ゲームパッドおすすめ!プロの逸品&人気ランキング15選

ゲームを最大限に楽しむためには、ゲームパッドにもこだわりたいもの。

現在はたくさんの種類のアイテムが発売されており、どんなものを選ぶかによって、操作のしやすさが大きく異なります。

今回は、ゲームパッドをお探しの方のために、eスポーツキャスターとして活躍している吉﨑智宏さんにおすすめのアイテムを教えていただきました。

また、IPPING編集部調べによるゲームパッドの選び方や、レビュー評価ランキングもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年5月31日
372 views
吉﨑智宏

吉﨑智宏 のプロフィール

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖さんともゲーム実況で共演。『吉﨑智宏オフィシャルサイト

この専門家の他の記事を見る

1.eスポーツキャスターおすすめのゲームパッド

早速、eスポーツキャスター吉﨑智宏さんおすすめのゲームパッドを2つご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
SONY

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4) 

参考価格6,458円(税込)

2014年に『SONY』から発売されたPS4用のゲームパッド。

高感度6軸検出システムやタッチパッドを採用し、より快適に操作ができるようこだわった設計となっています。

また、ステレオヘッドホン・マイク端子を搭載。手元のコントローラを通じて、ゲームの効果音を楽しむことができるのも特徴です。

USB端子のほか、Bluetooth接続も可能。ワイヤレスで操作することができます。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
やっぱり一番無難に使えるのは、PS4のゲームパッドですね。

使い慣れているPS4コントローラをBluetoothやUSB接続でPCに接続して使うことで、慣れた操作感覚でゲームを楽しむことができます。

SONY ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4) の詳細
メーカーSONY
対応機種PS4/PC
ゲームパッドの接続方法USB/Bluetooth
 参考価格6,458円(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
iFormosa

セガサターン サターンパッド

参考価格2,480円(税込)

1994年に『セガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)』から発売された『セガ・サターン』の専用コントローラ。

十字キーの滑らかで敏感な反応が、ゲームファンに長い間愛されている理由のひとつ。前面に6つのボタンがついているという点も、当時話題になりました。

PCには、USBで接続することができます。

吉﨑智宏さんレビュー

吉﨑智宏
こちらは、個人的にもすごく好きなゲームパッドのひとつでおすすめのアイテムです。

セガサターン現役当時から評価が高かったパッドで、特に十字キーが入力しやすいのが特徴です。

少し古いものではありますが、この頃よりも良い十字キーはまだ出てきていないなと思っています。

iFormosa SEGA SATURN コントローラーの詳細
メーカーiFormosa
対応機種PC
ゲームパッドの接続方法USB
 参考価格2,480円(税込)

2.ゲームパッドの選び方

ひと口にゲームパッドといっても、その種類はさまざま。商品情報をチェックしようにも、どこを見たらいいのかわからない、ということもあるでしょう。

以下に、押さえておきたいゲームパッドの選び方のポイントを紹介します。

接続方式の種類

ゲームパッドには、大きく分けて2種類、「有線」のものと「無線(ワイヤレス)」のものがあります。まずは、それぞれの違いを見ていきましょう。

有線

画像:amazon.co.jp

有線タイプのメリットとしては、電池切れを気にしなくていい点、レスポンス速度が速い点などが挙げられます。

昔ほど有線と無線のレンポンス速度に差は見られなくなってきましたが、入力に対する反応スピードが求められるジャンルでは、無線よりも有線のゲームパッドを使った方が安心でしょう。

たとえばFPSや格闘ゲームなどは、無線よりも有線の方が向いていると言えます。

デメリットについては、やはりケーブルの煩わしさが挙げられます。

有線のゲームパッドを使う以上、絡んだり、移動距離を制限されてしまったりといった小さなストレスは、避けることができません。

無線(ワイヤレス)

画像:amazon.co.jp

ワイヤレスタイプの大きなメリットは、ケーブルに煩わされない、という点です。

例えば複雑に絡んでしまったり、何かの拍子に抜けてしまったり、ゲーム端末から離れられなかったり、ケーブルがあることで発生する小さなストレスは無数に考えられます。

無線にすれば、そうした地味なストレスに煩わされることなく、ゲームを楽しむことができるでしょう。

一方デメリットは、電池駆動のため、蓄電量によっては途中で電源が切れてしまう可能性がある点です。長時間ゲームをする場合は、どうしても電池の消費量やストックを意識する必要があります。

