの革靴でも紹介した『CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)』のローファーです。この靴を履いてたら、ワンランク上の大人になれるでしょう。

高級靴と言われる中では買いやすく、スエードのため質感がとてもいいです。

シンプルで上品なデザインなので、大人のファッションに合わせやすいです。かかとをコンパクトな形にし、細身のフォルムで作っているので足元がスッキリ見える仕上がりになっています。

CROCKETT&JONES 限定スエードローファー の詳細
 カラー ダークブラウン
 原産国 イギリス
 メーカー希望小売価格 73,440円(税込)

まとめ

最後までごらんいただき、誠にありがとうございました。この記事では、大人の男性が休日に履いてほしい、カジュアルな革靴6選をご紹介しました。

カジュアルスタイルでは、ロールアップデニムに革靴を合わせたり、短パンにローファーのような、少し勇気のいるかも…という絶妙なバランスの組み合わせがおすすめです。

カジュアルな革靴は、余裕のある大人にこそ、おすすめしたいです。いつもとは違う足元で、休日の街を歩いてみてはいかがでしょうか?

「似合う服がわからない」…そんな悩みとサヨナラしましょう

3,000人以上もの経営者、弁護士、政治家、コンサルタントのファッションコーディネートを担当してきた“服のプロ”、大山旬さん。

大山さんの強みはタレントやモデル向けではなく、会社員、自営業、経営者など一般個人を対象としたファッションコーディネイトを専門としていることです。

口コミですでに1,000人以上の方が利用する「メンズファッションスクール(MFS)」では、次のことが特徴的です。

  • カジュアルからスーツスタイルまで、自分に合った服選びができるようになる
  • オフィスやプライベートで「素敵ね!」と言われる“着こなし術”が学べる
  • コーディネートのポイントが理解しやすい40本のWeb動画でお洒落が楽しくなる

興味のある方は下記の詳細よりお読みください。

メンズファッションスクールの詳細を見る

大山 旬の人気記事

大山 旬の新着記事

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

カテゴリから探す