インスタントコーヒーおすすめ!バリスタの逸品&人気ランキング10選

忙しい朝などに手早くコーヒーを飲みたいと思った時、お湯を注ぐだけですぐにできてしまうインスタントコーヒーは非常に便利ですよね。

普段はコーヒー豆で淹れていても、忙しい時はインスタントコーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか。

最近ではインスタントコーヒーも多くのメーカーが手掛けており、種類が豊富なので、どれを選べば良いのか、迷ってしまわれることも多いでしょう。

そこで今回はインスタントコーヒーの選び方についてご説明します。

この記事では、バリスタの小池美枝子さんに、おすすめのインスタントコーヒーについてお聞きしています。

小池美枝子さんはジャパンバリスタチャンピオンシップでの優勝やジャパンコーヒーイングッドスピリッツでの準優勝経験以外に、何度も上位入賞されているトップバリスタです。

また現在は『COFFEE HOUSEとむとむ』でコーヒーアカデミーを主宰されていらっしゃいます。

コーヒーについて熟知しているトップバリスタがおすすめするインスタントコーヒーはどんなものでしょう?

インスタントコーヒーの人気ランキングもご紹介していますので、お好みのインスタントコーヒーがきっと見つかるはずです。

最終更新日:2019年3月29日
787 views
小池美枝子

小池美枝子 のプロフィール

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフォン部門で優勝。現在は地元・茨城で 『コーヒーアカデミードンマイスター』を営みながら、精力的に指導にも従事。

この専門家の他の記事を見る

1.トップバリスタおすすめのインスタントコーヒー

小池美枝子さんがおすすめしてくださったのは、誰もが目にしたことのある有名ブランドのインスタントコーヒーでした。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
AGF

マキシム 「ちょっと贅沢な珈琲店®」 スペシャル・ブレンド

参考価格689円(税込)

品質検査に合格したブラジル産の最上級の豆を使用し、コーヒー鑑定士がブレンド具合を確かめて生みだされたインスタントコーヒーです。

日本人の好みの味と香りを実現するため、火加減を調整しながら焙煎されているので格別の美味しさが感じられるはずです。

忙しい一日の中のちょっとした時間を贅沢に楽しめるインスタントコーヒーです。

小池美枝子さんレビュー

小池美枝子
インスタントコーヒーは水っぽい感じがするのが多いのですが、こちらは普通に出されてもインスタントとは分からないかもしれません。

AGFブランドの元々の会社『味の素株式会社』が加工技術に長けているので、インスタントコーヒーを作る時にもその技術を生かせているのでしょう。

ポテンシャルの高いインスタントコーヒーですね。

マキシム「ちょっと贅沢な珈琲店®」 スペシャル・ブレンド の詳細
メーカーAGF
内容量135ḡ
参考価格 689円(税込)
1gあたりの値段5.1円

2.製法の違いによる特徴

インスタントコーヒーは大きく分けて二種類の製法で製造されており、それぞれ特徴も異なります。

香りを失いやすいがお手頃な「スプレードライ方式」

非常に高温で乾燥した筒に、コーヒー液を霧状に噴射して一気に乾燥させる製造方法です。

この製法では、細かな粉末状のインスタントコーヒーが出来上がります。

粉末状になっているためにお湯だけでなく水にも溶けやすいですが、コーヒー独特の香りを失いやすいのが特徴でもあります。

また製造方法が簡単なために、製造コストもそれほどかからず、商品価格も抑えることができます。

香りと味はキープできるが高価な「フリーズドライ方式」

コーヒー液をマイナス40度で凍らせ、砕いた後に真空状態の中で乾燥させる製造方法です。

砕いた状態で真空乾燥させるために、出来上がったインスタントコーヒーは大き目の粒状になっています。

スプレードライ方式と比べると工程が増え、手間もかかるために商品価格も高くなってしまいますが、コーヒーの豊かな香りや味を保ったインスタントコーヒーが出来上がります。