また、操作にタイムラグが発生する可能性がある、という点も、注意しておきたいところです。

RPGやシミュレーションゲームなどでは問題ないかもしれませんが、格闘ゲームなど、リアルタイムのレスポンスが重要なジャンルで使う場合は、口コミ評判を念入りにチェックすることをおすすめします。

対応機種を確認する

ゲームパッドは、その規格に合うゲーム端末でしか動きません。

そのため、プレイしたいゲームが対応している機種をまず把握し、その機種がゲームパッドの対応機種に含まれているかどうかをチェックする必要があります。

プレイステーションやXbox、iPhone、Androidなど、ゲームの媒体はたくさんありますし、たとえ同じOSであっても、バージョンが違って使えない、というケースも考えられます。

くれぐれも間違ったアイテムを購入しないよう注意しましょう。

種類や重さ、大きさ

画像:amazon.co.jp

十字キー、ジョイスティック、各種ボタン、といった基本的な入力ができれば、ゲームパッドはどれも同じ、と思えるかもしれません。

しかし、握りやすさや重さは、使い込むほどその違いが出てくるものです。ゲームパッドの種類や重さ、大きさについても、ぜひチェックしておきましょう。

種類について

ゲームパッドにはたくさんの種類がありますが、大きく見れば、プレイステーション(PS)系とXBox系の2つに分けられます。

  • PS系…左右のグリップに角度がついており、立体的で握りやすい構造。
  • Xbox系…PS系より平べったく、手の平全体にフィットする構造。

どちらが使いやすいかは個人差があるかと思いますが、もし普段どちらかのゲームを使っているようなら、使い慣れた方を選ぶのがおすすめです。

重さについて

意外と見逃しがちなのが、重さについてです。

数字にしてみれば数百グラムの差でも、長時間プレイするとなると、手の疲労感が全く違ってきます。

1日1〜2時間以上毎日プレイするという場合、200g前後のなるべく軽いアイテムの方が、手や手首への負担を軽減することができます。

大きさについて

ゲームパッドを新しく購入する場合、自身の手にフィットする大きさかどうかも、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

手の大きさによって、操作感がかなり違ってきます。

普段使っているゲームパッドがあれば、そちらを基準に、もしなければ、お手持ちのスマートフォンなどを基準にすることで、しっくりくるサイズ感を把握できます。

人気メーカーをチェック

ゲームパッドで人気のあるメーカーは主に以下の3つです。それぞれの特徴を解説します。

Microsoft(マイクロソフト)

アメリカに本社を置き、ソフトウェアの開発・販売を行っている『Microsoft』。Windowsを販売していることで有名な会社です。

『Microsoft』がゲームパッドの開発に注力し始めたのは、『Xbox one』を発売した2014年頃から。

『Xbox one』のゲームソフトを操作するのにはもちろんですが、Windowsに合わせて設計されているPCゲームが多いことから、PCに接続して操作するのにも優れていると言われています。

LOGICOOL(ロジクール)

『LOGICOOL』は、コンピュータ周辺機器やゲーム、音楽などのデジタルデバイスを開発している会社。取り扱っているゲームパッドにも定評があります。

中でも人気があるのは『F310r』。基本性能を備えつつ、価格も2,000円台と手頃なため、初めてゲームパッドを購入するという方にもおすすめです。

ELECOM(エレコム)

大阪に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカーの『ELECOM』。質の高さと価格の安さを兼ね揃えたゲームパッドを多数取り扱っています。

ゲームパッドのボタンは、300万回の耐久試験をクリアしたもののみが使われており、耐久性優れているのが特徴です。

長時間、本格的にゲームをプレイしたいという方には『エレコム』のゲームパッドがおすすめです。

SONY(ソニー)

日本を代表する電子機器メーカー『SONY』。1993年に家庭用ゲーム機事業に参入し、その翌年『プレイステーション』が発売されました。

その後も続々と新たなモデルが発売され、現在もっとも新しいモデルは2014年に発売された『プレイステーション4』となっています。

『SONY』のゲームパッドといえば、このプレイステーション用のコントローラのこと。特に振動機能を備えた『DUALSHOCK』シリーズは、長きにわたってゲームファンから愛されています。

その他

『マイクロソフト』『ロジクール』『エレコム』などの大手メーカーのほか、Amazonなど大手通販サイトでは以下のメーカーのゲームパッドが多数販売されていました。

  • EasySMX
  • Wetoph
  • Lilyhood
  • GameSir
  • Uniraku
  • Madgiga

有名メーカーというわけではありませんが、レビューでは高評価を得ている製品が多く人気があるため、候補として考えてみても良いでしょう。

またこちらの動画でも、人気のあるゲームパッドについて詳しく紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。

