ビジネスシューズおすすめ!プロの逸品&失敗しない選び方

足元は非常に目につくパーツでとても印象に残りやすく、さらにはビジネスマンにとって質も見られてしまう部分です。

だからこそ、ビジネスシューズはそれなりに投資すべきパーツだといえますが、その分慎重にならざるを得ません。かなり高額な革靴でも、一見すると違いがわからないものもざらにあります。

一流のスタイリストは、一体どんなビジネスシューズを選んでいるのでしょうか。

今回は、ファッションに関する著書を出版し、メディアでも人気のスタイリスト大山旬さんに、ビジネスシューズの基本的な知識と、値段帯別で大山さんがおすすめするビジネスシューズブランドを具体的にお聞きしました。

この記事を読んでいただければ、あなたのビジネスシューズ選びに必ずお役にたてるはずです。ぜひ参考にしてください。

最終更新日:2019年3月6日
4,095 views
大山 旬

大山 旬(おおやま しゅん) のプロフィール

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

この専門家の他の記事を見る

ビジネスシューズのタイプ

「ビジネスシューズ」と一口に言っても、カジュアルなものからフォーマルなものまで様々なものがあります。基礎知識として、まずは以下の図をご覧ください。

これに加えて、ブローグと呼ばれる飾り穴が装飾されたものや、タッセル(房飾り)がついた靴も存在します。詳しい内容については、株式会社リーガルコーポレーション「靴のスタイルとデザインを知る!」をご覧ください。

これらの中で、大山さんがおすすめするビジネスシューズは以下の4つになります。

1.黒のストレートチップ
2.ブラウンのストレートチップ
3.黒のセミブローグ
4.黒のダブルモンク

大山旬さんのレビュー

大山 旬
まず最初に揃えるべきは、黒のシンプルなストレートチップです。基本中の基本で、これさえ持っていれば、ビジネス以外に冠婚葬祭でも活用することができます。

次にチャレンジしてもらいたいのが、深めのブラウンのストレートチップです。黒の次にフォーマルな色合いなので、スーツに合わせてもまったく違和感はありません。ほんのりカジュアルな雰囲気が漂います。

3足目の靴としておすすめするのが、黒のセミブローグです。少し装飾が入ったデザインが特徴的です。カジュアル感が出ますが、ブラウンのストレートチップよりもビジネスライクに見えます。

最後は黒のダブルモンクです。少し難易度が高くなりますが、フォーマルな靴の一種ですので、ビジネスで履いても問題ありません。

3万円以上のものを3足揃えるべき理由

ビジネスシューズは、そのほとんどが革靴だと思います。そして革靴は、長く使えば使うほど味が出てくるものです。

メンテナンスをしっかり行えば、3~5万円ほどの靴で5年程度、6万円以上のものなら10年程度は使えます。そうすると、1~2万円前後の靴を何度も買い替えるよりもコスパが良くなります。

また、毎日同じ靴を履いていたりしませんか?実はこれはNGです。「1日履いたら2日休ませる」が基本的なルールなので、3足以上の靴をそろえるのがベストです。このように「靴を休ませる」だけで寿命が大きく伸びまます。

大山旬さんがおすすめするビジネスシューズ

それでは、大山旬さんがおすすめするビジネスシューズブランドをご紹介していきます。

大山旬さんのレビュー

大山 旬
今回ご紹介するビジネスシューズは、価格が3万円以上のものになります。

繰り返しになりますが、ビジネスマンはどんな靴を履いているか?お客様から注目されることが多いと思います。安い買い物ではないので、長く履き続けられる、お気に入りの逸品を選びましょう。

ちなみに、ビジネスシューズはスーツの値段と大体同じものをそろえると、ちょうどいいバランスになります。ぜひ、覚えておいてください。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

『SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)』は言わずと知れた本格国産革靴ブランドで、東京都墨田区で一貫生産されています。本革靴が3万円台で買えるというコスパの良さで、ビジネスマンにはもってこいのブランドです。そしてなにより日本製ですので、日本人の足に合う木型を使ってつくられていて、自分に合った靴が見つけやすいという利点もあります。