3.容器や包装の違いによる特徴

インスタントコーヒーの容器や包装などの違いによっても、特徴が異なってきます。

ビン入りタイプ

画像:amazon.co.jp

ビンに入ったインスタントコーヒーは、自分で好きな量を入れて濃さを調整することができるので重宝します。

容器のビンもオシャレで独特の雰囲気があり、詰め替え用の商品があればコストも抑えることができます。

比較的多くの量を入れているために、開封して時間が経つとどうしても味や香りを失ってしまうことは覚えておきましょう。

スティック包装タイプ

画像:rakuten.co.jp

一杯分のインスタントコーヒーをスティック包装したものです。

一杯分の量が決まっているため、濃さを調整することができませんが、長期保存しても味や香りが劣化することはありません。

個別包装になる分どうしてもコストがかかり、ビン入りタイプよりも価格が高くなってしまうため、頻繁にコーヒーを飲む人には高くついてしまいます。

4.煎り方による味の違い

ドリップ式コーヒーなどの場合、味と香りの違いが出るのはコーヒー豆の産地の違いによるものです。

インスタントコーヒーでは多くの場合、色々な産地のコーヒー豆をブレンドしているため、産地だけを基準にインスタントコーヒーを選ぶことは難しいのが実情です。

コーヒー豆の焙煎具合で味が変わってくるため、パッケージなどに書かれている煎り具合を参考に選ぶことになります。

浅煎りのコーヒー豆を使用した場合

コーヒー豆を浅く焙煎してインスタントコーヒーを作った場合、酸味が強く、苦みが少ないものが出来上がります。

深煎りのコーヒー豆を使用した場合

コーヒー豆を深煎りしてインスタントコーヒーを作ると酸味が抑えられ、苦みの強いものが出来上がります。

5.用途に合わせて種類を選ぶ

時にはホットコーヒーだけでなく、カフェオレやアイスコーヒーなどを楽しみたいと思うこともあるでしょう。

インスタントコーヒーには、アイスコーヒー用やカフェオレ用など、それぞれで美味しいものがあります。

例えばアイスコーヒー用でホットコーヒーを作れないわけではありませんが、最も美味しく味わえるのがアイスコーヒーで飲む場合、ということです。

またアイスコーヒー用のインスタントコーヒーの中には、水で溶かすことができるものもあります。

アイスコーヒーやカフェオレなどを頻繁に作るのであれば、専用のインスタントコーヒーを購入する方が手軽に美味しく味わえるでしょう。

【動画】ピース又吉直樹さんが紹介する「インスタントコーヒー アイス」のおいしい飲み方

インスタントコーヒーを使ってアイスコーヒーやアイスカフェオレなど、冷たいコーヒーメニューを美味しく作る方法を紹介しています。

6.少量のものを試しに飲んでから選ぶ

インスタントコーヒーを選ぶ際、十分吟味して選んでいても、口に合わない時があるでしょう。

そのため最初はできるだけ少量のものを試しに購入して、好みに合うかどうかをチェックするようにしましょう。

インスタントコーヒーの味や香りを確かめるためには、パッケージなどに書かれているメーカーのおすすめ量を守って作ってみると判断しやすくなります。

コーヒーには人それぞれ好みがあるので、一度おすすめの量で作ってから濃くするなり、薄くするなりして判断するようにしましょう。

小池美枝子さんコメント

小池美枝子
濃いコーヒーを作ろうとして、多くのインスタントコーヒーをカップに入れて一気にお湯を注ぐと、溶けずに残ってしまうことがあります。

こんな時にはまず少量のお湯でインスタントコーヒーを全部溶き、その後に残りのお湯を入れるようにすると溶け残りはなくなります。

7.レビュー評価の高いインスタントコーヒー人気ランキング

画像:amazon.co.jp
1位
巨山ジャパン株式会社

マキシムコーヒーミックス モカゴールド マイルド コーヒーミックス

メーカー希望小売価格1,490円(税込)

