安いスマートウォッチおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

「血圧や睡眠時間を簡単に管理したい」「運動量から消費カロリー量を計測したい」こんな人には、スマートウォッチがおすすめです。

スマートウォッチは、時間だけでなく、日常生活におけるさまざまな情報を数値化して確認できます。重量が軽く、装着していてもストレスを感じないため、運動や睡眠時でも邪魔になりません。

ただ、たくさんの機種があり、機能もさまざまなため、どんなものを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は、パソコンに加えプリンタなどの周辺機器の情報を発信している内川功一朗さんに、おすすめのスマートウォッチをお聞きしました。

IPPNG編集部調べによる選び方や人気ランキングも解説します。

最終更新日:2019年6月23日
内川功一朗

内川功一朗 のプロフィール

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナなどの周辺機器に関する情報を発信中。上級写真整理アドバイザーの顔も持つ。WEB『デジタルと現実の架け橋

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめ1万円以下の安いスマートウォッチ

まずは、内川功一朗さんに1円以下でおすすめできるスマートウォッチを教えていただきました。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
HUAWEI

Band 3 Pro

Band 3 Pro/Obsidian Black
参考価格9,495円(税込)

『Band 3 Pro』は、スマートフォンで有名な『HUAWEI』から発売されたスマートウォッチです。約0.95インチと小型の画面上でタッチ操作が簡単にできることから、多くのユーザーに評価されています。

ベルト部分は、人間工学に基づいてつくられており、装着感がほぼありません。

運動管理や健康管理機能に加え、着信の応答や拒否、メッセージの確認、カメラタイマーの設定やシャッター操作もできます。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
スマホブランドとしても信頼できる『HUAWEI』のモデルで、ペアリングするアプリによって価格が変ります。お風呂に入っているときだけ充電しておけば24時間稼働し、睡眠の深さも正確に測れます。携帯で受信した通知もすべてスマートウォッチ側に表示されます。
Band 3 Proの詳細
メーカーHUAWEI
対応OSAndroid 4.4/iOS 9.0以上
防水性5ATM
重量約25.0g
電池100mAh
カラーブラック.ゴールド
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
GARMIN

vívofit® 4

010-01847-20
参考価格9,800円(税込)

『vivofit®︎4』は、2018年発売の新しいモデルです。運動内容を管理する機能を搭載していることやスリムなデザインから、高い人気を誇っています。

防水性と耐久性が高く、スイミングでの装着も可能です。

連続使用時間の長さも魅力。一般的な充電式のスマートフォンでは最大7日間程度に対し、こちらは電池を交換する形式になっており、最大で1年間連続して使用できます。

内川功一朗さんレビュー

内川功一朗
スポーツ系で使用するなら『GARMIN vivofit®︎4』がおすすめです。GPS機能は入っていません。スマートウォッチは価格破壊が起きていて、使っているスマホが何かで選ぶものが変わります。また、オフィスシーンに似合うデザインとなると、有名ブランドになります。
vívofit® 4の詳細
メーカーGARMIN
対応OSAndroid/iOS
防水性5ATM
重量25.0g
電池不明
カラーブラック.ホワイト

2.スマートウォッチの選び方

ここからは、スマートウォッチの選び方について解説します。

対応OSを確認する

スマートウォッチを購入するときは、スマートフォンに搭載されているOSの種類とバージョンが対応しているか確認しておきましょう。

対応していない場合、ペアリングできない可能性があるためです。ペアリングとは、スマートフォンとの接続を行う設定のことを指します。

一般的なスマートウォッチは、iOSのみに対応した「Watch OS」 、AndroidとiOSの両方に対応した「Wear OS by Google」や「Tizen」といったアプリでペアリングを行います。

