メンズグレージャケットおすすめ!プロの逸品&選び方のポイント

最近ではビジネスカジュアルを取り入れる会社が増えたことにより、定番のスーツではなく”ジャケットを羽織るスタイル”が増えています。コーディネートに取り入れやすいジャケットの色は「ネイビー」と「グレー」です。

その中でも、今回は「グレージャケット」に注目してお話しさせていただきます。

グレージャケットは、ビジネスカジュアルスタイルを取り入れていくうえで、1着は持っておきたいアイテムの1つになります。グレーはネイビーと並ぶ基本色で、ネイビーは若々しさを表現できますが、グレーは大人っぽくシックな印象を出すことができます。

2着目のジャケットを探している人や、グレーのジャケットをコーディネートに取り入れたい人は必見です!人気ファッションスタイリストの大山旬さんに、色やコーデのアドバイスをいただきましたので、ぜひご覧ください。

画像:fashion-basics.com

最終更新日:2019年5月27日
4,567 views
大山 旬

大山 旬(おおやま しゅん) のプロフィール

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

この専門家の他の記事を見る

グレージャケット選びのポイントは「色」

画像:baycrews.jp

グレーのジャケットを選びにお店に行った時、みなさんは何を基準にジャケットを選びますか?また、どんな点に気を付けてジャケットを選んでいますか?

色・柄・サイズ感、コーディネートした時の雰囲気など、押さえるべきポイントはたくさんありますが、グレージャケットでは1番の肝は「色」になります。

グレーは一歩間違えるとおじさんっぽくなってしまったり、色味によっては暗すぎたり、逆に明るすぎたりしてしまいます。そうならないためにも、色選びがたいへん重要です。

これからご説明する色味をご理解いただき、最適なグレーを選べば、大人っぽい落ち着いたコーディネートに近づくことができるでしょう。

様々なグレー色の種類

グレーのジャケット選びで大事なポイントは「色の濃さ」です。単にグレーといっても、様々なグレーがあるので、まずはどんなグレーがあるのか知っておきましょう。

チャコールグレーチャコールとは炭のことであり、濃く黒に近いグレーを指す
ダークグレーチャコールグレーとほぼ同じ色合いのグレーまたは少し明るい
ミディアムグレー最も一般的なグレーで、中間的な色合い
ライトグレー淡く明るいグレーで、軽く爽やかな印象

グレーの色味の違いは表の通りで、そこにジャケットの柄の有無や、綿や麻など、どんな素材が使われているか、によって印象が変わってきます。

ジャケットのおすすめ色は「ミディアムグレー」

ジャケパンスタイルなどビジカジで使いやすいのは、上の写真のような「ミディアムグレー」です。濃すぎず薄すぎず、これくらいが1番使い勝手が良い色になります。

明るいライトグレーだと、春先などの明るい雰囲気を出すことは出来ますが、着こなしが引き締まりません。しかも、ある程度は良質なものを選ばないと安っぽい印象になってしまいます。一方でチャコールグレーのような深すぎる色合いだと退屈過ぎて、せっかくのジャケパンスタイルを楽しむことができません。

中間色のミディアムグレーは、季節に大きく左右されずに使うことができるので重宝します。

大山旬さんレビュー

大山 旬
グレーにも様々な色味がありますが、最も使いやすいのが「ミディアムグレー」です。明るいグレーは案外使い勝手が悪いので選びません。黒に近いチャコールグレーだと、春先には重たすぎるので、中間色のミディアムグレーを選ぶことをおすすめします。 

【色味別】おすすめグレージャケット3選

ここからは、おすすめのグレージャケットを紹介していきます。

【ミディアムグレー】

画像:uktsc.com

コスパが優秀な『THE SUIT COMPANY(スーツカンパニー)』から、まずは最も定番な「ミディアムグレー」のジャケットをご紹介します。

肩幅やウエストが細身に作られていて、着た感じの印象がきれいに見えるので、大人っぽさを演出することができます。写真ではタートルネックを合わせていますが、中にシャツを着る時は、白や淡いブルー・ストライプなど、様々な組み合わせを楽しめるでしょう。

抜群のストレッチ素材で動きやすく、細身でありながら楽な着心地を保つことが出来ます。

【THE SUIT COMPANY】モクロディジャージー ストレッチジャケット の詳細 
 色 ミディアムグレー
 原産地 日本
 素材アクリル44%・ナイロン28%・レーヨン26%・ポリウレタン2%、胴裏:ポリエステル、袖裏:ポリエステル
 メーカー希望小売価格 20,520円(税込)

Amazonで確認する

【ライトグレー】

画像:uktsc.com

次は少し難易度の高い「ライトグレー」のジャケットです。こちらは、スーツカンパニーの上位ブランドである『UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)』のジャケットになります。

こちらは明るい『ライトグレー』を使用しています。ビジカジから休日まで、様々なシーンで合わせることが出来る、使い回しやすいジャケットです。高い位置からウエストが細くなっているので、体にフィットしたようなシルエットになっています。肩部分は柔らかな仕立てで、着心地の良さにこだわって作られています。

