ロジクールマウスおすすめ!プロの逸品&口コミランキング10選

「ロジクールのマウスが良い」と耳にするけれど、実際どれを買ったら良いかわからない…という方は多いのではないでしょうか。

マウスやキーボードのメーカーとして有名な『Logicool(ロジクール)』からは、さまざまな種類のマウスが販売されています。ロジクールのマウスと一口に言っても、購入者の使用シーンや目的によって最適なマウスは異なってきます。

そこで今回はキャリア20年でテレビや雑誌でも活躍する人気ITライター・柳谷智宣さんにおすすめのロジクールマウスについてお話を伺いました。

ポイントを絞っていけば、たくさんのモデルの中から自分にあったマウスを見つけることができますよ。

最終更新日:2019年3月28日
柳谷智宣

柳谷智宣 のプロフィール

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演や新聞・雑誌の取材など、様々なメディアで情報を発信中。著書『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』ほか多数。WEB『ITライター柳谷智宣

この専門家の他の記事を見る

1.柳谷智宣さんがおすすめするロジクールマウス

始めに、ITライター・柳谷智宣さんがおすすめするロジクールマウスから紹介していきます。

プロの
おすすめ

ロジクール MX MASTER 2S

参考価格13,910円(税込)

『MX MASTER 2S』は、操作性や接続性の高さと、3台までのPC同時接続が可能な点が魅力的なマウスです。

『Logicool Flow』機能を搭載したこのモデルでは、カーソルを画面の端に移動させると同時接続した他のPCにカーソルを移動させることができます。複数のPCを1つのマウスで操作できるので、PC間のファイル共有をコピー&ペーストのみで行えます。

また、不可視レーザー『Darkfieldテクノロジー』や『Unifyingレシーバー』とBluetoothの2つの接続方法を採用したこのモデルは、操作性・接続性ともに他のロジクールマウスより高いと言えます(センサー方式や接続方法についての詳しい説明は後ほど行います)。

さらに、マウスの形状に人の手によって成型されたオリジナルデザインを採用している点も嬉しいポイントです。他のマウスより大きさがありますが、「女性の手にも馴染む」とのレビューもある通り、よく手にフィットする形状となっています。

柳谷智宣さんレビュー

柳谷智宣
リアクションが速く解像度が高い上に、ガラス面などカーソルが飛びがちなところでも細かい動きに対応してくれる高機能なマウスです。

3台までならPCの同時接続ができる点も嬉しいポイントですね。切り替え作業なしで複数のPC間を1つのカーソルで自由に移動できるので、PC間のファイル共有が簡単にできますよ。

通常のマウスより大きいですが動きはスムーズなので、自宅や事務所など据え置きで使用する分には大きさの心配をする必要はないでしょう。

日々高い頻度で使うマウスは、このモデルのような最高のものを使っていきたいですね!

MX MASTER 2Sの詳細
接続方法Unifyingレシーバー、Bluetooth
ボタン数7個
センサー方式不可視レーザー『Darkfieldテクノロジー』
電池寿命70日
メーカー希望小売価格13,910円(税込)

2.ロジクールマウスの選び方

ロジクールという一つのメーカーでも、形状・接続方法・ボタンの数・センサー方式などが異なる多種多様なマウスを販売しています。

自分が使うシーンに合う最適なマウスを見つけるために、ロジクールマウスを選ぶ上で大切な4つのポイントを見ていきましょう。

(1)接続方法:無線タイプが主流

マウスを接続する方法には、有線と無線の種類があります。どちらもメリット・デメリットがありますが、ロジクールマウスの場合は無線接続を採用しているモデルが多くなっています。

有線タイプ

  • メリット:安定した操作性、充電不要
  • デメリット:ケーブルがかさばる、接続距離が短い

有線タイプの場合、ケーブルで直接PCなどと接続しているため信号が途切れることなく、無線タイプと比べると動作が安定している点がメリットです。

また、接続したPCから電源が供給されるので、電池の交換や充電の必要がないことも優れています。

デメリットとしては、ケーブルがかさばり邪魔になることと、ケーブルの長さでマウスとPCの接続距離が限定されていることです。無線タイプであれば、数メートル離れても問題なく操作できるものもあります。

画像:www.logicool.co.jp

無線タイプ

  • メリット:省スペース、接続距離が長い
  • デメリット:充電が必要、接続の不安定性

ロジクールマウスの無線タイプには「超小型レシーバー」タイプ、『Unifyingレシーバー』タイプ、Bluetoothタイプの3種類があります。

どのタイプも、ケーブルがなく省スペースな点、接続距離が数メートルまで可能な点がメリットです。また、充電が必要な点、接続が切れることもある点がデメリットとして共通しています。

