おすすめのメンズダウンベスト|人気スタイリストによる選び方と着こなし方

ダウンベストとダウンジャケット、あなたはどちらを持っていますか?もしくはどちらが欲しいですか?ダウンジャケットは、一枚羽織ってしまえばとても暖かく、冬には手放せなくなるアウターですよね。ただ、実はダウンベストの方が、おしゃれ度の高いアイテムになります。

袖がない分、インナーやパンツに何を合わせるかで、ガラッと雰囲気を変えることができます。これが使いこなせたら、おしゃれ上級者にグッと近づくでしょう。

そこで、この記事ではファッションに関する著書を出版しメディアにも出演している、スタイリストの大山旬さんに、ダウンベストの選び方やおすすめのブランドについてお聞きしました。あなたにピッタリのダウンベスト選びの参考になれば幸いです。

最終更新日:2018年4月19日
249 views
大山 旬

大山 旬(おおやま しゅん) のプロフィール

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

この専門家の他の記事を見る

大山旬さんによるダウンベストの選び方と着こなし方

マットな質感で定番の色を選ぶ

画像:amazon.co.jp

ダウンベストは、マットな質感のもので定番の色を選ぶようにしましょう。

上の写真は『TATRAS(タトラス)』のものになりますが、このようにマットなものを選んでください。光沢があるものだと、 “品” が損なわれてしまうからです。

そして、色は定番の「ネイビー・ブラック・チャコールグレー」がおすすめです。ダウンベストはインナーとの相性がより色濃く出ますから、合わせやすい定番色を選んだ方が、コーディネートしやすくなるでしょう。

ダウンベストの選び方は、基本的にはダウンジャケットと同じです。参考までに「おすすめのダウンジャケット|人気スタイリストによる選び方と着こなし方」も併せてお読みください。

カジュアルとフォーマルのバランスを保つようにする

ダウンベストはとてもカジュアルなアイテムになります。ですから、取り入れる時には他のアイテムとのバランスを取って “きれいめ” に仕上げた方が素敵になります。

大人のファッションには、大きく分けて「カジュアルなアイテム」と「フォーマルなアイテム」があります。この2つを上手にミックスして、カジュアルに寄り過ぎないようにコーディネートしましょう。

もう少し、具体的に解説していきます。

例えば、色々なアイテムをカジュアルかフォーマルかに応じて5段階に分類してみましょう。下の表をご覧ください。点数が低いほどカジュアルなアイテムで、高いほどにフォーマルになります。

点数アイテム
Tシャツ、短パン、ブルージーンズ、スニーカー、サンダル、パーカー
チノパン、ダウンジャケット、ダウンベスト、半袖シャツ
ポロシャツ、ローゲージニット(ざっくり編みニット)、ホワイトジーンズ、スエードシューズ
ハイゲージニット(編み目の細かいニット)、白シャツ、カジュアルな革靴、スラックス
チェスターコート、レザーシューズ、ジャケット

コーディネートのバランスを見るときには、こちらの数字を意識してみてください。全身が平均で3点前後になるようにしましょう。高すぎても、低すぎてもダメです。点数が高すぎるとキザな印象になってしまいますし、低すぎれば気のぬけた印象になります。

例えば、下の画像をご覧ください。先ほどの表に合わせて、点数を計算してみましょう。

画像:so-school.tokyo

上から、ジャケット 5点・ハイゲージニット 4点・白シャツ 4点・ブルージーンズ 1点・カジュアルな革靴 4点となります。合計18点で、平均は3.6点です。これが理想的な点数になります。

この「カジュアル」と「フォーマル」のバランスが取れるようになると、一気におしゃれに魅せることができます。全体的なバランスを見る際には、ぜひ、先ほどの表をご活用いただき、点数で計算してみてください。

大山旬さん解説|スタイリング事例

次からは、ダウンベストのおすすめスタイリングを写真を使って詳しくご紹介していきます。2つの事例を用いて、大山旬さんにコーディネートのポイントを解説していただきましょう。

事例① 定番のきれいめスタイル

画像:so-school.tokyo

大山旬さんの解説

大山 旬
写真のダウンは、カーキのような色味になっています。これだとコーディネートの難易度が少し高くなってしまうので、ダウン自体はチャコールグレーかネイビー、ブラックを選ぶと良いでしょう。

中に合わせたニットをカーキにすると、とてもバランスが良くなります。

そして、注目していただきたいのが「グレーのスラックス」です。ダウンベストは、とてもカジュアルなアイテムです。そこへビジネス寄りのスラックスを合わせれば、そのカジュアルさが軽減されて、きれいめなスタイルになります。

