文房具ライター厳選のおすすめ多色ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

黒、赤、青など複数色がセットになっているボールペン「多色ボールペン」。

多色ボールペンは景品などでもらうこともあり、生活に密着したアイテムかと思いますが、いざ自分で買うとなると何を基準に選べばいいかわからないという声も多いようです。

そこで今回、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書も出す文房具ライター・きだてたくさんにおすすめの多色ボールペンを教えていただきました。

またIPPING編集部調べによる選び方やランキングもあわせてご紹介しています。

コストを抑え、機能面に特化したタイプの他、高級ラインなど様々な多色ボールペンが登場しますよ。替え芯を購入すれば長い間使えるアイテムですので、しっかり選んでいきましょう。

最終更新日:2019年2月13日
584 views
きだてたく

きだてたく のプロフィール

最新の機能派文房具から雑貨系おもしろ文房具まで、とにかくがっつり使い込んでレビューする文房具ライター。2007年からは文房具トークユニット「ブング・ジャム」を結成し、文房具の面白さを伝えるトークライブやワークショップを全国で行っている。雑誌・WEBでの文房具紹介連載も多数あり。近著に『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議』ほか。色物文具専門サイト『イロブン

この専門家の他の記事を見る

1.文房具ライターおすすめの多色ボールペン

まずは文房具のプロ、きだて たく さんにおすすめの多色ボールペンをうかがいましたので、そちらをご紹介いたします。

パイロット(PILOT) スーパーグリップG3 細字

画像:amazon.co.jp

『パイロット』の単色ボールペンでお手頃な価格、描きやすいと人気のシリーズ『スーパーグリップ』。2018年7月に新しく発売されたシリーズが今回きだて たくさんがおすすめしてくれたアイテムです。

2色、3色、4色セットから選ぶことができて、その魅力は単色ボールペンと変わらないボディ(軸)の細さです。

きだて たくさんレビュー

きだてたく
この『スーパーグリップG3』は3色(赤・黒・青)タイプでも10.7mmと、軸が細いのが魅力です。

グリップ部分も手汗をかくような人でも持ちやすく、低粘度の油性インクを使用しているため、書き心地もなめらかです。

3色タイプで約300円と価格もお手ごろなのが嬉しいですね。

グリップ部分は格子状のスリットを入れることで指がしっかりフィット。握りやすく、力を入れなくても安定し、長時間使っていても疲れにくいボールペンです。

画像:rakuten.co.jp

ボディカラーは12色展開、2色タイプ(赤・黒、270円)と4色タイプ(赤・黒・青・緑、378円)は6色展開です。

2色タイプは3色タイプと同じく最大径10.7mm、4色タイプでも、11.8mmの極細のボディが魅力です。

パイロット(PILOT) スーパーグリップG3 細字の詳細
メーカーパイロット(PILOT)
サイズ全長144mm、最大径10.7mm
特徴油性染料インキ、スライドレバー式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格324円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.多色ボールペンの選び方

何気なく使っているという方も多い多色ボールペン。ここでは、選ぶ際に注意すると良いポイントをいくつかご紹介していきます。

普段使うことが多い身近なアイテムだからこそ、本当にいいアテムに巡り会えた時の感動も大きいものです。

2-1.インク

ボールペンというと、油性、水性のどちらかというのが一般的ですよね。中にはインクに水性、油性などの違いがあることも意識していない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、インクは意外と大切。書き心地や、インクが乾くまでの速さ、文字の太さ、コスパを左右するポイントとなります。

現在販売されているボールペンに使用されているインクは、6種類ほど。その特徴をまずはまとめてご紹介していきます。

油性・溶剤の大部分がアルコール系筆圧に関係なく文字の太さが一定
・インクが乾くまでの時間が早い
・にじみにくい
水性・溶剤の大部分が水
・染料タイプと顔料タイプの2種類がある
・力を入れなくてもスルスルかける
・筆圧をかけると文字が太くなる
・カラーバーリエーションが多い
ゲル(ジェル)・水性のインクにゲルを混ぜたタイプ
・にじみにくく書き心地もなめらか、書きやすい
・紙の種類(年賀状やインクジェット用紙など)によってはインクが出にくい、書けなくなることもある
・インクのヘリも速い
エマルジョン・水性と油性のインクが混ざり合ったタイプ
・発色がいい
・インクのヘリが速い
・油性の速乾性・水性のスムーズな書き心地のいいとこどりしたタイプ
フリクション・ゲルインクの仲間の1つ
・摩擦による熱で文字を消すことができるインク
・蓋や後部に専用のラバーがついている(専用ラバーで軽くこすれば消える)
低粘度油性・油性インクを低粘度化したタイプ
・軽い書き心地が魅力
・油性ボールペンはペン先にインクがたまりやすい(汚れ・にじみの原因)がそれを防ぐ
・インクのヘリが速い