次に、無線タイプの3種類をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

「超小型レシーバー」タイプ

このタイプでは、USBポートに超小型レシーバーを挿し込むことでPCとマウスを接続します。とても小さなレシーバーなので挿し込んだままでもかさばることはありませんが、USBポートが一つふさがってしまう点はデメリットです。

2.4GHzの高い周波数帯域を使い約10mの距離まで使用できます。

『Unifyingレシーバー』タイプ

このタイプは「超小型レシーバー」タイプと同じく超小型のレシーバーをUSBポートに挿し込んで接続するのは同じですが、Unifying対応のキーボードなどを同時に接続できる点がこのタイプの特徴です。

ひとつの『Unifyingレシーバー』で、Unifying対応をしたマウス・キーボードなどを最大6台まで同時接続できるので、USBポートの数を節約できます。

Bluetoothタイプ

Bluetoothタイプは、マウスとPCをBluetoothという無線形式で直接接続する方法です。レシーバーが不要なため、USBポートを塞ぐことがなく便利です。

画像:amazon.co.jp

(2)ボタンの数

PCをどのように使用するかによって、必要になるボタンの数は変わります。仕事でPCを使う方であれば、ブラウザの「戻る」「進む」機能や、自分で機能をカスタマイズできるボタンがあるマウスを使った方が作業効率が上がるでしょう。

逆に、単にネットを見ることが多い方がたくさんボタンのついたマウスを選んでも、機能を持て余すだけかもしれません。またボタンの数が多いマウスは価格も高くなりがちです。

自分がマウスを使うシーンに合わせたボタンの数のマウスを選びましょう。

画像:amazon.co.jp

(3)センサー方式

センサー方式とは、マウスの移動を検知する読みとり方式のことで、カーソルの動きの滑らかさや正確性を決める部分です。ロジクールマウスでは、「オプティカル(光学式)」「レーザーグレードトラッキング(LGT)」「不可視レーザー方式」「不可視レーザー『Darkfieldテクノロジー』」の4種類があります。

オプティカル(光学式)

赤色LEDを利用した方式で、比較的安いマウスに採用されていることが多くなっています。ガラスや鏡面仕上げの台など反射の多い面では正常に作動しないことが多いため、マウスパッドとの併用がおすすめです。

レーザーグレードトラッキング(LGT)

この方式も赤色LEDを利用しているのですが、オプティカルより読み取り精度をあげた方式がレーザーグレードトラッキングです。赤色LEDの読み取りセンサーの位置を調整することで、オプティカルより正確な検知が可能になっています。

不可視レーザー方式

この方式では、赤色LEDではなくレーザー光線を使用し、ガラスなどの反射の多い面でも正確に動作を検知することができます。さらに多少の凹凸面でもある程度正確に動作する点も優れています。

不可視レーザー『Darkfieldテクノロジー』

ロジクールのオリジナルであるこの方式では、ガラス面などでも正確に動作することができます。反射の多い面でも正確な動作を検知できるよう、微小な粒子や傷が拡散させる光を暗所で検出することができる方式です。

画像:www.logicool.co.jp

(4)電池寿命

どれだけ便利なマウスでも、すぐにバッテリーが切れるようでは使いやすいとはいえません。使用する頻度や時間によって、自分にあった電池寿命も変わってきます。

充電方式にも注意しましょう。主に電池式と充電式の2つがあります。

仕事で使う方は、なるべく長く寿命が持ち、PCを操作しながら充電できる充電式がおすすめです。

参考:kakaku.com

画像:amazon.co.jp

3.レビュー評価の高いロジクールマウスの人気ランキング

画像:amazon.co.jp
1位

ロジクール M570t

参考価格7,160円(税込)

『M570t』は、トラックボールを採用している点が大きな特徴です。

トラックボールとは、ボールを転がすことでカーソルを操作するマウスの方式を言います。本体を動かす通常のものとは異なり、マウス本体を移動する必要がないので、腕や肩が疲れにくく省スペースなのが大きなメリットです。