さらに、このコーディネートのおしゃれポイントは「パンツの丈」にあります。センタープレスの効いたグレーのパンツは、丈を短めにしてくるぶしが見えるように着ています。そうすると、ビジネスライクにはなりません。カジュアルとフォーマルのバランスが、絶妙です。

この技法は、積極的に取り入れていきたいところですね。

スラックスについては「おすすめスラックス|クールで格好良くカジュアルに決める着こなし術」をご覧ください。

事例② スポーティースタイル

画像:so-school.tokyo

大山旬さんの解説

大山 旬
スポーティーに仕上げるならば「リブパン」と合わせるのもおすすめです。少し難易度の高いアイテムになりますが、上手に使えば一気におしゃれに見えるようになります。

リブパンとは、足首のあたりがキュッと細くなっていて、リブが付いているボトムスのことを言います。一見すると、「野球部みたい…」とか「ジャージっぽい」「部屋着っぽい」と思われるかもしれません。

でも、色が濃い目でシルエットが細身なものと合わせれば、大人っぽく着こなせますよ。

そして、上半身にはきれいめなアイテムを合わせましょう。シンプルなボタンダウンの白シャツなどで、きれいめなバランスを保つようにしてください。

特に、ダウンとリブパンは両方ともカジュアルなアイテムになりますから、カジュアル寄りになり過ぎないように注意してください。

大山旬さんおすすめのダウンベストブランド

それでは、実際に大山旬さんがおすすめする、ダウンベストのブランドをご紹介していきましょう。最後にご紹介する、EDIFICE(エディフィス)は、「中でもこのモデルが良い」というものを一押ししてくださっています。

ぜひ、ダウンベスト選びの参考にしてみてください。

TATRAS(タトラス)

画像:tatras.it

『TATRAS(タトラス)』は、2007年にイタリアのミラノで誕生した比較的まだ新しいブランドです。坂尾正中氏が立ち上げたブランドで、「TATRAS」はポーランドで一番標高が高いタトラ山から付けられています。

日本の有名デパートや百貨店などで店舗展開してその知名度を確立させ、「機能的で上質なアウター」として、一躍人気のブランドとなりました。今ではイタリア国内はもちろん、ヨーロッパ・アメリカ・極東地域へと進出し、グローバル展開しています。

タトラスといえば、3つの十字架が並ぶブランドのロゴマークが特徴的です。この十字架にはそれぞれ「機能的で、洗練された、唯一無二」という意味が込められています。詳しくは、「おすすめのダウンジャケット|人気スタイリストによる選び方と着こなし方」の記事でご紹介していますので、ぜひこちらもお読みください。

大山旬さんレビュー

大山 旬
ダウンベストでしたら、断然『TATRAS(タトラス)』がおすすめです。冒頭の動画でもご紹介しているように、僕が愛用しているブランドでもあります。

何よりも、そのシルエットが素敵です。ダウンはモコモコとしているので、どうしても野暮ったい形になってしまいます。でもこちらは、ウエストに多少シェイプが入っているのでスタイルを良く見せてくれます。

価格帯は70,000円前後です。少し背伸びをするような金額かもしれませんが、買ってよかったと思える逸品になると思います。

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

nano universe × TOKYO NISHIKAWA(ナノユニバース×東京西川)

画像:nanouniverse.jp

セレクトショップの『nano universe(ナノユニバース)』が、寝具の東京西川の羽毛を使ってつくり上げたダウンベストです。まるで布団にくるまっているかのように暖かく、まさしく「ふとんから出たくない」の夢を叶えてくれる逸品です。

西川が誇る羽毛のスペシャリストの知恵と技術が詰まっていて、「フレッシュアップ加工」や「サニタイズ加工」という加工が施されています。詳しくは、「おすすめのダウンジャケット|人気スタイリストによる選び方と着こなし方」の記事でご紹介していますので、こちらも併せてお読みください。

大山旬さんレビュー

大山 旬
先ほどご紹介したタトラスよりも予算を下げたい場合には、こちらの『nano universe(ナノユニバース)』がおすすめです。価格帯は、タトラスの半分程度、35,000円前後になります。