重量で選ぶ

スマートウォッチを着用する場合は、重量から選ぶのもポイントです。重めのスマートウォッチだと、スポーツをするときや睡眠時にストレスを感じることがあるためです。

ほとんどのスマートウォッチには、運動や睡眠の管理を行う機能が搭載されており、装着時に起動します。

せっかくの機能を活かすためにも、スマートウォッチは重量の軽いものを選びましょう。

バッテリー持続時間で選ぶ

スマートウォッチは、バッテリーの容量や形式によって連続で使用できる時間が異なります。

ほとんどのスマートウォッチは、充電を行う形式になっており、約2〜3日間がバッテリー持続時間の平均です。

スマートウォッチを購入する場合は、連続して使用できる時間が長いものを選びましょう。

また、ボタン電池で作動するスマートウォッチもあります。電池式のスマートウォッチは、約半年〜1年間充電を行わずに使用できます。

バッテリーが切れるたびに充電するのが面倒な場合は、電池式のスマートウォッチもおすすめです。

防水性の高さで選ぶ

急な雨が降ってきたときや水作業を行うときに、スマートウォッチが壊れてしまう場合も。また、スポーツで汗をかくと、不具合を起こす場合もあるため、防水性も重要です。

スマートウォッチの防水性は、「IP」「ATM」といった単位で表されます。それぞれの単位について解説します。

防塵・防水性を表す「IP」

「IP」は、国際電気標準会議によって定められた防塵・防水性能を表す単位です。

「IP67」「IP68」といった2桁の数字で表され、最初の数字は防塵性を表し、次の数字が防水性を表します。

「IPX7」「IPX8」といった形で、防塵性を省略し、防水性のみを表す場合もあります。

例1)IP67 ⇒防塵性6、防水性7
例2)IPX7 ⇒ 防水性7

それぞれの防水性の基準は、以下の図を参考にしてください。

防水性の単位防水性を表す例
1本体に対して、垂直に落ちる汗や少量の雨などの水滴を防げる。
2〜315°~60°傾いた状態の本体に対して、垂直に落ちる汗や少量の雨などの水滴を防げる。
4〜5すべての範囲からの水滴や流水を防げる。
6すべての範囲からのいきおいがある流水を防げる。
7一定時間、ある程度の水圧がある水中に入れても浸水を防げる。
8継続して水中に入れても浸水を防げる。

水圧を基準に防水性を表す「ATM」

「ATM」は、対象の機器が耐えられる水圧を表した単位です。

1ATM」の場合、「10m防水」と表されます。ただし、これは10m潜れるというわけではなく、10mの水深に耐えられるという意味であるため、確認する際に注意しましょう。

それぞれの防水性の基準は、以下の図を参考にしてください。

防水性の単位防水性を表す例
3ATM汗や少量の雨による水滴を防げる。
5ATMある程度の雨や手洗いでかかる水を防げる。
10ATMある程度の雨や手洗いでかかる水や水中に耐えられる。ただし、スイミングで発生する水圧には耐えられない。

付属している機能もチェックする

ほとんどのスマートウォッチでは、運動管理や健康管理を行えますが、特殊な機能を持つモデルも販売されています。

ここからは、搭載されていると便利なスマートウォッチの付属機能を紹介します。

ペアリングしなくても使えるGPS機能

スマートフォンとのペアリングを行わなくても、自動で時間調整などの機能を利用したい場合は、GPS機能が搭載されているモデルがおすすめです。

接続時には、自動的にデータ共有が行われて便利ですよ。

また、スマートウォッチを装着した状態で移動した距離をもとに、消費カロリーも算出できます。

姿勢や動きを検知するセンサー機能

6軸センサーやジャイロセンサーなどの機能を搭載したスマートウォッチは、手首の動きや角度を検知します。

6軸センサーを搭載している場合、スイミングを行うときに、姿勢や手の角度から認識した泳ぎ方から、消費カロリーやストロークを計測できます。

画像:amazon.co.jp

また、ジャイロセンサーが搭載されている場合、手首を返す動作をしたときに自動で画面が起動します。

身体の動きに関する細かい情報を求める場合や画面を起動するのが面倒な場合は、センサー機能が搭載されたスマートウォッチがおすすめです。

スマートフォンの紛失を防ぐバイブレーション機能

スマートウォッチとスマートフォンの距離が離れすぎた場合に、振動して通知をする機能です。

外出先でスマートフォンを忘れてしまった場合でも、バイブレーションで知らせてくれます。「ついうっかり」を防止したい人に、おすすめの機能です。

水分補給や座りすぎを通知する機能

スマートウォッチのなかには、定期的な水分補給や座りすぎを注意する機能が搭載されているモデルもあります。

水分補給を通知する機能では、1日ごとに必要とする水分量を補給できるように調整されています。座りすぎを注意する機能では、一定時間以上座った状態で過ごしている場合に通知を行います。