写真のコーデはインナーに白を取り入れているため、全体的に明るい印象になっていますね。私服でジャケットを着る場合、インナーは丸首Tシャツを着るとバリエーションが広がります。

【UNIVERSAL LANGUAGE】ラミーブレンド ジャージージャケット の詳細
ライトグレー×チャコールグレー
原産地日本
素材リネン(ラミー)55%・ポリエステル45%
袖裏:キュプラ100%
メーカー希望小売価格28,080円  (税込)

 Amazonで確認する

【ライトグレー*ウインドーペーン柄】

画像:uktsc.com

これまでご紹介してきたジャケットはオンオフ両方で使えましたが、このジャケットはビジネスカジュアルなど、フォーマルな場面で非常に活躍する1着です。

色合いとしては「ミディアムグレー」を使用しており、これまで無地のものを紹介していましたが、今回は「ウインドーぺーン柄」というチェック柄を取り入れており、遊び心もありながら上品さを出すのに最適です。

美しいシルエットと優れたフィット感、日本人特有のボディラインを考慮した「背幅を広く取る”前肩”パターン」が特徴となっています。先ほどと同じく、ブランドは『UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)』です。

【UNIVERSAL LANGUAGE】SUPER110’s ウインドーペーン柄ホップサックジャケットの詳細
 色ミディアムグレー×ライトグレー
 生地ブランドREDA
 素材ウール100%、胴裏:レーヨン53%・ポリエステル47%、袖裏:キュプラ100%
 メーカー希望小売価格31,320 円(税込)

[btn href=”https://www.amazon.co.jp/dp/B07B4QNMFR?tag=ip06-22″]Amazonで確認する[/btn]

グレージャケットの着こなし動画

おすすめのジャケットを紹介してきましたが、続いてグレージャケットの着こなしの動画を載せておきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

グレージャケットのコーデ事例

どんなに良いジャケットを選んでも、コーディネートの段階でミスしてしまうと、ちぐはぐな感じが出てしまいます。実際にグレージャケットでは、どんなコーデが良いのかイメージが湧かない人もいらっしゃると思います。

そんな人のために、ここからはグレージャケットのコーディネート例をご紹介していきます。

【コーデ①】グレージャケット×ネイビーパンツ

ビジネスカジュアルの定番は、ネイビーとグレーの組み合わせになります。今回は、ジャケットがグレーでパンツがネイビーという組み合わせです。

ネイビージャケットに合わせるボトムスはグレーが定番で、最も相性の良いコーデになります。上下の色を逆にしてもOKです。この組み合わせを中心に、インナー中に着るシャツを変えると、それだけで何種類もの着こなしが出来ます。

シャツは「白・デニム・ストライプ」の3パターンを揃えておけば、グレーでもネイビーでも合わせることが出来るので、とてもおすすめです。

【コーデ②】グレージャケット×ブルージーンズ

次に、ビジカジの中でも、ジーンズを取り入れたカジュアル度が高いコーディネートをご紹介します。グレーのジャケット・白の丸首ニット・ブルージーンズという組み合わせですが、シンプルで、とてもおしゃれに見えますね。

白のアイテムを取り入れると、爽やかさがプラスされ、バランスを取ることが出来るのでおすすめです。もっとカジュアルさを出したいなら、靴をスニーカーにしても良いでしょう。

【コーデ③】グレージャケット×白パンツ

画像:orihica.com

グレージャケットは白パンツともよく合います。ビジネスカジュアルとしても、週末のお出かけスタイルとしても活躍してくれること間違いなしです!シャツを紺色にすると、全体的に引き締まった印象になります。

写真のように多少濃いグレージャケットであっても、白パンツを取り入れることで、色の対比が美しく際立ちます。

白パンツはおしゃれ上級者が着るイメージがありますが、決してそんなことはありません。むしろ誰でも取り入れやすいアイテムです。ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

グレーのジャケットは、ネイビーと並んで定番カラーである反面、ポイントである色の濃さがとても重要になってきます。いきなり明るすぎるグレーから入るのは難しいので、まずは無地のミディアムグレーから入るのが良いでしょう。

そこから柄物を取り入れてみたり、様々なグレーの色を楽しむのが、最も失敗しないグレージャケット選びといえます。グレージャケットが使いこなせるようになると、着こなしの幅は広がります。ぜひ参考にしてみて下さい。

「似合う服がわからない」…そんな悩みとサヨナラしましょう

3,000人以上もの経営者、弁護士、政治家、コンサルタントのファッションコーディネートを担当してきた“服のプロ”、大山旬さん。

大山さんの強みはタレントやモデル向けではなく、会社員、自営業、経営者など一般個人を対象としたファッションコーディネイトを専門としていることです。

口コミですでに1,000人以上の方が利用する「メンズファッションスクール(MFS)」では、次のことが特徴的です。

  • カジュアルからスーツスタイルまで、自分に合った服選びができるようになる
  • オフィスやプライベートで「素敵ね!」と言われる“着こなし術”が学べる
  • コーディネートのポイントが理解しやすい40本のWeb動画でお洒落が楽しくなる

興味のある方は下記の詳細よりお読みください。

メンズファッションスクールの詳細を見る

大山 旬の人気記事

大山 旬の新着記事

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

カテゴリから探す