価格としても手が出しやすく、それでいてシャープなデザインです。大人の男性にはよく似合うと思います。質感も非常に良く、コスパが高いのが良いですね。

ぜひ、着比べて検討してみてください。

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

EDIFICE(エディフィス) T/W ダウンフード ベスト

画像:wear.jp

こちらのダウンベストは、「河田フェザー」の羽毛を使用しています。河田フェザーとは、明治24年に創業して以来、100年以上も羽毛業界を牽引してきた羽毛の専業メーカーです。羽毛を洗う際の水にもこだわり、極限まで付着物を取り除けるように乾燥した気候を追い求めて、工場を移転させてしまうほど、品質へのこだわりを追求しています。

そんな羽毛をふんだんに使っているこちらのブランド『EDIFICE(エディフィス)』は、メンズ専門のセレクトショップです。常に世界のトレンドやニュースを取り入れている「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」と同じ会社が運営しています。

ブランドコンセプトも「ライフスタイル全般に興味を持つ高感度な男性顧客層を主な対象」としており、品質の高い商品で、上品なスタイルを提案してくれています。おしゃれに敏感な大人のオトコにこそ、支持されいるブランドです。

こちらのダウンベストの表地には、糸や織り方にもこだわった、スーツで使われる生地が使われています。生地に品があるため、撥水加工がなされていながらエレガントな雰囲気を保っています。

もちろん、シルエットはタイトな仕上がりです。フードは取り外しも可能で、カジュアルからドレッシーまで幅広く楽しめる一着です。

大山旬さんレビュー

大山 旬
僕も実物を見ましたが、これは良いですね。先ほどご紹介した、「タトラス」のダウンベストと同じく、良いところが詰め込まれています。価格も25,000円程度と手を出しやすく、タトラスの1/3程度で購入できます。

お手ごろ価格なので「これからダウンベストにチャレンジしたい」という方にもおすすめです。

丸首のニットや、タートルネックなどと合わせて、エディフィスっぽくワンランク上の男のスタイルを楽しんでみてください。

EDIFICE(エディフィス) T/W ダウンフード ベストの詳細
ブラック、グレーB、ネイビー
サイズS、M、L
フード取り外し可
素材表地:ウール50%、ポリエステル50% 裏地:ポリエステル100%
中綿ダウン80%、フェザー20%
取扱手洗い可能、羽毛製品(水洗い)、天然皮革の部分使用あり
参考価格23,760円(税込)

楽天で価格を見る

まとめ

いかがでしたか?まだダウンベストをお持ちでない方も、手持ちのベストのマンネリを解消したい方も、ご参考になりましたでしょうか?

ダウンベストは、おしゃれに仕上げるためのファッションアイテムです。インナーやパンツにどんな色や素材のものをもってくるかによって、全体の印象が大きく変わります。カジュアルに寄りすぎてしまうと、野暮ったい印象になりますし、フォーマル過ぎてもキメ込んだ感じになってしまいます。

適度にカジュアルを織り交ぜながら “品” を保つ、きれいめなスタイルで、ダウンベストのコーディネートを楽しんでいただければと思います。

「どんな服を着ていけばいいかわからない」・・・こんな経験はありませんか?

実はファッションには明快な答えがあります。

この記事を監修している大山旬さんが提供している、「メンズファッションスクール(MFS)」は、35歳以上の大人の男性がおしゃれを磨くための「近道」です。

既に1000人以上の方が、オンラインでファッションの基本を学び、日々のおしゃれを楽しんでいます。

ファッションをぜひ自分のものにしてみてください。

今すぐ詳細を見る

人気の記事

  • 人気美容師のおすすめシャンプーランキング25選

    人気美容師のおすすめシャンプーランキング25選

    シャンプーは、人それぞれ抱えている髪の悩みが様々なので、求める目的ごとに多くの種類があり、さらに含まれる成分が違ったり、洗い上がりの香りも好みが分かれ、自分にとって本当に何が良いのか分からなくなってしまう時ってありますよね。 そこで、今回は、2015年に表参道でヘアサロンをオープンし、全国3万を超えるHOT PEPPER Beauty掲載サロンの中で4サロンのみが選ばれるゴールドプライズを2年連続受賞し、数々のメディアにも取り上げられている有名美容師の中村飛鳥氏に、どのよう...
    23,490 views
  • 人気美容師おすすめのトリートメントランキング22選

    人気美容師おすすめのトリートメントランキング22選

    トリートメントは髪の内部までコンディショニング成分を補給し、髪を健やかにする効果があります。普段使いのデイリーケアに加え、時にはスペシャルケアをすることで、さらに美しい髪を保つことができます。トリートメントは、できるだけ髪と同じ成分でできているものが良いとされていますが、本当に自分に合った商品を選ぶのはとても難しいと思います。 そこで、今回は、2015年に表参道でヘアサロンをオープンし、全国3万を超えるHOT PEPPER Beauty掲載サロンの中で4サロンのみが選ばれる...
    15,077 views
  • 人気美容師おすすめのヘアアイロンランキング