スコッチグレインは、グッドイヤーウェルト製法を採用しています。この製法の最大の特徴は、縫い合わせを解いて靴底(オールソール)の交換ができるということです。

スコッチグレインを展開している「ヒロカワ製靴」は、「スコッチグレイン専門の修理工場「匠ジャパン」を有しています。百貨店などの一般的な修理店よりも安くメンテナンス出来るので、こういった面でもコスパの高いブランドです。

大山旬さんレビュー

大山 旬
ビジネスシューズにおけるお値段の最低ラインは、この『SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)』に設定しましょう。3万円台か、商品によっては3万円を切ります。

この値段帯でよく比較されるのが『REGAL(リーガル)』ですね。リーガルも最近は人気が出ていて悪くはありませんが、周りと差別化したいという方は是非スコッチグレインをチェックしてみてください。

SCOTCH GRAIN|シャイン オア レイン ストレートチップ

画像:amazon.co.jp

『SCOTCH GRAIN|シャイン オア レイン ストレートチップ』は、その名のとおり、雨の日も活躍する優れもののビジネスシューズです。

防滑機能の付いたソールと、撥水加工の施された本革が使用されています。一見、「本当に雨の日でも大丈夫なのだろうか・・・?」と思わせる、本格的な格好良さもこの商品の魅力です。

SCOTCH GRAIN|シャインオアレイン ストレートチップ の詳細
メーカー希望小売価格30,240円(税込)
メイン素材牛革
タイプストレートチップ

Amazonで価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)

『JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)』は、もともと外国人向けのミリタリーブーツを作っていた、インドネシアの靴工場から始まりました。

ハンドソーンウェルテッド製法と呼ばれる製法は、最後のアウトソールの縫いのみを機械で行い、あとの工程はすべてハンドメイドで作られています。スコッチグレイン同様、手間のかかる作業を経て完成される逸品です。

履けば履くほど自分の足に合った沈みができ、最高の履き心地を実現し、それでいて低価格帯で手に入る、コスパ最強の人気ブランドです。

大山旬さんレビュー

大山 旬
『JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)』は、その技術力から『HERMES(エルメス)』の製品などを手がけてます。作りは非常にしっかりしていて、6~8万円の靴と大きな遜色はありません。

ブランドイメージでは、スコッチグレインよりも上かと思いますが、無論、自分の足に合うかが問題ですので、是非履き比べてみてください。

JALAN SRIWIJAYA| SEMI BROGUE(セミ ブローグ)98441

画像:amazon.co.jp

ブローグとは、飾り穴が装飾された靴を指します。もともとは農民が農作業で履く靴として、乾きやすさを求めて通気用の穴を空けたのが始まりと言われています。こちらは「セミ」グローブのため、つま先以外はシンプルに抑えてあり、ドレッシーなコーディネートに合います。

『JALAN SRIWIJAYA| SEMI BROGUE(セミ ブローグ)98441』は、ジャランスリワヤのベストセラーモデルで、ハンドソーンウェルテッド製法をたしなむのに最適な、レザーソール素材を使用しています。

ジャランスリワヤ|SEMI BROGUE 98441 の詳細
メーカー希望小売価格32,400円(税込)
メイン素材牛革
タイプセミブローグ

Amazonで価格を見る

三陽山長(さんようやまちょう)

『山陽山長(さんようやまちょう)』は2000年に誕生した、主に紳士服と紳士靴を扱う、日本生まれのブランドです。上質な素材と世界に通用する匠の技で、永遠に愛されるような、極上の逸品を作り出しています。スコッチグレインでも使用されている、グッドイヤーウェルト製法を採用しています。

三陽山長は、どんな場面においても、威風堂々と挑める正統派の紳士を理想としています。これはビジネスシューズにも反映されていて、極めて上質な素材を、一流の職人が丁寧に仕立てています。

ラグビーの五郎丸選手も、山陽山長のシューズを愛用しているそうです。

大山旬さんレビュー

大山 旬
日本が誇る靴ブランド『三陽山長(さんようやまちょう)』、僕もかつてブーツを所有していましたが、ものすごくシルエットが美しかったです。とても気に入っていたのですが、紐を結ぶのが面倒くさくて、結局手放してしまいました…(笑)