油性、水性にそれぞれにメリット・デメリットがあり、改良されていく中で様々なインクが開発されてきました。

インクに関しては「どんなものに記入するペンなのか」で選ぶポイントも変わってくるかと思います。

例えば、大事な書類に記入するためには、にじみやすい水性のインクはおすすめできません。ただ手帳などをカラフルにかわいくしたいのであれば、発色がきれいでカラーバーリエーションも多い水性インクのほうがいいといえます。

よく字を間違ってしまう方はフリクションタイプが安心ですが、コスパを考えれば一般的な油性タイプが良いでしょう。

あなたがどんな場面で多色ボールペンを使用することが多いのか、使用シーンを思い浮かべた上で選んでいきましょう。

2-2.サイズ・太さ・重さ

続いて、ペンの書きやすさを左右する、グリップ部分の太さや、多色ボールペンの重さなどをチェックしていきましょう。

サイズは、お持ちのペンケースに収まるかどうかをチェックしておけば問題ありませんが、太さ、重さは実際に握ってみて、文字の書きやすさなどをチェックしておくことが大切です。

重さは好みもありますが、基本的には軽いもののほうがおすすめです。

重いタイプは力を入れずにしっかりと線を引くことができる代わりに、長時間文字を書くと当然ですが疲れやすいです。

また、洋服やエプロンのポケットに入れて持ち運び用にする場合、重いとひっかけている箇所の布が伸びやすくなるというのもデメリットです。

さらに細い・太いは筆圧の強さによっておすすめが違います。

あくまでも目安ですが、筆圧が弱い方は細いタイプの方が力を入れやすくしっかりとした文字を書きやすいです。

筆圧が強い方は太いタイプのほうが変な力が入りにくいため長時間の使用でも疲れにくいとされています。

2-3.芯の太さ

芯の太さは「0.5mmや0.7mm」が一般的(細字)です。「0.3mm」が極細といわれるタイプで、最大で「1.0mm」くらいの太さがあります。

細かい文字や、仕事でボールペンを使用するという方は細字といわれる0.5mm~0.7mmくらいのサイズがおすすめです。0.3mmだと細すぎて、人によっては「見にくい」と感じる方もいるためです。

逆に1.0mmだと書いた文字がつぶれてしまい読みにくくなってしまうというケースもあります。

日ごろの文字の大きさ、何目的なのか、字を書くスペースの大きさ、文字数などを気にするべきポイントはたくさんあります。

迷った際には一般的とされる0.5~0.7mmのボールペンを選んでおけば、もしもすぐに使用する機会がなくてもいつか使う機会が必ず訪れるはずです。

2-4.色の切り替え方式・デザイン

続いてのチェックポイントはボールペンの芯を出す方法です。

現在販売されている多色ボールペンでは、2つの方法が多く採用されています。

色の切り替え方式の種類

スライドレバー式・最も一般的なタイプ
・色ごとに突起があり、使用したい色を選んで下にスライドさせ芯を出す
回転式・本体軸、もしくは上部を回転させ、色を切り替えるタイプ
・スライドレバー式のように突起がないため、スマートなデザインに

