メイク落としおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

意外と多くの方が悩みを抱えているメイク落とし選び。

今回は人気メイクアップアーティストの山形栄介さんにおすすめのメイク落としをうかがいました。

おすすめしてくれたメイク落としは、汚れ落ちがいいのはもちろん、肌にも優しく、使いやすさも◎。また人気ランキングTOP10アイテムと、メイク落としの選び方についても一緒にチェックしていきたいと思います。

汚れ落ちがいいからといって、安易に選んでしまうと、肌荒れ・肌老化の原因になってしまうことも…毎日使うものだからこそ、質の高いアイテムを選びたいですね。

最終更新日:2019年2月26日
433 views
山形 栄介

山形 栄介(やまがた えいすけ) のプロフィール

HAIR & MAKE

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズコレクション」他ファッションイベント等のヘアメイクを担当する人気ヘアメイクアップアーティスト。WEB『href="http://yamagataeisuke.com/" target="_blank">EISUKE YAMAGATA』

この専門家の他の記事を見る

1.人気メイクアップアーティストおすすめメイク落とし

メイクアップアーティスト 山形栄介さんがおすすめしてくれたメイク落としは、「家に帰ったら1秒でも早くメイクを落としたい!」、そんな方におすすめのアイテムです。

ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD

画像:amazon.co.jp

『ビオデルマ』は40年以上の歴史がある皮膚科学に基づくスキンケアを提案してくれるブランド。その中で『サンシビオ』は敏感肌の方用のシリーズです。

『サンシビオ』の他、敏感オイリー・混合肌向け『セビウム』、敏感乾燥肌向け『イビラビオ』など肌タイプに合わせた複数のスキンケアシリーズが用意されています。

今回おすすめしてくれたメイク落としは、いわゆる「水(リキッド)クレンジング」といわれるタイプで、コットンに湿らせメイクを拭き取ったら、洗顔は不要です。

これ1本で「メイク落とし+洗顔+うるおいケア」の3役をこなします。さらに、オイルフリーですので「マツエクにも対応」ととてもハイスペックなアイテムなのです。

山形栄介さんレビュー

山形 栄介
メイクをサッと落としたいときにおすすめなのがこの『ビオデルマ』のメイク落としウォーターです。

メイク落としを湿らせたコットンでひと撫でするだけで汚れをしっかり落とせて、拭き取り後気になるようであれば洗顔してもOKです。

サイズも色々あり持ち運びも楽ですし、大きいタイプはコスパもすごくいいですよ。

洗顔不要というのは、「楽」なだけではなく、「肌に残っていても負担・刺激にならない成分を使用している」ということでもあります。

そういった側面から見てもこだわりがあるアイテムだということがわかりますよね。

今回は大きいタイプ500mlをご紹介していますが、山形栄介さんのお話しにもあった通り、持ち歩きに便利な小さいサイズもあります。

  • 100ml 1,296円
  • 250ml 2,484円
  • 500ml 2,940円

ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD の詳細
メーカービオデルマ(BIODERMA)
内容量500ml
 メーカー希望小売価格3,175円(税込)
1mlあたりの値段6.35ml

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.メイク落としの選び方

続いて、メイク落としを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを3つご紹介していきたいと思います。

2-1.メイク落としの種類と特徴

メイク落としには様々な種類があり、洗浄力の高さやテクスチャー、肌へのやさしさなども大きく違います。

オイル

  • 油分と界面活性剤でメイクを落とす
  • アイメイクもしっかり落とせる
  • 洗浄力が高い分、肌への負担も大きい

ジェル

  • 水性、オイルイン水性、油性の3タイプがある
  • 比較的洗浄力は高めだが、ポイントメイクをしっかり落とすのは難しい
  • 水性タイプはマツエクを付けていても使用可能