普段の生活習慣が気になる場合に便利な機能であるため、スマートウォッチを選ぶときに確認してみましょう。

3.1万円以下の安いスマートウォッチ人気ランキング10選

ここからは、IPPING編集部調べによる「1万円以下で手に入る安いスマートウォッチ」のおすすめモデルをランキング形式でご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
itDEAL

スマートウォッチm8

m8
参考価格3,899円(税込)

コストパフォーマンスと機能性の高さから、人気のモデルです。見た目もスマートで22.7gと軽いため、装着によるストレスを感じることがないでしょう。

埃などの小さなゴミが入りにくく、ある程度の浸水にも耐えることができます。汚れても水洗いができ、急な雨に焦ることもありません。

主な機能は、時計・万歩計・血圧計・カロリーの消費量の確認などです。

レビューでは、多くの機能を搭載しているのにも関わらず、価格が安くて満足できるとの声があり、高い評価を得ているスマートウオッチです。

スマートウォッチm8の詳細
メーカーitDEAL
対応OSAndroid 4.4/iOS 8.0以上
防水性IP67
重量22.7g
電池110mAh
カラーブラック
画像:amazon.co.jp
2位
Yamay

1.54インチHD画面スマートブレスレット

SW018
参考価格6,750円(税込)

ワイドな液晶で画面が見やすく、重量は48gと軽いスマートウオッチです。防水性も高く、うっかり水に落としてしまっても、安心して使えます。

運動中に給水を勧めるドリンク通知や、睡眠の質と時間を計測してくれる睡眠モニターなど、特徴的な機能が搭載されています。

レビューでは、健康管理に役立つ機能が多く搭載されていて便利との声が多くあり、高い人気を誇っています。

1.54インチHD画面スマートブレスレットの詳細
メーカーYamay
対応OSAndroid 4.4.4/iOS 7.0以上
防水性IP68
重量48g
電池360mAh
カラーブラック.ピンク.グリーン.レッド
画像:amazon.co.jp
3位
Willful

スマートブレスレット

参考価格3,790円(税込)

『Willful スマートブレスレット』は、5種類からカラーが選べ、デザイン性の高さが評価されています。

高い防水性を持ち、重量も23.5gでストレスなく装着できるのもポイント。

運動管理では、ウォーキング・ランニング・サイクリングの3つのモードが切り替えできて、運動の内容に応じて対応できます。

LINEなどの通知だけでなく「運動管理機能が充実している」との声があり、多くのユーザーから支持を得ているスマートウオッチです。

スマートブレスレットの詳細
メーカーWillful
対応OSAndroid 4.4/iOS 7.1以上
防水性IP68
重量23.5g
電池70mAh
カラーブラック.パープル.ブルー.ゲイリーブルー.ダークブルー
画像:amazon.co.jp
4位
Semiro

スマートウォッチ

V07S
参考価格3,899円(税込)

自身の年齢や過去の血圧といった情報をもとに、血圧を測ることができるモデルです。

見た目がスマートで、19.8gと軽量なことも特徴。

また、リモートカメラモードが搭載されており、スマートフォンのカメラを遠隔操作することも可能です。

交換用ベルトとしてブラック・ブルー・パープルの3種類がセットになっており、色を変えられることからも、ユーザーから満足感を得られています。

スマートウォッチの詳細
メーカーSemiro
対応OSAndroid 4.4/iOS 8.0以上
防水性IP67
重量19.8g
電池70mAh
カラーブラック
画像:amazon.co.jp
5位
KYOKA

スマートウォッチ

参考価格3,980円(税込)

24時間体制で30分ごとに心拍数の計測を行い、グラフ化ができるスマートウォッチです。さらに、トレーニングモードが搭載されているため、運動強度を確認でき、効率を向上させることができます。

腕を振ることによって自動で点灯することも大きな特徴です。

レビューでは、健康管理だけでなく、生理周期管理などの女性向けの機能も充実しているとの声があり、多くのユーザーが満足しています。

スマートウォッチの詳細
メーカーKYOKA
対応OSAndroid 4.4/iOS 8.0以上
防水性IP67
重量27.2g
電池110mAh
カラーブラック
画像:amazon.co.jp
6位
yoiyasu