この人気ランキングにランクインしたマウスの中でも、トラックボールを採用しているのはこのモデルのみとなっています。

マウスを乗せる面の形状は動作に影響しないため、布団の上でも膝の上でも操作できます。

画像:amazon.co.jp

レビューでは「だらだらしながら使える」「便利すぎて駄目だ」などのコメントがあり、リラックスした状態でマウスを使用している方が多いことがわかります。

M570tの詳細
接続方法Unifyingレシーバー
ボタン数5個
センサー方式
電池寿命18ヶ月
メーカー希望小売価格7,160円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位

ロジクール M235

参考価格1,728円(税込)

『M235』は機能・価格のバランスの良さが特徴のマウスです。

スタンダードな3つのボタン、レーザーグレードトラッキング(LGT)のセンサー方式、『Unifyingレシーバー』タイプの接続方式、12ヶ月の電池寿命、2,000円を下回る低価格と、どれをとってもちょうどいい設定がされています。

特別に優れた部分はないですが、欠点もなく、バランスのとれたマウスと言うことができるでしょう。安価ながら最低限の機能を備えたマウスを求める方におすすめできます。

3年間の無償保証がついている点も、嬉しいポイントです。

レビューでは「安価で使いやすい」「不満はない」とバランスの良さを評価するコメントが見られ、中には「3つめです」「2度目の購入」など複数回購入するリピーターがいることもわかり、人気の高さがうかがえます。

M235の詳細
接続方法Unifyingレシーバー
ボタン数3個
センサー方式レーザーグレードトラッキング(LGT)
電池寿命12ヶ月
メーカー希望小売価格1,728円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位

ロジクール M187BK

参考価格1,490円(税込)

『M187BK』は、ワイヤレスマウスの安さを追求する方におすすめできるモデルです。

1,500円を下回る低価格が最大の魅力で、Amazonではこの人気ランキングにランクインしたワイヤレスマウスの中で、最も安い価格となっています。

左右のクリックとスクロールホイールがある3つのボタン、「超小型レシーバー」タイプの接続方式、6ヶ月の電池寿命と、安価ながらも通常のワイヤレスマウスとして最低限の機能はきちんと備えています。

3年間の無償保証があるので、安さを不安に思う方も安心して購入できるのではないでしょうか。

5種類のカラーバリエーションがある点も嬉しいポイントですね。

レビューでは、「リーズナブルでデザインも良い」と安価な点を評価するコメントや、「無償保証があって安心」と3年間の無償保証を評価するコメントが見受けられます。

M187BKの詳細
接続方法超小型レシーバー
ボタン数3個
センサー方式オプティカル(光学式)
電池寿命6ヶ月
メーカー希望小売価格1,490円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位

ロジクール M325t

参考価格2,756円(税込)

『M325t』は、長い時間FacebookやTwitterなどのネットを見る方に最適なデザインが施されたマウスです。

スクロールホイールには、ウェブスクロール用に設計された使いやすいデザインと、左右に傾けると前のページに戻ったり次のページに進むことができる「戻る」「進む」機能を採用しています。

マウスの形状には手に馴染むデザインと楽に操作できるラバーグリップを採用し、長時間の使用でも手が疲れにくい工夫がなされています。

また世界出荷台数は10億台を超える実績があります。購入する上で安心できるポイントですね。

レビューには「ネットサーフィンに使いやすい」「ホイールの機能が便利」と高評価のコメントが寄せられています。

M325tの詳細
接続方法Unifyingレシーバー
ボタン数5個
センサー方式レーザーグレードトラッキング(LGT)
電池寿命18ヶ月
メーカー希望小売価格2,756円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位

ロジクール M336

参考価格3,650円(税込)

『M336』は、汎用性の高さが魅力的なマウスです。

Bluetoothの接続方法を採用し、Windows・Mac・Chrome OS・Androidと幅広い機種に対応しています。その他にもSurface、ASUS、Fire、ChromebookなどのタブレットやノートPCでも使用できる汎用性の高さが他のモデルにはない特徴となっています。

ボタン数が6つもあり、さらに自分の使いやすいように機能をカスタマイズできる点も嬉しいポイントですね。

レビューでは、「Fireに合う」とタブレットで使っている方のコメントや、「ボタンが便利」と高い機能性を評価するコメントを確認することができます。

M336の詳細
接続方法Bluetooth
ボタン数6個
センサー方式レーザーグレードトラッキング(LGT)
電池寿命10ヶ月
メーカー希望小売価格3,650円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位

ロジクール M100r

参考価格810円(税込)

『M100r』は、この人気ランキング中最も安い1,000円を下回る低価格が最大の魅力です。

安いからといって機能が不十分ということはなく、左右のクリックとスクロールホイールがある3つのボタン、ソフトなサイドグリップ、左右どちらの手でも快適に使える両手用形状と、マウスとして最低限の機能をきちんと備えています。