日本製の既製靴ブランドでは信頼感があって、ぜひおすすめしたいブランドの1つです。デザインはシンプルなのですが、とても洗練されています。

三陽山長|【直営店限定】ダブルモンクストラップドレスシューズ

画像:sanyo-i.jp

こちらの『三陽山長|【直営店限定】ダブルモンクストラップドレスシューズ』は、直営店限定・日本国内工場で製造したビジネスシューズです。日本人特有の足の形にフィットする様に設計されています。

職人たちの巧みな技術は以下の動画からご覧になれます。これを見れば、いかに素晴らしい商品か、おわかりいただけると重います。

三陽山長|【直営店限定】ダブルモンクストラップドレスシューズ の詳細
メーカー希望小売価格64,800円(税込)
メイン素材牛革
タイプダブルモンク

公式サイトで価格を見る

Church’s(チャーチ)

『Church’s(チャーチ)』は、1873年、靴作りの町として有名なノーサンプトンで創業しました。正統派の英国靴として不動の地位を確立した歴史あるブランドです。価格帯で言えば「高級靴」のジャンルで、欧米のセレブリティや007のボンドも愛用することで知られています。

また、チャーチといえば「ウィングチップ」です。ウィングチップはその名のとおり、翼(Wing)のような切り替えを施した革靴を総称したものです。イギリスではほぼ同様の革靴を指して、「フルブローグ」と呼びます。

大山旬さんレビュー

大山 旬
Church’s(チャーチ)』といったら、ウィングチップの靴が思い浮かびます。イギリス靴としてまず間違いのない選択肢がチャーチです。いわゆる「高級靴」と呼ばれる中でも、割と手が届きやすいビジネスシューズです。

最近ではレディースも調子が良く、スタッズが打たれた靴が大ヒットしました。

老舗の靴ブランドも、これまでのイメージを刷新しようとリブランディングを行っているのですが、その中でもチャーチは割と攻めている印象です。これからもきっと伸びるのだろうな、と思わせてくれます。

Church’s|CHETWYND(チェットウィンド)

画像:amazon.co.jp

チャーチの『CHETWYND(チェットウィンド)』は世界的に有名なモデルで、ビジネスシーンからカジュアルシーンにおいて高い汎用性を発揮します。長く愛用する事で、足にしっくりと馴染み、欠かせない一足となるでしょう。

チャーチの靴は仕上げの際に、チャーチオリジナルのワックスを時間をかけて、職人さんの手で塗り込んでいます。このような時間をかけた丁寧な仕事が、革本来の美しさを引き立てます。

Church’s(チャーチ)|CHETWYND の詳細
 メーカー小売希望価格 89,640円(税込)
 メイン素材牛革
 タイプウィングチップ

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

番外編:超高級ビジネスシューズ

Berluti(ベルルッティ)

一気に値段が上がりますが、最後にご紹介したいのが『Berluti(ベルルッティ)』です。おそらくこのブランドよりも高い商品はオーダーメイド以外ないのではないでしょうか。

まさに「最高級靴」の名にふさわしいブランドでしょう。

大山旬さんレビュー

大山 旬
ベルルッティはなんといっても、見ればすぐにベルルッティだとわかる「らしさ」をもっています。使用されているヴェネツィアンレザーはベルルッティにのみ使用が許された特別な革で、手触りや質感、耐久性においても優秀です。

色にムラがあるのは「パティーニ」という染色技法が用いられているためで、何度も何度も重ね塗りをして、唯一無二の美しい芸術作品のような独特の風合いを演出します。

富裕層に愛される代表的なブランドで、僕もいつかは所有してみたいです。

Berluti|Gaspard(ガスパール)

画像:buyma.com

イタリアの芸術家ルーチョ・フォンタナがキャンバスに深みを出すために切れ込みを入れる習慣から着想を得た『ガスパール』は、一見すると横線に見える独創的デザインが目を引きます。使えば使うほど、その風合いの独創性は増す一方です。しっかりと手入れをして、是非長く使っていただきたい逸品です。

Berluti(ベルルッティ)|Gaspard(ガスパール) の詳細
参考価格255,900円(税込)
 メイン素材ヴェネツィアンレザー 
 タイププレーントゥ

BUYMAで価格を見る

メンテナンス

ここで、ビジネスシューズのメンテナンスについてお伝えします。

お店でのメンテナンスの目安は、少なくとも1年に1回です。特に営業などで、よく歩くお仕事をされている方はかかと部分がすぐにすり減ってしまうと思いますが、百貨店などの靴屋さんでも取替えが可能です。忙しくて時間が取れないという方は、駅などに入っているミスターミニットでもOKです。