3.レビュー評価の高いゲームパッド人気ランキング15選

ここからは、IPPING編集部調べによる実際購入して使っている人のレビュー評価が高いゲームパッドを「有線」と「無線(ワイヤレス)」に分けてランキングでご紹介します。

有線のおすすめゲームパッド10選

まずは、有線のおすすめゲームパッドをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
Microsoft

4N6-00003

参考価格5,026円(税込)

『マイクロソフト』から発売されているゲームパッド。Windows PCとXboxの両方で使うことができます。

手の大きさに合わせてぴったりフィットするよう、デザインをグレードアップ。グリップ部分には、滑りにくい加工が施されています。

また、ステレオオーディオジャックを搭載しているため、お手持ちのヘッドセットを使えば、音楽や効果音をより楽しみながらゲームをすることが可能です。

USBケーブルを使って有線コントローラとして使うことはもちろん、Bluetoothを使えば無線接続も可能です。

Microsoft 4N6-00003の詳細
メーカーMicrosoft
対応機種Xbox One X/Xbox One S/Xbox One/Windows 10
ゲームパッドの接続方法USB/Bluetooth
参考価格5,026円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
LOGICOOL

ゲームパッド F310r

参考価格2,362円(税込)

PC周辺機器を販売している老舗メーカー『LOGICOOL』。こちらは同メーカーの中でも、快適性・操作性に優れた有線タイプのゲームパッドです。

「DirectInput」および「XInput」という最も一般的な2種類の入力規格に対応しているため、幅広いタイトルで使用することができます。

デザインは、手にぴったりフィットする丸みが特徴。ゲーム好きの方ならなじみのあるボタン配置になっているため、操作も簡単です。

またケーブルの長さは 1.8mと長いため、モニターから十分に距離をとって、快適にゲームを楽しむことができます。

LOGICOOL ゲームパッド F310rの詳細
メーカーLOGICOOL
対応機種Windows 8/Windows 7/Windows Vista
ゲームパッドの接続方法USB
メーカー希望小売価格2,362円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
EasySMX

有線PCコントローラー

参考価格1,780円(税込)

『EasySMX』のゲームパッド。USBでWindowsPCや、PS3、Androidスマートフォンに接続して使うことができます。

カラーは、ブラックとブラック+グレーの2色を展開しています。

人間の体に合わせたエルゴノミクスデザインを採用。手の平の膨らみに合わせてデザインされているため、持ちやすく長時間のプレイにも向いています。

また、連射機能付きでボタン連打が必要なシューティングゲームにも最適。振動機能にも対応しているため、爆発や衝突などのシーンで臨場感を味わうことができます。

EasySMX 有線PCコントローラーの詳細
メーカーEasySMX
対応機種PS3/Windows 7/Windows Vista/Windows 8/Windows 10/Android 4.0
ゲームパッドの接続方法USB
参考価格1,780円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
ELECOM

JC-FU2912FBK

参考価格3,424円(税込)

コンピュータ周辺機器を取り扱う『ELECOM』のゲームパッド。PS系のゲームパッドと同じボタン配置なので、快適に操作することができます。

特徴は搭載されている12個のボタン。それぞれに連射機能を設定することができるため、シューティングゲームにもぴったりです。

これらのメインボタンには、日本製の高性能ゴム材料を採用しており、それぞれ300万回の耐久試験をクリアしています。

長時間本格的にプレイするため、耐久性が心配という方でも安心して使うことができそうです。

ELECOM JC-FU2912FBKの詳細
メーカーELECOM
対応機種Windows 10/Windows 8.1/Windows 7(SP1)/Windows Vista(SP2)/Windows XP(SP3)
ゲームパッドの接続方法USB
メーカー希望小売価格3,424円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Wetoph

XJ09-N Xbox One

参考価格3,680円(税込)

Amazonなど通販サイトで販売しているゲームパッドの中でも、特に人気のある『Wetoph』というメーカーのアイテム。ブラックの本体に、遊び心のあるグリーンのラインが特徴的です。

対応しているのは、『Xbox one』とWindowsPC(7/8/10)。どちらもUSBで接続するだけで、すぐに使用することができます。

とてもコンパクトで、お子様や女性の方でも持ちやすいサイズ。手にフィットするよう、丸みを帯びた形になっています。

また振動機能が付いているため、よりリアルにゲームの中の世界を体感することができるでしょう。

Wetoph XJ09-N Xbox Oneの詳細
メーカーWetoph
対応機種Xbox one/Windows 7/Windows 8/Windows 10
ゲームパッドの接続方法USB
参考価格3,680円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
Lilyhood