上記二つの切り替え方式の他に「振り子式」や「ボタン式」というのもあるようなのですが、あまり見かけない方法でしたのでこちらは省かせていただきました。

色の切り替え方式はデザインにも直結します。表中にも記載しましたが、回転式の方が見た目もシンプルになるため、見映えがとてもスマートです。

ただ、出しやすいかといわれればそうではないので、さっと使いたい場合にはあまり向かないですよね。これもどんな場面で使用することが多いのかをしっかり見極めましょう。

参照元:tobuy.jp

3.パイロットのおすすめ多色ボールペン8選

続いてIPPING編集部調べによる、先ほどご紹介したプロおすすめのアイテムに関連して『パイロット』の多色ボールペンのランキングをご紹介していきます。

1位.フリクションボール

画像:amazon.co.jp

『パイロット』といえばこれ!という方もいらっしゃるほど、人気のシリーズが『フリクション』ではないでしょうか。

「フリクション」はインクの種類でもご紹介しましたが、摩擦の熱によりインクが無色になることで、消えたように見えるインクを使用しています。

消しゴムのように消しカスが出ることもないですし、修正テープなどを使用せずともペンで書いた文字を消せるということで、様々な現場で活躍を見せてくれます。

多色ボールペンのフリクションシリーズでは、2色、3色、4色タイプのほか、3色で軸が細いスリムタイプ、軸の部分に木材を使用したタイプなどもあります。

フリクションボールの詳細
サイズ全長145mm、最大径138mm
特徴ゲルインキ(フリクション)、スライドレバー式、極細(0.5mm)
メーカー希望小売価格432円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.レグノ(LEGNO)

画像:amazon.co.jp

木軸の多色ボールペンが欲しいという方におすすめなのが『レグノ(LEGNO)』です。

回転式ですので見た目がスマート。ビジネスシーンで使用することが多い方向けのアイテムです。

こちらで採用されているのが、「アクロインキ」というインク。いわゆる低粘度油性で、同じ『パイロット』の油性インキと比較し粘土が約1/5となっています。

そのため書き味が非常になめらかで、書きやすいのが特徴です。細身のボディに黒、赤、青の基本の3色がセットになっています。

口コミでも「使いやすい」「書きやすい」などの声が多く寄せられていました。

レグノ(LEGNO)の詳細
サイズ全長133mm、最大径123mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、回転式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格3,240円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.ハイテックCコレト

画像:amazon.co.jp

『ハイテックC』はインクの色(レフィル)を好みで選んでセットすることで初めてボールペンが完成するというアイテム。

※ただし、こちらは本体ボディのみですので、レフィルは別で購入する必要があります(1色108円)。

ボディは2~5色用まであり、シンプルなものからかわいらしいものまでデザインも豊富ですので、好みにあったボールペンを作れるという点で評価が高いアイテムです。

インクの種類も水性タイプですので、カラーも豊富。全15色、芯の太さも0.3~0.5mmから選ぶことができます。

ハイテックCコレトの詳細
サイズ全長148mm、最大径123mm
特徴水性ゲルインキ、スライドレバー式、0.3/0.4/0.5mm
メーカー希望小売価格540円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.アクロボール

画像:amazon.co.jp

『アクロボール』の魅力は、書き心地のなめらかさとグリップ部分。グリップ部分は、「タイヤパターングリップ」を採用しており、柔らかく滑りにくいため、長時間の使用でも疲れにくくなります。

続いて、なめらかな書き心地の秘密は先ほどもご紹介した新開発の油性インキ(アクロインキ)。これにより、ペン先のボールの回転が非常にスムーズになり、なめらかな書き心地を実現しています。

アクロボールは2色、3色、4色タイプがある他、そこからさらに、お好みで極細、細字を選ぶこともできます。

アクロボールの詳細
サイズ全長147mm、最大径130mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、スライドレバー式、極細(0.5mm)・細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格432円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.リッジ(RiDGE)

画像:amazon.co.jp

『リッジ(RiDGE)』は回転式の多色ボールペン。

最大径117mmと細いですが、4色(黒・赤・青・緑)がセットになっており、洗練された見た目も魅力です。(3色バージョンもあります)

ビジネスマン向けの高級モデルで、価格も決して安いとはいえませんが、「グリップ部分も滑りにくく、書きやすい」「適度な重さがありちょうどいい」など口コミでは高評価の声が多くよされていました。

4位で紹介したアイテム同様、インクには低粘度油性の「アクロインキ」を採用。なめらかな書き心地が魅力です。

リッジ(RiDGE)の詳細
サイズ全長139mm、最大径117mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、回転式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格5,400円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.回転2色ブレックス(BREX)

画像:amazon.co.jp

マーブル塗装仕上げで高級感漂う『回転2色ブレックス(BREX)』。

黒と赤の2色のみがセットになっており、少し変わったデザインのボールペンを使用したいという方に人気のアイテムです。

本体カラーが画像のグレーのほか、レッド、ブルーと3色展開で、カラーによって雰囲気の違いも楽しめるアイテムです。回転式ですが、軸が83mmと細身ですっきりとしたデザインも評価の高いポイントです。

