自炊用裁断機おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

最近、自炊(書籍をデータ化すること)を行う人が増えています。自炊には、収納の場所がいらない、好きな本をどこでも手軽に読めるなどたくさんのメリットがあります。

自炊をスムーズに行うために必要なのが裁断機です。ハサミやカッターを使うよりも、何倍も速く、そして綺麗に裁断することができるので、必ず持っておきたいアイテムです。 

今回は、文房具に関する書籍を多数出版している文房具ライター『きだて たく』さんに、おすすめの裁断機について伺ってみました。

また、IPPING編集部調べによる、選び方のポイントや種類別にレビュー評価の高い裁断機の人気ランキングもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年7月24日
きだてたく

きだてたく のプロフィール

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房具ライター。色物文具専門サイト『イロブン』を運営。

この専門家の他の記事を見る

1.文房具ライターおすすめの自炊用裁断機

まずはじめに、文房具ライターきだてたくさんおすすめの自炊用裁断機からご紹介いたします。

画像:amazon.jp
プロの
おすすめ
DURODEX

パーソナル断裁機 200DX

メーカー希望小売価格38,880円(税込)

プロのおすすめは『DURODEX(デューロデックス)』社製の裁断機。

特筆すべきは、一度に裁断できる紙の量。厚さ18mmまでOKなので、コピー用紙なら約200枚ほどを一気に裁断することができます。

また、赤色LEDを使ったカットライン表示があるため、大量に裁断するときの失敗も防いでくれます。

折りたたみ式なので持ち運びや収納にも便利。17cmほどの隙間があれば、立てた状態での収納が可能です。

『きだて たく』さんレビュー

きだてたく
ハンドルを下ろした時の、ザクンとした切れ味はダントツです!裁断できる紙の厚さは18mmと、他社の裁断機以上の枚数を一度に切ることができます。ムック本ぐらいなら、一発でカットできますよ。
パーソナル断裁機 200DXの詳細
メーカーDURODEX(デューロデックス)
メーカー希望小売価格38,880円(税込)
重量約9.8kg
裁断厚/用紙サイズ18mm/A4横対応

2.自炊用裁断機の選び方

裁断機の種類

裁断機には、大きく分けて3つの種類があります。

レバー式の大型裁断機

画像:amazon.jp

3つの種類の中で、一度に裁断できる枚数が最も多いタイプです。本体にレバーが付いていて、それを押し下げることで、紙を裁断することができます。

サイズは大きく、重量も重くなってしまいますが、分厚い本や資料を裁断するにはこれが便利。

かける時間も手間も省くことができるので、自炊をしたいものがたくさんあるという方には、こちらがおすすめです。

固定刃一体型の裁断機

画像:amazon.jp

レバー部分に刃が付いている一体型の裁断機。裁断機というと、このタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

手軽にサッと使えるという点が魅力ですが、一度に裁断できる枚数が少ないため、大量の自炊にはあまり向いていません。

スライド式の裁断機

画像:amazon.jp

円盤状のカッターをスライドさせることで、紙を裁断できるという仕組み。

こちらも固定刃一体型の裁断機と同じく、一度に裁断できる枚数は少ないですが、手軽に使うことができます。

裁断できる紙の枚数

一度で裁断できる紙の枚数は、裁断機の種類によって違います。

一気にたくさん裁断したいからといって、上限枚数以上の紙を裁断しようとすると、機械が壊れてしまうことがあります。

技術書などの分厚い本を自炊したいという場合は、なるべく裁断できる枚数が多い機種を選ぶのがおすすめです。

大きさと重さ

裁断機のタイプによって、大きさや重さが異なります。

サイズの大きな裁断機は、持ち運びには不向きですが、一度にたくさんの紙を裁断することができます。

一方コンパクトな裁断機は、持ち運びや収納には便利ですが、一度に裁断できる量は多くありません。

一度に裁断できる量の多さを重視するのか、コンパクトさを重視するのかによって、選ぶべき裁断機は変わってきます。どのように使いたいかを考えて、あったものを選ぶようにしましょう。

コンパクトタイプの裁断機をお探しの方は、こちらの動画も参考にしてみてください。

メンテナンスのしやすさ

長く使った裁断機は、メンテナンスが必要です。ハサミや包丁と同じく、刃の切れ味が落ちれば、刃の交換、もしくは研ぎ直しをしなければいけません。

そのため裁断機を購入する際は、刃のメンテナンス方法を事前に調べておきましょう。

裁断機によって、交換用の刃が別売りされているもの、メーカーが研ぎ直しをしてくれるものなど、様々です。

裁断機は、きちんとメンテナンスをしながら使えば、一生物になるといっても過言ではありません。メンテナンスのしやすさも、長く使うためにチェックしておきたいポイントです。