コントローラー

参考価格1,699円(税込)

こちらのゲームパッドは、『Xbox 360』用として作られたゲームパッド。そのほか、Windows PC(7/Vista/XP)でも、USBで接続して使うことができます。

ボタンは、『Microsoft』が提供している専用コントローラと同じく、左右のトリガー、ジョイスティック、十字キー、ABXYキーが配置されています。

艶消し素材を使っているため、しっかり握りやすく、手から滑り落ちにくいのが特徴。エキサイティングな場面でも使いやすいデザインです。

Lilyhood コントローラーの詳細
メーカーLilyhood
対応機種Xbox 360/Windows 7/Windows Vista/Windows XP/Xbox 360 Slim
ゲームパッドの接続方法USB
参考価格1,699円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
GameSir

T1s

参考価格3,399円(税込)

販売元の『GameSir』は、香港を中心に日本やアメリカに展開しているメーカー。ゲームパッドのほか、様々なアイテムを取り扱っています。

このゲームパッドの特徴は、幅広い機種で使うことができるという点。WindowsPCやPS3、Androidスマホ・タブレットのほか、『Gear VR』というVR機器にも対応しています。

また、お手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードすることで『Tello』というドローンのコントローラとしても使うことができます。

GameSir T1sの詳細
メーカーGameSir
対応機種Androidスマホ・タブレット(Android4.0以上)/PS3/Windows 7/Windows 8/Windows 10/SAMSUNG Gear VR
ゲームパッドの接続方法USB/Bluetooth/2.4GHz 
参考価格3,399円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
Uniraku

PS4コントローラー

参考価格2,899円(税込)

『Uniraku』が販売しているPS4用のゲームパッドです。

ジャイロセンサ、3D加速度センサ、バイブレーション機能、LEDライトといった基本機能を網羅しているほか、2点検出式のタッチパネルを搭載。サブとしてはもちろん、メインとしても実用的と言える一品です。

270gと正規品よりも軽めで、長時間使っても疲れにくいという点にも要注目。イヤホンジャックやスピーカー機能はありませんが、価格を考えればコストパフォーマンスの高いゲームパッドです。

ただ口コミ評判を見る限り、物によってはジョイスティックの反応が鈍かったり、ボタンの利きが悪かったりするケースもある様子。

格闘ゲームなど、リアルタイム性が求められるゲームで使う場合は、そうした可能性も踏まえて購入を検討する必要がありそうです。

Uniraku PS4コントローラーの詳細
メーカーUniraku
対応機種PS4システム/PS4 PRO/PS4 SLIM/PS4
ゲームパッドの接続方法USB
参考価格2,899円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
GameSir

G3w

参考価格2,199円(税込)

モバイル機器メーカー『GameSir』が開発・販売しているゲームパッドです。

少々古い型で、対応機種はOTGに対応したAndorid搭載マシン、Windows PC、PS3となっています。iOSには対応していませんので、iPhoneでは使えません。

ただ、バイブレーション機能、ジョイスティックはもちろん、連射機能やXinput/Dinputの切り替えにも対応。有線ですが、延長コードが付いているため、比較的自由に距離を調整することができます。

ほか、重量も186gと軽く、ニーズにマッチしていれば使い勝手は高そうです。

GameSir G3wの詳細
メーカーGameSir
対応機種Androidスマホ・タブレット/PS3/Windows PC
ゲームパッドの接続方法USB
参考価格2,199円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
ELECOM

JC-U2312FSV

参考価格3,132円(税込)

『ELECOM』が販売するゲームパッド。

2006年のモデルですが、ジョイスティック2本にPOV、バイブレーション機能、連射機能、12ボタンなどを搭載した多機能ぶりに要注目。ラバーグリップのため滑りにくく、激しい操作が求められるゲームジャンルでもしっかりホールドできます。

ただ少々大振りで重いため、手が小さい人や長時間ゲームをする人はその点を考慮する必要がありそう。可能であれば、家電量販店などで実際に触って確かめてからの購入がおすすめです。

ELECOM JC-U2312FSVの詳細
メーカーELECOM
対応機種Windows 8~8.1/Windows 7/Windows Vista/Windows XP/Windows 2000/Windows Me/Windows 98 
ゲームパッドの接続方法USB
メーカー希望小売価格3,132円(税込)