コーヒーとミルク、さらに砂糖も入っているスティックが100本入ったインスタントコーヒーです。

一杯分づつ分けられたスティックタイプなので、大量の入り数でもコーヒーの香りと味が劣化せず美味しさを長く保つことができます。

ペルー産とコロンビア産がブレンドされたコーヒーは、甘すぎない、ちょうどよい甘みに作られています。

食後の一杯に飲んでいるファンが多い、コストパフォーマンスに優れたインスタントコーヒーです。

マキシムコーヒーミックス モカゴールド マイルド コーヒーミックスの詳細
メーカー巨山ジャパン株式会社
内容量1200g
メーカー希望小売価格1,490円(税込)
1gあたりの値段1.2円
画像:rakuten.co.jp
2位
加藤珈琲

インスタントコーヒー オリジナルインスタントコーヒー

メーカー希望小売価格799円(税込)

ブラジル産の豆だけを使った、酸味や苦み、コクがまろやかな業務用のインスタントコーヒーです。

スプレードライ方式で作られているので、溶けやすさは抜群です。

またパッケージはジッパー付きの袋を採用したため、ビンなどに移し替える必要もなく、そのまま保存がすることができます。

一杯あたり6.4円と非常にコスパに優れ、一袋で125杯分が入る大容量です。

コーヒー専門店のこだわりを形にした、誰にでも飲みやすいまろやかな味わいのインスタントコーヒーです。

加藤珈琲 インスタントコーヒー オリジナルインスタントコーヒーの詳細
メーカー加藤珈琲店
内容量250g
メーカー希望小売価格799円(税込)
1gあたりの値段3.2円
画像:rakuten.co.jp
3位
株式会社ミル総本社

サクラテ

メーカー希望小売価格2,800円(税込)

カフェラテに美容とダイエットをサポートする成分が配合された、オールインワンタイプのインスタントコーヒーです。

美しさをサポートするのは食物繊維や魚由来のコラーゲン、食べすぎをブロックするフォセオラミンなどで、カロリーも一杯あたり43kcalに抑えられています。

すっきりした甘さは誰にでも飲みやすいはずです。

包装は一杯づつの小分け袋になっているため、香りや味が劣化することもありません。

甘めのコーヒーが好きで、美しさへの意識も高い人にピッタリのインスタントコーヒーです。

サクラテの詳細
メーカー株式会社ミル総本社
内容量348g
メーカー希望小売価格2,800円(税込)
1gあたりの値段8円
画像:amazon.co.jp
4位
ターボン・オーガニック

オーガニックマウンテン有機インスタントコーヒー

メーカー希望小売価格598円(税込)

有機農法で生産された、コロンビア産のコーヒー豆だけを使って作られたインスタントコーヒーです。

アラビカ種の豆を日陰栽培したため、適度な酸味がありながらもマイルドな味わいに仕上がっています。

またフリーズドライ方式での製造によって、豊かな香りと味を失いにくいのも特徴です。

適量はティースプーン一杯にお湯140mlが目安としっかり表示されており、おすすめの味を確かめることもできます。

細かな部分にまでこだわった上質なインスタントコーヒーです。

オーガニックマウンテン有機インスタントコーヒーの詳細
メーカーターボン・オーガニック
内容量200g
メーカー希望小売価格598円(税込)
1gあたりの値段6.5円
画像:rakuten.co.jp
5位
UCC

THE BLEND 

TASTE No.117/No.114
メーカー希望小売価格1,209円(税込)

究極のブレンドを作るために500種のブレンドサンプルを作り、その中からコーヒー鑑定士によって選ばれ、生まれてきたのがNo.117とNo.114です。

この二種類を50個入りのセットにした商品です。

どちらもスティックタイプのインスタントコーヒーで、No.117は深いコクと豊かな香りが特徴で、No.114はやわらかな味わいが特徴です。

『UCC』のブレンドにこだわったこの二種類は、1988年以来多くの支持を集める人気商品になっています。

UCC THE BLEND TASTE No.117/TASTE No.114 50個セットの詳細
メーカーUCC
内容量100g
メーカー希望小売価格1,209円(税込)
1gあたりの値段1.2円
画像:rakuten.co.jp
6位
ターボン・オーガニック

有機インスタントコーヒー フリーズドライ

メーカー希望小売価格777円(税込)

