テンキーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

表計算や会計ソフト入力をするときなどに活躍するテンキー。

ノートパソコンやテンキーなしのキーボードを使用している方は、テンキーボードを使うと便利ですよ。

普段使うことがあまりない方も多いかもしれませんが、数字入力が多い方は、テンキーがあると作業を早く楽に進めることができます。

でも、様々な種類のテンキーが売られているため、どれが使いやすいものなのか迷ってしまいますよね。

今回はPCガイドとして活躍し、システムエンジニアでもある内川功一朗さんにおすすめのテンキーを紹介していただきました。

選び方のポイントや人気の高いテンキーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年8月9日
内川功一朗

内川功一朗 のプロフィール

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナなどの周辺機器に関する情報を発信中。上級写真整理アドバイザーの顔も持つ。WEB『デジタルと現実の架け橋

この専門家の他の記事を見る

1.PCガイドおすすめのテンキー

まずはじめに、プロ内川功一朗さんおすすめのテンキーを2点ご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Alkey 

テンキーパッド

WK-22K-ALS
参考価格価格1,799円(税込)

超薄型で持ち運びにも便利なテンキーです。

人間工学に基づいたデザインで使いやすく、薄型のため持ち運んでどこでも使えます。ブリーフケースやラップトップバッグに入れても邪魔になりません。

一目で使えるキーが分かるのもポイント。LEDランプが緑になるとナンバーキーが使えるようになり、消灯するとファンクションキーが使えます。

USBタイプなのでデバイスドライバーがいらず、USBポートに接続してすぐ使えるのも嬉しいですね。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
無線で繋がるテンキーでしたら、コストパフォーマンスも良いこちらがおすすめ。

Macの横に置いても違和感のないような、シンプルでスタイリッシュなデザインです。

ノートPCはテンキーがないので、普段はそこまで使わないけど、たまに使いたい、という方に向いているでしょう。

使わないときは引き出しにもしまえます。

テンキーパッド WK-22K-ALGの詳細
メーカーAlcey
重量132g
特徴ワイヤレス
参考価格1,799円(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
BUFFALO

テンキーボード

BSTKH100
参考価格価格667円(税込)

表計算の入力作業が楽になるテンキーです。

こちらのテンキーは本体の側面にUSBポートを2つ搭載しています。マウスやUSBメモリなどのUSB機器をテンキーに接続して使用することも可能。

「Tab」キーや「00」キーを搭載し、表計算入力や桁数の多い数字の入力が楽にできます。

本体の裏面に幅広の滑り止めが付いており、安定してタイピングできるのもポイントです。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
テンキーを「わざわざ」使う方は、経理のお仕事などで消耗が激しい使い方をする可能性があります。

そんな方には、こちらの有線のテンキーがおすすめです。無線に比べて価格も安いので、壊れてしまっても気軽に買い替えることができます。

ストローク(押した時の深さ)のあるキーは誤入力を防げるので、安心感があるでしょう。

BSTKH100BK テンキーボード BSTKH100BKの詳細
メーカーBUFFALO
重量120g
特徴USB
参考価格667円(税込)

2.テンキーの選び方

テンキーボードは様々なメーカーから発売されていますが、それぞれ特徴が異なります。せっかく買うなら自分の使い方に合ったものを選びたいですよね。

ここでは選び方のポイントをお伝えします。

接続方法

大きく分けて、有線タイプと無線タイプがあります。

有線

パソコンのUSBポートに接続するだけで使えます。有線でつながっていて動作が安定するのが最大の特徴です。電池交換の手間がないのもポイント。

一方でポートが1つふさがってしまう、持ち運びに不便というデメリットもあります。

表計算や計算ソフトなどを長時間入力する方、オフィスや自宅など使う場所が決まっている方におすすめです。

無線

テンキーをヘビーに使わない方に喜ばれているタイプ。線がないので見た目がすっきりし、必要な時だけ接続して使えます。

電池式のためコストがかかり、有線タイプと比べて動作が安定しないという一面もあります。また、有線タイプと比べて価格が高い製品が多いのが特徴です。

デスクのスペースが限られている方、持ち運んで使用する方におすすめ。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
テンキーを毎日のように使うのであれば消耗品として考え、コストパフォーマンスを重視しましょう。