ただし、こちらのアイテムは在庫がなくなり次第販売を終了するとのこと。このアイテムが気になる方はお早めにお求めください。

回転2色ブレックス(BREX)の詳細
サイズ全長118mm、最大径83mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、回転式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格2,160円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.回転式2色ボールペン

画像:amazon.co.jp

『回転式2色ボールペン』は、6位で紹介した『ブレックス』と同じ回転式の2色ボールペンで、最大径や全長も同じですので、シンプルなデザインがお好みの方はこちらがおすすめです。

ボディのカラーは、シルバーと、ブラックの2種類で、どちらも落ち着いた雰囲気のアイテムです。

細身のタイプですので、手帳などと一緒に収納しておきたいという方にもおすすめです。

回転式2色ボールペンの詳細
サイズ全長118mm、最大径83mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、回転式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.フィードリフテック

画像:amazon.co.jp

『フィードリフテック』の特徴は「10万回はさんでも、こわれない」というキャッチコピーのソフトクリップ。コイルバネを採用した業界初の技術を搭載しています。

しっかり挟むことができるだけではなく、耐久性も高いため、ペンケースにしまうのではなく服やカバンのポケットや手帳などに挟んで、あちこちで使いたいという方向けのアイテムです。

2色、3色、4色セットがそれぞれあり、ボディカラーもそれぞれ7色展開になっています。

フィードリフテックの詳細
サイズ全長147mm、最大径130mm
特徴油性、スライドレバー式、細字(0.7mm)
メーカー希望小売価格270円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4.パイロットの多機能ボールペン2選

続いてIPPING編集部がおすすめする、パイロットが贈る多機能ボールペンもご紹介します。

「多機能ボールペン」はボールペンの他に、様々な機能を搭載したボールペンのことです。

今回は、あると便利な「シャープペン」がセットになっているアイテムをご紹介していきます。

1位.2+1 EVOLT(エボルト)スリム

画像:amazon.co.jp

『2+1 EVOLT(エボルト)スリム』は赤、黒の2色のボールペンと0.5mmのシャープペンが一緒になったアイテム。

回転式ですので、非常にスマートな見た目が魅力です。ボディカラーも高級感のある黒の他、かわいらしい印象のピンク、ホワイト、ライトグリーンなど全部で5色あり、女性からも人気のアイテムです。

今回紹介したのは『2+1 EVOLT』の中でもスリムタイプ、最大径が少しだけ大きい通常タイプはカラーも全13色と豊富。実際にどちらも握ってみて、細身タイプと比較してみてはいかがでしょうか?

2+1 EVOLT(エボルト)スリムの詳細
サイズ全長136mm、最大径110mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、回転式&ノック式、細字(0.7mm)、0.5mmシャープ
メーカー希望小売価格2,376円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.ツープラスワンスリム

画像:amazon.co.jp

『ツープラスワンスリム』も赤、黒のボールペンに0.5mmのシャープペンがセットになったアイテム。違いは、回転式ではなく、ボタン&ノック式という点です。

この「ボタン&ノック式」というのが非常に珍しく、そして使いやすいとのこと。ボディにそれぞれ、くり出しマークがありそのマークが上にくるようにして上部のノブを押すと使いたい色が出るという仕組みです。

こちらも細身のタイプですので、持ち運びしやすいタイプ。口コミでは「多機能ボールペンの中でも1番といっていいくらい細い。」という声も寄せられていました。

ツープラスワンスリムの詳細
サイズ全長135mm、最大径87mm
特徴低粘度油性(アクロインキ)、ノック&ボタン式、細字(0.7mm)、0.5mmシャープ
メーカー希望小売価格2,160円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

多色ボールペンの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、多色ボールペンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの多色ボールペンなどの売れ筋ランキング楽天の多色ボールペンなどの売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの多色ボールペンなどの売れ筋ランキング

きだてたくの人気記事

きだてたくの新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元トッププレイヤーという経歴を活かして、2014年からゲームキャスターとして最前線で活動中。東京ゲームショウやニコニコ超会議など、大規模イベントで...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会諮問委員。大手AV機器メーカーでHDDオーディオレコーダーなどのプロデュースを行い、その後カリフォルニア州シリコンバレーでデジタルAV機器用ICの開...

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆中。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。日本健康教育振興協会の予想医学エデュケーター...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

カテゴリから探す