1.3インチスマートウォッチ

SC-Z04-WC
参考価格4,680円(税込)

1.3インチとワイドな画面を持ち、電池容量が多いモデルです。

健康管理や運動管理だけでなく、座りすぎを注意する機能や薬の時間を通知する機能などが搭載されています。

また、USBが自動で充電ポートに吸着するようにつくられているので、簡単に差し込むことができます。

「電池の持ちが長く、数日間電源を入れていてもバッテリーが切れない」との声があり、電池容量の多さが高く評価されています。

1.3インチスマートウォッチの詳細
メーカーyoiyasu
対応OSAndroid 4.4/iOS 8.2以上
防水性IP68
重量不明
電池320mAh
カラーブラック.グレー.グリーン
画像:amazon.co.jp
7位
HOKONUI

スマートウォッチ

CD16
参考価格3,199円(税込)

耐久性があり、高級感のあるバンドが特徴的なスマートウォッチです。

一般的な機能に加え、スマートフォンを捜索する機能が搭載されています。また、バンドには精密加工が施されており、通気性が高いこともポイントです。

レビューでは、高級感のあるデザインやワイドな液晶を高く評価した声が多く上がっています。

スマートウォッチの詳細
メーカーHOKONUI
対応OSAndroid 4.4/iOS 8.2以上
防水性IP67
重量不明
電池不明
カラーゴールド.シルバー.ブラック
画像:amazon.co.jp
8位
HUAWEI

Band 3 Pro

Band 3 Pro/Obsidian Black
参考価格9,495円(税込)

『Band 3 Pro/Obsidian Black』は、高い機能性とスマートな見た目が特徴のモデルです。

独立型のGPSが内臓されているので、スマートフォンと連携をしなくても、運動管理や健康管理が行えます。

また、水泳のときには、姿勢から泳ぎ方を認識し、カロリーやストローク、ターン数などが計測できます。

「スマホとの連携が切れても、しっかり記録してくれる」との評価が多くあり、独立して使用できる点で高い支持を得ています。

Band 3 Proの詳細
メーカーHUAWEI
対応OSAndroid 4.4/iOS 9.0以上
防水性5ATM
重量約25.0g
電池100mAh
カラーブラック.ゴールド
画像:amazon.co.jp
9位
GARMIN

vivofit®︎ 3

010-01608-13
参考価格9,241円(税込)

『GARMIN vivofit®︎3』は、スタイリッシュなデザインを持つ電池交換式のスマートウォッチです。

電池は、一度交換することで約1年間持続します。機能が必要最低限で抑えられており、扱いやすいことも特徴です。

「充電をする必要がなくて楽に使える」と電池に関する高い評価があります。一方、「ベルトが少し外れやすい」という声も上がっていました。

vivofit®︎ 3の詳細
メーカーGARMIN
対応OSAndroid 5.0/iOS 10.0以上
防水性5ATM
重量26.0g
電池140mAh
カラーホワイト
画像:amazon.co.jp
10位
GanRiver

スマートウォッチ

SW330-BL
参考価格3,399円(税込)

リモートでスマートフォンをコントロールする機能が充実しているスマートウォッチです。

再生している音楽を変更したり、カメラを操作したりする機能が搭載されています。

さらに、接続している機器との距離が離れすぎていると、バイブレーションで通知してくれます。そのため、出かけた先でスマートフォンを忘れそうになっても安心です。

レビューでは、「周辺機能が充実している」との声が多くあり、多くのスマートウォッチにはない機能が高く評価されています。

スマートウォッチの詳細
メーカーGanRiver
対応OSAndroid 4.4/iOS 7.1以上
防水性IPX7
重量25.0g
電池60mAh
カラーブラック.ブルー.パープル

スマートウォッチの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、スマートウォッチの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのスマートウォッチ売れ筋ランキング楽天のスマートウォッチ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのスマートウォッチ売れ筋ランキング

内川功一朗の人気記事

内川功一朗の新着記事

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

カテゴリから探す