有線と無線でしたら、有線の方が価格は抑えられます。

無線のテンキーを選ぶのであれば、少し価格は上がっても安心できるブランドを選びましょう。

画像:amazon.co.jp

キーピッチ

キーとキーの間隔を「キーピッチ」と呼びます。大きく分けて、19mmと16mm以下の2種類があります。

一般的なノートパソコンのキーボードのキーピッチは19mm。ストレスなく入力したい方は19mmが良いでしょう。

持ち運びを考えている方、コンパクトなタイプが欲しい方は16mm以下がおすすめ。

キータイプ

大きく分けて3種類あります。自分が打ちやすいと思うものを選ぶと使いやすいですよ。

パンダグラフ

多くのノートパソコンで採用されているタイプ。軽くて浅くタッチができるのが特徴です。キーの中心を打たなくても確実にタイプできます。

タッチ音が静かなものが多く、入力ミスしにくいのもポイント。

メンブレン

デスクトップパソコンに使われることが多いタイプです。キーストロークが深めで入力をしている感があり、キータッチ音がしっかり出ます。

持ち運びには向きませんが、しっかり入力したいという方に向いています。

メカニカル

独特の、深くてしっかりとしたタッチができるタイプ。「カチャ、カチャ」という打鍵音も特徴的です。

5~10個のキーを同時に入力することが可能なので、ゲーム用に使用する方も多いですよ。

画像:amazon.co.jp

付加価値

テンキーには、数字入力以外の機能が付いている製品もあります。

「NumLock」非連動機能

テンキーのないノートパソコンを使用する場合、「NumLock」キーをオンにするとキーボードの一部をテンキーとして使用することができます。

しかし外付けのテンキーの「NumLock」キーとパソコンの「NumLock」キーが連動してしまい、キーボードの入力が制限されてしまうことがあります。

「NumLock」非連動機能があるとこのような不具合がなくなり安心して使えます。

「Tab」キー、「00」キー

「Tab」キーは入力する列を移動できます。「00」キーは桁数の大きな数字を入力するときに便利なキーです。

表計算入力することが多い方は、便利なこれらのキーがある製品を使えば入力作業のスピードも上がります。

内川功一朗さんコメント

内川功一朗
単独で電卓としても使えて、PCと接続すればテンキーになる、という製品もあります。

参考:direct.sanwa.co.jpkakaku.com

3.テンキー人気ランキング10選

ここからは、人気の高いテンキーをランキング形式でご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
エレコム

USBテンキーボード

TK-TCM011
参考価格2,344円(税込)

キーの耐久性が高く、1000万回の入力にも耐えられるというテスト結果のあるテンキーです。

USB接続なので、パソコンのポートに差し込むだけで使用できます。パソコンがオンの状態で抜いても問題ありません。

Excelでの作業がしやすいようにキーが配置されているのも特徴です。「Tab」キーと「00」キーを装備しており、入力作業が楽になります。

「NumLock」のオンオフ状態が一目でわかるLEDランプが付いているのもポイント。

USBテンキーボード TK-TCM011の詳細
メーカーエレコム
重量110g
特徴USB
参考価格2,344円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
BUFFALO

Mac専用テンキーボード

BSTK08M
参考価格2,149円(税込)

Macユーザーの方の入力作業を助けるテンキーです。

Macに合わせてデザインされており、キーピッチも同じ19mmに調整されています。そのため違和感を感じることなく作業できます。

「Clear」キーを装備しており、入力中の文字の打ち間違いも変換前であれば一発で取り消せます。

「Windowsでも問題なく使用できた」というコメントも多くあり、Macユーザー以外の方も使える製品です。

Mac専用テンキーボード BSTK08Mの詳細
メーカーBUFFALO
重量100g
特徴USB
参考価格2,149円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
東プレ

テンキー REALFORCE23U

WC0100
参考価格11,701円(税込)

高級メカニカルキーボードメーカー『東プレ』から発売されている日本製のテンキーです。

静電容量無接点方式を採用。人間工学に基づいた設計で、入力時の静かさやキータッチ感は抜群。長時間使用しても疲れにくく、耐久性も素晴らしい製品です。

フルNキーロールオーバー対応。高速にタイピングしてキーを同時に押すような入力をしてもすべて認識されます。

「どれだけ入力しても疲れない」「史上最高のクオリティ」など、使用感を絶賛するコメントが多いアイテムです。

テンキー REALFORCE23U WC0100の詳細
メーカー東プレ
重量300g
特徴USB
参考価格11,701円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Alcey

テンキーパッド

WK-22K-ALG
参考価格1,799円(税込)

プロ内川功一朗さんもおすすめのテンキーです。

USBレシーバーをパソコンのUSBポートに挿入するだけですぐに使用できます。使わないときはレシーバーをテンキーの裏に収納可能です。

「ESC」キーや「Tab」キー、「=」キーなども装備され、作業効率が大幅に上がるのもポイント。

裏面に滑り止めパッドが付いており、使いやすさにこだわって作られているのも嬉しいですね。

テンキーパッド WK-22K-ALGの詳細
メーカーAlcey
重量132g
特徴ワイヤレス
参考価格1,799円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Levens