リキッド

  • 拭き取りタイプ、洗い流すタイプがある
  • 摩擦による刺激が心配
  • オイルフリータイプはマツエクも使用可能

クリーム

  • 洗いあがりしっとり
  • マッサージしながらメイクを落とせる
  • 摩擦による刺激は少なめ

ミルク

  • 拭き取りと洗い流すタイプの2種類がある
  • 洗浄力が弱く、濃いメイクは落とせない
  • 洗いあがりしっとりしている

ご紹介した中で一番洗浄力が高いのがオイルタイプ。ただ、オイルタイプは界面活性剤を多く含んでおり、特に安価なものは肌刺激になってしまうことも…。

界面活性剤はメイク(油分)を落とすのに必要不可欠な成分なのですが、中でも「合成」界面活性剤は肌の皮脂を取り除きすぎてしまうことが心配されています。

肌を乾燥させ、外部刺激から肌を守るためのバリア機能を低下させてしまうといわれているのです。

そのため、乾燥が気になる方、肌荒れしやすい、ニキビができやすい方、シミやしわなど年齢肌特有のお悩みがある方などにはあまりおすすめできません。もちろんオイルクレンジングの中には低刺激にこだわった製品もあります。

オイルタイプのメイク落としを選ぶ際は低刺激処方と記載があるものを選んだり、以下のような界面活性を使用しているアイテムは避けるようにしましょう。

敏感肌・乾燥肌の方は避けたい界面活性剤

  • ラウリル硫酸○○
  • ステアリン酸○○
  • オレフィンスルホン酸ナトリウム

etc…

逆に、メイク落としの中で一番低刺激で、肌に優しいといわれているのがミルクタイプです。

ミルクタイプは、合成界面活性剤の配合量が少ないだけではなく、化粧品だけを乳化(水と油を混ぜ落としやすく)させ、肌に必要な皮脂は落とさないため肌への負担が少ないのです。

ただし、界面活性剤の配合が少ないということは、濃いメイク(リキッドファンデーションやウォータープルーフのマスカラなど)を落とす力が弱いということでもあります。

洗浄力の高さはオイル→ジェル→リキッド→クリーム→ミルクの順に弱くなっていき、洗浄力が弱いとメイクが肌に残り肌荒れを引き起こす原因に…。

そのため、「お化粧」や「肌質」にあったメイク落としを選ぶということが大切になるのです。

参照元:arouge.com

2-2.ベースメイクの種類で選ぶ

日焼け止め乳液にパウダーを少々…なんて、薄いメイクの時、わざわざ界面活性剤の配合量が多く肌を乾燥させてしまうようなメイク落としを使う必要はありません。

洗浄力が弱くても十分にメイクを落とすことができるからです。その見分ける基準になるのは「ベースメイク」です。

リキッドファンデーションは、油分を多く含むアイテムであり、落ちにくいという特性を持っているため、洗浄力の高いオイルタイプやジェルタイプなどを選ぶべきです。

パウダーファンデやフェイスパウダーなどのみの場合は、反対にアイテム自体に油分がそこまで多く含まれていないません。そのため、洗浄力が弱くてもOKなのです。

このように、油性の成分が多く含まれているアイテムを使う場合は洗浄力の高いものを、油性の成分があまり含まれていないアイテムを使用する場合は洗浄力が低く肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

2-3.肌質で選ぶ

続いてメイク落とし選びでポイントになるのが、肌質・肌タイプです。先ほども簡単にご紹介しましたが、乾燥肌の方などはオイルタイプなどは向きません。

そして脂性肌、混合肌の方にも実はオイルタイプはおすすめできません。というのもメイク落としや洗顔で皮脂を奪いすぎてしまい、乾燥から肌を守るために皮脂が過剰分泌している可能性があるためです。

そのため、どんな肌タイプの方でも、普段使いにおすすめしたいメイク落としははジェルや水タイプ、クリームタイプ、ミルクタイプなど。

ポイントメイクでウォータープルーフのものなどを使用している場合は、専用のメイク落としが販売されていますので、そちらを使うようにしましょう。

以下、大まかな目安をまとめておきます。該当する項目がない方は、できるだけ低刺激なものを意識して選ぶようにしましょう。

乾燥肌、敏感肌ミルクタイプ、クリームタイプ(拭き取りタイプは控える)
ニキビ肌ジェルタイプ、ミルクタイプ(油分が多いオイル、クリームタイプは控える)
脂性肌、マツエクをしている方オイルフリーのもの選ぶ
年齢肌クリームタイプなど(保湿美容成分が含まれているタイプを選ぶ)