3年間の無償保証があるので、安さを不安に思う方も安心して購入できるのではないでしょうか。

有線マウスなので、充電を気にしなくて良い点も嬉しいポイントですね。

レビューでは、「コスパが良い」「お買い得」と安さを評価するコメントが多く見受けられます。

M100rの詳細
接続方法USB有線
ボタン数3個
センサー方式オプティカル(光学式)
電池寿命
メーカー希望小売価格810円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位

ロジクール M220

参考価格1,621円(税込)

『M220』は、静かなクリック音を求める方におすすめできるマウスです。

このモデルは音響工学に基づく設計が施されており、従来モデルよりクリック音を90%以上軽減することに成功しています。また、世界で初めて英国の騒音防止団体『Quiet Mark』に認定されたマウスでもあり、その静音設計は客観的に評価されています。

18ヶ月という長期間の電池寿命も嬉しいポイントですね。

レビューでは「クリック音が静か」「クリック音で悪化した人間関係が改善した」とトラブルが解決するほどの静音設計を評価するコメントが寄せられています。

M220の詳細
接続方法超小型レシーバー
ボタン数3個
センサー方式オプティカル(光学式)
電池寿命18ヶ月
メーカー希望小売価格1,621円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位

ロジクール M705t

参考価格5,270円(税込)

『M705t』は、36ヶ月という長大な電池寿命が特徴のマウスです。

これまで見てきたように、12ヶ月や6ヶ月、長くても18ヶ月の電池寿命が多い中、このモデルは36ヶ月という圧倒的な電池寿命を実現しています。

通常の半分の電力で駆動できるロジクール独自の技術によってこの電池寿命が可能になっており、電池交換にかかる手間や電池代を大幅に節約することができます。

スクロールホイールには、通常のスクロール機能と、左右に傾けると前後のページに移動できる水平スクロール機能に加え、長い文章やウェブページを一瞬でスクロールできる高速スクロール機能が搭載されている点も嬉しいポイントですね。

また、ボタンの数がこの人気ランキング最多の8つある点にも注目です。

レビューでは、「電池持ちが圧倒的に良い」と、その電池寿命の長さを評価するコメントが寄せられています。

M705tの詳細
接続方法Unifyingレシーバー
ボタン数8個
センサー方式不可視レーザー方式
電池寿命36ヶ月
メーカー希望小売価格5,270円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位

ロジクール M557

参考価格3,650円(税込)

『M557』はWindows使いに特化したマウスです。

ポイントはスクロールホイールの後ろにあるボタンで、スタート画面、従来のデスクトップ、フルスクリーンにすばやく切り替えることができる優れものです。また、ロジクールからソフトウェアをダウンロードすれば、このボタンの機能を自分好みにカスタマイズすることができます。

Bluetooth接続を採用しており、PC・タブレットどちらでも使用することができます。

Windows使いであれば、作業効率アップが期待されるマウスです。左右に傾けると前後のページに移動できる水平スクロール機能が搭載されている点も嬉しいポイントですね。

レビューでは「センターボタンが重宝している」と、便利さを評価するコメントが寄せられています。

M557の詳細
接続方法Bluetooth
ボタン数6個
センサー方式レーザーグレードトラッキング(LGT)
電池寿命12ヶ月
メーカー希望小売価格3,650円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位

ロジクール M185

参考価格1,419円(税込)

『M185』はコストパフォーマンスに優れたマウスです。

Windows・Mac・Chrome OSと同程度の価格がついたモデルより幅広いOSに対応しながらも、1,500円を下回る低価格と、そのパフォーマンスの高さはこの人気ランキングの中でも最上級と言えるでしょう。

12ヶ月と同程度の価格がついたモデルよりも長い電池寿命も嬉しいポイントですね。

レビューでは「7年間お世話になった」「5年間お疲れ様でした」と、長期間使用したことがわかるコメントが寄せられています。耐朽性から考えても、コスパが良いと言えるのではないでしょうか。

M185の詳細
接続方法超小型レシーバー
ボタン数3個
センサー方式オプティカル(光学式)
電池寿命12ヶ月
メーカー希望小売価格1,419円(税込)

マウスの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、マウスの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのマウス売れ筋ランキング楽天のマウス売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのマウス売れ筋ランキング

柳谷智宣の人気記事

柳谷智宣の新着記事

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

カテゴリから探す