Bluetooth テンキーボード

参考価格2,099円(税込)

「場所を選ばずに使いやすい」と評判の、薄型超軽量のテンキーです。

Bluetooth機能搭載し、10m以内の伝送範囲で使用可能。データ転送速度と安定性も大幅にアップしており、素早くデータ入力ができます。

人間工学に基づいた洗練されたデザインも特徴。ゴム製のグリップで使いやすく、長時間使用しても疲れにくいですよ。

電力消費量を削減するための省エネスリープモードが搭載されており、無駄な電池の消費を減らせるのも魅力。

Bluetooth テンキーボード の詳細
メーカーLevens
重量85g
特徴bluetooth
参考価格2,099円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
Cateck

Bluetooth テンキー 28キー

参考価格2,699円(税込)

パソコン以外にも、タブレットや携帯電話との接続もできるテンキーです。

コンパクトで軽量なので持ち運びに便利。無線タイプですが、ペアリングも簡単にできすぐに使えるのも特徴です。

本体は人間工学に基づいてデザインされており、手首をリラックスさせながら使えます。タイピングも楽にできるので、長時間の使用も可能です。

互換性も幅広く、Android、Windows、IOSデバイスに対応しています。

Bluetooth テンキー 28キー の詳細
メーカーCateck
重量141g
特徴bluetooth
参考価格2,699円(税込)

画像:amazon.co.jp
7位
Rytaki

Bluetooth テンキー 22キー

KPL-22K-RY
参考価格2,099円(税込)

特にノートパソコンを使用している方から愛用されているテンキー。

「NumLock」「Tab」キーの他に「DEL」「Backspace」「ESC」など22のキーを搭載しており、入力作業を助けてくれます。

パソコンの電卓機能と連動しており、テンキー上の電卓ボタンを押すと電卓アプリが起動。途中の計算履歴も複数表示できます。

「かゆいところに手が届く仕組みのテンキー」「あるとないでは全然違う」など、使いやすさを高く評価されています。

Bluetooth テンキー 22キー KPL-22K-RYの詳細
メーカーRytaki
内容量109g
特徴bluetooth
参考価格2,099円(税込)

画像:amazon.co.jp
8位
BUFFALO

BSTKH08BK テンキーボード

BSTKH08
参考価格3,780円(税込)

デザイン性と機能性を兼ね備えたテンキーです。

キーピッチを19mmと広めにし、タイピングミスが軽減されるようにデザインされています。本体は7mmと非常に薄く、胸ポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。

本体側面にはUSBハブを2つ搭載。マウスやフラッシュメモリーを接続して使用でき、USBポートが少ないパソコンでも使えます。

Windowsの他にIOSに対応しているのもポイント。

BSTKH08BK テンキーボード BSTKH08の詳細
メーカーBUFFALO
内容量115g
特徴USB
参考価格3,780円(税込)

画像:amazon.co.jp
9位
Levens

ワイヤレス テンキーボード 2.4GHz

参考価格1,299円(税込)

持ち運んで出先で使うのに便利なテンキーです。

2.4Gの無線通信技術を使用。伝送距離が10mと長く、安定した通信で操作できます。

10分間操作しないと自動でスリープモードに入り、無駄な電池の消耗を減らします。新しい電池で2~4ヶ月使用可能。

超薄型デザインで重量が非常に軽いのも特徴。ポケットやバッグに入れて持ち運びやすい製品です。

ワイヤレス テンキーボード 2.4GHz の詳細
メーカーLevens
内容量85g
特徴ワイヤレス
参考価格1,299円(税込)

画像:amazon.co.jp
10位
Cateck

アルミニウム製 Bluetoothワイヤレス テンキー

参考価格3,911円(税込)

アルミニウム製の洗練されたデザインが特徴的なテンキーです。

フルサイズのキーを搭載。「Tab」や上下左右の方向キーはもちろんのこと、電卓の呼び出しキーやサーチ機能も付いていて非常に便利です。

充電式のリチウム電池を2本使用し、1回のフル充電で145時間連続して使用が可能。1日2時間の使用だと72日間使用できます。

「ボタンが多くて使いにくいかと思ったが非常に使いやすい」「初めからこれを買っておけばよかった」など絶賛のコメントが多い製品です。

アルミニウム製 Bluetoothワイヤレス テンキー の詳細
メーカーCateck
重量200g
特徴bluetooth/ワイヤレス
参考価格3,911円(税込)

テンキーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、テンキーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのテンキー売れ筋ランキング楽天のテンキー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのキーボード売れ筋ランキング

内川功一朗の人気記事

内川功一朗の新着記事

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

カテゴリから探す