使いやすさ

枚数の多い本や資料をまとめて裁断するとき、刃の位置がずれてしまうという失敗がよくあります。

裁断は一度失敗してしまうと取り返しがつきません。そのため失敗なく切るための工夫がされている裁断機を選ぶと良いでしょう。

刃が入る位置を赤外線のガイドで教えてくれるものや、紙を乗せる台にわかりやすく線が引いてあるものなど、メーカーによって工夫は様々。

用途にあわせて、使いやすそうなものを選んでみてください。

3.自炊用裁断機人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けする自炊用裁断機・人気ランキングをご紹介します。

先ほどご紹介した、以下3種類ごとにご紹介しますので、参考にしてくださいね。

  • レバー式の大型裁断機
  • 固定刃一体型の裁断機
  • スライド式の裁断機

レバー式の大型裁断機

画像:amazon.jp
1位
DAHLE(ダーレ)

DURODEX パーソナル断裁機 200DX

メーカー希望小売価格38,880円(税込)

プロのおすすめでもご紹介した『DAHLE(ダーレ)』の裁断機です。

裁断機の中でも大型なタイプですが、ハンドルを折り畳んでロックしておけるところがポイント。使用後の収納にも困りません。

漫画の自炊に使っているという方のレビューでは、「一発で裁断できるのが魅力。少し予算オーバーだったけど、買って正解だった」とのこと。大量に自炊をしたい方にとっては、ぴったりの裁断機です。

カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2つの種類があります。

DURODEX パーソナル断裁機 200DXの詳細
メーカーDAHLE(ダーレ)
メーカー希望小売価格38,880円(税込)
重量約9.8kg
裁断厚/用紙サイズ18mm/A4横対応
画像:amazon.co.jp
2位
プラス

断裁機 PKー513LN

参考価格30,343円(税込)

オフィス家具や文具などを取り扱う『プラス株式会社』の裁断機です。この裁断機では、約15mmの厚さ(コピー用紙なら約165枚)を一度にカットすることができます。

ハンドルを下ろすと、本体内部にある紙を押さえるための板が連動。紙束をしっかり固定して、ズレを防止してくれます。

また、ハンドルを上げるとロックがかかるという設計。付属の予備ロックを使うことで、レバーの固定もできるためさらに安心です。

別売りの替え刃には、刃先を覆う刃物カバーが付いているため、刃先をカバーにしまった状態で交換することができます。

プラス 断裁機 PKー513LNの詳細
メーカープラス株式会社
参考価格30,343円(税込)
重量13kg
裁断厚/用紙サイズ約15mm/A3横対応
画像:amazon.co.jp
3位
DAHLE(ダーレ)

DURODEX パーソナル断裁機 180DX

メーカー希望小売価格29,931円(税込)

プロのおすすめと同じ『DAHLE(ダーレ)』の裁断機。『パーソナル断裁機 200DX』が発売される前から、自炊をする方や事務所で使うという方から好評価を得ています。

『パーソナル断裁機 200DX』との違いは、裁断厚。『200DX』が裁断厚18mmなのに対して、こちらの『180DX』は、裁断厚15mmとなっています。

裁断厚の差が気にならなければ、価格はこちらの方が手頃なので、なるべく費用を抑えたいという方には良いでしょう。

重量やサイズにはあまり差はありません。

DURODEX パーソナル断裁機 180DXの詳細
メーカーDAHLE(ダーレ)
メーカー希望小売価格29,931円(税込)
重量9kg
裁断厚/用紙サイズ15mm/A4横対応

固定刃一体型の裁断機

画像:amazon.co.jp
1位
YGーLN

ペーパーカッター BA58A4

参考価格19,800円(税込)

こちらの裁断機は、サイズが大きく重量も17kgと重めですが、約400枚のコピー用紙を一気に裁断することができます。

少しの力で一気にザクっと切れてしまうので、女性でも簡単に使うことができます。紙押さえ機能も付いているため、自炊を始めたばかりの方にも、使いやすいのではないでしょうか。

また、他の裁断機と比較しても、手頃な価格設定です。

メーカーの詳細は不明ですが、レビューではおそらく中国のメーカーとのことでした。

YGーLN 大型裁断機・ペーパーカッター BA58A4の詳細
メーカーYGーLN
参考価格19,800円(税込)
重量17kg
裁断厚/用紙サイズ約37mm/A4横対応
画像:amazon.co.jp
2位
プラス

コンパクト断裁機 PKー213

参考価格37,800円(税込)