それでも、数を絞り切れないという方は、使用しているメイクアイテムと同じメーカーのメイク落としを選ぶといいでしょう。

自社アイテムでメイク落ちのテストなどをしていることが多いため、相性がいいことアイテムが多いですよ。

3.レビュー評価の高いメイク落とし人気ランキング

では、ここからは人気のメイク落としを一気に10アイテムご紹介していきます。

1位.カウブランド 無添加 メイク落としオイル

画像:amazon.co.jp

第1位に輝いた『カウブランド 無添加 メイク落としオイル』は、オイルタイプですが、低刺激・無添加処方で「プチプラなのに肌に優しい」と口コミで話題のアイテムです。

保湿成分であるセラミドも配合し、乾燥しがちな肌もうるおいを守りながらメイクを落とすことができます。

オイルタイプはメイクを浮き上がらせるスピードも速いため、クレンジングをサッと済ませたいというときにもおすすめです。

カウブランド 無添加 メイク落としオイルの詳細
メーカーカウブランド 無添加フェイスケア
内容量230g
メーカー希望小売価格950円(税込)
1gあたりの値段4.1円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.オルナ オーガニック クレンジング ジェル

画像:amazon.co.jp

Amazon売れ筋ランキング1位にも輝いた『オルナ オーガニック クレンジング ジェル』。こちらも無添加処方で、敏感肌の方にも優しいメイク落としです。

配合成分の98.1%が美容液成分で、毛穴の開き、黒ずみをケアしながらメイクを落とせるようなイメージ。

マツエクをつけていても使用可能ですので、普段使いにぜひおすすめしたいアイテムです。

オルナ オーガニック クレンジング ジェルの詳細
メーカーオルナ オーガニック(ALLNA ORGANIC )
内容量130g
メーカー希望小売価格2,041円(税込)
1gあたりの値段15.7円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.ファーマアクト 無添加クレンジングオイル

画像:amazon.co.jp

大容量でコスパもいいと人気のアイテムが、『ファーマアクト 無添加クレンジングオイル』です。こちらも無添加処方のアイテムでランキング上位のアイテムは無添加タイプのアイテムが並んでいます。

ただ、無添加処方とはいえ、オイルタイプですので、ニキビ肌の方などは悪化してしまったという口コミもあり、もちろん合わない方もいるようです。

メイク落としも化粧品と同じように、太ももや二の腕など肌の柔らかい部分に少しつけてみて、肌荒れしないかどうかパッチテストを行ってからの使用がおすすめです。

ファーマアクト 無添加クレンジングオイルの詳細
メーカーファーマアクト
内容量500g
メーカー希望小売価格711円(税込)
1gあたりの値段1.4円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.サンタマルシェ ディープクレンジング

画像:amazon.co.jp

オイルを使用していない『サンタマルシェ ディープクレンジング』はジェルタイプのメイク落としです。このアイテムには緑茶成分が多く含まれており、抗炎症効果や毛穴ケアができるという特徴があります。

オイルフリータイプでマツエクをつけていても使用できますし、メイク落としで顔を洗った後石けんを使っての洗顔が不要というのも支持されているポイント。

こんにゃくスクラブや天然洗浄成分だけではなく、毛穴悩みに特化した洗浄成分を加えてあるため、メイクだけではなく、毛穴汚れもしっかり落としてくれるアイテムです。

サンタマルシェ ディープクレンジングの詳細
メーカークレア(CLAIR)
内容量400g
メーカー希望小売価格1,728円(税込)
1gあたりの値段4.3円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.カウブランド 無添加メイク落としミルク

画像:amazon.co.jp

『カウブランド 無添加メイク落としミルク』も着色料や香料、防腐剤など不使用の無添加・低刺激処方のアイテムです。

1位のアイテムと同シリーズですので、アレルギーテスト済み、保湿成分配合と成分など似ていますがこちらは「ミルクタイプ」。

「オイルタイプは乾燥が気になる」という方の他、「普段からメイクは薄め」「マツエクをつけてる」方などにおすすめです。

カウブランド 無添加メイク落としミルクの詳細
メーカーカウブランド 無添加フェイスケア」
内容量150g
メーカー希望小売価格950円(税込)
1gあたりの値段6.3円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.キュレル ジェルメイク落とし【医薬部外品】