無線(ワイヤレス)のおすすめゲームパッド5選

次にワイヤレスのおすすめゲームパッドを5つご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
Wetoph

Xbox 360ゲームパッド

参考価格1,980円(税込)

『Wetoph』が販売するXbox・PC用のゲームパッドです。

Wi-Fi対応で、最長10m程度まで自由に移動することができます。ボタンの感度にもこだわっており、コマンドを偏差ゼロで受信が可能です。

また、人間工学に基づいてデザインされており、握った時のフィット感にも定評があります。

口コミ評判を確認する限り、高すぎず安すぎず、必要十分な機能が搭載されているアイテム、という評価を得ていることがわかります。

ただ、使い勝手に難がある、という評価も少なからず見られ、当たり外れが激しい印象。購入にあたっては、まず量販店などで使い勝手を確認すると良いでしょう。

Wetoph Xbox 360ゲームパッドの詳細
メーカーWetoph
対応機種Xbox 360/Windows PC
ゲームパッドの接続方法Wi-Fi(4Ghz)
参考価格1,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Wetoph

Nintendo Switch ワイヤレス コントローラー

参考価格3,980円(税込)

『Wetoph』が販売する『Nintendo Switch』用のゲームパッド。

ジャイロセンサ、加速度センサ、バイブレーション機能、キャプチャ機能を搭載。入力精度にこだわって設計されており、サードパーティ性でありながら使い勝手の高さに定評があります。

また、電池の消耗を抑えるために一定時間が経過すると電源が切れるなど、細部までユーザーの利便性を考慮した作りとなっています。

Wetoph Nintendo Switch ワイヤレス コントローラーの詳細
メーカーWetoph
対応機種Nintendo Switch/Windows PC
ゲームパッドの接続方法Bluetooth
参考価格3,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Wetoph

GD07

参考価格4,080円(税込)

こちらも『Wetoph』が販売する『Nintendo Switch』用のゲームパッドです。

ジャイロセンサ、バイブレーション機能を搭載しています。長時間のプレイでも疲れないよう、大きさや重さ、グリップの形状などが最適化されているとのこと。

人間工学をベースに作られており、使い心地を評価する口コミも多数見られました。

また、ボタンの感度にもこだわっており、ソフトタッチでもしっかり検知。アクションゲームなど、入力スピードとその精度がモノを言うゲームジャンルでは、重宝するはずです。

Wetoph GD07の詳細
メーカーWetoph
対応機種Nintendo Switch/Windows PC
ゲームパッドの接続方法Bluetooth
参考価格4,080円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Madgiga

bluetooth ゲームパッド

参考価格2,799円(税込)

ゲームパッドに付属しているスタンドには、3.5インチ〜6.4インチのスマートフォンをセットして使うことができます。

ゲームパッド本体は、人間工学に基づいたデザインで、手の形にぴったり合う丸みのある形状。通信距離最大約10mのワイヤレスなので、ケーブルに煩わされることもありません。

Windows PCやAndroidスマホ・タブレット、PS3のほか『Samsung Gear VR』にも対応しているため、今話題のVRを楽しむこともできます。

Madgiga bluetooth ゲームパッド の詳細
メーカーMadgiga
対応機種Androidスマホ・タブレット/Windows PC/PS3/テレビ/Samsung Gear VR
ゲームパッドの接続方法Bluetooth
参考価格2,799円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
CamKing

ワイヤレスゲームパッド PG-9021

参考価格2,299円(税込)

Bluetoothで使えるワイヤレスゲームパッド。6〜8mの距離で使うことができます。

iPod /iPhone/iPadのほか、ほとんどのAndroidタブレットに対応。ゲームパッド本体は、高品質なオリジナルのプラスチック素材で作られており、持ちやすく、滑りにくいところが特徴です。

約1時間の充電で、約20時間使用可能。長時間使うことができるので、外出先に持って行くのにも安心です。

CamKing ワイヤレスゲームパッド PG-9021の詳細
メーカーCamKing
対応機種iPod/iPhone/iPad/Androidタブレット
ゲームパッドの接続方法Bluetooth
参考価格2,299円(税込)

ゲームパッドの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ゲームパッドの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのゲームパッド売れ筋ランキング楽天のゲームパッド売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのゲームパッド売れ筋ランキング

吉﨑智宏の人気記事

吉﨑智宏の新着記事

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

カテゴリから探す