ホワイトとイエローの爽やかな色合いが目を引く裁断機。1度にコピー用紙約60枚分の裁断が可能です。

この裁断機は、パワーアシストメカニズムを採用しています。これはテコの原理を応用した方法で、力を入れず、軽い力で切ることができます。

刃先が下りる用紙の挿入部分と排出部分には、安全カバーを設置。指先が入らないようになっているため、誤ってケガをしてしまう心配もありません。

重さは約5.4kgと軽く、片手でも持ち運びができるよう、本体には取っ手がついています。

プラス コンパクト断裁機 PKー213の詳細
メーカープラス株式会社
参考価格37,800円(税込)
重量約5.4kg
裁断厚/用紙サイズ約5.5mm/A4横対応
画像:amazon.co.jp
3位
ダイシン商事 

ペーパーカッター DSー858A4

参考価格139,800円(税込)

『ダイシン商事』は、キッチン用品や日用品などを取り扱う会社です。

こちらの裁断機の裁断厚は3.7cm。コミック雑誌程度の厚みなら、一度でバッサリ裁断することができます。

使い方はとても簡単で、切りたいものをセットし、幅を調節した後ロックで固定するだけ。しっかり押さえてくれるので、大きな失敗はせずに済みそうです。

大きめの裁断機ですが、使い終わった後は、折り畳んで立てて収納することができます。

もし切れ味が悪くなってきた場合は、別売りの専用替え刃(税込2,500円)と交換できます。

ダイシン商事 ペーパーカッター DSー858A4の詳細
メーカーダイシン商事株式会社
参考価格139,800円(税込)
重量17kg
裁断厚/用紙サイズ約3.7cm/A4横対応

スライド式の裁断機

画像:amazon.jp
1位
カール事務器

ディスクカッター DCー200N

参考価格2,062円(税込)

文房具メーカー『カール事務器株式会社』の裁断機。『ディスクカッター』という名前は、『カール事務器株式会社』の登録商標です。

スライダー式で、使い方はとても簡単。用紙をレールの下にセットし、スライダーを下に押しながらスライドさせて裁断します。

裁断厚は9mmなので、分厚い本などには向きませんが、電化製品の取扱説明書など、薄い冊子なら一気に裁断できます。

カール事務器 ディスクカッター DCー200Nの詳細
メーカーカール事務器株式会社
参考価格2,062円(税込)
重量1.1kg
裁断厚/用紙サイズ約9mm/A4横対応
画像:amazon.co.jp
2位
プラス

スライドカッター ハンブンコ

参考価格4,500円(税込)

『ハンブンコ』という名前の通り、紙を簡単に半分に裁断できるWゲージを搭載しています。

Wゲージとは、紙を両端から挟み込むゲージのこと。これがあることによって、紙がしっかり固定され、誰でも簡単に裁断することができます。

また替刃は、裁断時しか刃の出ないカートリッジ式になっているため、交換時も安全。小さいお子様のいる家庭でも、安心して使えます。

別売りの替刃は、直線刃以外にも、ミシン目刃と折り目刃があります。

プラス スライドカッター ハンブンコの詳細
メーカープラス株式会社
参考価格4,500円(税込)
重量約1kg
裁断厚/用紙サイズ約1.8cm/A3横対応
画像:amazon.co.jp
3位
ナカバヤシ

スライドカッターA4 NSCーNA4B

参考価格1,114円(税込)

紙製品や事務機器などを取り扱う『ナカバヤシ株式会社』の裁断機です。

とてもコンパクトで持ち運びしやすいこの裁断機。刃は回転刃になっているため、紙がズレにくく、まっすぐ切ることができます。

コンパクトさが売りですが、そのぶん一度に切れる紙の厚さはコピー用紙2〜3枚分と少ないため、大量の自炊を考えている方には不向きです。

Amazonのレビューを見てみると賛否両論ありますが、「安くて使いやすいので、とても満足している」という方もいるようでした。使い勝手が気になる方は、ぜひレビューを参考にしてみてください。

ナカバヤシ スライドカッターA4 NSCーNA4Bの詳細
メーカーナカバヤシ株式会社
参考価格1,114円(税込)
重量223kg
裁断厚/用紙サイズ約0.25mm/A4横対応

自炊用裁断機の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、自炊用裁断機を含む裁断機の売れ筋ランキング等は、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの自炊用裁断機を含む裁断機売れ筋ランキング楽天「自炊用裁断機」の検索結果Yahoo!ショッピング「自炊用裁断機」の検索結果

きだてたくの人気記事

きだてたくの新着記事

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

カテゴリから探す