    人気美容師おすすめのヘアアイロンランキング

    ヘアアイロンは、毎日使うものだからこそ、髪へのダメージが少なくて、扱いやすくて、なりたいスタイリングに合ったもので・・・。「そう、どうせ買うのなら、良いものがいい!」そう思っていらっしゃる方も多いと思います。 今日は、そんな方におすすめするヘアアイロンについて、HOTPEPPERBeautyAWARD GOLDPrizeを受賞された、表参道のhair salon Gallicaのオーナー美容師である、中村飛鳥氏にお聞きしました。『ヘアモード』『リクエストQJ』『ar』『BO...
    30,234 views
  • 男性向け整髪料おすすめ8選!使い方&選び方のポイント解説付き

    男性向け整髪料おすすめ8選!使い方&選び方のポイント解説付き

    みなさんは、どんな整髪料を使っていますか?最近はナチュラル系が流行っているので、素のままの髪を楽しんでいる人もいると思いますが、ある調査によると整髪料の使用率は男女ともに50%以上となっています。 特に営業系の人や、責任ある立場にある大人の男性であれば、ボサボサヘアーで仕事に行くことはできませんから、毎朝必ず髪をセットするのに整髪料は欠かせないアイテムですよね。ただし、整髪料といっても様々な種類がありますから、自分の髪型や髪質、TOPなどに合わせて、選ぶ種類も変わってくるで...
    9,029 views
  • 人気美容師がおすすめするワックス&種類別ランキング4選

    人気美容師がおすすめするワックス&種類別ランキング4選

    ワックスは、髪のスタイリング剤として人気があり、毎日のように使っている人も多いと思います。しかし、数えきれない程の種類があるため、「どんなワックスを選べばいいかわからない人」や「今使っているワックスが、本当に自分の髪に合っているのか疑問に思っている人」も多いのではないでしょうか? 今日は、そんな方のために、表参道のhair salon Gallica(ガリカ)のオーナー美容師である中村飛鳥さんに、おすすめのワックスについてお聞きしました。本物のプロが選んだ逸品をご紹介させて...
    9,511 views
  • 30代の男性がユニクロ7割でお洒落に見せるためのおすすめ活用術

    30代の男性がユニクロ7割でお洒落に見せるためのおすすめ活用術

    みなさんはユニクロにどのようなイメージを持っていますか。「安い」「気軽に買える」「身近なお店」「だけどそんなにお洒落じゃないかも」。そんなイメージかもしれません。 実は、ファッションの中に上手にユニクロを取り入れているお洒落な人たちは沢山います。そこで、今回は、僕が考える「ユニクロのおすすめ活用術」についてまとめてみたいと思います。 記事の中では、実際にユニクロを組み合わせたコーディネート事例も多めに載せています。タイトルでは、「ユニクロ7割」と言っていますが、実際には、...
    12,346 views

人気のプロフェッショナル

プロフェッショナル一覧
大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。創業以来約 200 名に及ぶしるべの卒業生の就職内定率は 100%。親身に学生に接することから、指導を受けた学生に、「服が情熱を着て歩いている」と言わ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝、2017年12月現在スクワット日本記録(327.5kg)の保持者。2017年世界選手権6位はじめ、オリンピックに相当するワールドゲームズに2度出場。トップレベルの現役選手でありな...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代に平成13年度第26回関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など、輝かしいタイトル多数獲得し、2001年ゴルフ特待生として名門明徳義塾高校、そして、東北福祉大学に入学。在学中交通事故、家庭の事情により大学を2年で中退。 その後サラリーマンをしな...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

表参道の有名美容室で修行を積んだのち、2015年表参道でhair salon Gallicaをオープン。オープン間もないにも関わらず、リクルート社HOTPEPPERBeautyAWARD GOLDPrizeを受賞。ほどなく『ヘアモード』『リクエストQJ』『ar』『BOB』等多数の人気メディアに取...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

26歳(1999年)という遅いデビューながら、2005年には日本人で初めて東洋太平洋ヘビー級タイトルに挑戦。翌2006年には日本人2人目となる同クルーザー級王座を獲得した。 18年におよぶフィットネスキャリアを元に、2013年より“闘う経営者向け”に特化した『闘...

カテゴリから探す