画像:amazon.co.jp

医薬部外品である『キュレル ジェルメイク落とし』は肌のうるおい成分「セラミド」を守りながらメイクを落とし、敏感肌の方などにもおすすめのアイテムです。

皮膚科医からすすめられて『キュレル』を使用し始めたという方も多く、このアイテムは口コミサイト『@cosme』では過去に2回ベストコスメ大賞を受賞しています。

またテクスチャーもおすすめポイントの一つ。ジェルのメリットはテクスチャーがしっかりしているため、メイク落としの際、手と顔がこすれにくいことです。

摩擦は肌老化や乾燥の原因になりますので、このジェル特有のテクスチャーも乾燥肌・敏感肌の方には大切なポイントになっています。

キュレル ジェルメイク落とし【医薬部外品】の詳細
メーカーキュレル(Curel)
内容量130g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
1gあたりの値段8.3円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.オルビス クレンジングリキッド

画像:amazon.co.jp

『オルビス クレンジングリキッド』は水タイプのメイク落とし。オイルカット処方ですので、マツエクをつけていても使用OK。

『オルビス』の全アイテムの中でも特に人気で、1カ月に50万本も売れるヒットアイテムです。

無香料、無着色、アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み、と低刺激処方でありながら、口紅、マスカラ、ファンデーションなど落ちにくいメイクもピンポイントで落としてくれる高い洗浄力は特に評価の高いポイントでもあります。

オルビス クレンジングリキッドの詳細
メーカーオルビス(ORBIS)
内容量150g
メーカー希望小売価格1,440円(税込)
1gあたりの値段9.6円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.菊正宗 日本酒のメイク落とし

画像:amazon.co.jp

神戸の酒造である『菊正宗』から発売されている『日本酒のメイク落とし』はジェルタイプで、洗い流しても拭き取ってもどちらでもOKなメイク落としです。

注目は日本酒(コメ発酵液)を配合していること。

日本酒の原料であるお米が元々肌にいいというのは有名な話ですが、日本酒にする(発酵させる)ことで、アミノ酸やミネラル分などの成分が増殖し、肌を乾燥から守ってくれる効果がより高まるといわれています。

菊正宗 日本酒のメイク落としの詳細
メーカー菊正宗
内容量200g
メーカー希望小売価格799円(税込)
1gあたりの値段4.0円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

9位.クレンジングリサーチ ジェルクレンジング

画像:amazon.co.jp

『クレンジングリサーチ』 は天然由来のフルーツ酸「AHA」を配合したアイテムを販売しているメーカーです。

AHAはターンオーバーを促進させる効果がある成分で、くすみや毛穴(つまり・黒ずみ)でお悩みの方におすすめです。

今回紹介するアイテムもそのAHAを配合しており、メイクと一緒に角質をオフ。W洗顔不要ですので、さっとスキンケアを終えたい方にも嬉しいアイテムです。

公式サイトには記載がありませんでしたが口コミによるとこちらのタイプはマツエクを付けていても使用OK。ですが、同シリーズの『クレンジングリサーチ オイルリッチ ジェルクレンジング』は油分が入っているため使用できません。

画像:bcl-brand.jp

今回紹介しているアイテムはグリーン、『クレンジングリサーチ オイルリッチ ジェルクレンジング』はピンクですので購入の際注意しましょう。

クレンジングリサーチ ジェルクレンジングの詳細
メーカークレンジングリサーチ
内容量145g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
1gあたりの値段7.4円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

10位.クレンジングリサーチ オイルクレンジング Na

画像:amazon.co.jp

9位と同メーカーから発売されている『クレンジングリサーチ オイルクレンジング Na』。こちらは、オイルタイプですのでより高い洗浄力のあるアイテムです。

とろみのあるオイルタイプでウォータープルーフなどの濃いメイクも素早く浮かし、同時に毛穴の角質ケアもしてくれます。

ポイントリムーバーを使用せずとも1回でしっかりメイクを落とせるため、口コミでは汚れ落ちで特に高い評価が寄せられていました。

ただし、やはり乾燥しやすいという声も…。1回使っただけで毛穴の黒ずみをオフできるわけではないため、乾燥が気になる方は、週に1度だけや濃いメイクの日に限定して使うなど、工夫して使うようにしましょう。

クレンジングリサーチ オイルクレンジング Naの詳細
メーカークレンジングリサーチ
内容量145g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
1gあたりの値段7.4円

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

メイク落としの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、メイク落としの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのメイク落とし売れ筋ランキング楽天のメイク落とし売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのメイク落とし売れ筋ランキング

山形 栄介の人気記事

山形 栄介の新着記事

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア「トイグル」を運営。TOEIC対策特化型スクール「トイク...

島本優

島本優

プロカメラマン

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

カテゴリから探す