4位の『オーガニックマウンテン有機インスタントコーヒー』の詰め替え用パックです。

有機栽培のコロンビア産の豆を使ってフリーズドライ方式で作られているため、適度な酸味とマイルドな味わいが劣化しづらくなっています。

細かな部分にこだわった上質なインスタントコーヒーを一度味わってしまうと、ファンになる人が多く、詰め替え用パックは人気商品になっています。

有機インスタントコーヒー フリーズドライの詳細
メーカーターボン・オーガニック
内容量80g
メーカー希望小売価格777円(税込)
1gあたりの値段9.7円
画像:amazon.co.jp
7位
ネスカフェ

ゴールドブレンド

メーカー希望小売価格1,132円(税込)

フリーズドライ製法で有名な『ネスカフェ ゴールドブレンド』が、従来よりも製法を進化させたことで人気になっている一品です。

人気の秘密は、独自の製法にあります。

細かく粉砕したコーヒー豆を包み込む挽き豆包み製法が酸化を防ぎ、コーヒーの上品な香りとマイルドな味わいをより長く保てるようになっています。

信頼のブランドだからこそ成しえた技術と味わいは、多くの人に支持されています。

ネスカフェ ゴールドブレンドの詳細
メーカーネスカフェ
内容量80g
メーカー希望小売価格1,132円(税込)
1gあたりの値段14.2円
画像:amazon.co.jp
8位
AGF

インスタントコーヒーギフト

メーカー希望小売価格2,680円(税込)

『AGF』のインスタントコーヒーやクリームなどがアソートされたギフトセットです。

加工技術に長けた『AGF』ならではの、豊かな香りと味わいを感じるインスタントコーヒーにミルクまでセットされているので、コーヒーが好きな人にはうれしいでしょう。

アソートされるコーヒーは『ブレンディ マイルドテイスト』と『ブレンディスペシャルテイスト』、そして『マキシムスペシャルブレンド』の3種類です。

コーヒー好きな人への贈り物として最適ですね。

AGF インスタントコーヒーギフトの詳細
メーカーAGF
内容量430g
メーカー希望小売価格2,680円(税込)
1gあたりの値段6.2円
画像:amazon.co.jp
9位
マウントハーゲン

オーガニックフェアトレードカフェインレスインスタントコーヒー

メーカー希望小売価格1,260円(税込)

高地有機栽培で育てられたアラビカ豆だけを使い、フリーズドライ方式で作られたカフェインレスのインスタントコーヒーです。

欧米での特許である、液体二酸化炭素と水だけを使ったカフェイン除去技術を使って、カフェイン残留率は0.3%未満になっています。

深くて豊かな味と香りは、カフェインレスコーヒーであることを忘れてしまうほど芳醇です。

有機栽培とカフェインレスという安心要素がありながらも、コーヒーらしさを失うことのないインスタントコーヒーです。

マウントハーゲン オーガニックフェアトレードカフェインレスインスタントコーヒーの詳細
メーカーマウントハーゲン
内容量100g
メーカー希望小売価格1,260円(税込)
1gあたりの値段1.3円
画像:amazon.co.jp
10位
クライス

カフェイン99.7%カットのおいしいコーヒー

メーカー希望小売価格900円(税込)

カフェインを99.7%カットし、フリーズドライ製法で作られたカフェインレスコーヒーです。

アラビカ種のコーヒー豆だけを使用しているので、すっきりとした味わいが特徴です。

カフェオレやミルクコーヒーなど、どんなコーヒーメニューにもマッチします。

カフェインレスだから、妊娠中や授乳中の女性、お子様でも安心して召し上がれます。ご家族の団らんに使いやすいインスタントコーヒーです。

クライス カフェイン99.7%カットのおいしいコーヒーの詳細
メーカークライス
内容量100g
メーカー希望小売価格900円(税込)
1gあたりの値段9円

インスタントコーヒーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、インスタントコーヒーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのインスタントコーヒー売れ筋ランキング楽天のインスタントコーヒー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのインスタントコーヒー売れ筋ランキング

小池美枝子の人気記事

小池美枝子の新着記事

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

小池美枝子

小池美枝子

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフ...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

カテゴリから探す