日常的なメンテナンスは、月に1回の自宅での靴磨きです。おすすめは『M.MOWBRAY(モウブレイ)』のデリケートクリームです。革製品全般に使える優れもので、お財布・鞄・ベルトなどにも使えますよ。これひとつで、ビジネスシューズを良い状態に保つことができます。

画像:so-school.tokyo

Amazonで価格を見る楽天で価格を見る

具体的な磨き方も大山旬さんにお聞きしました。

大山 旬
僕の靴の手入れは、いつも適当です。あまり手間を掛けずに、ササーッと終わらせてしまいます(笑)手順はとても簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

  ①軽くブラッシングしてほこりを落とす
  ②布切れにクリームをつけ、靴全体に馴染ませる
  ③乾拭きする
  ④防水スプレーでコーティングする

僕は靴の専門店で働いていたことがあるので、靴磨きもそれなりに研究してみた時期があります。色々と試してみた結果、嫌にならない程度の頻度で、サクッと磨くのが良い、という結論に至りました。

ビジネスシューズで見られるのは、ブランドやデザインよりも「日頃どれだけ丁寧にメンテナンスされているか」というところだと思いますので、可能な範囲でお手入れを続けてみてください。

まとめ

ビジネスシューズは、黒のシンプルなストレートチップからそろえてみてください。一足持っておくだけでビジネスのみならず、冠婚葬祭にも使えて大変便利です。2足目は茶色のストレートチップ、3足目は黒のセミブローグで、最低でも3足は揃えるようにしましょう。黒のダブルモンクも、おしゃれ感を出せるので、ぜひトライしてみてください。

大人の男性であれば、安価なものでなく、3万円以上のビジネスシューズがおすすめです。こまめにお手入れすれば、そのほうがコスパも良くなります。

この記事が、あなたをワンラックアップさせる手助けになれば幸いです。

「似合う服がわからない」…そんな悩みとサヨナラしましょう

3,000人以上もの経営者、弁護士、政治家、コンサルタントのファッションコーディネートを担当してきた“服のプロ”、大山旬さん。

大山さんの強みはタレントやモデル向けではなく、会社員、自営業、経営者など一般個人を対象としたファッションコーディネイトを専門としていることです。

口コミですでに1,000人以上の方が利用する「メンズファッションスクール(MFS)」では、次のことが特徴的です。

  • カジュアルからスーツスタイルまで、自分に合った服選びができるようになる
  • オフィスやプライベートで「素敵ね!」と言われる“着こなし術”が学べる
  • コーディネートのポイントが理解しやすい40本のWeb動画でお洒落が楽しくなる

興味のある方は下記の詳細よりお読みください。

メンズファッションスクールの詳細を見る

大山 旬の人気記事

大山 旬の新着記事

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

2015年より、整理収納・照明アドバイザーとしてサービスを開始。セミナーやメディア出演、取材、記事執...

清水理恵

清水理恵

エステティシャン時代に13年間で2万人以上の方のカウンセリングを行った経験を元に「運動なしで痩せる」...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。愛知県名古屋市出身。2児のママ。2017年に『株式会社Y-Style』を設立し、「ワー...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

大津たまみ

大津たまみ

「お掃除お片付け」のプロとして25年以上のキャリアを持つ。清掃業界のカリスマ的存在。年間200本以上の...

鍛治 恵

鍛治 恵

1989年、ロフテー株式会社に入社。快眠スタジオに配属後、睡眠文化の調査研究業務に従事。睡眠文化研究...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

近藤淳子

近藤淳子

元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。JSAサケ・エキスパート認定講師。...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。CDPR社Witcher3に登場するゲーム内カードゲームGwen...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

フードコーディネーターの倉田 沙也加(写真左)。そして管理...

矢島昇悟

矢島昇悟

日本歯科大学生命歯学部を卒業後、複数の歯科医院で経験を積み、患者さんがリラックスできるような「ス...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン...

カテゴリから探す